学校やオフィスでランチ後の歯磨きに便利なのが「携帯向け電動歯ブラシ」。バッグやポーチに入れて手軽に持ち運べるため、出張や旅行などさまざまなシーンで活躍します。ただ、各メーカーから多彩なモデルが販売されており、どれを選んだらよいのか迷ってしまうことも。

そこで今回は、手軽に外出先で使えるおすすめの携帯向け電動歯ブラシをご紹介。電源のタイプや形状など選び方もあわせて解説するので参考にしてみてください。

携帯向け電動歯ブラシの選び方

サイズと重さをチェック

By: amazon.co.jp

外出先で電動歯ブラシを使いたい場合は、カバンやポーチに収納しての持ち歩きやすさが重要です。使用しているポーチなどの寸法を測ったうえで、電動歯ブラシのサイズを確認しておきましょう。

常に携帯するのであれば、重さも要チェックです。バッグなどに収納して通勤・通学する場合、重さによっては負担になることもあるため注意が必要。歯ブラシをつまむように持って歯磨きする方も、軽量なモデルのほうが疲れにくくおすすめです。

ケースが付いているかチェック

By: panasonic.jp

電動歯ブラシのなかには、ケースが付属しているタイプもあり携帯に便利です。なかでも、ブラシと本体を別々に収納できるケースはコンパクトな状態で持ち運び可能。また、ケースに収納することで汚れにくく衛生的に持ち運びできるのもメリットです。

キャップが付属しているモデルにも注目。ブラシ部を保護して清潔な状態を保つほか、すっきりとポーチに収納できるため持ち運びに便利です。

電源のタイプをチェック

充電式

By: amazon.co.jp

充電式の電動歯ブラシはパワフルな磨き心地が特徴。しっかりと磨けるほか、強弱のモードを選択して使用できるなど機能性に優れているのが特徴です。自宅で使用する場合は、充電スタンドに立てておけばいつでも歯磨きできる反面、外出先で使用する場合は充電切れが気になります。

充電時間や連続使用時間もモデルによって異なるため要チェック。常に携帯しながら使うのであれば、1回の充電で長時間使用できるモデルが便利です。なかには、1回の充電で1~2ヵ月間ほど使用できるモデルもあるのでチェックしてみてください。

電池式

By: panasonic.jp

電池式の電動歯ブラシは、電池がなくなれば手軽に交換できるのが特徴。仮に予備電池の持ち合わせがなくてもコンビニなどで簡単に入手できるため、突然の電池切れに慌てることもありません。電池式は充電式より比較的安価なのも魅力で、はじめて電動歯ブラシを購入する方にもおすすめです。

パワーや機能面では充電式より劣るうえ、常に電池のストックを用意しておく必要がありコストがかかるのが難点。モデルによっては、充電式乾電池を繰り返し充電しながら使えるタイプもあるのでチェックしてみてください。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

電動歯ブラシは電力の働きで手磨きをサポートするモノなので、ある程度の動作音がします。携帯性とあわせて静音性を重視して設計されているモデルもあるためで、購入する際はチェックしておきましょう。

特に、学校やオフィスなど周囲が気になる場所で使用する機会が多いのであれば、静音性に配慮して設計されているモデルがおすすめです。

USBに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

電動歯ブラシには電池式やACコンセント式以外に、USBポートに接続して充電するモデルもあるのでチェックしてみてください。USB対応モデルならオフィスのパソコンと接続して充電できるため、充電スタンドを持ち歩く必要がなく便利です。

また、モバイルバッテリーやスマホからも充電できるのも便利。出張や旅行先でも手軽に充電しながら歯磨きできます。

歯ブラシの形状をチェック

By: amazon.co.jp

電動歯ブラシの形状やブラシのタイプを確認しておきましょう。奥歯の奥まで届きやすいようにスリムな薄型形状を採用したモデルがあります。ブラシのタイプは細長と丸型があり、ヘッドの振動で手磨きをアシストするタイプに採用されるのが細長ブラシ。一般的な手磨き歯ブラシと同様の形状で扱いやすく、低価格が魅力です。

左右に回転するタイプに採用されるのが丸型ブラシ。しっかりと磨ける一方、押し付けすぎないように注意が必要です。毛先の形状にも注目。毛先が平らな平型タイプのほか、毛先に段差をつけた山切りカットもあるのでチェックしてみてください。

替えブラシが付いているかチェック

By: braun.co.jp

電動歯ブラシのブラシは消耗品であり、取り替えが必要です。通常の手磨き歯ブラシ同様、毛先が潰れてきたら交換する目安。購入するモデルに専用替えブラシがあるのか、手軽に入手できるのかを確認しておきましょう。

替えブラシの価格もモデルによってさまざま。数百円から数千円まであり、今後購入し続けた場合のランニングコストを考慮して本体を選択するのがおすすめです。

また、徹底的に口腔ケアしたい方はオプションブラシもチェック。歯間ケアや着色汚れケアに対応したブラシを別途用意しているモデルもあるので確認してみてください。

携帯向け電動歯ブラシのおすすめ

パナソニック(Panasonic) 電動歯ブラシ ポケットドルツ EW-DS1C

キャップが付属している携帯向け電動歯ブラシ。長さわずか14.5cmのコンパクトサイズで、小さなポーチにもすっきりと収納できるモデルです。単4形アルカリ乾電池を1本使用し、1日2回の歯磨きで約3ヵ月使える仕様。外出先で電池切れを気にせず歯磨きしたい方におすすめです。

電池カバーをクルッと回転させてオンオフするタイプで、簡単に使えるのが特徴。細さ約0.02mmの極細毛ブラシを採用しており、歯周ポケットや歯間などの細かいすき間の汚れをしっかりとかき出します。着色汚れケアや歯間ケアに使用するオプションブラシを用意しているのもおすすめポイントです。

パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 赤 EW-DS1B

単4形アルカリ乾電池1本を使用する携帯向け電動歯ブラシです。1日2回の使用で3ヵ月電池が持つため、電池切れの心配が不要。充電式電池も使用できるので、ランニングコストが気になる方におすすめのモデルです。長さ16cmのロングサイズで、手の大きい方でも扱いやすい仕様になっています。

毎分約1万6000回転の音波振動で、手磨きでは難しいツルツルな仕上がりを実現。携帯に便利なキャップが付属しているほか、動作音も小さめと使い勝手にも優れています。

フィリップス(Philips) ソニッケアー 電動歯ブラシ HX9662/06

持ち運びに便利なトラベルケースが付属している携帯向け電動歯ブラシ。海外電圧にも対応した充電式で、1日2回2分間の使用で約2週間使えます。毎分3万1000回転の高速振動により、手磨きと比べて最大10倍の歯垢除去力を発揮。磨き心地の異なる2つのブラシが付属しており、しっかりと口腔ケアをしたい方におすすめです。

専用アプリと連携し、毎日の歯磨きを記録できるのも特徴。ブラッシング時の圧力や時間からブラシ交換のタイミングを知らせるほか、自動で替えブラシを注文できる機能もあるため便利です。

Fairywill 回転式歯ブラシ FW-2205D

丸型ブラシを採用した回転式の携帯向け電動歯ブラシです。1分間に約8800回の左右回転振動で歯磨きをアシスト。奥歯の裏側や歯のすき間に溜まった食べカスや歯垢を効率的にかき出します。24時間のフル充電で14日間使用できる充電式で、USB充電にも対応。オフィスのパソコンで充電しながら使いたい方におすすめです。

クリーンモード・マッサージモード・センシティブモードの3つのモードから選択できるのもポイント。IPX7相当の防水性も備えており、入浴時に歯磨きしたい方にも最適なモデルです。

Fairywill 電動歯ブラシ FW-515

4時間の充電で30日間使用できる携帯向け電動歯ブラシ。USB充電にも対応しており、充電切れを心配せずに使えるモデルを探している方におすすめです。音波振動タイプで毎日約3万5000回もの高速音波振動で歯磨きをサポート。3つの運転モードで強弱を選択でき、はじめて使う方にも扱いやすい仕様です。

2分間運転したら自動的にオフになる機能により、適切な歯磨き時間がわかりやすいのも便利。使用中は30秒ごとに一時停止するため、磨く位置を変えるタイミングがわかりやすく、適切なブラッシングを可能にします。

ブラウン(BRAUN) オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000 D5015132XBK

丸型ブラシを搭載した回転タイプの携帯向け電動歯ブラシです。独自の「3D丸型回転テクノロジー」による高速上下運動で歯垢を浮かし、左右反転運動で浮いた歯垢にアプローチします。約0.01mmの極細毛ブラシが歯と歯のすき間にフィットしてやさしく磨きます。

専用トラベルケースが付属しており、バッグやポーチに収納したときにかさばらず便利です。ブラシ圧が強いときに光で知らせる「押し付け防止センサー」を搭載し、「過圧ストッパー」で自動的に動作をストップ。ソフトな振動の「やわらかクリーンモード」に自動で切り替えるなど、歯茎を傷めるのが気になる方におすすめのモデルです。

オムロン(OMRON) 音波電動歯ブラシ メディクリーンPORTABLE HT-B601

専用モバイルケースに入れたまま充電できる携帯向け電動歯ブラシです。ACアダプターかUSB端子で充電する2WAYタイプで、オフィスのパソコンで充電できるため便利。1回の充電で約7日間使用できるため、旅行や出張などさまざまなシーンで使いたい方におすすめです。

振動タイプで、独自の立体振動「マルチアクション」による毎分約2万5500回の高速音波振動で歯垢に対応。低振動で音を軽減する「静音モード」を搭載しており、動作音が気になる状況でも使いやすいモデルです。

マクロス スティック型 音波振動電動歯ブラシ MEF-9

スリムなデザインで持ちやすいスティック型の携帯向け電動歯ブラシ。キャップが付属しており、ポーチやバッグに入れて持ち運びやすいモデルです。音波振動タイプで毎分約1万6000回の音波振動で歯垢にアプローチ。単4形アルカリ乾電池1本を使用する電池式で、充電の手間を省きます。

替えブラシも2本付属しているのも魅力。低価格で購入しやすいため、はじめて電動歯ブラシを購入する方におすすめのモデルです。

ドリテック(DRETEC) 音波電動歯ブラシ ドクター・ソニック TB-303

長さ16.2cmのコンパクトサイズの携帯向け電動歯ブラシ。キャップも付属しており、ポーチにもすっきりと収納できます。毎分2万2000回の音波振動で歯茎に負担をかけずにブラッシング。ブラシ先端は段差を設けた山切りカットを採用しており、歯と歯のすき間に溜まった汚れを落とします。

IPX6の防水仕様で入浴時に歯磨きしたい方にもおすすめ。3本入の交換用ブラシも販売しており、ブラシ部は簡単に取り外せるため交換も簡単です。

ソニックマジックミニ 2本セット 携帯用電動歯ブラシ

長さ16.3cm、重さ31gの軽量コンパクトな電動歯ブラシ2本セットのモデルです。キャップが付属しているタイプで、ポーチにすっきりと収納しやすく持ち運びも簡単。ピンクとシルバーがラインナップされており、組み合わせてペアで使用したい方におすすめのモデルです。

水分を逃がす通気口を設けているほか、水洗いできるため衛生的に使えるのも特徴。単4形乾電池1本で約400分使用できるロングライフ仕様もおすすめポイントです。

マルマン UV殺菌機一体型 音波振動歯ブラシMINIMO MP-UV120

キャップ部にUV殺菌機を搭載している携帯向け電動歯ブラシです。キャップを閉めると同時に自動で殺菌作用の強い紫外線を照射。UV殺菌して雑菌の繁殖を防ぐと謳われており、常に清潔な状態で使用したい方におすすめのモデルです。UV殺菌を確認できる小窓にはUVカット加工を施しており、目にやさしく安心して使えます。

単4形アルカリ乾電池3本使用するタイプで、充電切れの心配はありません。段差を設けた山切りカットのブラシ形状を採用しており、毎分2万2000回転のブラシストロークで効率的に歯垢を落とします。

KIVOS 電動歯ブラシ

予備の替えブラシも一緒に収納できる専用ケースが付属した携帯向け電動歯ブラシです。USB充電式で約6時間の充電で60日間使用可能。IPX5の防水性を備えた丸洗いできるタイプで、入浴時に歯磨きしたいときも安心して使えます。

振動式で毎分3万8000回の振動で手磨きをアシスト。高速モードとスローモードから振動数を選択可能です。動作音は一般的に静かとされる45dBを下回る42dBを実現。オフィスなど周囲が気になる場所で使用したい方にもおすすめのモデルです。

LOFTWELL 電動歯ブラシ USB充電式

ACコンセントとUSBポートに対応した2WAYタイプの携帯向け電動歯ブラシです。フル充電して1日2回の使用で約20日間使用可能。専用収納ケース付属で持ち歩きしやすく、学校やオフィス、出張などさまざまなシーンで使えるおすすめモデルです。

2分間オートタイマー機能で適切なブラッシング時間を把握しやすいのも便利。30秒ごとに一時停止して、磨く場所を変えるタイミングも知らせます。替えブラシが6本付属しているのもおすすめポイント。4本入りの別売り替えブラシも手軽に入手可能です。

システマ 音波アシストブラシ

厚さ3mmの薄型コンパクトヘッドを採用した携帯向け電動歯ブラシ。口の中での動かしやすさを重視したスリム設計で、奥歯の奥まで届きやすいモデルです。音波振動タイプで毎分9000回の音波振動で手磨きをサポート。段差を設けたダブル極細毛ブラシにより、歯周ポケットの奥の汚れをかき出しながら汚れを落とします。

静音設計なので、音が周囲に聞こえるのが気になる場合にもおすすめ。替えブラシがセットになっているほか、やわらかさを選択できる別売り替えブラシも用意されています。