iPhone、iPad mini用充電ドックの新しいかたち。

この充電ドックにどこか親近感や、温もりを感じてしまう理由はこの製品の形が日本人にとってなじみのある釜のふたに似ているというだけではなさそうです。でも、その感覚はこの製品に意図されたことかもしれません。

今回ご紹介するSpool Dockは造形美を大切にし、機能的で、それがあるだけで空間が落ち着くようなアップルデバイスの充電ドックです。

デバイスのケーブル類、充電器を整理するためのガジェットは世の中にたくさんありますが、どこか無機質。でも、Spool Dockにはいつも触れているテーブルや椅子のように温もりがあります。

「パーフェクト」な充電ドック

釜のふたのような形のおかげで、高さが低くても、安定感があり、デバイスの着脱がしやすくなっています。

デバイスを差し込むと3点でしっかりと支え、17度のアングルを保ちます。また、突起の部分を外して180度回転させることにより、ケースを付けたデバイスにも対応します。

ライトニングケーブルをエレガントに収納

Spool Dockという製品名からして、ただの充電ドックではなく、ライトニングケーブルをドック内に巻き取って収納してしまう、というからくりがあるんです。これであなたのパソコン周りはスッキリ!

充電ドックのような周辺アクセサリーの多くは、部屋や机まわりにゴチャゴチャ感を与えてしまいがち。でもSpool Dockはデバイスが装着されていない時でも、花が生けられていない花瓶のように部屋にしっくりと溶け込むのです。

それもそのはず、使われている素材を聞いて納得します。上部の「釜のふた」の部分は耐久性のある木材、グレーのクッションはメリノウールのフェルト、下部の台座はパウダーコーティングされたメタル。クラフトマンシップが感じられますね。

機能性、美術的なセンスと雰囲気のある充電ドックなら、これ一択かもしれませんね!

動画はこちら▼