デリケートなヘッドホンを安全に保管するのに役立つ「ヘッドホンスタンド」。ヘッドホンを使い終わった後、そのままテーブルへ置きっぱなしにしている方におすすめです。また、ヘッドホンをインテリアの一部として、すっきりおしゃれに飾れます。

そこで今回は、機能性とデザイン性を兼ね備えたおすすめのヘッドホンスタンドをご紹介。選び方のポイントも解説しているので、気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

ヘッドホンスタンドとは?

By: amazon.co.jp

「ヘッドホンスタンド」は、デリケートなヘッドホンをすっきり収納できる便利なアイテムです。ヘッドホンをテーブルや床にそのまま置きっぱなしにしておくと、スペースを取るうえ、あまり見栄えもよくありません。

ヘッドホンスタンドを使うことできちんと保管できるうえ、あやまって踏んでしまったり、紛失してしまったりするのを防げます。デザイン性の高いモノなら、ヘッドホンをインテリアとしておしゃれに飾ることも可能です。

ヘッドホンスタンドを使うメリット

By: amazon.co.jp

ヘッドホンスタンドを使う最大のメリットは収納性。ヘッドホンは、意外にテーブルや机の上で場所を取りやすいので、掛けて収納することでスペースを有効活用できます。また、使わないときはインテリアの一部として、おしゃれに保管しておくことが可能です。

さらに、ヘッドホンスタンドは、ヘッドホンを空中に浮かせて収納する設計。イヤーパッドにこもりがちな湿気を飛ばし、ヘッドホンの劣化を軽減できるという魅力もあります。

ヘッドホンスタンドの選び方

形状で選ぶ

机に設置するタイプ

By: amazon.co.jp

デザイン性を重視する方や、おしゃれにヘッドホンを飾りたい方には、机に設置するタイプがおすすめです。複数のヘッドホンを所有している方なら、2本掛けできるタイプを検討してみてください。

ただし、机の上に設置するタイプは、意外とスペースを取りやすいのが懸念点。ヘッドホンスタンドが作業の邪魔になってしまわないように、机の大きさとスタンドの大きさを考慮して選ぶようにしましょう。

クリップやマグネットで固定するタイプ

By: amazon.co.jp

机上のスペースに置けない場合は、机の天板や棚に固定できるクリップタイプやマグネットタイプのヘッドホンスタンドがおすすめです。デザイン性よりも機能性を重視したい方や、とにかく机の上を広く使いたい方にも適しています。

また、壁に取り付けるタイプはスペースも取らず、お気に入りのヘッドホンをおしゃれに飾れるので、あわせてチェックしてみてください。

素材で選ぶ

金属製

By: rakuten.co.jp

金属製のヘッドホンスタンドは、シンプルなクールテイストのインテリアにおすすめです。耐久性にも優れており、大きく重量のあるヘッドホンを使っている方にも適しています。

金属製のヘッドホンスタンドを選ぶ際は、ヘッドホンにキズが付きにくい仕様かどうかや、台座の倒れにくさなどもあわせてチェックしてみてください。

樹脂製

By: amazon.co.jp

樹脂製のヘッドホンスタンドは、見た目のおしゃれさが魅力です。アクリル素材が主流で、ヘッドホンのデザインを邪魔したくない方にもおすすめ。指紋が付くとが目立ちやすいので、こまめなお手入れが必要なのは懸念点ですが、デザイン重視で選びたい方にぴったりの素材です。

木製

By: amazon.co.jp

木製のヘッドホンスタンドは、天然素材ならではのぬくもりを感じられるのが魅力です。ナチュラルなインテリアにもおすすめ。無機質な素材が苦手な方でも取り入れやすい素材です。また、ヘッドホン自体にキズが付きにくいのもメリット。汚れも目立ちにくく、経年変化が楽しめるのも木製アイテムの特徴です。

ヘッドホンスタンドのおすすめ

工匠藤井 ヘッドホンスタンド

オールブラックの色合いがクールなヘッドホンスタンド。幅12.5×奥行12cmと、デスク上に置いても邪魔になりにくいコンパクト設計が魅力です。本体の高さは26cmで、大きめのヘッドホンも余裕をもってかけられます。

ヘッドホンを置く部分には、ヘッドバンドのキズやズレ落ちを防ぐ柔らかいゴムを採用。また、ヘッドバンドにフィットしやすいよう、絶妙なカーブが設けられているのもポイントです。

台座部分はトレー状になっており、クリップなどの小物を収納可能。さらに、溝が付いているため、スマホスタンドとしても使用できます。本体の後ろ側にはケーブルクリップを搭載しており、ケーブルを引っかけられて便利です。

材質は軽く扱いやすいABS樹脂製。重量は163gと軽量ですが、底部のすべり止めやトラス構造により、安定感のある使い心地を得られる製品です。

GEEKRIA アクリルアルミヘッドフォンスタンド

クリアな台座と、シルバーフックの組み合わせがスタイリッシュなヘッドホンスタンド。デスク上に置いても邪魔になりにくいコンパクトサイズで、作業スペースを広く使いたい方にもおすすめの製品です。

シンプルながら目を引くデザインも魅力。クールテイストはもちろん、北欧やナチュラルテイストなどさまざまなインテリアとも好相性です。ヘッドホンをかけていないときはオブジェのように、インテリアのさりげないアクセントとして活躍します。

フックの材質は耐久性に優れたアルミ製で、台座は透明なアクリル製。汚れや水に強く、お手入れしやすいため、清潔に使用できます。

elago ヘッドホンスタンド

アルミニウムのクールな質感と、ミニマルなデザインがスタイリッシュなヘッドホンスタンド。高さは約26.5cmあり、大きめのヘッドホンも余裕をもってかけられるのが魅力です。

ヘッドホンをかける部分にはシリコンパッドが配置されており、ヘッドバンドのキズやズレ落ちを防ぎます。また、底部にもシリコンが備わっているため、安定感があるのもポイントです。

本体の素材には、純度の高いアルミニウムを使用。耐久・耐食性に優れているので、長期間の使用が可能です。カラーはダークグレー・シルバー・シャンパンゴールドの3種類で、好みに合わせて選べます。

J&L ヘッドホンスタンド

コンセントやUSBポート、デジタル時計、電気スタンドなど多彩な機能を搭載した便利なヘッドホンスタンド。さまざまな用途を一元化できるため、スペースを有効活用したい方におすすめの製品です。

ヘッドホンをかける部分はゆるやかにカーブしており、ヘッドホンのズレ落ちを防ぎます。高さは約25cmで、大きめのヘッドホンも無理なくかけられるのが魅力です。

同時に複数のデバイスを充電できるのもメリット。スマートチップが内蔵されており、それぞれのデバイスに適した電流を流します。また、過充電や過負荷を察知すると自動的に電源が切れるので、安心して使用できるのもポイントです。

時計にはアラーム機能が備わっているため、目覚まし時計としても使用可能。電気スタンドはタッチセンサー付きで、3段階の調光ができます。シーンに合わせて使い分けられるヘッドホンスタンドです。

KKmoon ヘッドセットスタンド 木製

高級感のあるウォールナット材で作られたヘッドホンスタンド。味わい深い木目となめらかなカーブが魅力で、ヘッドホンを収納していないときにはオブジェとしても楽しめる美しいデザインです。

へッドバンドに負担がかかりにくい独特のフォルムも特徴。イヤーパッドが当たる部分は平らな設計で、イヤーパッドの変形を防ぎます。

あたたかみのある雰囲気で、ナチュラルやレトロ、北欧テイストのインテリアが好きな方におすすめ。おしゃれなヘッドホンスタンドが欲しい方にぴったりの製品です。

NANAMI 木製ヘッドフォンディスプレイスタンド

さりげないツートンカラーが印象的な、木製のヘッドホンスタンド。素材にブナとクルミを使用し、それぞれのナチュラルな木目と色合いを生かした美しいデザインが楽しめます。

表面はなめらかに磨かれており、優しい手ざわりとつややかな高級感も魅力。ヘッドホンをかけていないときもインテリアのアクセントになるため、おしゃれなヘッドホンスタンドを探している方におすすめです。

ヘッドホンをかけるフック部分に、ズレ落ちにくいよう絶妙なカーブが設けられているのもポイント。台座の裏側にはすべり止めが付いており、安定感のある使い心地を得られます。

本体の高さは28cmで、大きめのヘッドホンを無理なくかけられるサイズ。無機質になりやすいデスク周りに、ぬくもりを添えるヘッドホンスタンドです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 回転式ヘッドホンフック PDA-STN18

デスクに挟み込むだけで簡単に設置できるヘッドホンスタンド。クランプ部分には強力なバネ式構造が採用されており、最大3.8cmまでの厚みの天板にしっかり固定できます。

フック部分が360°回転するのも特徴。取りやすさを重視する場合は外向きにしたり、コンパクトに収納したい場合は内向きにしたりと、好みの向きで使用できます。

フック部分にはレザー調のソフトクッションを搭載。長時間ヘッドホンをかけておいても、ヘッドバンドがキズ付きにくいのが嬉しいポイントです。ヘッドバンドの幅が6cmまでのヘッドホンに対応しています。

サイドにはケーブルフックも搭載されており、使い勝手も良好。材質はABS樹脂で重量は約100gと軽く、移動する場合も気軽に持ち運べるのも魅力です。

吉川優品 ヘッドホンスタンド

バネ式のクランプが備わったヘッドホンスタンド。デスクや棚など、好きな場所に挟み込むだけで設置できます。シーンに合わせて設置方向を変えれば、ヘッドホンハンガーとしてもヘッドホンスタンドとしても使用できるのが大きな特徴です。

9.5cmまでの間で、フックの高さを無段階で調節できるのもポイント。また、フックにはラバー製のソフトクッションが付いており、ヘッドバンドを優しくホールドします。

さらに、フックは360°回転できるので、好みの向きで使用可能。そのほか、フックの裏側には見失いやすいアダプター部分を引っかけておけるケーブルクリップが搭載されています。

aceyoon ダブル ヘッドホンスタンド

デスクなどに挟み込むだけで、簡単に設置できるクランプ式のヘッドホンスタンド。設置場所に当たるクランプ部分にはソフトクッションが付いており、キズが付きにくいよう配慮されています。

フックが2つ備わっているため、複数のヘッドホンを収納したい方にもおすすめ。また、フックの高さや向きを好みで調節できるので、使い勝手も良好です。

フックの先端が持ち上がった設計で、ヘッドホンがズレ落ちにくいのも魅力。また、フックにはくぼみが設けられており、イヤホンやケーブルなどを引っかけておけます。

デスクなどの平面だけでなく、ポールのような曲面にも設置できるため、さまざまな場所で使用できるヘッドホンスタンドです。

ENERMAX マグネット式ヘッドセットホルダー EHB001

棚やデスクなどの金属面に、気軽に取り付けられるヘッドホンスタンド。裏側に強力なマグネットが5つ備わっています。デスク上を広く使いたい方や、デッドスペースを有効活用したい方におすすめの製品です。

ヘッドホンをかけるフックの内側にはソフトラバーが付いているため、ヘッドホンがズレ落ちたりヘッドバンドにキズが付いたりしにくい設計。また、本体裏側にもラバーが備わっており、接地面へのキズも防ぎます。

使用しないときには、折りたたんでコンパクトに収納できるのも嬉しいポイント。重量はおよそ70gの軽量ながら、耐荷重は1kgと充分な強度があり、安心して使用できます。

Geekria ヘッドホンスタンド

シンプルなデザインで、気軽に使用できるヘッドホンスタンド。設置方法は強力両面テープもしくはネジ止めで、棚や壁など好きな場所に取り付けられます。

ヘッドホンをかけるフックの内側には、ヘッドバンドのキズやズレ落ちを防ぐ保護パッド付き。保護パッドの表面は高級感のあるレザー調になっており、ディテールにもこだわっています。

使用しないときは折りたためるので、スペースを取りにくいのもポイント。カラーは、シルバー・ブラック・クリアの3種類で、クールな雰囲気が好きな方にはシルバーやブラック、フックを目立たせたくない方にはクリアがおすすめです。

ヘッドホンスタンドのAmazonランキングをチェック

ヘッドホンスタンドのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。