キュロットは動きやすくてかわいいトレンドアイテム。ショート丈からロング丈まであり、スポーティーにもフェミニンにもなる優れモノです。オールシーズン履けるアイテムを選べばコーデの幅も広がるのでぜひ注目してみましょう。

そこで今回はキュロットの選び方とおすすめアイテムを紹介します。キュロットのコーデが難しくてなかなか履きこなせないという悩みを解決しておしゃれをもっと楽しんでみましょう。

キュロットとは?

By: amazon.co.jp

キュロットはフランス革命以前に貴族が乗馬用として履いていた半ズボンの名前です。現在のキュロットも半ズボンと同様に股の部分が割れていますが、時代と共に形を変えてさまざまなデザインに幅を広げています。

最近人気があるキュロットはスカートのように裾が広がっているタイプ。ショート丈もロング丈も一見スカートのように見えますが、ズボンのように足を入れて履くので、動きやすいことが特徴です。

スカートが風になびいて足や肌着が見えそうになる悩みを解消できるのがキュロットのメリット。股の部分が分かれているので、風が吹いても裾がなびかずに安心して過ごせます。ショート丈のアイテムでも自転車などに安心して乗れるのが魅力です。

体にフィットするパンツに比べると通気がよいのもキュロットの特徴。裾から程よく風が入るので、暑い日でも快適に過ごせます。カジュアルからフェミニンなデザインまで揃う使いやすいアイテムです。

キュロットの選び方

丈をチェック

By: amazon.co.jp

キュロットにはショート丈、ミドル丈、ロング丈があり、1つ1つのアイテムによって微妙に長さや裾のボリューム感が異なるため、自分の体形に合うモノを上手に選びましょう。

スタイルアップを狙うならショート丈のアイテムがおすすめ。トップスをキュロットにインしてウエストを強調することで、足を長く見せられます。

ミドル丈のキュロットはコーデに取り入れやすいスタンダードなタイプです。太ももが隠れるため、足をあまり見せたくない方におすすめ。程よい長さで品があるため、風が強い日にスカートの代わりとして着ると快適に過ごせます。

ロング丈のアイテムは足を出したくない方にぴったり。足首が程よく見えるモノを選べば重くなりすぎません。マキシ丈のキュロットを選べば足長効果も狙えます。

色・柄で選ぶ

By: amazon.co.jp

春夏は白やベージュなどの爽やかな色を選ぶと軽やかに決まります。黒や紺などのベーシックな色はオールシーズン着まわし可能です。

暗めの色のアイテムでも、明るい色のトップスを合わせれば春夏でも重く見えません。また、同系色のトップスを合わせれば、秋冬にぴったりな落ち着きのあるコーデが完成します。

柄も全体の印象を決める重要なポイント。花柄・チェックのアイテムはフェミニンな印象を好む方におすすめ。かわいらしいトップスやパンプスがマッチします。デニム素材やストライプ柄のキュロットは、Tシャツやトレーナーなどのカジュアルアイテムと好相性です。

キュロットのおすすめアイテム

ボナスティモーロ(Buona stimolo) キュロット

ボナスティモーロ(Buona stimolo) キュロット
水玉模様が爽やかなショート丈のキュロット。Aラインのシルエットが美しく上品に見えるのが魅力です。ハイウエストタイプなので、足を長く見せたい方におすすめ。付属のスカートベルトを付けてウエストマークすれば、腰回りもすっきりします。

パンプスやミュールを合わせると女性らしさがアップ。白のスニーカーを合わせて抜け感を出すのもおしゃれです。秋冬にはカーディガンやGジャンをオンするのもおすすめ。合わせるアイテムによって表情が変わるキュロットです。

BSCOOL キュロット

BSCOOL キュロット
ふんわり広がるシルエットがフェミニンで女性らしいキュロット。花柄のシフォン生地が華やかなので、シンプルなコーデに加えると個性的なイメージにまとまります。ウエスト周りにたっぷりギャザーが入っているので、体型カバーにも最適です。

インナーパンツが付いていて透けにくいのもポイント。ウエストはゴム製なので脱ぎ履きも楽にでき、お腹も圧迫されません。ショート丈なのでヒールを合わせれば足長効果も期待できます。春夏にさらっと着こなしたくなる女性らしいキュロットです。

ディーハウ(dihao) キュロットスカート

ディーハウ(dihao) キュロットスカート
薄手のポリエステルを採用し、ひらひら揺れるシルエットがかわいらしいキュロット。ミニ丈なので春から夏にかけて軽やかなコーデを楽しみたい方におすすめ。カラーは合わせやすい4色を展開しています。

ウエストはゴムになっており楽に着用することが可能。フェミニンなトップスを合わせて女性らしいコーデにまとめるとおしゃれに見えます。カジュアルなサンダルとTシャツを合わせて海のレジャーを楽しむのもおすすめです。

株式会社キュリアス ヒッコリーキュロットパンツ

株式会社キュリアス ヒッコリーキュロットパンツ
裾が細めの膝丈キュロットを探している方におすすめのアイテム。シンプルなシルエットで、カジュアルなコーデを楽しめます。シャツやブラウスを合わせればオフィスカジュアルとしても着用できるのが魅力です。

リボンが付いており、流行りのウエストマークができるのもポイント。トップスをインすれば春夏らしい軽さを演出できます。ポケットにアクセントとなるボタンが3つ付いていておしゃれ。着回ししやすい便利なアイテムです。

エンジェルムーン(AngelMoon) キュロットスカート

エンジェルムーン(AngelMoon) キュロットスカート
きれいめコーデにぴったりなシフォン素材のキュロット。透け感があり涼しげな印象なので、女性らしい爽やかなスタイルによく合います。ウエストには大き目のリボンが付いており、先端にきらっと揺れるパールのチャーム付いていておしゃれです。

上品なイメージに最適なひざ丈なので、オフィススタイルにもぴったり。足長効果が期待できるハイウエストデザインなのもポイントです。ネイビーの他にも定番カラーの黒やブラウンがあります。履くだけで女性らしいコーデが決まるアイテムです。

マーモット(Marmot) デニムキュロットパンツ

マーモット(Marmot) デニムキュロットパンツ
アウトドアブランドとして有名なマーモットのキュロット。カジュアルなデニム素材なので、トレッキングブーツを合わせれば簡単に山ガールスタイルを楽しめます。素足にスニーカーを履いて軽さを出せば、海のレジャーなどにもぴったりです。

ウエストのベルトでサイズ調整が可能。腰の部分はゴムになっているので楽に着用できます。左右と後ろにサイズの違うポケットが付いており、ハンカチや小物を入れるのに便利。膝上丈のシンプルデザインでコーデしやすいアイテムです。

えみり(huimei) 5分丈キュロット

えみり(huimei) 5分丈キュロット
デイリーコーデの主役になるコットン素材のキュロット。シンプルなデザインとカラーでどんなアイテムにも合わせやすいのが魅力です。ほどよいボリューム感があり、ウエストからヒップのラインをしっかりカバーできます。

フロントタックが縦ラインを作るので、スタイルアップが可能。裾幅も広すぎず、程よいフレアラインを作るので女性らしい印象も与えられます。ウエストゴムで脱ぎ履きも楽にでき、動きやすいのもポイント。コーデの幅を広げるのに便利なアイテムです。

ビショップ(Bshop) ボリュームキュロット

ビショップ(Bshop) ボリュームキュロット
裾にたっぷりボリュームを持たせたスカートのように見えるカジュアルなキュロット。青と白のストライプ柄が爽やかなので、春夏コーデの主役になります。カジュアルなTシャツだけでなく、かわいらしいシフォンブラウスにも合うアイテムです。

ウエスト部分が太めなのでトップスをインして着ると足長効果がアップ。程よく足首が見える長さなので、足元の軽さも演出できます。小物を入れるポケットも付いていて便利。ベーシックなデザインで長く愛用できるキュロットです。

ハーベスティ(HARVESTY) サーカスキュロット A21902

ハーベスティ(HARVESTY) サーカスキュロット A21902
個性的な雰囲気を演出したい方におすすめのアイテムです。裾がやや細くなったバルーンシルエットが印象的。落ち着きのあるくすんだカラーも魅力です。

ウエストと裾にはボックスプリーツが入っており、腰を細く足を長く見せることが可能。かっちりしたシャツと革靴を合わせてトラッドコーデにしたり、Tシャツとスニーカーを合わせてカジュアルにしたりするのもおすすめです。

ドミンゴ(D.M.G) ツイルストレッチ ロングキュロット

ドミンゴ(D.M.G) ツイルストレッチ ロングキュロット
ストレッチのきいたほどよい厚みの素材を使ったキュロット。オールシーズン着用できるので、コーデの幅が広がります。フロント部分にタックが入っているため、トップスをインして気になるお腹をカバーできます。

ウエスト部分の内側には紐が付いておりサイズの調整が可能。カーキの他にネイビーやブラックもあり、自分が合わせやすい色を選べます。夏はサンダル、冬はブーツを合わせてカジュアルに着こなすのがおすすめ。1着あると重宝するアイテムです。

キュロットのおすすめコーデ

きれいめキュロットで演出する大人カジュアルコーデ

By: wear.jp

タックがしっかり入ったキュロットは上品さを演出できるアイテム。カジュアルなTシャツとスニーカーを合わせても、カジュアルすぎずきれいにまとまります。オフィスにもおすすめのコーデです。

グレーのTシャツが程よくゆったりしていて女性らしいシルエットを演出。小物類もキュロットに合わせて黒で統一感を出しています。きれいめキュロットを上手に生かしたい方は参考にしてみてください。

大胆な花柄キュロットを主役にした休日コーデ

By: wear.jp

休日のおでかけにぴったりな花柄キュロットがかわいらしいコーデ。インパクトのある色使いのキュロットにシンプルなTシャツを合わせることで全体のバランスを整えています。花柄にも使われている黄色と同色のサンダルをセレクトしていておしゃれです。

大きめのカゴバックで涼感をプラス。黒いキャップをかぶって全体のバランスを崩し、抜け感を演出しているのもおしゃれです。花柄のキュロットをワンパターンにしか着こなせない方は、ぜひ参考にしてみてください。

青空の下で気持ちよく過ごせるアウトドアコーデ

By: wear.jp

ハリのあるコットン生地のキュロットをアウトドアスタイルにまとめているのがおしゃれ。あえて全体の色味を落ち着けて、シンプルにまとめているのがポイントです。

柄模様の帽子がアクセントになっていて素敵。足元のレインブーツとキュロットの組み合わせがアウトドアシーンにマッチしています。トレッキングシューズやスニーカーを合わせるのもおすすめです。

ボタニカル柄のキュロットで一日を軽やかに

By: wear.jp

お出かけのテンションが一気に上がるボタニカル柄のキュロットが素敵なコーデ。淡いトーンのブラウスを合わせ、フェミニンながらも軽い印象に仕上げています。ブラウスをキュロットにインして足長に見えるのもポイントです。

ベージュの厚底サンダルがコーデに爽やかさをプラス。かっちりしたバックを合わせることで、バランスよく仕上げています。特別な場所に行く日やデートの日に何を着るか悩んだら、ぜひ参考にしてみてください。

暑い日も乗り切れる爽やかホワイトコーデ

By: wear.jp

トップスもキュロットを白で揃えた爽やかなコーデです。全体が軽やかなので、キュロットにサスペンダーを付けてアクセントに。トップスのイルカ柄も個性的でおしゃれ。暑い日も爽やかに過ごせます。

キュロットの丈がやや膝より短く、膝丈では出せない個性的な印象を演出しています。足元の赤いスニーカーがきれいに映えて素敵なうえに、帽子で遊び心をプラス。白いキュロットの爽やかさを上手に活かしたコーデです。

レースジャガードのキュロットで透明感ある女性らしさを

By: wear.jp

透け感のあるレースジャガードのキュロットが爽やかな空気感を放っているコーデ。トップスに重くなりがちなデニム素材を持ってきてもしっかり軽さを出せています。キュロットが膝丈で上品に見えるのもポイントです。

デニムトップスの袖や裾にフリンジ加工が施され、程よくカジュアル感を出しているのもおしゃれ。足元のサンダルも涼しい印象を与えています。女性らしいアイテムを上手に着崩しておしゃれ感をアップさせているコーデです。

フェミニン×カジュアルで抜け感を演出

By: wear.jp

シフォン素材の柔らかなキュロットにカジュアルなTシャツを合わせて抜け感を演出したコーデ。白と水色で全体を統一し、爽やかな印象にまとめています。足元にも女性らしいパンプスを合わせ、カジュアル感を抑えているところが見事です。

Tシャツの裾をキュロットに軽くインし、ウエストを高く見せているのがポイント。デイリー使いにぴったりな軽さを感じられる心地よいコーデなので、ぜひ参考にしてみてください。

デニムキュロットの素材感でワンランク上の表情を

By: wear.jp

重厚な質感のデニムキュロットにシンプルなTシャツを合わせることでセンスアップしている技ありコーデ。ありがちな組み合わせに見えますが、存在感のあるアイテムを選ぶだけでワンランク上の表情を見せることが可能です。

Tシャツをキュロットにインしてウエストを強調し、女性らしさを魅せることも忘れていません。足元のスニーカーがスタイル全体のイメージをしっかり統一しているのもポイント。デニムのアイテムを上手に活かしたコーデです。