膝丈スカートは上品さと軽快さを兼ね備えた使いやすいアイテム。足が見えすぎず、ほどよい長さで軽さも出せるので女性らしさを演出するのに最適です。

そこで今回は、膝丈スカートの選び方とおすすめアイテムをご紹介します。形や素材をどう選ぶかによってコーデ全体の雰囲気が変わるので、おしゃれに見えるものを選んでみましょう。

膝丈スカートの選び方

形・シルエットで選ぶ

フレアスカート

By: amazon.co.jp

たっぷりの布地を使ったフレアスカートはフェミニンンコーデに最適。ウエスト部分にはギャザーがなく腰回りがすっきりするので、ブラウスをインして着るときれいに見えます。裾に向かって広がるフレアが美しく、大かわいらしさを表現できるのが魅力です。

ギャザースカート

By: amazon.co.jp

ウエスト周りにギャザーをたっぷり入れてふんわりしたシルエットを作るギャザースカートは、かわいらしい印象のアイテム。履きやすくて動きやすいのも魅力です。どんなアイテムにも合わせやすく、カジュアルなトップスに合わせると簡単に甘辛コーデが作れます。

プリーツスカート

By: amazon.co.jp

プリーツスカートは布地を折りたたんで作るプリーツが洗練された印象を与えるのが魅力。アイテムによってプリーツの幅が異なるため、見た目の印象も簡単に変えられます。清楚な雰囲気を出すのにぴったりなスカートです。

タイトスカート

By: amazon.co.jp

ウエストから裾に向かって体のラインに沿ったシルエットを作るタイトスカートはきちんとした印象のアイテム。清潔感がありながら女性らしい丸みも出せるので人気があります。カジュアルなアイテムもあり、着こなし次第で雰囲気を変えられるのもポイントです。

マーメイドスカート

By: rakuten.co.jp

マーメイドスカートはその名の通り人魚の形から名付けられたスカート。腰から裾に向かって細くなり、裾の部分が広がった魚の尾びれのようなデザインが特徴的です。女性らしいシルエットなので、エレガントなコーデによく合います。

素材をチェック

By: rakuten.co.jp

膝丈スカートは素材によって見た目の印象が大きく変わります。1つ1つの素材が持つ印象をしっかり捉え、その日のコーデをどうまとめるかを考えながら選びましょう。

女性らしい柔らかい雰囲気を出したい場合は、軽さのあるポリエステルのスカートがおすすめ。フレアスカートやギャザースカートにポリエステル素材のものが多いのは女性らしさを演出できるためです。シフォンのアイテムも柔らかい印象を演出できます。

カジュアルコーデには綿やデニムの膝丈スカートがぴったり。厚みのある布地を選ぶと落ち着いた雰囲気も演出できます。秋冬はスウェードやコーデュロイのアイテムを選ぶとおしゃれ。ナチュラル感を出すなら麻のスカートがおすすめです。

色・柄をチェック

By: rakuten.co.jp

膝丈スカートの色と柄は重要なポイント。見た目の印象を大きく左右するため、トップスや靴との相性を考えながら慎重に選びましょう。

淡い色は明るい雰囲気を出すのにぴったり。落ち着いた雰囲気にまとめるなら、黒や紺などの濃い色がおすすめです。ビビットな赤や青のスカートを選ぶと、コーデにメリハリを出せます。

ナチュラル感を出したいならカーキ色やベージュのアイテムがおすすめ。花柄やストライプなどの膝丈スカートは個性的な雰囲気を演出できます。デニムスカートを選ぶ場合は、色の濃さをよく考えて選ぶと失敗がありません。

膝丈スカートのおすすめアイテム

クカキ(KUKAKI) フレアスカート

クカキ(KUKAKI) フレアスカート

1枚持っているとさまざまなコーデに活用できるシンプルシルエットのフレアスカート。ウエスト部分が細く見えるようにデザインされているため、ブラウスをインして着こなすときれいに見えます。サイズがXSからXXLまで豊富に揃っているのも魅力です。

スカートの裾がふんわりしすぎないため、大人っぽいコーデに最適。全6色のカラー展開で好みの色を選べるのもポイントです。さらりとした通気性のよい生地を使用しているため、オールシーズン使えます。着回ししやすいアイテムを探している方におすすめです。

ラ・グーヤ(La gooya) 花柄フレアスカート

ラ・グーヤ(La gooya) 花柄フレアスカート

白地にブルーの花柄をあしらった爽やかなアイテム。重くなりがちな花柄を色の組み合わせで軽快にまとめています。白いトップスを合わせれば清楚なコーデが完成。赤などのビビットな色を合わせれば個性的な印象になります。

スカートの裾部分で布地を切り替えたデザインがおしゃれ。ほどよく広がるフレアスカートなので、オフィススタイルにも適しています。靴はパンプスでもヒールでも相性抜群。大人っぽさを演出できるエレガントな花柄のフレアスカートです。

プライム セント(Prime Cent) デニムフレアスカート

プライム セント(Prime Cent) デニムフレアスカート

重いデニムの生地をあえてフレアスカートにした個性的なアイテム。柔らかいブラウスを合わせて女性らしくまとめると、異素材同士がうまく共演してきれいに見えるのでおすすめです。裾に拡がるフレアのラインが気になるヒップラインをカバーしてくれます。

インナーをインにしてウエストマークを楽しめるベルトループ付。濃いめのインディゴブルーなので、オールシーズン活用できます。サイドポケットが付いていて小物を入れられるのもポイント。女性らしさをデニムで演出したい方におすすめのアイテムです。

ドリーシーン(dolly-sean) ボタニカルプリントギャザースカート

ドリーシーン(dolly-sean) ボタニカルプリントギャザースカート

ほどよくハリのある生地に熱帯植物をデザインした夏らしいギャザースカート。リゾートへの旅行や海のレジャーにぴったりなアイテムです。ナチュラルデザインのサンダルに合わせれば、爽やかな夏コーデを楽しめます。

ウエストの後ろ部分にゴムが入っており、左サイドにはファスナーが付いているので着脱が簡単。ミュールやパンプスを合わせれば、女性らしさを演出できます。夏のファッションを格上げする柄物のスカートを探している方におすすめです。

ユアン ユアン(Yuan Yuan) プリーツスカート

ユアン ユアン(Yuan Yuan) プリーツスカート

1枚持っていると重宝する着回ししやすいプリーツスカート。どんな色とも相性のよいベージュなので、忙しい朝でも楽にコーデが決まります。色違いのグレーも使いやすいアイテム。スニーカーを合わせてカジュアルに着こなすのもおすすめです。

動きに合わせてふわっと揺れる柔らかな生地が女性らしさを演出。ヒールを合わせればきれいめオフィススタイルが完成します。ウエストがゴムなので動きやすくて楽なのも魅力。さまざまなコーデに活用できる使いやすいアイテムです。

ニーム(NIMES) 膝丈ストライププリーツスカート

ニーム(NIMES) 膝丈ストライププリーツスカート

軽やかで透け感のあるポリエステル生地を、細かいプリーツにした爽やかなアイテム。裾はゆるやかなフレア感のあるシルエットなので、女性らしいコーデの主役にも最適です。靴はサンダルでもミュールでも合わせやすく、さまざまな着こなしができます。

ウエストには細いラメ入りの生地でラインが入っており、トップスをインするときれいに発色するのが魅力。色違いでイエローやグリーンもあり、好みに合わせて選べます。カジュアルにもフェミニンにも決まる軽やかなプリーツスカートです。

クロスマーベリー(Crossmarbery) デニムタイトスカート

クロスマーベリー(Crossmarbery) デニムタイトスカート

ウォッシュ加工がきれいなデニムのタイトスカート。太もも部分の色がほどよく抜けているので、もも周りが細く見えます。シンプルなトップスとヒールを合わせて、カジュアルオフィススタイルを楽しむのもおすすめです。

スニーカーやブーツとも好相性でさまざまなコーデを楽しめるのが魅力。シンプルなデザインなので、靴を選ばずに着こなしを楽しめます。サイズがMから4Lまで幅広く揃っているのもポイント。コーデのバリエーションを広げてくれるアイテムです。

IRADOWL タイトスカート

IRADOWL タイトスカート

シンプルになりがちなタイトスカートに大きなウエストマークのリボンをつけて女性らしさを強調したアイテム。細身のシルエットでウエストから膝にかけてスタイルよく見せてくれます。前側にスリットが入っているので動きやすいのもポイントです。

カラーは6色展開。オフィススタイルに合わせやすい黒やグレーのほかに、デートや女子会に最適な明るいブルーや赤も揃っています。サイズが豊富で価格が安いのも魅力。いつものタイトスカートに飽きた方におすすめのアイテムです。

ナチュラルビューティーベーシック(NATURAL BEAUTY BASIC) レースマーメイドスカート

ナチュラルビューティーベーシック(NATURAL BEAUTY BASIC) レースマーメイドスカート

上品なリーフ柄のレース素材が美しいアイテム。絞りすぎない緩やかなマーメイドラインなので、さまざまなコーデに活かせます。シフォンブラウスを合わせてフェミニンにまとめれば、きれいめオフィスコーデを楽しめるのでおすすめです。

Tシャツとスニーカーを合わせてカジュアルダウンするのもおしゃれ。色違いでグレージュやネイビーもあり、幅広いコーデに活用できます。レース素材のスカートを上手に着こなしたい方におすすめのアイテムです。

DeBangNi マーメイドスカート

DeBangNi マーメイドスカート

女性らしい華やかさを演出するのに最適なアイテム。斜めにあしらわれたフリルのデザインがエレガントでおしゃれです。レストランでの食事会や初めてのデートで女性らしい印象を演出するのに最適。シンプルカラーなのでどんなトップスにも合わせられます。

生地には軽やかで涼し気な素材を採用し、軽快さも表現できるのがポイント。靴にヒールやミュールを合わせれば、大人っぽい雰囲気を自然に演出できます。短丈の裏地が施されているので、透ける心配もなく安心して着用することが可能です。

膝丈スカートのおすすめコーデ

胸元のリボンとフレアスカートのシルエットが美しい愛されコーデ

By: wear.jp

ウエストラインをきれいに見せるフレアスカートにリボンボウタイのブラウスを合わせたコーデ。きれいめスタイルでデートを楽しみたい方やオフィスで清楚な印象を出したい方におすすめです。上品な雰囲気で好印象を与えられます。

柔らかに広がるフレアスカートの色もポイント。濃すぎないベージュ色が白いブラウスによく合います。足元も薄いベージュのヒールで統一。手元にカゴバックを持ち軽さを出しています。優しい印象の清楚なフレアスカートコーデです。

Gジャンをギャザースカートで軽くみせる甘辛コーデ

By: wear.jp

重くてハードな印象になりがちなGジャンにカーキ色のギャザースカートを合わせて軽さを出したコーデ。膝丈スカートの生地が厚めなので、落ち着いた雰囲気も醸し出しています。髪をアップにして爽やかさを出しているのもポイントです。

足元にはあえてスニーカーを履き、大人のカジュアル感を演出。Gジャンのボタンを留めて上半身をタイトにまとめているので、スタイルがよく見えます。デートやイベントにもぴったりなカジュアルコーデなので、ぜひ参考にしてみてください。

ちぐはぐな組み合わせが絶妙におしゃれなギャザースカートコーデ

By: wear.jp

ストライプのギャザースカートとトレーナーにかかとの高いショートブーツを合わせ、中折れ帽を合わせた個性的なコーデ。1つ1つのアイテムをわざとちぐはぐにし、おしゃれな抜け感を演出しているのがポイントです。

ハンドバックをあえてグッチにした絶妙なバランスも魅力。おしゃれ上級者ならではの小技が見事です。ブーツから少しだけのぞかせたソックスがかわいらしさを演出しています。いつものカジュアルスタイルを変えたい方におすすめのコーデです。

デニムタイトスカートでワンランク上のスタイリングを

By: wear.jp

トップスとサンダルを上手に組み合わせ、カジュアルになりがちなデニムスカートを大人っぽく見せているコーデ。襟元にフリルが付いたノースリーブブラウスが大人かわいい雰囲気を醸し出し、デニムスカートのハードな印象を和らげているのがポイントです。

クラッチバックとサンダルを真紅でまとめているのがおしゃれ。さらにロングヘアをカールすることで洗練された大人女性の魅力も演出しています。艶っぽさも感じさせるので、アフター5の飲み会や女子会におすすめです。

上品で愛らしい大人ガーリーコーデ

By: wear.jp

ちょっとしたパーティーやフレンチレストランでの食事会などにおすすめのコーデ。花柄がボーダーに配置され、きちんとした印象を与えるのがポイントです。ピンクのトップスは襟ぐりに刺繍が施され、肩や袖のラインが女性らしく上品に見えます。

パンプスにはトップスと同じカラーのピンクをセレクトし統一感をプラス。手元のバックをシルバーカラーにして遊び心を演出するのも忘れていません。大人ガーリーコーデに悩む方はぜひ参考にしてみてください。

女子高生風のプリーツスカートに小技で抜け感をプラス

By: wear.jp

シンプルな白Tシャツに濃紺のプリーツスカートを合わせ、女子高生風にまとめたスタイル。Tシャツの袖を折ってほどよく腕を見せて抜け感をプラスしているのがポイントです。足元の靴下の長さが絶妙できちんとしたスタイルをうまく表現しています。

かっちりしすぎない黒い革靴が洗練されたイメージを演出。全体的にシンプルなカラーを選んでいるので、傘をビビットカラーにしておしゃれな雰囲気を出しています。いつもと気分を変えたい日におすすめのコーデです。

柄スカートを黒で引き締めてシックなイメージに

By: wear.jp

かわいらしい雰囲気になりがちな柄スカートのトップスに黒を合わせてシックにまとめたコーデ。白地のスカートにちりばめられたブルーベリー柄の濃い紫と黒の相性も抜群です。女性らしさと上品さをうまく表現できています。

ゆるくまとめたヘアスタイルもコーデにぴったり。パンプスを淡いベージュにし、バックを黒にすることで全体のバランスを保っているところがポイントです。オフィスにもデートにもマッチするので、ぜひ参考にしてみてください。