値段も性能も両方取りしたい欲張りさんに。

2014年12月中旬に、ファーウェイ・ジャパンが高性能なSIMフリー機を誰でも利用できるAscend G620Sと言う機種が発売することに決定しました。

この商品はミドルレンジの層に向けて製作したSIMフリー機のためコストパフォーマンスに優れています。

「どうせ安かろう悪かろうだろう?」と思いますが、性能面で妥協はしていません!

ではどのような性能か見ていきましょう。

性能面

ディスプレイは5インチHDのIPS液晶を採用しています。

もちろんCPUについてもクアルコムのSnapdragon 400のクアッドコアですので重たいゲームでなければ問題なく動作します。

ストレージは8GBと少ないですが、その分最大32GBまでのmicroSDHCカードを利用することができます!

LTEにも対応しており通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbps、そしてGPSにも対応しています。

ただし、バッテリーは2000mAhと少々容量が少ないのでモバイルバッテリーを持ち歩くことをお勧めします。

他社を引き離すコストパフォーマンス

この商品、気になる値段は2万2,000円前後で販売される予定です。

他社が5~8万円と高価なSIMフリー機を出している中、非常に安価な値段で提供しています。

確かに、値段が高いSIMフリー機と比べて性能が劣る面もありますが、そこまで性能を求めない人にとっては申し分ない商品でしょう。