一般的なブーツよりも丈が短いブーティーは、重くなりがちな秋冬コーデに抜け感をプラスできるおすすめのアイテム。素材やカラーによっては、春コーデに取り入れてもおしゃれです。

そこで今回は、ブーティーの人気ブランドとおすすめアイテムをピックアップ。ブーティーを上手に取り入れたお手本コーディネートもあわせてご紹介するので、ぜひ着こなしの参考にしてみてください。

ブーティーとは?

By: rakuten.co.jp

「ブーティー」とは、一般的にくるぶしよりも短い丈のブーツを指します。ただし、ブランドによってはくるぶしが隠れる丈のブーツをブーティーと表記している場合もあり、ショートブーツ・アンクルブーツとの境界が曖昧なのが実情です。

一般的なブーツは着用が秋冬に限られますが、軽快な印象のブーティーは春にもぴったり。デザインのバリエーションも豊富で、パンプスやスニーカーに近い形のアイテムもリリースされています。

ブーティーの選び方

タイプで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ブーティーといえば、ヒールが高めでレディな雰囲気のアイテムを想像しがちですが、最近ではさまざまなタイプが登場しています。カジュアル・フェミニン・上品など、自分のスタイルに合わせやすいタイプのアイテムをチョイスしましょう。

シンプルかつベーシックなブーティーは大人らしい印象で、上品な着こなしやフェミニンコーデを好む方にぴったり。より軽快な印象で履ける、パンプスに近い形のアイテムもおすすめです。

また、アイテム数は少ないものの、低めヒールでスポーティーなデザインのブーティーも存在します。カジュアル派の方は、アウトドアブランドやスポーツブランドのアイテムもぜひチェックしてみてください。

カラー・デザインで選ぶ

By: rakuten.co.jp

カラーはブーティーの使い勝手を大きく左右するポイントです。幅広いコーデに合わせたいなら、ブラック・グレー・ブラウンなど落ち着いた色味のモノを選ぶのがおすすめ。春に着用するならベージュやホワイト系の淡めのカラーもおしゃれです。

また、デザインはおしゃれさだけでなく、脚がキレイに見えるかどうかもあわせてチェックしましょう。ふくらはぎの太さが気になる方は、履き口が広く、浅いブーティーを選ぶのがおすすめです。なかでも、履き口にV字スリットが入ったアイテムは脚がスラリと見えるため人気。さらにベルトやファーなど、アクセントのあるブーティーも脚の太さを強調しないのでおすすめです。

ヒールの高さ・太さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

もともとレディな雰囲気のあるブーティーですが、ヒールの高いモノならより女性らしさが増します。特にピンヒールのブーティーはセクシーさを演出でき、大人らしくコーディネートしたい日にぴったりです。

ただし、高さのあるピンヒールは足への負担が大きく、履きなれていないと辛くなってしまう場合もあります。不安な方は、安定感のある太ヒールのアイテムからトライしてみるのがおすすめです。

ブーティーのおすすめブランド

ジェリービーンズ(JELLY BEANS)

By: amazon.co.jp

「ジェリービーンズ」は、1984年にスタートしたレディースシューズブランドです。かわいらしいブランド名は、お菓子から名付けられたモノ。デイリーに活躍するシンプルデザインのアイテムを中心に、幅広いカラー・デザインのシューズをラインナップしており、自分にぴったりの1足が見つかりやすいブランドです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

機能性とデザイン性を兼ね備えたアウトドアアイテムが人気の「ザ・ノース・フェイス」。ウェアやリュック以外にフットウェアも充実しており、タウンユース・アウトドアの両方で使えるアイテムが揃っています。アウトドア派の方はもちろん、カジュアルスタイルを好む方にもおすすめのブランドです。

ファビオルスコーニ(Fabio Rusconi)

By: rakuten.co.jp

「ファビオルスコーニ」は、イタリア発の人気シューズブランドです。シンプルかつ洗練されたデザインのシューズはファッション誌でもよく取り上げられ、ファッション感度の高い女性たちから厚い支持を獲得。また、快適さを向上させるための工夫も施されており、履き心地にも定評があります。

アルテミス バイ ダイアナ(artemis by DIANA)

By: rakuten.co.jp

「アルテミス バイ ダイアナ」は、フェミニン派におすすめのレディースシューズブランド。甘さと大人らしさのバランスが取れた大人かわいいシューズが揃っています。また、トレンドをしっかりと押さえたアイテムが多いのも特徴。旬なデザインをいち早く取り入れたい方も要チェックのブランドです。

ブーティーのおすすめアイテム

ジェリービーンズ(JELLY BEANS) シンプル ブーティー

ジェリービーンズ(JELLY BEANS) シンプル ブーティー

ブーティーに初トライする方におすすめの使いやすいシンプルデザインのブーティーです。ヒールは7cmと高めで、美脚に見せてくれます。ヒールが太く、ハイヒールなのに安定感があり、歩きやすいのも魅力です。

素材にはスエードを採用し、上品で季節感のある1足に仕上げています。内側にサイドジップが付いた作りで着脱しやすく、見た目もスッキリ。カラーバリエーションは、どんなコーデにも合わせやすいブラック・グレーと華やかなマスタードの3色です。

ジェリービーンズ(JELLY BEANS) ヒールアップブーティー

ジェリービーンズ(JELLY BEANS) ヒールアップブーティー

パンプスに近い感覚で履きこなせる1足。ボリュームを抑えたスマートなフォルムは軽快な印象で、秋冬はもちろん春にも活躍します。カラーはホワイト・ブラック・グレーの3色展開です。

5.5cmの太ヒールは抜群の安定感で、ヒール靴が苦手な方でも安心。ややマニッシュなデザインなので、パンツコーデの足元に最適です。また、あえて甘めコーデの引き締め役として取り入れてもおしゃれにキマリます。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヌプシブーティー ライト4 ウォータープルーフミニ

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヌプシブーティー ライト4 ウォータープルーフミニ

圧倒的な防寒性でアウトドア派から支持を得る「ヌプシシリーズ」のアイテムです。「テックプルーフ」と呼ばれる防水透湿性素材を採用することで、水の侵入を防ぎつつ内部の水蒸気を外へ排出。冬のアウトドアもあたたかく、快適に過ごせる優秀な1足です。

また、機能性が高いだけでなくデザインもおしゃれなことから、タウンユースでも人気。スキニーパンツとの組み合わせはもちろん、スカートと合わせても違和感なくなじみます。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ウインターキャンプブーティー3 ショート

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ウインターキャンプブーティー3 ショート

丸みのあるかわいらしいフォルムと、あたたかみのある素材感が魅力の1足です。アッパーに採用されているのは、撥水加工が施された圧縮ウール。靴の内部には毛足の長いフリースを用いて保温性の高い構造に仕上げています。

また、とても軽量で歩行時の負担が少ないのも嬉しいポイント。防水仕様のアイテムなので、雪の日も頼りになります。

ファビオルスコーニ(Fabio Rusconi) ブーティー GANDOLFO

ファビオルスコーニ(Fabio Rusconi) ブーティー GANDOLFO

足元をクールに彩るスマートなフォルムのおすすめブーティーです。ポインテッドトゥと9.5cmのヒールが脚をキレイに見せてくれます。パンツスタイルとは特に相性抜群。スキニー・ワイド問わず、おしゃれにスタイリングできます。

アッパーには、ほどよいツヤ感のある上質なレザーを採用。高級感があり、特別な日のおしゃれにもぴったりです。

ファビオルスコーニ(Fabio Rusconi) スエード ブーティー

ファビオルスコーニ(Fabio Rusconi) スエード ブーティー

パンプスの丈を長くしたような独特のフォルムが新鮮な1足。アッパー部分にはスエードレザー、ベルト部分にはエナメルレザーを使用しており、素材感のコントラストも楽しめます。

計算しつくされたフォルムはどの角度から見ても美しく、死角のないおしゃれが可能。足がしっかりとホールドされる作りと太ヒールにより、歩行時の安定感も実現しています。

アルテミス バイ ダイアナ(artemis by DIANA) ベルトブーティー

アルテミス バイ ダイアナ(artemis by DIANA) ベルトブーティー

バランスの取れたフォルムとシンプルなデザインで、幅広いコーデに合わせられる万能ブーティー。履き口のラインがキレイで、足首周りがシュッとして見えます。

また、本革ならではの上質感も魅力。シンプルなデザインゆえ、レザーの質感がストレートに味わえます。履き込むほどに足になじむ感覚も本革ならではで、長く履き続けたくなる1足です。

アルテミス バイ ダイアナ(artemis by DIANA) スエードブーティー

アルテミス バイ ダイアナ(artemis by DIANA) スエードブーティー

足元のスタイリングに差がつくおしゃれなデザインのブーティー。脚をキレイに見せてくれるカッティングや、異素材を大胆に組み合わせた遊び心のあるデザインが魅力です。

また、見た目だけでなく、履き心地を追求しているのも本アイテムの注目ポイント。足裏とつま先が触れる部分に起毛素材を採用し、保温性を向上しています。足先が冷えやすい秋冬も、快適に履ける優秀アイテムです。

ピシェ アバハウス(Piche abahouse) 2WAYポンポンブーティー

ピシェ アバハウス(Piche abahouse) 2WAYポンポンブーティー

1足で表情の異なる2パターンのデザインを楽しめるおすすめブーティーです。ファー素材のポンポンを取り付ければかわいらしい雰囲気に、取り外せばサイドのレース部分がしっかりと見えて大人らしく履きこなせます。

ブーティーのフォルムがスッキリとしているので、ポンポン付きでも子供っぽくならないのがポイント。カラーはライトベージュ・ブラック・ネイビーと使いやすい定番カラーがラインナップしています。

ピシェ アバハウス(Piche abahouse) サイドアキシャーリング

ピシェ アバハウス(Piche abahouse) サイドアキシャーリング

レディな足元を演出してくれる新鮮デザインのおすすめブーティー。シャーリング・ピンヒール・大胆に開いたサイドの作りなど、大人の女性の魅力を引き立てるポイントが散りばめられています。

抜け感のあるデザインは、春や秋のコーディネートにぴったり。コーデに取り入れれば、いつものカジュアルスタイルがグッと女性らしく仕上がります。

ローズバッド(ROSE BUD) アッパースリットブーティー

ローズバッド(ROSE BUD) アッパースリットブーティー

レディにもクールにもスタイリングできる優秀ブーティーです。最大の注目ポイントは、履き口にスリットカットを入れたスタイルアップ効果抜群のデザイン。全体のスマートなフォルムと相まって、洗練された印象を醸し出す1足に仕上がっています。

カラーはロングシーズン使えるブラックのほか、春の着こなしにぴったりのライトグリーン・ライトブラウンがラインナップ。パンツにもスカートにも合うので、ぜひさまざまなコーディネートに取り入れてみてください。

セシルマクビー(CECIL McBEE) ストームブーティー

セシルマクビー(CECIL McBEE) ストームブーティー

ボリューミーで存在感抜群のおしゃれブーティー。高さのあるプラットフォームソールが特徴です。厚いソールはインパクトがあるだけでなく、11.5cmものハイヒールを支え、歩きやすくする役割も担っています。

サイドジップがあるので着脱も簡単。おしゃれなデザインはもちろん、歩きやすさやスタイルアップ効果も重視したいという方におすすめです。

エル スポーツ(ELLE SPORT) カジュアル ショートブーティー

エル スポーツ(ELLE SPORT) カジュアル ショートブーティー

普段のカジュアルコーデに気軽に合わせられるラフさが魅力のブーティー。プラット式製法で作られている本アイテムは、優れた屈曲性と柔らかな履き心地が魅力です。ヒールも低く、アクティブに歩きまわる日にも重宝するおすすめアイテム。

サイドにタッセル、かかと部分にはエスニック柄があしらわれており、ほどよく個性をアピールできます。エスニック調のアイテムが好きな方はもちろん、カジュアルスタイルにマッチするブーティーを探している方もぜひチェックしてみてください。

シューギャラリーオオタ(SHOE GALLERY OTA) ブーティー

シューギャラリーオオタ(SHOE GALLERY OTA) ブーティー

脚がキレイに見えるハイヒールアイテムにトライしたいけれど、歩きづらそうで不安という方におすすめの1足。7.5cmのハイヒールながら、ウェッジソールタイプなので安定感があります。

また、スエードレザーの質感がストレートに伝わるシンプルデザインも魅力。クセがなく、どんなボトムスにも合わせやすいため、ぜひさまざまなアイテムとの組み合わせを楽しんでみてください。

ブーティーのおすすめコーデ

大人の魅力たっぷりのお手本ブーティーコーデ

By: wear.jp

シルエット・カラーリングなど、全体のバランスが見事なお手本コーディネートです。ややラフなサイズ感のシャツを、カーキのタイトスカートにイン。腰の位置が高く見え、スタイルアップにつながっています。

そして、足元にはこなれカラーのブーティーをチョイス。パンプスでは出せない存在感と、ブーツにはない抜け感の両方を実現しています。

ロング丈ワンピースとブーティーのバランスに注目

By: wear.jp

華やかな柄物ワンピースにざっくりとした質感のニットをレイヤードしたおしゃれ秋冬コーデ。ゆったりとしたアイテム同士なので、ルーズすぎる印象にならないようベルトでウエストマークしてシルエットを引き締めています。

そして、注目はワンピースの丈とブーティーの絶妙なバランス。足首が少しだけのぞくような丈感は足首が華奢に見え、ブーティーのデザインも活かせるのでおすすめです。

ダウンジャケットコーデにブーティーで抜け感をプラス

By: wear.jp

ダウンジャケットは冬のマストアイテムですが、ボリュームがあるためコーデが重たくなりがち。上半身にボリュームがある分、下半身をスッキリと仕上げるとバランスがよくなります。

スキニーパンツ×ブーティーの組み合わせなら足元に抜け感が出て、かつ季節感もある装いに。ボトムスとブーティーを同色で揃えると、美脚効果も期待できます。

ボリュームスカート×ブーティーで足首の細さを強調

By: wear.jp

まだ暑いけれど、そろそろ秋のムードも取り入れたい。そんな晩夏から初秋にかけてぴったりのおしゃれコーディネートです。ブーツだと暑苦しくなってしまう季節も、ブーティーなら軽やかにまとまります。

また、フレアシルエットのスカート×ブーティーは、足首が華奢に見えるおすすめの組み合わせ。細見えが叶う優秀コーデを、ぜひ参考にしてみてください。

スタイルアップ効果抜群のレディコーデ

By: wear.jp

女度がグッと上がる、セクシーなコーディネートです。トップス・ボトムスともにコンパクトなサイズ感のアイテムでまとめているので、手足がスラリと見えます。

そして、深いV字スリットが入ったブーティーで美脚効果も。ボリューミーなブーティーとの対比で、脚がより長く細く見えます。

柄物ボトムスもスッキリまとまる

By: wear.jp

スカートのようなシルエットを持つ「スカーチョ」を取り入れたトレンド感のある秋冬コーディネート。ケーブルニットの帽子とカーディガンを合わせ、季節感たっぷりに仕上げています。

足元はV字スリット入りブーティーでスッキリとスタイリング。足首を出すことでほどよい抜け感も演出しています。

ブーティーで大人の雰囲気を演出

By: wear.jp

ジャンパースカートはインナーを合わせるだけでコーデがキマる人気アイテムですが、着方によっては幼く見えてしまうことも。そんな時は、足元にスマートシルエットのブーティーを取り入れ、大人らしくスタイリングするのがおすすめです。

また、首に巻いたスカーフにより、コーデ全体の旬度がグンとアップ。ちょっとおしゃれして出かけたい時に、ぜひ参考にしてみてください。

靴下とスタイリングすれば大人かわいい足元に

By: wear.jp

スカートコーデにライダースジャケットを重ね、大人らしく仕上げたおしゃれな着こなし。ベーシックなアイテムが中心なので、再現性が高くトライしやすいコーディネートです。

足元は白ソックスとブーティーで新鮮なスタイリングに。ブーティー単体で着用する時よりもかわいらしい印象で、フレアスカートにぴったりです。