自宅で簡単に炭酸水を作れる「ソーダストリーム」。さまざまな機種がリリースされていますが、今回はスタンダードモデル「ソース v3」のスターターキットをレビューします。

使い方の解説と実際に使用して感じた感想を紹介するので、購入を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ソーダストリームとは?


ソーダストリームは専用のボトルに水を入れて本体に装着し、ボタンを押して数秒待つだけで炭酸水が作れる製品。専用のボトルは繰り返し使えるため、ペットボトル・缶・ビンなどのゴミを減らし、地球環境の保護に貢献できます。

炭酸ガスの充填方法は、ボンベ型のガスシリンダーを本体にセットする「シリンダー式」で、一度にひとつ使い切る「カートリッジ式」と異なり、何十回も使えるのが魅力です。

市販の炭酸水は500mlあたり平均100円ほどかかるのに対して、ソーダストリームはおよそ1/5の約18円とコストパフォーマンスに優れているのがメリット。また、炭酸の強度を調節できるのもポイントです。

ソーダストリームには、リーズナブルな価格が魅力の「ジェネシス デラックス v2」、コンパクト設計の「スピリット」、炭酸の強度をLEDランプで確認できる「ソース v3」、全自動の最上位モデル「ソース パワー」などの種類があり、用途や好みに合わせて選べます。

動画でレビューを見る

本体&付属品をチェック

ガスシリンダーと1Lの専用ボトルが付属


今回レビューするのは「ソーダストリーム ソース v3 スターターキット」。本体に加えて、約60Lの炭酸水が作れるガスシリンダーと1Lの専用ヒューズボトルが付属するため、手元に届いたらすぐに使用できます。

今回はキャンペーン特典として、500mlの専用ヒューズボトルとコーラのシロップも入っていました! なお、専用ボトルやシロップは単体でも購入できます。

インテリアに調和するスタイリッシュなデザイン


インテリアに馴染むスタイリッシュなデザインが魅力の本体。部屋の雰囲気に合わせてホワイト・ブラック・レッドの3色から選べます。

今回は、ブラックをチョイス。落ち着きのあるカラーが高級感を演出します。ただし、ブラックは指紋汚れなどが目立ちやすいため、気になる方はこまめなお手入れが必要です。

炭酸の強さを目視で確認できるLEDランプ


微炭酸から強炭酸まで、自分好みの炭酸水を作れるのが「ソース v3」の特徴。ランプがひとつ点灯すると微炭酸、ふたつ点灯すると中炭酸という具合に、ランプの数が増えるほど注入される炭酸ガスの量も増えます。

ワンタッチでボトルの着脱ができる「スナップロック機能」を搭載


ボトルを回す必要はなく、力を入れなくても簡単に付けたり取り外したりできます。

電源が必要ないため、どこにでも設置可能


ソーダストリームはガスシリンダーを使用して水に炭酸ガスを注入するため電源が必要ありません。本体背面のカバーを外すと、ガスシリンダーの取り付け位置を確認できます。
 

炭酸水を作ってみた

1. シリンダーを本体にセット


まずは、ガスシリンダーのシールとキャップを外します。
 

背面パネルを外したら本体を前方に傾け、ガスシリンダーをベースの穴から通して取り付け口に差し込みます。
 

ガスシリンダーを手で持ち、ゆっくりと右に回して本体に取り付けます。
 

背面カバーを戻せば、ガスシリンダーのセット完了です。なお、空のガスシリンダーは、ソーダストリーム取扱店舗かメーカー公式サイト経由にて、充填済み同製品と代金のみで交換が可能です。

2. 専用ボトルに水を入れる


専用ボトルの水位ラインまで水を入れます。炭酸ガスが溶け込みやすい冷水を使うと、よりおいしい炭酸水が作れておすすめです。なお、水以外の飲み物には炭酸ガスを注入できないため注意してください。

3. 専用ボトルを本体に取り付ける


装着タブをカチッと音がするまで手前に引き出します。
 

専用ボトルの口をスナップロックに差し込んだ状態で、前に押しながら垂直に固定します。ボトルを回す必要はなく、力を入れなくても簡単に取り付けられます。

4. 炭酸注入ブロックを押す


炭酸注入ブロックを2秒ほど押して、好みの炭酸レベルのLEDランプが点灯したら放します。この時、押す力が弱いと炭酸ガスが十分に注入されないように感じました。しっかりと炭酸注入ブロックを押すのが、おいしい炭酸水を作るコツと言えそうです。

また、炭酸ガスを入れすぎると、ボトルから水が溢れ出てしまう恐れがあるので注意してください。

5. ボトルを外して……完成!


炭酸注入ブロックが元の位置に戻ったらボトルを外します。


1分もかからずに炭酸水ができあがりました。
 

そのまま飲むのはもちろん、お好みでシロップを入れたり、お酒で割ったり、フルーツを入れたりしても楽しめます。ボトルにはキャップが付いているので、飲みかけの炭酸水を保存したいときにも便利です。

付属のシロップでコーラを作ってみた

1. ソーダストリーム専用のシロップを用意


できたばかりの炭酸水に付属のシロップで味付けします。ソーダストリームの専用シロップは合成着色料・保存料不使用。1本で200mlのコップおよそ30杯分を作れます。

コーラ以外にも、ジンジャエールやオレンジ、アップル&ピーチなどさまざまなフレーバーのシロップがあるので、気になる方はぜひ試してみてください。

2. 炭酸水が入ったボトルにシロップを注ぎ入れる


計量用のボトルキャップにシロップを入れ、炭酸水の入った専用ボトルにゆっくり注ぎ入れます。なお、シロップを入れた後は、炭酸ガスを注入できないので注意してください。

3. ボトルを軽く揺らす


ボトルをゆっくりと揺らしてシロップを混ぜます。

4. 完成!


おいしいコーラができました! 甘さが足りないと感じる場合は、さらにシロップを加えて味を調節できます。

ソーダストリーム(sodastream) Source v3 スターターキット