和装をするときの履き物「下駄」。まるみのあるフォルムがかわいらしく、鼻緒の柄やデザインはバリエーションが豊富にあります。着物・浴衣に合わせたり、差し色として取り入れるのがおすすめです。そこで今回は、下駄のおすすめアイテムと選び方をご紹介します。

下駄の種類

駒下駄

By: amazon.co.jp

駒下駄は足をのせる「台」から地面に設置する「歯」まで、ひとつの木材をくり抜いて作られた下駄のこと。馬のヒヅメの形に似ていることから駒下駄という名前がつけられました。素材に使われるのは杉や桐などが一般的。歯が低いので歩きやすい上に軽く、下駄を履きなれない方にもおすすめのタイプです。

のめり

By: rakuten.co.jp

のめりは前の歯が足先に向かって斜めになっている下駄のことです。まるみのある女性的な雰囲気が特徴。駒下駄に比べて木を多く使っているため重みはあるものの、すり減りにくく長持ちすることが魅力です。

後ろの歯の形状によって名称はさまざまあり、駒下駄と同じような歯がついていれば「千両下駄」、まるい歯がついている場合は「小町下駄」などと呼びます。

近江下駄

By: amazon.co.jp

近江下駄は下駄を履きなれていない方にもおすすめの、サンダル感覚で履ける気軽な下駄です。かかとが低く、足に馴染みやすい草履のような台を採用し、歩きやすいことが特徴。多くの製品では底にゴムやスポンジタイプの滑り止めが貼られており、初心者でも安心して履けます。

下駄の選び方

サイズをチェック

By: rakuten.co.jp

下駄を履いた姿がもっともすっきりときれいに見えると言われているのは、台から少し”かかと”がはみ出すか、直線に並ぶくらいのサイズです。

鼻緒はサイズによる長さの違いはほとんどないので、鼻緒は多少きついくらいの方が脱げにくく安心。長時間下駄を履く用事がある場合には、数日かけて履き慣らしておくのがおすすめです。

鼻緒のデザインで選ぶ

By: rakuten.co.jp

下駄を履いたときの印象を決めるのが鼻緒です。着物・浴衣に合わせた色を選んだり、あえて全く違う雰囲気のデザインを合わせたり、さまざまなコーデアレンジを楽しめます。

鼻緒が太い下駄は歩きやすく、足の甲にかかる負担が少ないので、履きなれていない方にもおすすめです。一方、鼻緒の細い下駄は可憐な印象にありますが、足が痛くなりやすいことにも注意して選びましょう。

下駄のおすすめアイテム

utatane 白木右近下駄

白木が爽やかで夏らしい下駄。つま先に向かって台が斜めになっており、近江下駄とのめりタイプを折衷したようなフォルムが特徴のアイテムです。台のサイドには金魚のイラストが描かれており、涼しげな印象が魅力です。

鼻緒には麻素材を使用し、湿気の多い夏場もさらりとした感覚を保ちます。サイズは23〜24.5cm程度に対応したフリーサイズ。足元から季節感を演出したい方におすすめのアイテムです。

下駄・草履のひらいや 一本歯下駄

地面から台までの高さがおよそ8cmの一本歯下駄。バランスを取るためにおのずと姿勢がよくなるので、ストレッチ感覚で履けます。歯の底には滑り止めがついており、滑りにくいことはもちろん、室内で着用するときに床を傷つけにくいこともポイントです。

草木染めの鼻緒は幅広のモノを使用している上に、なかに綿をたくさん入れているので足の甲が痛くなりにくいことも魅力。着用するときは手すりなどにつかまりつつ、走らないように注意しましょう。

キョウエツ(KYOETSU) 下駄

桐に「焼き」と呼ばれる加工を施した近江下駄。台の色が濃いので汚れが目立ちにくく、長く使えるのが特徴です。かかとが低いため、足の甲にかかる負担が少ないことが魅力。さまざまな色・柄を選べる鼻緒は柔らかくソフトな肌触りが魅力です。

底部分には滑り止めが貼られていることもポイント。サイズはS〜3Lまで幅広く展開しています。年に1度の夏祭りや花火大会などで気軽に履けるものを探している初心者の方にもおすすめのアイテムです。

斉藤桐下駄 阿波しじら織鼻緒桐下駄 hgx75

スクエア型の台とおしゃれな鼻緒がスタイリッシュなアイテム。桐を使用した昔ながらの駒下駄のため、少し前のめりになるような粋な歩き方ができ、歩くたびに涼しげな音を発します。

鼻緒に使われているのは独特のシボと藍染の繊細な柄が特徴の「阿波しじら織」と呼ばれる布地。白木の台と相性よくマッチします。幅広い年代に使いやすい落ち着いたデザインの下駄を探している方におすすめです。

Jiyaru 和柄下駄サンダル

かかとが5.5cmと高めの近江下駄。鼻緒が幅広にできているので、足の甲や指の間にかかる負担を減らせます。台は幅が狭めに作られているため、足の幅が広い方はワンサイズ大きめを買うのもおすすめです。

鼻緒は洋服にも合わせやすい現代的な柄が採用されており、サンダルと同じような感覚で履けることも魅力。普段使い用として履きたい方や、丈が長めの浴衣を着る方におすすめのアイテムです。

ビリーム(BEREAM) 下駄

桐を使用したシンプルな駒下駄。色の薄い台に無地の鼻緒を合わせており、さまざまな柄の浴衣に合わせやすいことが特徴です。鼻緒はコットン製なので、ソフトで快適に履き続けられます。

底にはゴムを貼ることで、歩いたときに出る音を軽減する上に、滑るのを防止してくれることも魅力。サイズは3種類から選べます。浴衣の柄やデザインを選ばずに身につけられるスタンダードな下駄を探している方におすすめです。

みずとり(mizutori) hitete 下駄 KC-26

6.5cmのヒールがついたカジュアルに履ける下駄。洋服に合わせても違和感のないモダンなデザインが特徴です。台には天然木を使用しており、ひとつひとつ違った風合いを楽しめます。

鼻緒にクッションを入れることで肌あたりが優しく、長時間着用しても疲れたり、痛くなったりしづらいことが魅力。さまざまな服装に合わせやすいアイテムを探している方におすすめです。

ながもく 日光焼塗下駄 nmg-15N011

自然木を使用した昔ながらの駒下駄。台の表面に塗装を施しており、足の汗や雨などで汚れにくいことが魅力です。歩くたびにカランコロンという下駄ならではの音がなります。

鼻緒は2種類から選択可能。台は自然木のため、ひとつひとつ木目や色味の違うオリジナリティが楽しめます。シンプルで柄物や派手な色の浴衣・着物にも合わせやすいアイテムを探している方におすすめです。

下駄・草履のひらいや 下駄

かかとがまるくてかわいらしい雰囲気のある小町下駄です。「焼き」加工を施した台は落ち着いた色合いで、鼻緒のレース柄とのコントラストが特徴。底にはゴムが貼ってあり、歩いたときに静かで、滑りにくいことが魅力です。

台は幅が狭めにできており、可憐で女性らしい印象を与えます。足にあたる鼻緒の裏側部分はビロード製。ソフトではき心地がよいので、疲れにくいこともおすすめのポイントです。

京都きもの町 下駄

色の濃い焼き桐を使用した下駄。レトロの花柄の鼻緒が特徴的なアイテムです。台の削り出しの最終工程は人の手で行っており、ひとつひとつ微妙に風合いが違うオリジナルのかわいらしさを楽しめます。

ゴム底なので滑りにくく安心。購入した直後に鼻緒がきついと感じた場合には引き抜かない程度に引っ張り、緩みを持たせるのがおすすめです。