本の自炊に欠かせない「ブックスキャナー」。裁断した本をスピーディーにスキャンしていくタイプや、裁断せずそのまま電子化できるタイプなど、さまざまな種類がラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのブックスキャナーをご紹介。タイプごとの特徴や違い、チェックしておきたいポイントなどもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ブックスキャナーとは?

By: amazon.co.jp

ブックスキャナーとは、本の読み取りに特化して設計されたスキャナーのこと。スキャンした原稿を綺麗に補正する機能が充実しており、傾きや歪みの補正のほか、裏写りの除去や欠けた部分の補完などができるモデルもあります。

本を裁断して1枚ずつスキャンするタイプや、本の形を保ったまま非破壊で電子化できるモデルなど、種類は豊富。用途に合わせて好みのタイプを選択できます。

ブックスキャナーの選び方

タイプで選ぶ

スキャンが高速で簡単な「シートフィード型」

By: amazon.co.jp

シートフィード型のブックスキャナーは、自動で原稿を送りながらスキャンできるタイプ。複数の原稿をまとめてセットすると自動的に1枚ずつスキャンされていくので、大量の原稿を短時間で電子化したい場合におすすめです。

一方、本をスキャンしたい場合は裁断してバラバラにする必要がある点はデメリット。本を手元に残さず処分してもよいという方に適しています。

精度が高い「フラットベッド型」

By: amazon.co.jp

本のページをガラス台に乗せてスキャンするタイプが、フラットベッド型。エッジ部分に工夫が施されたモデルが多く、見開き部分の歪みや影の映り込みを抑えるように設計されています。また、高解像度なモデルが多い点も特徴です。

本を開いて1ページずつスキャンするため、大量のスキャンには向いていないのがデメリット。使用頻度の低い方におすすめです。

本を開いて読み取る「オーバーヘッド型」

By: amazon.co.jp

オーバーヘッド型のブックスキャナーは、本を真上からカメラで撮影するタイプ。デスクライトのような形状をしており、本を見開きの状態でスキャンできるのが特徴です。本を裁断する必要がなく、非破壊で電子化したい方に適しています。

見開き部分の歪みや本を抑えたときの指などが、データに残ってしまいやすい点には注意。補正機能が充実したモデルであれば、歪みや映り込みを修正して綺麗なデータを保存できます。

裁断しない非破壊かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

ブックスキャナーには、本を裁断してバラバラにてからスキャンするタイプと、非破壊でスキャンできるタイプの2種類があります。もし、本を裁断せずに残しておきたいのであれば、必ず非破壊でスキャンできるモデルを選びましょう。

本を電子化し、元の本も処分してしまう場合には裁断してからスキャンするタイプがおすすめ。特に、大量の本をスキャンした場合は、裁断してしまった方が効率的に作業できます。

A3など対応する書籍のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

スキャンしたい原稿のサイズによっても、選ぶべきブックスキャナーの種類は異なります。例えば、シートフィード型のブックスキャナーの多くはA4サイズに対応しており、A3サイズの原稿を読み取るには折り曲げたり合成したりなどの工夫が必要です。

雑誌の見開きや新聞、設計図などA3サイズの原稿をスキャンしたい場合は、原稿のサイズに対応したブックスキャナーを選びましょう。

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

ブックスキャナーは、モデルによって対応している解像度が異なります。より高精細なデータを残したい場合は、できるだけ解像度の高いモデルがおすすめ。ただし、解像度が高いとファイルサイズも大きくなってしまうので注意が必要です。

具体的には、図表や写真なども綺麗に読み取りたい場合は600dpi以上、文章だけの原稿であれば300dpi程度でも十分綺麗にデータ化できます。

読み取りセンサーをチェック

By: amazon.co.jp

ブックスキャナーに採用されている読み取りセンサーには、主にCCDとCISの2種類があります。一般的に、CCDセンサーの方が画質がよいとされており、スキャンにかかる時間も早い場合がほとんど。ただし、価格が高く、サイズも大きい傾向にあります。

一方、CISセンサーは、画質ではCCDに劣る場合があるものの、コンパクトかつ安価なモデルが多いのが特徴。予算や求めるクオリティに合わせて選んでみてください。

便利な機能をチェック

By: amazon.co.jp

ブックスキャナーによっては、便利な機能が搭載されているモデルもあります。例えば、スキャンしたデータの傾きや裏写りを自動的に補正したり、白紙のページを除去したりできると、大量のスキャン作業を効率化可能です。

また、データを自動的にクラウドに保存できると、スキャンする際にパソコンを立ち上げる必要もありません。

ブックスキャナーのおすすめ|シートフィード型

ピーエフユー(PFU) ScanSnap iX1600 FI-IX1600

大量の原稿をスムーズに処理できるおすすめのシートフィード型ブックスキャナー。最大で50枚までの原稿をセットできるうえ、1分で約40枚の原稿をスキャンできるので、本1冊を丸々電子化したい場合にも効率的に作業できます。

専用ソフトも高機能。原稿のサイズやカラーを自動で識別したり、白紙ページを自動で削除したりできます。また、読み取ったデータを検索できるPDFやExcel・WordのようなOfficeファイルに出力可能です。

クラウドサービスと連携できる機能も魅力のひとつ。パソコンやスマートフォンと連携しなくても、ネットに接続してDropboxやGoogleドライブ、Evernoteなどのクラウドサービスにスキャンデータを保存できます。

ピーエフユー(PFU) ScanSnap iX1300 FI-IX1300A

高性能ながらコンパクトなおすすめのシートフィード型ブックスキャナー。本体が小型なうえ、排紙スペースを必要としない「Uターンスキャン」にも対応しているので、デスク上の限られたスペースに設置しても無理なく使用できます。

スキャンしたデータは、パソコンやスマートフォンだけではなく、クラウドサービスにも保存可能。本体をワンタッチするだけで、DropboxやGoogleドライブなど普段使っているクラウドサービスにデータを保存し管理できます。

本以外のスキャンに活用できる点も魅力のひとつ。正面から給紙と排紙を行う「リターンスキャン」を利用すれば、A3サイズの原稿やはがき・名刺などの小さな原稿、プラスチックカードなども読み取ってデータ化できます。

キヤノン(Canon) imageFORMULA RS40

さまざまな用途に活用できる、おすすめのシートフィード型ブックスキャナー。用紙サイズを検知して自動的に最適なサイズで読み取る機能に対応しているので、複数の原稿のなかにサイズの異なる用紙が混ざっていてもスムーズにスキャンできます。

傾きを検知できるのはもちろん、文字の向きから原稿の方向を補正する機能にも対応。また、白紙ページを自動的にスキップしたり、裏写りを除去して保存したりする機能も搭載されているため、手動で補正をしなくても簡単に綺麗なデータに仕上げられます。

写真の読み取りに対応している点も魅力。色褪せた写真を鮮やかにしたり赤目を補正したりなど、写真を綺麗にスキャンするための機能も充実しています。

キヤノン(Canon) imageFORMULA DR-C225W 2

省スペースに設置できる、おすすめのシートフィード型ブックスキャナー。「ラウンドスキャン」と呼ばれる、排紙スペース不要な独自の構造を採用しています。重送しにくい仕組みのため、読み取りエラーを防止しながらスムーズにスキャン可能です。

スキャンスピードの速さもポイント。原稿は最大で30枚までセットでき、A4サイズかつ解像度が200dpiであれば1分ごとに約25枚スキャンできます。200dpiの場合、モノクロでもカラーでもスキャンのスピードが変わらない点も魅力です。

サイズの自動調節や傾き補正、白紙ページの除去など、便利な機能も多数搭載。スマートフォンに専用のアプリをインストールすると、スキャンしたデータを簡単にスマートフォンに転送して保存できます。

ブラザー(Brother) ドキュメントスキャナー ADS-4900W

電子化したい原稿が大量にある方におすすめのブックスキャナー。A4サイズであれば、最大で100枚までまとめてセットできます。スキャンのスピードも、1分間に約60枚と高速。溜まった本をまとめて自炊できます。

スキャンしたデータをさまざまな方法で保存できる点も特徴。クラウドサービスと連携できるのはもちろん、接続したUSBメモリや指定したメールアドレスへの転送、FTPサーバーへの保存など、パソコンを起動しなくても好みの方法でデータを管理できます。

傾きや方向の調節機能にも対応。白紙ページをスキップしたり、裏写りを除去したりといった機能も搭載されています。また、A4サイズ以上の原稿も、折りたたんで2回に分けてスキャンし、あとから1枚に合成可能です。

ブックスキャナーのおすすめ|フラットベッド型

プラステック(Plustek) OpticBook A300 Plus

本を非破壊かつ高品質に電子化したい方におすすめのフラットベッド型ブックスキャナー。最大でA3サイズまで対応しているので、漫画や小説などの本だけではなく、雑誌や新聞、論文などさまざまな原稿をスムーズにデータとして取り込めます。

A3サイズであれば1ページあたり約2.48秒でスキャンできるスピードも特徴です。独自の「ブックエッジ」仕様により歪みを抑えやすいほか、自動で連続スキャンする機能も搭載。連続でスキャンする場合は、向きも自動的に揃えられます。

設定ボタンが本体に搭載されている点も魅力のひとつ。カラーやモノクロ、テキストなどのスキャン設定を本体のボタンで簡単に適用できるため、スキャンごとにパソコンを操作する必要がなく、手間を軽減できます。

スキャン時の光源には、LEDを採用。消費電力を抑えられるほか、ウォームアップ時間も短く済みます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) フラットベッドスキャナ 400-SCN057

大型の本にも対応できるおすすめのフラットベッド型ブックスキャナー。フラットベッド部分が大きく設計されており、A3サイズの原稿をスキャンできます。通常の書籍はもちろん、雑誌の見開きや設計図、新聞など大型の原稿をスキャンしたい方におすすめです。

可動式カバーの採用も特徴のひとつ。原稿の厚さに合わせてカバーの高さを調節できるので、厚みのある書籍をスキャンするときに光が入り込むのを防止できます。スキャンもスムーズなため、効率的に作業可能です。

専用のソフトは、WindowsとmacOSの両方に対応。設定できる解像度は両OSとも100・200・300・600・1200dpiで共通しています。出力形式も複数から選択できるので、用途に合わせて扱いやすいファイルを選択可能です。

オートパワーオフ機能の搭載もポイント。操作をせず15分が経過すると、自動的に電源がオフになります。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) A3スキャナー 400-SCN025

A3サイズまで対応したおすすめのフラットベッド型ブックスキャナー。A3サイズの原稿をスキャンできるので、雑誌や設計図のほか、A4の原稿を2枚まとめて読み取るのにも活用できます。もちろん、A3より小さいサイズの原稿もスキャン可能です。

高解像度でスキャンできる点も魅力のひとつ。最大で2400dpiの解像度に対応しているため、写真やイラストのような作品のスキャンにも適しています。解像度は、100dpiからの調節に対応。素早くスキャンしたい場合は、300dpiがおすすめです。

本体に操作用のボタンが搭載されているのも、使いやすいポイント。スキャンボタンのほか、パネルウィンドウを表示させるボタンやPDF形式でスキャンするボタンなどが用意されているので、パソコンを操作せずに作業できます。

上方向にカバーが開く構造も特徴。スペースを取りにくいため、自宅でも気軽に使用できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) A3ブックスキャナー 400-SCN038

本を裁断せずに高画質で電子化できるおすすめのフラットベッド型ブックスキャナー。エッジ部分が薄く設計されているので、見開きの本の歪みを抑えて端まで丁寧に読み取れます。読み取れる原稿のサイズは、最大でA3です。

可動式のカバーも特徴のひとつ。カバーが自動的に持ち上がる構造を採用しているため、分厚い本を乗せてもしっかりと全体を覆って光の侵入を防止できます。辞書や図鑑など、厚みがあり表紙が硬いタイプの本をスキャンしたい方におすすめです。

対応している解像度は、最大で600dpiまで。300dpiに設定した場合、カラーだとA3の原稿を約2.48秒でスキャンできます。複数のページを読み取りたい場合でもかかる時間が少なく、効率的に作業しやすい点が魅力です。

専用ソフトの機能も充実。書籍を連続スキャンする際に便利な、自動回転機能も用意されています。

キヤノン(Canon) CanoScan LiDE 400 CANOSCANLIDE400

シンプルで価格が安い、おすすめのフラットベッド型ブックスキャナーです。A4サイズの原稿を300dpiのカラーでスキャンする場合、かかる時間は約8秒と高速。CISセンサーを採用しており、高精細なスキャンを実現しています。

「おまかせスキャン」機能を搭載。原稿の種類を自動的に認識し、適した設定でスキャン可能です。本体には、「おまかせスキャン」機能を即座に起動できる専用のボタンも搭載されています。

パソコンにUSBケーブルで接続するだけで使えるのもポイント。電源を必要としないため、コンセントがない場所でも気軽に使用できます。また、専用のスタンドも付属。スタンドを取り付けると、縦置きの状態でスキャンできます。

ヘアライン加工が施されたスタイリッシュなデザインも特徴のひとつ。価格が安いので、コストパフォーマンスに優れたブックスキャナーを探している方におすすめです。

ブックスキャナーのおすすめ|オーバーヘッド型

iOCHOW ドキュメントスキャナー S1

本を非破壊で電子化できるおすすめのブックスキャナー。見開きの本を真上からカメラで撮影し、データ化するタイプのブックスキャナーです。本体の先端部分には800万画素のカメラが搭載されており、細かい文字までしっかりと撮影できます。

高性能な専用ソフトの存在も魅力のひとつ。撮影時の原稿の傾きや指の映り込みを自動的に補正し、綺麗なデータに仕上げられます。また、横書きの文章であれば文字をテキストデータに変換する「OCR機能」も利用可能。読み取った本を簡単にテキスト化できます。

PDFのほか、WordやExcelなどの形式で出力できるのもポイント。連写モードも用意されているので、複数のページをまとめて取り込みたい場合でも何度も撮影ボタンを押す手間を軽減できます。

金属を使用した高級感のあるデザインも特徴。本体はスリムなうえ折りたたみにも対応しているため、限られたスぺースにも無理なく収納できます。

iOCHOW ブックスキャナー S5

本を高精細に取り込めるおすすめのブックスキャナー。2200万画素の高解像度カメラが搭載されており、本や書類を綺麗に撮影できます。4つのLEDライトが搭載されている点も特徴。別途照明を用意しなくても、明るい画像に仕上げられます。

本を非破壊で電子化できるのも魅力。Windows向けの専用のソフトには、被写体のなかから不要な部分を自動的に取り除くトリミング機能や、歪みを抑える自動平坦化技術などが採用されています。OCR機能も利用可能です。

CZUR Shine Ultra Pro

コンパクトながら高性能なオーバーヘッドタイプのおすすめブックスキャナー。約2400万画素のカメラが搭載されており、細かい文字や図表の入った書類も高精細に撮影できます。無段階で光量を調節できるライトを搭載しているのも魅力です。

専用のソフトは非常に多機能。傾きや見開きページの歪みを調節できるのはもちろん、曲がったり破けたりして欠けている部分も自動で補正し、綺麗なデータに変換できます。また、高性能なOCRにも対応。文字をテキストデータとして取り込めます。

スリムかつ折りたたみできる設計もポイント。使わないときは収納しやすく、必要なときに素早く準備できます。また、本体重量が約1kgと軽いので、ノートパソコンと一緒に自宅や大学、オフィスなどさまざまな場所に持ち運んで使用可能です。

ACアダプタを使わずUSBポートから給電できるため、ノートパソコンさえあれば使用場所も問いません。

CZUR Aura S Pro

多機能で便利なオーバーヘッドタイプのおすすめブックスキャナー。1ページあたり約2秒でスキャンできるので、ページ数が多い本もスムーズに処理できます。カメラの解像度は、2000万画素。高画素なカメラにより、高精細かつ鮮やかに保存できます。

本体の上部に、2インチのディスプレイが搭載されている点も特徴のひとつ。プレビューを表示できるため、位置や角度の調節の際にパソコンの画面をチェックする必要がありません。また、連続スキャンに便利なフットペダルも用意されています。

高性能なソフトも魅力。見開きページ特有の歪みを補正して平坦化したり、斜めの被写体を真っ直ぐに修正したりできます。OCR機能にも対応。撮影した文字を認識し、WordやExcel、PDFなどのファイルに出力できます。

強力なLEDライトの搭載もポイント。光量の調節も行えるので、デスクライトとしても活用できます。

ピーエフユー(PFU) ScanSnap SV600

さまざまな原稿を非破壊で電子化できる、CCDセンサー搭載のおすすめブックスキャナー。独自の「VIテクノロジー」を搭載しており、画質のムラを抑え、高品質なデータに仕上げられます。最大A3サイズまでの原稿を読み取れるので、新聞や雑誌の見開きなども電子化可能。原稿に触れずに電子化できるため、デリケートな原稿にも対応可能です。

ページめくり検出機能の搭載もポイント。ページをめくると自動で撮影できるので、何度もスキャンボタンを押す手間を軽減できます。

多彩な補正機能の搭載も魅力。本を開いたときに発生しやすい中央部分の歪みや抑えている指の映り込み、線や図形の歪みなどを補正できます。また、名刺やカードのような小さな原稿は、まとめて読み取って別々に管理可能です。

ブックスキャナーの売れ筋ランキングをチェック

ブックスキャナーのランキングをチェックしたい方はこちら。