現代のファッションシーンにおいて、外すことのできない定番アイテムとして人気のワークパンツ。ワークパンツと一言で言ってもデザインや形、素材の違いなど、ブランド・モデルごとでさまざまな種類が存在します。

今回は、タフさやラフさ、動きやすさなどあらゆる魅力を持つワークパンツのおすすめをピックアップ。また、特徴やルーツ、明日から真似できるワークパンツを使ったおしゃれなコーディネートもあわせてご紹介します。

ワークパンツとは?

By: amazon.co.jp

元々は「ワーク(仕事)」という名前の通り仕事、作業時に着用するパンツのことをワークパンツと呼んでいました。仕事、作業時に着用するパンツを総称してワークパンツと呼ぶため、デザイン性やカラー、素材などに定義があるわけではありません。

ワークパンツに必要な「動きやすい」「頑丈」「耐久性が高い」「安価」という特徴を兼ね備えたデニムやカーゴパンツ、ペインターパンツは、頻繁に仕事着・作業着として用いられてきました。つまり、これらのパンツもすべてワークパンツの一つです。

しかし、現在のファッションシーンでは「動きやすい」「頑丈」などの特徴があるカジュアルなパンツのことを、ワークパンツと呼ぶ傾向があります。スケーターなどストリートシーンでは、ラフなスタイルを演出できる定番のアイテムです。

チノパンとの違い

By: amazon.co.jp

元々はイギリスの軍服用の生地である「チノクロス」の余りを仕立てて作ったことが始まりと言われており、チノクロスを使用したパンツのことをチノパンと呼んでいました。耐久性も高く、作業用としても使われることの多いパンツです。

仕事着・作業着として用いられるものをワークパンツと呼ぶ定義においては、チノパンもワークパンツの1つといえます。しかし現在は、脇と腰に切り込み式ポケットがあり、スラックスのような形のパンツをチノパンと呼ぶ傾向があります。

近年のファッションにおいては、より実用的でタフなパンツがワークパンツ、デザインやシルエットによってはフォーマルなシーンでも使用できるスラックス寄りなパンツがチノパンです。

ワークパンツのおすすめブランド

ディッキーズ(Dickies)

By: amazon.co.jp

1922年にアメリカのテキサス州で、いとこ同士のC.N.ウィリアムソン氏とE.E.ディッキー氏によって創業されたワークカジュアルブランド。世界約100ヶ国で展開されるなど、世界中のワークマンやファッション好きから愛用されています。

農夫など、労働者の意見を取り入れて生産したクオリティの高いワークウェアが評判を呼び、ディッキーズの名前はアメリカ中で知られるようになりました。頑丈さと耐久性の高さを兼ね備えたクオリティ、男らしくシンプルで普遍的なデザインのアイテムをラインナップしているのが特徴です。

タフで高機能な製品は、ストリートを中心にファッションシーンでも人気を得ています。特に、ワークパンツはストリートの定番アイテムとして絶大の人気を得ており、ワークパンツ=ディッキーズというイメージが定着しているほどです。

レッドキャップ(RedKap)

By: rakuten.co.jp

テネシー州出身のハーリン兄弟が1923年にオーバーオールの製造会社を創業したことがきっかけでスタートした、アメリカを代表するワークウェアブランド。ブランドロゴの赤い帽子は、世界中で知られています。

機能性の高い作業着を作り続けるブランドで、ディッキーズにも劣らない知名度を誇っています。アメリカのワークウェアブランドらしいタフでヘビーなアイテムは、アメカジ好きから特に人気。消耗を気にせず毎日ガシガシ着用できる耐久性の高さが魅力です。

現在は、ワークパンツをはじめ、パックTシャツやワークシャツなどさまざまなアイテムを製造しています。特に代名詞とも言えるアイテムのワークパンツは、アメカジ好きだけでなくスケーターたちから支持を得ています。

グリップスワニー(GRIP SWANY)

By: amazon.co.jp

1848年に金の採掘者に向けた革グローブの販売から始まり、現在170年以上の歴史を持つ老舗レザーグローブブランド。アウトドアマニアから絶大な支持を集める、牛革を採用した本格的なグローブが有名です。

スワニーイエローと呼ばれる独特な色味の黄色グローブは、ブランドを象徴するモデルとして知られています。日本でも1985年から国内生産を開始し、それ以来多くのファンを抱えるブランドです。

グローブ作りで有名なブランドですが、近年はワークパンツ作りも評判。特にキャンプなど、本格的なアウトドアを楽しむ方から人気を得ています。

ワークパンツのおすすめモデル

ディッキーズ(Dickies) 874 ワークパンツ

ディッキーズ(Dickies) 874 ワークパンツ

ディッキーズはもちろん、すべてのワークパンツを代表する超定番モデル。普遍的なデザインとシルエットが特徴の、ファッション好きなら1本は持っておきたいワークパンツです。

低価格でありながら、雨・汚れに強い頑丈さと長年愛用できる耐久性を兼ね備えています。また、洗濯しても消えないセンタープレス加工により、常にキレイなシルエットを保つことが可能です。

選択するサイズ感でガラリと印象が変わるため、自分のスタイルに合わせてコーディネートできます。ストリートやB-BOYスタイルなら太め、カジュアルスタイルならジャストサイズがおすすめ。豊富なサイズ展開とカラーを取り揃えることも人気の理由です。

ディッキーズ(Dickies) WD881 スキニーワークパンツ

ディッキーズ(Dickies) WD881 スキニーワークパンツ

ディッキーズのワークパンツの中でもっとも細いシルエットであることが特徴のモデル。極細のスキニーパンツとして、他のワークパンツにはないタイトで美しいシルエットを楽しめます。

太ももとふくらはぎだけでなく腰回りからタイトにフィットするため、お尻のラインもスッキリキレイに見せることが可能です。タイトなシルエットですが伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているため、動きを制限されるなど着用感にもストレスを感じません。

下半身はタイトに、上半身をルーズにコーディネートしたい場合にぴったりのワークパンツ。現代的なスタイルにハマるシルエットのため、20代の若い方に特におすすめです。

レッドキャップ(RedKap) #PT50 ジーン カット ワークパンツ

レッドキャップ(RedKap) #PT50 ジーン カット ワークパンツ

レッドキャップの看板商品として長年愛されるモデル。パッチタイプのバックポケットなど、モデル名の通りジーンズの様に仕立てられたワークパンツであることが大きな特徴です。7.5オンスのツイル素材は、汚れにくくシワにも強いという魅力があります。

「ディッキーズ 874 ワークパンツ」など、一般的なワークパンツより細身のストレートシルエットのため、清潔感や落ち着いた印象を与えることが可能。洗濯しても元に戻る仕様のセンタープリーツは、常に美しいシルエットを保ちます。

シンプルで普遍的なワークパンツは欲しいけど人と被りやすいディッキーズは避けたい、という方におすすめ。安価で購入できるので、カラー違いでストックしておいても間違いないワークパンツです。

グリップスワニー(GRIP SWANY) ワークパンツ2 GSP-12

グリップスワニー(GRIP SWANY) ワークパンツ2 GSP-12

老舗レザーグローブブランドが製造する、高い品質と機能性が人気のワークパンツ。キャンプ好きやアウトドア好きたちから圧倒的な支持を集めています。

両サイドに設けられた大型のポケットがポイント。グローブやペグ、ハンマーなど、アウトドアシーンで使用するさまざまな小物を収納することが可能です。キャンプ、ワーク作業で大活躍してくれるワークパンツといえます。

少し細みのシルエットは、ワーク感の強いデザインに小ぎれいな雰囲気を加えています。キャンプやアウトドアシーンでも動きにくさを全く感じない程よい細さで安心。コットン100%を使用した履き心地のよさも魅力のひとつです。

ベンデイビス(BEN DAVIS) ゴリラカット ワークパンツ

ベンデイビス(BEN DAVIS) ゴリラカット ワークパンツ

1935年に創立以来、アメリカの定番ワークブランドとして人気を集めるベンデイビスの、ワイドなシルエットが特徴のワークパンツ。ワイドでありながら美しく見える独特なシルエットが特徴です。

コットン50%、ポリエステル50%の素材を使用したツイル地は、抜群の頑丈さが魅力。パリッとした質感を保ってくれるので、ワイドなシルエットでもルーズになりません。

サイドのL字になったポケット、バックポケットのボタンにマークされたおなじみのブランドロゴなど、細かいディティールにもこだわりを感じます。ストリートスタイルだけでなく、アメカジコーデの外しアイテムとしてもおすすめです。

カーハート(carharrt) シングル ニー パンツ

カーハート(carharrt) シングル ニー パンツ

1889年にアメリカ・デトロイトで創業された世界中で人気のワークウェアブランド。シンプルで都会的なデザインでファッションシーンからも支持を得るカーハートの定番アイテムです。

カーハートではおなじみのダック地を使用しており、頑丈で耐久性に優れているという特徴があります。ファッションアイテムとしてはもちろん、ワークウェアやアウトドアアイテムとしても着用できることが魅力です。

細めのサイズ感ならアメカジテイストに、太めのサイズ感ならストリートやB-Boyテイストにコーデができます。また、時代を問わず愛され続けている定番アイテムのため、流行に関係なく長年愛用し続けることが可能です。

ダントン(DANTON) T/Cウエストポイントワークパンツ

ダントン(DANTON) T/Cウエストポイントワークパンツ

1931年にフランスで創設された老舗ワークウェアブランド。日本でも多くのショップが取り扱っており、アウトドアシーンやファッションシーンなど、あらゆるジャンルの方から人気を集めています。シンプルなデザインと機能性の高い製品を作るダントンの、テーパードラインが特徴。

真ん中にしっかりと入ったタックと、足元にかけて細くなるテーパードラインにより、スタイリッシュなシルエットを形成しています、キレイ目な印象もありながら、ラフな雰囲気も感じるデザインが魅力です。

また、コットン50%とポリエステル50%を使用したタフな生地で、丈夫さと耐久性も持ちあわせています。ディッキーズやレッドキャップのワークパンツのようなタフさと、スタイリッシュで高いデザイン性を兼ね備えたワークパンツです。

ブルコ(BLUCO) スタンダード ワークパンツ OL-004

ブルコ(BLUCO) スタンダード ワークパンツ OL-004

2006年にスタートし「100% GENUINE WORK GARMENT(純度100%の仕事衣服)」をコンセプトに掲げる日本のワークウェアブランド。欧米のワークウェアにはない国産ならではの細かな部分に気を利かせ、日本人の体型にあったワークウェアを展開しています。

スタンダードなワークウェアを作り続けるブルコらしい、シンプルさと品質の高さが魅力のワークパンツ。深めの股上と太めのシルエットによる、無骨なデザインが特徴です。スケーターなどのストリートスタイルはもちろん、バイカーたちからも高い支持を得ています。

素材にはコットンとポリエステルの混紡生地を使用しているため、耐久性は抜群です。実際に手に取ることで、縫製など細かい部分の品質の高さも感じられます。

ワークパンツのおすすめメンズコーデ

ワークパンツにレザーシューズを合わせた定番のアメカジスタイル

By: wear.jp

ベージュのワークパンツと質感のよいレザーシューズを合わせた男らしい雰囲気のコーデ。無地のインナーやシンプルなジャケットなど、必要以上に飾らないこともポイントです。エンジのジャケットは、ベージュのワークパンツとの相性も抜群。

帽子にキャスケットを使用することで、大人っぽい印象を演出しています。キャップやニット帽を合わせるスタイルもおすすめです。

ルーズなワークパンツとルーズなスウェットで小慣れたスケータースタイル

By: wear.jp

すべてのアイテムをルーズにした、よい意味で力の抜けたスケータースタイル。ゆったりとしたカーハートのワークパンツは、ストリートで非常に映えます。

ワークパンツのグレーとバンズスニーカーの紫は、これ以上ない相性のよさ。ロールアップしてスニーカーを目立たせていることもポイントです。

細めのワークパンツでラフさとカジュアルさをmixしたコーデ

By: wear.jp

定番のディッキーズワークパンツをあえて細めにサイズで着用した、ラフさとカジュアルさを兼ね備えたコーデです。襟元の開いたシャツは、カジュアルさと男っぽさを兼ね備えた印象。カーキのカラーがミリタリーな雰囲気も演出しており、ワークパンツとの相性もぴったりです。

ひとつひとつのアイテムは非常にシンプルなため、誰でも簡単に真似することが可能。メガネやアクセサリーなど、小物でアクセントをつけることがおすすめです。

ジャストサイズのワークパンツで落ち着きのあるストリートスタイル

By: wear.jp

ストリートテイストのアイテムを取り入れているものの、すべてをジャストサイズで着用することで大人っぽい雰囲気に仕上げています。細すぎず太すぎないワークパンツのサイジングも完璧です。

紺色のシャツとグレーのインナーが、シックで落ち着きのある印象。大きくなりすぎるとストリート色が強まり、小さくなりすぎるとカジュアルになりすぎる、サイジングが非常に重要なコーデです。