定番のファッションアイテムとして幅広い世代のユーザーに支持されている「デニム」。特に国産デニムはクオリティが高いことで広く認知されており、日本だけにとどまらず世界中のデニム愛好家から人気を集めています。

そこで今回は国産デニムのおすすめブランドをご紹介。抑えておくべきアイテムを厳選してピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

国産デニムの魅力

By: rakuten.co.jp

ムラのない色染めや丁寧な縫製、力織機で編み上げたザラ感のある手触りが国産デニムの魅力です。

国産デニム発祥の地として知られている岡山県は、もともと綿織物の生産が盛んな地域。綿織物をつくる職人は、染色や紡績、縫製のレベルが高く、その技術の高さが国産デニムの品質を支えています。

海外デニムとの違い

国産デニムの歴史は浅いですが、現在では世界トップクラスの品質です。その理由として、国産デニムの製作に携わる職人の技術や、織物生産の文化による部分が大きいとされています。

繊細な表現を得意とする日本人らしい、風合いや色味に徹底してこだわる国産デニムは、海外デニムに比べて細かい部分への配慮を大切にしたプロダクトが多いです。

さらに、海外ではデニムを大量生産する文化が発展し、低品質化を招いてしまいました。その結果、こだわったデニムを求める愛好家を満足させることができず、丁寧に作り込まれた日本製の国産デニムが人気を集めています。

国産デニムの選び方

色落ちで選ぶ

デニムの醍醐味である色落ちは、染め方や生地によって異なります。最近はネットで色落ちの過程や画像を調べることができるので、購入を検討している方は事前にチェックしておきましょう。

デザインやシルエットで選ぶ

By: rakuten.co.jp

全体的なシルエットや股上の深さ、細部のディテールはデニムによってさまざま。デニム所有者のブログや商品ページの画像などから、ファッションの好みや自身の体型に合ったデニムを選びましょう。

生地の質感や厚みで選ぶ

By: rakuten.co.jp

国産デニムを選ぶ目安として、オンス(oz)という要素は重要です。ちなみにオンスとは1平方ヤードあたりの重量の単位で、1ozは約28gです。

一般的なデニム生地は14オンス前後のものが多く、レギュラーオンスと呼ばれます。20オンスを超えるものはヘビーオンスと呼ばれ、非常に厚みがあり丈夫です。

レギュラーオンスのデニムは、耐久性と穿き心地のバランスが優れており、シーンを選ばない穿き心地のよさが特徴。ヘビーオンスのデニムは硬く、穿き慣れるまでには少々苦労しますが、ある程度の時間が経過すると荒々しくメリハリのある色落ちが堪能できます。

国産デニムのおすすめブランド

ドゥニーム(DENIME)

1950年代から70年代の名作をリメイクし、当時の空気感を追求することにこだわった国産デニムブランド。濃淡の強い色落ちが特徴で、穿き込むほどヴィンテージな風合いに変化します。大人っぽい国産デニムを探している方におすすめです。

ドゥニーム(DENIME) 66 type ミドルストレート One Wash DB15-002

1960年代のデニムをモチーフにした、ドゥニームの国産デニム。股上はやや深くテーパードが効いており、シルエットは細すぎないストレートです。

青みの強い毛羽立った生地は、インパクトのあるタテ落ちを楽しめます。シンプルな国産デニムを探している方におすすめです。

エドウイン(EDWIN)

エドウィンは、国産デニムを生産する最大手のブランド。ダメージ加工の技術レベルが優れており、使い込んだような風合いのデニムを手に入れたい方におすすめです。

アクティビティにも適したストレッチタイプのデニムもあり、幅広く使用できる使い勝手のよい製品をラインナップしています。

エドウイン(EDWIN) 503 レギュラーストレート 133

エドウィンの人気プロダクトである「503」のリニューアルモデル。生地は綿100%使用した14オンスで、綿の特性を効果的に引き出す「新・アンモニア加工」が施された柔らかな質感が特徴です。

フラットヘッド(The Flat Head)

フラッドヘッドは、デニムを生産する長野県の国産デニムブランド。日本人の体形にフィットするシルエットを追求し、ヴィンテージを融合させたモデルを展開しています。

消耗品ではない長く使える製品をコンセプトに、型にはまらない付加価値を追求。生地や縫製に徹底してこだわったデニムを堪能できるのが特徴です。

フラットヘッド(The Flat Head) ストレートジーンズ デニムパンツ リジットモデル 3005

脚元のフィット感にこだわった、フラッドヘッドの定番ストレートデニム。股上が浅いややテーパードが効いたシルエットなので、タイトに穿きこなしたい方におすすめです。

見えない部分へのこだわりを大切にしているのもポイント。バックポケットを補強する隠しリベットやベルトループの形状など、あらゆる場所に工夫が施されているのも魅力です。

フルカウント(FULLCOUNT)

フルカウントは、「家に帰っても寝るまで脱ぎたくないジーンズ」というコンセプトのもと、ジンバブエコットンを使用した肌触りのよい国産デニムを生産しています。防縮加工を施さず、素材本来の弾力性を活かしたナチュラルな質感が特徴です。

デニム生地はもちろん、縫製糸にエジプシャンコットンを採用しており、ステッチの色落ちにもこだわっています。耐久性を高めるために多くの糸を使い分け、それに合わせてミシンや針も特注のものを使用しているのもポイント。満足度の高い国産デニムを求めている方におすすめです。

フルカウント(FULLCOUNT) 1953MODEL 0105

穿き心地のよさに定評があるジンバブエコットンを使用した定番モデル。股上はやや深めで、ウエスト部分にボリュームがあるのが特徴です。

膝から裾にかけて細くなっているテーパードタイプで、足元はすっきりした印象。吸水性に優れており、ストレスなく穿き続けられるおすすめのデニムです。

ジョンブル(JOHNBULL)

「時代を超え、愛され続ける服を創る」という信念を掲げて、こだわりぬいた製品を生産する国産デニムブランド。ジョンブルは定番のデニムだけでなく、流行を取り入れたトレンドアイテムまで幅広く展開しています。

ジョンブル(JOHNBULL) ジーンズ ストレート タイト オーセンティック 11815-11

ジョンブルリリースする定番モデル「オーセンティックシリーズ」は、流行に左右されないタイトな国産デニム。股上のやや浅い細身のシルエットは、シーンを問わず使用できる使い勝手のよさが特徴です。

インディゴで深く染められた生地は、1950年代から60年代に見られた染ムラを再現。ユーズド加工が施されているので、使い込んだ風合いの国産デニムが欲しい方におすすめです。

桃太郎ジーンズ(MOMOTARO JEANS)

桃太郎ジーンズは、「今までに無い後世に残る本物の素材を作りたい」という理念を掲げる岡山の国産デニムブランド。確かな技術を持つ職人たちが生み出す製品は、世界中のデニム愛好家から注目を集めています。

デニムの糸切れやパーツ破損などを10年間無料で修理できる「10年保証」が付いており、デニム購入後も手厚くサポート。デニムをとことん穿き倒したい方におすすめです。

桃太郎ジーンズ(MOMOTARO JEANS) 33インチ 出陣 15.7oz 特濃インディゴ出陣クラシックミドルストレート 1005SP

ヘビーオンス特有の荒い色落ちではなく、きめの細かい自然なタテ落ちが楽しめるのが特徴。毛羽立ちを取り除く「毛焼き」や洗濯による生地のねじれを防ぐ「ねじれ防止加工」などが施されていないので、デニム本来の風合いを求める方におすすめです。

鬼デニム(ONI DENIM)

鬼デニムは、熟練した職人が作り上げているのが特徴。長い歴史を持つ力織機を使ってテンションをかけずに紡績することで、独特のザラザラとした質感を生み出しています。

色落ちに関しても個性的で、いわゆる「点落ち」が楽しめるのもポイント。これは生地に凹凸がある故に成せる業なので、ぜひ興味がある方は試してみてください。

鬼デニム(ONI DENIM) 20oz. 鬼秘シークレットデニム ONI SECRET DENIM タイトフィットストレート ワンウォッシュ ONI-506ZR

極太番手の糸を採用した20オンスの肉厚な国産デニム。革パッチにはオリジナルの鬼の顔が焼印されているほか、バックポケットのステッチには昔ながらの1本針ミシンを使用しており、随所にこだわりが感じられるアイテムです。

高難易度な技術とザラザラとした独特な質感は、デニム愛好家だけでなく生産者からも注目を集めています。デニムの色落ちにこだわりたい方におすすめです。

リゾルト(RESOLUTE)

デニムに精通しているデザイナーが立ち上げた国産デニムブランド。生産のすべての工程をデニムの一大産地として知られる備後地区で行っています。

「何年経っても手に入る理想の定番を作り続けたい」という信念のもと、ラインナップモデルはいずれも主張しすぎないデザインで、大人っぽいデニムを求める方におすすめです。

リゾルト(RESOLUTE) デニム 710 One Wash

リーバイスの66モデルをモチーフにした、細身のストレートタイプ国産デニム。リゾルトが展開する4シリーズのうち、もっともベーシックなモデルです。

使い込むほど変化が楽しめる1960年代のデニムを再現。下地が変色する硫化染めを使用しないので、キレイな青白い色落ちを楽しむことができます。

サムライジーンズ(SAMURAI JEANS)

サムライジーンズは、ヘビーオンスモデルを多く展開する大阪の国産デニムブランド。丈夫な厚手の生地を使用したデニムは、男らしいワイルドなファッションにピッタリです。

アイテムには「和」や「侍」をモチーフにしたデザインが数多く施されているのもポイント。無骨なデニムを求めている方におすすめです。

サムライジーンズ(SAMURAI JEANS) 17オンス零 タイトストレート デニムパンツ/リジット SAMURAI JEANS 17oz ZERO S711VX

17オンスの生地を使用したサムライジーンズのタイトストレートデニム。表面の荒々しい質感は、硬い原綿を強くひねった「強撚」という手法によるものです。

「侍」の文字が入ったドーナツ型のボタンや侍の焼印があしらわれた革パッチなど、細かい部分までオリジナル要素が施されているのもポイント。とことん穿き倒してほしいおすすめモデルです。

ステュディオ・ダ・ルチザン(STUDIO D’ARTISAN)

ステュディオ・ダ・ルチザンは、老舗の国産デニムブランド。大量生産される製品にはないムラ感や風合いを重視しているのが特徴です。

とはいえ、単にヴィンテージ感を再現しているだけではなく、伝統を重んじながらも独自のエッセンスを加えたプロダクトにも着手。デニムファンであれば抑えておきたいメーカーのひとつです。

ステュディオ・ダ・ルチザン(STUDIO D’ARTISAN) ジーンズ SD-103 タイトストレート

ステュディオ・ダ・ルチザンを代表するベーシックなストレートデニム。深みのある深い藍色と、細すぎないクラシックなシルエットが特徴です。

力織機を使用した昔ながらの製法で、ゆっくりと時間をかけて紡績。ねじれ加工や防縮加工を使用していないので、色落ちの変化が存分に楽しめる1本です。

シュガーケーン(SUGAR CANE)

ヴィンテージデニムを研究し、当時の風合いを追求するシュガーケーン。いくつもの原綿を組み合わせて再現性を模索するなど、製法に妥協のない姿勢が感じられるのが特徴です。

シュガーケーン(SUGAR CANE) スリムフィット ライトオンス タイプ3 ワンウォッシュ 12oz SC42014A

1940年代のデニムをモチーフにしたシュガーケーンの人気モデル。熟練した職人によって織りあげられたザラザラとした生地が特徴で、穿き込むことで風合いが出てくるのが特徴です。

当時の手法を再現し、デニム生地の裁断は機械ではなく手作業。当時を再現したリベットは、すべて同ブランドがオリジナルで作り上げています。

ウエス(UES)

ウエスは、日本語で「ボロ布」という意味。ブランド名は、ボロ布になるまで愛着をもって使い続けてほしいという思いが由来です。品質は良好ながら耐久性も十分なので、長く穿き続けられる国産デニムを探している方におすすめです。

ウエス(UES) 400R ジンバブエコットン XXタイプ リーバイスタイプ 501タイプ

ウエスの定番ストレートデニム。股上が浅めの現代的なシルエットを採用しているので、さまざまなスタイルのファッションにもしっかりと合わせることができます。

重厚感のある質感とジンバブエコットンを使った肌触りのよい穿き心地が特徴。オールドデニムを意識した5ポケットや、生地の色落ちに馴染む綿糸の選定など、随所にこだわりが見られます。

備中倉敷工房 倉

備中倉敷工房 倉は、日本らしさをデザインであらわした斬新な国産デニムを販売しています。和の最先端と言われるほどの影響力があり、独特の世界観から生まれるデニムはどれも個性的。一点主義を掲げており、高度な職人の技術で編み上げられた製品をリリースしています。

備中倉敷工房 倉 和柄切替クロスハッチデニムパンツ 25766

和を追求したデニムパンツ。各ポケットやバックヨークに和柄の縮緬生地を採用しており、他のデニムにはない強烈なインパクトがあります。

縮緬生地は黒や赤を基調とした色味で、個性的ながらさまざまなアイテムに合わせやすいデザイン。折り返し部分には赤耳があり、ロールアップで穿きこなすコーディネートもおすすめです。