ファッションアイテムの定番として知られている「デニム」。幅広い世代から支持されていますが、特に国産デニムはクオリティが高く、海外のユーザーからも注目を集めています。

そこで今回は国産デニムのおすすめブランドをご紹介。注目すべきアイテムを厳選してピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

国産デニムの魅力

By: rakuten.co.jp

国産デニムの魅力は高品質で、色染めや縫製が丁寧なところ。特に国産デニム発祥の地として知られている岡山県倉敷市の児島は有名です。

同地域はもともと綿織物の生産が盛んなエリアとして知られており、綿織物をつくる職人はレベルが高く、彼らの技術の高さが国産デニムの品質を支えています。

海外デニムとの違い

国産デニムの歴史は決して長いとは言えませんが、世界ではトップクラスの品質。その理由として、国産デニムの製作に携わる職人の技術や下地となっている織物の文化の影響が大きいと言われています。

手先が器用な日本人が手掛けたデニムは裁縫や染めにこだわりがあり、海外デニムに比べて細部にまで配慮されているのが特徴。さらに、海外の大手ブランドはデニムの量産体制を整えるべく、人件費の安い発展途上国へ工場を移した結果、廉価品が横行してしまったという経緯があります。

その結果、高品質なデニムを求めるユーザーは丁寧に作り込まれた国産デニムに注目。本場アメリカやファッション感度が高いヨーロッパはもちろん、最近は東南アジアでもメイドインジャパンのデニムがリリースされています。

国産デニムの主な生産地

国産デニムの産地として有名なのが、岡山県倉敷市と井原市、そして広島県福山市周辺です。かつて備前、備中、備後と呼ばれていた地域であることから、「三備産地」と呼称されています。

これらの地域では、日本でデニムが普及し始めた20世紀半ばにデニムの生産を開始。最近では「岡山デニム」のように産地を前面に押し出してPRし、これまであまりデニムに興味がなかった方にも認知されるべく奮闘しています。

国産デニムの選び方

デザインやシルエットで選ぶ

By: amazon.co.jp

デニムは穿き込んでいくうちに色落ちし、経年変化を楽しめるのがポイント。特に生地の質が高く、縫製が丁寧な国産デニムは“育てる”ことで、長く付き合えるのが特徴です。

また、海外ブランドに比べ、日本人の体型に合ったシルエットのアイテムが多いのも国産デニムブランドの魅力。股上が浅いタイトなモデルからゆったりとした太めのモデルまで、揃っているほか、重厚なヘビーオンスから穿き心地が快適なライトオンスまでラインナップしているのも注目すべき点です。

素材で選ぶ

綿100%素材

綿100%のデニムは伸縮性が高くないため、穿き始めは生地の硬さを感じるものの、長く穿き穿き込むことで身体に馴染んでいきます。特に未洗いで糊(ノリ)が付いた生デニムは色落ちが楽しめるのが特徴。耐久性が高く、劣化しにくいのもポイントです。

ストレッチ素材

ポリウレタンを混紡し、ストレッチ性を高めたデニムは穿き心地のよさが特徴。スムーズに動きやすく、穿き始めの頃からでもストレスなく着回すことができます。

ただし、綿100%のデニムに比べて劣化のスピードは早いほか、耐久性もそれほど高くないのが懸念点。穿き続けると伸びた状態から戻らなくなったりもするので、注意が必要です。

生地の質感や厚みで選ぶ

デニムには「オンス(oz)」という単位で表す数値があります。これは質量の単位で、デニムに関しては値が大きいほど重く、厚い生地であることを示しています。

1オンスの重さは約28.35g。一般的に「ライトオンス」は10オンス未満、「レギュラーオンス」は11~14オンス程度、「ヘビーオンス」はそして15オンス以上が目安となります。製品によって生地の質感が異なるのはもちろん、経年変化などにも違いが出るので、購入する際はチェックしておきましょう。

ライトオンス

ライトオンスのデニム生地はストレッチ性が求められるスキニーデニムによく用いられます。薄手なので、夏場でも着用したい方におすすめ。しかし、やや耐久性が低いため、デニムにタフさを求める方には不向きです。

レギュラーオンス

レギュラーオンスのデニムはほどよい厚みがあり、季節を問わず着用できます。また、自然な色落ちを楽しめるのも魅力的。国産デニムを初めて着用するという方なら、レギュラーオンスからトライするのがおすすめです。

ヘビーオンス

ヘビーオンスのデニムは厚手で重たいのが特徴。耐久性に優れているので、当初はバイカーなどに親しまれていましたが、最近はファッショナブルに穿きこなすユーザーも増えてきています。ただし、穿き始めは硬く、特に20オンスを超えるデニムはしゃがむのもひと苦労。ストレスなく穿きこなすにはある程度の時間を要するので、その点は注意しておきましょう。

国産デニムのおすすめブランド

ウエアハウス(WAREHOUSE)

徹底したディテールへのこだわりで、国内外から高い評価を得る「ウエアハウス」。“ヴィンテージ古着の忠実な復刻”をテーマに掲げる同ブランドのデニムは、素材に用いる糸1本にまでこだわり抜いた逸品ばかり。流行り廃りに左右されがちなファッションの世界で、ブレない精神を貫く稀有なブランドです。

ウエアハウス(WAREHOUSE) Lot 1001 OR

同メーカー定番の「1001」。ブランド設立から17年間変わらなかった仕様を、2013年にリニューアルしました。生地はスタンダードな13.5オンス。裾にかけてやや細くなるテーパードシルエットが特徴で、腰回りはややゆとりがあります。

特筆すべきは細やかなディテール。ミシンの性能が低かった頃の仕様であるオフセットセンターループ、穿き込むほどに文字が浮き上がってくる銅製リベットなど、随所にこだわりが垣間見られるのが特徴です。国産デニムのクオリティを体感したい方はぜひチェックしておきましょう。

オアスロウ(orslow)

「オアスロウ」は2005年に設立したファッションブランド。アイテムは国産デニムを中心に、どこか懐かしさのあるワークウェア、ミリタリーウェアがラインナップしています。特にデニムはシルエットの美しさに定評があるほか、品質クオリティも高く、耐久性も良好です。

オアスロウ(orslow) IVY FIT 107

同ブランドを代表する国産デニムです。シルエットはリーバイス「505」をイメージした細めのストレート。ほどよくテーパードが効いており、カジュアルからキレイめスタイルまで幅広い着こなしに対応できます。

生地には13.5オンスのオリジナルセルビッチデニムを採用。標準的な厚みながら、縦糸に強撚糸を用いることでハリコシのあるしっかりとした生地に仕上げています。着こなしの際は、キレイなシルエットと裾裏のチェーンステッチをいかすべく、ロールアップで穿くのがおすすめです。

レッドカード(RED CARD)

多くのセレクトショップが注目する「レッドカード」。足を通した瞬間に感じる生地の上質さや日本人の脚をキレイに見せてくれるシルエットが魅力で、メンズ・レディスともにファッショナブルに穿きこなすことができるのが特徴です。

レッドカード(RED CARD) Rhythm

高感度なメンズを中心に絶大な支持を得る「リズム」。テーパードの効いたスリムシルエットと、武骨なヴィンテージ感が融合したおすすめの逸品です。

フロントはボタンフライ仕様。また、ポケットや裾にはダメージ加工が施されています。あくまで控えめな加工なので、ラフすぎないのがポイント。大人のカジュアルスタイルを求めている方におすすめの国産デニムです。

エヴィス(EVISU)

「エヴィス」は大阪生まれのデニムファッションブランド。同メーカーの代名詞とも言えるのが「カモメマーク」と呼ばれるバックポケットのペンキステッチで、1本1本職人が手書きで描いています。また、デニムは丁寧な縫製によるタフさも好評。海外でもよく知られている国産デニムブランドです。

エヴィス(EVISU) エビスジーンズ デニム ルーズフィット 2001 NO.2 カモメ

ゆったりとした太めシルエットのアイテムが多いエヴィスの中でも、特にボリューム感のある1本です。バックポケットには、ブランドを象徴するカモメマークをオン。ストリートコーデなど、ルーズな着こなしに合わせるのがおすすめです。

生地には、防縮加工を施した「NO.2」を採用。綿100%、14.5オンスのタフな生地は、デニムらしい色落ちをじっくりと楽しめます。

ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)

1984年に設立された「ヒステリックグラマー」はロックやアート、サブカルチャーなどの要素を積極的に取り入れているファッションブランド。デニムは、パンチのあるダメージデニムから、大人顔のシンプルなモノまで幅広く揃っています。

ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR) USED加工デニム スリムテーパード

スッキリとしたテーパードシルエットと、ほどよいユーズド感が魅力のおすすめ国産デニム。シンプルなデザインゆえに、素材、縫製へのこだわりが強く感じられます。

11オンスの「ムラネップセルビッチデニム」は、キレイな縦落ちとネップ感が魅力。穿き始めから古着のような風合いを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ドゥニーム(Denime)

「ドゥニーム」は、1988年にスタートした日本発デニムブランド。大量生産に向かない昔ながらの力織機を使用するなど、手間を惜しまない製法を貫いているのが大きな特徴です。そうして生み出されるデニムは絶妙な色落ち感に定評があり、多くのファンを抱えています。

ドゥニーム(Denime) 66XX type OneWash

1960年代のヴィンテージジーンズをモデルとして、生地やパーツ、縫製などを忠実に再現した人気のアイテムメリハリのある色落ちを楽しめるのが特徴です。

シルエットは、都会的な着こなしにマッチするスリムテーパード。スキニーほどタイトすぎず、かつ脚のラインをキレイに見せてくれるのもポイントです。

エドウイン(EDWIN)

国内定番デニムブランドとして知られる「エドウイン」。ワンウォッシュ、ストーンウォッシュなど、今では当たり前となった加工技術を開発したことでも知られています。

エドウイン(EDWIN) 503 レギュラーストレート

かつてブラッド・ピットのCMで話題となった「503」。言わずと知れたエドウインの定番モデルです。本製品は「503グランドデニム」シリーズのアイテムで、デニムの原点である綿100%にこだわって開発されました。

14オンスとしっかり厚みがありながら、「新・液体アンモニア加工」により、ソフトでストレッチ性のある生地を採用。綿100%生地のゴワゴワ感が苦手という方にもおすすめの1本です。

フラットヘッド(THE FLAT HEAT)

1950年代のアメリカを意識している「フラットヘッド」。懐かしさ溢れるデザインと高度な技術を融合させ、至高のデニム作りを追求しています。“新品の状態で5割、着て頂いて7割、着込む事で10割”と謳っているように、穿き込むことで製品の真価を堪能できるのが特徴です。

フラットヘッド(THE FLAT HEAT) 3005

見えない部分にまでこだわり抜かれた同ブランドのフラッグシップモデルです。隠しリベットの位置はミリ単位で調整し、強度を高めるためボタンホールは「後メス」と呼ばれる仕様で仕上げられています。

「ロープ染色」で芯を白く残した生地は、独特の色落ちが魅力。「ウルトラスエード」を採用した印象的なバックポケットのステッチも目を引くポイントです。

フルカウント(FULLCOUNT)

厳選された素材、こだわりの詰まった製法でハイクオリティな国産デニムを生み出す「フルカウント」。デザインもさることながら、毎日穿き続けたくなる穿き心地よさが魅力です。

フルカウント(FULLCOUNT) 1108 STRAIGHT LEGS

ほどよく細身のストレートシルエットで、どんなスタイルにも合わせやすいおすすめの1本。同ブランドの特徴であるジンバブエコットン100%の生地はソフトな上に丈夫で、吸湿性にも優れています。

デニム生地だけでなく、ステッチもともに色落ちしていくよう、糸の一部にはエジプシャンコットンを採用。破れやすい箇所には太糸を用いるなど、計12種類もの糸を各部で使い分けています。

ジョンブル(Johnbull)

「ジョンブル」は1952年に設立されたデニムブランド。国産デニムの産地として有名な岡山県倉敷市児島にて、1960年代からデニム作りをスタートしています。ラインナップとしてはワークやミリタリーテイストが強く感じられるアイテムを取り揃えているのが特徴です。

ジョンブル(Johnbull) カーゴジーンズ

カーゴパンツのディテールを取り入れた同ブランドの定番デニム。立体感のあるマチ付きポケットをサイド、バックに配置し、個性的な表情を持つアイテムに仕上げています。

スタイリッシュなタイトストレートシルエットで、ラフすぎる印象にならないのもおすすめポイント。オーソドックスなデニムとはひと味違う、ひねりの効いたスタイルを演出できる1本です。

桃太郎ジーンズ(MOMOTARO JEANS)

岡山県発のデニムブランドと知られている「桃太郎ジーンズ」。日本だけでなくアメリカ、ヨーロッパ、アジアにも進出しているのが特徴です。また、デニム素材を使った濃紺のブレザーの学生服を開発したり、著名なPS4ゲームソフトの『ファイナルファンタジーXIV』とコラボしたりするなど、話題性も豊富。デニム好きを問わず、注目すべきメーカーです。

桃太郎ジーンズ(MOMOTARO JEANS) 出陣ミドルストレート 1005SP

15.7オンスの生地を採用した、重厚感のある国産デニム。ゆとりのあるやや太めのストレートシルエットが、男らしいカジュアルスタイルを演出してくれます。

また、「ジャパンライン」と呼ばれるバックポケットの二本線も大きな特徴。出陣レーベル特有のディテールで、バックスタイルのアクセントになっています。

鬼デニム(ONI DENIM)

「鬼デニム」は、独特のザラザラ感を持つ生地が特徴。熟練の職人が昔ながらの力織機を用いて作るため大量生産が難しく、入荷待ちの状態が続くこともある人気ブランドです。

鬼デニム(ONI DENIM) シークレット デニム リラックス テーパード ONI-622ZR

20オンスデニムのヘビーな表情とネップ感で、唯一無二の個性を放つおすすめの逸品。ザラ感も強く、鬼デニムの魅力を存分に味わえます。

着古したような風合いを出すために、ヨコ糸には野生の綿花をイメージした濃ベージュの糸を採用。ローテンションで織られているため、重厚感がありながら蒸れにくいのも嬉しいポイントです。

リゾルト(RESOLUTE)

国内デニム業界の巨匠として知られている林芳亨氏が2010年に設立した「リゾルト」。デニム製造の全行程を備後地区にて行っています。“何年経っても手に入る理想の定番を作り続けたい”という思いからあえてラインナップを絞っているのも特徴。往年のデニムファンはぜひチェックしておくべきブランドです。

リゾルト(RESOLUTE) 710

スタイルを選ばず穿けるおすすめストレートデニム。毛羽立ちのあるオリジナル生地は穿き込むにつれて濃淡が生まれ、味わい深い表情へと変化していきます。

また、圧巻のサイズ展開もリゾルトならでは。1つのウエストサイズにつき最大8種類ものレングスが用意されているため、自分の体型に合った1本が見つかります。

サムライジーンズ(SAMURAI JEANS)

“ジーンズは作り手、穿き手のこだわりが一致しないと商品価値が無い”と謳う「サムライジーンズ」。製品ライナップは豊富であるものの、「色落ちさせることの悦び」にフォーカスしたデニム作りを貫いているブランドです。

サムライジーンズ(SAMURAI JEANS) S510XX 19oz

ヘビーオンスデニムならではの色落ちが楽しめる1本。特濃色で染められた生地は芯白部分が大きくなるように染色を施すことで、アタリが出やすくなっています。

また、日本らしい要素がふんだんに落とし込まれたディテールも注目ポイント。侍が刀を持った様を表現した「刀耳」や、「サムライ」「諸行無常」と刻まれたリベットなど、見えにくい部分まで工夫を凝らしてあります。

ステュディオ・ダ・ルチザン(STUDIO D’ARTISAN)

「ステュディオ・ダ・ルチザン」は「職人工房」という意味の国内デニムブランド。デニム大量生産の波にのまれることなく、旧式の力織機による伝統的なモノ作りを重視している老舗として知られているほか、チャーミングなブタのキャラクターがあしらわれた革パッチも有名です。

ステュディオ・ダ・ルチザン(STUDIO D’ARTISAN) 15oz 天然藍タイトストレート SD-DO3

ブランドのファーストモデル「DO-1」の仕様を受け継ぐ定番アイテムです。「蓼正藍(たでしょうあい)」による染色にこだわり、自然なインディゴの色合いを実現しています。

バックポケットの独特なステッチも、初期のデザインを踏襲したモノ。シルエットは現代の着こなしにも合わせやすいタイトストレートで、まさに「温故知新」という言葉がぴったりハマるおすすめの1本です。

シュガーケーン(SUGAR CANE)

1975年、米軍基地向けの衣料品を製造していた東洋エンタープライズにより設立された「シュガーケーン」。日本生まれながら、アメリカを意識したアイテムを取り揃えているのが特徴です。特にサトウキビを原料にしたデニムは有名。アメカジ好きであればチェックしておくべきブランドです。

シュガーケーン(SUGAR CANE) 16.25oz. SUGAR CANE FIBER DENIM Lot.305 OKINAWA SLIM MODEL

スッキリと穿きこなせる、テーパードシルエットのおすすめ国産デニム。サトウキビの繊維を織り込んだ16.25オンスの生地は、タフでしなやかな質感が特徴です。

日本古来の模様である「千筋(せんすじ)」や「絣(かすり)」をポケットの袋地に採用し、和の要素もしっかりとプラス。ロールアップすると現れるグリーンのセルビッチも印象的です。

ウエス(UES)

大阪と代官山に直営店を展開するデニムブランド「ウエス」は、1997年にスタート。ブランド名はゴミや廃品を意味する「waste」に由来しており、洋服がボロ布になるまで長く着続けてもらいたいという想いが込められています。

ウエス(UES) スリムテーパードデニム 400-ST

シャツやジャケットなどのキレイめアイテムにも馴染むタイトシルエットの国産デニム。膝下からテーパードしているため、脚のラインがキレイに見えます。

デニム生地は、茶色の綿をブレンドすることでより深みのある色合いに仕上がっているのもポイント。ステッチの糸には極力綿糸を用いて、生地と同じ自然な色落ちをするよう工夫されています。

備中倉敷工房 倉

岡山県倉敷市児島製のデニムを扱う「備中倉敷工房 倉」。和柄のほか、盆栽など和テイストの強いモチーフを大胆に取り入れたアイテムを豊富に取り揃えています。他のメーカーとは一線を画す個性派の国産デニムブランドです。

備中倉敷工房 倉 菊和柄クラッシュリメイクストレートジーンズ

随所に職人の高い技術が感じられる1本。ところどころダメージがあるほか、クラッシュ部分には布が充てがわれているなど、細部にまでリメイク加工が施されています。

バックヨークやポケットには、オリジナルの菊柄ちりめん素材を採用。桜型リベットや畳パッチなど、細やかなディテールにも和テイストがふんだんに取り入れられたおすすめアイテムです。

クロ(KURO)

「クロ」は2010年にスタートしたデニムブランド。コンセプトは“文化を着る”で、日本人特有の感性と熟練職人の技術を融合させることで生まれるスタイリッシュなプロダクトを展開しています。

クロ(KURO) Diamante One Wash

キレイめの大人らしい着こなしに合わせたいスリムテーパードシルエットのアイテム。細身デニムながら、綿とポリエステル、ポリウレタンを混紡したストレッチ素材を採用しているため、ストレスなく着用できます。

無駄のない細幅ステッチもブランドカラーが色濃く表れているポイント。生地は12オンスですが、ほどよい厚みで、年間を通して穿き倒すことができる1本です。

国産デニムのメンズコーデ

国産デニムの存在感を活かすシンプルコーデ

By: wear.jp

「ウエアハウス」の国産デニムを取り入れたキレイめ大人コーデです。足元はロールアップしてバランスを意識しています。シンプルな白シャツ×デニムの組み合わせは再現しやすいのはもちろん、デニムの良質さをアピールできるおすすめのコーデです。

定番カジュアルを国産デニムで格上げ

By: wear.jp

MA-1を取り入れた定番コーディネートに、「桃太郎ジーンズ」を合わせたスタイル。深みのあるインディゴブルーが全体を引き締め、ラフすぎない印象にまとまっています。インナーとの丈感もポイントです。

スタイリッシュな着こなしを参考に

By: wear.jp

「レッドカード」の細身デニムを用いてスタイリッシュにまとめた夏コーデ。デニムのほどよい色落ちで、爽やかな印象にまとめています。また、縦ストライプのトップスと合わせることでより縦ラインを意識しているのもポイントです。