メンズのボトムスとしてすっかり定着した「スキニージーンズ」。タイトなシルエットでコーデをスタイリッシュにまとめられるアイテムです。最近では、ストレッチ素材を配合するなどの工夫を凝らしたモデルが多く展開されているので、着心地が気になる方は素材を要チェック。

今回はスキニージーンズのおすすめブランドとコーデをご紹介します。選び方のポイントも解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

スキニージーンズとは?

By: amazon.co.jp

スキニーパンツとは、脚のラインにフィットするタイトなシルエットのボトムスのことを指します。そのなかでデニム素材を用いたアイテムがスキニージーンズです。

カジュアルなデニム素材ながら、シルエットにより脚が長く見えるため、カジュアルなファッションスタイルから、きれいめなコーディネートなどさまざまなスタイルに合わせられます。メンズスタイルの定番として人気のあるアイテムです。

スキニージーンズの選び方

スキニージーンズはサイズ選択が重要

By: amazon.co.jp

スキニージーンズを選ぶうえで特に吟味したいのがサイズ感。ウエストはもちろん、もも周りや裾周り、股上の深さをしっかりチェックすることが重要です。自分のサイズや手持ちのパンツと比較して、無理のないフィッティングであることを確認しましょう。

加工によってスキニージーンズの表情は大きく変化する

By: amazon.co.jp

加工が施されていない「生デニム」は、濃紺のカラーリングや張りのある質感で上品なコーデが楽しめます。経年変化による色落ちをじっくり味わいたい方におすすめです。

それに対して、ヴィンテージ加工やダメージ加工が施されたスキニージーンズはこなれた雰囲気が魅力。コーデの主役になるようなボトムスを探している方はぜひ検討してみてください。

ストレッチ素材かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

ストレッチ素材はスキニージーンズ選びにおいて、ぜひとも押さえておきたいポイント。基本的にジーンズ自体はコットン100%のアイテムが多い傾向にありますが、細身のスキニージーンズにはポリウレタンが混紡されており、ストレッチ性があるモデルもあります。

デニム特有のハリ感を重要視するなら、コットン100%のスキニージーンズも選択肢のひとつです。できるだけストレスフリーで穿きたい方には、ストレッチ素材のスキニージーンズがおすすめです。

カラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

スキニージーンズには、カラーが多数展開されています。定番カラーは、濃いめの青色であるインディゴブルーと、少し明るめのライトブルーです。また、真っ黒のブラックデニムもあります。さらに、洗い加工の程度でカラーやアイテムの表情が変わるので、お気に入りの一枚が選べるのもスキニージーンズの魅力です。

黒やネイビーなど、落ち着いたカラーが着回ししやすくおすすめ。明るめのブリーチ加工や、ケミカルウォッシュのスキニージーンズも、周りに差を付けるアイテムとしては魅力的。しかし、着回しを重視する方は、落ち着いたカラーリングのブラックデニムや、インディゴブルーの生地のスキニージーンズをチェックしてみてください。

スキニージーンズのおすすめメンズブランド

リーバイス(LEVI’S)

「リーバイス」は19世紀にアメリカのサンフランシスコでスタートした老舗デニムブランド。ゴールドラッシュの際に、ジーンズの起源となるワークパンツを商品化したことで有名です。デニムパンツを筆頭に、デイリーユースしやすいカジュアルウェアを幅広く手掛けています。

リーバイス(LEVI’S) スキニーフィットストレッチデニム 510

伸縮性に優れたストレッチ生地で仕立てられたスキニージーンズ。少しだけゆとりを持たせた腰回りに対して、膝から裾は細く絞ってタイトなシルエットに仕上げています。

ウエスト部分のパッチには高級感のあるレザーを使用するなど、細部へのこだわりがポイント。さまざまなコーディネートに合わせやすいベーシックなデザインのスキニージーンズを探している方におすすめです。

リー(Lee)

世界3大ジーンズブランドの1つに数えられる「リー」。1911年にアメリカ中西部のカンザスでデニムを作り始めて以来、長い歴史を誇る老舗です。ジーンズを中心にカジュアルウェアを幅広く展開。デニムメーカーならではのクオリティに加えて、現代的にアップデートされたデザインで人気を博しています。

リー(Lee) スキニージーンズ EURO RIDERS LM0815

ストレッチの効いたデニム生地を使用しており、長時間穿き続けても疲れにくいスキニージーンズ。シルエットは全体的に細めで、シャープな印象を与えられるアイテムです。

ウエストのボタンやパッチのカラーリングをブラックで統一しているのがポイント。ブーツインやロールアップなど、アレンジでさまざまな着こなしが楽しめます。

ジースターロゥ(G-Star RAW)

「ジースターロゥ」は1989年にオランダのアムステルダムで設立されたデニムブランド。素材選びや加工、裁断にこだわり、デニムの可能性を追求しています。工業デザインに、職人の手作業ならではの味をミックスしたユニークなスタイルが特徴。デザインと品質を兼ね備えたジーンズは高く評価されています。

ジースターロゥ(G-Star RAW) Revend Skinny Jeans

脚のラインを美しく見せるタイトシルエットのスキニージーンズ。ストレッチ素材が混紡されているため、動きやすさも兼ね備えています。

ウエストにラフに縫い付けたレザーパッチや、2色のリベットで補強したポケットがデザインのアクセント。濃紺の生地を程よく色落ちさせており、スニーカーはもちろん、レザーシューズにも合わせやすいアイテムです。

デンハム(DENHAM)

「デンハム」はイギリスのデニム職人ジェイソン・デンハムがオランダのアムステルダムで立ち上げたデニムブランド。ディテールにこだわったプレミアムジーンズが看板アイテムです。優れた洗い加工技術を駆使したジーンズを展開しており、こなれ感のある雰囲気を好む方におすすめします。

デンハム(DENHAM) ストレッチジーンズ BOLT GLHAVANA

膝部分にクラッシュ加工が施されたインパクトのあるデザインのスキニージーンズ。色落ちした生地はユーズド風な雰囲気が魅力で、Tシャツ1枚とラフに合わせてもさまになるアイテムです。

コットンにポリエステルとポリウレタンをミックスしたストレッチ素材を採用。膝から足首にかけては細く絞って、脚のラインがきれいに見えるタイトシルエットに仕上げています。

デンハム(DENHAM) スキニージーンズ BOLT B30

イタリア製のストレッチデニム生地で仕立てられたスキニージーンズ。コットンにレーヨンを混紡した生地を使用しており、程よい光沢感が目を引きます。

洗濯しても色落ちしにくく、新品時の雰囲気を保ったまま長く着用できるのがポイント。バックポケットにはブランドのトレードマークであるハサミの刺繍をあしらい、デザインにアクセントを加えることで、後ろ姿もおしゃれに決まっているアイテムです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)

「ヌーディージーンズ」は2001年にスタートしたスウェーデン発のデニムブランド。オーガニックコットンを積極的に使用するなど、サステナブル素材へのこだわりが特徴です。脚に心地よくフィットする細身のボトムスで人気。着用感に優れたスキニージーンズを探している方におすすめです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) コンフォートストレッチデニム THIN FINN

太ももから裾に向かってテーパードのかかったスキニージーンズ。バックポケットの位置を低めに設定しており、ジャストサイズで着用してもリラックス感のあるバックスタイルを演出できます。

前面は開閉のしやすいジッパーフライ仕様。バックポケットにあしらわれたホワイトのステッチがデザインのアクセントになっています。生地は程よい厚みのストレッチデニムで、美しいラインを保ちながら、穿き心地も良好です。

ドクターデニム(DR.DENIM)

「ドクターデニム」はスウェーデン人の親子3人によって創設されたデニムブランド。スキニージーンズのパイオニア的な存在です。デザイナーの豊富な知識を落とし込んだデニムは、ファッションシーンで大きな注目を集めています。穿き心地のよさに定評があり、一日中着用し続けられるようなスキニージーンズを探している方におすすめです。

ドクターデニム(DR.DENIM) クラッシュスキニーパンツ

膝部分にあしらわれたクラッシュ加工が目を引くスキニージーンズ。穿き込んだかのような雰囲気が特徴で、Tシャツとシンプルに合わせるだけでおしゃれなコーデが完成するアイテムです。

ロックテイストのコーディネートを好む方におすすめ。ウエストから裾までタイトなスキニーシルエットながらも、伸縮性が高く穿き心地に優れています。

レッドカード(RED CARD)

エドウィンやリーバイスといった有名ブランドで経験を積んだ日本人デザイナーが、2009年に立ち上げた「レッドカード」。世界に誇るジャパンメイドのデニム生地を使用した服作りが特徴です。ボタンやファスナーといったパーツも日本製にこだわっています。日本人に似合うデニムを、熟練の職人の技術でつくり上げる、クラフトマンシップに溢れたブランドです。

レッドカード(RED CARD) Day1スキニー 46808-kib

ゆとりを持たせた腰回りに対して、膝から裾にかけては細く絞ったメリハリのあるシルエットのスキニージーンズ。生地が柔らかく、タイトフィットながらもストレスなく快適に着用できます。

ポケットや裾にダメージ加工を施してリアルなヴィンテージ感を演出。自然な色落ちが特徴で、カジュアルスタイルはもちろん、きれいめなコーディネートにも合わせやすい万能アイテムです。

ジャパンブルー(JAPAN BLUE)

「ジャパンブルー」は2011年にスタートした岡山県・倉敷市のデニムブランド。「桃太郎ジーンズ」で人気を博していた会社が、海外向けブランドとして設立したのがはじまりです。メイドインジャパンにこだわって作られた上質なウェアで支持を集めています。豊富なバリエーションが取り揃えられたジーンズが看板アイテム。洗練されたシルエットは海外でも定評があります。

ジャパンブルー(JAPAN BLUE) スキニージーンズ サークル J105

裾に向かって緩やかなテーパードのかかった美しいシルエットのスキニージーンズ。ウエストを曲線的なカーブベルトで仕上げることで、フィット感を高めています。

1年を通して着用しやすい12.5オンスのデニム生地を採用。プレーンな雰囲気が魅力のワンウォッシュ仕上げで、穿き込むことによって色が落ちて風合いが増していきます。

エドウィン(EDWIN)

「エドウィン」は日本を代表するデニムブランドです。1950年代にアメリカからジーンズを輸入していた老舗で、1960年代には国内縫製でオリジナルのアイテムを製作。穿き心地のよい人気モデル”503″を筆頭に、さまざまなシルエットのジーンズを展開しています。

エドウィン(EDWIN) ジャージーズスリムスキニー ERD22

優れた伸縮性を誇るオリジナル素材を裏生地として採用したスキニージーンズ。脚を通した際に心地よさを味わえるよう、生地に特殊な加工を施しています。

着用感は快適で、スキニージーンズながらルームウェアとしても使用できる着心地が魅力。ハリ感のあるブラックデニムを使用しており、カジュアルなトップスと合わせてもスタイリッシュに着こなせます。

ベティスミス(Betty Smith)

「ベティスミス」はデニムの生産が盛んな岡山県倉敷市児島で誕生したジーンズメーカー。1962年の創業から、50年以上にわたって培ってきた技術を活かして、ハイクオリティなジーンズを作り続けています。

ベティスミス(Betty Smith) ジョガーパンツ BAM-6032A

優れた伸縮性と膝抜けのしにくさを兼ね備えた機能素材で仕立てられたスキニージーンズ。長時間着用し続けても疲れにくいのが魅力です。

ウエストはゴムとドローコードによるイージー仕様で、穿き心地はストレスフリー。落ち着きのあるダークブルー、コーディネートのアクセントになるライトブルーといったカラーリングが用意されています。

ジョンブル(Johnbull)

「ジョンブル」は岡山県倉敷市で1952年に創業した老舗ブランド。看板アイテムのジーンズを筆頭に、カジュアルウェアを幅広く取り揃えています。ワークテイストをベースにしたシンプルなデザインが特徴で、トレンドに左右されずに長く着用できるスキニージーンズを探している方におすすめです。

ジョンブル(Johnbull) フレックススキニージーンズ

使い勝手のよいシンプルなデザインのスキニージーンズ。コットンにポリウレタンを混紡した生地はストレッチ性とキックバック性が高く、スキニージーンズ特有の窮屈さを感じにくくコーディネートを楽しめます。

生地が厚めに仕上げられており、ポケットの内袋が浮きにくく、スマートに着用できるのがポイント。加工でユーズド感を出しており、カジュアルコーデで重宝するアイテムです。

ディーゼル(DIESEL)

「ディーゼル」は個性的なデザインが好評のイタリアのカジュアルウェアブランド。素材選びや縫製技術に重点を置くなど、質にこだわったアイテム作りで支持を集めています。コーディネートのアクセントになるような存在感のあるスキニージーンズを探している方におすすめです。

ディーゼル(DIESEL) ホワイトデニム THOMMER

清潔感のあるホワイトのデニム生地で仕立てられたスキニージーンズです。春夏用のボトムスを探している方におすすめ。存在感のあるホワイトデニムは、穿くだけで涼しげな印象を与えられるのが特徴です。

ポリウレタンを混紡したコットン生地はストレッチ性があるため、穿き心地は良好。ロールアップすれば、裏側にあしらわれた赤いラインがこなれ感を演出できます。

アーペーセー(A.P.C.)

「アーペーセー」は1987年に設立されたフランスのファッションブランドです。着る人を主体とした服作りが特徴。フランスらしい洗練されたデザインのウェアで人気を博しています。デイリーユースできるシンプルなスキニージーンズを探している方におすすめです。

アーペーセー(A.P.C.) ジーンズ プチニュースタンダード COZZS M09047

ストレッチ素材を混紡したコットン生地で仕立てられたスキニージーンズ。脚に吸い付くかのようなタイトシルエットながらも、ストレスなく着用できます。

ウエストボタンに刻印をあしらうなど、ディテールにまでこだわったデザインがポイント。生地はブラックの生デニムで、経年変化によって自分だけの風合いを醸し出せます。コーディネートの雰囲気を引き締めるのに役立つボトムスです。

クロ(KURO)

「クロ」は2010年にスタートした日本のデニムブランド。”黒”という日本語が持つ繊細さをデザインに落とし込んだコレクションを手掛けています。建築的な要素を取り入れたミニマムなデザインが特徴。メイドインジャパンにこだわっており、職人技を駆使して上質なウェアを作っています。

クロ(KURO) スリムストレートジーンズ Graphite Vintage Wash 009

脚が長く見えるスキニージーンズ。腰回りがコンパクトに仕上げられており、股下が強調されます。ハリ感のある上質な生地を使用しいるため、穿き込むことで経年変化を楽しめるのも魅力です。

ヴィンテージデニムをイメージしたイエローのステッチがアクセント。絶妙なユーズド加工によって、新品時からこなれた雰囲気が出ています。

ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

日本を代表するセレクトショップ「ユナイテッドアローズ」が手掛けるオリジナルレーベル。国内外から選りすぐりのセレクトアイテムに加えて、上質なオリジナルウェアや生活雑貨までを幅広く取り揃えています。品のあるデザインを好む方におすすめのブランドです。

ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS) ストレッチデニムスキニーイージーパンツ

オールシーズン着用しやすい11オンスのストレッチデニムで仕立てられたスキニージーンズ。ヒップからワタリにかけてゆとりを持たせて、無理なく穿ける絶妙なシルエットに仕上げています。

ウエストはゴムとスピンドルによるイージーパンツ仕様で、穿き心地はストレスフリー。カラーリングにはネイビー・ブラック・ターコイズの3種類が用意されています。

コーエン(coen)

「コーエン」はユナイテッドアローズが手掛けるカジュアルブランド。アメリカ西海岸の空気感をイメージしたリラックステイストが特徴です。トレンド感を取り入れつつも、ベーシックなカジュアルウェアを展開。デイリーユースしやすいシンプルなデザインに加えて、リーズナブルな価格設定が魅力です。

コーエン(coen) ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ

ストレッチ性のある生地を使用したスキニーパンツ。タイトシルエットながらも動きやすく、ストレスフリーな穿き心地が魅力です。カラーリングには豊富なバリエーションが取り揃えられています。

クライミングパンツのディテールを取り入れており、180°の開脚に対応。ウエストには片手でもスムーズに調節できるベルトが付いています。

スキニージーンズのメンズコーデ

重厚感のあるシャツジャケットにスキニージーンズを合わせる

By: zozo.jp

カットソーの上に重厚感のあるシャツジャケットを羽織ったカジュアルスタイル。腕まくりをして着用することで、ラフなムードを演出しています。

ボトムスにはスキニージーンズ、シューズにはエスパドリーユを選択。カラーリングが明るめのスキニージーンズはコーディネートの雰囲気を軽やかにしたい場合に重宝します。

ブラックのスキニージーンズをスタイリッシュに着こなす

By: zozo.jp

ダメージ加工が施されたスキニージーンズを主役にした男らしいコーディネート。シンプルなデザインのトップスを合わせることで、ボトムスの存在感を引き立てています。

Tシャツとスキニージーンズのカラーリングをブラックで統一しているのがポイント。足元にはホワイトのビーチサンダルを選択して、スタイリングに抜け感をプラスしています。

淡いグレーのスキニージーンズを使った初夏にぴったりのスタイル

By: zozo.jp

ボーダー柄のバスクシャツとスキニージーンズによる初夏にぴったりのスタイル。淡いグレーのスキニージーンズはアンクル丈で、軽やかな足元が目を引きます。

タイトシルエットのボトムスにゆったりとしたトップスを合わせてバランスをとっているのがポイント。シンプルな着こなしをおしゃれに見せられるテクニックです。