メンズのボトムスとしてすっかり定着した「スキニージーンズ」。タイトなシルエットでコーデをスタイリッシュにまとめられるアイテムです。最近では、ストレッチ素材を配合するなどの工夫を凝らしたモデルも多く展開しています。

そこで今回は、スキニージーンズのおすすめブランドとコーデをご紹介。選び方のポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スキニージーンズとは?

By: amazon.co.jp

スキニーパンツとは、脚のラインにフィットするタイトなシルエットのボトムスのことを指します。なかでも、デニム素材を用いたアイテムがスキニージーンズです。

デニム素材ながら脚が長く見えるシルエットのため、カジュアルなファッションから、きれいめなコーデまで、さまざまなスタイルに合わせられます。メンズスタイルの定番として人気のあるアイテムです。

スキニージーンズの選び方

スキニージーンズはサイズ選択が重要

By: zozo.jp

スキニージーンズを選ぶうえで、特に確認したいのがサイズ感。ウエストはもちろん、太ももや裾周り、股上の深さをしっかりチェックすることが重要です。自分のサイズや手持ちのパンツと比較して、無理のないフィッティングであることを確認しましょう。

加工によってスキニージーンズの表情は大きく変化する

By: zozo.jp

加工が施されていない「生デニム」は、濃紺のカラーリングや張りのある質感で上品なコーデが楽しめます。経年変化による色落ちをじっくり味わいたい方におすすめです。

対して、ヴィンテージ加工やダメージ加工が施されたスキニージーンズはこなれた雰囲気が魅力。コーデの主役になるようなボトムスを探している方は、ぜひ検討してみてください。

ストレッチ素材かどうかで選ぶ

By: zozo.jp

ストレッチ素材はスキニージーンズ選びにおいて、ぜひとも押さえておきたいポイント。基本的にジーンズ自体はコットン100%のアイテムが多い傾向がありますが、細身のスキニージーンズにはポリウレタンが混紡されており、ストレッチ性があるモデルもあります。

デニム特有のハリ感を重要視するなら、コットン100%のスキニージーンズも選択肢のひとつ。できるだけ快適に穿きたい方には、ストレッチ素材のスキニージーンズがおすすめです。

カラーで選ぶ

By: zozo.jp

スキニージーンズには、カラーが多数展開されています。定番カラーは、濃い青色であるインディゴブルーと、少し明るめのライトブルーです。また、真っ黒なブラックデニムもあります。さらに、洗い加工の程度でカラーやアイテムの表情が変わるので、さまざまなアイテムのなかから、お気に入りの1枚が選べるのもスキニージーンズの魅力です。

黒やネイビーなど、落ち着いたカラーは着回しがしやすくおすすめ。明るめのブリーチ加工や、ケミカルウォッシュのスキニージーンズは、周りと差を付けられます。

スキニージーンズのおすすめメンズブランド

リーバイス(LEVI’S)

1950年代に創業したアパレルブランド。創業者であるリーバイ・ストラウスは、カリフォルニアの鉱山で働く人々の声を聞いて、ジーンズの原型であるワークパンツを製作しました。

現在はデニム製品を中心に、メンズからウィメンズまで幅広いアイテムを展開しています。

リーバイス(LEVI’S) 510 ONE WASH SKINNY スキニーフィット

きれいな濃紺が特徴のスキニージーンズ。ワンウォッシュで落ち着いた色合いのため、全体にほどこされたステッチの色が映えるおしゃれなアイテムです。

しっかりした生地感ながら、ストレッチが効いた穿き心地のよさがポイント。すっきりしたシルエットなので、オーバーサイズのトップスと合わせてトレンド感のある着こなしを楽しめます。

また、ムラの少ないワンウォッシュは、きれいめにも使いやすいのが特徴。カジュアルだけでなく、幅広いコーデに合わせたい方におすすめです。

リー(Lee)

1889年、創業者のヘンリー・デイビッド・リーは食品などを扱う卸商社を設立。その後、自社製品をつくり始め、ブランド「Lee」が誕生しました。

現在では、デニムアイテムはもちろん、Tシャツやバッグなどさまざまなアイテムを展開しています。カジュアルなウェアが好みの方におすすめのブランドです。

リー(Lee) キャロットスキニーパンツ

裾に向かって細くなるシルエットが特徴のスキニージーンズ。すっきりと穿きやすいのが魅力です。ハイパワーストレッチ素材を使用しており、穿き心地も良好。動きやすいため、アクティブに行動したい日にも適しています。

シンプルなデザインで、カジュアルコーデはもちろん、ジャケットやシャツなどと合わせたきれいめコーデにもマッチするスキニージーンズです。

エドウイン(EDWIN)

日本の老舗ジーンズブランド「エドウイン」。ブランド名は「DENIM」の5文字を並べ替えるなどしてつくられました。

戦後の輸入ジーンズが主流だった時代に、エドウインは日本人の体型に合うジーンズを生産。また、ジーンズ加工の定番である「ワンウォッシュ加工」はエドウインが開発したとされています。

エドウイン(EDWIN) ジャージーズ キャロットスキニー プレミアムモデル

ヴィンテージデニムのような風合いが魅力のスキニージーンズ。新しい技術と職人の手作業を駆使してつくられたグラデーション生地が、リアルなヴィンテージ感を引き出しています。

また、ストレッチ性に優れており、ニットのようなやわらかい穿き心地が特徴。アンクル丈のため裾がもたつかず、足元がすっきりした印象になります。ヒップやふくらはぎはピタッとしすぎないので、体のラインを出したくない方にもおすすめのスキニージーンズです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)

2001年にスウェーデンで創業したブランド「ヌーディージーンズ」。長く愛用するほど肌に馴染むようなジーンズ製作を行っています。

2012年以降は100%オーガニックコットンにこだわっているのも魅力。バッグポケットにあしらわれている「N」のステッチデザインもヌーディージーンズの特徴です。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) Skinny Lin Feded Glory

グレーがかったライトブルーの絶妙な色合いが特徴のスキニージーンズ。リペアデザインも目を引くポイントです。程よい着古し感がクールな印象で、カジュアルコーデに深みをプラスします。

また、バックポケットにあしらわれた「N」のステッチデザインも魅力。デニム生地と同系色の糸を使うことで、主張しすぎない色使いになっているのもおしゃれに見えるポイントです。

ディーゼル(DIESEL)

1978年、イタリアで「ディーゼル」が誕生。当初はメンズアイテムのみ取り扱っていましたが、次第にキッズ・レディースアイテムの製作も行われるようになりました。

ジーンズを中心としたカジュアルブランドですが、「ライフスタイルブランド」として雑貨やフレグランスなど、さまざまなアイテムを展開しています。

ディーゼル(DIESEL) SS21 メンズ デニムパンツ スリム ジョグツイル

ヴィンテージの風合いがおしゃれなスキニージーンズ。春夏に合わせやすいカラーに仕上がっています。ダメージ加工がアクセントになるので、シンプルなカジュアルコーデなどに合わせるのがおすすめです。

また、穿いていくうちにシワ感やアタリが出てくるため、印象の変化を楽しめるのも魅力。ストレッチ素材で穿き心地がよいのもポイントです。

コーエン(coen)

リラックス感のあるナチュラルな雰囲気のアイテムを多く展開している「コーエン」。コンセプトは「easy&chic stlye、普通に見えて一味違う、個性豊かな服を」です。

リーズナブルな価格で、手に取りやすいアイテムが揃っているのも魅力。普段から気軽に着用できる服を探している方におすすめのブランドです。

コーエン(coen) WEB限定・新型 ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ

少しゆとりのあるシルエットが特徴のスキニージーンズ。膝から下は締め付け感が強すぎないため、ぴったりしすぎるデザインが苦手な方におすすめのアイテムです。

ウエストはゴム仕様で、着脱しやすいのがポイント。ベルトが付いているので、ウエストサイズを手軽に調節できます。また、ポリウレタン入りで、やわらかくストレッチが効いた穿き心地も特徴。アクティブなシーンでも使えるスキニージーンズです。

デンハム(DENHAM)

「デンハム」は、2008年にオランダで誕生したブランド。生地やシルエットはもちろん、見えない部分にまで気を配り、クオリティの高い製品を生み出しています。

シンボルマークの「シザーロゴ」があしらわれたジーンズが多く、デザイン性が高いのも魅力。ハイクオリティながら遊び心のあるモデルを探している方におすすめです。

デンハム(DENHAM) BOLT BLFMROY1Y

濃紺のきれいな色合いが目を引くスキニージーンズ。デンハムが手掛けるジーンズのなかでも、特にタイトなシルエットです。デンハムのシンボルである「シザーロゴ」がバックポケットにあしらわれているのもポイント。シンプルながら、遊び心のあるデザインが魅力です。

伸縮性にも優れているため、穿き心地も良好。デイリーユースにも適したスキニージーンズです。

ドクターデニム(DR.DENIM)

「ドクターデニム」は2004年に誕生したブランド。スキニーブームのきっかけになったブランドの1つともいわれています。

「every day is a denim day」と謳っており、オンオフ問わずいつでも着られるデニム提案をしているのが特徴。リーズナブルなアイテムが多く、気軽に手に取れます。

ドクターデニム(DR.DENIM) Chase チェイス

ドクターデニムが手掛けるジーンズのなかでも、比較的タイトなスキニージーンズ。スリムなモデルながらウエストに伸縮性があり、腰回りをすっきりと見せやすいのが魅力です。

スニーカーに合わせたりブーツにインしたりと、着回しやすいのがメリット。カジュアルコーデだけでなく、ジャケットなどできれいめに合わせるのもおすすめです。

ジャパンブルージーンズ(JAPAN BLUE JEANS)

「ジャパンブルージーンズ」は、ジーンズの産地として有名な倉敷市児島で誕生した「ジャパンブルー」が展開するブランド。経年変化を大切にしたジーンズづくりに取り組んでいます。

資源や環境への配慮を掲げているのもポイント。持続可能なジーンズ生産を目指す、環境にやさしいブランドです。

ジャパンブルージーンズ(JAPAN BLUE JEANS) CIRCLE スキニー 12.5oz アフリカ綿セルヴィッチ

アフリカ綿と茶綿をブレンドした生地でつくられたスキニージーンズ。経年変化を楽しめるジーンズで、経過とともに茶綿の色が現れるのが特徴です。また、「カーブベルト」を採用しているのもポイント。腰回りのフィット感を実現し、穿き心地のよいジーンズに仕上げています。

昔のジーンズをイメージしたカラーも魅力。国内産で穿きやすいアイテムを探している方におすすめです。

ベティスミス(Betty Smith)

1962年、ジーンズの産地である倉敷市児島から誕生した「ベティスミス」。国内初のレディース専門ジーンズメーカーでした。現在は、メンズアイテムやファッション雑貨も展開しています。

2003年には日本で初めてとされるジーンズ博物館「ジーンズミュージアム1」を開館。児島の観光スポットとして有名です。

ベティスミス(Betty Smith) リメイク加工 スキニージョガーパンツ

リペア加工のデザインが目を引くスキニージーンズ。程よいヴィンテージ感で、穿くだけでおしゃれな雰囲気を醸し出します。また、伸縮性に優れており、穿き心地は良好。ストレッチ素材ながら膝抜けしにくいのもおすすめポイントです。

ウエストはゴム仕様で窮屈感を抑えており、楽に着用できます。アンクル丈なので足元がもたつきにくく、ボリューム感のあるスニーカーやブーツとも合わせやすいのが魅力です。

ジョンブル(Johnbull)

1952年に倉敷市児島で誕生したブランド「ジョンブル」。自社工場における優れた縫製技術や感性が強みと謳われています。

主に、ジーンズを中心としたカジュアルウェアを展開。ワーク・ミリタリー・ドレスなど、型にはまらないモノづくりを掲げているのが特徴です。

ジョンブル(Johnbull) ダブルストレッチスリムジーンズ

ジョンブルオリジナルの2wayストレッチ生地を採用したスキニージーンズ。縦ストレッチが特徴で、通常のストレッチジーンズに比べて穿き心地が向上していると謳われています。

また、素材にこだわってつくられたジョンブルオリジナル生地の風合いも魅力。ストレッチ素材のジーンズながら、コットン100%のような本格的な雰囲気を楽しめます。

ミニマルなデザインなので、カジュアルにもきれいめにも合わせやすいのが特徴。幅広いスタイリングに合わせたい方におすすめのスキニージーンズです。

アーペーセー(A.P.C.)

1987年に誕生したフランスのブランド「アーペーセー」。「製作と創造のアトリエ」を意味する言葉のイニシャルをとって、アーペーセーと名付けられました。

フレンチベーシックで機能的なファッションが特徴。着る人の個性を引き出すような、シンプルなファッションアイテムを展開しています。

アーペーセー(A.P.C) プチニュースタンダード

プチニュースタンダードは、テーパードがかかった細身のデザインが特徴のジーンズ。カジュアルにもきれいめにも合わせやすい濃いカラーのデニムは、1本持っていると重宝します。シルバーで統一されたリベットとボタンがより引き立つデザインです。

ノンウォッシュデニム生地を使用しており、エイジングを楽しめるのが魅力。長く愛用できるジーンズを探している方はチェックしてみてください。

ジースターロウ(g-star raw)

1989年、オランダで誕生した「ジースターロウ」。生デニムとも呼ばれる「ローデニム」から、使い込み跡を再現したモデルまで、幅広いジーンズを展開しています。

なかでも、立体裁断をほどこした「エルウッド」シリーズが特徴的。体に馴染みやすく、穿き心地にこだわったモデルです。

ジースターロウ(g-star raw) 5620 3D ZIP KNEE SKINNY JEANS

フロントにほどこされたパネルデザインが目を引くスキニージーンズ。ジースターロウオリジナルの立体構造を採用しており、体によく馴染むのが特徴です。使い込み跡の入ったヴィンテージ感のある生地で、穿くだけでおしゃれに仕上がります。

また、膝部分のジッパーポケットもポイント。存在感のあるデザインで、シンプルなトップスと合わせても様になります。周りと差を付けたい方におすすめのスキニージーンズです。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)

ユナイテッドアローズは、1989年に設立された日本を代表するセレクトショップ。オリジナルアイテムとセレクトアイテムで構成されており、大人向けのライフスタイルを提案しています。

「豊かさ・上質感」をキーワードとした、カジュアルにもきれいめにもマッチするアイテムの多彩さが魅力です。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) オーガニック デニム スリムテーパード narrow

オーガニック原料を使用してつくられたスキニージーンズ。オールシーズン着用できる11.5ozの程よい生地感に仕上がっています。

また、色によって加工を変えているのもポイント。ミディアムグレイは、BIOストーン加工による古着のような風合いが魅力です。ダークグレイにはロープ染色を施し、経年変化によるフェード感を楽しめるデザインに仕上げています。

ビームス(BEAMS)

“BASIC&EXCITING”をテーマに、心地よい日常着を提案する「ビームス」。カジュアルウェアを中心とした日本を代表するセレクトショップです。

さまざまなレーベルを展開しており、洋服だけでなく、雑貨や音楽なども取り扱っています。幅広い世代から人気のブランドです。

ビームス(BEAMS) ハイストレッチ スキニーデニム

ストレッチの効いた穿き心地がよいスキニージーンズ。回復性が備わっているため、ストレッチ素材に起こりがちな膝抜けを軽減しやすいのが魅力です。シンプルなデザインなので、スキニージーンズを初めて穿く方でもチャレンジしやすいのがポイント。デイリーユースにぴったりです。

また、ブラックジーンズを選べば、きれいめなコーデに合わせることも可能。ジャケットやシャツなどのかっちりしたアイテムと合わせた、きれいめカジュアルな着こなしもおすすめです。

クロ(KURO)

日本語の「黒」をブランド名にした日本のファッションブランド。「黒」が持つ繊細さをテーマにしています。

デザインに建築的要素を取り入れるなど、独特のモノづくりを行なっているのが特徴。歴史や伝統を受け継ぐ職人たちの技術により、こだわりのアイテムがつくられています。

クロ(KURO) GRAPHITE VINTAGE WASH

程よいヴィンテージ感を醸し出すスリムジーンズです。グラファイトはクロの基準となる定番のモデルといわれています。細身のストレートデザインで、スリムに見えるシルエットがポイントです。

ヒップ周りと股上の深さは黄金比に設定されており、足が長く見えやすいのが特徴。穿き込んだあとのシワを計算し、ステッチ幅をランダムに設定するなど、こだわりが詰まった1本です。

スキニージーンズのメンズコーデ

プリントTシャツ×スキニーのアメカジコーデ

By: wear.jp

オレンジのプリントTシャツにスキニージーンズを合わせたカジュアルコーデ。ややゆったりめのTシャツをインすることで、レトロ感のあるおしゃれな着こなしになります。

また、コバルトブルーの明るいジーンズは、ヴィンテージのような雰囲気が味わえるので、カジュアルなコーデが好きな方におすすめです。デニムをロールアップすると、さらにすっきりした印象になります。

足元はボリューム感のあるニューバランスのスニーカーで、レトロさをアップ。アメカジコーデが好きな方におすすめの服装です。

オーバーサイズシャツ×スキニーのラフコーデ

By: wear.jp

ヒップまでかかるオーバーサイズのシャツに、ブラックのスキニージーンズを合わせたラフコーデ。すっきりしたスキニーに、オーバーサイズのトップスを合わせることで、メリハリのあるスタイリングに仕上がります。

また、ブルーのストライプシャツは、春を感じさせるさわやかな印象。ブラックデニムでも重たくなりすぎず、軽やかな雰囲気を演出できます。ブラックデニムのスキニーは足をすっきり見せやすく、ボリューム感のあるスニーカーでも野暮ったくなるのを回避できるのでおすすめです。

カーキシャツ×ブラックスキニーの大人カジュアルコーデ

By: wear.jp

遊び心のあるデザインが効いたカーキシャツに、ブラックのスキニージーンズを合わせた大人カジュアルコーデ。カーキとブラックの色合わせは、落ち着いたカジュアルな印象になります。

スキニージーンズのシェイプシームが施されており、全体的に遊び心のあるスタイリングが魅力。足元はすっきりしたローカットで合わせることで、シャツとスキニージーンズが引き立ち、バランスのよいコーデに仕上がります。

スカジャン×スキニーのカジュアルコーデ

By: wear.jp

スカジャンと濃紺がきれいなスキニージーンズを合わせたカジュアルコーデ。スカジャンが目を引く分、インナーとパンツはシンプルに抑えたバランスのよいコーデです。

ボリューム感のあるスカジャンはスキニージーンズと合わせることですっきりした印象に。裾をハイカットスニーカーにインし、まとまりのあるコーデに仕上げているのもポイントです。