メンズのボトムスとしてすっかり定着したスキニージーンズ。タイトなシルエットによってコーデをスタイリッシュにまとめてくれるアイテムです。最近では、ストレッチ素材を配合するなどの工夫を凝らしたモデルが多く展開されているので、着心地が気になるという方もぜひ検討してください。

ここでは、スキニージーンズのおすすめブランドとコーデをご紹介します。選び方のポイントも解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

スキニージーンズとは?

By: amazon.co.jp

スキニーとは、足にフィットするタイトシルエットのボトムスのことを指します。そのなかでデニム素材を用いたアイテムがスキニージーンズです。

カジュアルなデニム素材ながら、そのシルエットにより足が長く見えるため、綺麗めなコーディネートなどさまざまなスタイルに合わせられます。メンズスタイルの定番として人気のあるアイテムです。

スキニージーンズの選び方

スキニージーンズはサイズ選択が重要

By: amazon.co.jp

スキニージーンズを選ぶ上で特に吟味したいのがサイズ感。ウエストはもちろん、もも周りや裾周り、股上の深さをしっかりチェックしてください。自分のサイズや手持ちのパンツと比較して、無理のないフィッティングであることを確認するのがおすすめです。

加工によってスキニージーンズの表情は大きく変化する

By: rakuten.co.jp

加工が施されていない生デニムは、濃紺のカラーリングや張りのある質感で上品なコーデが楽しめます。経年変化による色落ちをじっくり味わいたい方におすすめです。

それに対して、ヴィンテージ加工やダメージ加工が施されたスキニージーンズはこなれた雰囲気が魅力。コーデの主役になるようなボトムスをお探しの方はぜひ検討してください。

ストレッチ素材かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

ストレッチ素材はスキニージーンズ選びにおいて是非とも押さえておきたいポイント。基本的にジーンズ自体はコットン100%のアイテムが多い傾向にありますが、細身のスキニージーンズにはストレッチ性のあるポリウレタンが混紡されているアイテムが多く見受けられます。

デニム特有のハリ感を重要視するなら、コットン100%のスキニージーンズも選択肢のひとつです。休みの日にできるだけストレスフリーで履きたいと考えている方には、ストレッチ素材のスキニージーンズがおすすめです。

カラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

スキニージーンズにはカラーが多数展開されています。定番なのは濃いめの青色であるインディゴブルーと少し明るめのライトブルーです。また、真っ黒のブラックデニムもあります。さらに、洗い加工の程度でカラーやアイテムの表情が変わるので、そのなかからお気に入りの一枚が選べるのもスキニージーンズの魅力です。

カラー選びのポイントは、黒やネイビーなど、落ち着いたカラーが着まわししやすくおすすめです。明るめのブリーチ加工やケミカルウォッシュのスキニージーンズも、ほかの人と差を付けるアイテムとしては魅力的ですが、着まわしを重視される方は、落ち着いたカラーリングのブラックデニムや、インディゴブルーの生地のスキニージーンズをチェックしてみてください。

スキニージーンズのおすすめメンズブランド

アーペーセー(A.P.C.)

アーペーセーは、フランスのパリで生まれたブランド。デザインはフレンチベーシックがベースで、デザイン製がありながらも奇抜過ぎないのが特徴です。

また、品質や機能性にウェイトを大きく寄せており、細部にさまざまな配慮がされているのも魅力のひとつ。そのなかでもデニム素材のアイテムは、アーペーセーの看板アイテムで、ファッションへのこだわりがある方にもおすすめです。

アーペーセー(A.P.C.) PETIT NEW STANDARD

本製品は、アーペーセーのジーンズのなかでも、比較的タイトなのが特徴です。ストレッチ素材を採用しており、履きやすさを考慮しているのが魅力です。

股上を深く作ってあるモデルで、しっかりと足の可動域を確保しています。日本製の高品質なデニム生地を生かしながらも、ストレッチを要しており、一つ持っておくと非常に重宝できるアイテムです。

デンハム(DENHAM)

イギリスで名高いデニム職人であるデンハムにより設立された、オランダのブランドです。「VIRGIN-TO-VINTAGE」というフィロソフィーを基に、ブランドを展開しています。

ノンウォッシュデニムから長年履いたような加工を施したヴィンテージデニムまで、デニムの経年変化を表現した物作りを行なっており、デニム素材を楽しめるラインナップが特徴です。

デンハム(DENHAM) BOLT FBL

デンハムのブラックデニムのスキニージーンズ。ヒップから裾にかけて、しっかりフィットしてくれるため履き心地がよく、美しいシルエットを演出してくれます。

バックポケットとバックヨークに施されたシザーの刺繍が、ブラックの重い雰囲気に甘さを加え、シャツ一枚と組み合わせてもほどよいアクセントに。未洗いのノンウォッシュデニムなので、経年変化を楽しめるのも魅力のひとつです。

リーバイス(LEVI’S)

1853年にアメリカで生まれ、創業160年の歴史を持つジーンズメーカーであるリーバイス。ジーンズメーカーのなかでも非常に有名で、高品質でベーシックなアイテムが特徴的なブランドです。

なかでも501が爆発的な人気を誇り、年代物ヴィンテージが今でも高価格で取引されるほど。創業から現在に至るまで、世界中の人々から愛され続けています。

リーバイス(LEVI’S) 501スキニーボタンフライ

人気の定番アイテム、501(R)をすっきりとしたスタイルで履けるようにカスタマイズしたアイテムです。フロントは従来と同様に、ファスナーではなくボタンフライ仕様と、501(R)の渋さを残しています。

ストレッチも十分で、履いていくうちに馴染む生地感が癖になります。落ち着いたブラックカラーで着まわしやすく、コーディネートを選ばずに着用できるのもポイント。ジーンズ好きな方はもちろん、ジーンズを買い換えたい方にもおすすめです。

ジャパンブルー(JAPAN BLUE)

日本で生まれた世界に誇るブランド。デニム生地を作っていたジャパンブルージーンズですが、コレクションで評価されたことからジーンズの成形品を手がけるようになりました。

もともと生地をメインにしていたこともあり、その品質は折り紙付きです。ひとつひとつ職人の手で縫製されたこだわり抜かれたジーンズは、世界でも認められているクオリティを持っています。

ジャパンブルー(JAPAN BLUE) スキニーWashed

本製品は、ジャパンブルージーンズのなかでも最も細いモデルです。アメリカンコットンとオーストラリアンコットンを使用したノンウォッシュの生地は、最初は固く、履いていく内にどんどん馴染んでいきます。

裾の裏には赤色の刺繍が入っているため、ロールアップをすることでコーディネートのアクセントになるのも魅力。おしゃれにワンポイント追加したい方におすすめのスキニージーンズです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)

ヨーロッパのLeeUAに所属していた、デザイナーが手がけるスウェーデンのジーンズブランドです。細身のラインナップが多く、スリムのなかにも股上の深さなどの違いがあります。

細身を得意とするため、スタイリッシュにコーディネートをキメたい方におすすめのブランドです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) TIGHT TERRY TIGHT ANTI FIT タイトテリー タイト アンチフィット レングス32

腰回りから裾にかけてフィット感が強いスキニーです。ヌーディージーズのなかでも細めの作りなので、よりタイトなアイテムを探している方におすすめ。加工の程度も軽めに仕上げてあるので、経年変化が楽しめるのも魅力です。

また、パワーストレッチデニムを採用しているため、ストレスフリーで着用可能。股上は浅めの作りで、レッグラインに沿ってスタイルを綺麗に見せたい方におすすめのアイテムです。

クロ(KURO)

クロは日本で生まれたブランドで、日本人の瞳や髪の色である「黒」を由来としており、繊細さをコンセプトにしています。

伝統を受け継いだ日本の職人の手から作られているため、高品質なのが特徴。生地や細かいディティールなどを大切にされる方から人気のあるブランドです。

クロ(KURO) DIAMANTE VINTAGE WASH 004

ヴィンテージ感漂う渋さが特徴のスキニージーンズです。テーパードがしっかりかかっているので、レッグラインはスマートな印象に。股上が少し深めの作りになっており、足を長く見せたい方におすすめです。

また履けば履くほど味がでるため、経年変化が楽しめるのも魅力。ヴィンテージのカラーを活かして、革靴やブーツと合わせて味のあるコーディネートなどにおすすめのアイテムです。

ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

ユナイテッドアローズから生まれたレーベルで、上品な大人のカジュアルスタイルのアイテムをラインナップしているブランドです。セレクトのアイテムも多く取り揃えていることに加え、オリジナルも各セレクトと遜色のないクオリティが特徴。

高品質にも関わらずリーズナブルなので、コスパがよいのも魅力です。トレンドを押さえながら、上品さを演出したい方はチェックしてみてください。

ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS) セルビッチ スキニー デニムパンツ

本製品は、メイドインジャパンのセルビッチデニムのスキニージーンズです。ポリウレタンが4%とストレッチ性に優れているのもポイント。ノンウォッシュのリジッドデニムを彷彿とさせる、ダークネイビーが着用する人の色気を作り上げてくれます。

股下も浅めで、ヒップラインもコンパクトにまとまるので、スタイルを綺麗に見せることができるのも魅力。履き心地に優れた、デニム地が強く見えるスキニージーンズを探している方におすすめです。

レッドカード(RED CARD)

リアルヴィンテージのような風合いのアイテムを強みとするブランド。特にデニムには注力しており、細部への気遣いが感じられます。

「シンプルなデザインを楽しむ」をコンセプトとしており、Tシャツとジーンズのみなどのシンプルな組み合わせが好きな方におすすめのブランドです。

レッドカード(RED CARD) Ace”エース ストレッチスキニーデニム

長年履いたかのような色落ち感のあるカラーリングのスキニージーンズです。ただ色褪せているのではなく、ほどよい色落ちで爽やか印象を与えてくれます。レッドカードのラインナップのなかでは珍しく、開け閉めがジップでできるジップフライを採用。日常生活においての気遣いも魅力のひとつです。

丈感は少し短めく、くるぶし丈のワンクッションでズボンのたゆみもなく綺麗に履くことができます。スマートな印象を演出したい方におすすめのスキニージーンズです。

エイプリル77(April77)

音楽との結びつきが強く、ロカビリーやロックなテーマのデザインが多く見受けられるブランド。そのなかでも、タイトなボトムスが人気でスキニージーンズもそのひとつです。

それぞれのアイテムに工夫が施されているのが特徴で、デザイン性が強い服装が好きな方におすすめのブランドです。

エイプリル77(April77) JOEY Ronnie 70

エイプリル77を代表する定番アイテムです。シルエットはタイトで、着用するとフィット感を強く感じられます。サイズ展開も幅広く、自分の体型に合ったアイテムが選びやすいのもポイント。

また、エイプリル77のアイテムは、ギターピックが付属しているため、音楽好きの方にもおすすめです。夏場にロゴTシャツと合わせて、ロックテイストでまとめてもおしゃれさを演出できます。

コーエン(coen)

ユナイテッドアローズのグループ企業であるコーエン。「気軽におしゃれを楽しもう」というコンセプトでブランドを展開しています。

アメカジをベースとした、ベーシックなアイテムをラインナップしており、気軽にコーディネートに取り入れやすいのが特徴。価格もリーズナブルで、コスパに優れているのが魅力です。

コーエン(coen) ストレッチスキニーデニムクライミングパンツ

クライミングパンツ仕様のスキニージーンズ。ストレスフリーで着用できることを重視したスキニージーンズで、随所にその工夫が施されています。ストレッチ性はもちろんのこと、ウェストはゴムとベルト両方を採用し、腰回りの負担を軽減しているのもポイント。

また、膝にも可動域を広げるダーツが入っており、スキニーにありがちな膝のハリ感が抑えられています。スキニーは履きたいけれど、できるだけ履き心地のよいアイテムが欲しい方におすすめです。

リー(Lee)

1889年にアメリカで創業され、日本でも展開した老舗ブランド。もともと作業着などのワークウェアを製造しており、丈夫さや機能性に優れているのが特徴です。また、その機能性が認められ、1913年にはアメリカ陸軍のオフィシャルユニフォームに採用されました。

ジーンズの定番として安心を提供し続けており、長くジーンズを履き続けたい方におすすめのブランドです。

リー(Lee) EURO RIDERSスキニー

ストレッチ性に優れた、タイトに履いても不快感を感じないアイテムです。本製品は、リーの中でも人気の型番で、ユーロテイストにアレンジを加えたスマートに履けるモデルです。

ヴィンテージブルーのクリーンな印象は、着る人を爽やかに仕上げてくれます。コンバースなどのカジュアル合わせでも、綺麗に収まってくれるので、着まわしやすさも魅力のひとつです。

ディーゼル(DIESEL)

イタリアのプレムアム・カジュアルブランドで、デザイン性に優れているのが特徴のブランドです。トレンドを追い求めるのではなく、ブランド自身で斬新かつ個性的なスタイルをコンセプトに製品をラインナップしています。

デニムアイテムは、ディーゼルのなかでも人気アイテムのひとつで、素材の質のよさや、細かいディティールへの気配りが魅力です。

ディーゼル(DIESEL) THOMMER SLIM SKINNY スリム スキニー トマー

ポリウレタン混紡のストレッチ素材のスキニージーンズです。デニムとは思えないほど柔らかい素材を使用しており、履き心地も良好。腰回りに余裕を持たせてあるので、締め付け感なく快適に着られるのも魅力です。

また、膝裏に施された履きジワ加工がヴィンテージ感を生み、履く人の小慣れたおしゃれさを演出。大人の雰囲気を作るのにおすすめのスキニージーンズです。

スキニージーンズのメンズコーデ

濃紺デニムはカラフルなトップスとの相性が抜群

By: wear.jp

アーペーセーのスキニージーンズとカラフルなカットソーを合わせたシンプルなコーデです。落ち着いた雰囲気の濃紺デニムはカラフルなアイテムとの相性がポイント。タイトなボトムスに対して、ゆとりのあるサイズのトップスを選択して全体のバランスを意識しているのが特徴です。

スキニージーンズが完成させる上品コーデ

By: zozo.jp

ポロシャツやローファーといったアイテムを軸にした品のよいコーデです。カラーリングをモノトーンで統一し、落ち着いた雰囲気を演出。スッキリしたシルエットのスキニージーンズが全体の潤滑油として機能しています。

スキニージーンズをビッグシルエットTシャツと合わせたシンプルコーデ

By: zozo.jp

チープマンデーのスキニージーンズに合わせたのは無地のビッグシルエットTシャツ。シンプルになりやすい春夏のコーデでは、シルエットでメリハリをつけるのがおすすめです。ダークトーンのカラーリングのなかでベルトやスニーカーのホワイトがアクセントを加えています。

シックな装いでも活躍するスキニージーンズ

By: zozo.jp

ハイネックのニットをベースにしたシックな秋冬コーデ。シンプルなブラックスキニージーンズは通年で活躍するのが魅力です。ニューバランスのスニーカーやニットキャップといった温かみのあるアイテムを随所に配しているのがポイント。程よい抜け感がコーデの完成度を高めています。

エイプリル77のホワイトデニムをコーデの主役にする

By: zozo.jp

膨張色のホワイトも、タイトなシルエットによってスッキリして見えるのがスキニージーンズのメリット。軽やかなコーデを完成させるのにもってこいのアイテムです。トップスにはブラックのニットを選択して全体のバランスを整えています。

スキニージーンズとブルゾンを合わせたスポーティコーデ

By: zozo.jp

コーエンのスキニージーンズにブルゾンを合わせたカジュアルコーデ。落ち着いたカラーリングに加え、タイトなフィッティングで全身を統一することで、洗練された雰囲気を演出しています。スポーティなアイテムを上品に着こなしたい方はぜひ参考にしてみてください。

スキニージーンズをロールアップで魅せる

By: zozo.jp

濃紺のデニムとグレーのトップスは相性のよい組み合わせです。スキニージーンズをロールアップすることで、コーデに軽やかさが加わっているのがポイント。特に、ローファーなどの足首が見えるシューズを穿く際におすすめのテクニックです。

ファクトタムのリジットデニムを取り入れたマリンコーデ

By: zozo.jp

ボーダーTシャツに合わせたのはファクトタムのリジットデニム。マリンテイストのトップスがプレーンなデザインのボトムスとうまく調和しています。夏でも暑苦しさを感じさせることなくスキニージーンズを着用したい方におすすめのコーデです。

ブリーチ加工が施されたスキニージーンズが演出するリラックスコーデ

By: zozo.jp

リゾートテイスト溢れる総柄シャツを軸にしたリラックスコーデ。ブリーチ加工が施された淡い色合いのスキニージーンズがトップスによく馴染んでいます。ジャストなサイズ感によってだらしなさを払拭しているのがポイントです。