クオリティの高いデニムを語る上で欠かせないのが「ヌーディージーンズ」。幅広いアイテム展開で、世界中のファッショニスタから支持を集めているブランドです。

今回は、そんなヌーディージーンズのおすすめモデルをご紹介します。また、選ぶ際のポイントや参考コーデもあわせて解説するのでぜひ最後までチェックしてみてください。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)とは?

By: rakuten.co.jp

ヌーディージーンズは、2001年にスウェーデンでスタートしたデニムブランドです。穿き込むほどに肌に馴染み、「裸に近い感覚」を味わえるようなジーンズ作りをコンセプトにしています。

素材にはオーガニックコットンを厳選するなど、質へのこだわりが魅力。さまざまなタイプのデニムを展開しており、なかでもスキニージーンズに定評があります。

ヌーディージーンズの選び方

フィッティングやシルエットをチェック

By: amazon.co.jp

ヌーディージーンズはタイトからルーズまでの幅広いフィッティングのデニムを展開。同じようなスキニージーンズであっても、シルエットや腰周りのデザインに細かな違いがあります。

スーパータイトな「スキニーリン」、バランスに優れた看板モデル「シンフィン」、ゆとりのある穿き心地を楽しめる「ブルートクヌート」など、ニーズに合わせて最適な一本を選択してください。

カラーリングや加工を吟味する

By: amazon.co.jp

ヌーディージーンズのデニムで大勢を占めるカラーリングは濃紺と黒。プレーンな印象の濃紺は幅広いコーデに馴染みやすいのが魅力です。スタイリッシュな着こなしを楽しみたい方は黒を検討してください。

また、パリッとした質感の生デニムのほか、大胆なウォッシュ加工を施されたモデルが選択できます。何年も穿き込んだかのような仕上がりに特徴があるので、ヴィンテージテイストのアイテムが好みの方におすすめです。

ヌーディージーンズのおすすめモデル

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) スキニーリン ドライディープオレンジ

「スキニーリン」は腰周りから脚にまでピタリとフィットするスーパータイトなシルエットが魅力。ポリウレタンを混紡したパワーストレッチ生地が滑らかな着用感を実現しています。

また、経年変化をじっくり楽しみたい方におすすめの生デニムタイプです。濃紺の生地とステッチに用いられた深みのあるオレンジの美しいコントラストが目を惹きます。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) スキニーリン サマーブリーズ

スーパータイトフィットの「スキニーリン」をウォッシュ加工したモデル。薄い色調のカラーリングが涼しげで、アメリカ西海岸を思わせるリラックス感を演出しています。

程よい厚みのパワーストレッチ生地は脚に吸い付くような着心地が魅力。リゾートテイストのコーディネートを完成させるのにおすすめのアイテムです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) タイトテリー タイト アンチフィット

スキニーリンに次ぐタイトシルエットでデザインされているのが「タイトテリー」。フロントを浅めに設定することでウエストに傾斜が生じ、バランスのよいスマートなシルエットが完成しています。

ポリウレタンを混紡したオーガニックコットンを使用しているため、ストレスなく穿きこなせるのがポイント。また、濃紺の合わせやすい色合いなのも魅力です。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) ティルテッドトール タイトフィット

傾斜を意味する「TILTED」にちなんでネーミングされた「ティルテッドトール」。名前が示すようにウエストを斜めにカッティングし、フィット感やシルエットの美しさを高めています。

やや薄めで伸びのある生地を使用しているので穿き心地はバッチリ。生デニム特有の自然なインディゴカラーとハリのある風合いを楽しんでみてください。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) リーンディーン インディゴスピリット

細身のテーパードシルエットながらも、腰やもも周りに程よいゆとりを持たせた「リーンディーン」。普段はスキニージーンズを選ばないという方にもおすすめしたいモデルです。

ストレッチの効いたオーガニックコットンに丁寧な加工を施し、長年穿き込んだかのような風合いです。フロントボタンやウエストのレザーパッチまでヴィンテージ風に仕上げられた完成度の高さが光ります。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) リーンディーン ジップフライジーンズ

ステッチからレザーパッチまでを黒で統一したクールなジーンズ。「リーンディーン」は、ウエストにゆとりがあるので動きやすさを重視する方におすすめです。

足元がスッキリして見えるテーパードシルエットのため、個性的なシューズとの相性もバッチリ。モノトーンコーデに取り入れるのもおすすめです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) シンフィン スキニーストレート

テーパードを効かせたスキニーシルエットの「シンフィン」は、ヌーディージーンズを代表する人気モデル。トップスの裾で隠れないよう、バックポケットを低い位置にさせたユニークなデザインが特徴です。

素材には、ハリ感のあるオーガニックコットン生地を使用。ノンウォッシュで仕上げられているので、穿きこむほどに個性豊かな色落ちが楽しめます。ヌーディージーンズの最初の一本としておすすめしたいアイテムです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) シンフィン ドライエバーブラック

ヌーディージーンズの定番モデルであるシンフィンのブラックデニムタイプ。裾にかけてテーパードの入ったスキニーシルエットを使用したスタイリッシュなジーンズです。

肌馴染みのよいストレッチ素材が軽快な着心地を約束。ダークトーンでまとめたモード色の強いコーディネートからラフなTシャツスタイルまで、幅広い場面で活躍します。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) グリムティム ディープオープンネイビー

腿から膝にかけてストレートで、裾先が細身な仕様の「グリムティム」。股上が深めにとられた腰周りにはややゆとりがあるので、スキニーよりも履きやすいのが魅力です。

濃紺の生デニムタイプで、汎用性が高いのがポイント。さまざまなコーディネートで頼りになるベーシックアイテムです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) グリムティム スリムレギュラー フィット


ブラックのストレッチデニム素材にウォッシュ加工を施した風合い豊かなジーンズ。細身のストレートシルエットが特徴の「グリムティム」はストレスのない穿き心地がポイントです。

インパクトのあるデザインTシャツと合わせるなど、ロックテイストのコーディネートにおすすめ。普段とは違った着こなしにぜひチャレンジしてみてください。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) デュードダン ドライ・コンフォート・ダーク


レギュラーフィットの「デュードダン」はリラックスした着心地を楽しみたい方におすすめ。クセのないストレートシルエットで、幅広いコーディネートに取り入れやすいのがポイントです。

目を惹くのは生デニムならではの深みのあるインディゴの風合い。経年変化によって色落ちすればさらなる味わいが生まれます。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) デュードダン ウォーンウェルコンフ


レギュラーフィットのゆとりあるシルエットが魅力のデュードダンをヴィンテージ風に加工。何年も穿き込んだかのようなヒゲやアタリ、インディゴの濃淡が目を惹きます。

ヌーディージーンズを象徴するオーガニックコットン生地にはポリウレタンが混紡されており、ストレッチ性も良好。デイリーユースにピッタリのボトムスです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) フィアレスフレディ ルーズ アンチフィット


ややルーズなフィッティングが楽しめる「フィアレスフレディ」。ゆったりとしたウエストから裾にかけてテーパードの入った「キャロットシェイプ」を使用しています。

ブルーブラックの色合いはそのままに、穿き慣らしたかのような風合いに仕上げたウォッシュ加工がポイント。カジュアルスタイルで有用なのはもちろん、ジャケットコーデのはずしアイテムとしてもおすすめです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) フィアレスフレディ ボタンフライ ジーンズ

フィアレスフレディを生地からステッチまでオールブラックで仕上げたこだわりの一本。テーパードの効いたキャロットシェイプの美しいシルエットが魅力です。

レザージャケットをはじめとするハードなテイストのアイテムとは相性バッチリ。男らしい着こなしを好まれる方にピッタリのジーンズです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) ステディエディ レギュラー

太ももにゆとりを持たせた「ステディエディ」。緩やかなテーパードシルエットはレッグラインに優しくフィットします。

オーガニックコットン100%の生地にウォッシュ加工を施し、こなれた雰囲気を演出。余分な装飾を抑えたベーシックなデザインなので、着まわしがしやすいのもポイントです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) ブルートクヌート ルーズ アンチフィット


ヌーディージーンズのなかでも、ひときわルーズなフィッティングで設計された「ブルートクヌート」。緩やかな腰周りから裾に向かってテーパードが強くかかっています。

濃紺の生デニムタイプはプレーンなルックスが特徴。ロールアップをして9分丈で着用することで、よりカジュアルでユニークなコーデに仕上がります。

ヌーディージーンズの種類別おすすめメンズコーデ

ダッフルコートにスキニーリンを合わせたコーデ

By: wear.jp

ヌーディージーンズのデニムの中でも特にタイトな「スキニーリン」を軸にしたコーデ。ゆったりとしたシルエットのダッフルコートとスキニージーンズの相性のよさが光っています。注目したいのはニットやソックスの色使い。淡いカラーリングによって全体のトーンにメリハリが生まれています。

ブラックデニムを用いたスタイリッシュコーデ

By: wear.jp

ボトムスのスキニーリンをはじめとして、ミリタリージャケットやレザーシューズ、バックパックにブラックを選択したスタイリッシュなコーデ。黒デニムを着用する際は合わせるアイテムもタイトなフィッティングでまとめるのがおすすめです。

生デニムタイプのシンフィンを爽やかに着こなす

By: wear.jp

濃紺のシンフィンをホワイトのポロシャツとスニーカーで挟み込んだスポーティなコーデ。ジーンズを爽やかに着こなしたい方はぜひ参考にしてください。特に生デニムと白いシューズの相性は抜群で、合わせるトップスを変えることでさまざまな着まわしが可能です。

シンフィンが完成させるプレーンなカジュアルコーデ

By: wear.jp

濃紺のシンフィンをはじめとする、プレーンなデザインのアイテムでまとめたカジュアルコーデ。チェック柄のシャツを羽織って着用することで、ラフで軽やかな印象を演出しています。スキニーシルエットのジーンズとレザーサンダルを合わせたユニークな足元がポイントです。

ウォッシュ加工が施されたシンフィンをワークコーデに落とし込む

By: wear.jp

ベストとニットによるレイヤードスタイルに合わせたシンフィン。ニットキャップやスエードのスニーカー、バックパックといったワークテイストのアイテムを用いることで、全身にまとまりが生まれています。色落ち加工が施されたジーンズを着用する場合のお手本コーデです。

スリムな「グリムティム」をボリュームのあるトップスと合わせる

By: zozo.jp

ボリュームのあるケーブルニットとスリムな「グリムティム」によるシンプルコーデ。軽やかなカラーリングのトップスはデニムとの相性がバッチリです。ポイントはブラックで統一したハットやローファーといった小物。コーディネートを上品にまとめ上げています。

ジーンズをロールアップして軽やかな足元を演出

By: zozo.jp

ダークトーンのアイテムを組み合わせた大人のシャツスタイル。「グリムティム」をロールアップして、全体のバランスが重くなりすぎないように気を配っています。チェックシャツやデニムといったカジュアルアイテムを落ち着いたトーンで着こなしたい方はぜひ参考にしてください。