「チノパン」はメンズファッションのマストアイテム。1着持っておくだけで、カジュアルからきれいめな着こなしまで幅広く使えます。シルエットやカラーによって印象が変わるので、好みに合わせて選ぶのがおすすめ。

そこで今回は、チノパンのおすすめのブランドをご紹介します。あわせて選び方についても解説するので、参考にしてみてください。

チノパンとは?

By: amazon.co.jp

そもそもチノパンとは、「チノ・クロス」と呼ばれる、おもに綿やポリエステルを綾織りにした生地で作られたパンツのこと。生地の耐久性や着心地のよさから、イギリス軍やアメリカ軍の作業着や制服、カジュアルから正装まで幅広いシーンで活躍してきました。

一般的にカラーはカーキやベージュが主流ですが、現在販売されているモノのなかにはブラックやネイビーなどもラインナップされています。

チノパンの選び方

シルエットをチェック

ワイルド感が出る「ワイド」

By: rakuten.co.jp

ワイドなシルエットのチノパンは、ラフでこなれた雰囲気を演出できます。腰から裾まで完全に同じ太さのモノや、くるぶしに向かって細くなっていくシルエットのテーパードタイプのモノなど、いくつかのバリエーションから選択可能。

柔らかい素材を選ぶとリラックス感のある着こなしになるため、きれいめに着こなしたい方は、ハリのある素材や、センタープレスが施されているモノを選びましょう。

スタイリッシュに決まる「タイト」

By: rakuten.co.jp

タイトなシルエットのチノパンは、汎用性の高さが魅力です。ジャケットとシャツを合わせたジャケパンスタイルをはじめ、セーターやTシャツと合わせるだけでカジュアルなコーデが完成します。

座ったりしゃがんだりする際に窮屈に感じることがあるので、気になる方は伸縮性の高い素材のモノを選びましょう。

サイズ感をチェック

By: amazon.co.jp

チノパンは中途半端な余裕やダボつきがあると、野暮ったい印象に見えてしまいます。ワイドなシルエットのチノパンを選ぶ際は、腰回りのフィット感に注意しつつ、ほどよい太さの製品を選びましょう。

また、タイトなシルエットのチノパンを選ぶ際は、腰や膝回りに不必要な余裕を残さず、ジャストサイズで穿きこなせるサイズ感のモノがおすすめ。購入したばかりのときは窮屈に感じるかもしれませんが、穿いていくうちに体に馴染んでいきます。

裾の長さをチェック

By: amazon.co.jp

裾の長さはくるぶしを隠す長さのフルレングスや、くるぶしがちらりと覗くくらいのクロップド丈が一般的です。フルレングスはきれいめコーデの際にも上品に仕上がるので、ビジネスシーンでチノパンを取り入れたい方におすすめ。長すぎると、くるぶしにダボつきが出てしまうので、あくまでジャストサイズを選びましょう。

クロップド丈の場合、丈の短さを利用してソックスを見せる着こなしや、さまざまな靴に合わせやすいといったメリットがあります。ふくらはぎの真ん中くらいまで丈が短いモノだとほかのアイテムとの組み合わせによっては幼い印象に見えてしまうので、あくまでもくるぶし丈の製品がおすすめです。

タックをチェック

クラシックな「タック有り」タイプ

By: amazon.co.jp

タックとは、パンツ前面の腰部分にあるひだのこと。タックは腰回りや太ももに余裕を出すことで、動きやすく、エレガントな着こなしに仕上げる役割を果たします。タックの種類はワンタックとツータックの2つ。

ワンタックとは、パンツの前面に左右1本ずつひだを寄せてある製品のことを指し、ツータックの場合は左右に2本ずつのひだがある製品のことです。タックの本数が増えるほどパンツの幅は広くなり、シルエットは腰回りからくるぶしに向かって細くなります。

カジュアル寄りの「タックなし」タイプ

By: amazon.co.jp

タックなしタイプはすっきりとしたシルエットで着こなせるため、よりアクティブな印象を与えられます。タック有りタイプに比べると股上が浅いため、体にフィットした細身のシルエットに仕上がります。

よりカジュアルなファッションを好む方は、タックなしタイプを選んでみてください。

人気カラーをチェック

By: amazon.co.jp

チノパンの一般的なカラーはカーキやベージュです。ほどよい存在感で、さまざまな色のトップスに合わせやすいのが特徴。定番カラーのトップスとも相性がよく、毎日使える汎用性の高さがポイントです。

また、ブラックやブラウン、ボルドーといったカラーも人気。濃い色は汚れが目立ちにくく、一年を通して着回しがききやすいのが魅力です。最近では柄が入った製品などもラインナップされているので、好みに合わせて選んでみてください。

チノパンのおすすめブランド

ナノ・ユニバース(nano・universe)

「ナノ・ユニバース」は日本全国で店舗を運営する大手セレクトショップです。ヨーロッパ風のデザインにモダンな要素をミックスしたスタイルが特徴。厳選したインポートアイテムに加えて、リーズナブルな価格設定のオリジナルウェアを取り扱っています。トレンド感のあるファッションを楽しみたい方におすすめです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) SQUALL PROOF スマホポケットタックテーパードチノパンツ

タックを入れて腰回りをゆったりと仕上げたチノパン。上品な雰囲気を演出するため、裾に向かって細くなるテーパードシルエットを採用しています。

生地には撥水加工が施されており、悪天候時にも穿きやすいのがポイント。スマホ用のポケット付きで、着席時などにデバイスが落ちにくく実用性も良好です。カラーはブラック・ベージュ・ネイビー・カーキの4色を展開しています。

ナノ・ユニバース(nano・universe) カラバリストレッチスキニーチノパンツ

窮屈感のない絶妙なシルエットに仕上げたスキニーチノパンツ。ストレッチ素材を混紡したコットンを使用しているため、穿き心地は快適です。

カジュアルスタイルで活躍するのはもちろん、ジャケットコーデにも取り入れやすい汎用性の高さが魅力。落ち着きのあるチャコールやブラウンに加えて、ダークグリーンやホワイトといった着こなしのアクセントになるカラーが用意されています。

ビームス(BEAMS)

「ビームス」は1970年代にスタートした、日本の老舗セレクトショップ。海外ブランドのアパレルから雑貨まで幅広く取り扱っています。デイリーユースしやすいオリジナルウェアも豊富に展開。トレンド要素をうまく落とし込んだカジュアルスタイルで人気を博しています。

ビームス(BEAMS) ストレッチテーパードチノパンツ

伸縮性のあるポリウレタンを混紡したコットンで仕立てられたチノパン。裾に向かってテーパードのかかったスマートなシルエットが特徴で、品よく着こなせるアイテムです。

ウエストの内側にストライプ柄の別布をあしらい、遊び心を表現。カラーリングが豊富に用意されているため、色違いで揃えるのもおすすめです。

ビームス(BEAMS) チノパンツ B+1P 80/3TWILL

1950~60年代の資料をもとにデザインされたチノパンです。ハリのあるオリジナル生地を採用。洗い込むことで風合いを増すため、経年変化を楽しみたい方におすすめです。

プリーツを入れて腰回りにゆとりを設けており、穿き心地はストレスフリー。絶妙な裾幅に仕上げることで、自然で美しいテーパードシルエットが完成しています。

ディッキーズ(Dickies)

「ディッキーズ」は1922年にアメリカ・テキサス州で設立されたワークウェアブランドです。丈夫で汚れにくい実用性に優れたウェアで労働者の支持を獲得。看板アイテムのワークパンツはスケーターに人気で、現在ではカルチャーシーンに定着しています。

ディッキーズ(Dickies) チノパンツ WP596

独自の加工によって防汚性・透湿性を高めた生地で仕立てたチノパン。スリムなシルエットながらストレッチが効いているため、穿き心地も良好です。

さまざまなトップスと合わせやすいベーシックなデザインがポイント。カラーはベージュやブラック、ネイビーなど使い勝手のよい定番色が揃っています。

ディッキーズ(Dickies) 別注イージーパンツ

セレクトショップ「ジャーナルスタンダード」の別注によって作られたチノパン。緩やかにテーパードしたワイドシルエットを採用しており、ラフな雰囲気を演出したい場合に重宝するアイテムです。

ウエストはゴム仕様で、ストレスフリーな穿き心地が魅力。フィッティングを調節できるドローコードが付いているため、ベルトなしで着用できます。カラーは黒・グレー・ベージュの3色展開です。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

「アーバンリサーチ」は日本のセレクトショップです。“さまざまな都市をリサーチする”というコンセプトのもと、世界中からウェアやライフスタイル雑貨を幅広くセレクト。オリジナルのウェアも積極的に展開しています。カジュアルなテイストが特徴で、デイリーユースしやすいアイテムを探している方におすすめです。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) 30/2ウエポンワイドトラウザー

光沢のある美しい表面感が目を引く、上質な生地を採用したチノパン。カーキやネイビーといったベーシックカラーが揃っており、さまざまなコーディネートに合わせやすいアイテムです。

リラックスした着用感を楽しめるワイドシルエットが特徴。センタープレスを入れてドレッシーに仕上げているため、ジャケットやシャツなどのきれいめなデザインのトップスとも好相性です。

アーバンリサーチロッソ(URBAN RESEARCH ROSSO) スリムストレッチアンクルチノパンツ

涼しげな雰囲気を演出できるアンクル丈のチノパンです。生地は薄手で肌触りが軽く、春夏シーズンに適したアイテム。ストレッチ性に優れているため、穿き心地も良好です。

ほどよくテーパードのかかったスリムシルエットを採用しており、脚のラインをきれいに見せられるのがポイント。ベージュ、ブラック、グレーといったベーシックカラーが揃っています。

グラミチ(GRAMICCI)

「グラミチ」はアメリカのロッククライマーであるマイク・グラミチが立ち上げたクライミングウェアブランドです。穿き心地を重視して作られた実用性の高いパンツが看板アイテム。洗練されたデザインにより、アウトドアシーンのみならずファッションシーンでも注目を集めています。

グラミチ(GRAMICCI) ニューナローパンツ 0816

耐久性に優れたコットンツイル生地で仕立てられたチノパン。製品染めが施されており、着古したかのような味のある風合いが特徴です。ストレッチ性が高く、ストレスフリーな穿き心地を楽しめます。

ゴムの入ったイージー仕様のウエストには、片手でも長さを調節可能なベルト付き。股部分は180°の開脚に対応した作りで、普段使いはもちろんアウトドアシーンにもおすすめのアイテムです。

インコテックス(INCOTEX)

「インコテックス」は1951年の創業から現在に至るまで愛され続けるイタリアの老舗パンツブランド。ディテールにこだわったデザインが高く評価されており、ハイブランドのOEMも手掛けています。長く使用できる上質なチノパンを探している方におすすめです。

インコテックス(INCOTEX) ワンプリーツチノパンツ 1AGW19-90305

軽いタックが入っているため、細身ながらも穿き心地のよいチノパン。細かなヘリンボーン柄のコットン生地に洗い加工を施して、ヴィンテージ感のある風合いに仕上げています。

裾に向かってテーパードしていく美しいシルエットがポイント。ビジネスカジュアルでも活躍する上品なデザインのチノパンを探している方は、チェックしてみてください。

レッドキャップ(RedKap)

「レッドキャップ」は1923年にアメリカで設立されたワークウェアブランド。ブランド名でもある赤い帽子のマークがあしらわれたラベルで有名です。耐久性と着心地のよさを兼ね備えたアイテムを展開。大手企業のユニフォームに採用されるなど、ウェアの品質は高く評価されています。

レッドキャップ(RedKap) インダストリアルワークパンツ PT20

コットンとポリエステルをミックスした生地を採用したチノパン。シワや汚れに強く、さまざまなシーンで気軽に着用できるアイテムです。

太めのシルエットと柔らかな生地感によるカジュアルなデザインが特徴。Tシャツやスニーカーを使ったラフなコーディネートで重宝します。価格もリーズナブルなので、コスパを重視する方におすすめです。

レッドキャップ(RedKap) ポリコットンワークパンツ PT010R

やや細身のシルエットを採用しており、さまざまなコーディネートに合わせやすいチノパン。ポリエステルにコットンを混紡した生地は薄手で、夏場にも活躍するアイテムです。

シャツと合わせてきれいめに着こなすのがおすすめ。ブラックやブラウン、ネイビーといった落ち着きのあるカラーが揃っています。

ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH)

日本を代表するセレクトショップである「ユナイテッドアローズ」が手掛けるオリジナルレーベル。カジュアルからフォーマルまで、幅広いテイストのアイテムを取り揃えています。ベーシックなデザインのオリジナルウェアを展開しており、上品なファッションを好む方におすすめです。

ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH) タイプライターノープリーツテーパードパンツ

裾に向かってシェイプが入ったテーパードシルエットのチノパン。ウエストの一部がゴム仕様になっているため、ストレスフリーな穿き心地を楽しめます。

センタープレスをあしらって品のよいデザインに仕上げており、シャツやジャケットとも好相性。生地は適度な厚みで、オールシーズン活躍するアイテムです。

ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH) ガーメントダイチノバギーパンツ

高密度で織り上げたツイル生地を使用したチノパン。製品染めによって風合い豊かに仕上げており、シンプルにTシャツと合わせるだけでこなれ感のあるコーディネートが完成します。

リラックスした雰囲気を演出するため、ゆとりのあるシルエットを採用。カラーはベージュ・ライトグレー・ネイビーの3色展開です。

リーバイス(LEVI’S)

「リーバイス」は19世紀から続くアメリカの老舗ブランド。ゴールドラッシュの時代に金鉱で働く労働者のために作られたワークパンツは、ジーンズの起源として有名です。完成されたデザインと穿き心地のよさを兼ね備えたデニムを筆頭に、デイリーユースしやすいウェアが揃っています。

リーバイス(LEVI’S) クロップドパンツ 17200

腰回りと股上にゆとりを持たせて、裾幅は細く絞ったテーパードシルエットのチノパン。足首が見えるクロップド丈に仕上げており、ローカットのスニーカーを合わせて軽快に着こなすのがおすすめです。

伸縮性に優れた生地を採用。動きやすく穿き心地は良好です。生地にはパーマネントプレス加工が施されているため、アイロンなしでもセンタープレスをきれいな状態でキープできます。

シップス(SHIPS)

「シップス」は日本のセレクトショップ。国内外から選りすぐったセレクト品からオリジナルウェアまでを幅広く取り扱っています。コンセプトは“STYLISH STANDARD”。トラディショナルな要素とトレンドをミックスしたスタイルで支持を集めています。きれいめなファッションを好む方におすすめのブランドです。

シップス(SHIPS) カラーテーパードチノパンツ

裾に向かってテーパードをかけてすっきりとしたシルエットに仕上げたチノパン。腰回りには適度なゆとりがあるため、ストレスを感じずに着用できます。

ストレッチの効いたコットン生地はベーシックな厚みで、年間を通して穿きやすいのがポイント。ミリタリー感が魅力のダークグリーンを含んだ、豊富なカラーバリエーションが揃っています。

シップス(SHIPS) M-43型ハイカウントワイドチノパンツ

毛羽立ちしにくく丈夫な生地で仕立てられているため、長く使用できるチノパン。生地には特殊なコーティングが施されており、独特の光沢感とハリ感があります。

1940年代の型をベースにした太めのシルエットが特徴。前立てをボタンフライで仕上げるなど、ディテールにもこだわっています。股下はジャストレングス仕様で、お直しなしで着用できるアイテムです。

バリーブリッケン(BARRY BRICKEN)

「バリーブリッケン」は1969年にアメリカで創業したトラウザーズブランド。看板アイテムのチノパンは頑丈さに加えて、ドレスパンツのような丁寧な作りで支持を集めています。1970年代からは多くの名門ショップで取り扱われており、チノパンの代名詞的なブランドです。

バリーブリッケン(BARRY BRICKEN) ミリタリーチノパンツ

しっかりとした丈夫な生地で仕立てられたチノパン。洗濯を繰り返すことで風合いが増すため、経年変化をじっくりと楽しめます。

大戦期のミリタリーウェアをベースにしたクラシカルなデザインがポイント。シルエットはゆったりとしており、ジャストサイズのトップスを合わせてバランスよく着こなすのがおすすめです。

ラコステ(LACOSTE)

「ラコステ」は1933年にスタートしたフランスのファッションブランド。ワニをモチーフにしたブランドロゴで有名です。看板アイテムのポロシャツは夏の定番として世界中で愛用されています。スポーティーさとフランスらしいエレガンスをミックスした独自のスタイルが魅力です。

ラコステ(LACOSTE) コットンストレッチテーパードチノパンツ

幅広いコーディネートで使いやすいベーシックなデザインのチノパン。さりげないテーパードの入った美しいシルエットが特徴で、エレガントに着こなせるアイテムです。

生地にストレッチ素材が混紡されているため、着心地も良好。カラーはベージュやネイビー、ダークグレーといった定番色に加えて、スタイリングの主役になるブルーが用意されています。

ラコステ(LACOSTE) ゴルフチノパンツ

ほどよい光沢が目を引くギャバジン生地で仕立てられたチノパン。発色のよさも相まって、高級感のあるデザインに仕上がっています。耐久性・撥水性を兼ね備えており、実用性の高さがポイントです。

ウエストにはワニのブランドロゴをあしらい、デザインにアクセントをプラス。速乾性に優れているため、汗ばむ季節にも穿きやすいアイテムです。

コーエン(coen)

「コーエン」はユナイテッドアローズが手掛けるカジュアルウェアブランド。アメリカ西海岸の空気感を意識したリラックススタイルを提案しています。カジュアルなデザインによってデイリーユースしやすいアイテムで人気。価格設定はリーズナブルなので、コスパを重視する方にもおすすめです。

コーエン(coen) ストレッチスキニーツイルチノクライミングジョガーパンツ

裾がリブ仕様になったスポーティーなデザインのチノパン。180°開脚できるガゼットクロッチや、片手で調節可能なベルトなどクライミングパンツのディテールを取り入れています。

足に吸い付くかのようなスキニーシルエットながら、生地にストレッチ性があるため快適な穿き心地。ランニングシューズと合わせるなど、アクティブなコーディネートがおすすめです。

コーエン(coen) タックアンクルチノパンツ

タックを入れて腰回りをゆったりと仕上げたチノパン。ウエストがゴム仕様になっているため、ストレスフリーな穿き心地を楽しめます。スピンドルなどを省いたシンプルな作りがポイント。タックインスタイルが様になるアイテムです。

裾の長さは足首を見せて軽快に着こなせるアンクル丈。カラフルな靴下を合わせたコーディネートもおすすめです。

エディフィス(EDIFICE)

「エディフィス」は、ライフスタイル全般に関心のある男性をターゲットにしたセレクトショップです。上品さや清潔感をキーワードに、エレガントで洗練されたスタイルを提案。トレンド感のあるカジュアルウェアから質の高いドレスウェアまでを幅広く取り揃えています。

エディフィス(EDIFICE) フィンクス First チノパンツ

シルクに似た光沢感が目を引く上質なコットン素材を使用したチノパン。生地は肌触りが柔らかく、着心地も良好です。

タックを2つ入れてゆったりと仕上げた腰回りがポイント。ウエストを調節できる両サイドのアジャスターがデザインのアクセントになっています。レザーシューズを合わせて品よく着こなすのがおすすめです。

エディフィス(EDIFICE) GIZA45 Golden チノパンツ

腰回りがゆったりとしたタック入りのチノパン。素材にはエジプト産の高級コットンを採用しており、上品な光沢感と柔らかな肌触りが特徴です。ストレッチ性が高く、ストレスフリーな穿き心地を楽しめます。

ベージュに染めた生地は光沢によってゴールドのように発色。コーディネートの主役として活躍します。ワイドシルエットながらもセンタープレスが入っているため、きれいめなスタイリングにマッチするアイテムです。

アダムエロペ(ADAM ET ROPE’)

「アダムエロペ」は1990年にスタートした日本のセレクトショップ。世界各国から選りすぐったインポートアイテムに加えて、豊富なオリジナルウェアを取り扱っています。スタイリッシュさとぬくもりが共存した独自のスタイルが特徴。デイリーユースしやすい着心地のよいウェアを探している方におすすめです。

アダムエロペ(ADAM ET ROPE’) フィンクスチノパンツ TYPE M-41

1941年に作られた米軍パンツを原型とする、ゆとりのあるシルエットのチノパン。コインポケットやバックポケットを両玉縁にするなど、ディテールにまでこだわって作られています。

上質なコットン糸を高密度で打ち込んだ生地は、洗い込むことで風合いが増していくのがポイント。カラーリングにはベーシックなキャメルとグリーンがかったベージュの2色が用意されています。

ジースターロゥ(G-Star RAW)

「ジースターロゥ」は1989年にオランダのアムステルダムで設立されたデニムブランド。素材や加工にこだわった独特なデザインのデニムウェアで支持を集めています。看板アイテムは立体裁断によって脚に吸い付くかのようなシルエットに仕上げたスキニージーンズです。

ジースターロゥ(G-Star RAW) Vetar スリムチノパンツ

すっきりとしたスリムシルエットを採用したチノパン。ヒップや膝の内側にシームを入れてシェイプさせることで、フィット感を高めています。

フロントポケットにダブルステッチを施すなど、縫製の丁寧さがポイント。バックには通常のポケットに加えてスマホ用のミニポケットをあしらっています。Tシャツやスニーカーを使ったカジュアルコーデで重宝するアイテムです。

チノパンのおすすめコーデ

チノパンをモノトーンコーデで大人っぽく着こなす

By: wear.jp

Tシャツの上から5分丈のシャツを羽織ったレイヤードスタイル。ゆったりめなシルエットのアイテムを選択することで、リラックスした雰囲気を演出しています。

ボトムスはブラックのチノパン。全身のカラーリングをモノトーンでまとめて、カジュアルながらも品のあるコーディネートを完成させています。

ベージュのチノパンで主役のトップスを引き立てる

By: wear.jp

全体に柄があしらわれた半袖シャツを主役にしたコーディネート。ベーシックなベージュのチノパンを合わせて、トップスを引き立てています。

足元は軽やかなスリッポンに、カジュアルになりすぎないようホワイトのソックスをチョイス。スタイリングをトーンダウンするため、シューズは落ち着きのあるネイビーを選択しています。

チノパンを使ったシンプルスタイル

By: wear.jp

ビッグシルエットのTシャツとチノパンをシンプルに合わせたカジュアルコーデ。トップスがゆったりとしているため、アンクル丈のボトムスでバランスをとっています。

足元にはブラックのローファーを選択することで、カジュアルすぎず品のあるスタイリングが完成。ソックスとトップスをホワイトで統一して、こなれ感を演出しています。

チノパンでジャケットスタイルをカジュアルダウン

By: wear.jp

ジャケットを着用したきれいめコーデです。インナーにTシャツ、ボトムスにチノパンを選択することで、スタイリングをほどよくカジュアルダウン。

Tシャツをチノパンにタックインしているのもポイントです。ウエストから垂れ下がったナイロンベルトや、首に巻いたスカーフが着こなしのアクセントになっています。