男らしい着こなしがキマるアウターとして、長きに渡りメンズから支持され続けているレザージャケット。革の種類によって質感や機能性が異なるため、デザインはもちろん、素材の違いにもこだわって選びたいアイテムです。

今回は、レザージャケットのおすすめブランドと人気モデルを厳選してご紹介します。着こなしの際に気をつけたいポイントや、お手本となるコーディネートもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

レザージャケットの選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

レザージャケットを選ぶ上で、最もこだわりたいのが素材。質感や丈夫さが革の種類によって大きく異なるため、それぞれの違いを把握しておきましょう。

まず、レザージャケットに使われることの多い素材が牛革と羊革です。牛革は最もスタンダードなレザーで、丈夫さが魅力。羊革は牛革に比べると耐久性で劣るものの、軽く柔らかいのがメリットです。特に生後1年以内の子羊から取れるラムレザーは肌触りもよく、希少な素材として知られています。

また、牛革や羊革の他にレザージャケットの素材として使われやすいのは、馬や山羊の革です。馬革の表面はきめ細やかでしなやかな質感が特長。山羊革の表面は特徴的な凹凸を持ち、耐摩耗性に優れています。

形で選ぶ

レザージャケットの形状は、前立ての作りの違いでシングル、ダブルの2種類に分けられます。外観の印象を大きく左右する部分なので、自分のファッションスタイルに合わせやすい形のモノをチョイスしましょう。

ダブルタイプ

By: amazon.co.jp

前立てが二重になっているダブルタイプのレザージャケットは、インパクトが強く男らしい印象を与えます。存在感があるので、サッと羽織るだけでシンプルなインナー、ボトムスの組み合わせでも様になるのが魅力。

レザージャケットの武骨さ、重厚感をより味わいたい方におすすめです。

シングルタイプ

By: amazon.co.jp

着回し力を重視するなら、ハードすぎない印象のシングルタイプがおすすめ。きれいめアイテムとの相性もよく、幅広いコーディネートで活躍します。

レザージャケットは厳つい雰囲気が強く、コーデに投入するのが難しそうと感じている方は、ぜひシングルタイプからチャレンジしてみてください。

カラーで選ぶ

By: rakuten.co.jp

レザージャケットの王道カラーといえば、やはりブラック。レザーの質感と色彩効果が相まって、コーデ全体の印象を引き締めてくれます。コーデへの汎用性も高いので、1着持っておくと便利です。

ブラックが圧倒的な人気を占めているので、他のカラーをチョイスすれば差別化を図ることが可能。使い回しやすさと新鮮さの両立を考えるなら、ブラウンがおすすめです。

2着目として変化のあるアイテムを探している方や、個性的な着こなしを好む方はベージュ、カーキ、レッドなどのカラーも検討してみてください。

レザージャケットおすすめブランド

ディーゼル(DIESEL)

創業者レンツォ・ロッソにより、1978年に設立された「ディーゼル」。エッジの効いたファッションアイテムを展開する、イタリアのラグジュアリーブランドです。レザージャケットも個性的なモノが揃っているため、インパクトのあるアイテムを探している方はぜひチェックしてみてください。

ディーゼル(DIESEL) L-RUSH JACKET

柔らかさと軽さが魅力のラムレザーを採用したレザージャケットです。コンパクトなシルエットで、前を閉めて着用するのもおすすめ。フロントのジップを閉めると前立てによりジップが見えなくなるため、よりスッキリとした着こなしが可能です。

そして、シンプルなフロントのデザインとは裏腹に、背面には凝ったディテールが満載。襟裏にはディーゼルのデニムポケットに施される「イーグルステッチ」のデザインを採用しています。スマートな印象ながら、さりげなく個性をアピールできるおしゃれな1着です。

ディーゼル(DIESEL) L-TECH JACKET

フードが付いたスポーティなデザインが新鮮なレザージャケットです。フロントやポケット部分に施されたサーモテープが、ほどよいアクセントに。ソフトな質感かつ、とても軽いシープスキンを採用することにより、動きやすさもプラスされています。

また、取り外し可能なブランドロゴ入りビッグプラーが付属しているのも本製品の特徴。フロントジップに取り付ければ、コーデのワンポイントとして活躍します。デニムを合わせるもよし、ジョガーパンツでスポーティに着こなすもよしと、コーデを考えるのが楽しくなるアイテムです。

ナノ・ユニバース(nano・universe)

「ナノ・ユニバース」は、洗練されたファッションアイテムが揃うセレクトショップです。インポートアイテムの他、ブランドのオリジナルアイテムを多数展開しており、有名メーカーへ別注したこだわりの製品も人気。トレンド感のあるメンズファッションを目指す方は、特に要チェックのブランドです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) オイルドレザー セミダブル ライダース

しっとりとした質感が魅力のオイルドレザーを採用したレザージャケットです。レザーにウォッシュ加工を施すことで、ヴィンテージ感を演出。着用したての頃から、こなれ感のある雰囲気を楽しめます。

また、裏地には保温性に優れた「サーモライト中綿」入りの生地が使われており、暖かく着用できるのも嬉しいポイント。インナーの合わせ方次第で、冬用アウターとしても活躍します。ブラックのジップを採用するなど、ディテールへのこだわりも感じられる1着です。

ショット(Schott)

ライダースジャケットの定番ブランドとして、長年に渡り絶大な支持を得る「ショット」。ボタン仕様が当たり前だった時代に、フロントジップを採用したライダースジャケットを発表し注目を集めました。長く愛用できる本格派レザージャケットを探すなら、まずはチェックしておきたいブランドです。

ショット(Schott) ワンスター トール ライダース レザージャケット

ショットを代表する人気モデル「ワンスター」の丈を長めに設計し、現代的な着こなしに合わせやすいフォルムへと進化した1着。肩幅も絞ってあり、スタイリッシュなシルエットに仕上がっています。ワンスターを象徴するディテールであるエポレットのひとつ星はもちろん健在です。

素材には、タフさが特長の、生後2年を経過した牛の革であるステアハイドを採用。また、大きなバックルなどのパーツに至るまで、ワンスターの仕様を忠実に再現している点も魅力的です。ロックで武骨な雰囲気を存分に味わえる逸品です。

ショット(Schott) クラシック レーサー ジャケット

クラシックレーサーシリーズのレザージャケットを復刻したおすすめモデル。スポーティな雰囲気を醸し出す袖の2本ラインが特徴です。首元のベルトもデザインのアクセントとなっており、フロントジップ、ベルトの両方を閉めればよりクールな印象で着こなせます。

そして、デザインだけでなく機能性に優れているのも魅力的。背面には運動性を高めるアクションプリーツが施され、脇下には通気性を考慮したハトメ穴があります。カラーバリエーションが豊富なので、ぜひお気に入りカラーの1着を探してみてください。

ビームス(BEAMS)

「ビームス」は1976年に設立されたメンズファッションブランドです。コンセプトは「BASIC & EXCITING」。普段の着こなしに取り入れやすいカジュアルアイテムが多く揃います。レザージャケットは現代的な着こなしにハマるモノばかりで、コーディネートに自信がない方でもトライしやすくおすすめです。

ビームス(BEAMS) レザー シングルライダース ジャケット

シンプルに徹した潔いデザインでスッキリと着こなせる、シングルタイプのレザージャケット。着回しやすさが魅力で、カジュアルからきれいめまで幅広く活躍します。シープスキンを採用しているため、着心地も柔らかです。

フロントにはダブルジップを採用。インナーの見せ方に変化を付けられるほか、着席時に窮屈さを軽減でき、実用的な面でも嬉しい仕様です。初めてレザージャケットにトライする方にもおすすめのアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

ビームス(BEAMS) NEW STANDARD ワイド ライダースジャケット

ビームスがWEB限定で展開する「NEW STANDARD」シリーズのレザージャケットです。トレンド要素を取り入れたデザインが特徴で、裾、袖のジップの引き手にはレザーフリンジを採用。ゆったりとしたルーズなシルエットも、今っぽい着こなしを実現するポイントです。

また、フロントジップには丸型の引き手を採用することで、手袋やグローブをしたままでも着脱しやすい仕様に。そして、デザイン面、機能面ともにこだわられた1着ながら、3万円台とリーズナブルなのも魅力的です。

アヴィレックス(AVIREX)

1975年、創業者であるジェフ・クライマンにより設立された「アヴィレックス」。米国空軍の細やかな規定や厳しい品質基準を満たすウェアを作り出し、数多くのアイテムを納品してきた本格派ミリタリーブランドです。武骨で男らしいデザインはもちろん、優れた機能性も兼備したレザージャケットが揃います。

アヴィレックス(AVIREX) U.S.A.F. 70th ANNIV NONSTRESS LEATHER JACKET

アメリカ空軍の創立70周年を記念して製造された、特別感のあるレザージャケット。胸と肩にあしらわれたワッペンが、メンズのおしゃれ心をくすぐります。背面はシンプルなデザインで、ハードすぎる印象なく着こなせるのもおすすめポイントです。

そして、特筆すべきは軽量性と動きやすさ。軽く、薄いラムレザーを採用している他、パーツも軽量性を重視して選定されています。「ノンストレス」という製品名の通り、レザーの重量感が苦手な方でもストレスなく着用できる1着です。

ギルドプライム(GUILD PRIME)

「ギルドプライム」は、株式会社三陽商会が展開するセレクトショップ。ラグジュアリーなハイブランドのほか、手が出しやすいリーズナブルなブランドまで幅広く取り扱っています。オリジナルブランドに力を入れているのも特徴で、レザージャケットは黒以外のカラーも充実しているのでぜひチェックしてみてください。

ギルドプライム(GUILD PRIME) ブラウンレザーライダース

落ち着きのあるブラウンレザーの色味が魅力的な1着。ベジタブルタンニンなめしのレザーを採用しているため、着込むほどに深い色合いへと変化していきます。また、ドラムウォッシュ加工により着用したての頃からこなれ感のある風合いを楽しめるのも特徴です。

全体的にスリムなシルエットで、きれいめな着こなしにも対応可能。フロントジップには滑らかな使用感に定評のある「エクセラファスナー」を採用するなど、パーツの1つ1つにもこだわりが感じられます。感度の高いおしゃれな男性にこそおすすめしたいレザージャケットです。

ギルドプライム(GUILD PRIME) カラーレザーアビエイター

他ブランドではなかなか見かけることのない、優しい色味のレザーを使ったおすすめアイテム。きめの細かいラムレザーが、クリーンな印象を強調しています。ピンク、グレーの2色展開で、どちらもワードローブに新鮮さをプラスするカラーとして最適です。

また、遊び心溢れるディテールも注目ポイント。裏地にモノグラム柄の生地を採用したり、襟と裾部分にカラーリブニットを配して素材感の違いを際立たせたりと、オリジナリティー満載です。細身パンツやスラックスと相性がよく、きれいめアイテムでまとめたコーデにも難なく調和します。

レザージャケットの着こなしポイント

By: rakuten.co.jp

武骨な雰囲気が魅力のレザージャケット。とことんワイルドに攻めるのもアリですが、普段の着こなしとしてはキメすぎ感が出てしまうこともあります。スマートな着こなしを目指すなら、コーデの中にリラックス感やきれいめ要素を持つアイテムを合わせ、ハードすぎない印象にまとめるのがおすすめです。

また、定番の黒レザージャケットは汎用性に優れている反面、重々しいコーデになりがち。秋や春の着こなしでは、インナーやボトムスにベージュなど優しく、明るめのカラーを入れて重さを軽減するのがおすすめです。更にアンクル丈のパンツをチョイスしたり、裾をロールアップしたりと足元に抜け感を出すことでより軽快なコーデが完成します。

レザージャケットのおすすめコーデ

キメすぎ感のないお手本モノトーンコーデ

By: wear.jp

シンプルなシングルタイプのレザージャケットをサラリと着こなしたコーディネートです。モノトーンでまとめるとキメすぎ感が出てしまうこともありますが、スポーティなジョガーパンツとスニーカーを投入することでほどよくリラックス感のあるスタイリングに。

インナーの白をのぞかせてコーデにメリハリを出しているのも注目ポイントです。

男らしさとクリーンさを両立

By: wear.jp

ブラウンのレザージャケットは、武骨な雰囲気を醸し出しつつも尖った印象にならない優秀アイテム。インナーにきれいめカラーのニットを合わせれば、男らしさとクリーンさが融合した好感度高めのスタイリングが可能です。

デニムとスエードブーツはカジュアル色の強いアイテムですが、スッキリとしたシルエットのモノを選ぶことで大人らしいバランスにまとまっています。

黒スキニーで作るスタイリッシュコーデ

By: wear.jp

どっしりとした重厚感のある武骨なレザージャケットに、黒スキニーを合わせてスタイリッシュに仕上げたお手本コーディネート。インナーには華やかな柄シャツをチョイスし、重々しさを軽減しています。

また、レザージャケットのややルーズなシルエットを考慮し、シャツをインしてラフすぎる印象にならないよう仕上げているのも参考にしたいポイントです。

レザージャケットを上品に着こなす

By: wear.jp

ストライプシャツやテーパードシルエットのパンツなどきれいめアイテムを組み合わせ、レザージャケットを上品に着こなしたコーディネートです。

ボトムスに柔らかなブラウンカラーのアイテムを入れて、かつロールアップで足元に抜け感を出しているので重々しさがありません。レザージャケットを着こなすバリエーションの1つとして、ぜひ参考にしてみてください。

マフラーと合わせれば新鮮な秋冬コーデが完成

By: wear.jp

ハードな印象の強いダブルタイプのレザージャケットですが、マフラーなどの巻き物と合わせればほどよくマイルドな表情に。カジュアルアイテムときれいめアイテムのバランスも絶妙で、都会的なコーディネートに仕上がっています。

適度なリラックス感もあり、大人の休日スタイルにおすすめのコーデです。

大人の魅力漂うレザージャケットコーデを参考に

By: wear.jp

大人の男性がレザージャケットを着こなす際のお手本となるような、重厚感と品の良さが共存したコーディネートです。ベスト、ニットタイ、テーパードシルエットのスラックスなどのきれいめアイテムでまとめているので、レザージャケットの存在感が光ります。

タイトすぎず、かつルーズすぎないレザージャケットのシルエットも、大人らしい着こなしのポイントです。