ファッションアイテムにおいて、武骨でワイルドなコーデに仕上がる「レザージャケット」。良質な素材を採用しているモデルであれば、長く愛用できるだけでなく、着続けることで感じられる深い味わいも楽しむことができます。

そこで、今回はレザージャケットのおすすめアイテムをブランド別にご紹介。また、参考となるコーデもピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

レザージャケットのおすすめブランド
メゾン・マルジェラ(Maison Margiela)

1988年にパリで設立したファッションブランド。ウィメンズ・メンズウェアをはじめとして、シューズ、アクセサリー、フレグランスなどをラインナップしています。衣類の再構築、再定義をコンセプトにした独自のコンセプチュアルな世界観が魅力です。

ブランド名を記す代わりに、数字を列挙し該当のレーベルラインの番号を丸で囲むというユニークなタグもポイント。

メゾン・マルジェラ(Maison Margiela) シングルレザーライダースジャケット

八の字型にあしらわれたジップファスナーがポイントのシングルライダース。キメ細やかな羊革を採用したことによる柔らかい着用感が魅力です。ライニングがキルティング仕上げなので保温性もバッチリ。

カラーラインナップはブラックとライトブラウンの2色です。男らしくまとめたい方にはブラックがおすすめ。デニムと合わせてよりカジュアルに着用したい方はライトブラウンを選択してみてください。

ジョルジオブラット(GIORGIO BRATO)

イタリアの革職人の家系に生まれたジョルジオブラットが2003年にスタートしたブランドです。レザーアイテムが中心のメンズ・ウィメンズウェアやバッグで定評があります。また、レザー職人として培った技術を活かしたフォルムや染色による、独自のヴィンテージテイストが魅力です。

樹脂や植物を利用したレザータンニングを施しているのもポイント。使い込むごとに味わいが増してやわらかくなるという性質によって高く評価されています。

ジョルジオブラット(GIORGIO BRATO) レザージャケット

ところどころに当てられたツギハギや製品洗いによる独特な表情が魅力のレザージャケットです。タイトなシルエットに特徴があり、肌にピタリと馴染むアームの着心地は他にはない仕上がりとなっています。

ジップファスナーまでオールブラックで統一して、メンズライクなデザインを完成させているのもポイント。ジャケットを着用するだけでコーデがキマるレザージャケットをお探しの方におすすめです。

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)

ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナによって1985年に設立されたイタリアのファッションブランドです。ウェアだけでなくバッグやシューズ、財布やベルトといったアクセサリーなどもつくっています。

シチリアの強い女性をインスピレーションにしたセクシーなデザインが特長。アニマル系のプリント柄やフォークロア調のデザインアレンジ、クラッシュ加工など型にとらわれないスタイルで支持を集めています。

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA) 中綿入りレザージャケット

ジップアップパーカーのスポーティな印象とラムレザーのラグジュアリーな質感をミックスしたレザージャケットです。中綿が入っているので防寒性は抜群。袖口や裾が肉厚のリブ仕上げになっており、しっかりホールドできるのもうれしいポイントです。

スポーティーな印象を持ちつつも高級感のある仕上がりで、シックなカジュアルスタイルに最適。

ディーゼル(DIESEL)

イタリアのカジュアルファッションブランド、ディーゼル。既存の流行ではなく、独自の斬新なデザインを追い続けているのが魅力です。素材選びや裁縫技術といった衣服の基本に重点をおきながら、ディテールにまでこだわった服作りが特長。

また、高品質で種類も豊富にラインナップされているデニムパンツや、インパクトのあるプリントTシャツは世界中で人気を獲得しています。

ディーゼル(DIESEL) レザーブルゾン L-FERGUSON

ハードな質感のカウハイドレザーを採用したメンズライクなレザージャケットです。定番のシングルライダースデザインにレザーの切り返し、背面のベルト、ネック部のジップファスナーといったディーゼルらしい工夫が凝らされています。

ライニングが付いており、つっぱり感のない快適な着心地が魅力。無骨さとカジュアルさが程よくブレンドされたことによる、汎用性の高さがおすすめポイントです。

ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)

ミラノの百貨店のバイヤーだったジョルジオ・アルマーニがデザイナーに転身した後に立ち上げたイタリアのラグジュアリーブランドです。完璧主義者として知られるアルマーニ氏の哲学を反映した、クオリティの高いウェアやアクセサリーで人気を博しています。

ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI) レザーブルゾン

ラムレザー、ニット、シアリングムートンの異素材を巧みに組み合わせたレザージャケットです。ウロコのようなパターン柄を敷き詰めたボリューム感ある前身頃と厚手ニットのスリーブの切り返しによってデザインに立体感が生まれています。

レザージャケット自体の存在感をしっかりと感じられる、ルックスに一捻りが加えられた個性的なモノをお探しの方におすすめです。

バルスター(VALSTAR)

1911年、イギリスの企業がミラノにトレンチコート工場を創設したことがバルスターの始まり。製品は全てイタリア国内で生産し、最高級品質の生地を採用しています。

「バルスターブルゾン」というスポーツジャケットラインは、1970年に若者を中心に大流行し、親から子へと受け継がれていました。また、袖口と襟のリブ、ショートな丈感、インパクトのあるサイドポケットのデザインは販売当初から現在まで受け継がれています。

バルスター(VALSTAR) レザーブルゾン

上質なヌバックレザーによるやわらかさが特長。袖口や裾がリブ仕上げになっており、フィット感のある着心地が魅力です。カジュアルなデザインながらもレザーの質感にこだわっているので高級感があります。

さまざまなコーデに合わせやすく、デニムはもちろんチノパンにも合わせやすいです。また、スーツスタイルと合わせてもおしゃれにキマります。

レザージャケットの着こなし

スポーティーなレザージャケットが主役のコーデ

By: wear.jp

スポーティーなデザインのレザージャケットと、ゆったりとしたトップスとパンツ、ニットの帽子をあわせたラフな印象のコーデ。黄色のスニーカーを合わせることで暗くなりすぎず、ややポップな印象をプラスしているのがポイントです。

レザージャケットを軸にしたオールブラックコーデ

By: wear.jp

レザージャケットをシンプルなトップス、パンツ、シューズに合わせたコーデです。全てのアイテムをブラックで統一してスタイリッシュさを強調しているのがポイント。ボリュームのあるパンツに対してレザージャケットとトッ>プスの丈を揃えて全体のバランスを整えています。

レザージャケット使ったドレッシー感のあるコーデ

By: wear.jp

シャツ、スラックス、レザーシューズを用いたドレッシーなコーデのアウターにレザージャケットを選択しています。カラーリングをモノトーンでまとめているのがポイント。レザージャケットを上品に着こなしたい方におすすめしたいコーデです。