秋冬のアウターとして、多くのメンズから人気を集めるライダースジャケット。シンプルなコーデにサッと羽織るだけでおしゃれにキマる優秀なアイテムです。形、素材によりさまざまなバリエーションがあり、自分にぴったりのモノを選ぶ楽しさもあります。

今回は、ライダースジャケットに定評のある人気ブランドを一挙にご紹介。それぞれのおすすめモデルもまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

ライダースジャケットとは?

By: amazon.co.jp

今やおしゃれなメンズファッションの代表アイテムと言えるほどに定着したライダースジャケット。その名の通り、バイクを乗りこなすライダー達に愛されてきたアイテムです。1930年代に、バイクメーカーがその存在を一般に広めたと言われています。

最近はその人気ぶりゆえにさまざまな素材のアイテムが展開されていますが、ライダースジャケットの基本素材はレザー。レザーならではの重厚感と、ショート丈のスッキリとしたフォルムが特徴です。

上質な革を採用したライダースジャケットは、タフで高い防風性を備えるなど機能面にも多くのメリットがあります。

ライダースジャケットの選び方

ライダースジャケットの種類で選ぶ

ライダースジャケットは、前立ての作りによって「シングル」と「ダブル」の2種類に分けられます。同じライダースジャケットといえども、シングルライダースとダブルライダースでは与える印象が大きく異なるので、自分の着こなしに合った方を選びましょう。

スマートな印象で着まわしやすいシングルライダース

By: rakuten.co.jp

シングルライダースは前立てが1重の作りで、スッキリとしたデザインが魅力。きれいめの着こなしにも合わせやすく、ライダースジャケットを取り入れたコーディネートにチャレンジしたいという方の1枚目としてもおすすめです。

重厚感を出したいときに活躍するダブルライダース

By: rakuten.co.jp

ライダースジャケットのロックな雰囲気をまといたい方や、無骨で男らしい着こなしを好む方にはダブルライダースがおすすめ。存在感があるため、シンプルなインナーにオンするだけでコーディネートがキマります。

革の種類と特徴で選ぶ

現在ではさまざまな素材のライダースジャケットがリリースされているものの、やはり注目したいのは定番のレザーを採用したアイテム。長年愛用することで何ともいえない味わいが出てきます。革の種類により質感や丈夫さに大きな違いがあるので、主要なレザーの特徴を把握しておきましょう。

牛革(カウハイド・カーフスキン)

By: rakuten.co.jp

レザーの中でも、最もポピュラーな素材である牛革。牛の年齢や性別により革の呼称が異なります。「カウハイド」は生後2年以上で、出産を経験した雌牛の革。成牛の革のためやや厚みがあり丈夫なのが特徴です。

「カーフスキン」は生後6ヶ月以内の仔牛の革で、キメ細やかな質感が魅力。更にキズが少なく、柔らかいという特徴もあり、牛革の中でも特に高級とされる素材です。牛革には、他にもステアハイド、キップなどの種類があります。

羊革(シープスキン・ラムスキン)

By: amazon.co.jp

羊革の種類は大きく分けて2種類。生後1年以上の羊の革は「シープスキン」、生後1年以内だと「ラムスキン」と呼ばれます。羊革は牛革と比べると強度こそ劣るものの、総じて柔らかく、軽いのが特徴です。特にラムスキンは優しい肌触りが魅力で、希少な高級素材として知られています。

山羊革(ゴートスキン)

By: rakuten.co.jp

山羊革の最大の特徴は、独特のシボ感。凹凸のある革の質感で、個性豊かな革製品ができ上がります。軽く柔らかい上に、耐摩耗性にも優れたバランスのよい素材です。大人の山羊革は「ゴートスキン」、子どもの山羊から取れる革は「キッドスキン」と呼ばれます。

馬革(ホースハイド)

By: rakuten.co.jp

ホースハイドは柔軟性が魅力で、「しなやか」という表現がしっくりハマる革です。昔からジャケットなどのアウターによく使用されています。美しい経年変化を楽しめるのも特徴で、長年使い込むことでより魅力が増す素材です。

コーデに合わせて色を選ぶ

By: amazon.co.jp

ライダースジャケットをコーディネートに取り入れる上で、どのカラーのアイテムをチョイスするかは着こなしやすさを左右する重要なポイント。1つのアイテムを長く使う予定であれば、より慎重にカラー選びをしたいところです。

コーデのスタイルを選ばず、万能に使えるのはやはりブラックのライダースジャケット。特に初めてライダースジャケットを購入する場合には、ブラックを選んでおけば着回しで悩むこともなくおすすめです。

コーディネートで周りと差を付けたい方や、2枚目として選ぶならブラウンやネイビーなどのカラーもおすすめ。ブラウンはカジュアル、ネイビーならきれいめの着こなしに合います。

ジャストサイズを選ぶ

By: rakuten.co.jp

野暮ったい印象を払拭するため、ライダースジャケットはジャストサイズを選ぶのがポイント。特に着心地、シルエットに大きく関わる肩幅のサイズはしっかりチェックしてみてください。また、着丈が極端に短いライダースジャケットはコーディネートのバランスが取りにくいので注意が必要です。

ライダースジャケットのおすすめメンズブランド

ショット(Schott)

「ショット」は、1913年にニューヨークで誕生。現在では当たり前となったフロントジッパータイプのライダースジャケットを初めて発表したブランドです。その後、不動の定番モデルとなる「ワンスター」の発表によって更に人気が加速しました。ライダースジャケットを購入するならまずチェックしておきたいブランドです。

ショット(Schott) シングルレザーライダースジャケット 641XX 60s 7009

1960年代の名作「641」を現代風に復刻したシングルライダースジャケット。質の高いカウハイドをシンプルなデザインで仕上げ、オーセンティックな雰囲気が完成しています。

実際にバイクに乗ることを想定した仕様で、ショルダー部分のアクションプリーツが快適なライディングフォームをサポート。フロントジッパーの内側には風の侵入を防ぐフラップがあしらわれており、防寒性もバッチリです。

バンソン(VANSON)

男らしいハードなデザインのライダースジャケットが揃う「バンソン」。1974年にアメリカ・マサチューセッツで設立されたレザーウェアブランドです。最大の特徴は、職人によるハンドメイドの生産を貫いていること。膨大な工程を経て完成する本格派ライダースジャケットは、世界中のファンを魅了しています。

バンソン(VANSON) スタンドカラーシングルライダースジャケット B

バンソンの定番品として多くの愛好家を生んでいるライダースジャケット「B」。着込むほどに肌に馴染んでいく厚手の牛革は優れた耐久性を誇ります。

ジッパーなどに使用しているのはブランドオリジナルのゴールドメタルで、ブラックレザーと相性抜群。裏地には着脱可能なフリースが付属しており、温度調節は簡単です。

ルイスレザー(Lewis Leathers)

「ルイスレザー」は、イギリスの老舗レザーウェアブランド。1930年代から徐々にライダー達に浸透し、1950年代にはレースのトップライダーがこぞってルイスレザーのジャケットを着用したことから一気に人気が高まりました。スタイリッシュなライダースジャケットは多くのアーティストからも絶大な支持を得ています。

ルイスレザー(Lewis Leathers) ダブルライダースジャケット No.391 タイトフィット ライトニング

1960年から生産されているルイスレザーの定番ライダース「No.391」のタイトフィットモデル。着丈を長めに、アームホールを細めに設定し、タウンユースがしやすいように仕上げられています。

左袖のチケットポケット、レッドのキルティングであしらわれた裏地といったイギリスブランドならではのディテールがポイントです。

ジェームス・グロース(JAMES GROSE)

イギリスのレザーウェアブランド「ジェームス・グロース」がスタートしたのは1876年。1971年に不況の波を受け一度ブランドの歴史に幕を下ろしたものの、2015年に復活を遂げました。クラシックなライダースジャケットのディテールはそのままに、現代でも着こなしやすい細身シルエットに仕上げたアイテムが揃います。

ジェームス・グロース(JAMES GROSE) シングルライダースジャケット Shearling ナッパ

厚手ながらもしなやかな着心地が特徴の羊革を使用したシングルライダースジャケット。襟や袖から顔を覗かせるボア状の裏地は肌触りがよく、優れた保温力が魅力です。

装飾は腰のファスナーポケットのみでデザインはいたってシンプル。ブルゾン感覚で気軽に着用できるアウターを探している方におすすめします。

アヴィレックス(AVIREX)

「アヴィレックス」は、1975年に誕生したアメリカのミリタリーブランド。アメリカ空軍向けに、厳しい規定を満たす製品を作り続けてきた本格派ブランドです。クラシカルな雰囲気をまとった高機能フライトジャケットが人気で、そのノウハウはライダースジャケットにも受け継がれています。

アヴィレックス(AVIREX) ラムスキンパッチドシングルライダースジャケット 6161057

しっとりとした柔らかなラムスキンが魅力のシングルライダースジャケット。随所にあしらわれたワッペンがアヴィレックスらしいミリタリーテイストを演出しています。

デザインのアクセントは、フロントのダブルジッパーやストラップで留める仕様のネック。デニムやワークパンツを合わせてカジュアルに着こなすのがおすすめのアイテムです。

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE)

「ミスター・オリーブ」は、2003年に設立された日本のメンズファッションブランドです。ルーツとなっているのは「ヨーロッパに強く憧れた1960〜80年代のアメリカ」。普段の着こなしに取り入れやすいリアルクロージングファッションを提案しています。

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) ヘアシープレザーシングルライダースジャケット

素材に柔軟性と強度を併せ持ったヘアーシープを採用している、ミスター・オリーブのライダースジャケット。スラリとしたシルエットのシングルタイプで、フロントジップの横にレイアウトされたポケットが抜け感を演出しています。

定番のブラックに加え、カーキがかったブラウンの2色展開。ベジタブルタンニン鞣しで仕上げられた本革は着込むごとに味わい深いエイジングが楽しめます。

セヴシグ(SEVESKIG)

「セヴシグ」は2012年に設立した日本の新鋭ファッションブランドです。テーラリングをベースにした構築的なコレクションは「ありそうでないもの」がコンセプト。革職人の技術にデザインや加工で遊び心を加えたアイテムで親しまれています。

セヴシグ(SEVESKIG) エクストラストレッチレザーダブルライダースジャケット JK-SV-HA-1001

一部の素材に鹿革のストレッチレザーを使用したユニークなライダースジャケット。袖の地の目を変えるなど、動きやすさを追求しているのでストレスなく着用できます。

身頃の裏地にはヴィンテージスカーフをモチーフにしたオリジナル素材を採用。クオリティの高い日本製アイテムを探している方におすすめします。

ダブルジェーケー(wjk)

2004年にスタートした日本のファッションブランド。「wjk」は好きなアルファベットを適当に並べたもので、ブランド名からイメージを決められたくないというデザイナーの考えが反映されています。ベーシックなデザインをタイトなシルエットに落とし込んだ、洗練されたコレクションが特徴です。

ダブルジェーケー(wjk) スタンドカラーシングルライダースジャケット 2925 lc42k

ファスナーが開いていても自立するように芯を持たせ、スタンドカラーで男らしい着こなしが楽しめる「ダブルジェーケー」のライダースジャケット。上質な日本国産原皮を水染め、素上げで仕上げ、革本来の雰囲気を引き出しています。

身頃裏にファー、袖には高機能中綿のシンサレートが入っているので保温力はバッチリ。イタリア製のジップが演出する高級感が魅力です。

ナノ・ユニバース(nano・universe)

「ナノ・ユニバース」は「時代の1歩先を見つめて進化し続ける」ことをコンセプトにしたセレクトショップ。ヨーロピアントラディショナルにトレンド要素を加えたオリジナルウェアを展開しています。キレイめのスタイリングを楽しみたい方におすすめのブランドです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) オイルドレザーセミダブルライダース

ウォッシュ加工が施された、風合い豊かなオイルドレザーのセミダブルライダースジャケット。素材には柔らかな羊革を選択しており、優れたフィット感が堪能できます。

ジップまでブラックで統一し、スマートな印象を演出。サーモライト中綿が入っているので、冬のアウターとしても活躍してくれます。

ディーゼル(DIESEL)

1978年に設立した「ディーゼル」はイタリアを代表するカジュアルウェアブランドです。さまざまな加工が施されたデニムを中心に、個性的なデザインのアイテムを数多く生産。素材選びや縫製技術に力を入れているので、クオリティの面でも信頼がおけます。

ディーゼル(DIESEL) ダブルライダースジャケット L-INGRAN

柔らかなシープスキンをメタリックカラーに色染めした、ディーゼルらしいユニークなダブルライダースジャケット。高級感のあるたたずまいが魅力です。

デザインのアクセントは、斜めのジップであしらわれた胸元のポケット。ダメージデニムをはじめとするラフなボトムスと相性抜群です。

ジョルジオブラット(GIORGIO BRATO)

「ジョルジオブラット」はレザー職人として約20年のキャリアを積んだデザイナーが立ち上げたイタリアのファッションブランドです。優れた技術力に支えられたヴィンテージテイストが特徴。中でも天然素材を用いたベジタブルタンニングによるナチュラルな風合いは高く評価されています。

ジョルジオブラット(GIORGIO BRATO) シングルライダースジャケット

キメ細やかなレザーを使用したジョルジオブラットのシングルライダースジャケット。ウォッシュ加工によるシワやアタリがこなれた雰囲気を演出しています。

スリムシルエットながらも動きやすく、ストレスのない着心地も魅力。スタイリッシュなスタイリングを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

グラム(glamb)

2003年にスタートした日本のファッションブランド「グラム」。グランジロックを基調に、ワークやトラッドといった幅広いスタイルを取り込んだコレクションを展開しています。国内外のアパレル、ファクトリー、アーティストとのコラボレーションにも積極的なブランドです。

グラム(glamb) シングルライダースジャケット Rosso riders

襟付きのシングルライダースをベースに、袖にGジャンを思わせるスナップボタンをあしらうなど独自のこだわりを加えた「ロッソライダース」。フロントファスナーを覆う前立てがデザインのアクセントです。

ラムレザーをシュリンク加工で縮ませることにより、重厚感のあるたたずまいが完成。一風変わったライダースジャケットを探している方におすすめします。

ギルドプライム(GUILD PRIME)

「ギルドプライム」は高感度なクリエイティブブランドを取り揃えるセレクトショップ「ラブレス」の姉妹店です。コンセプトは「モードとカジュアルの融合」。国内外の気鋭ブランドからのセレクトアイテムはもちろん、デイリーユースしやすいオリジナルウェアも充実しています。

ギルドプライム(GUILD PRIME) レザーシングルライダースジャケット

「ギルドプライム」のシングルライダースジャケットはタイトなウエストラインによるコンパクトなシルエットが特徴。スキニーデニムからワイドパンツまで、合わせるボトムスを選ばずに幅広いコーディネートが楽しめます。

素材にはナチュラルな風合いのラムレザーを採用。レザーの劣化を防ぐために襟元をポリエステル素材のリブ仕様にするなど、ディテールにまでこだわり抜かれています。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

「都会に生きる自分らしい人々」に向けて洗練されたライフスタイルを提案するセレクトショップ。カジュアルテイストをベースに、世界中からデイリーウェアや雑貨を幅広く取り揃えています。クオリティの高いベーシックアイテムを探している方におすすめのブランドです。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) ラムレザーシングルライダースジャケット RE.MATE

レザー専門の工場で丹念に鞣されたベジタブルタンニンのラムレザーを使用したシングルライダースジャケット。縫製後に施された製品洗いによって革の質感が際立っています。

着丈はやや長めの設定で、さまざまなコーディネートで活躍する汎用性の高さがポイント。ワードローブに加えれば秋冬に重宝するアイテムです。

ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH)

日本を代表するセレクトショップ「ユナイテッドアローズ」が手がけるストアブランド。国内外で取り揃えたカジュアルからフォーマルまでの幅広いスタイルのアイテムに加え、コストパフォーマンスに優れたオリジナルウェアを展開しています。

ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH) by フェイクムートン ボアライダースジャケット

スエードタッチで仕上げたポリエステル生地にボアを張り合わせた、暖かみのある素材感が魅力のダブルライダースジャケット。身幅と袖にゆとりを持たせたオーバーサイズシルエットで、秋冬のアウターとして活躍してくれます。

ブラックにカジュアルな雰囲気のベージュを加えた2色展開。細身のボトムスと合わせた着こなしがおすすめです。

シップス(SHIPS)

日本を代表するセレクトショップのひとつである「シップス」は、トラディナルなスタイルにトレンド要素を加えた「STYLISH STANDARD」がコンセプト。世界中から選りすぐられたセレクトアイテム、ブランド自慢のオリジナルアイテムはいずれも落ち着きのあるテイストが魅力です。

シップス(SHIPS) SU: シープレザーシングルライダースジャケット

シップスのシングルライダースジャケットはきめ細やかなシープレザーを採用。光沢を抑えたマットな質感が特徴で、着込むほどに身体に馴染み、経年変化をじっくり楽しめます。

無駄な装飾を省いたことによるミニマムなデザインがポイント。雰囲気のあるアイテムなので、シンプルなコーディネートもおしゃれに決まります。

ライダースジャケットを使ったおすすめのメンズコーデ|シングルライダース

シングルライダースを軸にしたミニマルコーデ

By: zozo.jp

シンプルデザインのシングルライダースを軸にしたミニマムなコーディネート。全身をモノトーンで統一することで、落ち着いた雰囲気が完成しています。バンドカラーのアウターとタートルネックのニットによるレイヤードで立体的な首元を演出。肌寒い季節に積極的に取り入れたいテクニックです。

シングルライダース×カーゴパンツで男らしいスタイリング

By: zozo.jp

シングルライダースとカーゴパンツを合わせることでメンズライクなスタイリングが完成。タイトすぎない絶妙なサイジングがポイントです。足元にはアウターと同色のレザーシューズを選択。ライダースジャケットを男らしく着こなしたい方は参考にしてみてください。

シングルライダースとトップスの着丈のギャップを楽しむ

By: zozo.jp

シングルライダースにホワイトのニットを合わせて柔らかい雰囲気を演出。アウターとトップスの着丈のギャップがコーディネートのアクセントになっています。タイトなボトムスを選択することで、キレイなIラインのシルエットが完成。カジュアルながらも品のあるスタイルが魅力です。

シングルライダースをスポーティーに着こなす

By: zozo.jp

シングルライダースに合わせたのはラインデザインが印象的なアディダスのジョガーパンツ、さらにはスニーカー、キャップといったスポーティーなアイテム。カラーリングをオールブラックで統一することで、スタイリッシュなミックススタイルが完成しています。ライダースジャケットを軽やかに着こなしたい方は参考にしてみてください。

ポップなカラーリングのパーカーでシングルライダースをカジュアルダウン

By: zozo.jp

シングルライダースとポップなカラーリングのパーカーによるレイヤードスタイル。ハードな印象のライダースジャケットのカジュアルダウンに成功しています。ボトムスに選択したのは品のよい細身のスラックス。足元のホワイトスニーカーはコーディネートに軽やかさを加えたい場合に重宝するアイテムです。

ライダースジャケットを使ったおすすめのメンズコーデ|ダブルライダース

ダブルライダースにアースカラーを合わせて季節感を演出

By: zozo.jp

ダブルライダースにブラウンのシャツやオリーブのチノパンツといったアースカラーのアイテムを合わせて、季節感を演出しています。タイトなアウターとゆったりとしたボトムスによるメリハリのあるシルエットがポイント。ライダースジャケットをこなれた雰囲気で着こなしたい方におすすめのコーディネートです。

重厚感のあるショットのダブルライダースをオールブラックで着こなす

By: zozo.jp

重厚な雰囲気のダブルライダースジャケットを主役にした男らしいコーディネートです。スウェットやジョガーパンツ、スリッポンなどのカジュアルなアイテムを選択して、アウターとのバランスを調節。カラーリングをブラックで統一することで全身にまとまりが生まれています。

ダブルライダースを取り入れたミックススタイル

By: zozo.jp

メンズライクな仕上がりのダブルライダース、グレンチェックがクラシカルなタック入りのスラックス、カジュアルなコンバースのスニーカーといったテイストの異なるアイテムで構成されたミックスコーデ。トップスの鮮やかなニットベストが差し色となってスタイリングにアクセントを加えています。