秋冬のアウターとして、多くの男性から人気を集める「ライダースジャケット」。シンプルなコーデにサッと羽織るだけでおしゃれに決まる優秀なアイテムです。形・素材によりさまざまなバリエーションがあり、自分にぴったりのモノを選ぶ楽しさもあります。

そこで今回は、ライダースジャケットを発売している人気ブランドを厳選してご紹介。おすすめモデルもピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

ライダースジャケットとは?

By: rakuten.co.jp

おしゃれなメンズファッションの代表アイテム、ライダースジャケット。その名の通り、バイクを乗りこなすライダー達に愛されてきたアイテムです。1930年代に、バイクメーカーがその存在を一般に広めたといわれています。

最近ではその人気ゆえに、さまざまな素材のアイテムが展開されていますが、ライダースジャケットの基本素材はレザー。レザーならではの重厚感と、ショート丈のスッキリとしたフォルムが特徴です。

上質なレザーを採用したライダースジャケットは、タフで高い防風性を備えるなど、機能性にも優れています。

ライダースジャケットの選び方

ライダースジャケットの種類で選ぶ

スマートな印象で着まわしやすいシングルライダース

By: amazon.co.jp

重厚感のある印象が強いライダースジャケットのなかでも、シンプルでスマートに着用しやすいのがシングルライダースです。シングルライダースとは、前立て部分が1重になっているライダースジャケットのこと。

フロントジップやポケットなどがシンプルにデザインされたアイテムが多く、さまざまなアイテムと合わせやすいのが魅力です。首元がすっきりしているデザインが多く、マフラーなどの小物にもマッチします。

重厚感を出したいときに活躍するダブルライダース

By: amazon.co.jp

前立て部分が重なる形状になっており、襟のデザインが特徴的なダブルライダース。右側の身頃に斜めのファスナーが付いている形が一般的です。スナップやウエストベルトなどの装飾があしらわれているモノが多く、ワイルドな雰囲気が好きな方から人気があります。

カジュアルな印象が強いダブルライダースですが、シャツやスラックスに合わせることで、男らしさはありつつも洗練された印象に。カジュアルさとドレッシーさのバランスがよい、上品なコーデを楽しみたい方におすすめです。

革の種類と特徴で選ぶ

牛革(カウハイド・カーフスキン)

By: amazon.co.jp

レザーのなかでも、最もポピュラーな素材である牛革。牛の年齢や性別により、呼称が異なります。「カウハイド」は生後2年以上で、出産を経験した雌牛の革。成牛の革のため、やや厚みがあり丈夫なのが特徴です。

「カーフスキン」は、生後6ヶ月以内の仔牛の革で、キメ細やかな質感が魅力。キズが少なく、柔らかいという特徴もあり、牛革のなかでも特に高級とされる素材です。牛革には、ほかにもステアハイド、キップなどの種類があります。

羊革(シープスキン・ラムスキン)

By: rakuten.co.jp

羊革の種類は大きく分けて2種類。生後1年以上の羊の革は「シープスキン」、生後1年以内だと「ラムスキン」と呼ばれます。羊革は牛革と比べると強度こそ劣るものの、総じて柔らかく、軽いのが特徴です。特にラムスキンは優しい肌触りが魅力で、希少な高級素材として知られています。

山羊革(ゴートスキン)

By: rakuten.co.jp

山羊革の最大の特徴は、独特のシボ感。凹凸のある革の質感で、個性豊かな革製品ができあがります。軽く柔らかいうえに、耐摩耗性にも優れたバランスのよい素材です。大人の山羊革は「ゴートスキン」、子供の山羊から取れる革は「キッドスキン」と呼ばれます。

馬革(ホースハイド)

By: rakuten.co.jp

馬革は柔軟性が魅力の、しなやかな革です。昔からジャケットなどのアウターによく使用されています。美しい経年変化を楽しめるのも特徴で、長年使い込むことでより魅力が増す素材です。

コーデに合わせて色を選ぶ

By: rakuten.co.jp

ライダースジャケットを購入するうえで、どのカラーをチョイスするかは着こなしやすさを左右する重要なポイント。1つのアイテムを長く使う予定であれば、より慎重にカラー選びをしたいところです。

スタイルを選ばず、万能に使えるのはブラックのライダースジャケット。特に、初めてライダースジャケットを購入する方は、ブラックを選んでおけば着回しで悩むことなく便利です。

周りと差をつけたい方や、2枚目として選ぶならブラウンやネイビーなどのカラーもおすすめ。ブラウンならカジュアルな、ネイビーならきれいめの着こなしにマッチします。

ジャストサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

野暮ったい印象を払拭するため、ライダースジャケットはジャストサイズを選ぶのがポイント。特に着心地やシルエットに大きく関わる肩幅のサイズは、しっかりチェックしてみてください。また、着丈が極端に短いライダースジャケットは、バランスが取りにくいので注意が必要です。

ライダースジャケットのおすすめメンズブランド

ショット(Schott)

1928年に世界で初めてフロントジップを採用したライダースジャケットを販売したことをきっかけに、ライダースジャケットの代名詞として地位を築きました。

セックス・ピストルズやラモーンズなど、世界的ロックミュージシャンたちが着用していたことでも有名。製造はMADE IN USAにこだわり、自社工場で職人が丁寧に製作しています。

ショット(Schott) ガレージライダース レザージャケット

ショット(Schott) ヴィンテージワンスター ライダースジャケット

シープスキンを使用した、シングルタイプのライダースジャケットです。軽くて柔らかく、固めのレザー素材に比べて伸縮性に優れているのが特徴。シープスキンはシボが少ないため、品がありドレッシーな印象を与えます。触り心地もなめらかで着心地がよく、初めてライダースジャケットを購入する方にもおすすめです。

襟腰が低めのスタンドカラーを採用しており、ブルゾンのような感覚で着用できるのもポイント。パーカーなどフード付きのインナーと合わせても首元がかさばらずすっきり着られます。

ショット(Schott) ヴィンテージワンスター ライダースジャケット

ショット(Schott) ヴィンテージワンスター ライダースジャケット

ショットの定番アイテム、ワンスターシリーズのライダースジャケットです。多くのロックミュージシャンが愛用していることでも有名で、ハードで男らしいファッションが好きな方から支持されています。

両ショルダーには「ワンスター」という名前の由来になっている星形のスタッズ付き。ウエストベルトやフラットポケットなどもあしらわれており、羽織るだけでおしゃれなコーデが完成します。ポリエステルの中綿が入っているためあたたかく、冬の外出時にも安心。バイクに乗るときはもちろん、アウトドアなどの際にも重宝します。

バンソン(VANSON)

1975年にアメリカ・ボストンで誕生したレザーブランド。品質にとことんこだわったレザーウェアを製造していることで知られています。

製造は、全て職人の手作り。重厚感があり、独特な光沢感を放つレザーを使用しています。品質の高さと男らしいイメージから、世界中のバイク乗りから愛されているレザーブランドです。

バンソン(VANSON) モデルB シングル ライダース オクタゴン

バンソン(VANSON) モデルB シングル ライダース オクタゴン

バンソンのなかで、最もベーシックな「B」のライダースジャケット。スタンドカラーのシングルライダースでシンプルなデザインですが、バンソンの象徴ともいえるコンペティションウエイトレザーを使用することで、重厚感のある仕上がりに。独特のツヤと固さがあり、着るほどに身体へ馴染んでいくのが特徴です。

フロントファスナーにはバンソンのロゴ入りタグ付き。大きめのタグはコーデのアクセントになります。内側には取り外し可能なフリースライニングが付属しており、寒い時期にも活躍。着丈と袖丈が長めにとられているので、外気の侵入を防ぎます。

バンソン(VANSON) C2 ダブルライダース

バンソン(VANSON) C2 ダブルライダース

独特の光沢があるトップグレインカウハイドを使用した、ダブルライダースジャケットです。バンソンで展開されている基本形のダブルライダースより2インチ着丈が短くなっており、すっきり着られるのが特徴。しっかり長さのある袖丈に加え、裏地はキルトライニングが施されており、バイクなどに乗る際もあたたかさを保ちます。

ダブルライダースならではの装飾が人気のポイントで、3つのジップポケットに加え、ウエストベルトやフラップタイプのシガレットポケット付き。ゴールドの金具が高級感のあるおすすめのライダースジャケットです。

ジェームス・グロース(JAMES GROSE)

100年以上の歴史を誇る、イギリスを代表する老舗ライダースジャケットブランド。厳選した上質なレザーのみを扱い、職人によるハンドメイドで製作しています。

1971年に一度ブランドが終了しましたが、2015年に復刻し、世界中のファンを歓喜させました。

ジェームス・グロース(JAMES GROSE) マニラ ホースハイド レザージャケット

ジェームス・グロース(JAMES GROSE) マニラ ホースハイド レザージャケット

馬革を使用したライダースジャケットです。牛革よりも柔らかくしなやかな仕上がりが特徴。マットな質感のブラウンカラーは重厚感がありながらも、優しい印象を与えます。ダブルライダースのなかでもスタンダードなデザインで、クラシックな佇まいがポイントです。

襟元のスナップやファスナーは、落ち着いたシルバーで統一。チケットポケットや袖口のファスナーがコーデにほどよいアクセントを加えます。シリーズのなかで最もゆとりのあるモデルのため、パーカーやニットなど厚手のインナーも合わせやすく、着まわしやすいライダースジャケットです。

アヴィレックス(AVIREX)

エアロレザー社を前身にして、1975年に設立されたミリタリーウェアブランド。米国空軍パイロットたちのためのウェア作りを始めたことが設立のきっかけで、現在もミリタリーの要素を取り入れた製品を作り続けています。

特にフライトジャケットが人気を集めていますが、レザーを使用したそのほかのアイテムも高い品質と機能性を誇ります。

アヴィレックス(AVIREX) A-2レザーフライトジャケット

アヴィレックス(AVIREX) A-2レザーフライトジャケット

フロントに施されたビッグポケットが特徴のライダースジャケットです。1930年代前半に陸軍航空隊に採用された歴史を持ち、世界中のファンから人気のある本製品。一度は生産終了しましたが、多くの要望により復活したモデルです。

上質なカウハイドを使用しているため、ハリがあり丈夫なのもポイント。着るほどに身体に馴染み革が柔らかくなっていきます。裾と袖先にはニットリブを採用し、高い保温性を確保。冬でもあたたかいため、外出の際も安心です。デニムやカーゴパンツなどのアイテムと特に相性がよく、カジュアルな着こなしを楽しめます。

アヴィレックス(AVIREX) シープ ダブルライダースジャケット

アヴィレックス(AVIREX) シープ ダブルライダースジャケット

シープスキンを使用したライダースジャケットです。牛革に比べ軽くて柔らかいシープスキンは、日常使いにおすすめ。春秋のライトなアウターとして重宝します。ダブルライダースですが装飾が少なくすっきりとしたデザインで、カジュアルなコーデはもちろん、シャツやスラックスなどのアイテムとも好相性です。

タイトなシルエットでスタイルアップ効果が期待できるのも人気のポイント。ブラックカラーはさまざまなアイテムに合わせやすく、初めてライダースジャケットを購入する方にもおすすめの製品です。

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE)

2003年にスタートした日本のファッションブランド。男性の総称「ミスター」と女性らしい名前「オリーブ」を組み合わせることで、“相反する要素をミックスする”というコンセプトを、ブランド名の由来に持ちます。

日本のきめ細やかな職人技を活かした製品を展開。特に20〜30代の方から人気を獲得しているブランドです。

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) アンティーク ブラックカウレザー ジャケット

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) アンティーク ブラックカウレザー ジャケット

Aランクのカウハイドを使用したライダースジャケットです。1回目はブラウン、2回目はブラックと2段階で染色されており、経年変化とともにブラウンが影響し、味のある色へと変化していきます。アンティークな風合いを好む方に、特におすすめのアイテムです。

襟元・裾・袖口にはニット素材のリブを使用しており、真冬でもあたたかい仕様。外気の侵入を防ぐためバイクでの外出時も安心です。ゆとりがあり着丈も少し長めのデザインで、ニットやスウェットなど厚めのインナーもラクに着込めます。

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) ダブルスポーツライダース

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) ダブルスポーツライダース

シープスキンのなかでも薄くて丈夫なヘアーシープを使用したライダースジャケットです。本製品は0.8~0.9mm厚の素材を厳選しており、重厚感のある仕上がりが特徴です。

4つのファスナーポケットと両サイドのウエストに施された2連のバックルが、ワイルドな雰囲気に。一方で表面はソフトな風合いに加工されており、カジュアルすぎず着回しやすいのも人気のポイントです。

セヴシグ(SEVESKIG)

“ありそうでないもの”というコンセプトを掲げ、2012年に設立された日本のファッションブランド。レザー製品を中心に扱っており、日本の革職人の技術に現代的なデザインや加工を施したデザインが魅力的です。

MADE IN JAPANにこだわっており、製品を購入した人の子供や孫にまで着てもらえる製品を作り続けることを目標としています。

セヴシグ(SEVESKIG) デタッチャブル ライダースジャケット

セヴシグ(SEVESKIG) デタッチャブル ライダースジャケット

2005年に設立された日本のアパレルブランド「ファンダメンタル(FDMTL)」とのコラボレーションライダースジャケットです。

フロント部分のレザーパーツが取り外し可能なデタッチャブルデザインになっており、気温や用途に合わせてアレンジができます。さらに、レザーパーツを外した内側はボア仕様に。重厚感のあるレザージャケットとカジュアルなボアブルゾンの2パターンが楽しめます。

首元は高めのスタンドカラーになっており、冬でもあたたかく快適。防風性にも優れており、バイクに乗る際にも重宝します。

ダブルジェーケー(wjk)

2004年に創立した日本のファッションブランド。ブランド名からイメージを決め付けられたくないという思いから、「wjk」という特に意味をもたないイニシャルの羅列をブランド名にしています。

シンプルで良質なアイテム作りが人気を獲得。現在もハイセンスな大人たちから人気を集めています。

ダブルジェーケー(wjk) リネン ライダースジャケット

ダブルジェーケー(wjk) リネン ライダースジャケット

リネン素材のライダースジャケットです。リネンのなかでも太くしっかりした番手の糸を採用することで、ハリがあり洗練された印象に。カジュアルすぎず高級感があります。素材の風合いを生かすため、シンプルに仕上げたシングルライダースです。

腕と脇の部分にはストレッチ素材を使用。動きやすさだけでなく、スポーティな雰囲気をプラスしています。ゆとりのあるシルエットで通気性もよく、夏に冷房が効いた室内などで羽織るライトアウターとしても便利。薄手でかさばらないため、携帯性にも優れています。

ダブルジェーケー(wjk) ファインウール カシミア ライダースジャケット

ダブルジェーケー(wjk) ファインウール カシミア ライダースジャケット

シングルライダースとダブルライダースのいいとこ取りをした、セミダブルタイプのライダースジャケットです。細身のシルエットと大きすぎないコンパクトな襟を採用することで、スタイリッシュながらもほどよい存在感を実現。イタリアのラッカーニ社製ジップとドットボタンが高級感を演出します。

薄手のウール素材を使用しており、軽くて柔らかい質感と高い保温性を両立。動きやすいためアウトドアなどアクティブに活動する際にも役立ちます。お出かけにも使える、カジュアルすぎないライダースジャケットを探している方におすすめのアイテムです。

ナノ・ユニバース(nano・universe)

1999年にスタートしたセレクトショップ。現在では、日本を代表するセレクトショップのひとつとして、性別や世代を問わず人気があります。

“トレンドとクラシックを併せ持つ提案”をコンセプトに掲げる通り、普遍的なアイテムに、程よいトレンド感を取り入れたデザインが人気。また、比較的安価な価格帯も人気の理由です。

ナノ・ユニバース(nano・universe) カウレザーライダース

ナノ・ユニバース(nano・universe) カウレザーライダース

柔らかさと重厚感が共在する「ラムタッチレザー」を使用した、ライダースジャケットです。厚さ1.2mmの生地が柔らかい着心地はそのままに、高級感のあるルックスを実現。ファスナーに使用されているくすんだシルバーも、落ち着いた大人な雰囲気を演出します。

タイトすぎず程よくゆとりのあるシルエットですが、着丈が短めに作られているため、スタイリッシュな仕上がりに。ニットやパーカーなど厚みのあるインナーともマッチします。裏地はドビー織りの細かいドット柄で、細部までこだわりが詰まったアイテムです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) シンセティックレザー シングル ライダース

ナノ・ユニバース(nano・universe) シンセティックレザー シングル ライダース

しなやかな質感が魅力の合皮ライダースジャケットです。本製品は合皮なので、イージーケアに優れており、普段のコーデに気軽にライダースジャケットを取り入れたい方におすすめです。

余分な装飾のないシンプルなシングルライダースは、スタイリッシュでクリーンな印象。シャツやスラックスなど、かっちりしたコーデにも合わせやすく着回しがききます。軽く動きやすいため春秋に最適なアイテムです。

ディーゼル(DIESEL)

1978年にイタリアで創立したファッションブランド。カジュアルさや男らしさを感じる、クールなデザインのアイテムが世界中で人気を獲得しています。

デニムやレザーアイテムなどさまざまなアイテムを展開。若者から大人まで愛用しており、日本でも高い人気と知名度を集め続けているブランドです。

ディーゼル(DIESEL) エルマートン レザージャケット

ディーゼル(DIESEL) エルマートン レザージャケット

シープスキンを使用したライダースジャケットです。上質なシープスキン特有の光沢が、上品で高級感のある仕上がり。洗練された大人の雰囲気を演出します。シンプルなシングルライダースですが、肩に施されたステッチワークやブランドのロゴワッペンが遊び心をプラス。程よく存在感のあるライダースジャケットです。

着丈、袖丈共に長めの作りになっているため保温性に優れており、冬の外出時でも安心。適度なゆとりはありますがコンパクトなシルエットで着膨れを防ぎます。

ディーゼル(DIESEL) デニム切り替え ライダースジャケット

ディーゼル(DIESEL) デニム切り替え ライダースジャケット

「ディーゼル」ならではのデザイン性が特徴的なライダースジャケットです。デニム・スウェット・コーティング素材の切り替えになっており、遊び心のある1枚。質感の異なる3種の素材も、カラーをモノトーン系で揃えることで統一感が生まれます。

スウェット素材のライニングは取り外し可能で、外すとカジュアル感が抑えられよりスマートな印象に。ワイドなシルエットが男らしくワイルドな雰囲気を醸し出し、ロックなテイストが好きな方にもおすすめのライダースジャケットです。

ヒューゴボス(HUGO BOSS)

1923年にヒューゴ・フェルディナント・ボスによってドイツで設立された、高級ファッションブランド。特にスーツ作りが評判で、世界的な知名度を獲得しています。

また、ドイツサッカー代表に公式スーツを提供するなど、幅広いシーンで着用されているブランド。価格設定は高めですが、品質とデザイン性に優れたアイテムを作り続けています。

ヒューゴボス(HUGO BOSS) バイカージャケット

ヒューゴボス(HUGO BOSS) バイカージャケット

シングルタイプのライダースジャケットです。ゴートスキンとラムスキンを組み合わせて作られており、質感の違いを楽しめるアイテム。どちらも軽くて柔らかい素材のため着心地がよいのが特徴です。

スタイリッシュなデザインで、さまざまなコーデに合わせやすいのもポイント。すっきりとしたシルエットで、カジュアルにもドレッシーにも着回せます。コンパクトなデザインを活かすためにも、トップスはタイトめなシルエットのアイテムがおすすめです。

ヒューゴボス(HUGO BOSS) ライダースジャケット

ヒューゴボス(HUGO BOSS) ライダースジャケット

スエード地のゴートレザーを使用したライダースジャケットです。風を通さない分、熱がこもりがちなレザー素材ですが、身ごろの部分にパンチング加工を施すことで通気性を向上。明るいベージュカラーでさらに軽やかな印象をプラスし、あたたかい季節の着こなしに活躍するアイテムに仕上げています。

マットなスエード地を採用しており、軽い着心地ながらも高級感のある雰囲気に。ドレッシーなアイテムとも相性がよく、幅広いシーンで活躍します。

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS)

日本のセレクトショップとして知名度が高い、ユナイテッドアローズが展開するブランドです。程よくトレンドを取り入れたアイテムを手ごろな価格でラインナップ。

デイリー使いしやすいベーシックなアイテムが揃っているため、若者から大人まで幅広い年齢の方から支持されています。

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS) ウーステッドシングルライダース

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS) ウーステッドシングルライダース

ブルゾンタイプのライダースジャケットです。ポリエステル素材は軽くて動きやすいという特徴がありますが、比較的カジュアルな印象も強め。しかし、ウールライクな生地を使用することで、利便性はそのままに上品な雰囲気を演出しています。

高級感もあり、落ち着いた大人なコーデにも合わせやすいアイテムです。カラーはネイビー・グレーの2色展開。ネイビーはきれいめな印象に、グレーはカジュアルに着こなせます。

ローター(ROTAR)

2000年にスタートした日本のブランド。モーターサイクルやスケートボードなどのカルチャーをバックボーンにもつのが特徴です。“楽しむ”と“好き”というコンセプトのもと、アイテムを展開。

古きよきアメリカンカジュアルをベースに、今っぽいデザイン性をうまく取り入れたアイテムが人気です。2013年からは酒や音楽、煙草といった男らしさや男のロマンを中心としたシリーズを展開しています。

ローター(ROTAR) ダブルライダースジャケット

ローター(ROTAR) ダブルライダースジャケット

「ローター」のアイテムのなかでも、高い人気を誇るダブルライダースジャケットです。日本人の体形に合わせ国内で生産されたオリジナルシルエットで、海外製の製品に比べて身体にフィットしやすいのが特徴。上質な牛革を使用しているため、着込めば着込むほど革が柔らかくなりフィット感が増していきます。

もともと発売されていた製品から、中綿キルトの裏地をなくしたモデルで、より通年で着用しやすいアイテムに。裏地の中綿を取り除くことでゆとりも生まれ、厚手のインナーも着込みやすくなっています。

ローター(ROTAR) シングルライダースジャケット

ローター(ROTAR) シングルライダースジャケット

国内で生産された、オリジナルシルエットのライダースジャケットです。上質な牛革は重厚感がありワイルドな印象ですが、装飾を減らしシンプルにすることでスタイリッシュな雰囲気もプラス。レギュラーカラーのシングルライダースはブルゾン感覚で使いやすく、タウンユースにもぴったりです。

アーム部分はバイクの運転を想定し、腕を伸ばしても突っ張らないように緩やかなカーブを付けています。裏地は中綿入りのキルティング仕様で保温性が高く、冬でも安心して着られるアイテムです。

サンローランパリ(SAINT LAURENT PARIS)

世界的な知名度と人気を獲得し続けている、フランスを代表するファッションブランド。2012年に「イヴ・サンローラン」から「サンローランパリ」にブランド名を変更しています。

洗練されたデザインのアパレルをはじめ、エレガントで気品溢れるデザインのバッグや財布など、あらゆるアイテムが人気。ハイセンスなセレブも愛用するブランドです。

サンローランパリ(SAINT LAURENT PARIS) ダブルブレスト ライダースジャケット

サンローランパリ(SAINT LAURENT PARIS)

ダブルブレストタイプのライダースジャケットです。ファスナーではなくボタンを採用することで、ライダースジャケットの重厚感はそのままに、よりドレッシーな印象に仕上げています。一見Pコートのようにも見えるデザインは、シャツやスラックスなどかっちりしたアイテムとも好相性です。

素材にはなめらかな肌触りのスエード地を採用。触り心地のよさはもちろん、ラグジュアリーで上品な雰囲気を演出します。フロントのウェルトポケットやバックプリーツなど、ディテールまでこだわりが詰まったライダースジャケットです。

メゾン・マルジェラ(Maison Margiela)

世界中にファンを持つデザイナー、マルタン・マルジェラが設立した、パリのファッションブランド。2015年に「メゾン マルタン マルジェラ」から「メゾン マルジェラ」にブランド名を変更しています。

カレンダータグと呼ばれる、数字のみが記されたタグが有名。世界はもちろん、日本でも感度の高いファッショニスタが愛用しています。

メゾン・マルジェラ(Maison Margiela) ハの字ライダース

メゾンマルジェラ(Maison Margiela) ハの字ライダース

八の字に入ったジップが特徴的なライダースジャケットです。フロントにあしらわれた八の字ジップは、デザイナーであるマルタン・マルジェラのアイコンデザイン。不動の人気を誇る「メゾンマルジェラ」の定番アイテムです。

素材には軽くて柔らかい羊革を使用。経年変化したようなクラック加工が施されており、上品さとワイルドさを兼ね備えたデザインです。八の字ジップ以外には装飾のないシンプルなルックスで、きれいめにもカジュアルにも着こなしが可能。インナーを変えれば秋から冬まで楽しめる、万能ライダースジャケットです。

ディースクエアード(DSQUARED2)

ディーン・ケイティンとダン・ケイティンという、一卵双生児の双子によってスタートしたイタリアのブランド。デザイン性と品質の高さが評判で、幅広い年代の方から人気を集めています。

高級ブランドならではの品のよさやデザイン性の高さはもちろん、カジュアルでラフなスタイルも兼ね備えていることが特徴です。

ディースクエアード(DSQUARED2) レザーライダースジャケット

ディースクエアード(DSQUARED2) レザーライダースジャケット

スタンダードなデザインのダブルライダースジャケットです。フロントと袖口合わせて6つのメタルジッパーがあしらわれており、男らしく重厚感のある仕上がりに。カーフレザー特有のツヤ感がさらにワイルドな印象を高めます。シガーポケットやショルダーストラップに加え、ブランドロゴを施したライニングなど、細部までこだわりが詰まったアイテムです。

1枚で存在感があるライダースジャケットのため、特にシンプルなアイテムとは好相性。無地のTシャツやデニムとのコーデも、こなれ感のあるおしゃれな雰囲気に仕上がります。

ディースクエアード(DSQUARED2) レザーブルゾン ジャケット

ディースクエアード(DSQUARED2) レザーブルゾン ジャケット

シングルタイプのライダースジャケットです。ジャケット全体に継ぎはぎのようなステッチが施されている、遊び心のあるアイテム。ベルトやスナップなどの装飾はありませんが、独自の存在感があります。シングルライダースならではのコンパクトなシルエットはそのままなので、スタイリッシュにもカジュアルにも着こなせます。

素材には柔らかい羊革を使用。軽くて着心地がよいため長時間着用しても疲れにくく、バイクの運転はもちろん車でのドライブや旅行の際にも活躍します。

トイズマッコイ(TOYS McCOY)

日本の老舗アメカジブランド「ザ・リアルマッコイズ」の創設者の1人、岡本博によって1996年にスタートしたブランド。非常に品質の高いヴィンテージアイテムのレプリカや、モーターサイクルウェアを販売しています。

素材、サイズ感、着心地など、あらゆる点にこだわるクオリティの高さで、多くのマニアを持つブランドです。

トイズマッコイ(TOYS McCOY) ベック 666 シングル ライダースジャケット

トイズマッコイ(TOYS McCOY) ベック 666 シングル ライダースジャケット

1914年にアメリカで設立されたベック社の人気アイテム、「モデル666」を復刻したライダースジャケットです。着丈の長さや襟腰の高さなど、バイクに乗るとき邪魔にならないよう細部まで計算され作られている本製品。ライダーはもちろん、ロックミュージシャンなどからも人気があります。

素材は高級感漂うホースハイド。着込めば着込むほど革ならではの魅力が増していきます。重厚感のある素材ですがディテールはシンプルなため、デイリー使いしやすいのが特徴。長く着続けられるライダースジャケットを探している方におすすめのアイテムです。

トイズマッコイ(TOYS McCOY) ソニックブーム ライダースジャケット

トイズマッコイ(TOYS McCOY) ソニックブーム ライダースジャケット

シングルライダースとダブルライダースのいいところを兼ね備えたライダースジャケットです。ダブルライダースの持つ遮風性や防寒性はそのままに、首の運動を妨げないようスタンドカラーを取り入れた本製品。

ファスナーを上まで閉めるとシングルライダースのようなルックスですが、胸下辺りまで下げるとクラシカルなダブルライダースの見た目に早変わりします。その日のコーデやシーンによってアレンジが可能なおすすめのアイテムです。

クライミー(CRIMIE)

メキシコカルチャーとアメカジをミックスさせたスタイルで、ストリートで高い人気を獲得している東京発のブランド。

メキシコカルチャーに見られる遊び心や、無骨なイメージを落とし込んだアイテムをラインナップしています。アメカジテイストなアイテムやレザーアイテムなど、男らしいデザインが特徴のブランドです。

クライミー(CRIMIE) ダブルライダースジャケット

クライミー(CRIMIE) ダブルライダースジャケット

ダブルライダースのなかでもすっきりしており、洗練された印象のライダースジャケットです。スタンダードなデザインですがコンパクトな作りになっているため、体にフィットしスタイリッシュな雰囲気に。フロントに施された4つのファスナー付きポケットや胸元のスナップが遊び心をプラスします。

素材に使用されているカウレザーは、オイルを染み込ませ丁寧になめすことで独特の光沢と風合いを実現。着るほどに経年変化で味わいが増していくのを楽しめます。

ハーレーダビッドソン(Harley Davidson)

「ハーレーダビッドソン」は、1903年にアメリカのウィスコンシン州で生まれたオートバイメーカー。アメリカの2大オートバイメーカーのひとつで、長い間世界中のライダーに愛されて続けています。

現在ではアパレルアイテムも販売しており、カジュアルでこなれたデザインと機能性の高さから、男女問わず人気のあるメーカーです。

ハーレーダビッドソン(Harley Davidson) スカルスリムフィット レザージャケット

ハーレーダビッドソン(Harley Davidson) スカルスリムフィット レザージャケット

スリムなシルエットが特徴のライダースジャケットです。重厚感のある牛革素材で作られており、老舗オートバイメーカーならではのこだわりが詰め込まれています。肘・肩・背中にはボディアーマーポケットを採用。袖はカーブがかかったフォルムになっていて、ハンドルを握った際のつっぱり感を軽減します。

シングルライダースですが存在感があり、さっと羽織るだけでこなれた印象に。ワイルドで男らしいコーデにマッチするおすすめのアイテムです。

ライダースジャケットを使ったおすすめのメンズコーデ|シングルライダース

シングルライダースを軸にしたミニマルコーデ

By: zozo.jp

シンプルデザインのシングルライダースを軸にした、ミニマムなコーデ。全身をモノトーンで統一することで、落ち着いた雰囲気に仕上がっています。バンドカラーのアウターとタートルネックのニットによるレイヤードで立体的な首元を演出。肌寒い季節に積極的に取り入れたいコーデです。

シングルライダース×カーゴパンツで男らしいスタイリング

By: zozo.jp

シングルライダースとカーゴパンツを合わせることで、男らしいスタイリングが完成。タイトすぎない絶妙なサイジングがポイントです。足元にはアウターと同色のレザーシューズを選択。ライダースジャケットを男らしく着こなしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

シングルライダースとトップスの着丈のギャップを楽しむ

By: zozo.jp

シングルライダースにホワイトのニットを合わせて柔らかい雰囲気を演出。アウターとトップスの着丈のギャップが、コーデのアクセントになっています。タイトなボトムスを選択することで、きれいなIラインのシルエットが完成。カジュアルながらも品のあるスタイルが魅力です。

ライダースジャケットを使ったおすすめのメンズコーデ|ダブルライダース

ダブルライダースにアースカラーを合わせて季節感を演出

By: zozo.jp

ダブルライダースに、ブラウンのシャツやオリーブのチノパンツといったアースカラーのアイテムを合わせて、季節感を演出しています。タイトなアウターとゆったりとしたボトムスによる、メリハリのあるシルエットがポイント。ライダースジャケットをこなれた雰囲気で着こなしたい方におすすめのコーデです。

重厚感のあるショットのダブルライダースをオールブラックで着こなす

By: zozo.jp

重厚な雰囲気のダブルライダースジャケットを主役にした、男らしいコーデです。スウェットやジョガーパンツ、スリッポンなどのカジュアルなアイテムを選択して、アウターとのバランスを調節。カラーをブラックで統一することで、全身にまとまりが生まれています。

ダブルライダースを取り入れたミックススタイル

By: zozo.jp

男らしい仕上がりのダブルライダース、グレンチェックがクラシカルなタック入りのスラックス、カジュアルなコンバースのスニーカーといった、テイストの異なるアイテムで構成されたミックスコーデ。トップスの鮮やかなニットベストが差し色となってスタイリングにアクセントを加えています。