ストリートファッションの代表的なアイテムで、冬のメンズコーデに欠かせないのが「ミリタリージャケット」。男らしさを際立たせる無骨さと、さまざまなスタイルに合わせられる着回しのよさや機能性が高いのも魅力です。

そこで今回は、ミリタリージャケットのおすすめブランドとアイテムをピックアップ。種類や選び方についても解説していきます。

ミリタリージャケットとは?

By: rakuten.co.jp

ミリタリージャケットとは、主に軍人が着用するジャケット全般のことを指します。17世紀、敵軍の狙撃を避けるため目立ちにくいジャケットとして開発されたのが、ミリタリージャケットの始まり。以後、戦闘機や戦車の開発に伴いフィールドジャケットやフライトジャケットが生まれ、幅広いアイテムを展開していきました。

ファッションとして根付き始めたのは1980年代です。映画「トップガン」で主演を務めたトムクルーズが、作中でミリタリージャケットを着用したことから一大ブームになりました。現在ではファッションアイテムとして定着しており、冬のメンズコーディネートには欠かせないモノです。

ミリタリージャケットの種類

MA-1

By: amazon.co.jp

ファッションアイテムとして特に馴染みのある「MA-1」。元々はフライトジャケットで、装飾が少ないシンプルな作りになのが特徴です。

素材には主にナイロンが使われています。表色は無骨でミリタリー色の強いカーキ色が主流。最近ではブラックのモノも注目され始めています。

裏地はオレンジを採用しているモノが多く、救援隊の目にとまりやすいよう派手な色を用いているのが特徴。「レスキューオレンジ」と呼ばれており、現在ではデザイン性の高さが評価されています。

M-65

By: amazon.co.jp

一般的にフィールドジャケットと呼ばれているミリタリージャケット。1965年にアメリカ軍服として正式採用されたことからM-65という別称で呼ばれることもあります。

元々は野戦用として作られているアイテムです。夜間や寒冷地で寒さを凌げるように、優れた防寒性を備えているのが特徴。また、襟には収納できるフードが備わっており、シーンに合わせて出し入れできるのもポイントです。

N-3B

By: zozo.jp

極寒地での着用を目的につくられたミリタリージャケット。長丈で防寒性が高く、ファー付きのフードを備えているのが特徴です。

防寒性に優れているほか、動きやすさにも定評があります。

M-51

By: amazon.co.jp

「モッズコート」として知られているミリタリージャケットです。1950年代に、アメリカ地上軍服として採用。極寒地での着用を目的につくられたジャケットの51年型モデルのことを指します。

裾の後ろが燕尾状に割れているのが特徴。独特な形状から「フィッシュテールパーカー」という名称でも親しまれています。

N-1

By: amazon.co.jp

1940年代から1950年代にかけて、アメリカ海軍の艦艇乗組員に支給されていたミリタリージャケットを指します。「デッキジャケット」とも呼ばれるアイテムです。

袖の内側は耐風性を高めるためリブ編み仕様。フロントはボタン留めタイプのモノが多く、風からしっかり身を守れるなど防寒性に優れています。

L-2B

By: amazon.co.jp

夏用のフライトジャケットとして開発された薄手のミリタリージャケットです。身体へのフィット感がよく、動きやすいのが特徴。スマートなシルエットで、デザイン性の高さもポイントです。

薄手ですが素材にはナイロンを使用しているモノが多く、耐風性に優れています。製品によっては、オールシーズンで着用できるタイプのミリタリージャケットです。

ミリタリージャケットの選び方

デザインだけでなく、季節や気候に合った種類を選ぶ

By: rakuten.co.jp

デザイン性の高いアイテムを選ぶのはもちろん、機能性の高さも確認しましょう。一概にミリタリージャケットといっても、薄手のモノや防寒性に特化したモノなど、アイテムによって性能は大きく異なります。デザインだけでなく、季節や気候に合った種類を選ぶことが大事です。

着まわし力の高い「カーキ・ネイビー・ブラック」の定番色がおすすめ

By: rakuten.co.jp

カラーは着まわし力の高いカーキ・ネイビー・ブラックがおすすめです。明るいモノや奇抜なモノを選んでしまうと、ほかのアイテムと合わせにくい場合もあるので注意が必要。落ち着いたカラーのミリタリージャケットを選ぶことで、幅広いコーディネートが楽しめます。

大人っぽく着こなしたいならジャストサイズを選ぶ

By: rakuten.co.jp

着まわしのしやすさを重視する方は、ジャストサイズのモノを選ぶようにしましょう。

ビッグサイズのミリタリージャケットを上手に着こなすのもよいですが、あまりにも大きすぎると全体のバランスを保ちにくくなるのがデメリットです。大きめのサイズはトレンド感を出せますが、初心者にはすこし難易度が高めなので、ちょうどよいサイズのモノを購入すると、さまざまなアイテムに合わせやすくおすすめです。

ミリタリージャケットのおすすめブランド

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)

「アルファインダストリーズ」はアメリカのミリタリーウェアブランドです。タフな環境でも快適に着用できるアイテムが魅力。日常のコーディネートにも取り入れやすい、洗練されたデザインのミリタリージャケットを探している方におすすめです。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) 定番 MA-1 ナイロンジャケット

日本人のシルエットに合いやすいジャケット

保温力が高く真冬にも重宝する中綿入りのミリタリージャケット。襟・袖口・裾は風が浸入しにくいリブ仕様です。裏地のカラーリングには鮮やかなレスキューオレンジを採用しています。

日本人の体型に合わせたシルエットに仕上げており、野暮ったくなりにくいのがポイント。ボリューム感があるため、細身のパンツと合わせてメリハリを効かせるとおしゃれに仕上がります。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) N-1 デッキジャケット

胸元の英字ロゴがアクセントのジャケット

保温性の高いボアライニングがあしらわれているミリタリージャケット。表地のコットンは高密度で、防風性に優れているのが特徴です。

襟に付いたチンストラップや胸元の英字ロゴがアクセントになっています。裾の内側のドローコードを使えば、シルエットの調節も可能です。ネイビーやブラックといった秋冬のコーディネートに馴染みやすいカラーがラインナップされています。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) ナイロンタスランL-2B ミリタリージャケット

オールシーズン着用できるミリタリージャケット

しなやかでハリのあるナイロン生地を使用しており、オールシーズン着用しやすいミリタリージャケット。ジップの色を黒で仕上げるなど、ディテールにまでこだわっています。

シンプルなデザインが特徴で、スラックスと合わせて大人っぽく着こなすのもおすすめ。グレーやベージュなど、落ち着きのあるカラーが展開されています。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) G-1ジャケット フェイクレザー

メインの素材にフェイクレザーを採用しており、きれいめなスタイルにも取り入れやすいミリタリージャケット。存在感のあるデザインの襟がアクセントになっています。

軽やかな羽織り心地が魅力で、春や秋にも着回せるアウターを探している方におすすめ。裾周りがすっきりとしているため、ワイドパンツと合わせてもおしゃれです。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S)

「バズリクソンズ」は日本のミリタリーブランドです。糸の紡績から全体としてのフォルムにまでこだわることで、ヴィンテージ品の持つ魅力を再現しています。コーディネートの主役として活躍する本格派のミリタリージャケットを探している方におすすめです。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S) USN N-3 ジャケット

胸や腰部分にオープンポケットがあしらわれた、シンプルなデザインのミリタリージャケット。1940年代にアメリカ海軍が着用していたウェアを再現しています。

カットソーやシャツの上からラフに羽織るのがおすすめ。月桂樹が刻み込まれたフロントボタンを採用するなど、細かなパーツにまでこだわった本格仕様のアイテムです。

アヴィレックス(AVIREX)

「アヴィレックス」は1975年に設立されたアメリカのミリタリーウェアブランド。実用性の高いフライトジャケットを展開しています。ノスタルジックな味わいのあるデザインが魅力。素材やシルエットにこだわったミリタリージャケットを豊富に取り揃えています。

アヴィレックス(AVIREX) MA-1 コマーシャル

身幅やアームホールを広めに設定しており、ボリューム感のあるシルエットが特徴のミリタリージャケット。フロントにフラップポケット、左袖にはジップポケットがあしらわれています。

袖口や裾は内部に風が浸入しにくいリブ仕様。ライニングは鮮やかなオレンジで仕上げています。デザインはシンプルで、コーディネートの軸として活躍するアイテムです。

アヴィレックス(AVIREX) ベーシック M-65 ジャケット

ストーンウォッシュ加工によってユーズド感を出したミリタリージャケット。タイトすぎない絶妙なシルエットに仕上げており、スマートに着こなせるアイテムです。

耐久性に優れたサテン素材を裏地として採用するなど、見えにくい部分へのこだわりもポイント。カラーにはオリーブやブラックなどの使いやすい定番色が取り揃えられています。

アヴィレックス(AVIREX) モッズパーカー

脱着式のフードやライナーが付いており、1着でさまざまな着こなしを楽しめるミリタリージャケット。ライナーは取り外しが可能で、春や秋には単独でも着用できるのがポイントです。

存在感のあるデザインで、コーディネートの軸として活躍するアウターを探している方におすすめ。胸元にあしらわれたブランドロゴがデザインのアクセントとして効いています。

フレッドペリー(FRED PERRY)

「フレッドペリー」は1952年にスタートしたイギリスのファッションブランド。テニスウェアブランドとして誕生してから成長を続け、現在はポロシャツやスニーカーなど幅広いアイテムを展開するグローバルブランドとして知られています。フレッドペリーが販売するミリタリージャケットは、スラックスにも合わせやすい洗練されたデザインが魅力です。

フレッドペリー(FRED PERRY) Made In England Parka

耐久性に優れたワックスコットン生地を使用したミリタリージャケット。後ろ側の裾に切れ込みが入ったフィッシュテールパーカータイプで、コーディネートの主役として活躍します。

フロントにあしらった大きなフラップポケットやフードに付いたドローコードなど、機能性の高いディテールがポイント。胸元にはブランドを象徴する月桂樹のロゴを配しています。

アーペーセー(A.P.C.)

「アーペーセー」は1987年に設立されたフランスのファッションブランド。デニムをはじめとするカジュアルウェアに加えて、バッグやアクセサリーなど幅広く手掛けています。シンプルで洗練されたデザインが特徴。きれいめに着こなせるミリタリージャケットを探している方におすすめです。

アーペーセー(A.P.C.) SIX-FIVE FISHTAIL PARKA

深みのあるネイビーで、都会的なデザインが魅力のミリタリージャケット。デザインはシンプルで、きれいめなコーディネートにぴったりのアイテムです。

長めに設定された着丈や首元に付いたフードがポイントのモッズコートタイプ。中綿入りのライナーがあしらわれているため、保温力を重視する方にもおすすめです。

ヒューストン(HOUSTON)

「ヒューストン」は日本で初となるオリジナルのフライトジャケットを生み出したことで知られるミリタリーブランドです。素材も自社で手掛けるなど、質にこだわったアイテムが魅力。実用性とタウンユースしやすいデザインを兼ね備えたミリタリージャケットを展開しています。

ヒューストン(HOUSTON) M-51パーカ モッズコート

さまざまなウェアと合わせやすい、ゆったりとしたシルエットのミリタリージャケット。身頃ボアを備えたライナーが付いているため、保温力が高く防寒着として重宝します。ライナーは取り外しが可能で、冬だけでなく春や秋にも着用できるのがポイントです。

オリーブ・ブラック・カーキといった着回しの利くベーシックカラーが取り揃えられています。

ヒューストン(HOUSTON) N-1 デッキジャケット

遮風性や防寒性に優れた肉厚なコットン生地を採用したミリタリージャケット。内側は柔らかなボア仕様で、保温性が高いため、秋冬用のアウターとしておすすめです。

背面に大きく入った英字プリントがポイント。袖口には冷気の浸入を防ぐリブ、脇下には蒸れを軽減するベンチレーションをあしらうなど、ディテールにもこだわっています。身幅やアームホールは細めに設定しており、スマートに着こなせるアイテムです。

ヒューストン(HOUSTON) Level 7 ジャケット

米軍が防寒着として用いているアウターを忠実に再現したミリタリージャケット。表地はナイロンで作られており、耐風性や耐水性を兼ね備えています。

優れた保温力と軽さを併せ持つ中綿を採用しているため、真冬でも快適な着心地。厚みを抑えたスマートなシルエットに仕上げており、タウンユースしやすいのが魅力です。

タトラス(TATRAS)

イタリアのミラノに拠点を置くファッションブランド「タトラス」。軽量で防寒性に優れるだけでなく、タウンユースに適したダウンウェアで人気です。ミリタリージャケットは、中綿入りで真冬にも活躍するスタイリッシュなデザインのアイテムを手掛けています。

タトラス(TATRAS) MA-1ダウンジャケット TORON

あたたかな中綿が入っており、保温力が高く秋冬シーズンに重宝するミリタリージャケット。左袖にあしらわれたジップポケットがデザインのアクセントになっています。

サイズはやや大きめに作られており、リラックス感のある着こなしを好む方にぴったり。パッカリングが出やすいようにステッチの幅を広く設定するなど、縫製にまでこだわっています。

タトラス(TATRAS) N-3Bダウンジャケット LILAI

フード部分にあしらわれたファーが目を引く、N-3Bタイプのミリタリージャケット。ライトアウターの上からでも羽織ることが可能な、オーバーサイズのシルエットに仕上げています。

袖口の内側がリブ仕様なので、内部に風が入りにくいのがポイント。胸元・腰・左袖に大小さまざまなポケットを備えており、収納性にも優れているアイテムです。

ショット(Schott)

「ショット」は1913年にニューヨークで誕生した老舗ブランド。1928年に世界初となるフロントジッパー付きのライダースジャケットを手掛けるなど、革新的なアイテム作りが魅力のブランドです。タウンユースしやすいようにアレンジを加えたおしゃれなミリタリージャケットを手掛けています。

ショット(Schott) パファー ブルゾン

タウンユースしやすいデザインに仕上げた、N-3Bタイプのミリタリージャケット。厚手で丈夫なナイロン生地を使用しており、光沢を抑えたマットな質感がポイントです。

保温力と柔軟性を兼ね備える中綿が入っているため、寒い季節にも着心地は良好。右裾にはリフレクターとしての役割を果たす2本のラインがあしらわれています。

ロスコ(Rothco)

「ロスコ」は1953年に設立されたアメリカのミリタリーウェアブランド。耐久性や実用性に優れたアウトドアテイストのアイテムを展開しています。機能性とデザイン性に優れたミリタリージャケットが魅力です。

ロスコ(Rothco) MA-1 Flight Jacket

光沢感のあるナイロン生地で仕立てられたミリタリージャケット。裾や袖口には風の侵入を防ぐリブが付いているのが特徴です。

ビビッドなオレンジの裏地をリバーシブルでも使用可能。レッドやウッドランドなど、幅広いカラーをラインナップしているので、好みのモノを選びやすいのも魅力です。

ロスコ(Rothco) M-51 フィッシュテールパーカ

取り外し可能なライナーが付いており、秋から春にかけての3シーズンで活躍するミリタリージャケット。後ろ側の裾を長めに設定した独特なデザインが特徴です。

ウエスト・裾・フードにはドローコードがあしらわれており、シルエットの調節が可能。デニムと合わせてカジュアルに着こなすのはもちろん、ビジネススタイルに取り入れるのもおすすめです。

ロスコ(Rothco) ジャングル ファティーグ ジャケット

米軍がベトナム戦争時に使用していた軍服を再現したミリタリージャケット。生地にはヴィンテージ加工が施されており、こなれた風合いを楽しめます。

ライトな生地感が特徴で、カットソーの上から気軽に羽織れるアウターを探している方にぴったり。フロントにあしらわれた大きなフラップポケットがアクセントになっているおすすめのアイテムです。

アスペジ(ASPESI)

1969年にイタリアのミラノでシャツメーカーとして誕生した「アスペジ」。イタリアンカジュアルをベースとした、さまざまなファッションアイテムを手掛けているのが特徴。クラシカルなディテールを残しつつも、タウンユースしやすいスタイリッシュなデザインに仕上げたミリタリージャケットを展開しています。

アスペジ(ASPESI) ミニフィールドジャケット

スナップ開閉式のフラップポケットなどのディテールを多く取り入れたミリタリージャケット。表地には軽量で保温性や通気性に優れたポリエステル素材を採用しています。

手袋をした状態でも着脱がしやすくなるように、フロントジップに長めの引手を取り付けているのがポイント。悪天候の際に重宝するフードは襟元に収納可能です。

シップス(SHIPS)

「シップス」は日本の老舗セレクトショップです。トラディショナルなデザインで、ほどよいトレンド感のあるスタイルがポイント。セレクト品のみならずオリジナルウェアも豊富に取り揃えているのが特徴です。ディテールにまでこだわった、おしゃれなデザインのミリタリージャケットをラインナップしています。

シップス(SHIPS) M-65 ミリタリー ショート モッズ ブルゾン

身幅や肩幅が広めに作られているため、ゆったりと着こなせるミリタリージャケット。フードを付けないことですっきりとしたデザインを完成させています。

表地はポリエステルやナイロンを使用したマットな質感が特徴。ステッチ部分にパッカリングが出やすくなるように仕上げており、ヴィンテージ品のような風合いが魅力です。

シップス(SHIPS) MADE IN USA サージツイル サファリジャケット

ラフに羽織りやすい、ゆったりとしたシルエットのミリタリージャケット。フロントに4つのフラップポケットをあしらっているなど、収納性の高さが魅力です。

日本製の生地をアメリカで縫製するなど、こだわりの質感もポイント。デニムとカジュアルに合わせるのはもちろん、スラックスなどと合わせたスタイルもおすすめです。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing)

日本を代表セレクトショップ「ユナイテッドアローズ」が手掛けるレーベル。豊かな日常生活をコンセプトにしており、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで合わせられるアイテムを幅広く取り揃えています。普段使いしやすいシンプルなデザインのミリタリージャケットを探している方におすすめです。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) コーデュロイ MA-1 ブルゾン ジャケット

品のよいコーデュロイ生地を採用しており、スラックスと合わせてもおしゃれなミリタリージャケット。ミリタリー色の強すぎないシンプルなデザインに仕上げているため、気軽に羽織りやすいアイテムです。

ほどよくゆとりのあるサイズ感がポイント。ブラックやダークブラウンといった落ち着いた印象のカラーを展開しています。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) M65 モッズコート

程よくルーズなサイズ感が特徴で、ボリュームのあるトップスの上からでも羽織りやすいミリタリージャケット。ライナーが付いておらず、秋や春にはライトアウターとして活躍します。

M-65型のコートをデザインに取り入れており、ミリタリーテイストのスタイリングを楽しみたい方におすすめ。きれいめなパンツを合わせて大人っぽく着こなしてもおしゃれです。

ミリタリージャケットのおすすめメンズコーデ

ミリタリージャケットをカーゴパンツと合わせたリラックススタイル

By: wear.jp

ゆったりとしたサイズ感のミリタリージャケットを主役にしたスタイル。全身に統一感が出るように、ミリタリー色の強いワイドシルエットのカーゴパンツを合わせています。

モノトーンをベースにすることで、コーディネートが野暮ったくならないように工夫しているのがポイント。足元に黒のブーツを着用することで、全体の雰囲気を引き締めています。

ミリタリージャケットとカーゴパンツを同色で揃えたセットアップスタイル

By: wear.jp

ヴィンテージ感のあるオリーブ色のミリタリージャケットとカーゴパンツをセットアップで着用したコーディネート。トップスとボトムスが目立つアイテムなので、無地のスウェットやシンプルなデザインのスニーカーを合わせてバランスをとっています。

ゆとりのあるサイジングにより、リラックス感のある雰囲気を演出。ミリタリージャケットをラフに着こなしたい方におすすめのスタイリングです。

オールブラックコーデでミリタリージャケットをスタイリッシュに着こなす

By: wear.jp

ミリタリージャケットをはじめとするウェアのカラーをブラックで統一した、スタイリッシュなコーディネートです。

アウターやボトムスのシルエットはゆったりとしているものの、黒の引き締め効果でだらしなく見えにくいのがポイント。シューズにはほどよいカジュアルさのあるスニーカーをチョイスしています。

ブラウンのミリタリージャケットを軸にしたあたたかみのある秋コーデ

By: wear.jp

アースカラーのニットにミリタリージャケットを合わせたカジュアルスタイル。ブラウンやオレンジといったあたたかな雰囲気の色で統一することで、秋らしさを演出しています。

ややゆったりめのアウターに膝下がすっきりとしたボトムスを合わせて、シルエットのメリハリを効かせているのがポイント。足元にはローファーを選択して着こなしを品よくまとめています。