ストリートファッションの代表的なアイテムで、冬のメンズコーデに欠かせないのがミリタリージャケット。男らしさを際立たせる無骨さと、何にでも合わせられる着回しのよさもさることながら、機能性が高いのも魅力です。

そこで今回はミリタリージャケットのおすすめブランドとアイテムをピックアップ。種類や選び方についても解説していきます。

ミリタリージャケットとは?

By: zozo.jp

ミリタリージャケットとは、主に軍人が着用するジャケット全般のことを指します。17世紀、敵軍の狙撃を避けるため目立ちにくいジャケットが開発されたのがミリタリージャケットの始まり。以後、戦闘機や戦車の開発に伴いフィールドジャケットやフライトジャケットが生まれ、その種類を増やしていきました。

ファッションとして根付き始めたのは1980年代です。映画「トップガン」で主演を務めたトム・クルーズが作中でミリタリージャケットを着用したことから一大ブームになりました。現在ではファッションアイテムとして定着しており、冬のメンズコーデには欠かせないものとなっています。

ミリタリージャケットの種類

MA-1

By: amazon.co.jp

ファッションアイテムとしては最も馴染みのある「MA-1」。元々はフライトジャケットであり、戦闘機内に搭載された計器にひっかからないようにと、装飾が少ないシンプルな作りになっているのが特徴です。

素材には動きやすいようにナイロンが使われています。表色は無骨でミリタリー色の強いカーキ色が主流。最近ではブラックのものも注目され始めています。

裏地はオレンジになっているものが多く、救援隊の目にとまるように派手な色にしたもの。「レスキューオレンジ」と呼ばれており、現在ではデザイン性の高さが評価されています。

M-65

By: amazon.co.jp

一般的にフィールドジャケットと呼ばれているミリタリージャケット。1965年にアメリカ軍服として正式採用されたことからM-65という別称で呼ばれることもあります。

元々は野戦用として作られており、夜間や寒冷地で寒さが凌げるようにと防寒性が高くなっているのが特徴。また、襟には収納できるフードが備わっており、シーンに合わせて出し入れできるのもポイントです。

N-3B

By: amazon.co.jp

極寒地での着用を目的につくられたミリタリージャケット。長丈で防寒性が高く、ファー付きのフードを備えているのが特徴です。生地にはヘビーツイルナイロンを使用しており、動きやすさにも定評があります。

M-51

By: amazon.co.jp

「モッズコート」として知られているミリタリージャケット。1950年代に、アメリカ地上軍服として採用された極寒地での着用を目的につくられたジャケットの51年型モデルのことを指します。

裾の後ろが燕尾状に割れているのが特徴。独特な形状から「フィッシュテールパーカー」という別称でも親しまれています。

N-1

By: amazon.co.jp

1940年代から1950年代にかけて、アメリカ海軍の艦艇乗組員に支給されていたミリタリージャケットで、通称「デッキジャケット」と呼ばれるものを指します。

袖の内側は耐風性を高めるためリブ編みになっており、前身頃はジッパーとボタンの二重構造で表地にはコットン生地を、裏地にはアルパカの毛をそれぞれ採用した防水・防寒性の高いモデルです。

L-2B

By: amazon.co.jp

夏用のフライトジャケットとして開発された薄手のミリタリージャケット。身体にフィットしやすく、動きやすいのが特徴です。シルエットがかっこよく、デザイン性が評価されているのもポイント。

薄手ですが素材にはナイロンを使用しているので、耐風性に優れます。オールシーズンで着用できるアウターです。

ミリタリージャケットの選び方

デザインだけでなく、季節や気候に合った種類を選ぶ

By: rakuten.co.jp

デザイン性の高いアイテムを選ぶことはもちろん大事ですが、一概にミリタリージャケットと言っても、薄手のものや防寒性に特化したものなど、アイテムによって機能性が大きく違います。デザインだけでなく、季節や気候に合った種類を選ぶことも大事です。

着まわし力の高い「カーキ・ネイビー・ブラック」の定番色がおすすめ

By: amazon.co.jp

カラーは着まわし力の高いカーキ・ネイビー・ブラックがおすすめです。明るいものや奇抜なものを選んでしまうと、合わせるアイテムによってはケンカしてしまいます。ですが、暗めで落ち着いた色のものなら、基本的にどんなものでも合わせられます。

大人っぽく着こなしたいならジャストサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

ビッグサイズのミリタリージャケットを上手に着こなすのもよいですが、あまりにも大きすぎるとトータルのバランスを保つのが難しくなってしまいます。

大きめのサイズはトレンド感を出せるのでおすすめですが、初心者にはすこし難易度が高め。着まわしのしやすさで選ぶならジャストサイズを選ぶようにしましょう。

ミリタリージャケットのおすすめブランド

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)

1954年、アメリカ・バージニア州で誕生したミリタリーブランド。アメリカ軍に納品するためのフライトジャケットの製造からスタートしました。MA-1・M-65・N-3Bといったミリタリージャケットが有名です。

横向き入った3本のラインは、もともと軍用と民間のジャケットを区別するために入れたもの。現在では同社を象徴するブランドロゴになっています。アメリカ国内はもちろん、ヨーロッパや日本でも根強い人気を誇るブランドです。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) MA-1 ミリタリーフライトジャケット 20004-201

定番のMA-1を日本人の体型に合うようにリサイズされたモデル。よりカジュアルに着こなせるような仕様になっています。

左袖にあしらわれたシガレットポケットや重厚感のあるファスナー、レスキューオレンジなど、細部まで忠実に再現して作られているのが大きなポイント。野暮ったさを感じさせない、スタイリッシュなコーディネートが楽しめるアウターです。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) M-65 フィールドジャケット

M-51を継承するモデルとして新たに開発されたミリタリージャケット。左右対称に配置された4つのポケットは見た目だけでなく収納性にも優れています。フロントにあるゴールドのジッパーや肩のエポレットなど、細部にまでこだわって作られたバランスのよい一着です。

ウエストや裾が調節できるコードが内蔵されているほか、収納可能なフードも備わっており、幅広いファッションに合わせられます。モードなスタイルやオーバージャケットとしても使用可能で、一着は持っておきたいアイテムです。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) N-3B TIGHT N

極寒地にいる船の搭乗員や現地の作業員向けに作られた、保温性と防風性に優れたミリタリージャケット。ウインドフラップが風の侵入を防ぎ、ジップはフードまで閉められる作りになっています。

日本人の体型に合わせてリサイズされたタイトモデル。ポケットなどのディティールやボリューム感はそのままに、シャープなシルエットを実現しています。ミリタリーアイテムながらも上品さを併せ持ち、キレイめのコーディネートにも合わせられるアイテムです。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S)

ジーンズブランドなどを展開する東洋エンタープライズが1993年にスタートさせた、日本のミリタリーブランド。ヴィンテージのフライトジャケットを細部にまでこだわって復刻させています。

「真のレプリカ」を追求しているだけあり、素材・ディティール・存在感などを忠実に再現。実用性が高く着心地のよい復刻アイテムを多数手掛けています。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S) M-51 パーカー モッズコート BR12266

1950年代のアメリカ軍に採用されており、「モッズコート」という名で知られているアウターです。

カラーは落ち着いたオリーブ色で、さまざまなファッションに合わせられます。中綿のない薄手タイプなので、オールシーズンで幅広く活躍する一着です。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S) L-2A フライトジャケット BR14130

タイプL-2の改良モデルとして、温暖な気候下での着用を想定して作られたフライトジャケット。アメリカ空軍のシンボルカラー、エアフォースブルーを採用しているのが特徴のひとつです。

肩にあしらわれたエポレットや左肩のエアフォースマークにシガレットポケット、酸素用マスクを固定するためにあしらわれたボックスタブなど、細部まで忠実に再現されています。薄手の羽織として使い勝手がよく、パーカーをインナーにすることで寒い冬でも用いられるアウターです。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S) L-2B フライトジャケット BR11132

1970年代、長期にわたってアメリカ空軍に作用されていたL-2Aの後継モデル。暖かな気候で着ることを想定して作られたライトゾーン用のフライトジャケットで、年間通して幅広く使えるアイテムです。

フロントはジップアップを用いた開閉式。ジップにはクラウンファスナーが採用されています。旧モデルのエアフォースブルーからセージグリーンへカラーが一新されているのが大きな特徴です。サイズも全体的にゆったりした作りになっています。

アヴィレックス(AVIREX)

アヴィレックスは、1975年に法律家であったジェフ・クライマンが立ち上げたブランドです。創業当初は特に防寒性と機能性に優れたアイテムをアメリカ空軍へパイロットウェアを支給していました。

その後、軍へ支給するだけモノでなくタウンユース用のジャケットも発表すると、アヴィレックス社のジャケットは多くの人に愛されるブランドへと成長。1986年の「トップガン」では、主演のトム・クルーズがアヴィレックス社のフライトジャケットを着ていたことでも有名です。

アヴィレックス(AVIREX) MA-1 X-15

スペースシャトルの開発に大きく貢献した、世界最速を誇るスペースプレーン「X-15」を元に作成されたMA-1フライトジャケット。落ち着いた色のステッチやアップリケでシックに仕上げられています。

表地にはキメの細かい織りが特徴のポリエステルグログランを採用。宇宙を意識した迷彩カラーになっています。中綿にはサーモライトが使用されており、軽量で保温性が抜群です。

アヴィレックス(AVIREX) N-3B COMMERCIAL REALFUR

-10~-30℃のヘビーゾーンで着用することを想定して作られたN-3Bフライトジャケット。民間向けにアレンジされた一着です。日本人の体型に合うように少し細めのシルエットへと変更されているほか、ジッパーにブランドロゴを刻字するなどのアレンジも施されています。

着脱可能なフードファーや左腕に施されたポケットなど、細部にまでこだわりが見られる一着です。中綿には保温性と軽量性を兼ね備えたサーモライトを採用し、汗を素早く吸収して蒸発させます。着心地と暖かさを兼ね備えたアイテムです。

アヴィレックス(AVIREX) L-2B COMMERCIAL

1945年ごろに登場し、朝鮮戦争の初め頃までアメリカ軍に採用されていたフライトジャケット。中綿が使用されていないため動きやすく、幅広いシーンで用いられるユーティリティアイテムです。

両肩に施されたエポレットやウエストタブなど、細かい箇所まで忠実に再現。ブランドロゴが刻字された留め金やジッパーなど、アヴィレックスオリジナルのアレンジが加えられているのも魅力のひとつです。スッキリとしたシルエットをしており、コーディネートの中心として長く使用できるアウターと言えます。

ヒューストン(HOUSTON)

1972年にユニオントレーディング株式会社がスタートさせた日本のミリタリーブランド。ミリタリー文化のなかった日本へカジュアルに着られるフライトジャケットをもたらし、ファッション界に大きなインパクトを与えました。

展開するアイテムで最も有名なのが「M-51」シリーズです。日本の刑事ドラマ『踊る大捜査線』で、主人公の青島が着用したパーカーはヒューストン社が提供したものでした。M-51は今でも根強い人気を誇り、日本ではスーツの上に着用するスタイルが見られます。

ヒューストン(HOUSTON) MA-1 フライトジャケット

ユニオントレーディング社が独自に開発した、インディゴ染めのナイロンを使用して制作されたMA-1フライトジャケット。デニムのように経年劣化が楽しめ、さまざまな表情を見せてくれるアイテムです。

元々MA-1が持っている機能的で無骨なイメージを残したまま、左袖に施されたアップリケや裏地のストライプで垢抜けた雰囲気を演出しています。今までのミリタリーアイテムにはない魅力が詰まった一着です。

ヒューストン(HOUSTON) M-51モッズコート 青島モデル

ヒューストンの代表作とも言えるミリタリージャケット。『踊る大捜査線』シリーズで、主人公の青島が着用していたことで有名なM-51モッズコートです。フィッシュテールと呼ばれるデザインが特徴的で、肩に施されたエポレットなど細部にまでこだわってつくられています。

ジッパーとスナップボタンで風を防ぎ、袖口にリブが付けられているなど、防寒性や防風性は抜群。それでいて、元々は武器の上から着用するために作られているので、ゆったりと着こなせます。取り外せるライナーが付いているので、冬だけでなく春や秋にも用いられるアウターです。

ヒューストン(HOUSTON) N-1デッキジャケット

アメリカ海軍で採用されたデッキジャケットを細部にまでこだわって再現したN-1デッキジャケット。「ジャングルクロス」と呼ばれる織りが細かい生地を採用し、当時の質感や重厚感を表現しています。

襟裏のチンストラップやフロント部のジッパーなど、ボディ全体から細部にわたって昔ながらの無骨なイメージで統一。幅広いコーディネートと合わせられます。保温性のある裏ボアや風の侵入を防ぐリブが付いており、防寒性にも優れたアイテムです。

ショット(Schott)

1913年、アメリカのニューヨークでショット兄弟が立ち上げたブランド。創業当時はレインコートを手掛ける工場でしたが、1928年に世界で初めてフロント部にジッパーを採用したライダースジャケットを発表すると、画期的だと一躍話題になりました。

機械化され大量生産が主流となったファッション業界のなかで、職人が手作業でひとつひとつを作りあげていることが大きな特徴です。

ショット(Schott) MA-1フライトジャケット

胸元や背中にあしらわれた大きなイーグルの刺繡が目を引くMA-1フライトジャケット。アメリカ海軍艦『ミシシッピ』にインスパイアされて作成された、インパクトのあるアウターです。

裏地の素材にはレスキューオレンジのポリエステルを採用。耐久性が高く、水に濡れてもすぐに乾くことが魅力のひとつです。カジュアルなコーディネートに合わせやすい一着です。

ショット(Schott) SUEDE M-51 JACKET

ヤギの合成皮革で仕立て上げられたM-51フライトジャケット。薄くて肌触りがよく、丈夫さも併せ持ったアイテムです。使い込むごとに身体に馴染み、型崩れしにくいのも魅力のひとつ。ひとつのアイテムを長く使い続けたいという方におすすめです。

表地は落ち着いたオリーブカラーになっており、対照的な裏地のネイビーブルーがアクセント。4つのフラップ付きポケットなど、細部にもこだわりが見られます。

ロスコ(Rothco)

1953年、アメリカ・マンハッタンのイーストサイドでスタートしたミリタリーウェアブランドです。事業を始めた当初からアメリカ陸軍や海軍に製品を提供。現在は軍用品だけでなくタウンユース用のジャケットやアウトドア製品も手掛けており、クオリティの高さから親しまれています。

ロスコ(Rothco) MA-1 フライトジャケット

リバーシブル使用になっているMA-1フライトジャケット。ブラック・ネイビー・セージグリーンなど落ち着いたカラーが取り揃えられており、裏地は鮮やかなレスキューオレンジになっています。

袖にあしらわれたシガレットポケットやジッパー付近に施された二重仕立てなど、ディティールにまでこだわって作られていることも魅力のひとつ。袖・襟・裾はリブ使用になっており、防風性や防寒性にも優れます。

ロスコ(Rothco) M-65 フィールドジャケット

ミリタリーコーディネートの定番アイテムのひとつであるM-65フィールドジャケット。インパクト抜群の雰囲気がストリートシーンを始め、さまざまなファッションスタイルで愛されています。

フロントに据え付けられたジッパーの上から留められるボタンや収納力のある4つのポケットなど、その機能性は抜群。落ち着いたカーキや迷彩などのカラーラインナップがあり、アウトドアスタイルに合わせやすいアウターです。

アスペジ(ASPESI)

1969年にイタリア・ミラノで創業されたトータルファッションブランド。元々はシャツブランドとして事業を開始し、シンプルかつ質の高いアイテムを手掛けるブランドとして一躍有名となりました。

ミラノからレニャーノに本社や工場が移転した後も機能性の高いアイテムを展開。イタリア国内に留まらずイギリスや日本などにも出店し、世界的に多くの人に愛されています。

アスペジ(ASPESI) M-43 フィールドジャケット

第二次世界大戦中のノルマンディー上陸作戦頃にアメリカ陸軍で使用されていたフィールドジャケット。M-65の前身にあたるモデルです。ジャケット感覚で気軽に着こなせるオープンカラーが特徴。防風のために施されたチンウォーマーにも注目です。

胸ポケットは広く深めに作られており、収納力にも優れます。ドローコードでウエストサイズが調節できるなど、機能性もポイント。オールシーズンで用いられるユーティリティアイテムです。

アスペジ(ASPESI) M65型フィールドジャケット

1986年に展開され始めて以来、30年以上にわたって愛され続けているアスペジのM65型フィールドジャケット。機能性重視のイメージが強かったアイテムをライトにアレンジした一着です。

収納性の高い4つのフラップ付きポケットやジッパーの上から留められるボタンなど、機能性や防寒性にも優れています。フードは着脱可能で、冬はもちろん春や秋にも用いられるアイテムです。

ミリタリージャケットの秋冬メンズおすすめコーデ

無骨な装いを柔らかな印象に

By: wear.jp

M-65ミリタリージャケットをアウターに取り入れた秋コーデです。無骨な印象をあまり感じないのは、インナーに取り入れたホワイトニットがソフトな印象を与えているから。大人っぽいウインドウペンのパンツを合わせることでスタイリッシュな印象を出しています。

インナーにパーカーを合わせてカジュアルな装いに

By: wear.jp

ミリタリージャケットにパーカーを合わせたカジュアルなコーデ。ダメージジーンズとハイカットスニーカーでストリート感を演出しています。パーカーの下に白Tシャツを入れスッキリした印象を持たせており、赤のTシャツを覗かせることで差し色を入れているところもポイント。おしゃれかつ汎用性の高いコーディネートです。

ミリタリージャケット×デニムは相性抜群

By: zozo.jp

カーキのミリタリージャケットと相性がよいデニムを合わせたコーディネート。カラーバランスが絶妙で、暗めの色をインナーに合わせることで男らしさもアピールしています。シンプルで、誰でも真似しやすいのでおすすめです。

番外編|ミリタリージャケットの着こなしのコツ

ミリタリー系アイテムは1点に絞る

By: wear.jp

ミリタリー系アイテムは1点に絞りましょう。複数を重ねてしまうとシルエットが太ってしまい、一気にルーズな印象になってしまいます。1点に絞ることで、スタイリッシュでシャープな印象に仕上げられます。

きれいめアイテムと合わせる

By: wear.jp

ミリタリージャケットはカジュアル感が強いアイテムなので、ドレス寄りのきれいめなアイテムと合わせることでよいバランスになります。また、ブラックやカーキといったダーク系なものにきれいめなインナーを合わせることで、インナーの色をより際立たせられるのでおすすめです。