レジャーシートは、花見・キャンプ・海水浴などのアウトドアシーンには欠かせないアイテムです。しかし、耐水性に優れたモノや丸洗いできるモノ・携帯性に優れたモノなど、製品によって特徴が異なります。

初心者ほどどれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、レジャーシートの選び方からおすすめの製品までをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

レジャーシートの選び方

使用人数に合わせたサイズを選ぼう

By: amazon.co.jp

レジャーシートは、使用する人数に適したサイズのモノを選びましょう。使用人数に対して大きすぎるレジャーシートは、風で端がめくれ上がりやすくなります。また、余計なスペースを取ってしまうため、周囲に迷惑がかかってしまうのもデメリットです。

一方、小さすぎると荷物をおくスペースを確保できなかったり、窮屈になったりします。レジャーシートには、適性使用人数が記載されている製品がほとんどなので、購入前に確認しておきましょう。具体的な目安として、1人分の専有面積を縦幅90~120cm、横幅60~90cmと考えておくのがおすすめです。

座り心地は厚さをチェック

By: amazon.co.jp

座り心地のよさにこだわりたい場合には、購入前にレジャーシートの厚さをチェックしておきましょう。厚みが3mm程度ある製品であれば、地面の凸凹を感じにくく、快適な座り心地を得られます。地面からの冷気も遮断できるため、冬場に使用する際にもお尻が冷たくなりにくく、快適です。

一方で、レジャーシートによっては厚さが記載されていない製品もあります。その場合には、クッション性に優れたポリウレタンや発泡ポリエチレンを使用している製品を選ぶのがおすすめです。

持ち運びしやすいモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

レジャーシートを選ぶ際には、持ち運びのしやすさをチェックするのもポイントです。アウトドアシーンでは、荷物が多くなりやすいため、携帯性の高い製品を選べればより快適にアウトドアを楽しめます。

特に、持ち手が付いているモノやコンパクトに収納できるレジャーシートがおすすめ。折りたたむタイプの製品はかさばりにくい一方で、劣化しやすいのがデメリットです。使用頻度が高い方は、生地が傷みにくいロールアップタイプの製品を選びましょう。

防水加工されているか

By: amazon.co.jp

防水加工がされているかどうかチェックするのも、レジャーシートを選ぶ際のポイントです。雨の翌日、または結露した芝生などレジャーシートを地面に直接敷く場合、防水性がないとシートの表面に水が浸水してくる可能性があります。

防水性能があるレジャーシートであれば、地面からの冷気を和らげるため、表面が濡れにくく比較的快適に使用可能。防水加工が施されている製品は、裏面に合成樹脂をコーティングしている場合が多いので、購入前に確認してみてください。

そのほかの機能性にも注目

風で飛ばないようにするための「ペグ穴」

By: amazon.co.jp

ペグ穴が付いているレジャーシートなら、ペグによってレジャーシートを固定できるので、突風や強風でレジャーシートが飛ばされるのを防げます。特に、ソロキャンプでテントの横にシートを敷く際に便利です。

芝生や土の上で使う場合には、ピンペグと呼ばれるアルミ製のペグで固定すれば十分。ペグも付属しているモノを選べば、すぐに使い始められるのでおすすめです。

砂が入るのを防ぐ「砂除け」

By: amazon.co.jp

レジャーシートのなかには、フチが壁のように立ちあがっている砂除けが付いている製品もラインナップされています。風で砂が舞ったり、誤ってシートを蹴り上げてしまったりしても砂が入りにくいのが魅力です。

砂除けは、主にマジックテープで固定するタイプとボタンで固定するタイプの2種類があります。手早く設営したい場合には、ボタンで固定するタイプがおすすめです。

洗濯機で丸洗いできるとお手入れも簡単

By: amazon.co.jp

お手入れが簡単に済むレジャーシートを探している方には、洗濯機で丸洗いできる製品がおすすめです。特に、キャンプをはじめとした汚れやすい場所に行く方や大人数でレジャーシートを使用する方に向いています。

使用後に洗濯機に入れて乾燥するだけで、清潔な状態を保つことが可能です。なお、丸洗いした後は、カビの発生を防ぐためにもしっかりと乾燥させましょう。

レジャーシートのおすすめ

コールマン(Coleman) レジャーシートデラックス 2000036157

アウトドアアイテムの人気ブランド「コールマン」のレジャーシートです。ボタンを留めることでシートの4辺を立ち上げられるので、砂や小石がシートに侵入しにくいのが魅力。内側にクッション性のある素材を使用しているため、快適な座り心地を得られます。

また、裏地には水を通さないPEVA素材が採用されているため、雨の翌日や結露した芝生などで使用しても水が浸水しにくいのもおすすめポイント。サイズは約210×170cmと大型で、大人4人で使用できます。

収納時は約20×45cmとコンパクトに収まるので、持ち運びしやすいのもメリットです。カラーはサンセット・ネイビーホワイト・ベージュストライプなどがラインナップされています。

コールマン(Coleman) アウトドアラグ 2000030416

水洗いができるので、汚れが付いても清潔な状態に保てるのが魅力のレジャーシートです。通気性にも優れているため、海水浴をはじめとした夏のアウトドアシーンで使用するのがおすすめ。素材にはポリプロピレンが使用されています。

サイズは約174×135cm。重量は約1kgあります。折りたためるので、コンパクトに持ち運べるのもメリットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レジャーシート UB-3063

アウトドアアイテムを豊富に揃える人気ブランド「キャプテンスタッグ」のレジャーシートです。ペグ穴が付いており、ペグが4本付属しているので、地面に固定が可能。風の強い日でもシートが飛ばされるのを防げます。

また、厚さ1mmの発泡ポリエチレンを採用しているため、クッション性があるのもメリット。サイズは約180×240cmと3畳分の広さがあります。さらに、重量が約570gと軽量なのも魅力です。専用の収納バッグが付属しているため、持ち運びしやすい製品を探している方にも向いています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 起毛レジャーシート UB-3043

内側にウレタンフォームを採用し、適度な厚みがあるレジャーシートです。地面が凸凹している場所での使用を想定している方におすすめ。本製品のサイズは約60×90cmなので、1人用の製品を探している方に向いています。

また、起毛タイプのため、秋・冬のアウトドアシーンで使用できるのも魅力です。丸めてバンドで留めれば、直径7×長さ32cmとコンパクトに収まるので、持ち運びやすいのもメリット。おしゃれなチェック柄を採用しているため、見た目にこだわりたい方も、ぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ストローラグ UB-3058

ストロー状のポリプロピレン素材を織り上げたレジャーシートです。丸洗いが可能なので、汚れても清潔に保てます。汚れが付きやすいキャンプや、子供用の製品を探している方におすすめです。

ターコイズカラーをメインにしているので、見た目が涼しげなのもメリットです。サイズは約90×180cmと1〜2人で使用するのに適しています。重量は約500gと軽量。持ち運びに便利な収納ベルトが付いており、折りたためば約47×24×厚さ5cmとコンパクトに収まります。

モンベル(mont-bell) キャンプシート 1122715

登山用品をはじめ、さまざまなアウトドア用品の商品開発を行う「モンベル」のレジャーシートです。耐水性・耐久性に優れた素材を使用しているのが特徴。長く使用し続けられます。また、重量が300gと軽量なのもメリットです。

四隅に、ペグを打ち込めるループが付いているので、地面に固定することが可能。風に飛ばされにくいのも魅力です。サイズは200×150cm。カラーはブルーグリーン・オレンジ・グリーンの3種類がラインナップされています。

チャムス(CHUMS) ブービーピクニックシート CH62-1189

おしゃれな見た目のレジャーシートを探している方におすすめの製品です。「チャムス」のブービーバードが描かれているデザインが特徴。目を引くポップなカラーリングを採用しています。

サイズは、約140×100cm。大人2人で使用するのにぴったりです。四隅にペグ穴が付いているので、地面に固定することも可能。素材にはポリエステル100%を採用しており、PVCコーティングが施されているため、防水性にも優れています。オリジナルの収納袋が付属しているので、持ち運びしやすいのもメリットです。

ロゴス(LOGOS) 防水クッションマットビッグファミリー 71809730

防水仕様なので、雨で濡れている地面や結露した芝生などで使用しても、表面が湿りにくいレジャーシートです。素材には300Dオックスフォードを採用しており、クッション性があるのも特徴。凸凹した場所でも快適な座り心地を維持できます。

また、ヴィンテージストライプ柄を採用しており、見た目がおしゃれなのもおすすめポイントです。サイズは約145×190cmあります。付属する帆布製のホルダーに丸めればコンパクトに収まるので、携帯性に優れているのもメリットです。

ロゴス(LOGOS) SNOOPY 防水レジャーシート 86001101

人気のキャラクターが描かれているレジャーシートです。かわいい見た目の製品を探している方におすすめ。素材には、PVCコーティングが施されたポリエステルを使用しています。重量は約1.3kgと適度な重さがあり、風で飛ばされにくいのもメリットです。

サイズは約幅195×奥行145cm。防水生地のため、雨の翌日や結露した芝生などにレジャーシートを直接敷いても、表面が湿りにくいのもポイントです。専用の収納バッグにしまえば、約幅26×奥行4.5×高さ27cmに収まります。携帯性に優れているのも魅力です。

OutPort レジャーシート

見た目のかわいさと機能性を兼ね備えたレジャーシートです。チェック柄のデザインを採用しています。サイズは200×200cmで家族や大人数での使用におすすめ。表面がソフトな肌触りなのもメリットです。

また、クッション性もあるので、凸凹した場所で使用してもお尻が痛くなりにくいのもポイント。カラーは、赤・緑・青の3種類がラインナップされています。

Tishion 3層構造 ピクニックマット

3層構造を採用しているレジャーシートです。表面には触り心地がよいアクリル生地を使用しています。中間層には4mmのスポンジ生地を採用し、クッション性があるのが特徴です。裏地にはPEVA素材を使用しており、防水性が備えているのもメリット。雨が降った翌日や結露しやすい日でもシートが浸水するのを防げます。

厚さは6mmあるので、凸凹した場所で使用してもお尻が痛くなりにくいのもおすすめポイントです。サイズは約200×200cmと大きめサイズのため、家族で使用できる製品を探している方に向いています。くるくると丸めれば20×38cmとコンパクトに収まり、持ち運びやすいのも魅力です。

ビーエイト(BE8) レジャーシート

フリース生地を採用したレジャーシートです。肌触りがよくソフトな座り心地を得られます。3mmの厚みがあるので、凸凹した場所で使用してもお尻が痛くなりにくいのがメリットです。

裏地にはPEVA生地を使用しており、地面からの熱や冷気を軽減できます。防水性もあるので、地面が濡れていても、表面が湿りにくいのも魅力。さらに、折りたためば手提げかばんのような形になるので、持ち運びしやすいのもおすすめポイントです。

サイズは200×200cmと大きめ。家族で使えるレジャーシートを探している方はぜひチェックしてみてください。

KingCamp レジャーシート

大勢で使用できる製品を探している方にぴったりのレジャーシートです。サイズが300×300cmと大きいのが特徴。3層構造を採用しており、表面には肌触りがよいナイロンフリースを使用しています。中間層にはクッション性のあるポリエステル綿を採用しているので、凸凹した場所でもお尻が痛くなりにくいのも魅力です。

また、裏地にはアルミフィルムを採用しています。防水性能があるので、表面が湿りにくいのもおすすめポイント。ロールアップ式で折りたたみでき、収納時は約39×21cmとコンパクトに収まります。カラーはピンクとブルーの2色展開です。

AKASOOM レジャーシート

防水性に優れたレジャーシートを探している方におすすめの製品です。両面ともにシリコンコーティング加工を施されており、耐水圧は8000mmを備えています。撥水性もあるので、払うだけで水滴を落とせて便利です。

また、20Dナイロンチェック柄生地を採用することで、地面からの湿気や冷気を防げるのもメリット。耐久性にも優れているため、長い期間使用し続けられます。

さらに、四隅にはペグ穴が付いているので、地面に固定が可能です。風で飛ばされるのを防げます。サイズは140×180cm。収納時は12×18cmとコンパクトに収まります。重量は約186gと軽量なため、持ち運びしやすいのも魅力です。

LOCIOX OUTDOOR レジャーシート

カラフルなデザインが魅力のレジャーシートです。表面にアクリル素材を使用し、肌触りがよいのもポイント。ステッチで縁取りしてあるため、破れにくく耐久性にも優れています。

また、本製品は3層構造を採用。中間層にはスポンジを使用しているので、クッション性があります。凸凹した場所で使用してもお尻が痛くなるのを軽減可能。裏面にはPEVA素材を採用することで防水性を高めているのもメリットです。

サイズは200×200cm。重量は約1kgあります。収納時は15×15×40cmとコンパクトに収まるので、持ち運びやすい製品を探している方にもぴったりです。

fesley レジャーシート

携帯性に優れているレジャーシートを探している方におすすめの製品です。収納時のサイズは9×7cmとカバンに入る大きさに収まります。重量60gと軽量なのも特徴です。展開時のサイズは、73×105cmなので1人で使用するのに向いています。

また、素材にはナイロンを使用しており、防水性に優れているのも魅力です。撥水性も備えているため、雨に濡れても比較的すぐに乾きやすいのもメリット。耐摩耗性も高いので、長く使用できます。カラーは、ブルーとブラックの2色展開です。

丸和貿易 ピクニックル レジャーシート L 400672203

くるくると丸め、マジックテープで留めるだけで簡単に収納できるレジャーシートです。サイズは約130×150cm。収納時は約直径13×32cmに収まるので、持ち運びやすく、保管時にも比較的場所をとりません。

また、表面生地はアクリルを採用しており、さらっとした肌触りを得られます。裏地には防水性のあるEPEを使用しているため、汚れが付いてもすぐに落としやすいのもメリットです。

U-SOARS レジャーシート

持ち運びの際におしゃれなデザインになるのが魅力のレジャーシートです。表面には耐久性オックスフォード素材を使用。劣化しにくいので、長い期間使用し続けやすいのがメリットです。

また、裏地にはPVC素材を使用しているため、防水性能があります。濡れた地面に敷いても表面が湿りにくいのがポイントです。汚れが付いた際も、水で流せます。使用時のサイズは約145×200cm。重量は950gあります。

オカトー レジャーシート

ショルダー紐とカバーが付いており、持ち運ぶ際は便利なショルダーバッグ型になるレジャーシートです。肩に掛けられるため、荷物が多くなりやすいシーンでの使用に向いています。

ペグ穴が付いており、地面にしっかり固定できるので、風で飛ばされにくいのもメリット。防水加工が施されているため、湿った地面で使用しても表面が濡れにくいのもおすすめポイントです。

サイズは、大人4〜5人が座れる140×170cm。デザインのバリエーションがあるので、見た目がおしゃれな製品を探している方も、ぜひチェックしてみてください。

ヤクセル レジャーシート ディズニー S2 81126

ディズニーの人気キャラクター「ミニーマウス」が描かれているレジャーシートです。かわいい見た目の製品を探している方におすすめ。素材にはポリプロピレン・不織布を使用しています。耐久性に優れており、長い期間使用し続けられるのもメリットです。

サイズは、180×90cmで大人2〜3人で使用するのに向いています。価格が安く、コストパフォーマンスに優れた製品を探している方もぜひチェックしてみてください。

OUTAD レジャーシート

高密度の210Dオックスフォード生地を使用しているのが特徴のレジャーシートです。防水性に優れているのが魅力。子供用プールの下に敷いたり、急に雨が降ってきた際の雨よけに使用したりもできます。また、耐久性にも優れており、長い期間使用し続けやすいのもおすすめポイントです。

サイズは150×220cmのSサイズと、180×220cmのMサイズがラインナップされています。購入する際は、使用人数に合うサイズを選んでみてください。付属の収納袋にしまえばコンパクトに収まるので、持ち運びしやすいのもメリットです。

アサヒ興洋 レジャー シート

昔ながらの定番のレジャーシートです。コストパフォーマンスを重視したい方におすすめ。海水浴や運動会など、さまざまなシーンで使用できます。サイズは90×170cmあり、たたみ一畳分の大きさなので、大人2〜3人で使用するのに向いています。

素材にはポリエチレンを使用。使用後は折りたたむことで、コンパクトに収まります。コストを最低限抑えたい方は、チェックしてみてください。

HIMIMI レジャーシート

生地にオックスフォードを採用しているレジャーシートです。高耐水加工が施されているので、雨で濡れた地面や結露した芝生の上に敷いても表面が湿りにくいのが魅力。レジャーシート以外にも、テントのタープとして使用することも可能です。

また、四隅にはベルトループが付いているのでペグを挿せば地面に固定できます。風で飛ばされるのを防げるのもメリットです。さらに、耐摩耗性に優れているのもおすすめポイント。長い期間使用し続けやすい製品を探している方にも向いています。収納袋が付属しているため、持ち運びしやすいのも魅力です。

ネームレスエイジ(namelessage) レジャーシート

トライバル柄が魅力のレジャーシートです。デザインにこだわりたい方におすすめ。厚さ3mmのキルティングシートを採用しているので、クッション性があり凸凹した場所でも快適な座り心地を得られます。また、砂除けが付いており、表面に砂が侵入するのを軽減できるのもおすすめポイントです。

水洗いが可能なため、汚れても水で洗って乾燥させれば清潔な状態に保っておけます。さらに、四隅にはペグ穴が付いており、地面に固定ができるので、風でシートが飛ぶのを防げるのもメリットです。

カラーはマスタード・ベージュの2種類がラインナップされています。

ユージャック(UJack) レジャーシート 4589654910737

機能性に優れたレジャーシートです。表面には柔らかいフリース素材が使用されているので、肌触りがよいのが特徴。肌寒い季節にはブランケットとして使用することも可能です。使用時のサイズは200×150cm。大人3〜4人程度での使用に向いています。また、連結機能を使用することで、大勢で使用できるのも魅力です。

収納時は、35×25×10cmとコンパクトに収まり重量は約700gと軽量なので、携帯性に優れているのもおすすめポイント。マジックテープで仮止めができるため、簡単に折りたためます。保管する際にも比較的場所をとりません。

裏面には防水性の高いPVC素材を使用。表面が湿りにくく、汚れても簡単に拭き取れます。

BeryKoKo レジャーシート

「凹凸製法」によって、地面の感触や湿気・冷気を軽減できるのが魅力のレジャーシートです。厚みが約2cmあるため、クッション性もあり、凸凹した場所で使用しても快適な座り心地を得られます。汚れた際は丸洗いができるので、清潔に保ちやすいのもメリットです。

サイズは約190×57cm。大人2~3人が使用するのに適しています。ロングサイズのため寝転ぶことも可能。折りたたみもでき、収納時は約15×15×57cmとコンパクトサイズに収まります。収納袋が付属しており重量約350gと軽量なため、持ち運びやすいのもポイントです。

カラーはブルー・グリーン・オレンジなど複数ラインナップされています。

レジャーシートの売れ筋ランキングをチェック

レジャーシートのランキングをチェックしたい方はこちら。