レジャーシートはお花見や運動会といったイベントやアウトドアシーンなどで、1年を通して使えるアイテムです。既にビニールシートやブルーシートを使っている方も、おしゃれなレジャーシートを使えば気分がより高まります。

そこで今回は、コンパクトで持ち運びがしやすく、気分が上がるおしゃれなレジャーシートをご紹介。選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

レジャーシートの選び方

使用人数とサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

レジャーシートサイズを選ぶ際に目安となるのは、表記されている使用人数です。想定している使用人数よりも1〜2人分大きめのサイズを選ぶと、スペースに余裕ができて、ゆったりと過ごせます。

1人用であれば60×90cmから73×95cm程度の大きさが最適。子供の遠足用のレジャーシートを選ぶ場合は、子供用リュックに収まる小さなサイズが軽くて片付けやすいのでおすすめです。

2〜3人用のレジャーシートなら85×130cmから90×180cm程度の大きさが最適。4人以上で使用するならば、150cm四方や145×200cm以上の大きさのモノがおすすめです。大きめタイプでも狭いスペースで使う際は、使わない部分を折ることでコンパクトにできるため、周りの迷惑にならずに使えます。

シートの厚さをチェック

By: amazon.co.jp

レジャーシートは製品によって厚さが異なるため、用途に合う厚さのモノを選ぶのがポイントです。荷物を置くだけの目的で使用するなら、携帯性を重視して薄くて軽いモノを選んだほうが楽に扱えます。薄いレジャーシートは折りたたむとコンパクトになるのでかさばらないのも魅力です。

長時間座ったり寝転んだりする場合は、クッション性のある厚手のレジャーシートがおすすめ。ウレタンやEVA素材などを内側に使っているモノは柔らかくて厚みがあるので、地面の冷たさが伝わりにくいのもポイントです。土の上にレジャーシートを敷く場合はクッション性のあるモノを選んだほうが快適に過ごせます。

機能性で選ぶ

防水・撥水性

By: amazon.co.jp

レジャーシートを芝生などに敷いたとき、お尻が冷たく染みてきてしまったら気分も台無しです。しかし、防水・撥水性を備えたレジャーシートなら雨上がりや朝露、霜などで地面が濡れていても染みません。汚れても簡単に拭き取ることができ、安心して使えます。

洗濯できるかどうか

レジャーシートの上で飲み物や食べ物をこぼしてしまっても、洗えるタイプのモノなら洗って清潔に使えて便利です。敷く場所が汚れていても気にならないため、ラフに使いたい方は洗濯可能なタイプをチェックしてみましょう。

収納性

By: amazon.co.jp

持ち手や収納バッグがついているモノは持ち運びしやすくておすすめ。泥や砂で汚れたレジャーシートをたたむときにも、収納バッグがついていればほかのモノを汚すことなく運べて便利です。

レジャーシートのおすすめ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 起毛レジャーシート UB-3043

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 起毛レジャーシート UB-3043

厚手で小さめのレジャーシートを探している方におすすめの製品です。本製品はサイズが約60×90cmと小さいため、1人用に最適。屋外で子供をお昼寝させるのにもちょうどよいサイズなので、1つ持っていると重宝します。

くるくる丸めてバンドで留めるとサイズが直径7×長さ32cmとコンパクトになるため、持ち運びにも便利。内側にはウレタンフォームが入っているため、程よいクッション性があります。 カラーもおしゃれで人気がある製品です。

fesley レジャーシート

fesley レジャーシート

本製品は収納時のサイズが9×7cmと小さいのが特徴。重さも60gと軽いため、カバンに入れて常に携帯できます。サイズは73×105cmで1人用ですが、つめて座れば2人でも使用可能。収納ポーチがシートの端に付いているため、使用後は簡単にまとめられます。

高密度ナイロン素材を採用しており、防水性と耐摩耗性に優れているのもポイント。コンパクトに収納できるレジャーシートを探している方におすすめのアイテムです。

チャムス(CHUMS) ピクニックシート CH62-1189

チャムス(CHUMS) ピクニックシート CH62-1189

チャムスのブービーバードがかわいらしいレジャーシート。ポップカラーなカラーリングでインパクトが強いため、キャンプやピクニックはもちろん、お花見や運動会などのイベントで使うのもおすすめです。

サイズは大人が2~3人で座れる約140×100cm。素材はポリエステル100%でPVCコーティングが施されているため、防水性が高く水に濡れても染み込みません。さらに、専用のバックに入れるとコンパクトになり、気軽に持ち歩けます。目を引くおしゃれなモノを探している方におすすめです。

ロゴス(LOGOS) 防水クッションマット 71809729

ロゴス(LOGOS) 防水クッションマット  71809729

大人2人にちょうどよいサイズのレジャーシート。防水仕様で地面が湿っていたり芝生が濡れていたりしても使用できるため、ピクニックやイベントに最適です。肌触りがよくクッション性もあるので、座っても寝転んでも快適に過ごせます。

本体サイズは約145×140cm。帆布製ホルダーにくるくる丸めて収納すると幅約38×直径12cmとコンパクトになり、重さも600gと軽いので持ち運びも楽にできます。レトロなデザインのストライプ柄もおしゃれ。1つ持っていると便利に使えるおすすめのレジャーシートです。

MXYJF レジャーシート

MXYJF レジャーシート

北欧風の爽やかなデザインがおしゃれなレジャーシートです。サイズは145×150cmで2~3人で座るのに最適。折りたたんで収納すると幅20.5×奥行30.6×厚さ9cmとコンパクトになり、長さ調節可能な肩紐で楽に携帯できます。

表面には肌触りの柔らかい高品質なポリエステルを採用しており、寝転んでも座っても快適に過ごせます。裏面には、防水・防湿性の高いアルミを採用しており、地面からの湿気を防ぐことが可能。デザインと機能性に優れた、使いやすい製品です。

ノースイーグル(North Eagle) フリース行楽シート150 NE294

ノースイーグル(North Eagle) フリース行楽シート150 NE294

肌寒い季節に適したフリース素材のレジャーシート。肌触りもよいので寝転んでも気持ちよく過ごせます。厚手のフリースを採用しているため、子供のお昼寝用としても最適。サイズは約150×150cmと、大人が2~3人で座るのにちょうどよい大きさです。

くるくる丸めてバンドで留めると収納サイズが直径14×長さ37cmとコンパクトになり、重さも約600gと軽いので、持ち運びやすいのが魅力。裏面はPEVA素材で防水性が高いため、地面から水が染み込むのを防げます。明るいカラーの水玉デザインがおしゃれなアイテムです。

コールマン(Coleman) レジャーシートデラックス 2000036157

コールマン(Coleman) レジャーシートデラックス 2000036157

本製品は、シートの4辺を立ち上げて砂や小石の侵入を防げるのがポイント。レジャーシートの上に安心して食べ物や飲み物を置けるので、ピクニックやスポーツ観戦におすすめです。シートの表面は起毛素材で肌触りがよく、内側にはクッション性のあるフォームが入っているので快適に過ごせます。

サイズは約210×170cmで、大人4人でゆったり座ることが可能。裏面には防水性の高いPEVA素材を採用しており、地面に含まれる水が染み込むのを防げます。収納サイズは約20×45cmで携帯性も良好。ストライプの爽やかなデザインも人気です。

Miteng レジャーシート

Miteng レジャーシート

ブルー系のストライプがおしゃれなレジャーシート。サイズは200×150cmで、大人4人と子供2人が余裕で座れます。表面には程よくクッション性がある厚手のオックスフォード生地を使用しているため、長時間座っていても疲れにくいのがポイントです。

裏面には、地面や芝生からの湿気を防ぐPVC素材を採用。収納時のサイズは23×17cm、重さは約1kgと比較的軽量なので、車からの移動も簡単にできます。

さらに、洗濯機でも洗えるため、汚れても手軽に手入れ可能。おしゃれなデザインで、扱いやすいレジャーシートを探している方におすすめの製品です。

SONGMICS レジャーシート

SONGMICS レジャーシート

大人5~6人が余裕で座れる200×200cmのレジャーシート。ピクニックだけでなく、運動会やスポーツ観戦で広いスペースを確保するのに重宝します。ポップでおしゃれな5種類のデザインをラインナップ。収納時は折りたたんでバンドで固定し、肩に掛けて持ち運べます。

表面は肌触りがよく、内側は3層構造でクッション性を備えているため、凹凸がある地面でも快適に過ごすことが可能。裏面はアルミ被覆で保温性と防水性があり、雨が降った後でも使用できます。

汚れたら水で洗えるのもポイント。 大きめのレジャーシートで使いやすいモノを探している方におすすめです。

VUP レジャーシート

VUP レジャーシート

200×200cmの大判サイズにも関わらず、収納時には20×20cmとコンパクトにまとまるレジャーシート。重さも360gと軽いので、レジャーバックに入れて持ち歩けます。

防水性を備えたオックスフォード生地を採用しているため、水辺などの濡れた地面でも安心して使うことができます。携帯性を重視する方におすすめの製品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レジャーシート UB-3063

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レジャーシート UB-3063

ギンガムチェックのシンプルなデザインがおしゃれなレジャーシート。厚さ1mmの発泡ポリエチレンのクッションを採用しており、ソフトな座り心地でレジャーやキャンプを楽しめます。サイズは約180×240cmと3畳程の広さがあるため、大人5~6人で使用可能です。

ペグが4本付属しているため、風が強い日は四隅を地面に固定することが可能。耐熱温度は約70℃で直射日光にも耐えられます。重さも570gと軽いので、専用の収納バックに入れて気軽に持ち運べるのもポイントです。

Nianle 大きなピクニックマット

Nianle 大きなピクニックマット

3~5で使用できる大きいサイズのモノを探している方におすすめの製品。本体サイズが300×300cmあるため、ゆったり座れます。子供が遊ぶ広いスペースとして使うのにも適しており、1つ持っているとさまざまな用途に使えて便利です。

表面は柔らかい素材で程よいクッション性があり、快適に過ごせます。裏面は防水性を備えており、地面からの水が染み込むのを防ぐことが可能。バンドで固定して収納でき、持ち手もあるので持ち運びも簡単にできます。手洗いできるので食べ物をこぼしても安心です。

ディーオーディー(DOD) キャンピングマット CM2-64

ディーオーディー(DOD) キャンピングマット CM2-64

クッション性の高いおすすめ製品。エアバルブを緩めて地面に広げると空気を吸い込んで膨張するのが特徴です。約3cmの厚みがあるため、ピクニックでゆっくり読書をしたり昼寝をしたりするのに最適。裏面には滑りにくいドット加工が施されているのもポイントです。

サイズは大人2人が寝転べる180×112cm。ピクニックだけでなく車中泊での布団変わりにしたり、テントの中でシュラフの下に敷いたりといった使い方にも適しています。

Sanyi レジャーシート

Sanyi レジャーシート

ゆっくり寝転びたい方におすすめのエアピロー付きレジャーシート。柔らかい枕で眠れるので、レジャーシーンを快適に過ごせます。サイズは140×縦270cmと、大人2人がゆったり横になれる大きさです。

表面には程よく柔らかいオックスフォード生地を採用。防水性も高く、海で水着のまま寝転んでも水が染み込まないため、海辺のレジャーにも最適です。ペグが6本付属しており、地面に固定できるので風が強い日も使用可能。コンパクトに収納できるため、持ち運びにも便利です。

kinlight レジャーシート

kinlight レジャーシート

緩衛性のあるXPEフォームを素材に採用した製品。クッション性と耐久性に優れているのが特徴です。厚さが約2cmあり寝転んでも痛くないので、地面に凹凸があっても快適に過ごせます。

サイズは約横56×縦182cmで大人1人が寝転ぶのに最適。 横に並んで座る場合は3人でも使用できます。折りたたみ式でパッと広げるだけで楽に使えるのも魅力。重さも330gと軽いので、持ち運びも負担になりません。

収納の際は折り目にそって畳むだけなので後片付けも簡単。土や砂で汚れた際には水洗いができます。ピクニックだけでなく災害時にも活躍する便利なアイテムです。