メキシコのお酒として有名な「テキーラ」。ショットグラスで勢いよく飲むイメージが強いですが、カクテルのベースとしても使われることが多いので、好みや気分に合わせて飲めるのが魅力です。

そこで今回は、テキーラのおすすめ人気銘柄をご紹介。あわせて選び方やおすすめブランドについても解説します。熟成期間や産地によって味わいが異なるので、興味がある方はぜひ飲み比べてみてください。

テキーラとは?

By: amazon.co.jp

テキーラとは、メキシコのハリスコ州のテキーラという地域で、1700年代から造られている蒸留酒です。テキーラを名乗るためには、「CRT」と呼ばれる規則を満たす必要があり、メキシコで収穫された「アガベ」という植物を51%以上使用することや、アルコール度数を35~55%に収めることなどが義務付けられています。

甘い風味が楽しめるのが特徴で、ウイスキーなどほかの蒸留酒のように、ストレートやロックはもちろん、カクテルにして味わうのも人気。現地では、ライムと一緒にストレートで飲み、食塩を最後に舐めるという飲み方が正統とされています。

また、テキーラはジン・ウォッカ・ラムと並び「世界4大スピリッツ」とも称されており、世界中から高い人気を集める、メキシコを代表するスピリッツです。

テキーラの選び方

種類で選ぶ

プレミアムテキーラ(100%・デ・アガベ)

By: amazon.co.jp

テキーラは、「アガヴェ・アスール・テキラーナ・ウェーバー」という種類のアガベを原料に使用しています。一般的に「ブルーアガベ」とも呼ばれているアガベを100%使用して製造したテキーラが「プレミアムテキーラ」です。

副原料は一切使用せず、ブルーアガベのみが原料に用いられています。アガベ特有の甘い味わいや風味がしっかりと楽しめる、高級テキーラです。ボトルのラベルには「100% de Agave」の刻印がされています。

ミクストテキーラ

By: amazon.co.jp

ブルーアガベを51%以上使用することを条件に、糖蜜などから蒸留したお酒などを混合させたテキーラが「ミクストテキーラ」です。副原料を使用しているため、はっきりとした甘みが感じられるモノもあります。

初心者の方や、強いお酒が苦手な方でも飲みやすいのが特徴。ショットをはじめカクテルの材料としても幅広く楽しめます。また、プレミアムテキーラに比べて価格も安いため、テキーラを試してみたい方にもおすすめです。

熟成期間で選ぶ

ブランコ(Blanco)

By: amazon.co.jp

「ブランコ」とは樽による熟成を行っていないか、もしくは熟成60日以内のテキーラのことを指し、無色透明な見た目から「シルバー」と呼ばれることもあります。クリアな味わいが特徴で、クセはあまり強くなく香りもキツくないため、テキーラ初心者の方におすすめです。

ホーベン(Joven)

「ホーベン」とはブランコと樽で熟成したテキーラをブレンドしたモノ、またはブランコをカラメルで着色したタイプを指します。クリアな味わいが特徴のブランコに樽熟成したテキーラを加えることで、香りや旨みが増しているのがポイント。口当たりのよいテキーラを楽しみたい方におすすめです。

レポサド(Reposado)

By: amazon.co.jp

「レポサド」は、60日〜1年熟成させたテキーラを指します。クリアな口当たりとアガベが持つ甘みのバランスが取れており、テキーラらしい味わいを楽しめるのが特徴。その色合いから「ゴールド」と呼ばれることもあります。銘柄の種類が多いのも魅力です。

アネホ(Anejo) / エクストラアネホ(ExtraAnejo)

By: amazon.co.jp

「アネホ」とはオークという木材を使用した樽で1年以上熟成させたテキーラのこと。芳醇な香りと甘みがしっかり感じられるので、テキーラの味を噛み締めながら少しずつ飲むのがおすすめです。

なお、オーク樽で3年以上熟成させたモノは「エクストラアネホ」と呼ばれており、より上質な味わいを堪能できるのが特徴です。

度数で選ぶ

By: amazon.co.jp

テキーラのアルコール度数はメキシコの法律により35~55%に決まっています。アルコール度数には20%の幅がありますが、流通しているほとんどのテキーラは約40%が一般的です。

しかし、銘柄によっては、55%のアルコール度数のモノや、逆に砂糖やフレーバーを加えたミクストテキーラのように度数が控えめの35%程度のモノもあります。購入する際には、アルコール度数を確認して、自分の好みに合ったテキーラを選びましょう。

飲み方で選ぶ

ストレートやロック向け

By: amazon.co.jp

ストレートやロックといった、テキーラ本来の味わいをじっくりと楽しめる飲み方をしたいなら、アガベ独特の甘みや旨みがたっぷりと詰まったプレミアムテキーラがおすすめです。

なかでも、すっきりとした爽快な味わいを楽しみたいならブランコやレポサド、芳醇な味わいと香りを楽しみたいならアネホと、気分に合わせて熟成期間もチェックするとよりおいしいテキーラが味わえます。

カクテル向け

By: amazon.co.jp

テキーラ初心者の方や、お酒があまり強くない方はテキーラを用いたカクテルからトライするのもおすすめ。ミクストテキーラは、フレーバーがついているモノや度数が高くないモノもあるのでカクテルにもぴったりです。

熟成期間としては、飲みやすい味わいのカクテルを楽しみたいなら甘みが強いホーベンやレポサド、すっきりした味わいが好みならブランコがおすすめ。さまざまな銘柄や飲み方を試して、好みの味わいを探してみましょう。

テキーラのおすすめブランド

サウザ

By: amazon.co.jp

1873年に設立されたサウザはテキーラの名付け親といわれている企業。初めてアメリカへ輸出して、世に広めたといわれています。

現在はサントリーグループの一員となり、日本法人保有のテキーラ蒸留所として稼働しているのもポイント。スタンダードなプレミアムテキーラは、日本でも人気があり、バーで気軽に楽しめる銘柄として人気です。

クエルボ

By: amazon.co.jp

1795年に、ホセ・マリア・グアタルーペ・クエルボにより設立されたクエルボ。1873年にアメリカへテキーラを輸出し、1893年にはシカゴの世界博覧会にて特別賞を獲得しました。その後も数多くのテキーラ愛好者に親しまれ、今や世界トップクラスの売り上げを有しています。

テキーラのおすすめ人気銘柄|プレミアム

サウザ ブルー レポサド

テキーラのパイオニアとして知られる「サウザ」の人気銘柄です。独自のアガペ抽出方法と特別な酵母により、えぐみが感じられないフレッシュな味わいを引き出しています。2カ月間熟成された「レポサド」は、まろやかな口当たりがポイントです。

青い鳥のパッケージがスタイリッシュなので、パーティーシーンにもぴったり。常温で味わうほか、炭酸で割ったハイボールやカクテルベースとして、さまざまな飲み方が楽しめます。コスパの高い上質なテキーラとしておすすめです。

クエルボ エスペシャル

テキーラのトップブランドとして名高い「クエルボ」の人気銘柄です。2カ月以上樽熟成されているため「レポサド」に分類されます。甘みのある風味と、まろやかで深いコクが特徴。チューリップ型のグラスで味わうと、立ちのぼる香りが存分に堪能できます。

暑い季節にはよく冷やして、パンチの効いた喉越しを楽しむのもおすすめ。アルコール感が抑えられてぐっと飲みやすくなります。マルガリータなどのカクテルベースとしてよく使用されるので、自宅でのカクテルづくりのラインナップのひとつに加えてみてください。

クエルボ 1800 レポサド

6ヶ月以上の熟成を行い、熟成感が強い高級感の漂うゴールドなカラーが特徴のプレミアムテキーラ。もちろん、原料にブルーアガベが100%使用されており、豊かでコク深い味わいが堪能できます。

フレッシュなブルーアガベやオーク樽由来のほのかな香りに、オレンジピールやバニラのフルーティーで甘い風味が伴うのも特徴。マルガリータなどのカクテルにして、芳醇でまろやかな味わいを楽しむのにおすすめのテキーラです。

パトロン アネホ

個性的な重厚感のあるボトルに入ったテキーラです。「パトロン」のテキーラは世界的に有名。6~7年の歳月をかけて栽培したアガベのなかから厳選されたモノだけを原料にして、丁寧に製造されているのがポイント。

本製品は、異なる2つの樽で1年以上寝かせた「アネホ」を黄金比率でブレンドしたプレミアムな銘柄です。樽由来のバニラやレーズンの香りと、ハチミツのように濃厚な風味が特徴。トロリとしたなめらかな口当たりを常温のストレートで楽しむのがおすすめです。

ポルフィディオ プラタカクタス

樽による熟成を行わずに製造されたシルバーテキーラ。原料に使用しているのは10年物のブルーアガベで、1回だけ絞り出された上質なジュース100%で造られています。温度管理が可能な、ステンレススチール製タンクで8日間かけて発酵。じっくりと香りが引き出されています。

蒸留も3回かけて丁寧に行われており、華やかで上質や香りやコクが感じられるのが特徴。素材が持つ本来の味わいが活かせる、シンプルなカクテルでゆったりと楽しむのにおすすめのテキーラです。

ポルフィディオ スーパー・ハリスコ アネホ

単式蒸留を3回行い、雑味のないアガベ本来の味が堪能できるプレミアムテキーラ。原料には高地で収穫された12年もののブルーアガベを100%使用し、合計で7年間もの長期熟成を行ったエクストラアネホです。

さらに、熟成には手焼きが施されたアメリカンホワイトオークの新樽を使用。上品で円熟した風味や、深いコクと複雑に絡み合う味わいがじっくりと楽しめます。ストレートで、手のぬくもりをグラスに伝えて立ち上がるほのかな香りや、口に含んだ際の味わいをゆったりと楽しむのがおすすめの飲み方です。

エラドゥーラ プラタ

1870年創業という、テキーラの蒸留所として古い歴史を持つ「エラドゥーラ」が製造するプレミアムテキーラ。自家農園で除草剤を一切使用せずに約10年かけて栽培したブルーアガベを100%原料に使っています。

イースト菌などを使用せずに自然発酵させ、アメリカンホワイトオークの新樽のみで45日間の熟成を行っているこだわりの逸品。しっかりとした骨格のある風味ながら、すっきりとした柔らかみのある上品な味わいが特徴です。アガベ独特の香りから、フルーツやシナモンのような香りの変化が楽しめます。

テキーラ特有の喉が焼け付くような刺激は少なく、非常になめらかで飲みやすい口当たりも魅力。カクテルベースで幅広く楽しめますが、ストレートやロックでじっくりと味わうのもおすすめの飲み方です。

エラドゥーラ アネホ

10年間育成し、ハリスコ州テキーラ町で収穫されたブルーアガベのみを使用して製造されたプレミアムテキーラ。アメリカンホワイトオーク樽で2年間熟成をした、重厚な風味と深い味わいが楽しめる高級テキーラです。

洋ナシを思わせるフルーティーさやスパイシーな香りが感じられ、バニラのような甘さやコーヒーに似た芳ばしさが口に広がります。クリーミーでまろやかな口当たりながら、ドライな喉ごしでアルコール度数も40%と、ウイスキーのような感覚で楽しめるのも特徴。飲み方は、ストレートやロックで、深いコクと繊細な味わいをじっくりと楽しむのがおすすめの銘柄です。

ドンフリオ アネホ

本格的な高級テキーラを味わってみたい方におすすめのプレミアムテキーラです。小さなバーボン樽により最低でも1年半熟成。爽やかですっきりした辛口の味わいで、かすかな蜂蜜を思わせる甘さも感じられます。

柔らかい口当たりで、コクが深く、なめらかな喉ごしも特徴です。ライム・グレープフルーツ・マンダリンといったニュアンスも伴います。ストレートかロックで、高級な味わいをじっくりと楽しむのに適したテキーラです。

ドンフリオ 1942

プレミアムテキーラ界をリードする「ドンフリオ」の、創設60周年記念に販売されたテキーラ。原料となるブルーアガベの栽培から、最終的に樽で熟成を行うまで全行程を手作業で、入念な注意を払って製造されています。

厳選のアガベのみを原料に使用し、バーボン樽で2~2年半かけて熟成。アガベ独特の甘い香りとともに、バニラやキャラメルといった風味が広がります。高級感の漂う深い味わいと風味を、大きめのグラスに注ぎストレートで楽しむのがおすすめの飲み方です。

オルメカ ゴールド レポサド

メキシコの古代文明、オルメカの巨大石像がモチーフとなったロゴマークが特徴のプレミアムテキーラ。オーク樽による6ヶ月間の熟成により、コク深い甘みを感じ、複雑で心地よい刺激と香味を伴った余韻も楽しめます。

フレッシュなブルーアガベの風味に、ホワイトペッパーのようなスパイシーさと、ほのかにグレープフルーツを思わせる柑橘系の香りが漂うのも特徴。口に含むと甘みとともに、甘酸っぱくドライな味わいが広がります。

まずはストレートでじっくりと味わい、カクテルベースとしても幅広く楽しむのにもおすすめです。

カサ・ノブレ ホーベン

6週間の熟成を行ったテキーラとブランコをブレンドしたプレミアムテキーラ。土っぽさを感じる風味と、蒸したアガベの高級感がある風味が交じり合います。

さらに、フローラルで甘いトロピカルフルーツのようなフレーバーや、バニラの香りも伴い、バランスよくお互いを引き立たせる味わいも特徴。アルコール度数51%と比較的強いため、ストレートやロックでは、パンチの効いた刺激や、本来備わる独特な風味や味わいが楽しめます。

強いお酒が苦手な方は、カクテルにしても甘さが引き立ち飲みやすいのでおすすめです。

カサ・ノブレ アネホ

有機農法で栽培されたブルーアガベのみを使用して製造されたプレミアムテキーラです。使用しているブルーアガベは10~14年もので、60時間かけて自然発酵。フレンチオークの新樽によって2年間の熟成を行っている、こだわりの製品です。

蒸されたアガベに数種類のスパイス、さらにバタースコッチ・バニラ・チョコレート・スモーキーウッド・ドライフルーツといった複雑で豊かな香りや味わいが楽しめます。繊細な舌触りや、濃密で力強い口当たりも特徴。ストレートやロックの飲み、複雑で濃厚な風味や味わいを楽しむのがおすすめです。

アハ・トロ ディーヴァ ピンク・ボトル

ブランコテキーラを、赤ワインの空き樽を用いて2ヶ月間熟成させたプレミアムテキーラ。赤ワイン樽由来の赤く鮮やかな色あいが美しく、口に含むと桜を想起させるほのかなフローラル系の香りが心地よく漂うのが特徴です。

また、爽やかな飲み口で、フルーティーな味わいとほのかに残る赤ワインの余韻も楽しめます。ストレートかロックで、独特の風味と味わいをゆっくりと堪能するのに適した銘柄。チーズケーキといったスイーツなどと一緒に味わうのがおすすめです。

テキーラのおすすめ人気銘柄|ミクスト

サウザ シルバー

テキーラを代表するブランドである「サウザ」が造るミクストテキーラです。リーズナブルな価格の定番テキーラとして、ロングセラーを誇ります。上質なアガベとトウモロコシを使用し、同ブランドこだわりの製法で造られた銘柄。

安価でもしっかりと風味のバランスが取れているのでおすすめです。すっきりとしてクセがないので、ライムやグレープフルーツなど好みの材料と合わせて気軽に楽しめます。テキーラを身近に感じられるカジュアルな銘柄で、さまざまな飲み方で飽きずに飲み続けられるのが魅力です。

パトロンXOカフェ

コーヒーフレーバーのミクストテキーラです。35%の高いアルコール度数のテキーラとブレンドすることで、通常のコーヒーリキュールとは違うキリっとした味わいが楽しめるのがポイント。芳醇なコーヒーの香りとアガベの甘みが感じられる、大人のためのデザート酒に仕上がっています。

ディスプレイしてもおしゃれに決まる洗練されたデザインボトルが魅力。カクテルにしたり、スタウトビールやコーラで割ったりと、さまざまな飲み方が楽しめます。甘さを控えた食後のカクテルにぴったりなモノを探している方におすすめです。

パトロン シトロンジ

メキシコ産のバレンシアオレンジのフレーバーが付いたミクストテキーラ。オレンジの皮を使用したリキュールと柑橘系のジュース、テキーラを合わせてシェイクするカクテル「マルガリータ」との相性が良好です。

高品質な「パトロン」のテキーラがベースなので、フレーバータイプでも高品質なアガベの風味が味わえます。ボトルデザインの美しさも「パトロン」の魅力のひとつ。目でも舌でも楽しめるパーティーシーンにおすすめの1本です。

タランチュラ アズール

シトラスフレーバーが加えられ、爽やかで飲みやすいのが魅力のミクストテキーラ。毒グモをモチーフとしたラベルで、鮮やかなブルーの液体カラーでスタイリッシュなデザインも特徴です。

アルコール度数も35%とテキーラのなかでは低く、強いお酒が苦手な方でも、ショットやカクテルなどで幅広く楽しめます。価格も安いため、初心者の方にもおすすめの銘柄です。

カミノ・レアル ホワイト

70年以上の伝統と歴史を持つ「カミノ・レアル」蒸留所が製造するミクストテキーラです。丸みのあるユニークなデザインのボトルが印象的で、乾燥後に中身をくり抜いたヘチマをイメージしています。

クセが少なくライトなテイストなので、テキーラが苦手な方でも飲みやすいのも特徴。カクテルベースとしての使用に適しています。価格も安いため、気軽にさまざまなカクテルづくりに挑戦してみたい方にもおすすめです。

エル・チャッロ シルバー

樽で熟成を行っておらず、クリアながら複雑で深い味わいが楽しめるミクストテキーラ。穀物の豊かな風味や、魅惑的な甘みを存分に堪能できます。甘みのなかにも、青草のような香りや、芋や米といった穀物を思わせる香りなど、複雑な風味が奥深さを感じさせる銘柄です。

ストレートで飲めば、独特の甘さや複雑に絡み合う風味がじっくりと楽しめます。価格も安く、カクテルにして手軽に幅広い味わいを試してみるのもおすすめです。

番外編:テキーラのおすすめの飲み方

メキシカンスタイル(ストレート)

本場メキシコでも親しまれている伝統的な飲み方が「メキシカンスタイル」。ショットグラスもしくはカバジートグラスにテキーラをストレートで注いだ後、塩とカットライムを用意すれば準備完了です。

まずはカットライムをかじり、その後テキーラを口に流し込んでから最後に塩を舐めます。ライムの酸味とテキーラの味、塩味が相まって楽しめるのが特徴です。なお、アルコール度数の高いテキーラをそのまま流し込む飲み方なので、お酒が弱い方は注意しましょう。

ロック

By: amazon.co.jp

氷を入れたグラスにお酒を注ぐ「ロック」は、ウイスキーや焼酎などでおなじみの飲み方ですが、テキーラでもおいしく飲めます。氷で冷たくなり、飲みやすいクリアな口当たりに変わるのが特徴。ストレートだとアルコール度数が強すぎて飲めない方におすすめです。

マルガリータ

「マルガリータ」は、ホワイトキュラソーと呼ばれるオレンジの皮を使ったリキュールとレモンジュース(ライムジュース)、そしてテキーラをシェイクして作るカクテルです。飲み口に塩を付けたグラスを使用するのもポイント。柑橘系の爽やかさと塩味を交互に楽しめるのが特徴です。

テキーラサンライズ

By: asahibeer.co.jp

テキーラとオレンジジュースを混ぜた後、ザクロの果汁と砂糖から作られるグレナデンシロップを加えたのが「テキーラサンライズ」。サンライズという名前の通り、日の出を感じさせるエネルギッシュな見た目が特徴で、爽快な口当たりが感じられるカクテルです。

テキーラトニック

「テキーラトニック」はテキーラにトニックウォーターを加えたシンプルなカクテル。爽やかさと苦みをバランスよく味わえるのが魅力です。また、炭酸なので喉越しがよいのもポイント。好みに合わせてライム(レモン)やミントを添えるのもおすすめです。

マタドール

By: asahibeer.co.jp

「マタドール」は、テキーラ・パイナップルジュース・ライムジュース(レモンジュース)をシェイクして作るカクテル。甘酸っぱいトロピカルな味わいのなかにしっかりとしたテキーラが感じられる1品です。カットパインを添えればおしゃれな見た目に仕上がるので、ぜひ夏に試してもらいたい飲み方です。

エル・ディアブロ

By: asahibeer.co.jp

甘みが強い紫色のリキュール「クレーム・ド・カシス」と、ジンジャエールをテキーラに加えて作るカクテル。毒々しい赤色になることから、悪魔を意味する「エル・ディアブロ」の名が付いたとされています。味はさっぱりしているのが特徴で、酔いしれたいときにおすすめです。

ストローハット

テキーラにトマトジュースを加えて、最後にカットレモンを添えたカクテルが「ストローハット」。好みに応じてタバスコ・ウスターソース・コショウなどの調味料を加えることもあります。トマトジュースの酸味がテキーラの味とよく合うおすすめの飲み方です。