メキシコのお酒として有名な「テキーラ」。ショットグラスで勢いよく飲むイメージが強いですが、カクテルのベースとしても使われることが多いので、好みや気分に合わせて飲めるのが魅力です。

そこで今回は、テキーラのおすすめ人気銘柄をご紹介。熟成期間や産地によって味わいが異なるので、興味がある方はぜひ飲み比べてみてください。

テキーラとは?

By: amazon.co.jp

テキーラはジン・ラム・ウォッカと並ぶ「世界4大スピリッツ」のひとつで、「竜舌蘭(リュウゼツラン)」という植物の一種である「アガベ」を51%以上使用したメキシコのお酒です。その基準は厳しく定められており、メキシコの限られた産地以外で作られたモノはたとえほかの条件を満たしていてもテキーラとは名乗れません。

テキーラの選び方

種類で選ぶ

100%・デ・アガベ

アガベだけを原料として使ったテキーラのことを、100%・デ・アガベといいます。別名「プレミアムテキーラ」と呼ばれ、優しくまろやかな甘みが特徴。喉が焼きつくような刺激もなく、口当たりも柔らかで上品な味わいです。

あおるように飲むのではなく、舌でゆっくり味わいながら飲むのがおすすめ。またショットグラスよりも、ロックグラスに注ぐ方が香りをしっかりと楽しめます。

ミクストテキーラ

アガベのほかに、サトウキビから抽出した糖蜜や砂糖、ブドウ糖などを混ぜて作られるのがミクストテキーラです。加糖による甘みが強いため、カクテルやパーティードリンクとして使用するのがおすすめ。

また、ミクストテキーラは100%・デ・アガベよりも自然な甘みや旨味がやや劣りますが、安価で種類も豊富なのが魅力です。

度数で選ぶ

By: amazon.co.jp

テキーラのアルコール度数はメキシコの法律により35~55%に決まっています。アルコール度数には20%の幅がありますが、流通しているほとんどのテキーラは40%くらいが一般的です。

しかし、銘柄によっては、55%のアルコール度数で出したり、逆に砂糖やフレーバーを加えたミクストテキーラのように度数が控えめの35%で出したりする場合もあります。購入する際には、アルコール度数を確認して、自分の好みに合ったテキーラを選びましょう。

熟成期間で選ぶ

テキーラは熟成期間によってもいくつかの種類に分けられます。味はもちろん、香りや見た目にも違いがあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

ブランコ(Blanco)

By: amazon.co.jp

「ブランコ」とは樽による熟成を行なっていない、もしくは熟成60日以内のテキーラのことを指し、無色透明な見た目から「シルバー」と呼ばれることもあります。クリアな味わいが特徴。癖はあまり強くなく香りもキツくないため、テキーラ初心者の方におすすめです。

ホーベン(Joven)

By: amazon.co.jp

「ホーベン」とはブランコと樽で熟成したテキーラをブレンドしたモノ、またはブランコをカラメルで着色したタイプを指します。クリアな味わいが特徴のブランコに樽熟成したテキーラを加えることで、香りや旨みが増しているのがポイント。口当たりのよいテキーラを楽しみたい方におすすめです。

レポサド(Reposado)

By: amazon.co.jp

「レポサド」は、60日〜1年熟成させたテキーラを指します。クリアな口当たりとアガベが持つ甘みのバランスが取れており、テキーラらしい味わいを楽しめるのが特徴。その色合いから「ゴールド」と呼ばれることもあります。銘柄の種類が多いのも魅力です。

アネホ(Anejo) / エクストラアネホ(ExtraAnejo)

By: amazon.co.jp

「アネホ」とはオークという木材を使用した樽で1年以上熟成させたテキーラのこと。芳醇な香りと甘みがしっかり感じられるので、テキーラの味を噛み締めながら少しずつ飲むのがおすすめです。

なお、オーク樽で3年以上熟成させたモノは「エクストラアネホ」と呼ばれており、より上質な味わいを堪能できるのが特徴です。

テキーラのおすすめ人気銘柄|100%・デ・アガベ

ポリフィディオ(Porfidio) アネホ

ポリフィディオ(Porfidio) アネホ

可愛らしいサボテンが描かれたボトルが特徴的な製品。そのデザイン性の高さから熱烈なコレクターがいるほどの人気を集めています。手作りのガラス細工でできており、同じモノは世界に2つとありません。

もちろん味や品質にもこだわり、糖度が高いハリスコ産の12年物のブルーアガベを100%使用。さらに、アメリカンオークの新樽で5年かけて熟成させ、繊細さと奥深さのある味わいを実現しています。

サウザ(SAUZA) ブルー レポサド

サウザ(SAUZA) ブルー レポサド

本製品は、2ヶ月以上の樽熟成を経たまろやかな甘みとさわやかなバニラの香りが特徴です。また、農薬を使わず、できる限り自然に近い環境で栽培したブルーアガベを100%使用。新鮮なブルーアガベを特別な工程で抽出し、旨味をしっかりと引き出しています。

アガベ本来の味わいを楽しむには、常温のストレートがおすすめ。もちろん、カクテルベースでも程よい甘さが感じられます。高品質にも関わらず価格は安いので、プレミアムテキーラを初めて体験する方にも人気の銘柄です。

ドン・フリオ(Don Julio) アネホ

ドン・フリオ(Don Julio) アネホ

最低でも1年半以上熟成させ、まろやかな味わいを作り出しているのが本製品の特徴。標高2,000m以上の高原で育ったブルーアガベを原料とし、手作業で作られた高品質なプレミアムテキーラです。

ライム、グレープフルーツなどのフルーツの香りがあり、まろやかでコクのある口あたり。アルコール度数は38%とテキーラとしてはやや低めなので、飲み慣れていない方にもおすすめの銘柄です。

エラドゥーラ(HERRADURA) プラタ

エラドゥーラ(HERRADURA) プラタ

1870年から続く伝統に裏づけされた、奥深い味わいのプレミアムテキーラです。口あたりが柔らかく、とろりとした独特の味わいが特徴。グラスへ注ぐと、まずはフルーツのような香りが立ち、次第にシナモンのような香りへと変化します。

使用されているブルーアガベは、自家農園で栽培されたモノを100%使用。イースト菌を使わず、自然発酵で4~7日ほどかけてじっくり旨味を引き出します。また、ボトルには幸運のシンボルである蹄鉄が描かれており、ギフトとしても人気の銘柄です。

エラドゥーラ(HERRADURA) レポサド

エラドゥーラ(HERRADURA) レポサド

10年かけて育てられた糖度と旨味があるブルーアガベを100%原料に使用。レポサドの基準である2ヶ月よりも長い11ヶ月もの間、アメリカンホワイトオーク樽でじっくり熟成させています。この熟成期間により、とろりとした濃厚な味わいが楽しめます。

また、本製品はフルーティーなアガベの香りと、樽熟成による木の芳醇な香りも魅力。目・鼻・舌で楽しめる、最高級のプレミアムテキーラです。

オルメカ(OLMECA) アルトス レポサド

オルメカ(OLMECA) アルトス レポサド

「THE TEQUILA MASTERS」で金賞メダルを獲得し、世界中から高い評価を受ける銘柄。世界的なバーテンダーであるヘンリー・ベサント氏とドレ・マッソ氏、そして「オルメカ」のマエストロであるヘスス・ヘルナンデス氏が生み出したプレミアムテキーラです。

原料はアガベ専門の農家によって7年かけて栽培されたブラーアガベを100%使用。レポサドの規定よりも長い6~8ヶ月の間バーボン樽での熟成を行うことで、濃厚な木の香りがします。カクテルベースはもちろんですが、ストレートで飲むのもおすすめの銘柄です。

オルメカ(OLMECA) アルトス プラタ

オルメカ(OLMECA) アルトス プラタ

本製品は「THE TEQUILA MASTERS 2017」において最高賞を獲得した銘柄です。樽熟成をせずボトリングされた、アガベ本来のピュアな旨味が特徴。ライムやレモンのフルーティーな甘みが口いっぱいに広がり、後味も爽快です。

奥深い味わいを引き立てるのは、アガベのほのかな香り。強い香りが苦手で、すっきりとしたプレミアムテキーラが飲みたい方におすすめの銘柄です。

クエルボ(Cuervo) 1800 レポサド

クエルボ(Cuervo) 1800 レポサド

200年以上の歴史をもち「Best of Tequila」と称されるホセ・クエルボ社の銘柄。2ヶ月以上熟成させたブルーアガベの香りと、オーク樽の香りが高級感を引き立たせます。

新鮮なブルーアガベを100%使用しているにも関わらず、お手頃価格なのも人気の理由。まろやかでフルーツのような味わいなのでストレートはもちろん、マルガリータ作りにも最適です。

クエルボ(Cuervo) 1800 アネホ

クエルボ(Cuervo) 1800 アネホ

新鮮なブルーアガベを14ヶ月以上かけてじっくり熟成させ、濃厚な舌触りと後味のよさを実現。ベルベットのような滑らかさとスパイスが調和する、世界でもトップクラスのプレミアムテキーラです。

そのコクの強さは黒糖焼酎にも似ており、ロックで飲むとより一層甘みが感じられます。焦がした樽の重厚な香りやバニラの甘く芳醇な香りも心地よく、スイーツと一緒に楽しむのもおすすめの飲み方です。

クエルボ(Cuervo) エスペシャルゴールド

クエルボ(Cuervo) エスペシャルゴールド

本製品は、世界中で愛されるクエルボのメインブランドです。2ヶ月以上の樽熟成を経たレポサドで、コクのあるまろやかな味わいが特徴。樽とアガベが合わさった芳醇な香りや、ほのかなバニラの香りも堪能できます。

また、本製品はアメリカをはじめとした世界各国でカクテルベースとしても高く評価されているのもポイント。やや黄色がかったカラーが、カクテルにすると非常に美しい仕上がりになり目にも楽しい銘柄です。

パトロン(PATRON) アネホ

パトロン(PATRON) アネホ

熟成期間の異なるテキーラをブレンドして作られているテキーラです。ブレンドされるテキーラは、ホワイト・オーク樽で最低12ヶ月以上熟成させたモノを使用。特別なブレンド方法により、柔らかい飲み口とまろやかさを実現しています。

原料に使われているブルーアガベは、6~7年の歳月をかけて育てられたモノを厳しく選定。糖度の高い上質なアガベを使うことで、ハチミツのような濃厚な甘みが生まれます。テキーラの味を堪能できるストレートで飲むのがおすすめの銘柄です。

パトロン(PATRON) シルバー

パトロン(PATRON) シルバー

樽熟成を行わずボトリングされた、キレのある味わいを楽しめるのが本製品の特徴。熟成による樽の香りではなく、アガベ由来のハーブのような甘い香りが感じられます。

カクテルベースとして使うのはもちろん、ストレートでもクリアな辛口を存分に味わえます。テキーラ特有の喉への刺激、香り、滑らかな味を楽しみたい方におすすめの銘柄です。

カサドレス(CAZADORES) ブランコ

カサドレス(CAZADORES) ブランコ

本製品はブルーアガベ本来の自然な甘みを生かす独自の製法を採用。南国のフルーツを思わせる力強い甘みの中に、シナモンのようなピリッとしたスパイスの余韻を感じさせます。

樽熟成をしていないのでクセがなく、テキーラ初心者にも飲みやすい味わい。手頃な価格ながら飲みごたえはしっかりあるので、コストパフォーマンスのよい銘柄です。

カー(KAH) レポサド

カー(KAH) レポサド

カーとは、古代マヤ語で人生という意味。伝統的な儀式で使用される頭蓋骨を模したボトルは1つずつ手書きで作られており、芸術品のような完成度があります。

オーク樽で10ヶ月熟成させた滑らかな口あたりと、アルコール度数55%のテキーラらしい味わいが魅力。プレミアムテキーラに力強さが欲しい方におすすめしたい銘柄です。

カスカウィン(Cascahuin) ブランコ

カスカウィン(Cascahuin) ブランコ

本製品は、日本のテキーラ職人である景田哲夫氏が製造工程に携わったプレミアムテキーラです。樽熟成をせずにボトリングしており、アガベ本来の自然な風味が感じられます。

柔らかな甘みと、ややビターな味わいが余韻に残るのが特徴。アルコールが苦手な方は、カクテルベースとして使うのがおすすめです。

カスカウィン(Cascahuin) エクストラアネホ

カスカウィン(Cascahuin) エクストラアネホ

カスカウィン蒸留所の長い歴史のなかで初となるエクストラアネホの銘柄。アメリカンオークの中古樽で4年間の熟成を経た後、代々受け継がれてきたロブレ・エノシノ材の保存容器で4年間かけて液体の状態を安定させています。

樽由来の香りとアガベの風味が合わさり、まろやかで奥深い味わい。絶妙なバランス感を楽しむには、ストレートで飲むのがおすすめです。

カーサ・カマレナ カスコ・ヴィエホ レポサド

カーサ・カマレナ カスコ・ヴィエホ レポサド

原料の栽培からボトリングまで、すべての行程を管理して作られている銘柄です。メキシコ国内で3番目に大きなアガベ農園を保有しており、原料の全てはそこで収穫されたモノを使用しています。

アメリカンオークの新樽で2ヶ月間じっくり熟成させたまろやかで香り高い飲み口。ストレートはもちろん、カクテルベースとしても実力を発揮する銘柄です。

アハ・トロ(AHA TORO) ブランコ ディーバ

アハ・トロ(AHA TORO) ブランコ ディーバ

メキシコ人のみが運営する蒸留所で生産されている製品です。天然酵母で発酵を促したり、旨味を逃さないよう小型の蒸留器を使用したりとこだわりが満載。手作りのおしゃれな瓶はギフトにも人気です。

また、チーズケーキなどの少し酸味があるスイーツとも相性抜群。ショットでの一気飲みではなく、ストレートで少しずつ楽しむのがおすすめです。

アラクラン(ALACRAN) エクストラアネホ

アラクラン(ALACRAN) エクストラアネホ

さそりが描かれたボトルが印象的な本製品。アメリカンオーク樽で40ヶ月熟成された黄金色が美しいプレミアムテキーラです。

甘く滑らかな味わいにバニラや樽の芳醇な香りが加わり、最後の1滴まで飽きさせない濃厚さがあります。ロックでも喉への刺激が少なく、テキーラに慣れていない方でも飲みやすい銘柄です。

カサノブレ(Casa Noble) ホーベン ブランコ

カサノブレ(Casa Noble) ホーベン ブランコ

本製品は、6週間熟成したテキーラとブランコをブレンドしています。3回におよぶ蒸留を経て、雑味がなくスッキリとした口当たり。アルコール度数は51%と高く、テキーラらしい力強さも味わえます。

厳しい基準が設けられたUSDAオーガニックの認証を受けており、衛生面、安全面にもこだわったプレミアムテキーラです。

テキーラのおすすめ人気銘柄|ミクスト

タランチュラ(TARANTULA) アズール

タランチュラ(TARANTULA) アズール

毒蜘蛛のタランチュラが目を引くタランチュラのアズールは、ブルーアガベを原料にして作られたテキーラ。透き通るようなブルーは、ボトルの色ではなくテキーラの色です。

天然シトラスを配合したミクストテキーラなので飲みやすいのが特徴。さわやかな風味と鮮やかなブルーで、見た目と味の両方を楽しむことができます。アルコール度数は35%とテキーラとしては低めなので、あまり慣れてない方にもおすすめの銘柄です。

パトロン(PATRON) XOカフェ

パトロン(PATRON) XOカフェ

パトロンのプレミアムテキーラをベースに作られたコーヒーリキュール。甘みが強い一般的なリキュールとは違い、甘さを控えたドライな風味が特徴です。アルコール度数は35%で、天然コーヒーの香りとテキーラ本来の風味を損なうことなく、上品な口当たりに仕上がっています。

ビールやコーラと割ってカクテルベースにするのがおすすめです。細かくクラッシュした氷にそのまま注ぐなどさまざまな楽しみ方ができるテキーラです。

タランチュラ(TARANTULA) ストロベリー

タランチュラ(TARANTULA) ストロベリー

テキーラにストロベリーフレーバーをミックスしています。女性やテキーラが苦手な方、甘いお酒が好きな方に人気の高い銘柄です。

テキーラ本来の味にイチゴシロップのような甘さが加わり、ストレートやロックはもちろん、ソーダで割っても楽しめます。価格も安く気軽に購入できるので、気分転換したい時のために常備しておくのもおすすめです。

番外編:テキーラのおすすめの飲み方

メキシカンスタイル(ストレート)

By: amazon.co.jp

本場メキシコでも親しまれている伝統的な飲み方が「メキシカンスタイル」。ショットグラスもしくはカバジートグラスにテキーラをストレートで注いだ後、塩とカットライムを用意すれば準備完了です。

まずはカットライムをかじり、その後テキーラを口に流し込んでから最後に塩を舐めます。ライムの酸味とテキーラの味、塩味が相まって楽しめるのが特徴です。なお、アルコール度数の高いテキーラをそのまま流し込む飲み方なので、お酒が弱い方は注意しましょう。

ロック

By: amazon.co.jp

氷を入れたグラスにお酒を注ぐ「ロック」は、ウイスキーや焼酎などでおなじみの飲み方ですが、テキーラでも美味しく飲めます。氷で冷たくなり、飲みやすいクリアな口当たりに変わるのが特徴。ストレートだとアルコール度数が強すぎて飲めないという方におすすめです。

マルガリータ

By: asahibeer.co.jp

「マルガリータ」は、ホワイトキュラソーと呼ばれるオレンジの皮を使ったリキュールとレモンジュース(ライムジュース)、そしてテキーラをシェイクして作るカクテルです。飲み口に塩を付けたグラスを使用するのもポイント。柑橘系の爽やかさと塩味を交互に楽しめるのが特徴です。

テキーラサンライズ

By: asahibeer.co.jp

テキーラとオレンジジュースを混ぜた後、ザクロの果汁と砂糖から作られるグレナデンシロップを加えたのが「テキーラサンライズ」。サンライズという名前の通り、日の出を感じさせるエネルギッシュな見た目が特徴で、爽快な口当たりが感じられるカクテルです。

テキーラトニック

「テキーラトニック」はテキーラにトニックウォーターを加えたシンプルなカクテル。爽やかさと苦味をバランスよく味わえるのが魅力です。また、炭酸なので喉越しがよいのもポイント。好みに合わせてライム(レモン)やミントを添えるのもおすすめです。

マタドール

By: asahibeer.co.jp

「マタドール」は、テキーラ・パイナップルジュース・ライムジュース(レモンジュース)をシェイクして作るカクテル。甘酸っぱいトロピカルな味わいの中にしっかりとしたテキーラが感じられる1品です。カットパインを添えればおしゃれな見た目に仕上がるので、ぜひ夏に試してもらいたい飲み方です。

エル・ディアブロ

By: asahibeer.co.jp

甘みが強い紫色のリキュール「クレーム・ド・カシス」と、ジンジャエールをテキーラに加えて作るカクテル。毒々しい赤色になることから、悪魔を意味する「エル・ディアブロ」の名が付いたとされています。とはいえ、味はさっぱりしているのが特徴。酔いしれたい時におすすめです。

ストローハット

テキーラにトマトジュースを加えて、最後にカットレモンを添えたカクテルが「ストローハット」。好みに応じてタバスコ・ウスターソース・コショウなどの調味料を加えることもあります。トマトジュースの酸味がテキーラの味とよく合うおすすめの飲み方です。