年齢や季節に関係なく着られる「ボーダーTシャツ」。幅広いファッションで活躍する定番のアイテムです。多くのブランドがボーダーTシャツを展開しており、さまざまな特徴があります。

そこで今回は、おすすめのボーダーTシャツをご紹介。人気ブランドとメンズコーデもあわせて解説するので、自分に合ったボーダーTシャツを選んでみてください。

ボーダーTシャツの魅力

By: zozo.jp

ボーダーTシャツは汎用性の高さが魅力。主張しすぎないシンプルなデザインのため、カジュアルからキレイめまで、さまざまなスタイルに取り入れられます。

着こなし方に幅があるのもポイントです。一枚で着る場合は、裾をボトムスに入れるタックインも可能。さらに、重ね着したり、カーディガンなどのインナーとして着たりもできます。

また、ボーダーの幅とカラーによって、異なる印象を与えられるのも特徴。幅が細いほどキレイめな印象で、太くなるにつれてカジュアルさが強調されます。

カラーは、黒・白・ネイビーなどのベーシックなモノほど落ち着いて見え、使い勝手が良好。ボーダーTシャツのカラーをアクセントとして使うコーデもおすすめです。

ボーダーTシャツのおすすめブランド

セントジェームス(SAINTJAMES)

By: zozo.jp

セントジェームスは、1889年にフランスのノルマンディ地方で設立された老舗ブランド。日本におけるマリンスタイルやボーダーシャツブームの火付け役になりました。

流行に影響されないスタイルと確かな品質が魅力で、メンズ・レディースを問わず、幅広い世代から支持されています。フレンチカジュアルコーデを取り入れたい方におすすめのブランドです。

アニエスベー(agnes b)

By: rakuten.co.jp

アニエスベーは1975年にパリでオープンしたブランド。繊細でおしゃれな、独自のカジュアルスタイルを提案し続けています。

ラガーシャツを原点とするボーダーTシャツは、同ブランドを象徴するアイテムのひとつ。カラーバリエーションが豊富で、細ボーダーと太ボーダーがあります。コーデに合わせて、太さやカラーを選びたい方におすすめです。

ノーティカ(NAUTICA)

By: zozo.jp

ノーティカは1983年にニューヨークで誕生したブランド。ブランド名はラテン語で”船”を意味し、プレッピースタイルに根付いたマリンルックを作り出しました。

上品なモノから斬新で個性的なモノまで、多様なテイストのボーダーアイテムが充実しているのが特徴。90年代風マリンコーデに欠かせないトップスが揃っています。

ボーダーTシャツのおすすめ|半袖

セントジェームス(SAINTJAMES) レヴェンドモダン ボートネック Tシャツ 半袖 9863

同ブランドのトレードマークであるボーダーTシャツの半袖タイプ。流行に左右されることなく、長く着られるのが魅力です。肌触りがソフトなコットンカットソー生地を使用しており、薄くて軽い質感。暑いときも快適な着心地です。

着回しが利くクルーネックタイプで、袖にあしらわれたブランドのロゴタグが、さりげないアクセントになっています。豊富なカラーバリエーションと複数のサイズ展開もポイントです。

シンプルなデザインのため、メンズ・レディースを問わず着られます。定番の半袖ボーダーTシャツが欲しい方におすすめの一枚です。

アニエスベー(agnes b) 半袖ボーダーTシャツ TS J008

同ブランド定番の細ボーダー半袖Tシャツです。本物のラガーシャツのように、洗濯機で洗っても形が崩れにくい綿100%素材を使用。同ブランドのこだわりが感じられるアイテムです。

絶妙な細さのボーダーがおしゃれな印象。首まわりがホワイトの配色なので、顔が明るく見えて清潔感もあります。モノトーンカラーのアイテムと合わせるだけで、簡単にスタイリッシュなコーデが完成するのも魅力です。

一枚で着ても様になるボーダーTシャツですが、春秋には無地の長袖インナーの上に重ね着するコーデもおすすめ。使い勝手のよいアイテムが欲しい方はチェックしてみてください。

ノーティカ(NAUTICA) Multi Border High Neck Tee

ハイネック仕立ての半袖マルチボーダーTシャツです。厚みがあり丈夫な天竺生地を使用。ビッグシルエットが、ハイネックのデザインを引き立てています。ゆったりとした作りながら、首まわりが詰まっていることで、だらしなさを感じさせにくく好印象です。

マルチボーダーデザインが、おしゃれな一枚。モノトーンから鮮やかなカラーまで、複数のパターンが展開されています。胸元のブランドロゴの刺繍もポイント。存在感と個性を感じられる半袖ボーダーTシャツを探している方におすすめです。

オーシバル(ORCIVAL) ボートネック ショートスリーブオーバーサイズTシャツ

首元をすっきりと見せられるボートネックタイプの半袖ボーダーTシャツです。首まわりの露出が控えめなので、品のよさがあるのも魅力。ジャケットやスラックスなどのキレイめアイテムとマッチします。

程よくゆったりとしたシルエットで、さまざまなパンツと合わせやすいサイズ感。シンプルなデザインで、メンズ・レディースともに着用できます。女性がオーバーサイズで着るのもおすすめです。

着用や洗濯により風合いが増して、素材のよさが引き立つのもポイント。トレンドに影響されにくいデザインで、長年愛用できる半袖ボーダーTシャツです。

アーペーセー(A.P.C.) Bastian Tシャツ

ダークネイビーとホワイトの組み合わせが爽やかで、スマードな印象の半袖ボーダーTシャツです。胸元にプリントされたブランドロゴがアクセント。コットン100%素材の生地を使っており、快適に着られます。

ジーンズと合わせるだけで、簡単におしゃれなコーデが完成するのが魅力。インディゴデニムとの相性も良好です。足元はホワイトのスニーカーがおすすめ。ボーダーTシャツの持ち味である清涼感が引き立ちます。

ボーダーTシャツ定番の白黒カラー以外で、落ち着いたモノを探している方にぴったりの一枚。カジュアルでもキレイめコーデでも活躍します。

マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL) COTTON LINEN STRIPE JERSEY

首まわりと袖口に施された、太めのフライスバインダーを取り入れている半袖ボーダーTシャツです。バインダーとは、ボディの生地を別の生地で挟み込んで縫製する方法。2本針縫製のため、伸びにくく耐久性が高いのが特徴です。デザインがおしゃれなだけでなく、実用性にも優れています。

ナチュラルなカラーと黒のボーダ・フライスバインダーのバランスが絶妙な一枚。コーデの主役となる存在感を出しつつも、さまざまなボトムスに馴染みやすいのがポイントです。

カジュアル感のあるシルエットもポイント。裾をパンツに入れるタックインスタイルもおしゃれに決まります。

ルミノア(Le Minor) 半袖ボーダーTシャツ

爽やかなマリンテイストの半袖ボーダーTシャツです。ホワイトをベースにして、胸から下に細いラインが入っているのがポイント。シンプルなボーダーTシャツにエッジを効かせています。重ね着しなくても、おしゃれな印象を与えられるのが魅力です。

綿100%のしっかりとした生地ながら、程よい厚みで柔らかく、肌触りが良好。クルーネック仕様で、左袖にブランドロゴのタグが付いています。

涼しげなデザインで、春夏に活躍。マリンコーデに挑戦したい方や、おしゃれな度の高い半袖ボーダーTシャツを選びたい方におすすめの一枚です。

モンケメル(MONT KEMMEL) パネルボーダー半袖バスクシャツ

オーバーシルエットのパネルボーダー半袖Tシャツです。全体にボーダー柄が施された一般的なボーダーTシャツとは異なり、肩・腕・裾の辺りに無地の部分が存在。無地がアクセントとなり、ボーダーTシャツを表情豊かにしています。

肩が落ちたドロップショルダーデザインと、ゆったりとした身幅と長めの袖もポイント。さらに、裾には前後で長さに差を付け、浅めのスリットを入れています。

ボーダーTシャツを今風に仕上げるための工夫が詰まった一枚。さっと着るだけでおしゃれに決まる半袖ボーダーTシャツを探している方におすすめです。

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) サンフォーキン ハイゲージコットン ボーダー オーバーサイズ Tシャツ

短めの着丈と、リブ仕様の袖と裾がすっきりとした印象の半袖ボーダーTシャツです。身幅にはゆとりがあるため、快適な着心地。カジュアルにもキレイめにも対応できるデザインが魅力です。

素材には、カリフォルニア・サンフォーキンバレーの雪解け水が育てた貴重な綿を使用。グレード感を感じる光沢とハリのある生地に仕上がっています。素材にもこだわりたい方におすすめの半袖ボーダーTシャツです。

カラーパターンとサイズが複数展開されているのもポイント。メンズ・レディースのどちらでも使えるアイテムです。

サンスペル(SUNSPEL) MEN’S Q82 STRIPE

同ブランドを代表する素材「Q82」を使った半袖ボーダーTシャツです。Q82は、世界最初のTシャツにも用いられたライル・コットンを引き継ぐ素材。シルクに似た光沢を持つ高品質なピマコットンを使用しており、しなやかさと高い耐久性が魅力です。

薄手のため、イメージするサイズ感でスタイリングしやすいのが特徴。肌にまとわりつきにくく着心地がよいことから、同ブランド内で長年支持され続けています。

素材の品質と着用感を重視したい方におすすめの半袖ボーダーTシャツです。薄手の半袖ボーダーTシャツを探している方にも適しています。

ボーダーTシャツのおすすめ|長袖

セントジェームス(SAINTJAMES) GUILDO BORDER ECRU MARINE

ベーシックなデザインで長年愛され続けている、同ブランド定番の長袖ボーダーTシャツです。飽きのこない作りで、さまざまなスタイルに使える万能アイテム。スタンダートな長袖ボーダーTシャツを探している方におすすめです。

首まわりが横長に広がったボートネックもポイント。さりげなくこなれ感を演出し、シンプルなボーダーTシャツを、より一層おしゃれに見せられます。

洗濯機で気軽に洗えるのも魅力。コットン100%のしっかりとした素材感で、着れば着るほど風合いが出て肌に馴染み、心地よく着られます。実用性も兼ね備えた長袖ボーダーTシャツです。

アニエスベー(agnes b) ボーダー ロングスリーブTシャツ TS J019

同ブランド定番の太ボーダー長袖Tシャツです。本物のラガーシャツに近づけるため、高密度で編み上げられた、コットン100%生地を使用しています。横伸びしにくく丈夫で、洗濯機で洗っても型崩れしにくいのが魅力です。

少しゆったりとした作りと太いボーダーデザインにより、ワイルドでアクティブな印象を与えられます。モノトーンカラーなので、スタイリッシュなコーデや、鮮やかなカラーのインナーを首元からのぞかせたコーデなどがおすすめです。

着回しが利いて、長く愛用できる太ボーダー長袖Tシャツを探している方に適しています。

ノーティカ(NAUTICA) Multi Border L/S Tee

同ブランド内で好評のマルチボーダーカットソーをアップデートした長袖ボーダーTシャツです。しっかりとした質感の生地とリブ編みの袖口により、あたたかく着られます。

マルチボーダーですが、あたたかみのある落ち着いたカラーを使っており、ほかのアイテムとも合わせやすいやすいのが魅力。一枚で着てもおしゃれに決まり、アウターと組み合わせても程よい存在感があります。

秋冬用の使いやすい長袖マルチボーダーTシャツを探している方にぴったりの一枚。メンズ用ですが、女性がメンズライクに着るのもおすすめです。

オーシバル(ORCIVAL) ワイドボディ ボートネック カットソー

同ブランドを代表するボーダーマリンシャツ「RACHEL」のワイドボディタイプの長袖ボーダーTシャツです。縮みやほつれ、糸のたるみなどの生地の劣化に対して優れた耐久性を持つ、ラッセル編みコットン100%生地を使用しています。

生地は、フランス海軍の制服にも利用されているほど丈夫ながら、軽くて柔らかく、適度なストレッチ性も兼ね備えているのが魅力。肌離れもよく、汗ばんでも快適な着心地です。

メンズ・レディースともに着られるデザイン。レディース用として使う場合は、オーバーシルエットで、こなれ感のある着こなしを楽しむのもおすすめです。

ソフネット(SOPHNET.) BIG BOATNECK CUT&SEWN

マリンテイストのボートネックカットソーを、今風のゆったりサイズにアレンジした長袖ボーダーTシャツ。スタンダードアイテムにさりげなくトレンド感を加え、より一層おしゃれに仕上げています。

素材には、光沢がありなめらかなテクスチャーが特徴の高品質なGIZAコットンを使用。同ブランドの季節テーマのひとつ、フレンチエッセンスを感じ取れる、象徴的なアイテムです。

清涼感や清潔感のあるデザインも魅力で、爽やかな印象。ボートネックとビッグシルエットにより、こなれ感もあります。おしゃれ度を重視して長袖ボーダーTシャツを選びたい方におすすめです。

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) SAN JOAQUIN HIGH GAUGE COTTON BORDER L-S T-SHIRT

首元の針抜きリブが、程よいアクセントとなった長袖ボーダーTシャツです。カリフォルニアのサンフォーキンバレーの雪解け水によって育まれた、貴重なコットンを使って編み上げています。高級感のある光沢とハリが特徴です。

着丈はやや短めで、身幅はゆったりとしたサイズ感。着心地のよさも嬉しいポイントです。カジュアルからキレイめまで、さまざまなスタイルで着られるデザイン。汎用性が高い長袖ボーダーTシャツを求めている方におすすめです。細い幅のボーダーが大人っぽく見えて、品のあるフレンチカジュアルコーデにも適しています。

サンスペル(SUNSPEL) MEN’S Q82 LONG SLEEVE STRIPE

同ブランドの代表的な素材の「Q82」を使用した長袖ボーダーTシャツ。Q82とは、質のよいコットンジャージーで、世界最初のTシャツに使われたライル・コットンを受け継ぐ素材です。

高品質な超長綿を、柔らかさをキープするために手摘みしています。さらに、不純物除去のため、すいてから束ね、よりをかけて強度となめらかさを出しているのもポイント。着用や洗濯でよれにくい綿糸を作り上げています。

品質の高さと着心地にこだわって長袖ボーダーTシャツを選びたい方におすすめの一枚。ネイビーが多めの配色と、細いボーダーが知的でクールな雰囲気です。

ショット(Schott) LONG SLEEVE POCKET T-SHIRT

存在感のある太めボーダーが特徴的な長袖ボーダーTシャツです。インパクトのあるカラーが、ライダースジャケットで有名な同ブランドの世界観とマッチ。黒色で刺繍されたブランド名がクールで、アクセントとして効いています。

一枚でコーデの主役として使うのはもちろん、ライダースジャケットと組み合わせるのもおすすめ。袖口がリブ編みになっており、風を通しにくい作りになっているのがポイントです。

若々しさのあるカジュアルコーデにもぴったり。さらに、精悍でワイルドな雰囲気も演出できる長袖ボーダーTシャツです。

モンケメル(MONT KEMMEL) 別注バスクボーダーシャツ

フランスのトラディショナルなバスクシャツをモチーフにした長袖ボーダーTシャツです。首まわりが横に広く開いたボートネックが特徴。こなれ感を出せるだけでなく、脱ぎやすいなどの実用性も備えています。しっかりとした生地感もポイントです。

単調にならないように工夫が施されたボーダーのデザインが、定番のボーダーTシャツをおしゃれに仕上げています。さりげないこだわりが光る長袖ボーダーTシャツを求めている方におすすめです。

マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL) WIDE STRIPE DRY JERSEY

ワイドなラインが印象的な長袖ボーダーTシャツです。素材にはドライな肌触りのコットンを使用しています。

太いボーダーですが、細めのラインとの組み合わせにより、カジュアルだけでなく、キレイめコーデにも合わせやすくなっているのが魅力。トレンチコートなど、きちんと感のあるアウターとのコーデもおすすめです。

太めのボトムスを履いて、裾を中に入れてタックインしてもおしゃれに決まります。裾には、ゆとりを持たせているのがポイント。さまざまなスタイルを楽しめる、長袖の太めボーダーTシャツを探している方はチェックしてみてください。

ボーダーTシャツの売れ筋ランキングをチェック

ボーダーTシャツのランキングをチェックしたい方はこちら。

ボーダーTシャツのおすすめメンズコーデ

ネイビー×ホワイトの長袖ボーダーTシャツで作る爽やかコーデ

By: wear.jp

そのまま着るだけでも清涼感のある、ネイビーとホワイトの長袖ボーダーTシャツ。クリアなホワイトのインナーを重ね着することで、より一層爽やかな雰囲気に仕上げています。

また、重ね着することで、コーデのおしゃれ感が増しているのもポイント。ボトムスをネイビーで揃えても単調になりにくいのが魅力です。さらに、あたたかみのあるベージュのトートバッグを持つことで、コーデを表情豊かに見せています。

半袖ボーダーTシャツを主役にしたサマースタイル

By: wear.jp

フレッシュなグリーンが夏らしい半袖ボーダーTシャツを使ったコーデ。グレーデニムと同系色のスニーカーを選んで、ナチュラルで上品に見せています。

首まわりにだけ黒色を配してアクセントとすることで、目線を上に集中させ、スタイルアップ効果が狙えるのもポイント。キレイなカラーの半袖ボーダーTシャツを、落ち着いた雰囲気で着こなしたい方におすすめのコーデです。

ボートネック長袖ボーダーTシャツを使ったフレンチカジュアル

By: wear.jp

首まわりが横長に開いたボートネックタイプの長袖ボーダーTシャツの首元から、あえてインナーをのぞかせたコーデ。シンプルになりすぎることを防ぎ、コーデに深みを出しています。

ボートネックタイプの長袖ボーダーTシャツを使って、こなれ感のあるフレンチカジュアルコーデを作りたい方におすすめです。

ボーダーTシャツ×カーゴパンツのアウトドアスタイル

By: wear.jp

カーゴパンツと撥水機能を備えたスタンドジャケットを合わせた、アウトドアシーンでも活躍するコーデです。ボーダーTシャツをセレクトして、コーデに適度な華やかさをプラスしています。

モノトーンカラーとアースカラーでまとめることで、大人っぽい印象。ボーダーTシャツを使って、カジュアルやキレイめ以外のコーデに挑戦したい方におすすめのアウトドアスタイルです。