オールシーズン活躍する「ロングTシャツ」。トップスとしてはもちろん、インナーとしても使えて便利なアイテムです。でも、ひとくちにロングTシャツと言っても、素材やシルエット、デザインなどはさまざま。

そこで今回は、デザイン性と着心地を兼ね備えたロングTシャツが揃うおすすめブランドを厳選してご紹介します。ロングTシャツを使ったコーディネートもご紹介するので、あわせてチェックしてみてください。

ロングTシャツの選び方

無地か柄かデザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

どんな服を選べばよいのか迷った際におすすめなのは、合わせるボトムスを選ばなくて使いやすい無地のロングTシャツです。コーディネートに華やかさを加えたいという方には、柄のロングTシャツがおすすめ。例えば、爽やかな雰囲気漂うボーダーデザインのロングTシャツは春夏に活躍します。

ネックラインの種類から選ぶ

カジュアルな印象のクルーネック

By: amazon.co.jp

丸首型のクルーネックは、ロングTシャツのなかでもっともベーシックなネックラインです。丸みのあるラインがカジュアルな印象を与えます。首が詰まっているため、華奢な体系をカバーしたいという方におすすめです。

きれいめファッションと相性のよいVネック

By: amazon.co.jp

首元がV字にカットされているVネック。程よい肌見せが可能で、大人っぽい着こなしを好む方におすすめです。シャープなラインにより、小顔効果も期待できます。ジャケパンスタイルなどのきれいめコーデに合わせやすいネックラインです。

リラックス感のある着こなしが叶うUネックやボートネック

By: amazon.co.jp

クルーネックよりも深くカットされたU字型のUネックと、両肩に向けて曲線を描きながら横に広く開いたボートネック。程よい露出感で、カジュアルなクルーネックとドレッシーなVネックの中間的な存在です。バランスのよいデザインで、幅広いシーンで活躍します。

生地をチェック

By: amazon.co.jp

着心地や機能面にかかわる生地も重要なポイント。天然素材ならではの着心地のよさが魅力の綿素材は、オールシーズン活躍してくれる万能アイテムです。

そのほかにも、吸湿速乾性が高くシワになりにくいポリエステルや、コットンとポリエステルの混紡素材など、さまざまな種類があります。また、薄手のモノは安っぽく見えることもあるため、厚手で重厚感があるモノを選ぶのがおすすめ。

一般的なTシャツに用いられる「天竺編み」のほか、伸縮性が高く動きやすい「フライス編み」やポロシャツなどによく用いられる通気性のよい「鹿の子編み」といった編み方によっても雰囲気が大きく異なるので、あわせてチェックしてみてください。

サイズ感を確認

By: amazon.co.jp

近年はオーバーサイズの着こなしがトレンドですが、単体ではもちろん、ジャケットやシャツのインナーとしても着用できるジャストサイズを選ぶのがおすすめです。また、着丈や袖丈も重要なポイント。長すぎるとだらしない印象になってしまうため、自分に合ったサイズを選びましょう。

色で選ぶ

By: amazon.co.jp

ロングTシャツを選ぶ際は、着まわしやすい白・黒・グレーなどの定番カラーをチョイスするのがおすすめ。インパクトの強いビビッドカラーは、ほかアイテムとの色合わせの難易度が上がる上、子供っぽく見えてしまうこともあるため、ファッション上級者でなければ避けたほうがよいでしょう。

ロングTシャツのおすすめブランド

チャンピオン(Champion)

チャンピオン(Champion) ロングスリーブ Tシャツ C3-J424

左胸に施されたワンポイント刺繍がポイントのロングTシャツです。身頃生地を挟むように2本針縫製で衿を付ける「バインダーネック」という縫製方法を採用しており、洗濯を繰り返しても衿が伸びにくく長く愛用できます。

縫製後に洗いをかけることで、ナチュラルな風合いや柔らかな肌触りを楽しめる「ガーメントウォッシュ加工」を施しているのも魅力。どんなボトムスとも相性がよく、着まわしやすいおすすめのロングTシャツです。

チャンピオン(Champion) ロングスリーブ Tシャツ C3-J426

胸元にプリントされたブランドロゴが目を引くロングTシャツ。生地にインクを染み込ませる印刷方法や製品洗い加工により、ヴィンテージのような風合いを表現しています。

機能的なデザインや耐久性、素材や縫製など、細部にまでこだわって作られているにもかかわらず、手頃な価格で購入できるのも魅力。着るだけでコーデにこなれ感をプラスしてくれるおすすめのロングTシャツです。

セントジェームス(SAINTJAMES)

セントジェームス(SAINTJAMES) ウエッソン/ギルド バスクシャツ

ブランドの定番バスクシャツ「ウエッソン」。飽きのこないベーシックなデザインで、年齢性別問わず多くの人から愛されています。目の詰まった厚手の生地を使用しており、耐久性が高いのが特徴。繰り返し洗ってもへたりにくく、着るほどに体になじむ感触を味わえます。

また、風を通しにくく防寒性に優れているため、長いシーズン着用できるのも魅力。1枚あると便利なおすすめのアイテムです。

ユナイテッドアスレ(UNITED ATHLE)

ユナイテッドアスレ(UNITED ATHLE) 5.6オンス 長袖Tシャツ 501101

コストパフォーマンスに優れたアイテムが揃う、日本のTシャツ専門ブランド「ユナイテッドアスレ」のロングTシャツです。生地の厚みはスタンダートな5.6オンス。袖口は伸縮性に優れたリブ仕様になっているため、袖まくりの際に便利です。

カラーバリエーション豊富で、好みの色を探しやすいのも魅力。単体としてはもちろん、インナーとしても着用できます。シンプルで着まわし力の高いロングTシャツを探している方におすすめです。

オーシバル(ORCIVAL)

オーシバル(ORCIVAL) ラッセルフレンチセーラーTシャツ

コーデに軽やかさをプラスしてくれるパネルボーダーのロングTシャツです。パネルボーダーは一部が無地になっているため、すっきりとした印象で着痩せして見えるというメリットがあります。また、カジュアル感が軽減されるため、きれいめスタイルを好む方におすすめです。

肉厚で伸びのよいラッセル生地を使用しているのもポイント。通気性に優れており、一年を通して着用できます。また、着込むほどに風合いが増し、デニムのような経年変化を楽しめるのも魅力です。

アヴィレックス(AVIREX)

アヴィレックス(AVIREX) DAILY V-NECK LS TEE 6153480

合わせるボトムスを選ばないシンプルデザインで、1枚あると重宝するVネックのロングTシャツです。伸縮性のあるライクラ糸を用いたリブ編み素材を使用しており、体に程よくフィット。トップスとして単体で着るのはもちろん、インナーとしても活躍します。

衿と袖口には、生地を折って身頃に挟み込んで縫い付けるバインダー処理を採用。さらに、肩裏には型崩れを防ぐ伸び止めテープを施すなど、細部にまでこだわりが詰まったおすすめのロングTシャツです。

アヴィレックス(AVIREX) サーマル素材 クルーネック 長袖Tシャツ 6153515

凹凸のあるワッフル生地で作られたロングTシャツ。肌と生地の間に空気の層ができることで、保温性を高める効果が期待できます。また、綿素材を用いているため、通気性がよくムレにくいのも魅力。

体に程よくフィットするやや細身のシルエットで、大人っぽい着こなしが叶います。ジーンズなどのカジュアルアイテムはもちろん、スラックスなどのきれいめボトムスにもマッチするおすすめのロングTシャツです。

フルーツオブザルーム(FRUIT OF THE LOOM)

フルーツオブザルーム(FRUIT OF THE LOOM) ワッペン付き ロングスリーブ Tシャツ

ブランドを象徴するフルーツのロゴワッペンを胸元にあしらったロングTシャツです。国内では希少なUSAコットンを100%使用。下から上へ向かってゆっくりとした速度で編むことで、糸に余計な力がかからず柔らかな風合いに仕上がるトンプキン編みを採用しています。

ウォッシュ加工やタンブラー乾燥を施すことで、ヴィンテージのような雰囲気に仕上げているのもポイント。ベーシックなデザインで、どんなコーディネートにも合わせやすいおすすめのアイテムです。

ヘインズ(Hanes)

ヘインズ(Hanes) BEEFY クルーネック 長袖Tシャツ H5186

パックTシャツが人気のアメリカのブランド「ヘインズ」のロングTシャツです。傷みや型崩れに強いコットン100%の肉厚生地を採用。洗うほど肌に馴染む独自の風合いが特徴です。サイドに縫い目のない丸胴編みを採用しており、ゆとりのあるボックスシルエットがアメリカらしさを感じさせます。

サイズ展開豊富で、体型や着こなしに合わせて選べるのもポイント。無駄を省いたシンプルデザインで、さまざまな着こなしにマッチします。

ベンデイビス(BEN DAVIS)

ベンデイビス(BEN DAVIS) ボックスロゴ 長袖Tシャツ

正面のボックスロゴと背中のレタードプリントがおしゃれなロングスリーブTシャツ。ブランドのシンボルとして有名なゴリラキャラクターのタグがアクセントになっています。通気性がよいコットン生地を使用しており、オールシーズン着用できるおすすめアイテムです。

首元はカジュアルな印象を与えるクルーネック仕様。チノパンやデニム、ハーフパンツなどのボトムスと相性良好です。

トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)

トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) TINO LS TEE C8378A9736

ブランドを象徴するフラッグモチーフを大胆に配置したスポーティなロングTシャツです。肌触りのよい綿素材を用いており、シーズンレスで着用可能。主張しすぎないデザインで、幅広いシーンで活躍します。ユニセックスデザインで男女ともに楽しめるおすすめのアイテムです。

ロングTシャツのおすすめメンズコーデ

ロングTシャツをレイヤードして楽しむ

By: zozo.jp

ダークトーンで統一したシンプルコーデのインナーに、白のロングTシャツをレイヤードしてアクセントをプラス。メリハリが生まれて、抜け感のあるコーデに仕上がります。

インナーの丈が長すぎるとだらしなく見えてしまうこともあるため、重ね着をする際は丈にこだわって選ぶのがポイントです。

トップスとボトムスの色を合わせて今っぽく仕上げる

By: wear.jp

ゆったりとしたワイドシルエットのロングTシャツがリラックス感を演出するカジュアルスタイル。ロングTシャツ×チノパンのベーシックコーデも、同系色でまとめるとトレンド感のある垢抜けコーデに仕上がります。

袖をまくって手首を覗かせると、さらにこなれ感がアップ! 小物は引き締めカラーのブラックで揃えると統一感が生まれておしゃれに見えます。

ボーダーのロングTシャツをモノトーンで大人っぽく着こなす

By: wear.jp

カジュアルな印象の強いボーダー柄のロングTシャツは、一歩間違えると子供っぽく見えてしまうアイテム。大人っぽく仕上げるには、細身シルエットのボトムスを合わせるのがおすすめです。

全体をモノトーンでまとめれば、カジュアルだけど洗練された雰囲気を纏えます。足元には白スニーカーを合わせて爽やかさをプラス。上品な大人のマリンスタイルが完成します。