1枚ではもちろん、アウターの中に着るインナーとしても活躍する「白Tシャツ」。季節を問わず着回しのきくアイテムで1枚あると便利なおしゃれアイテムです。

そこで今回は、おすすめのメンズ白Tシャツのブランドとおすすめ製品をご紹介します。また、白Tシャツを使ったコーディネートも紹介しているので、参考にしてみて下さい。

白Tシャツの魅力

By: amazon.co.jp

トレンドに左右されず、夏は1枚でメインアイテムとして、春秋はシャツのインナーとして活躍する「白Tシャツ」。清潔感があり、カッコよくもかわいくも着こなせるため、メンズはもちろん、レディースのファッションアイテムとしても人気があります。

白Tシャツの選び方

1.ネックラインの種類から選ぶ

クルーネック

By: amazon.co.jp

首のラインに沿って丸い形をしているのが「クルーネック」です。Uネックよりも首元が詰まっており、鎖骨や胸付近をカバーできるため、華奢な体型をカバーできるところが魅力。カジュアルで柔らかい印象に仕上がります。

Uネック

By: amazon.co.jp

首元がUラインに開いているのが「Uネック」。クルーネックTシャツと比べて首元が深く、シャープでクールな印象を与えられます。小顔に見せたい方におすすめです。

Vネック

By: amazon.co.jp

「Vネック」は、文字通り首元がV字に開いているモノを指します。鎖骨や胸元が強調されるため、華奢な方よりは比較的肉づきのよい方におすすめ。また、小顔に見える効果を期待できるのも魅力。体型や顔をよりシャープに見せたい方はチェックしてみて下さい。

2.1枚で着るなら透けない厚さを選ぶ

By: amazon.co.jp

白Tシャツを1枚だけで着る際は、生地の厚さを確認することも大切。生地が薄すぎるモノだと肌や下着が透けてしまうので気をつけましょう。ただし、生地の厚さは着心地やシルエットなどにも影響するので、どんな雰囲気にしたいかなどをイメージしてから購入するのがおすすめです。

サイズ感で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ジャストサイズでしっかり着るのか、大きめサイズでゆったり着るのかといったサイズ感を意識することも大切。トレンドに限らず、いつでも着られるモノを選ぶのであればジャストサイズがおすすめです。

メンズにおすすめの白Tシャツブランド

ヘインズ(Hanes)

By: amazon.co.jp

1901年にアメリカで誕生した「ヘインズ」。快適さをコンセプトにしたアイテムが特長で、主力製品である3枚パックのTシャツは男性向けのアンダーウェアで不動の地位を確立しています。

1970年代にリリースされた着心地の肉厚の「ビーフィー」Tシャツは多くの若者にヒット。現在はアメリカだけでなく、オシャレに敏感な日本国内のユーザーにも親しまれています。

チャンピオン(Champion)

By: amazon.co.jp

レッドとブルーのロゴマークで有名な「チャンピオン」。肉厚のビーフィーTシャツを展開する”ヘインズ”を展開するヘインズブランズの子会社です。

カジュアルウェアからスポーツウェアまで幅広く展開しています。白Tシャツのほかにも、耐久性と素材、縫製が追及されたスウェットシャツが人気で男女問わず多くの方に愛されているブランドです。

フルーツオブルーム(FRUIT OF THE LOOM)

By: rakuten.co.jp

果実ロゴで人気の、アメリカ発のブランド「フルーツオブルーム」。アンダーウェアやプリントTシャツなどを展開し、アメリカにおいてはその果実ロゴを知らない人はいないと言われるほどの地位を確立。また、パックTシャツもヘインズと並ぶほどの人気アイテム。ベーシックでシンプルななかに、かわいらしさがプラスされたおすすめのブランドです。

ラコステ(LACOSTE)

By: amazon.co.jp

ワニのロゴでお馴染みのブランド「ラコステ」。ブランドを代表するポロシャツをはじめ、Tシャツやスウェットなどカジュアルウェアなども展開。白Tシャツに施されたグリーンのワニマークはオシャレに抜け目のないファンを魅了しています。

メンズにおすすめの白Tシャツ

ヘインズ(Hanes) Tシャツ ジャパンフィット クルーネック

綿100%でできたヘインズの白Tシャツ。心地よい風合いと日本人のために作られたサイズ感が特徴です。インナーとしてもアウターとしても着られる厚さで、透けすぎず厚すぎないため、1枚持っていると便利なアイテム。

また、衿部分の違和感がないよう、タグレス仕様になっているところもポイント。着やすさが考慮されたおすすめの白Tシャツです。

ヘインズ(Hanes) Tシャツ アオラベル Vネック

綿75%、ポリエステル25%でできた白Tシャツです。綿とポリエステルの混紡である「空気紡績」という紡績方法で作られており、赤ラベルのモデルと比べると生地と衿がしっかりしているところが特徴。型崩れしにくく、ドライな肌ざわりです。

また、1パックにつき3枚のTシャツが入っているのも魅力。リーズナブルな価格で手に入れられる、おすすめの白Tシャツです。

チャンピオン(Champion) US Tシャツ

チャンピオンのなかでも定番の白Tシャツ。脇部分に縫製がなく、胴周りが1枚の布で仕上げられているのが特徴です。

加工には、洗濯による縮みを軽減する「ガーメントウォッシュ加工」が施されています。糸や生地、縫製など全ての工程がアメリカで行われているこだわりの1枚です。

チャンピオン(Champion) Authentic T-SHIRTS

コットン100%で作られた柔らかい着心地の白Tシャツ。ベーシックな作りとデザインが人気で、コーディネートに合わやすい1枚です。生地は肉厚なので、キレイなシルエットで着こなせます。

暑い時期はTシャツ1枚で、肌寒くなってきたらジャケットやパーカーの下などに着るのもアリ。季節問わず使えるおすすめの白Tシャツです。

チャンピオン(Champion) ビッグロゴ Tシャツ

胸部分に施された大きめのロゴが特徴的な白Tシャツ。80~90年代のスポーツシーンがルーツになったモデルです。素材はコットン100%とやさしい着心地が特徴。Tシャツ1枚でキメたい時に大活躍するおすすめの白Tシャツです。

ラコステ(LACOSTE) ベーシックVネックTシャツ

肌ざわりが柔らかくサラっとした着心地が特徴のVネック白Tシャツ。伸縮性があるため、普段着としてはもちろん、スポーツシーンでも活躍する1枚です。生地にはやや太めの糸が使われており、透け感がなく1枚での着用もおすすめ。

また、デイリー使いを考慮し型崩れしない仕様になっているのもポイント。カジュアルかつキレイめなデザインで、大人の男性におすすめの白Tシャツです。

ラコステ(LACOSTE) カノコ ポケットTシャツ UNITED ARROWS green label relaxing

ボディと同じカラーで統一されたワニマークが特徴的な白Tシャツ。生地には「L1212型」のポロシャツと同様のモノが使用されています。素材はコットン100%、リブ部分はコットン95%・ポリウレタン5%を使用。シンプルなオシャレを楽しみたい方におすすめの白Tシャツです。

ラコステ(LACOSTE) 鹿の子クルーネックTシャツ

ポロシャツの定番素材「鹿の子地」が使用された白Tシャツです。サラッとした肌ざわりで快適な着心地も魅力。適度なサイズ感とシルエットで、さまざまなコーディネートに合わせやすいおすすめの1枚です。

フルーツオブルーム(FRUIT OF THE LOOM) Tシャツ 2枚セット パックTシャツ

シンプルなデザインが特徴の白Tシャツです。素材はコットン100%で柔らかい着心地が特徴。アメリカンコットンが使用されており、シルエットのよさが追及されているのもポイント。1枚で着るのはもちろん、インナーとしても大活躍。リーズナブルな価格も魅力のおすすめの白Tシャツです。

フルーツオブルーム(FRUIT OF THE LOOM) ワッペン ロゴ Tシャツ

胸元に施されたフルーツのロゴワッペンが魅力の白Tシャツです。身頃サイドに縫い合わせがないため、肌への干渉が少なく、ストレスなく着られるところも魅力。シンプルななかにかわいらしさをプラスしたい方におすすめの1枚です。

フルーツオブルーム(FRUIT OF THE LOOM) 2枚セット Tシャツ クルーネック or Vネック

無地の白TシャツとボーダーTシャツがセットになったコスパのよいアイテムです。ボディには中肉厚のコットン100%が使用されており、白でも透けにくいところが魅力。胸元にはポケットが配置されています。

サイズ感は日本人に合わせて作られているため、シルエットのよさもポイント。パックにはロゴが描かれているので、プレゼントにもおすすめの白Tシャツです。

エムエイチエル×アーバンリサーチ(MHL.×URBAN RESEARCH) LONG-SLEEVE T-SHIRTS

男女問わず人気のブランド「MHL.」と「アーバンリサーチ」がコラボして作られた、長袖白Tシャツ。胸ポケットとブランドロゴがシンプルな白Tシャツにアクセントを加えています。また、肩部分が緩やかなカーブになっているところも特徴。

素材は綿100%でできており、柔らかく優しい着心地でゆったりと着られます。プライベートシーンで活躍するおすすめの白Tシャツです。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) バスクTシャツ

ボートネックの緩やかな曲線が特徴的な白Tシャツ。サイドの裾部分には切り込みが入っており、全体的にスッキリしたシルエットに仕上がっています。

生地の厚さは中肉ですが、通気・速乾性に優れているので、1枚での着用もおすすめです。また、ジャケットの下に着るインナーとして使うのもアリ。季節問わず着まわせるおすすめの白Tシャツです。

白Tシャツのおすすめメンズコーデ

万能アイテムを上手く使ったカジュアルコーデ

By: wear.jp

デニムシャツにハーフパンツと、春から秋にかけて活躍する万能アイテムが使われたコーディネート。ボトムスにブラックカラーが使用されているので、カジュアルな印象が少し抑えられているのもポイント。シンプルなファッションが好きな方におすすめです。

キレイめパンツと白Tシャツのゆるめコーデ

By: wear.jp

着回しがしやすい白Tシャツにキレイめなパンツを合わせたカジュアルなコーディネート。ゆったりとしたシルエットの白Tシャツも、大人らしいパンツに合わせることでカジュアル過ぎない印象に。フランクなシーンで活躍するおすすめのコーディネートです。

ジーンズに合わせたシンプルコーデ

By: wear.jp

白Tシャツの定番コーデと言えば、ジーンズとの組み合わせです。白Tシャツを合わせれば清潔感のある印象に。また、ジーンズのさわやかなブルーに明るいホワイトカラーがよく映えており、カジュアルなスニーカーを合わせることで親しみやすい雰囲気も演出しています。

ノーカラーガウンを合わせて涼しげな印象に

By: wear.jp

白Tシャツに、ノーカラーのガウンを合わせた涼しげなコーディネート。サマーコーデはマンネリ化しがちですが、ガウンをサラッと羽織るだけで新鮮味のあるコーデが楽しめます。

肌寒くなって着たらカーディガンを合わせて

By: wear.jp

ブラックのカーデとブラウンのパンツを合わせた、秋らしさを感じるコーディネートに仕上がっています。全体的に程よくダボっしている、ラフな雰囲気も魅力です。

テーラードジャケットを合わせたキレイめスタイル

By: wear.jp

白Tシャツにカーキのテーラードジャケットと、スリムめのパンツを合わせたキレイめスタイル。足元にはスニーカーではなく革靴を合わせることで、よりキレイめな印象にまとまります。

セットアップに合わせる

By: wear.jp

ベージュのセットアップに白Tシャツを合わせたコーディネート。上半身は、白×ベージュのふわっとした色合いですが、足元に濃いブラウンの革靴を持ってくることで全体の雰囲気をグッと引き締めています。クラッチバッグを合わせれば、カジュアルなパーティーにもぴったりなコーディネートです。

番外編:白Tシャツの洗濯方法

黄ばみには酸素系漂白剤が効果的

漂白やシミ抜き、除菌・消臭効果のある「酵素系漂白剤」。塩素系のものと比べると漂白力は落ちますが、繊維を傷めにくいので家庭用としておすすめです。使用する場合は黄ばみのある部分に直接つけ、洗濯機もしくは手洗いをします。

なお、白Tシャツ全体の変色を防ぎたい場合は普段の洗剤と一緒に酸素系漂白剤を活用するのもアリです。ただし、洗剤を使用する前に必ず洗濯の絵表示を確認しその表示に従いましょう。

ガンコな汚れにはつけおき洗い

白Tシャツについた黄ばみがなかなか取れない場合は「つけ置き洗い」をするのもおすすめ。洗面器などの容器に約40℃のお湯を入れ、液体酸素系漂白剤と酸素入り洗剤を溶かし、そこに黄ばんだ白Tシャツを入れます。つけ置き洗いの目安は30分~1時間程度です。つけおき洗いをした後は通常通り洗濯機で洗います。