メンズカジュアルファッションにおいて、欠かすことのできない「半袖Tシャツ」。1枚で着てもサマになり、アウターと組み合わせればまた違った表情が楽しめます。コーディネートの幅を広げるためにも、複数のお気に入りアイテムを揃えておきたいところです。

そこで今回は、半袖Tシャツのおすすめブランドとアイテムをご紹介します。アイテム数が多すぎて選びきれないと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

半袖Tシャツの選び方

ジャストサイズのモノをチョイス

By: amazon.co.jp

半袖Tシャツ選びで最も気をつけたいのはサイズ感。ビッグシルエットのアイテムが注目されることも多いですが、流行に左右されず、長く愛用できるアイテムを探すのであればジャストサイズのモノがベターです。

特に1枚で半袖Tシャツを着る際には、サイズ感が全体の印象に大きく影響を与えます。表記上は同じサイズでも、ブランドによって作りが異なるため慎重に選びましょう。ネットで購入する場合には、アイテムのレビューなどでサイズ感を確認しておくことをおすすめします。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

バリエーション豊富な半袖Tシャツは、使われている素材もさまざま。素材感や着心地はもちろん、機能面でも違いが出てくるためチェックしておきましょう。

綿素材のTシャツは、オールシーズン活躍してくれる万能アイテム。汗をよく吸ってくれるほか、天然素材ならではの着心地のよさも魅力です。ポリエステルとの混合生地も半袖Tシャツによく使われています。

夏はリネン素材の半袖Tシャツもおすすめ。通気性がよく、見ためも涼やかです。また、キレイめの着こなしが好きな方であれば、ニット生地の半袖Tシャツも1枚持っておくとコーディネートの幅が広がります。

ネックラインにもこだわる

By: amazon.co.jp

半袖Tシャツを選ぶ時にはカラーや柄、プリントなどのデザインに目が行きがちですが、おしゃれに着こなすならネックラインにも注目してみましょう。首元のカットが少し違うだけで、印象がガラリと変わります。

半袖Tシャツで最もベーシックなネックラインは、丸首型の「クルーネック」。カジュアルな印象があり、コーディネートにも取り入れやすく重宝するため、1枚は持っておきたい王道アイテムです。

大人の雰囲気を漂わせたい方には、首元がV字にカットされているVネックの半袖Tシャツがおすすめ。深いV字のモノほど、より大人っぽさが増します。また、UネックやボートネックのTシャツはややリラックス感のある着こなしにぴったり。自分の好みに合わせて選びましょう。

半袖Tシャツのおすすめブランド

キャンバー(CAMBER)

メイドインUSAにこだわった製品を展開しているアメリカのブランドです。元々は、スポーツウェアを生産していた工場で、1992年にキャンバーというオリジナルレーベルを立ち上げました。

ヘビーウェイトのアイテムが多く、そのタフさが人気を集めている理由のひとつ。着れば着るほど味が生まれ、経年変化を楽しむことができるラインナップが魅力です。

キャンバー(CAMBER) CAMBER MAX WEIGHT T-SHIRTS

キャンバー(CAMBER) CAMBER MAX WEIGHT T-SHIRTS

キャンバーの人気アイテム。生地の厚さが8オンスと通常のTシャツよりも厚手なのが特徴です。メイドインUSAの良質なドライコットンを採用しており、程よいザラつきと風合いを備えているのがおすすめポイント。

新品のサイズ感は少し大きめですが、洗濯で縮むため、やや大きめのサイズを選びましょう。着ていくほど馴染んでいくので、愛着が湧いてくるアイテムです。詰まり気味のモックネックで丈は短めの仕上がり。USAコットンの風合いを活かして、デニムなどと合わせてアメカジテイストでまとめるのもおすすめです。

チャンピオン(Champion)

1919年に創業され、現代では世界的スポーツ・アパレルブランドへと成長したチャンピオン。米軍用にスウェットシャツが採用されたことから、チャンピオンのスウェットシャツの歴史は始まりました。

その後、1920年代に大学生のスポーツウェアとして人気を集め、アメリカの若者へと急速に普及していきました。創業時から重視されてきた耐久性や素材、機能的なデザインは、現代にも受け継がれ、多くの方に愛されています。

チャンピオン(Champion) US Tシャツ T1011

チャンピオン(Champion) US Tシャツ T1011

チャンピオンの半袖Tシャツの中でも、特に長い歴史を誇る定番のモデル。メイドインUSAにこだわったアイテムで、USAコットンならではのドライタッチな風合いも魅力です。ヘビーウェイトめの作りで、Tシャツ単体での存在感も抜群。脇に縫い目がない丸胴を採用しており、快適な着心地を実現しています。

ガーメントウォッシュ加工が施されており、コーディネート次第ではヴィンテージの雰囲気が演出できるのもおすすめポイント。シンプルで着回しが利き、長く使用できる半袖Tシャツを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

チャンピオン(Champion) アクションスタイル

チャンピオン(Champion) アクションスタイル

チャンピオンのトレードマークでもあるCのロゴが目を引く、クルーネックの半袖Tシャツ。チャンピオンの定番アイテムのひとつです。80〜90年代のスポーツウェアを現代にアップデートしたモデル。

裾部分のサイズタグも主張しすぎないさりげないアクセントになります。無地Tシャツと少し差別化できるアイテムを探している方におすすめ。ストリートスタイルや、スポーツミックスのスタイルにマッチする半袖Tシャツです。

セントジェームス(SAINTJAMES)

1889年に創業されたフランスカジュアルを代表するブランドです。元々は地元の漁師や船乗りに対してマリンセーターを提供しており、そのバックボーンが現代のラインナップにも受け継がれています。

なかでもボーダーのTシャツがブランドのアイコンとも言える存在で、世界的に愛されるアイテムとなりました。EDC ETHIQUE&GOUVERNANCEと呼ばれる、社会へ貢献した優良企業に授与される賞を受賞するなど、フランス経済においても注目を集めているブランドです。

セントジェームス(SAINTJAMES) ウエッソン

セントジェームス(SAINTJAMES) ウエッソン

セントジェームスを代表とするウエッソンの半袖モデルです。ウエッソンはセントジェームスのなかでも定番アイテムとして人気を集めており、厚手でタフな生地、綺麗なラインのボートネックが魅力です。

また、アーム部分にはモン・サンミッシェルをモチーフにしたロゴにも採用されており、セントジェームスらしさが強く感じられるアイテムです。カジュアルすぎない上品なマリンスタイルがかっこよく、夏場にクリーンな印象を演出するのにおすすめです。

グッドウェア(GOODWEAR)

1983年にアメリカで創業された、Tシャツをメインに展開しているブランドです。創業から現代に渡り、素材、製法においてメイドインUSAにこだわり抜いています。そのヘビーウェイトで丈夫なラインナップは多くのファンを魅了し、さまざまなセレクトショップでも扱われている人気のブランドです。

グッドウェア(GOODWEAR) USAコットン無地ポケットTシャツ

グッドウェア(GOODWEAR) USAコットン無地ポケットTシャツ

グッドウェアの定番アイテム。生地が7.2オンスのヘビーウェイトTシャツで、ヨレない工夫が各所に施されています。伸び防止のために、首回りから袖にかけてテーピング加工を採用。袖・首・裾の部分を二重に縫製することで、ほつれにくくしてあります。

また、アメリカ製のTシャツによく見受けられるチューブ編みを採用しており、脇の部分に縫い目がなく、着心地のよさも特徴のひとつです。古着を感じさせるウォッシュ加工が、Tシャツ一枚でも、おしゃれに仕上げてくれます。シンプルな無地Tシャツですが、多くのこだわりが詰め込まれた、おすすめの半袖Tシャツです。

ナノ・ユニバース(nano・universe)

1999年に渋谷でオープンされた日本のセレクトショップで、オリジナル製品のラインナップも豊富に取り揃えているブランドです。トレンドのスタイルと、トラッドでクラシックなスタイルの両方を併せ持っており、洗練されたアイテムを展開しています。

また、コストパフォーマンスがよい製品を取り揃えているのも魅力。オリジナル製品はスマートなシェイプなものが多く、キレイめのスタイルを求めている方におすすめのブランドです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) Anti Soaked ヘビーVネックTシャツ

ナノ・ユニバース(nano・universe) Anti Soaked ヘビーVネックTシャツ

汗染みという夏場の悩みを解決してくれる、アンチソーキッドと呼ばれる加工が採用されているアイテム。表面は濡れても色が変わりにくく、裏面には汗を吸ってくれる吸水加工が施されています。汗染みが気になって夏場に着づらいグレーなどの色でも、安心して着用できるのが魅力です。

また、密度を詰めて編み上げた度詰の生地なので、洗濯を重ねてヨレてくる心配もいらないのもポイント。浅めのVネックが上品さを演出し、ジャケットやシャツの中に合わせてもばっちり決まるアイテムです。

レミ レリーフ(REMI RELIEF)

2008年に創業された日本のブランド。ブランド名のREMI RELIEFは「REMIX=ミキシングし直す」という工夫と「RELIEF=取り除く」という作業を意味しており、余分なものを取り除いた結果、よいものが生まれるという思想を持っています。

クオリティに対して高いこだわりがあり、岡山にパターンメイクから加工まで行える自社工場をもちます。ナチュラルな加工感があるラインナップが特徴で、ファッション性の高さから多くのファンを魅了しているブランドです。

レミ レリーフ(REMI RELIEF) 16 天竺半袖T

レミ レリーフ(REMI RELIEF) 16 天竺半袖T

程よい加工感がレミ レリーフらしく、派手さを抑えたロゴプリントの半袖Tシャツです。ロゴのデザインはシンプルですが、ひび割れ加工が施されており、古着感のある仕上がりに。ボックス型で、丈が腰あたりまでの長さなので、着回しの利くシルエットです。

モノトーンで落ち着いた印象なので、さまざまコーディネートに合わせられるのも魅力。夏らしく、柄のショーツと合わせて遊びを入れてもおしゃれに仕上がります。

フィルメランジェ(Filmelange)

カットソーをメインにラインナップを展開している日本のブランドです。2007年にブランドを立ち上げ、『最高峰のカットソー』を作り続けることをコンセプトに綿・糸・生地・縫製を自社開発しています。

素材には環境を配慮したオーガニック素材を使用。また、一般的なカットソーに使用される合成繊維ではなく綿糸を採用しており、快適な着心地が得られるのもフィルメランジェ製品のよさのひとつです。日本のクラフトマンシップを大切にしており、日本製にこだわった製品づくりを行っています。

フィルメランジェ(Filmelange) SUNNY

フィルメランジェ(Filmelange) SUNNY

フィルメランジェの定番である半袖Tシャツです。リリース当初からアップデートされ続けています。より長く使用できるように、ハリとコシの強いGIZAコットンに原料が変更されるなど、フィルメランジェのこだわりが感じられるアイテムです。

GIZAコットンは世界三大綿のひとつとされ、シルクやカシミヤのようなしなやかさを持っています。さらに、丸胴を採用しており、着心地のよさも魅力。シルエットは少し身幅に余裕を持たせており、インナーとしてだけでなくトップスとしても活躍してくれ、夏場に快適に使用できるおすすめの半袖Tシャツです。

フィルメランジェ(Filmelange) DOM

フィルメランジェ(Filmelange) DOM

切り替えがおしゃれなラグランスリーブの半袖Tシャツ。一般的な肩から脇のラインで切り替わるセットインスリーブよりも肩の可動域が広く、ストレスフリーで着用できるのがラグランスリーブの特徴です。スポーツウェアでよく見られる仕様で、スポーツミックスでの着こなしにもマッチします。

素材には、オーガニックラフィーと呼ばれるオーガニックリサイクルコットンを採用。オーガニックコットン糸の製造工程でふるい落とされた良質な繊維を50%、バージンオーガニックコットン50%を掛け合わせて作られています。また、あえてムラ感を作って少し太めの糸へと紡績することで、ヴィンテージ感を含んだ仕上がりに。シンプルながら、ディティールへのこだわりが詰め込まれたアイテムです。

ヘインズ(Hanes)

1901年に誕生したアメリカのブランド。コンフォート(快適さ)をコンセプトにさまざまな製品を生み出してきました。なかでも、毎日を快適に過ごして欲しいという願いから1947年に開発されたTシャツは、現在のヘインズのアイコンとも言える存在になっています。

アンダーウェアを手がけるヘインズの製品は、肌触りや動きやすいシルエットなど、快適な着心地を追求しており、身近で親しみやすいブランドとして世界中の人々から愛されています。

ヘインズ(Hanes) ジャパンフィット クルーネック

ヘインズ(Hanes) ジャパンフィット クルーネック

本製品は、ヘインズの代表でもある、パッケージングされた半袖Tシャツです。ジャパンフィットは日本向けに立ち上げられたオリジナルレーベルで、日本人体型に合わせてフィットするようなシルエットにリサイズされています。

生地は5.3オンスと、透けず厚過ぎずの絶妙な厚さに仕上がっており、アンダーウェアだけではなくトップスとしても使用可能。コストパフォーマンスも大きな魅力で、リピーターの多いアイテムです。

アンダーカバー(UNDERCOVER)

1990年に在学中の高橋盾氏が一ノ瀬弘法氏と共に立ち上げた日本のファッションブランドです。一時期はアイテムの入手が困難でプレミア価格が付いたほど、多くの方から人気を集めています。ストリートとモードの間とも言えるデザインが特徴的で、立ち上げから現在に至るまで多くのファンを魅了し続けているブランドです。

アンダーカバー(UNDERCOVER) Uアンダーバー Tシャツ

アンダーカバー(UNDERCOVER) Uアンダーバー Tシャツ

アンダーカバーのTシャツのなかでも根強い人気を誇っている製品。全面に大きくUとアンダーバーがプリントされており、インパクトが強いアイテムです。裾に施されたバックプリントにはアンダーカバーのコンセプトでもある「WE MAKE NOISE NOT CLOTHES」という文字がプリントされており、作り手のメッセージが込められている点も魅力のひとつ。

トップスだけでコーディネートが完成するような特徴のあるアイテムで、黒のスキニーなど細身のボトムスと合わせると、まとまりもよく、おしゃれに仕上がります。デザイン性が高い半袖Tシャツを探している方におすすめのアイテムです。

半袖Tシャツのメンズコーデ

黒Tシャツ×ライトカラーデニム

By: wear.jp

黒の半袖Tシャツに、ライトカラーのデニムを合わせたシンプルコーデ。バックパックやシューズも黒でまとめているため、統一感のあるコーディネートに仕上がっています。クルーネックのTシャツを選ぶことで、カジュアルさが増しているのもポイントです。

ニットTシャツ×シンプルデニム

By: wear.jp

大人顔のサマーニットTシャツを主役にした夏向けコーディネート。半袖Tシャツ×デニムの王道スタイルながら、ニットTシャツを取り入れることで新鮮さがプラスされています。シンプル好きの大人の男性におすすめのコーデです。

ラグランTシャツ×ワイドデニム

By: wear.jp

爽やかなスポーティコーデです。ネイビーのニット帽や白スニーカーなど、Tシャツのカラーに合わせた小物選びがポイント。半袖Tシャツはラフになりすぎない絶妙なサイズ感で、ワイドデニムの存在感を際立たせています。

ボートネックTシャツ×シンプルデニム

By: wear.jp

ボートネックのボーダーTシャツが目を引く、マリンテイストのスタイリングです。鮮やかなカラーのアイテムを取り入れる際は、他の部分をシンプルにまとめるのがベター。飾りすぎないリラックス感が魅力のコーディネートです。

白Tシャツ×Vネックニット

By: wear.net

シンプルな白TシャツとVネックニットの組み合わせがおしゃれな大人コーデ。足元はサンダルで抜け感を出し、どこかリラックスした雰囲気も漂うスタイルに。半袖Tシャツを取り入れたコーディネートのバリエーションを増やしたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。