カッコ良すぎる8ミリカメラ撮影スタイル。

8ミリカメラの映像のレトロ感は何とも言えない。8ミリカメラの撮影スタイルもカッコ良すぎる…。様々なデジタルデバイスがあふれている今日でも魅力はあせません。今回ご紹介するのは、その8ミリカメラのノスタルジーとカメラ性能が優れたiPhone6を融合させるムービーケース Lumenati CS1 です。

iPhone6をカシャッと入れます

Lumenati CS1 の使い方は簡単。iPhone6を Lumenati CS1にスロットイン。するとLumenati CS1ボディーのサイドがiPhone6のディスプレイ、つまりムービーカメラの操作画面になります。

8ミリカメラそのもの

iPhone6が装着されたLumenati CS1の姿は8ミリカメラそのもの。撮影はレトロなトリガーを引いて開始。これだけでもテンションが上がってしまうかも!?

ビューファインダーを通してちゃんと撮影画面を確認可能。グリップを握って、ファインダーに目を当てトリガーを引く…。撮影スタイルが懐かしい!

また、Lumenati CS1 の上部にはコールドシューがあり、ライト、マイク、低い位置からのショットに使えるハンドルなどの装着に使えます。楽しそうですね~。

レンズ交換できます

Lumenati CS1は58mmレンズ交換式。対応規格のレンズであれば、広角、望遠、魚眼、マクロなどで、様々なHD映像の撮影を楽しめます。

専用アプリで操作

Lumenati CS1の専用アプリがカメラの”操作画面”になります。露出やフォーカスなど、マニュアルの撮影設定から撮影後の編集までこなしてくれます。

iPhone単体でのムービー撮影にくらべて段違いの操作性と安定感。Lumenati CS1 でおじいちゃん撮ってあげたら大喜びされそうです!