PS4のストレージを気軽に拡張できる「外付けHDD」。ゲームやDLCをたくさんダウンロードしてしまうと、ストレージ容量の大きな1TB・2TBでも不足してしまうことがあります。以前までPS4のデータは外付けHDDに保存できませんでしたが、2017年3月9日に行われたシステムソフトウェアバージョン4.50からPS4でも外付けHDDが使えるようになりました。

そこで今回は、PS4におすすめの外付けHDDをご紹介。選ぶ時の注意点やポイントも解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

PS4用外付けHDDとは?

By: amazon.co.jp

外付けHDDをPS4の拡張ストレージとして使用するには、USBのバージョンやストレージの容量などいくつかの条件を満たしている必要があります。これらの仕様をよく調べないで選んでしまうと、せっかく購入しても動かないことがあるので注意が必要です。ソニーが推奨する外付けHDDのスペックは、USBのバージョンが「3.0以上」、ストレージサイズが「250GB~8TB」なので、選ぶ際にはこの2点をしっかりとチェックしましょう。

ただし、USBのバージョンやストレージの容量など条件を満たしていても、すべてのUSBストレージ機器の動作を保証するものではないので、心配な方は価格が少し高くても大手メーカーが販売する「PlayStation4 動作確認済み」と表記された製品を選ぶようにしましょう。

PS4/PS4 Pro用外付けHDDの選び方

外付けHDDの種類をチェック

大容量モデルが多い「据え置き型」

By: amazon.co.jp

たくさんのゲームを楽しみたいなら「据え置き型」がおすすめ。ポータブル型と比べてストレージ容量の大きな製品が多く、中には4〜8TBの大容量HDDを搭載した製品もあります。読み書き速度が速い、容量単価が安いなども据え置き型の魅力なので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

ただし、ストレージ容量が大きいがゆえに本体サイズは少し大きめなので、頻繁に持ち歩いて使うのにはあまり向いていません。また、据え置き型は消費電力が大きく、使用するためにはACアダプターが必要なので、コンセントの数に余裕がない方や、電気代が気になる方は要注意です。

持ち運びも可能な「ポータブル型」

By: amazon.co.jp

ポータブル型は文字通り持ち運びができるコンパクトな外付けHDDです。据え置き型よりもサイズが小さいので、テレビ周りをスッキリさせたい方におすすめ。USBからの供給電力で動作するバスパワーに対応しているので、コンセントの数に余裕がない方や、電気代が気になる方にもおすすめです。

一方で、ポータブル型は据え置き型と比べてストレージ容量が少なめなので、たくさんのゲームを楽しみたい方にはあまり向いていません。また、製品の価格が高い、読み書き速度が遅いなどのデメリットがあるので、コストパフォーマンスを重視する方にも向いていません。

ストレージ容量をチェック

1TB以下|バックアップ向けの小容量モデル

By: amazon.co.jp

ストレージ容量が1TB以下の小容量モデルは、価格が非常に安くほとんどの製品が1万円以下で購入できます。コストパフォーマンスを重視する方や、バックアップ用として使う方におすすめですが、ストレージ容量は少なめなので、たくさんゲームを楽しみたい方やプレイ動画を保存したい方には向いていません。

ただし、ストレージ容量が少ないと言っても1本あたりのゲームデータは20〜50GBほどなので、プレイ予定のゲームが10〜20本程度の方や、プレイしなくなったゲームを定期的に消す方なら1TB以下の小容量モデルでも十分快適に使えます。

2~3TB|ダウンロードソフトで遊びたい方向けの中容量モデル

By: amazon.co.jp

ゲームをたくさん楽しみたいならストレージ容量が2〜3TBの中容量モデルがおすすめ。ゲームソフトの容量によって大きく異なりますが、40〜60本ほど保存できます。価格はストレージ容量が1TB以下の小容量モデルより数千円高くなりますが、1TBあたりの価格ではほとんど変わらないため、性能と価格のバランスで選びたい方におすすめ。

ただし、プレイ動画をインターネットに投稿する方やお気に入りのゲームシーンを録画して保存しておきたい方は、2〜3TBの中容量モデルでもストレージ容量が不足することがあるので注意が必要です。

4~8TB|プレイ動画なども保存したい方向けの大容量モデル

By: amazon.co.jp

ゲームやプレイ動画をたくさん保存するならストレージ容量が4〜8TBの大容量モデルがおすすめ。ゲームソフトや録画する画質にもよりますが、80〜160本、プレイ動画(720p/60fps)なら約2600時間保存できます。ストレージ容量を気にせず快適にPS4が楽しめますが、価格は安いモノでも2〜3万円と高価なのでコストパフォーマンスを重視する方には向いていません。あくまでも価格より性能を重視する方におすすめです。

なお、外付けHDDをPS4に繋いで一度フォーマットしてしまうと、他のゲーム機やパソコンで一切使えません。1台の外付けHDDを複数のデバイスでシェアして使おうと考えている方は注意が必要です。

駆動方式をチェック

By: amazon.co.jp

外付けHDDの駆動方式には大きく分けて、ACアダプターから電力を供給する「セルフパワー」、USBから電力を供給する「バスパワー」の2種類があります。外付けHDDの特徴を大きく左右する重要なポイントなので、選ぶ際にはそれぞれの違いをしっかりと理解して自分に合った最適な駆動方式を選びましょう。

安定稼働が期待できる「セルフパワー」

セルフパワーはACアダプターを使って給電するタイプです。コンセントから電力を供給することで安定した動作を実現しています。また、読み書きの速度が速いので、サクサク快適にゲームを楽しみたい方や容量の大きなデータを頻繁にやり取りする方におすすめです。

ただし、セルフパワーは本体のサイズが大きく設置にある程度のスペースが必要なので、使う場所によっては邪魔になることがあります。使用するのにコンセント(100V)が必要な点や、回転数が速く動作音が大きい点などもデメリットなのでコンセントに空きがない方や静音性を重視する方は注意が必要です。

コンセントが不要な「バスパワー」

バスパワーは、USBから供給される電力を使って動作するタイプです。PS4に搭載しているUSBポートから電力の供給が可能なので、コンセントに空きがない方でも気軽に使えます。また、セルフパワーと比べて「本体のサイズが小さい」「回転数が低く動作音が静か」などのメリットがあるので、コンパクトな外付けHDDが欲しい方や静音性を重視する方にもおすすめです。

頻繁に持ち運んで使うならバスパワーがおすすめですが、「回転数が低く読み書きの速度が遅い」「ストレージ容量が少ない」などのデメリットがあるので、容量の大きなデータを頻繁にやり取りする方や、ゲームやプレイ動画をたくさん保存したい方にはあまり向いていません。

インターフェースをチェック

外付けHDDには、ゲーム機やパソコン、テレビなど、さまざまなデバイスと接続するためのインターフェースが備わっています。このインターフェースは、USB2.0・USB3.0・Thunderbolt・IEEE1394a / b・eSATAなど、用途やデバイスに応じてたくさんの種類がありますが、一つ注意しなければならないのはPS4に対応しているのはUSB 3.0以上であるということです。

Thunderbolt・IEEE1394a / b・eSATAなどはインターフェースの形状が全く違うので心配ありませんが、USB2.0とUSB3.0の場合は見た目がほとんど同じなので、外付けHDDにあまり詳しくない方だと間違えて選んでしまうことがあります。簡単な見分け方としては、プラスチック部分の先端に5つの端子が付いているとUSB3.0、付いていないとUSB2.0なので選ぶ際にはこれらの違いをしっかりとチェックしましょう。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|1TB以下

トランセンド(Transcend) StoreJet 25M3 TS1TSJ25M3S

トランセンド(Transcend) StoreJet 25M3 TS1TSJ25M3S

トランセンドが販売するポータブルタイプの外付けHDD。シリコンカバー、衝撃吸収サスペンションダンパー、強化ケースの特殊な三層構造を採用することで、米軍の落下試験規格に相当する高い耐衝撃性を実現しています。強い衝撃や圧力が加わっても壊れる心配がないので、頻繁に持ち運んで使う方におすすめです。

インターフェースには、最大5Gbpsの快適データ転送が可能な「USB 3.1 Gen 1」を採用。容量の大きなゲームやプレイ動画もサクサク快適にやり取りできます。購入後も安心して使える3年保証付きなので、同じ外付けHDDを長く使い続けたい方にもおすすめ。アイロングレー・ミリタリーグリーンの2色のカラーバージョンから好きな色が選べるのも嬉しいポイントです。

KESU ポータブルハードディスク 250GB KESU_A_250G

KESU ポータブルハードディスク 250GB KESU_A_250G

外付けHDDが欲しいけど価格が高くて気軽に手が出せない方におすすめのモデル。ストレージ容量は250GBと若干少なめですが、価格は3000円台と安くコストパフォーマンスを重視する方におすすめです。ストレージ容量が少ないと言っても、約5本保存できるので、普段あまりゲームをしない方や、古くなったゲームを定期的に消す方なら快適に使えます。

低価格ながら、米軍の落下試験規格に相当する耐衝撃性と防水性能を備えているので、外付けHDDの耐久性が気になる方でも安心して使えます。ちなみに、カラーバリエーションはブラック・レッド・ブルーの3色から選択が可能。ファッション感覚で自分の好みの色を選ぶこともできます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDPT-UT500K

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDPT-UT500K

アイ・オー・データが販売するPS4動作確認済みの外付けHDDです。500GBのストレージ容量を備えているにも関わらず、横幅7.5×奥行き11.2×厚さ1.4cmのコンパクトサイズを実現しています。テレビの後ろやPS4の側面など、わずかなスペースに設置が可能なので、インテリアの邪魔になりません。駆動方式には、ACアダプター不要で使える「バスパワー」を採用。電源コンセントを気にせず使えるのも嬉しいポイントです。

表面トップにはキズに強い「ハードコーティング加工」、底面とサイドには滑りにくい「ラバー素材」を採用しているので、外出先に持ち運んで使う方にもおすすめ。角度によって表情が変わる特殊な「レンチキュラー加工」を採用することで、他の外付けHDDとは一味違った高級感のあるデザインに仕上がっているのも大きな魅力です。

バッファロー(BUFFALO) HD-LC1.0U3-BKF

バッファロー(BUFFALO) HD-LC1.0U3-BKF

バッファローが販売する据え置き型の外付けHDD。ストレージ容量は1TB、インターフェースには高速転送が可能な「USB 3.1 Gen 1」を採用しています。ハードディスク動作時の振動を抑える「防振設計」や、耳障りなノイズを省く「ファンレス設計」を採用しているので、静音性を重視する方におすすめの一台です。

機能面では、PS4の電源オン・オフに合わせてハードディスクも自動でスタンバイになる「電源連動機能」を搭載。無駄な消費電力を抑えて電気代を大幅に節約することも可能。サイズが大きく邪魔になりがちな据え置き型ですが、この製品は厚さが指2本分と従来の製品よりもコンパクトなので、テレビ画面の下や、AVラックのちょっとした隙間などにコンパクトに収納できます。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|2~3TB

シリコンパワー(Silicon Power) SP020TBPHDA60S3K

シリコンパワー(Silicon Power) SP020TBPHDA60S3K

ミリタリー基準の耐衝撃性能を兼ね備えたタフネスポータブルHDDです。独自の特殊構造シリコンラバーを採用することで、米国防総省規格「MIL-STD-810G」に適合。圧力・震動・衝撃などからハードディスク内のデータをしっかりと保護します。IPX4等級の防水性能にも適合しているので、雨や水しぶきに濡れても壊れる心配がありません。

電源・データの転送状況がひと目で分かる「LEDアクセスランプ」、USBケーブルを巻き付けて収納できる「ケーブルキャリーデザイン」、キズや摩擦に強い「格子状の表面加工」など、デザイン性と実用性を兼ね備えているのも大きな特徴。購入後も安心して使える3年保証が付いているのも嬉しいポイントです。

バッファロー(BUFFALO) HD-AD3U3

バッファロー(BUFFALO) HD-AD3U3

省スペースですっきり設置できる据え置き型の外付けHDD。3TBの大容量ストレージを搭載しているにも関わらず、本体サイズは厚さ33×横幅114×奥行き171mmとコンパクトなので、場所を問わずにどこでも気軽に使えます。コンパクトながらハードディスクからの発熱をより効果的に放熱するよう設計されているので、長時間の使用でも壊れる心配がありません。

従来のファンレス設計に加えて、振動による音を低減する「防振用シリコンゴム」、音漏れの原因となる通気孔をふさぐ「無通気孔」を採用することで、業界トップクラスの静音性を実現しているのも大きなポイント。消えてしまったデータを復旧するバッファロー正規のデータ復旧サービスに対応しているので、セーブデータやお気に入りのプレイ動画など、大切なデータのバックアップ用にもおすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDPX-UTS2K

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDPX-UTS2K

外付けHDDのデザインにこだわりたい方におすすめのモデルです。美しく仕上げられたアルミボディにアクセントカラーを施したスタイリッシュなデザインを採用することで、他の製品とは一味違ったおしゃれな雰囲気に仕上がっています。2TBの大容量ストレージを採用しているにも関わらず、一般的なスマートフォンとほとんど変わらない薄さ約8.6mmのスリムサイズを実現しているのも大きなポイント。

動作音がほとんど気にならない「静音設計」や、ACアダプター不要で使える「バスパワー駆動」、HDDの使用状態を簡単にチェックできる「診断ミレル for HDD」など、使いやすさにこだわって作られているのも魅力のひとつ。特徴の異なる2色のカラーラインアップから好みに合わせて好きな色が選べます。

マーシャル(MARSHAL) MAL32000EX3

マーシャル(MARSHAL) MAL32000EX3

本製品は、コスパに優れているのが特徴のモデルです。2TBの大容量ストレージを搭載しながらわずか7000円弱で購入できます。テレビの横に置いてもLEDが気にならない「背面LED」や、USBポートに接続するだけで手軽に使える「簡単設定」など、使いやすさにこだわって作られているのも魅力。

また、内部の温度上昇を抑えてハードディスクを長持ちさせる「独自のエアフロー設計」、PS4の電源オン・オフに合わせてハードディスクも自動でスタンバイになる「電源連動機能」も搭載。価格と性能のバランスで選びたい方にピッタリの一台です。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|4~8TB

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDJA-UT8.0W

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDJA-UT8.0W

アイ・オー・データが販売する高性能な外付けHDDです。ストレージ容量は8TB、インターフェースには「USB 3.1 Gen 1」を採用。容量を気にせずゲームやプレイ動画を楽しみたい方にベストな一台です。サイズが大きく邪魔になりがちな据え置き型ですが、この製品はACアダプターがない電源内蔵タイプなので、PS4周りをスッキリさせたい方にもおすすめです。

ハードディスクには、耐久性や省電力に優れた高品質なWestern Digital社の「WD Red」を採用。品質や信頼性が気になる方でも安心して使えます。独自のヒートシンク構造と冷却用ファンのダブル冷却構造でハードディスクをしっかり冷却し、常に安定した動作を実現しているのも大きなポイント。静音性にも優れているので動作音の小さな外付けハードディスクを探している方にもおすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDCZ-UTL6K

アイ・オー・データ(I-O DATA)  HDCZ-UTL6K

価格と性能のバランスに優れた据え置き型の外付けHDDです。ゲームやプレイ動画がたくさん保存できる6TBの大容量ストレージや、サクサク快適にデータ転送ができる「USB 3.1 Gen 1」を採用しているにも関わらず、他の製品よりも安いわずか1万円台で購入できます。低価格ながらHDDの状態をアプリでチェックできる「診断ミレル for HDD」、PS4の電源に連動して電源をON・OFFする「電源連動機能」など、便利な機能が充実しているのもポイント。

内部の無駄な空間を徹底的に見直すことで、厚さわずか3.5cmの省スペースサイズを実現。コンパクトな据え置き型の外付けHDDが欲しい方にもおすすめです。購入後も安心して使えるメーカー保証や、分からないことがあったらすぐに質問できる「商品専用電話窓口」など、国内メーカーならではの手厚いサポートも魅力です。

ADATA AHD710P-5TU31-CBK

ADATA AHD710P-5TU31-CBK

最新のテクノロジーを多数搭載したハイエンドモデルです。水深2mで60分間の水没に耐える「IEC IPX8」や、高さ1.5mからの落下にも容易に耐える米軍規格「MIL-STD-810G 516.6」に適合。あらゆるトラブルから大切なデータをしっかりと保護できます。衝撃が検出されるとドライブの全ての動作が直ちに停止する「衝撃振動センサーテクノロジー」を搭載しているので、使用中に万が一落下させてしまってもエラーや故障の発生を最小限に抑えられます。

5TBの大容量ハードディスクを搭載しているにも関わらず、厚さ133.3×横幅98.5×高さ26.7mmのコンパクトサイズを実現。高性能なポータブル型の外付けHDDが欲しい方にぴったりの一台です。USBケーブルを本体側面に取り付けて収納できる「ケーブル収納」や、ワンタッチで扱いやすい「防水ポートカバー」など、細部までこだわって作られているのも魅力です。