PS4のストレージを気軽に拡張できる「外付けHDD」。発売当初のPS4はデータを外付けHDDに保存できませんでしたが、2017年3月9日に行われたシステムソフトウェアバージョン4.50から、PS4でも外付けHDDが使えるようになりました。

そこで今回は、PS4におすすめの外付けHDDをご紹介。選び方や注意点についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

PS4用外付けHDDとは?

By: seagate.com

PS4はゲームやDLCをダウンロードする機会が多いので、ストレージ容量の大きな1TBや2TBのモデルでも不足してしまう場合があります。そこで重要なのが、PS4のコンテンツを保管しておける外付けHDDです。

外付けHDDをPS4の拡張ストレージとして使用するには、USBのバージョンやストレージ容量などいくつかの条件を満たしている必要があります。ソニーが推奨する外付けHDDのスペックは、USBのバージョンが「3.0以上」、ストレージ容量が「250GB〜8TB」です。

ただし、USBのバージョンやストレージ容量などの条件を満たしていても、全てのUSBストレージ機器が動作するわけではありません。心配な方は「PlayStation4 動作確認済み」と表記された製品を選んでみてください。

PS4/PS4 Pro用外付けHDDの選び方

外付けHDDの種類をチェック

大容量モデルが多い「据え置き型」

By: amazon.co.jp

たくさんのゲームを楽しみたいなら「据え置き型」がおすすめ。ポータブル型と比べてストレージ容量の大きな製品が多く、なかには、4〜8TBの大容量HDDもあります。読み書き速度が速いモデルや、容量単価が安いモデルなども揃っており、自分に合ったモノを見つけやすいのが魅力です。

ただし、ストレージ容量が大きい分、本体サイズは少し大きめなので、頻繁に場所を移動して使うのにはあまり向いていません。また、据え置き型は消費電力が大きくACアダプターが必要なので、コンセントの数に余裕がない方や電気代が気になる方は要注意です。

持ち運びも可能な「ポータブル型」

By: rakuten.co.jp

ポータブル型は文字通り持ち運びができるコンパクトな外付けHDDです。据え置き型よりもサイズが小さいので、テレビ周りをスッキリさせたい方におすすめ。USBからの供給電力で動作するバスパワーに対応したモノが多く、コンセントに空きがなくても使えるのが魅力です。

一方、ポータブル型は据え置き型と比べてストレージ容量が少なめなので、たくさんのゲームを楽しみたい方にはあまり向いていません。また、製品の価格が高い、読み書き速度が遅いなどのデメリットがあるので、コストパフォーマンスを重視する方は注意しましょう。

ストレージ容量をチェック

1TB以下|バックアップ向けの小容量モデル

By: amazon.co.jp

ストレージ容量が1TB以下の小容量モデルは、価格が安いのが特徴。コストパフォーマンスを重視する方や、バックアップ用として使う方におすすめです。ストレージ容量は少なめなので、たくさんゲームを楽しみたい方やプレイ動画を保存したい方には向いていません。

PS4のゲームデータは1本あたり20〜50GBほど。HDDに保存するゲームが10〜20本程度の方や、プレイしなくなったゲームを定期的に消す方なら、1TB以下の小容量モデルでも十分快適に使えます。

2~3TB|ダウンロードソフトで遊びたい方向けの中容量モデル

By: amazon.co.jp

ゲームをたくさん楽しみたいならストレージ容量が2〜3TBの中容量モデルがおすすめ。ゲームソフトの容量によって大きく異なりますが、40〜60本ほど保存できます。価格はストレージ容量が1TB以下の小容量モデルより高くなりますが、1TBあたりの価格はほとんど変わらないため、性能と価格のバランスで選んでみてください。

ただし、プレイ動画をインターネットに投稿する方やお気に入りのゲームシーンを録画したい方は、2〜3TBの中容量モデルでもストレージ容量が不足することがあるので注意が必要です。

4~8TB|プレイ動画なども保存したい方向けの大容量モデル

By: rakuten.co.jp

ゲームやプレイ動画をたくさん保存するなら、ストレージ容量が4〜8TBの大容量モデルがおすすめ。ゲームソフトや録画する画質にもよりますが、ダウンロードソフトなら80〜160本、プレイ動画(720p/60fps)なら約2600時間保存できます。

ストレージ容量を気にせず快適にPS4が楽しめますが、価格は高め。あくまでも価格より性能を重視する方におすすめです。

駆動方式をチェック

安定稼働が期待できる「セルフパワー」

By: iodata.jp

セルフパワーはACアダプターを使って給電するタイプ。コンセントから電力を供給することで安定した動作を実現しています。読み書きの速度が速いモデルも多く、サクサク快適にゲームを楽しみたい方や容量の大きなデータを頻繁にやり取りする方におすすめです。

ただし、セルフパワーは本体のサイズが大きく、設置にある程度のスペースが必要なので、使う場所によっては邪魔になることがあります。また、コンセントの空きが必要な点や、回転数が速く動作音も大きい点なども留意しておきましょう。

コンセントが不要な「バスパワー」

By: amazon.co.jp

バスパワーは、USBから供給される電力を使って動作するタイプ。PS4に搭載しているUSBポートから電力の供給が可能なので、コンセントに空きがない方でも気軽に使えます。また、セルフパワーと比べて本体のサイズが小さい、回転数が低く動作音が静かなどのメリットがあるので、コンパクトな外付けHDDが欲しい方や、静音性を重視する方にもおすすめです。

デメリットとしては、回転数が低く読み書きの速度が遅い、ストレージ容量が少ないといった点が挙げられます。容量の大きなデータを頻繁にやり取りする方や、ゲームやプレイ動画をたくさん保存したい方は注意しましょう。

転送速度をチェック

By: rakuten.co.jp

容量の大きいゲームデータを転送する際にチェックしておきたいポイントが「転送速度」。ソニーが推奨するUSB規格のうち、対応しているのは「USB 3.0」や「USB 3.1 Gen1」と書かれた製品です。

両者は同じ性能で、最大5Gbpsの速さで転送可能。ただし、5Gbpsは理論値であり、実際の値は600~1100Mbps程度だといわれています。

放熱性をチェック

By: amazon.co.jp

外付けHDDを長時間使用することが多い方は、放熱性もしっかりとチェックしましょう。外付けHDDは高速で回転するディスクを内蔵しているため、使用中は熱が発生します。

内部が高温になり過ぎると、故障や寿命を縮める原因になるので注意が必要。ボディ表面から内部の熱を効率的に逃したり、独自のエアフロー構造を採用したりしている製品なら長時間安心して使えます。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|1TB以下

シリコンパワー(Silicon-Power) Armor A30 SP010TBPHDA30S

タフな設計で、しっかり保護

耐久性に優れた外付けHDDです。アメリカ軍が採用している耐衝撃性能規格「MIL-STD-810G」に準拠しており、3mの高さからの落下にも耐えられると謳われています。表面は傷に強い加工が施されているため、頻繁に使用する方におすすめ。

持ち運びに便利なのも魅力です。USBケーブルを本体内部に収納可能なので、移動中の断線などのトラブルを軽減。PS4での動作も確認されており、安心してゲームデータを保存できます。

シリコンパワー(Silicon-Power) Stream S03 SP010TBPHDS03S3K

無駄の無いシンプルな作り。すばやくデータを転送

スリムかつスタイリッシュなデザインの外付けHDD。表面には汚れや傷の付きにくいマット加工が施されています。USB 3.0(USB 3.2 Gen.1)規格に対応しており、高速なデータ転送が可能です。

LEDインジケーターを搭載しているので、ドライブへのアクセス状態がひと目でわかります。接続先がUSB3.0ならLEDが青色に、USB2.0なら赤色に変化。パソコンなどPS4以外のデバイスで利用する際にも重宝します。

シリコンパワー(Silicon-Power) Armor A75 SP010TBPHDA75S3S

落下試験を通過した、安心の性能

筐体にアルミニウム素材を採用した高級感のある外付けHDDです。米軍のMIL-STD規格に準拠した1.22mからの落下試験に耐えると謳っており、優れた耐衝撃性能を備えているのが特徴。お気に入りのゲームデータを気軽に持ち運べるうえ、万が一落下させてしまっても慌てる心配はありません。

厚さ12.2mmの薄型ボディで重さも169gと軽量なため携帯性は良好。USB端子にはType-Cを採用しています。PS4と接続するためにはType-A変換ケーブルが必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルハードディスク カクうす HDPT-UTS1K/E

寝室でも音が気にならない高い静音性

携帯性に優れた外付けHDDです。厚さ14mmとスタイリッシュなデザインが特徴。傷が付きにくいハードコーティング加工を施しているため、カバンの中に入れても安心です。また、USBケーブルをPS4に差し込むだけで電源供給を行えるため、ACアダプターを持ち運ぶ必要がありません。

高い静音性も本製品の魅力です。全国家庭電気製品公正取引協議会が「静音」「静か」と認定し、メーカーが独自に位置づける静音ランクは、寝室でも音が気になりにくい「GOLD」。PS4・PS4 Pro・nasneでの動作が確認されており、安心してゲームに集中できます。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HDV-LLD1U3BA/D

ケーブルなどの配線をスッキリさせたい方におすすめ

容量1TBの外付けHDD。ファンレス設計に加え、音漏れの原因となる通気孔を塞いで静音性を高めています。また、防振用のシリコンゴムによるフローティング構造や、筐体底面に備えられた4つのゴム足により、振動が原因の騒音も低減。

PS4でフォーマットすることによりPS4で使用できます。別売りの専用USBケーブルで接続すれば、内蔵HDDのバックアップとリストアも簡単。さらに、外付けHDDに入れた映像や音楽などをPS4で再生できます。

配線が気になりにくいデザインもポイント。ケーブルカバーを付ければ本体の横から出ているケーブルを背面に逃せるため、PS4周りの配線をスッキリさせられます。ゲームデータのバックアップを取りたい方や、ちょっとしたデータの保管場所に使いたい方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) ポータブルHDD Canivio HD-TPA1U3-B/N

コンパクトで持ち運びにも便利

東芝のポータブル外付けHDDをバッファローが販売、サポートする製品です。故障予測サービス「みまもり合図」に対応。パソコンと本体を接続すれば、ハードディスクの状態をいち早く把握できます。

電源には、USBパスパワー方式を採用。ACコンセントが近くになくても使用できるのがメリットです。本体サイズは幅109×奥行78×高さ14mm。薄型なので、ポーチや小物入れにスッキリと収まります。

ロジテック(Logitec) ポータブルハードディスク LHD-PBM10U3BSR

耐衝撃性に優れている外付けHDDです。落下時の衝撃を吸収できる、ラバーフレームとフローティング構造を採用。PS4のゲームデータを持ち運ぶときでも安心です。

また、Western Digitalオリジナルのファームウェアである「NASWare」を搭載。パワーマネジメント機能により、消費電力を大きく低減できるのがうれしい点です。

さらに、「IntelliPower」機能も搭載。データ転送を高速化しながら、同時に消費電力を大きく削減できます。充実した機能だけでなく、スタイリッシュなデザインも魅力です。

トランセンド(Transcend) ポータブルHDD StoreJet 25M3 TS1TSJ25M3

耐衝撃性能を重視する方におすすめの外付けHDDです。3層構造を採用しているのが特徴。シリコンラバーカバー・衝撃吸収サスペンションダンパー・ハードケースで内部のデータをしっかりと守ります。

ワンタッチ自動バックアップ機能を搭載しているのも本モデルの特徴。ボタンひとつで手軽にバックアップが取れるため、PS4のゲームデータや画像などをしっかりと守れます。専用アプリを利用すればファイルのパスワード保護が可能など、重要なデータを扱うビジネスシーンにも便利です。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|2~3TB

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-LE3U3

駆動音が気になりにくい外付けHDDです。ファンレス設計に加え、通気孔を塞ぐことによって、静かな環境でゲームを楽しめるのがポイント。また、本体から効率的に放熱することで、熱暴走などによるトラブルを軽減します。

容量を選べるのも魅力のひとつ。複数の種類をラインナップしており、ゲームコンテンツの保存状況に合わせられます。PS4・Xbox Oneといったゲーム機に加え、テレビ・パソコンなど幅広い機器に対応したモデルです。

シーゲート(SEAGATE) Game Drive for PS4 STGD2000300

PS4の公式ライセンスを取得した外付けHDDです。PS4・PS4 Slim・PS4 Proの動作を確認しており、大切なゲームデータを保存可能。コンセントが不要なバスパワータイプで、ゲーム機に接続するだけで使用できます。

アルミ製の素材を採用したスタイリッシュなデザインもポイント。幅76×奥行114×高さ12mmとコンパクトサイズで、カバンに入れて持ち運べます。2TB・4TBの2種類をラインナップしており、ダウンロードデータの大きさに合った容量を選べるのも魅力です。

シリコンパワー(Silicon-Power) Armor A60 SP020TBPHDA60S3

防水性を備えた外付けHDDです。IPX4等級に準拠しており、水しぶきなどによる本体への影響を抑えられるのが特徴。また、アメリカ軍でも採用されている「MIL-STD-810G」に適合し、耐衝撃性にも優れています。

USB3.0ポートを搭載しているのもポイントです。高速なデータ転送が可能なほか、電源供給にも対応。付属のケーブルを使用すれば、ACアダプターに接続する必要はありません。USBケーブルを本体側面に巻き付けて収納できるため、持ち運びにも便利です。

ロジテック(Logitec) 外付けハードディスク LHD-ENA020U3WRH

ウエスタンデジタルが開発した「WD Red Plus」を搭載している外付けHDDです。「NASWare」「3D Active Balance Plus」など、オリジナルの機能を搭載。耐久性や安定性に優れているのが特徴です。

本製品は、縦置きと横置きの両方に対応。どちらで置いても吸気口を下部に配置できる「ダブルデッキエアフロー」構造を採用しているので、空気が効率よく循環します。

USB3.0の高速転送を利用できるのもポイント。容量の大きいゲームデータでも、サクサクと送信できます。PS4だけでなく、PCやテレビへの接続に対応しているのも魅力です。

FFF SHELTER MAL33000EX3

PS4での動作が確認されている外付けHDDです。容量は3TBですが、ほかにも500GB~8TBの7種類のモデルをラインナップ。USB3.0に対応しており、容量の大きいゲームデータでもスムーズに転送できます。

FFF独自のエアフロー構造を採用。放熱性に優れているため、温度上昇を抑制して故障のリスクを低減できます。「アクオス」や「ブラビア」「ビエラ」などのテレビに接続できるのも魅力です。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|4~8TB

シーゲート(SEAGATE) Game Drive for PS4 STGD4000400

PS4専用に作られた外付けHDDです。4TBの大容量で、100本以上のゲームを保存可能。プレイしたいゲームがたくさんあっても、いちいち削除する必要がありません。

PS4と本体をUSBケーブルでつなぐだけで接続完了。設定もテレビ画面の手順に従うだけなので簡単です。PlayStationの公式ライセンス認定を受けているため、安心して利用できます。

非常にコンパクトで、バッグなどに入れてどこへでも持ち運べるのがポイント。PS4での使用に適した大容量の外付けHDDを探している方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD EX-HDAZ-UTL6K

ファンレスながら優れた冷却性能を持つ外付けHDDです。凹凸のあるデザインによって、効率的に放熱できるのがポイント。また、高い防振性を備えたフローティングマウントやゴム足を搭載し、動作音を最小限に抑えています。

コンパクトなサイズも魅力。6TBの大容量モデルながら、幅116×奥行172×高さ35mmの大きさで、省スペースで設置が可能です。PS4・PS4 Proでの動作も確認しており、ゲームデータをしっかり保存できます。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-AD4U3

快適にゲームを楽しめる外付けHDDです。ファンレス設計に加え、音漏れの原因となる通気孔を塞いでいるので動作音が発生しにくいのがポイント。また、本体内の空気層を減らして効果的に放熱を行い、熱暴走などによるトラブルを軽減します。

用途に合わせて容量を選べるのも魅力です。2TB・3TB・4TB・6TB・8TBの5種類をラインナップ。大量のゲームデータを保存する際も安心です。本体背面にセキュリティスロットを搭載。専用の鍵を使用すれば盗難対策も万全です。

エレコム(ELECOM) TV向け外付けハードディスク ELD-FTV040U

テレビやレコーダーの番組録画に適した4TBの外付けHDD。もちろん、PS4の拡張ストレージにも対応しています。クイックスタートガイドや国内スタッフによる電話サポート体制など、機器を使い慣れない方でも安心して使えるのが特徴です。

ファンレス設計で、ゲーム中にデータを読み込む際に冷却ファンの音に気を取られることがありません。縦置きと横置きのどちらにも対応しており、設置場所に合わせて選択可能。PS4周りの機器をスッキリとまとめたい方におすすめです。

エレコム(ELECOM) Expansion SGD-MY060U

シーゲート開発のHDDをエレコムが販売・サポートする製品です。転送速度はUSB3.0に対応。5Gbpsのスピードで、ゲームをサクサクと転送できます。

また、日本語で記載された簡単接続ガイドを同梱しているので、専門知識がなくても簡単に利用できるのもうれしいポイント。機械が苦手な方にもおすすめです。