PS4のストレージを気軽に拡張できる「外付けHDD」。発売当初のPS4はデータを外付けHDDに保存できませんでしたが、2017年3月9日に行われたシステムソフトウェアバージョン4.50からPS4でも外付けHDDが使えるようになりました。

そこで今回は、PS4におすすめの外付けHDDをご紹介。選び方や注意点についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

PS4用外付けHDDとは?

By: seagate.com

PS4は、ゲームやDLCをダウンロードする機会が多いので、ストレージ容量の大きな1TBや2TBのモデルでも不足してしまう場合があります。そこで重要なのが、PS4のコンテンツを保管しておける外付けHDDです。

外付けHDDをPS4の拡張ストレージとして使用するには、USBのバージョンやストレージの容量などいくつかの条件を満たしている必要があります。ソニーが推奨する外付けHDDのスペックは、USBのバージョンが「3.0以上」、ストレージサイズが「250GB〜8TB」なので、選ぶ際にはこの2点をしっかりとチェックしましょう。

ただし、USBのバージョンやストレージの容量など条件を満たしていても、全てのUSBストレージ機器の動作を保証するものではありません。心配な方は「PlayStation4 動作確認済み」と表記された製品を選ぶようにしましょう。

PS4/PS4 Pro用外付けHDDの選び方

外付けHDDの種類をチェック

大容量モデルが多い「据え置き型」

By: amazon.co.jp

たくさんのゲームを楽しみたいなら「据え置き型」がおすすめ。ポータブル型と比べてストレージ容量の大きな製品が多く、なかには、4〜8TBの大容量HDDを搭載した製品もあります。読み書き速度が速いモデルや、容量単価が安いモデルなども揃っているので、自分に合ったモノが見つけやすいのも魅力です。

ただし、ストレージ容量が大きいがゆえに本体サイズは少し大きめなので、頻繁に場所を移して使うのにはあまり向いていません。また、据え置き型は消費電力が大きく、使用するためにはACアダプターが必要なので、コンセントの数に余裕がない方や、電気代が気になる方は要注意です。

持ち運びも可能な「ポータブル型」

By: amazon.co.jp

ポータブル型は文字通り持ち運びができるコンパクトな外付けHDDです。据え置き型よりもサイズが小さいので、テレビ周りをスッキリさせたい方におすすめ。USBからの供給電力で動作するバスパワーに対応しているので、コンセントの数に余裕がない方や、電気代が気になる方にもおすすめです。

一方で、ポータブル型は据え置き型と比べてストレージ容量が少なめなので、たくさんのゲームを楽しみたい方にはあまり向いていません。また、製品の価格が高い、読み書き速度が遅いなどのデメリットがあるので、コストパフォーマンスを重視する方は注意しましょう。

ストレージ容量をチェック

1TB以下|バックアップ向けの小容量モデル

By: amazon.co.jp

ストレージ容量が1TB以下の小容量モデルは、価格が非常に安くほとんどの製品が1万円以下で購入できます。コストパフォーマンスを重視する方や、バックアップ用として使う方におすすめですが、ストレージ容量は少なめなので、たくさんゲームを楽しみたい方やプレイ動画を保存したい方には向いていません。

ただし、ストレージ容量が少ないとはいえ、1本あたりのゲームデータは20〜50GBほどなので、プレイ予定のゲームが10〜20本程度の方や、プレイしなくなったゲームを定期的に消す方なら1TB以下の小容量モデルでも十分快適に使えます。

2~3TB|ダウンロードソフトで遊びたい方向けの中容量モデル

By: amazon.co.jp

ゲームをたくさん楽しみたいならストレージ容量が2〜3TBの中容量モデルがおすすめ。ゲームソフトの容量によって大きく異なりますが、40〜60本ほど保存できます。価格はストレージ容量が1TB以下の小容量モデルより数千円高くなりますが、1TBあたりの価格ではほとんど変わらないため、性能と価格のバランスで選ぶとよいでしょう。

ただし、プレイ動画をインターネットに投稿する方やお気に入りのゲームシーンを録画して保存しておきたい方は、2〜3TBの中容量モデルでもストレージ容量が不足することがあるので注意が必要です。

4~8TB|プレイ動画なども保存したい方向けの大容量モデル

By: amazon.co.jp

ゲームやプレイ動画をたくさん保存するならストレージ容量が4〜8TBの大容量モデルがおすすめ。ゲームソフトや録画する画質にもよりますが、80〜160本、プレイ動画(720p/60fps)なら約2600時間保存できます。

ストレージ容量を気にせず快適にPS4が楽しめますが、価格は安いモノでも2〜3万円してしまうので、あくまでも価格より性能を重視する方におすすめです。

なお、外付けHDDをPS4に繋いで一度フォーマットしてしまうと、ほかのゲーム機やパソコンで一切使えません。1台の外付けHDDを複数のデバイスでシェアして使おうと考えている方は注意が必要です。

駆動方式をチェック

安定稼働が期待できる「セルフパワー」

By: iodata.jp

セルフパワーはACアダプターを使って給電するタイプです。コンセントから電力を供給することで安定した動作を実現しています。また、読み書きの速度が速いモデルが多く、サクサク快適にゲームを楽しみたい方や容量の大きなデータを頻繁にやり取りする方におすすめです。

ただし、セルフパワーは本体のサイズが大きく設置にある程度のスペースが必要なので、使う場所によっては邪魔になることがあります。また、コンセント(100V)の空きが必要な点や、回転数が速く動作音が大きい点なども注意しましょう。

コンセントが不要な「バスパワー」

By: amazon.co.jp

バスパワーは、USBから供給される電力を使って動作するタイプです。PS4に搭載しているUSBポートから電力の供給が可能なので、コンセントに空きがない方でも気軽に使えます。また、セルフパワーと比べて、本体のサイズが小さい、回転数が低く動作音が静かなどのメリットがあるので、コンパクトな外付けHDDが欲しい方や静音性を重視する方にもおすすめです。

頻繁に持ち運んで使うならバスパワーが手軽ですが、回転数が低く読み書きの速度が遅い、ストレージ容量が少ないなどのデメリットがあるので、容量の大きなデータを頻繁にやり取りする方や、ゲームやプレイ動画をたくさん保存したい方は注意しましょう。

インターフェースをチェック

外付けHDDには、ゲーム機やパソコン、テレビなど、さまざまなデバイスと接続するためのインターフェースが備わっています。USB2.0やUSB3.0、Thunderbolt、IEEE1394a / b、eSATAなど、用途やデバイスに応じてたくさんの種類がありますが、PS4に対応しているのは、USB3.0です。

Thunderbolt・IEEE1394a / b・eSATAなどはインターフェースの形状が全く違うので心配ありませんが、USB2.0とUSB3.0の場合は見た目がほとんど同じなので、外付けHDDにあまり詳しくない方だと間違えて選んでしまうことがあります。簡単な見分け方としては、端子内のプラスチック部に5つの端子が付いているとUSB3.0、付いていないとUSB2.0なので、選ぶ際にはこれらの違いをしっかりとチェックしましょう。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|1TB以下

バッファロー(BUFFALO) 外付けポータブルHDD HD-NRPCF1.0-BB

スマートサイズの外付けポータブルHDDです。ストレージは1TBと、ライトゲーマーには十分な容量。厚み14mmの薄型タイプなので、テレビの裏などの狭いスペースにもすっきりと収納できるのが魅力です。

PS4に接続するだけで使える簡単設計。PS3のtorneにも対応しており、本体のストレージ容量を気にせずに録画することが可能です。

また、別売りのACアダプターと接続すれば、安定して電源を供給できるのもポイント。PS4に周辺機器をたくさん接続していても安定して使えます。コスパと信頼性に優れたおすすめの外付けHDDです。

シーゲート(SEAGATE) Expansion Portable HDD 1TB STEA1000307

ポータブルタイプの外付けHDDです。容量1TBのドライブを搭載しており、ゲームソフトだけでなく画像や動画データの保存にも最適。大容量ファイルを気軽に持ち運びたい方に、おすすめのモデルです。

また、東芝やシャープ、ソニー、パナソニックなど、主要メーカーのテレビに対応しているため、番組録画用途に使えるのも本モデルの魅力。地デジ放送なら約120時間、4K放送でも約50時間の録画ができるので便利です。

USBバスパワーに対応しているので、ケーブル1本接続するだけですぐに使い始められます。さまざまなシーンで活躍する、使い勝手のよいモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD 1TB HDPT-UT1K

容量1TBのドライブを搭載した、ポータブルタイプの外付けHDDです。PS4のゲームソフトを保存できるだけでなく、USBハードディスク録画にも使えるのが特徴。レグザやアクオス、ブラビアなど、手持ちのテレビと連携してハイビジョン番組を録画することが可能です。

ほかにも、WindowsパソコンやMacノートとも接続できるなど、幅広い用途で活躍します。USB3.0に対応した30cmのケーブルと、USB2.0に対応する100cmのケーブル2本が付属。ノートパソコンとの間でバックアップをする際は、ケーブルが邪魔にならず高速でデータ転送できるUSB3.0ケーブルを、テレビ録画をする際には長さがあり配線しやすいUSB2.0ケーブルを使用するなど、使い分けができるので便利です。

マーシャル(MARSHAL) 外付けHDD 1TB MAL21000EX3-BK-2ND

本製品は、USB3.1規格に対応した外付けHDDです。5GB/sでの高速データ転送が可能なため、パソコンのバックアップや大容量ファイルの受け渡しに最適。サイズの大きな動画データなども、ストレスなく転送することが可能です。

ドライブはNTFS形式でフォーマットされています。Windowsパソコンではそのまま使えますが、PS4やMacで使用する際にはFAT32形式での再フォーマットが必要なので留意しておきましょう。本体サイズは127×78×14mmとコンパクトなので、気軽に持ち歩くことが可能です。

シリコンパワー(Silicon-Power) ポータブルHDD 1TB SP010TBPHDS03S3K

スタイリッシュなデザインが特徴の外付けHDDです。カバンやリュックのポケットにもすっぽりと入る、コンパクトなボディが魅力。本体表面には指紋跡などがつきにくい、マット加工が施されています。手持ちのデバイスを、いつでも綺麗な状態で使いたい方に最適のモデルです。

1TBの容量があるため、PS4のソフトを保存して持ち運ぶのにもおすすめ。USB3.0の高速データ転送にも対応しており、パソコンのバックアップやデータ移行用途などにも重宝します。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|2~3TB

エレコム(ELECOM) ポータブルハードディスク ELP-ETV020U

陶器のような質感の外付けHDD。パーツの継ぎ目が正面から見えないように工夫されており、テレビやPS4に馴染みやすいスタイリッシュなデザインです。アクセスLEDを後方に配置することで、横置き時も縦置き時もLEDが目立ちにくいのもポイント。ゲームプレイに集中できます。

また、さまざまな周辺機器に対応しているのも魅力。PS4本体で使えるほか、テレビやセットトップボックス、PlayStationの周辺機器であるネットワークレコーダー「nasne」にも対応しています。ダウンロードゲームで遊びたい方はもちろん、テレビ番組を保存したい方にもおすすめの外付けHDDです。

シリコンパワー(Silicon-Power) ポータブルHDD 2TB SP020TBPHDA30S3K

耐衝撃性に優れた外付けHDDです。アメリカの軍用規格「MIL-STD810G」に準拠する、3mの落下試験にもパスしたと謳われている高い耐衝撃性能が特徴。傷がつきにくい特殊な表面加工が施されています。PS4のゲームタイトルや書類など、大切なデータを安全に持ち運びたい方におすすめのモデルです。

また、付属のケーブルを本体外周に収納できる、ユニークなデザインを採用しているのもポイント。ケーブルを別に持ち歩く必要がなく、忘れる心配もないので重宝します。LEDインジゲーターを搭載しているため、電源やデータアクセス状況が一目でわかり便利です。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD 3TB HD-AD3U3

容量3TBのドライブを搭載した、据え置き型の外付けHDDです。持ち運べなくてもよいので、たくさんのPS4タイトルを保存しておきたい方におすすめ。MacやWindowsパソコンでも使えるため、データのバックアップや大容量ファイルの移行などにも重宝します。

テレビ番組の録画用途に使用できるのがポイント。パナソニックやシャープ、東芝などさまざまなメーカーのテレビに対応しています。最大で約374時間分の録画が可能なので、好みの番組を撮り溜めておいて時間があるときにゆっくりと鑑賞したい方にも最適です。

ファンレス設計や制振ゴムの採用など、駆動音が静かなのも本モデルの魅力。音が気になりやすい寝室などにも安心して設置できます。

シーゲート(SEAGATE) 外付けHDD 3TB STEB3000100

低振動で音の静かな、据え置き型の外付けHDDです。リビングや寝室といった静かな場所でも、動作音が気になりにくいので便利。容量3TBの3.5インチドライブを搭載しています。PS4でプレイし終わった過去のゲームタイトルを、消さずに残しておきたい方におすすめのモデルです。

WindowsパソコンやMacに接続して使用することも可能。ドライバーのインストールや設定も不要で、ドラッグ&ドロップによるファイルの移動が行えるなど簡単操作が魅力です。USB3.0規格に対応しているため、大容量のデータファイルもストレスなく転送できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD 3TB EX-HD3CZ

本製品は、3TBの容量を備えた据え置き型の外付けHDDです。PS4のゲームタイトルやプレイ動画を保存しておくのに適しています。縦横どちらの方向にも置けるため、設置場所に応じて選べるのが魅力。テレビ番組の録画にも使用でき、東芝やソニー、シャープなど、多くのメーカー製テレビとの動作確認が済んでいるので安心です。

MacやWindowsパソコンでも使えるため、データのバックアップをとったり、容量の大きなファイルを移行させたりと重宝します。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|4~8TB

シーゲート(SEAGATE) 外付けHDD 4TB STEB4000304

容量4TBのドライブを搭載した、据え置き型の外付けHDDです。たくさんのPS4ゲームソフトや、プレイ動画を保存しておきたい方におすすめのモデル。縦横どちらの置き方にも対応しています。また、長さに余裕のある120cmのUSB3.0ケーブルが付属しており、設置場所に困ることもありません。

パナソニックやソニー、東芝など、主要メーカーのテレビ録画に対応。仕事が忙しく、好みの番組がある時間帯に帰宅できない方などにもおすすめです。地デジ放送なら約480時間、4K放送でも約200時間の録画ができるので、休日など時間のあるときにゆっくりと視聴できます。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD 4TB HD-AD4U3

本製品は、たくさんのPS4ゲームソフトやプレイ動画などを保存しておくのに便利な、4TBの容量を備えた外付けHDDです。本メーカーの従来製品と比較して、26.5%も小型化されたボディが特徴。114×33×171mmとコンパクトなため、設置場所を選びやすいのが魅力です。

静音かつ防振設計がされているので、リビングや寝室などにも安心して設置できます。パナソニックのビエラや東芝のレグザなど、主要メーカーの人気テレビに対応。地デジ放送なら約499時間と長時間記録できるため、番組録画用途にも便利なモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD 4TB HDCZ-UTL4K/E

高い静音性が特徴の、据え置き型外付けHDDです。ファンレス設計がされており、リビングのように静かな場所にも安心して設置できます。また、LEDを背面に配置するなど、動作にともなう光の点滅が気にならないよう工夫が施されているのもポイント。

テレビ番組の録画にも対応しているので、寝室に設置し就寝中に録画予約をしておく、といった使い方もできて便利です。また、Windows・Macどちらのパソコンでも利用できます。無料ソフト「NTFS-3G for Mac I-O DATA」をダウンロードしておけば、両方のパソコンからデータの閲覧や保存ができるようになるなど、便利に使うことが可能です。

シーゲート(SEAGATE) Expansion Portable HDD 4TB STEA4000400

とにかく保存容量の大きなポータブルタイプの外付けHDDを探している方におすすめのモデルです。4TBの2.5インチドライブを搭載。USBバスパワー対応なので、ACアダプターを持ち歩く必要はありません。

たくさんのPS4ゲームソフトや、画像・動画といった大容量ファイルを気軽に携帯することが可能です。USB3.0規格に対応しており、5GB/sでの高速データ転送が行えます。パソコンのバックアップや、大容量データの移行にも活躍するモデルです。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) WD_BLACK D10 Game Drive WDBA3P0080HBK-NESN

PS4とPS4 Proに対応したゲーミング用外付けHDDです。ストレージは大容量の8TBを搭載しており、200本以上のダウンロードゲームを保存できるのが特徴。残りの容量を気にせずに、大作ソフトからインディーズソフトまで、さまざまなゲームソフトを楽しめます。

ゲーマー向けに、処理速度の早い7200RPMドライブを搭載しているのもポイント。最大250MB/s2の高速データ転送により、ゲームのロード時間を短縮できます。

本体は、垂直または水平方向の設置に対応。「アクティブ冷却テクノロジー」によって高い放熱性を有しており、熱による故障リスクを抑えています。大容量かつ高性能な外付けHDDを探している方におすすめです。