PS4のストレージを気軽に拡張できる「外付けHDD」。発売当初のPS4はデータを外付けHDDに保存できませんでしたが、2017年3月9日に行われたシステムソフトウェアバージョン4.50からPS4でも外付けHDDが使えるようになりました。

そこで今回は、PS4におすすめの外付けHDDをご紹介。選び方や注意点についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

PS4用外付けHDDとは?

By: seagate.com

PS4は、ゲームやDLCをダウンロードする機会が多いので、ストレージ容量の大きな1TBや2TBのモデルでも不足してしまう場合があります。そこで重要なのが、PS4のコンテンツを保管しておける外付けHDDです。

外付けHDDをPS4の拡張ストレージとして使用するには、USBのバージョンやストレージの容量などいくつかの条件を満たしている必要があります。ソニーが推奨する外付けHDDのスペックは、USBのバージョンが「3.0以上」、ストレージサイズが「250GB〜8TB」なので、選ぶ際にはこの2点をしっかりとチェックしましょう。

ただし、USBのバージョンやストレージの容量など条件を満たしていても、全てのUSBストレージ機器の動作を保証するものではありません。心配な方は「PlayStation4 動作確認済み」と表記された製品を選ぶようにしましょう。

PS4/PS4 Pro用外付けHDDの選び方

外付けHDDの種類をチェック

大容量モデルが多い「据え置き型」

By: amazon.co.jp

たくさんのゲームを楽しみたいなら「据え置き型」がおすすめ。ポータブル型と比べてストレージ容量の大きな製品が多く、なかには、4〜8TBの大容量HDDを搭載した製品もあります。読み書き速度が速いモデルや、容量単価が安いモデルなども揃っているので、自分に合ったモノが見つけやすいのも魅力です。

ただし、ストレージ容量が大きいがゆえに本体サイズは少し大きめなので、頻繁に場所を移して使うのにはあまり向いていません。また、据え置き型は消費電力が大きく、使用するためにはACアダプターが必要なので、コンセントの数に余裕がない方や、電気代が気になる方は要注意です。

持ち運びも可能な「ポータブル型」

By: amazon.co.jp

ポータブル型は文字通り持ち運びができるコンパクトな外付けHDDです。据え置き型よりもサイズが小さいので、テレビ周りをスッキリさせたい方におすすめ。USBからの供給電力で動作するバスパワーに対応したモノが多く、コンセントに空きがなくても使えるのが魅力です。

一方で、ポータブル型は据え置き型と比べてストレージ容量が少なめなので、たくさんのゲームを楽しみたい方にはあまり向いていません。また、製品の価格が高い、読み書き速度が遅いなどのデメリットがあるので、コストパフォーマンスを重視する方は注意しましょう。

ストレージ容量をチェック

1TB以下|バックアップ向けの小容量モデル

By: amazon.co.jp

ストレージ容量が1TB以下の小容量モデルは、価格が安くほとんどの製品が1万円以下で購入できます。コストパフォーマンスを重視する方や、バックアップ用として使う方におすすめです。ストレージ容量は少なめなので、たくさんゲームを楽しみたい方やプレイ動画を保存したい方には向いていません。

PS4のゲームデータは1本あたり20〜50GBほどなので、プレイ予定のゲームが10〜20本程度の方や、プレイしなくなったゲームを定期的に消す方なら1TB以下の小容量モデルでも十分快適に使えます。

2~3TB|ダウンロードソフトで遊びたい方向けの中容量モデル

By: amazon.co.jp

ゲームをたくさん楽しみたいならストレージ容量が2〜3TBの中容量モデルがおすすめ。ゲームソフトの容量によって大きく異なりますが、40〜60本ほど保存できます。価格はストレージ容量が1TB以下の小容量モデルより数千円高くなりますが、1TBあたりの価格ではほとんど変わらないため、性能と価格のバランスで選んでみてください。

ただし、プレイ動画をインターネットに投稿する方やお気に入りのゲームシーンを録画しておきたい方は、2〜3TBの中容量モデルでもストレージ容量が不足することがあるので注意が必要です。

4~8TB|プレイ動画なども保存したい方向けの大容量モデル

By: amazon.co.jp

ゲームやプレイ動画をたくさん保存するなら、ストレージ容量が4〜8TBの大容量モデルがおすすめ。ゲームソフトや録画する画質にもよりますが、80〜160本、プレイ動画(720p/60fps)なら約2600時間保存できます。

ストレージ容量を気にせず快適にPS4が楽しめますが、価格は安いモノでも2〜3万円してしまうので、あくまでも価格より性能を重視する方におすすめです。

駆動方式をチェック

安定稼働が期待できる「セルフパワー」

By: iodata.jp

セルフパワーはACアダプターを使って給電するタイプです。コンセントから電力を供給することで安定した動作を実現しています。また、読み書きの速度が速いモデルが多く、サクサク快適にゲームを楽しみたい方や容量の大きなデータを頻繁にやり取りする方におすすめです。

ただし、セルフパワーは本体のサイズが大きく、設置にある程度のスペースが必要なので、使う場所によっては邪魔になることがあります。また、コンセントの空きが必要な点や、回転数が速く動作音が大きい点なども留意しておきましょう。

コンセントが不要な「バスパワー」

By: amazon.co.jp

バスパワーは、USBから供給される電力を使って動作するタイプです。PS4に搭載しているUSBポートから電力の供給が可能なので、コンセントに空きがない方でも気軽に使えます。また、セルフパワーと比べて、本体のサイズが小さい、回転数が低く動作音が静かなどのメリットがあるので、コンパクトな外付けHDDが欲しい方や静音性を重視する方にもおすすめです。

デメリットとしては、回転数が低く読み書きの速度が遅い、ストレージ容量が少ないといった点が挙げられます。容量の大きなデータを頻繁にやり取りする方や、ゲームやプレイ動画をたくさん保存したい方は注意しましょう。

インターフェースをチェック

外付けHDDには、ゲーム機やパソコン、テレビなど、さまざまなデバイスと接続するためのインターフェースが備わっています。用途やデバイスに応じてたくさんの種類がありますが、PS4に対応しているのはUSB3.0以上です。

USB2.0とUSB3.0の場合は見た目がほとんど同じなので、注意が必要。簡単な見分け方としては、端子内のプラスチック部に5つの端子が付いているとUSB3.0、付いていないとUSB2.0です。選ぶ際にはこれらの違いをしっかりとチェックしましょう。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|1TB以下

シリコンパワー(Silicon-Power) Armor A30 SP010TBPHDA30S3K

耐久性に優れた外付けHDDです。アメリカ軍が採用している耐衝撃性能規格「MIL-STD-810G」に準拠しており、3mの高さから落としてしまっても本体への影響を抑えられます。また、表面は傷に強い加工が施されているため、日常的な使用にもおすすめ。

持ち運びに便利なのも魅力的なポイントです。USBケーブルを本体内部に収納可能なので、移動中の断線などのトラブルを軽減できます。PS4での動作確認も済んでおり、安心してゲームのデータを保存できるモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルHDD HDPT-UTS1K/E

携帯性に優れた外付けHDDです。厚さが14mmとスタイリッシュなデザインが特徴。傷が付きにくいハードコーティング加工を施しているため、カバンの中に入れても安心です。また、USBケーブルをPS4に差し込むだけで電源供給を行えるため、ACアダプターを持ち運ぶ必要がありません。

高い静音性も本製品の魅力。全国家庭電気製品公正取引協議会が「静音」「静か」な状態と認定した製品で、寝室で使用していも音が気になりにくい「GOLD」ランクを獲得しています。PS4・PS4 Pro・nasneでの動作確認が済んでおり、安心してゲームに集中できるモデルです。

マーシャル(MARSHAL) 外付けHDD MAL21000EX3-BK-2ND

USB3.0対応のインターフェイスを備えた外付けHDDです。PS4やWindows・Mac OSのパソコンに加え、テレビ録画にも対応しています。

バスパワー駆動も魅力のひとつ。USBケーブルをPS4に差し込むだけで本体への電源供給が可能であるため、ACアダプターを用意する必要がありません。幅78×奥行118×高さ14mmのコンパクトサイズで、省スペースで設置できるモデルです。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HDV-LLD1U3BA/D

容量1TBの静音性が高い外付けHDD。ファンレス設計に加え、音漏れの原因となる通気口を塞いで静音性を高めているのが魅力です。また、防振用のシリコンゴムによるフローティング構造や、筐体底面に備えられた4つのゴム足により、振動が原因の騒音も低減しています。

PS4でフォーマットすることによりPS4での使用が可能。別売りの専用USBケーブルで接続すれば、内蔵HDDのバックアップとリストアが簡単に行えます。また、外付けHDDに入れた映像や音楽などをPS4で再生することもできて便利です。

配線が気になりにくいデザインもポイント。ケーブルカバーをつければ本体の横から出ているケーブルを背面に逃せるため、PS4周りの配線をすっきりと片づけられます。据え置き型なので、ゲームデータのバックアップ用やちょっとしたデータの保管場所に使いたい方におすすめです。

Kesu ポータブル外付けハードドライブ KESU_A_500G

安全にデータを保存できる外付けHDDです。USB3.0に対応しており、高速でのデータ転送が可能。また、ケーブルを本体とPS4につなげるだけで準備を行えるプラグアンドプレイ機能を備えているため、ソフトウェアをインストールする手間を省けます。

デザイン性を重視する方にもおすすめです。ブラック・ブルー・レッドの3色をラインナップし、PS4のカラーや部屋の雰囲気などに合わせて選べます。また、ミリタリーグレードの耐衝撃性を備えており、長期間にわたって使用できるモデルです。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|2~3TB

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD HDPT-UT2DK

USBケーブル1本で使用できる外付けHDDです。PS4本体に接続するだけで電源供給が可能なバスパワータイプで、ACアダプターを用意する必要がないのがポイント。また、幅75×奥行112×高さ20mmのコンパクトサイズなので、狭いスペースでも設置できます。

表面のハードコーティング加工も本製品の特徴です。日常的な使用による傷付きを軽減できます。さらに、底面と側面には滑りにくいラバー素材を採用しており、高い場所からの落下対策も十分。USB3.0対応のポートを備えており、PS4のデータ保存にも便利なモデルです。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) WD_Black P10 WDBA2W0020BBK-WESN

ゲームプレイ向けの外付けHDDです。パソコンとの接続だけでなく、PS4・PS4 Pro・Xbox Oneでの動作確認を済んでいるのが特徴。また、2・4・5TBと幅広い容量をラインナップしているため、ゲームコンテンツのダウンロード数に応じて必要なモデルを選択できます。

最大140MB/sの転送速度も本製品の魅力です。HDD本体へのダウンロード時間やゲーム内でのロード時間を短縮できます。幅88×奥行118×高さ12.8mmとコンパクトサイズなので、設置スペースが限られている方にもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) USB3.2(Gen.1)対応外付けHDD HD-LE3U3-BA

駆動音が気になりにくい外付けHDDです。ファンレス設計に加え、通気孔をふさぐことによって、静かな環境でゲームを楽しめるのがポイント。また、本体から効率的に放熱することで、熱暴走などによるトラブルを軽減します。

容量を選べるのも魅力のひとつ。2・3・4・6・8TBの5種類をラインナップしており、ゲームコンテンツの保存状況に合わせられます。PS4・Xbox Oneといったゲーム機に加え、テレビ・パソコンなど幅広い機器に対応したモデルです。

シーゲート(SEAGATE) Gaming Portable HDD PlayStation4 STGD2000300

PS4の公式ライセンスを取得した外付けHDDです。PS4・PS4 Slim・PS4 Proの動作確認が済んでおり、大切なゲームコンテンツのデータ保存が可能。また、コンセントが不要なバスパワータイプで、ゲーム機に接続するだけで使用できます。

アルミ製の素材を採用したスタイリッシュなデザインもポイント。幅約76×奥行114×高さ12mmとコンパクトサイズで、カバンに入れて持ち運べます。さらに、2・4TBの2種類をラインナップしており、ダウンロードデータの大きさによって、最適な容量を選べるのも魅力です。

シリコンパワー(Silicon-Power) ポータブルHDD SP020TBPHDA60S3K

防水性を備えた外付けHDDです。IPX4等級に準拠しており、水しぶきなどによる本体への影響を抑えられるのが特徴。また、アメリカ軍でも採用されている「MIL-STD-810G」に適合し、耐衝撃性にも優れています。

USB3.0ポートを搭載しているのもポイントです。高速データの転送を可能としているほか、電源供給にも対応。付属のケーブルを使用すればACアダプターを接続する必要はありません。さらに、USBケーブルを本体側面に巻き付けて収納できるため、持ち運びにも便利です。

PS4/PS4 Proにおすすめの外付けHDD人気モデル|4~8TB

シリコンパワー(Silicon-Power) 外付けハードディスク SPA040TBS06TV

さまざまな場所に設置しやすい外付けHDDです。縦置き・横置きの両タイプに対応しており、狭いスペースにも置きやすいのが特徴。また、自然に放熱するファンレス設計なので、接続中の騒音を気にせずにゲームに集中できます。

さらに、PS4での動作確認が済んでおり、安心してゲームを楽しめるのもポイント。3・4・6・8TBの容量をラインナップし、必要なデータ保存量に合わせて選べます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD EX-HDAZ-UTL6K

ファンレスながら十分な冷却性能を有した外付けHDDです。凹凸のあるデザインによって、効率的に放熱できるのがポイント。また、高い防振性を備えたフローティングマウントやゴム足を搭載していることで、動作音が最小限に抑えられています。

コンパクトサイズも魅力のひとつ。6TBの大容量モデルながら、幅116×奥行172×高さ35mmの大きさで、省スペースでの設置が可能です。PS4・PS4 Proでの動作確認も済んでいるため、ゲームデータを安全に保存できます。

バッファロー(BUFFALO) 外付けハードディスク HD-AD4U3

快適にゲームを楽しめる外付けHDDです。ファンレス設計に加え、音漏れの原因となる通気孔を塞ぐことで動作音が発生しにくいのがポイント。また、本体筐体内の空気層を減らし、効果的に放熱を行えるため、熱暴走などによるトラブルを軽減できます。

用途に合わせて容量を選べるのも魅力です。2・3・4・6・8TBの5種類をラインナップしており、大量のゲームデータを保存する際にも安心。さらに、本体背面にセキュリティスロットを搭載し、専用の鍵を使用することで盗難対策も可能です。

エレコム(ELECOM) 外付けハードディスク ELD-FTV040UBK

テレビやレコーダーの番組録画に適した4TBの外付けHDD。エレコムの独自調査の結果、PS4の拡張ストレージとしての使用にも対応していると謳われています。クイックスタートガイドや国内スタッフによる電話サポート体制が整っており、機器を使い慣れない方でも使いやすいのが特徴です。

ファンレス設計で騒音が気になりにくいのも魅力。ゲーム中にデータを読み込む際も冷却ファンの音が耳につかず、没入感を得られます。設置方向は縦横どちらにも対応しており、設置場所に合わせて選択可能。PS4周りの機器をすっきりまとめて設置しておきたい方におすすめです。

シーゲート(SEAGATE) Expansion Portable HDD 2.5 STEA1000307

ACアダプター不要の外付けHDDです。PS4から電力が直接供給されるため、USBケーブル1本用意するだけですぐに使用できるのが特徴。また、USB3.0に対応したインターフェイスを備えており、高速でデータの転送ができます。

携帯性に優れているのも魅力的なポイントです。幅80×奥行117×高さ14cmのコンパクトサイズで、狭いスペースにも設置しやすいだけでなく、荷物の負担を軽減できます。500GB、1・2・3・4・5TBと幅広いストレージをラインナップし、データ保存量に対して必要な容量を選択可能です。