往年の名機がデジカメとして。

長野県に創業し、その後京セラに吸収合併、そして香港ベースの企業に商標権が売却された、かつての日本メーカーであるヤシカ(YASHICA)。その往年のヤシカが世に送り出した名機「ヤシカエレクトロ35」(1966年発売)がデジカメ「YASHICA digiFilm Camera」として復活を果たそうとしています。さっそく詳細を確認してみましょう!

エレクトロ35がY35として

世界初の電子制御式35mmカメラとして約500万台を売り上げた「エレクトロ35」の姿そのままに、まるで復刻版のような形のデジカメが、今回ご紹介するYASHICA digiFilm Cameraなのです!(以降Y35)

本革とメタリック塗装のプラスチックボディに、本革のストラップ。(デラックスパッケージ)ファインダー窓やフィルム巻き上げレバーを見るにつけ、「エレクトロ35」のファンたちもきっと狂喜乱舞することでしょう!

フィルムカメラの楽しさ満載

Y35の大きな特徴となっているのがデジカメでありながら撮影画像を確認する液晶ディスプレイがなく、フィルムカメラのひと手間かける楽しさを感じられるところ。シャッターを切るたびに、デジカメなのにレバーで"フィルムを巻き上げ"ます。

その入れるフィルムはdigiFilm(デジフィルム)。画像が記録されるためではなく、そのデジフィルムを入れ替えることによりISO感度などの撮影効果を変えることが可能になります。




現時点で用意されているデジフィルムは高感度なISO1600、レトロな写真が撮れるISO400モノクロ、一般的なカラーバランスを狙えるISO200、Instagramで使えるISO200フォーマット120です。

気になるスペック

ではY35のスペックを簡単にご紹介しましょう。レンズは明るさF2.8の35mmで、1mの距離から焦点を合わせることが可能。シャッタースピードは1秒、1/30秒、1/60秒、1/250秒、1/500秒から選択できます。

1400万画素の撮影画像はSDカードに保存することになり、micro USB経由でもパソコンに画像を送ることができます。そしてバッテリーに採用されているのは単三電池。旅先でも困らないこの仕様が嬉しいですね。

800,000香港ドルの目標額が設定されているところ。それをはるかに上回る8,326,440香港ドルを集めているY35はKickstarterで142ドルです! これだけの支持を集めるのも納得です!