ドクターマーチンの代表的モデルのひとつである「3ホール」。その名の通り、靴紐を通す穴が左右に3つずつあるのが特徴です。

シンプルなデザインなのでさまざまなコーデに馴染むのはもちろん、レザーシューズでありながらネイビーやホワイト、レッドなどカラーバリエーションが豊富なのもポイント。そこで今回は、同シリーズの人気モデルとおすすめコーデをご紹介します。

ドクターマーチンの歴史

By: amazon.co.jp

ドクターマーチンの創業者はドイツ軍の医師だったクラウス・マーチン。1945年に同氏がスキー事故に見舞われた際、リハビリ用にソールを開発したことがドクターマーチンの発端です。

ソールの商品化を友人と画策したクラウス・マーチンに声をかけたのがイギリスのグリックス社。そして1960年に最初のシューズである8ホールの「1460」というモデルをリリースしました。見た目のよさだけではなく履き心地もよく、そして頑丈なところがイギリスの労働者たちの心を掴み、人気を集めていきます。

その人気はミュージシャンの間でも浸透。映画「時計仕掛けのオレンジ」内でも使用されました。現在に至るまでに販売された数は1億足を上回り、今なお世界中で愛されているドクターマーチン。その愛用者としてローマ法王ヨハネ・パウロ2世の名が挙がるほどです。

ドクターマーチン3ホールの魅力

By: drmartens.com

シンプルなデザイン

ドクターマーチンの中でもシンプルなデザインで人気を誇るショートブーツが3ホール。誕生してから50年以上ほとんどデザインが変わっていません。派手すぎず使いやすいフォルムなので、さまざまなコーデに馴染むため使い勝手がよいです。

履き心地がよい

エアクッションソールを採用することによる快適な履き心地が大きな魅力。ソール内に閉じ込めた空気で歩行中の衝撃を吸収してくれるので、弾むような歩行性です。レザーシューズは長時間履いていると疲れてしまいますが、ドクターマーチンの3ホールなら疲れを感じずに歩けます。

頑丈で長く愛用できる

堅牢性の高いグッドイヤーウェルト製法を採用することで頑丈に仕立てられているのが特長。アッパーとソールが直接縫合されていないので、ソールの交換が容易。アッパーの経年変化を楽しみつつ、ソールを張り替えて長く愛用できます。

グッドイヤーウェルト製法は水の染み込みが少ないため、雨に強いのもメリット。どんな場面でも気軽に履ける万能シューズです。

ドクターマーチン(Dr.Martens) 3ホール

ドクターマーチン(Dr.Martens) 1461 BLACK SMOOTH

ブラックのアッパーとゴムソールを組み合わせたシンプルな3ホール。ローカットでどんなコーデにも馴染む汎用性の高さが魅力の1足です。流行やファッションに左右されないショートブーツを探している方におすすめ。

ドクターマーチン(Dr.Martens) 1461 MONO BLACK SMOOTH

アッパーからゴムソールまでブラックでまとめた3ホール。定番のモデルよりもドレッシーな仕上がりになるため、モード系コーデの足元を締めるのにおすすめの1足です。

ドクターマーチン(Dr.Martens) 1461Z BLACK

アッパーとソールを繋げるウェルト部分に施された黄色いステッチが印象的な3ホール。ステッチが足先の丸みを強調しており、ややカジュアルな雰囲気があります。ジーンズを用いたアメリカンなコーデにおすすめです。

ドクターマーチン(Dr.Martens) 1461 NAVY SMOOTH

ネイビーのアッパーを採用した上品な雰囲気の3ホール。ブラックのシューズは重い印象になるので苦手という方におすすめです。ネイビーはジーンズをはじめ、さまざまなコーデに馴染むので汎用性が高い色。同じネイビーのトップスやボトムスと合わせれば、コーデに一体感をもたらすことができます。

ドクターマーチン(Dr.Martens) 1461 CHERRY RED

温かみがあるチェリーレッドの3ホール。カジュアルでありながら大人っぽくキマるおしゃれな1足です。ベージュのチノパンとの相性が良好。特に秋冬用のシューズを探している方におすすめです。

ドクターマーチン(Dr.Martens) 1461 MONO WHITE SMOOTH

アッパーからステッチ、ソールまでホワイトにこだわった3ホール。足元に抜け感を出せる軽やかなシューズです。スニーカーのような雰囲気で気軽に着用できる、おすすめの1足です。

3ホールを使ったコーデ

デニムコーデと合わせてカジュアルな雰囲気に

By: zozo.jp

トップスとボトムスの両方にデニムを選んだコーデ。ブラックの3ホールで足元を引き締めています。ドレッシーすぎない3ホールのフォルムがカジュアルなデニムコーデによく馴染んでいるおすすめの組み合わせです。

ジャケットコーデをカジュアルダウン

By: zozo.jp

シアサッカー素材の爽やかジャケットにTシャツとジーンズ、そして3ホールを合わせてカジュアルダウン。上半身は淡色、下半身は暗色でまとめておりコーデにメリハリがあります。カジュアルな印象を出しながらも上品さを失っていないのがポイントです。

オールブラックで引き締める

By: wear.jp

全身をブラックでまとめてロックテイストを押し出したコーデ。落ち着いた雰囲気を出すため、トップスやボトムスのシルエット・ボリューム感を絶妙に調節しています。ボトムスとシューズを同じ色にすることで脚長効果があるのもポイント。ネックレスやブレスレットなどのアクセサリーでオリジナリティを出すのがおすすめです。

温かみのある大人コーデに合わせる

By: zozo.jp

スタジャンを軸にした温かみのあるコーデの足元に、レッドチェリーカラーの3ホールをチョイス。上から下までさまざまなカラーを用いたコーデですが、ダークトーンにすることで全体がまとまっています。秋冬におすすめの組み合わせです。

ボリューム感のあるワイドパンツコーデと3ホール

By: zozo.jp

ワイドパンツに3ホールを合わせたユニークなコーデ。ウェルト部分のステッチがボリューム感を強調しており、存在感のあるコーデに仕上がっています。トップスをタイトにすることでAラインを意識しているのがポイントです。

ジョガーパンツに合わせる

By: wear.jp

半端丈のジョガーパンツを用いたコーデ。ネクタイを締めているので堅い印象ですが、足元に持ってきたオールホワイトの3ホールが爽やかさをプラスしています。