CPUは、PCパーツのなかでも特に発熱量が多いパーツです。性能をフルで発揮させるためには、効率的な冷却を行う必要があります。そんな時は、冷却システムの代表格であるCPUクーラーの交換が効果的です。

しかし、静音性の高いモノやデザイン性の高いモノなどたくさんのモデルが製造されており、どれを選べばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのCPUクーラーを「トップフロー」「サイドフロー」「水冷」の3タイプに分けてご紹介します。

CPUクーラーの種類

トップフロー型

By: amazon.co.jp

トップフロー型は、CPUに対して上から風を下に吹き付けるタイプ。CPUに向かって上から風を当てるため、周辺のメモリやグラフィックボード、チップセットなども同時に冷却できるのがメリットです。

全体的に高さの低い製品が多く、サイドフロー型と比べて場所を取らないため、小さいPCケースに取り付けられます。一方で、マザーボード全体を覆ってしまうので、メンテナンス性が低いのがデメリットです。

サイドフロー型

By: amazon.co.jp

サイドフロー型は、CPUに対して前から後ろに風を吹き付けるタイプ。PCケース内のフロントファンからリアファンまでのエアフローが乱れないので、効率よく冷却を行えるのが特徴です。

サイドフロー型はトップフロー型よりもメンテナンスをしやすいのがメリット。一方で製品の高さがあるため、ミドルタワーやミニタワーPCケースに収められないこともある点に注意が必要です。

水冷型

By: amazon.co.jp

水冷型は冷却水が熱を吸収して冷却するタイプのCPUクーラーです。パーツは大まかに分けると冷水ヘッド・チューブ・ラジエーターの3つ。ラジエーターにはファンが搭載されていますが、空冷型ほど強力である必要がないためより高い静音性を実現します。

水冷ヘッド内の冷却水がCPUの熱を吸収し、チューブを通ってラジエーターまで移動。そしてラジエーターのファンが放熱を行い、冷えた冷却水が再び水冷ヘッドに戻るという仕組みです。冷却水の量やラジエーターのサイズ、ファンの数などにより性能が変わります。

取り付け可能なPCケースの種類が比較的少なく、価格も高めではありますが、空冷型よりも冷却性能の高いモデルが多いのも特徴のひとつ。負荷の多い作業をする方や高性能なプロセッサーを使用している方におすすめです。

CPUクーラーの選び方

冷却性能をチェック

By: amazon.co.jp

冷却性能はCPUクーラーを選ぶ上で最も大切。CPUの寿命にも直接関わってきます。空冷型の場合はヒートシンクを大きくすることにより効率よく熱を吸収。ファンに関してはサイズの大きさ以外にも数を増やすのも効果的です。

水冷型の場合はラジエーターの大型化や、空冷型と同じくファンを複数搭載することで冷却性能の向上を図れます。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

CPUクーラーの性能として冷却性能に次いで重要な静音性能。単純にファンが回転する音を抑えたモデルや、ファンの回転数をカスタマイズすることで静音性を高めるモデルがあります。音の大きさは、dBA(デシベル)の数値が低いほど静か。最大数値が20~30dBA程度であれば、あまり気にならないレベルといえます。

ファンの回転数は「rpm」といった単位で表記。1分間にファンが回転する回数を表しているので、rpm数値が大きければ大きいほど冷却性能とともに音の大きさも上がります。

基本的には冷却性能と動作音は比例するので、ファンの回転数をコントロールして音を抑えるモデルがおすすめ。より高度なカスタマイズを求める方は、CPUや冷却水の温度をモニタリングできるソフトを使用して、最適な環境を構築してみてください。

固定方法をチェック

By: amazon.co.jp

CPUクーラーを取り付ける際はいくつかの方法があります。CPUクーラーとプレートでマザーボードを挟んで固定する「バックプレート式」は、工具を必要とするため脱着時に手間がかかりますが、しっかりとした固定が可能です。

一方、「プッシュピン式」はCPUクーラーについているピンを押し込んで固定するだけで簡単に取り付けられるタイプ。そのほかにも、ネジで固定するタイプやクリップレバーで固定するタイプなどがあります。バックプレート式以外は工具が不要ですが、ピンなどのパーツが破損しやすいリスクを考慮して選んでみてください。

また、CPUソケットのタイプによってはCPUクーラーの形状やピンの位置が異なります。マザーボードのスペックにあるCPUソケットタイプをチェックし、対応するモデルを選んでみてください。

必ずケースサイズに合ったモノを選ぼう

By: nzxt.jp

CPUクーラーがPCケースに対して大きすぎると、サイドパネルやケース内部のパーツに干渉してしまう恐れがあります。CPUクーラーを購入する際には、所有しているPCケースのサイズにあったものを選びましょう。

特にサイドフロー型はCPUに対して垂直に取り付けるので、トップフロー型よりも全高が高くなり場所をとります。同様に水冷型も大きなスペースを必要とするモデルが多いため、注意が必要です。また、高機能なモノほど大きくなる傾向があることも頭に入れておきましょう。

後々CPUクーラーの交換やファンの増設、その他アップグレードを考えている方は、フルタワータイプの大きめのPCケースがおすすめです。

CPUクーラーのおすすめメーカー

サイズ(SCYTHE)

By: amazon.co.jp

CPUクーラーのメーカーとして高い知名度を誇る「サイズ(SCYTHE)」。ロングセラーモデルである「虎徹」を製造していることで有名です。サイズのCPUクーラーは耐久性や静音性に優れ、ファン回転数が低くても充分な冷却性能を発揮します。

また、空冷式のCPUクーラーに関してはラインナップが豊富。コスパを重視したリーズナブルなモデルから、高性能プロセッサー用のモデルまで選べるのが魅力です。

クーラーマスター(Cooler Master)

By: amazon.co.jp

空冷式から水冷式まで幅広いラインナップを持つ「クーラーマスター(Cooler Master)」。トップフロー型・サイドフロー型・水冷式と、種類を問わず選べます。

空冷式の「MasterAir」シリーズや水冷式の「MasterLiquid Lite」シリーズなど、LEDライティング機能を搭載したモデルも人気。デザイン重視の方にもおすすめのメーカーです。

エヌジーエックスティー(NZXT)

By: amazon.co.jp

「エヌジーエックスティー(NZXT)」は水冷式のCPUクーラーをメインに製造しています。CPUに装着する「CPUヘッド」は丸型デザインが特徴で、シンプルなNZXTのロゴが配されたスタイリッシュなデザインが人気。冷却性能も好評を得ているメーカーです。

ファンや水冷ポンプの静音性も高評価。性能だけでなくPCパーツの見た目にこだわる方におすすめです。

コルセア(Corsair)

By: amazon.co.jp

コルセアは、ポンプとCPUヘッドを一体化させた「簡易水冷式CPUクーラー」を豊富にラインナップしているメーカー。コスパに優れたCPUクーラーで人気です。

搭載しているラジエーターもシングル・デュアル・トリプルと、モデルによって異なり、PCケースのサイズやCPUのスペックに合わせて選択可能。水冷式CPUクーラーを初めて導入する方におすすめです。

CPUクーラーのおすすめモデル|トップフロー型

サイズ(SCYTHE) 手裏剣2 SCSK-2000

サイズ(SCYTHE) 手裏剣2 SCSK-2000

CPUの上から風を当てるトップフロー型のCPUクーラー。グラフィックボードVRMなども同時に冷却できます。15mm厚のファンを標準装備しており、25mm厚のファンに換装することも可能です。

本体サイズは突起部を含め幅94×奥行93×高さ58mm。スリムケースやMini-ITXケースへ取り付け可能です。また、「ブリッジ式リテンション」を採用しており、簡単に装着できます。

ファンの回転数は300~2500rpmで、使用状況に合わせて回転数を変更可能。ノイズはファンの回転数に応じて1.8~23.2dBAに変化します。また、防振ラバーを採用しており、振動に強いのも魅力のアイテムです。

サイズ(SCYTHE) 大手裏剣参 RGB SCBSK-3000R

サイズ(SCYTHE) 大手裏剣参 RGB SCBSK-3000R

厚みのある銅製のベースプレートを搭載しているトップフロー型のCPUクーラー。CPUから発せられる熱を効率よく吸収します。トップマウントファン構造で、CPU以外にVRMなども冷却可能です。

全高は69mmで、スリムケースやMini-ITXケースへの取り付けに適しています。また、ブリッジ式リテンションを採用しているので装着も簡単。確実に固定できます。

ヒートパイプには6mm径のモデルを5本採用。酸化を防止するニッケルメッキ処理が施されているほか、見た目に高級感があるのが特徴です。ノイズは2.7~30dBA。運転音が気にならない静音設計なのもポイントです。

クーラーマスター(Cooler Master) MASTERAIR G200P MAP-G2PN-126PC-R1

クーラーマスター(Cooler Master) MASTERAIR G200P MAP-G2PN-126PC-R1

超薄型のヒートシンクを採用することにより、全高39.4mmというコンパクトさを実現したトップフロー型のCPUクーラー。僅かな空間を有効活用でき、小さなPCケースにも取り付けられるのが魅力です。

C字型にカーブした2本のヒートパイプを装備。限られたスペースで高い放熱性を実現しています。また、ファンの騒音値は6~28dBAと小さく、夜中に稼働させてもほとんど気にならないレベルなのもポイントです。

ファンにはRGB LEDを搭載した92MM PWMファンを採用しており、ライトアップを楽しめるのも特徴。付属のRGBコントローラーを使えばRGB非対応のマザーボードでも光をカスタマイズできます。利便性とデザイン性の両面で優れるアイテムです。

クーラーマスター(Cooler Master) Vortex 211Q RR-V211-15FK-R2

クーラーマスター(Cooler Master) Vortex 211Q RR-V211-15FK-R2

ヒートパイプが直接CPUと接する仕様になっているトップフロー型のCPUクーラー。効率よく熱を吸収し、素早く冷却します。全高は58mmとコンパクト。小型PCケースへの取り付けにも適しています。

騒音値がわずか20dBAの静音設計。夜中でも運転音を気にせず稼働させられます。また、取り付けはプッシュピン方式を採用しており、金具を別途用意することなく簡単に取り付け可能。初めてCPUクーラーを購入する方におすすめのアイテムです。

アイネックス(Ainex) 薄型CPUクーラー CC-01

アイネックス(Ainex) 薄型CPUクーラー CC-01

全高がわずか32mmしかないトップフロー型のCPUクーラー。高さがなく、場所を取らないのが魅力です。Mini-ITXやホームシアターPC、スモールフォームファクタなどへの取り付けに適しています。

ヒートシンクとCPUの接続部には熱伝導率の高い銅を採用。効率的な冷却が行えます。また、ノイズレベルが12~33dBAと小さく、運転音があまり気にならないのもポイントです。

取り付けが済んでいるスプリングネジとバックプレートを採用しているので、初めてCPUクーラーを購入する方でも簡単に取り付け可能。扱いやすいモデルを探している方におすすめのアイテムです。

CPUクーラーのおすすめモデル|サイドフロー型

サイズ(SCYTHE) 風魔 弐 SCFM-2000

サイズ(SCYTHE) 風魔 弐 SCFM-2000

6mm径のヒートパイプを6本搭載しているサイドフロー型CPUクーラー。効率的に熱を吸収するのがポイントです。構造をツインタワー状の2ブロックにすることで、フィンにヒートパイプの熱を効率よく逃がします。

フロントに厚さ15mmの薄型ファン、ミドルに厚さ25mmのファンを搭載しているのが特徴です。フロントを反時計回り、ミドルを時計回りにした「2重反転方式」を採用することで気流の乱れを低減。静音性の向上も実現しています。

全高は154.5mmと高さを抑えたコンパクトな低全高設計。さまざまなPCケースと互換性があります。動作音が静かで、よく冷えるサイドフロー型CPUクーラーを探している方におすすめのアイテムです。

サイズ(SCYTHE) 無限伍 ARGB PLUS SCMG-5102AR

サイズ(SCYTHE) 無限伍 ARGB PLUS SCMG-5102AR

全高157.5mm設計のサイドフロー型CPUクーラー。多くのPCケースと互換性があります。クーラーにはサイズがオリジナルに設計した120mmのモデルを搭載。2基搭載されたデュアルファンの回転数は1500rpmに設定されています。

本体内部には6mm径のヒートパイプを6本採用しているので、効率よくCPUを冷やすことが可能です。ヒートシンクのトップ部には光るカバーを搭載。付属のARGBコントローラーを使えばRGBに対応していないマザーボードでも鮮やかな光が楽しめます。

ノイズは4.0~29.75dBAと小さく、夜中に稼働させても運転音が気になりません。冷却性能が高く、静音性にも優れるサイドフロー型CPUクーラーを探している方におすすめのアイテムです。

クーラーマスター(Cooler Master) Hyper 212 RGB Phantom Gaming Edition RR-212S-PGPC-R1

クーラーマスター(Cooler Master) Hyper 212 RGB Phantom Gaming Edition RR-212S-PGPC-R1

台座の底面に4本のヒートパイプを搭載しているサイドフロー型のCPUクーラー。台座からはみ出し、CPUと直に接触するような配置にすることで効率的に熱を吸収する仕様になっているのが特徴です。

水冷ヘッドが2層構造になっている「デュアルチャンバー」を採用。内部を流れる冷水とCPUの熱を吸い上げた温水を分けることで効率的な冷却性能を実現しています。素材には対腐食性に優れるPPS樹脂とガラスファイバーを採用しているので、耐久性も十分です。

ファンは冷却性能を高める高速回転から低速回転まで幅広いレンジに対応。騒音値は8~30dBAと静音です。また、RGBコントローラーで光をカスタマイズできるなど視覚的に楽しめるのもポイント。機能性とデザイン性の両面に優れたアイテムです。

クーラーマスター(Cooler Master) MasterAir MA621P TR4 Edition MAP-D6PN-218PC-R2

クーラーマスター(Cooler Master) MasterAir MA621P TR4 Edition MAP-D6PN-218PC-R2

2つのタワー型ヒートシンクと2基のファンを搭載しているサイドフロー型のCPUクーラー。ヒートシンクの表面積を大きくし、内と外の両方に冷却ファンを配置することで高い冷却性能を実現しています。ファンは3基まで増設可能です。

CPUとの接触部分には銅を採用。ヒートパイプを6本搭載していることもあり、効率的かつ素早く熱を吸収するのが特徴です。オーバークロックに対応するほどの性能を実現しています。

RGB LEDイルミネーションが備わっており、視覚的に楽しめるのも魅力。付属の有線RGB LEDコントローラーを使用すればソフトウェアなしで光をカスタマイズできます。また、ツールフリーマウントキットによって取り付けが簡単に行えるのもポイントです。

サーマルテイク(Thermaltake) CPUクーラー UX200 ARGB CL-P065-AL12SW-A

サーマルテイク(Thermaltake) CPUクーラー UX200 ARGB CL-P065-AL12SW-A

9枚のファンブレードを搭載しているサイドフロー型のCPUクーラー。ハイドロリックベアリングを採用することによって回転抵抗の低減を実現しています。ノイズレベルは26.33dBAと運転音が静かなのも魅力です。

U字型の6mm径ヒートパイプを4本搭載。台座の裏側へヒートパイプをはみ出すように配置し、CPUと直接接触させる「ダイレクトヒートパイプ方式」を採用しており、高い熱伝導率を実現しています。

ボディにはリング状に並列された15個のRGB LEDを搭載し、幅広いマザーボードとLEDの同期が可能で、コントロールソフトウェアから発光パターンのカスタマイズが行えます。高い冷却性能と静音性を兼ね備えているアイテムです。

CPUクーラーのおすすめモデル|水冷型

クーラーマスター(Cooler Master) MasterLiquid ML240L RGB MLW-D24M-A20PC-R1

クーラーマスター(Cooler Master) MasterLiquid ML240L RGB MLW-D24M-A20PC-R1

内部が二層構造になっているデュアルチャンバーヘッドを採用した水冷型のCPUクーラー。冷水とCPUの熱を吸収した温水を分けることで、効率のよい冷却を可能にしています。ラジエーターには空気抵抗を抑えたクーラーマスター独自のモノを搭載しているのが特徴です。

冷却ファンには風量と風圧のバランスがよい「MasterFan MF120R RGB」を搭載。騒音値は6~30dBAと静音性に優れるのが魅力です。また、RGBライトは付属のコントローラーから簡単にカスタマイズ可能。RGB対応のマザーボードと同期もできます。

クーラーマスター(Cooler Master) MASTERLIQUID ML360P SILVER EDITION MLY-D36M-A18PA-R1

クーラーマスター(Cooler Master) MASTERLIQUID ML360P SILVER EDITION MLY-D36M-A18PA-R1

小型のデュアルチャンバーポンプを採用している水冷型のCPUクーラー。ポンプ内部を二層構造にするクーラーマスター独自の技術で、高い冷却性能と耐久性を同時に実現しているのが魅力です。

冷却ファンには3つの120mmファンが一体型になっているモデルを採用。配線が少なく、簡単に取り付けられるのが特徴です。また、チューブには耐久性と柔軟性に優れたFEP製のモノを採用しており、高級感のある見た目に仕上がっています。

ポンプと冷却ファンにはRGB LEDを搭載。幅付属の専用ARGBコントローラーからカスタマイズも可能。機能性とデザイン性に優れたアイテムを探している方におすすめです。

NZXT KRAKEN Z73 RL-KRZ73-01

NZXT KRAKEN Z73 RL-KRZ73-01

ナイロンメッシュスリーブで強化されたゴムチューブを採用している水冷型のCPUクーラー。高い耐久性を実現しています。また、マザーボードに合わせてポンプヘッドの向きが調整できるのがポイント。初めてでも簡単に取り付けられます。

ヘッド部には液晶モニターを搭載。アイコンを設定したり写真を映し出したりと外観をアレンジできます。また、RGBにも対応しており、光の色をカスタマイズできるのも特徴。自由度の高いアイテムを探している方におすすめです。

コルセア(Corsair) iCUE H150i RGB PRO XT CW-9060045-WW

コルセア(Corsair) iCUE H150i RGB PRO XT CW-9060045-WW

磁気ベアリングのファンを採用している水冷型のCPUクーラー。磁気浮上により軸音を低減するのが特徴です。また、400~2400rpmと幅広いレンジの回転数に対応しているのもポイント。優れた静圧性と強い気流を同時に実現しています。

管理ソフトウェアの「iCUE」に対応。CPUの温度やファンの回転数などをモニタリングできます。また、ポンプヘッドに搭載された16個のRGBもiCUEでカスタマイズ可能。自由にカスタマイズできるアイテムを探している方におすすめです。

エナーマックス(ENERMAX) AQUAFUSION ELC-AQF360-SQA

エナーマックス(ENERMAX) AQUAFUSION ELC-AQF360-SQA

デュアルチャンバー構造のウォーターブロックを搭載している水冷型のCPUクーラー。ポンプに熱が伝わりにくい構造になっているのでクーラーが劣化しにくく、長期に渡って使い続けられるのが魅力です。

熱が高くなる場所に直接冷却水を当てる「セントラル・クーラント・インレット」を採用。強力に効率よくCPUを冷やします。また、エナーマックス独自のシャント・チャンネル・テクノロジー設計により、高い循環効率と熱伝導性を実現しているのもポイントです。

ファンには1680万色のアドレッサブルRGB LEDイルミネーションが施されたモデルを3基搭載。さまざまなエフェクトが設定でき、視覚的にも楽しめます。ハイエンドモデルを探している方におすすめです。

CPUクーラーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

CPUクーラーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。