CPUは、パソコンの中でも特に発熱量が多いパーツ。性能を100%発揮させるためには、効率的な冷却を行う必要があります。そんな時は、冷却システムの代表格であるCPUクーラーの交換が効果的。

しかし、静音性の高いモノやデザイン性の高いモノなどたくさんのモデルが製造されており、どれを選べばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのCPUクーラーを「トップフロー」「サイドフロー」「水冷」の3タイプに分けてご紹介します。

CPUクーラーの種類

空冷型

By: amazon.co.jp

ファンを回転させて直接風を当てるタイプのCPUクーラー。ヒートシンクというパーツがCPUの熱を直接吸収し、その吸収した熱をファンが冷却するという仕組みです。取り付けが簡単で安価なものが多いのが特徴。空冷型のCPUクーラーにはトップフロー型とサイドフロー型の2種類があります。

トップフロー型はCPUに対して水平に取り付けるタイプです。CPUに向かって上から風を当てるので、周辺にあるメモリやグラフィックボードなども合わせて冷却することができます。場所をとらず高さも低いので、小さめのPCケースでも取り付け可能。

サイドフロー型はCPUに対して垂直に取り付けるタイプです。PCケース内の空気は基本的に前から後ろへと流れます。サイドフロー型はこの空気の流れに逆らわないので、より効率のよい冷却が可能。高さがあるため場所をとりケースとの干渉にも注意しなければいけませんが、トップフロー型よりもメンテナンスがしやすいという特徴があります。

水冷型

By: amazon.co.jp

水冷型は冷却水が熱を吸収して冷却するタイプのCPUクーラーです。パーツは大まかに分けると冷水ヘッド・チューブ・ラジエーターの3つ。ラジエーターにはファンが搭載されていますが、空冷型ほど強力である必要がないためより高い静音性を実現します。

水冷ヘッド内の冷却水がCPUの熱を吸収し、チューブを通ってラジエーターまで移動。そしてラジエーターのファンが放熱を行い、冷えた冷却水が再び水冷ヘッドに戻るという仕組みです。冷却水の量やラジエーターのサイズ、ファンの数などにより性能が変わります。

取り付け可能なPCケースの種類や価格では劣りますが、空冷型よりも冷却性能の高いモデルが多いのも特徴のひとつ。負荷の多い作業をする方や高性能なプロセッサーを使用している方におすすめです。

水冷型のCPUクーラーは自身でパーツを揃えて一から組み立てることもでき、それらは「本格水冷」とも呼ばれます。ただし、本格水冷の組み立ては難易度が高く失敗のリスクもあり、初心者には不向きです。そのため本記事では、既に組み立て済みの「簡易水冷」についてのみご紹介します。

CPUクーラーの選び方

冷却性能をチェック

By: amazon.co.jp

冷却性能はCPUクーラーを選ぶ上で最も大切。CPUの寿命にも直接関わってきます。空冷型の場合はヒートシンクを大きくすることによりさらに効率よく熱を吸収。ファンに関してはサイズの大きさ以外にも数を増やすのも効果的です。

水冷型の場合はラジエーターの大型化や、空冷型と同じくファンを複数搭載することで冷却性能の向上を図ることができます。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

CPUクーラーの性能として冷却性能に次いで重要な静音性能。単純にファンが回転する音を抑えたモデルや、ファンの回転数をカスタマイズすることで静音性を高めるモデルがあります。

音の大きさは、dB(デシベル)の数値が低いほど静か。最大数値が20~30dB程度であれば、あまり気にならないレベルと言えます。

ファンの回転数は「rpm」といった単位で表記。1分間にファンが回転する回数を表しているので、rpm数値が大きければ大きいほど冷却性能とともに音の大きさも上がります。

基本的には冷却性能と動作音は比例するので、ファンの回転数をコントロールして音を抑えるモデルがおすすめ。より高度なカスタマイズを求める方は、CPUや冷却水の温度をモニタリングできるソフトを使用して、最適な環境を構築してみてください。

固定方法をチェック

By: amazon.co.jp

CPUクーラーを取り付ける際はいくつかの方法があります。CPUクーラーとプレートでマザーボードを挟んで固定する「バックプレート式」は、工具を必要とするため脱着時に手間がかかりますが、しっかりとした固定が可能です。

一方、「プッシュピン式」はCPUクーラーについているピンを押し込んで固定するだけで簡単に取り付けられるタイプ。その他にも、ネジで固定するタイプやクリップレバーで固定するタイプなどがあります。バックプレート式以外は工具が不要ですが、破損のリスクのある点を考慮して選んでください。

また、CPUソケットのタイプによってはCPUクーラーの形状やピンの位置が異なります。マザーボードのスペックにあるCPUソケットタイプをチェックし、対応するモデルを選んでください。

必ずケースサイズに合ったモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

CPUクーラーがPCケースに対して大きすぎると、サイドパネルやケース内部のパーツに干渉してしまう恐れがあります。CPUクーラーを購入する際には、所有しているPCケースのサイズにあったものを選びましょう。

特にサイドフロー型はCPUに対して垂直に取り付けるので、トップフロー型よりも全高が高くなり場所をとります。同様に水冷型も大きなスペースを必要とするモデルが多いため、注意が必要です。また、高機能なものほど大きくなる傾向があるということも頭に入れておくとよいでしょう。

後々CPUクーラーの交換やファンの増設、その他アップグレードを考えている方は、フルタワータイプの大きめのPCケースがおすすめです。

CPUクーラーのおすすめメーカー

サイズ(SCYTHE)

By: amazon.co.jp

CPUクーラーのメーカーとして高い知名度を誇る「SCYTHE(サイズ)」。ロングセラーモデルである「虎徹」を製造していることで有名です。SCYTHEのCPUクーラーは耐久性や静音性に優れ、ファン回転数が低くても充分な冷却性能を発揮します。

また、空冷式のCPUクーラーに関してはラインナップが豊富。コスパを重視したリーズナブルなモデルから、高性能プロセッサー用のモデルまで選べるのが魅力です。

クーラーマスター(Cooler Master)

By: amazon.co.jp

空冷式から水冷式まで幅広いラインナップを持つ「クーラーマスター(Cooler Master)」。トップフロー型・サイドフロー型・水冷式と、種類を問わず選べます。

空冷式の「MasterAir」シリーズや水冷式の「MasterLiquid Lite」シリーズなど、LEDライティング機能を搭載したモデルも人気。デザイン重視の方にもおすすめのメーカーです。

エヌジーエックスティー(NZXT)

By: amazon.co.jp

「エヌジーエックスティー(NZXT)」は水冷式のCPUクーラーをメインに製造しています。CPUに装着する「CPUヘッド」は丸型デザインが特徴で、シンプルなNZXTのロゴが配されたスタイリッシュなデザインが人気。冷却性能も好評を得ているメーカーです。

ファンや水冷ポンプの静音性に関しての評価も高いので、性能だけでなくPCパーツの見た目にこだわる方におすすめです。

コルセア(Corsair)

By: amazon.co.jp

コルセアは、ポンプとCPUヘッドを一体化させた「簡易水冷式CPUクーラー」を豊富にラインナップしているメーカー。コスパに優れたCPUクーラーで人気です。

搭載しているラジエーターもシングル・デュアル・トリプルと、モデルによって異なり、PCケースのサイズやCPUのスペックに合わせて選択可能。水冷式CPUクーラーを初めて導入する方におすすめです。

CPUクーラーのおすすめモデル|トップフロー型

サイズ(SCYTHE) BIG SHURIKEN3 SCBSK-3000

サイズ(SCYTHE) BIG SHURIKEN3 SCBSK-3000

トップフロー型の高性能CPUクーラー。全高は69mmなので、スリムケースなどの小さめのPCケースにも問題なく取り付け可能です。

本製品は6mm径のヒートパイプを5本搭載。「ニッケルメッキ処理」が施されているので、酸化に強いだけでなく高級感のある見た目になっています。受熱プレートは銅製で厚みもあるので、確実な熱の吸い上げが可能です。

ファンには「Fluid Dynamic Bearing」と呼ばれる機構を採用した最新薄型ファン「KAZE FLEX」を搭載。より優れた耐久性と静音性を実現します。また、防振ゴムラバーも搭載しているので防振性も良好。

さらに、本製品にはファンの換装用のネジも付属しています。標準では15mm厚のファンが搭載されていますが、25mm厚のファンにも換装可能です。

クーラーマスター(Cooler Master) Vortex 211Q RR-V211-15FK-R2

クーラーマスター(Cooler Master) Vortex 211Q RR-V211-15FK-R2

クーラーマスターのコンパクトなCPUクーラー。高さ58mmのスリム設計なので、メモリやその他チップ類との干渉を心配する必要はありません。小型のPCケースやマザーボートに取り付けたい方におすすめです。

CPUソケットは、インテルの「LGA1156/1155/1151/1150/775シリーズ」に対応。固定方法は「プッシュピン式」なので簡単に取り付けができます。

ファンの回転速度は1500rpm固定で動作音は20dB程度。大きな風量と優れた静音性を実現します。ヒートシンクには、銅製のヒートパイプが直接CPUと接する「ダイレクトコンタクトヒートパイプ技術」を採用。受熱プレートを介さない分早く熱が移動するので、効率よく排熱できます。

シルバーストーン(Silver Stone) Nitrogonシリーズ SST-NT09-115X

シルバーストーン(Silver Stone) Nitrogonシリーズ SST-NT09-115X

リーズナブルでコンパクトなCPUクーラー。シルバーストーンは2003年に設立された台湾の電源ユニットなどを取り扱うPCメーカーです。CPUクーラーに関しては空冷型から水冷型まで幅広いラインナップを備えています。

全高が45mmと低く設計されているので、スペースが限られている小型のPCケースでも搭載可能。固定には「バックプレート式」を採用しています。高い放熱性能が発揮できるようにデザインされたアルミニウム製のヒートシンクも特徴です。

ファンは「92mm PWMファン」を採用。回転数は550〜2500rpmで動作音は18.5〜32.0dBとなっています。ファンにはシルバーストーンによるカスタマイズが施されているので、冷却性能はそのままに高い静音性を実現。初めてCPUクーラーを購入する方にもおすすめです。

RAIJINTEK ZELOS 0R100003

RAIJINTEK ZELOS 0R100003

薄型で静音性の高いCPUクーラー。ライジンテックは台湾に本社を置くPCケースや電源ユニットを取り扱うメーカーです。CPUファンは赤と白の美しいカラーリングが特徴で、ロープロファイルモデルからハイエンドモデルまで幅広く取り扱っています。

回転数は800〜4000rpmで、動作音は20.0dBと静音性の高い製品です。CPUソケットはインテルの「LGA1150/1155/1156シリーズ」、AMDの「FM2+/FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2シリーズ」と幅広く対応。

全高44mmの薄型でありながらも6mm径の銅製ヒートシンクを3本搭載しているので高い冷却性能を誇ります。価格が控えめでデザインもオシャレなので、見栄えにもこだわりたい方におすすめです。

アイネックス(AINEX) LGA115x用 薄型CPUクーラー CC-01

アイネックス(AINEX) LGA115x用 薄型CPUクーラー CC-01

CPUソケット「LGA115x用」の超薄型CPUクーラー。インテルの「LGA1150/1151/1155/1156シリーズ」に対応しています。

全高が32mmと非常に薄型なのでほとんど場所をとりません。取り付けは「バックプレート式」で、回転数は700〜2700rpm、動作音は12〜33dB。薄型で1000円台前半という低価格ながらも、標準的な性能を有したコストパフォーマンスに優れた製品です。

ヒートシンクには放射状に設計されたアルミニウムを採用。ファンは96mmで電子制御によるPWM機能が付いているので、静音で過不足なく冷却することができます。

CPUクーラーのおすすめモデル|サイドフロー型

サイズ(SCYTHE) 白虎弐 SCBYK-2000I

サイズ(SCYTHE) 白虎弐 SCBYK-2000I

サイズのインテル専用のCPUクーラー。2016年に発売された「白虎」の後継モデルです。前モデルからはファンの種類とヒートシンクの形状が変更されています。ファンは防振パッドが搭載された「KAZE FLEX 92mm PWM」に変更。取り付け方式は前モデルに引き続き「プッシュピン式」が採用されているので、簡単に取り付けが可能です。

厚みのある5mmの銅製受熱プレートが効率よく熱を吸収。3本搭載された6mm径のヒートシンクには、酸化を防止する「ニッケルメッキ処理」が施されています。

また、CPUと受熱プレートの間に塗布するグリスと図解入りのマニュアルも付属しているので、開封後すぐに取り付けが可能。簡単に取り付けができて冷却性能も強化したいという方におすすめです。

クーラーマスター(Cooler Master) Hyper H412R RR-H412-20PK-R2

クーラーマスター(Cooler Master) Hyper H412R RR-H412-20PK-R2

クーラーマスターの高性能でコンパクトなCPUクーラー。背が高く場所をとりがちなサイドフロー型ですが、本製品は全高136.5mmというコンパクトさを実現しています。小型のPCケースやマザーボードへの取り付けに最適です。

回転数は600〜2000rpmで動作音は最大29.4dBとなっています。CPUソケットはインテルとAMDの両方に幅広く対応。前モデルで搭載されていたファンのホワイトLEDは非搭載となっていますが、その分価格が抑えられています。

4本の銅製ヒートパイプが直接CPUと接触する「ダイレクトコンタクトヒートパイプ」が採用されているので、より素早く熱を伝達することが可能。付属のPWM制御の92mmファンとの組み合わせにより、高い冷却性能を発揮します。

サーマルテイク(Thermaltake) Contac Silent 12 CL-P039-AL12BL-A

サーマルテイク(Thermaltake) Contac Silent 12 CL-P039-AL12BL-A

安価でスリムなデザインのCPUクーラー。サーマルテイクは1999年に台湾で設立されたPCメーカーです。CPUクーラーは、トップフロー型やサイドフロー型から水冷式まで幅広く取り扱っています。

CPUソケットはインテルとAMD両シリーズに対応。ヒートシンクは6mm径のヒートパイプを4本搭載し、CPUと直接接触する「ダイレクトヒートパイプ方式」を採用しています。ヒートパイプが直接熱を吸収するので、スピーディーな冷却が可能。さらに、ヒートシンク周辺はメモリやほかのパーツとの干渉を防ぐスリムなデザインになっています。

回転数は500~1500rpmで動作音は28.8dB。ファンの軸受部分には「ハイドロリックベアリング」という方式を採用していることにより、回転抵抗の低減と静音性が向上しています。また、付属のLNCケーブルを接続すると回転数を400〜1100rpm、動作音を22.1dBにまで抑えることが可能です。

サーマルライト(Thermalright) MACHOシリーズ Le GRAND MACHO RT

サーマルライト(Thermalright) MACHOシリーズ Le GRAND MACHO RT

140mmのファンを搭載した大型のCPUクーラー。本製品は2016年に発売されたファンレスCPUクーラー「Le GRAND MACHO」に新開発の140mmファンを搭載したモデルです。ファンを外してファンレスでの使用も可能。

新開発の自社製ファン「TY-147B」は回転数300〜1300rpmのPWM仕様で、動作音は14〜20dBと高い静音性を誇ります。CPUソケットはインテルとAMDの両方に対応。

6mm径のヒートパイプを7本搭載し、受熱プレートには高性能CPUでの動作を前提とした純銅製のプレートが採用されています。吸収した熱はアルミニウム製の冷却フィンがスムーズに放熱。さらに、メモリとの干渉を防ぐために非対称のヒートシンクデザインになっているのもポイント。静音性と冷却性に優れた、おすすめのモデルです。

CPUクーラーのおすすめモデル|水冷式

クーラーマスター(Cooler Master) MasterLiquid ML240L RGB MLW-D24M-A20PC-R1

クーラーマスター(Cooler Master) MasterLiquid ML240L RGB MLW-D24M-A20PC-R1

クーラーマスターの240mmラジエーターを搭載した水冷式のCPUクーラー。120mmラジエーターを搭載したモデルもラインナップされています。

ヘッド内の冷却水を熱い層と冷たい層に分離する「デュアルチャンバーヘッド」を採用。内部を二層構造にすることにより、高い冷却性能を発揮します。

ファンの回転数は650~2000rpmで動作音は6~30dB。本製品には自社製の、静音性・冷却性・装飾性に優れた冷却ファン「MasterFan MF120R RGB」が標準搭載されています。さらに、「Silent Driver IC」機能により、ノイズと振動を最小限に抑えたスムーズな動作を実現。

CPUソケットはインテルとAMDの両方に対応し、取り付けも簡単です。付属のRGBコントローラーを使用すれば、LEDの輝度やカラーの調節も可能。水冷式の中では安価な製品なので、自作PC初心者や初めて水冷式を導入する方におすすめです。

エヌジーエックスティー(NZXT) KRAKEN X62 RL-KRX62-01

エヌジーエックスティー(NZXT) KRAKEN X62 RL-KRX62-01

高性能で見た目も美しい水冷式のCPUクーラー。本製品は140mmのファンを2基搭載したモデルです。同じ性能でファンの大きさと数が違う製品が複数ラインナップされているので、自身のPCケースにあったものを選びましょう。

水冷ヘッドにはLEDと「インフィニティミラー」と名付けられた鏡が搭載されており、美しいイルミネーション効果を楽しむことができます。また、ヘッド内のポンプは最新のものに刷新され、前モデルよりも静かでより多い流水量を実現。

チューブは細くて取り回しもよく、ナイロン製のスリーブが巻かれているので丈夫です。180度回転し、長さも十分なので設置場所に困ることはありません。

独自開発の制御ソフト「CAM」を使用すれば、パソコンやスマートフォンから遠隔操作で自由に設定の変更が可能。水冷ヘッドのLEDもCAMから操作ができ、色やパターンを自由に変更できます。

コルセア(Corsair) H115i RGB PLATINUM CW-9060038-WW

コルセア(Corsair) H115i RGB PLATINUM CW-9060038-WW

鮮やかなRGB LEDを搭載したCPUクーラー。280mmのラジエーターを搭載していることに加え、240mmのラジエーターを搭載したモデルも販売されています。カラーはホワイトもラインナップ。

本製品には、自社製の高品質冷却ファン「CORSAIR ML140 Pro RGB PWM ファン」が2基標準搭載されています。磁気浮上ベアリング技術により、高風量ながらも高い静音性を実現。

管理ソフトウェア「iCUE」を使用すればLEDのライティング操作だけでなく、ファンの回転数制御やシステムのモニタリングもできます。「ZERO RPM MODE」を使用すれば、低温時にファンを完全に停止させることも可能。

CPUソケットはインテルとAMDの両方に幅広く対応しており、取り付けも工具不要で簡単です。また、5年間の製本保証も付くので安心して使うことができます。

サーマルテイク(Thermaltake) Floe Riing RGB 240 TT Premium Edition CL-W157-PL12SW-A

サーマルテイク(Thermaltake) Floe Riing RGB 240 TT Premium Edition CL-W157-PL12SW-A

サーマルテイクの240mmラジエーターを搭載した水冷式CPUクーラー。本製品以外にラジエーターサイズの異なる2つのモデルがラインナップされています。

ファンとヘッドには1680万色対応のLEDが内蔵。付属のコントローラーに接続し専用ソフトウェア「Riing Plus RGB」を使用すれば、LEDカラーの調節やファンスピードのコントロールができます。ファンの異常を検知し、アラームを表示する機能も搭載。

水冷ヘッドにはポンプと銅製の受熱プレートが内蔵されています。チューブはスリーブが巻かれているので冷却水の自然蒸発を低減し、耐久性が向上しているのもポイント。冷却面積の広いラジエーターは優れた放熱効果を発揮します。

CPUクーラーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

CPUクーラーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。