CPUは、パソコンのなかでも特に発熱量が多いパーツ。性能を100%発揮させるためには、効率的な冷却を行う必要があります。そんな時は、冷却システムの代表格であるCPUクーラーの交換が効果的です。

しかし、静音性の高いモノやデザイン性の高いモノなどたくさんのモデルが製造されており、どれを選べばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのCPUクーラーを「トップフロー」「サイドフロー」「水冷」の3タイプに分けてご紹介します。

CPUクーラーの種類

空冷型

By: amazon.co.jp

ファンを回転させて直接風を当てるタイプのCPUクーラー。ヒートシンクというパーツがCPUの熱を直接吸収し、その吸収した熱をファンが冷却するという仕組みです。取り付けが簡単で安価なモノが多いのが特徴。空冷型のCPUクーラーにはトップフロー型とサイドフロー型の2種類があります。

トップフロー型はCPUに対して水平に取り付けるタイプです。CPUに向かって上から風を当てるので、周辺にあるメモリやグラフィックボードなども合わせて冷却することができます。場所をとらず高さも低いので、小さめのPCケースでも取り付け可能。

サイドフロー型はCPUに対して垂直に取り付けるタイプです。PCケース内の空気は基本的に前から後ろへと流れます。サイドフロー型はこの空気の流れに逆らわないので、より効率のよい冷却が可能。高さがあるため場所をとりケースとの干渉にも注意しなければいけませんが、トップフロー型よりもメンテナンスがしやすいという特徴があります。

水冷型

By: amazon.co.jp

水冷型は冷却水が熱を吸収して冷却するタイプのCPUクーラーです。パーツは大まかに分けると冷水ヘッド・チューブ・ラジエーターの3つ。ラジエーターにはファンが搭載されていますが、空冷型ほど強力である必要がないためより高い静音性を実現します。

水冷ヘッド内の冷却水がCPUの熱を吸収し、チューブを通ってラジエーターまで移動。そしてラジエーターのファンが放熱を行い、冷えた冷却水が再び水冷ヘッドに戻るという仕組みです。冷却水の量やラジエーターのサイズ、ファンの数などにより性能が変わります。

取り付け可能なPCケースの種類や価格では劣りますが、空冷型よりも冷却性能の高いモデルが多いのも特徴のひとつ。負荷の多い作業をする方や高性能なプロセッサーを使用している方におすすめです。

水冷型のCPUクーラーは自身でパーツを揃えて一から組み立てることもでき、それらは「本格水冷」とも呼ばれます。ただし、本格水冷の組み立ては難易度が高く失敗のリスクもあり、初心者には不向きです。そのため本記事では、既に組み立て済みの「簡易水冷」についてのみご紹介します。

CPUクーラーの選び方

冷却性能をチェック

By: amazon.co.jp

冷却性能はCPUクーラーを選ぶ上で最も大切。CPUの寿命にも直接関わってきます。空冷型の場合はヒートシンクを大きくすることによりさらに効率よく熱を吸収。ファンに関してはサイズの大きさ以外にも数を増やすのも効果的です。

水冷型の場合はラジエーターの大型化や、空冷型と同じくファンを複数搭載することで冷却性能の向上を図ることができます。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

CPUクーラーの性能として冷却性能に次いで重要な静音性能。単純にファンが回転する音を抑えたモデルや、ファンの回転数をカスタマイズすることで静音性を高めるモデルがあります。

音の大きさは、dB(デシベル)の数値が低いほど静か。最大数値が20~30dB程度であれば、あまり気にならないレベルと言えます。

ファンの回転数は「rpm」といった単位で表記。1分間にファンが回転する回数を表しているので、rpm数値が大きければ大きいほど冷却性能とともに音の大きさも上がります。

基本的には冷却性能と動作音は比例するので、ファンの回転数をコントロールして音を抑えるモデルがおすすめ。より高度なカスタマイズを求める方は、CPUや冷却水の温度をモニタリングできるソフトを使用して、最適な環境を構築してみてください。

固定方法をチェック

By: amazon.co.jp

CPUクーラーを取り付ける際はいくつかの方法があります。CPUクーラーとプレートでマザーボードを挟んで固定する「バックプレート式」は、工具を必要とするため脱着時に手間がかかりますが、しっかりとした固定が可能です。

一方、「プッシュピン式」はCPUクーラーについているピンを押し込んで固定するだけで簡単に取り付けられるタイプ。そのほかにも、ネジで固定するタイプやクリップレバーで固定するタイプなどがあります。バックプレート式以外は工具が不要ですが、破損のリスクのある点を考慮して選んでみてください。

また、CPUソケットのタイプによってはCPUクーラーの形状やピンの位置が異なります。マザーボードのスペックにあるCPUソケットタイプをチェックし、対応するモデルを選んでみてください。

必ずケースサイズに合ったモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

CPUクーラーがPCケースに対して大きすぎると、サイドパネルやケース内部のパーツに干渉してしまう恐れがあります。CPUクーラーを購入する際には、所有しているPCケースのサイズにあったものを選びましょう。

特にサイドフロー型はCPUに対して垂直に取り付けるので、トップフロー型よりも全高が高くなり場所をとります。同様に水冷型も大きなスペースを必要とするモデルが多いため、注意が必要です。また、高機能なモノほど大きくなる傾向があるということも頭に入れておきましょう。

後々CPUクーラーの交換やファンの増設、その他アップグレードを考えている方は、フルタワータイプの大きめのPCケースがおすすめです。

CPUクーラーのおすすめメーカー

サイズ(SCYTHE)

By: amazon.co.jp

CPUクーラーのメーカーとして高い知名度を誇る「SCYTHE(サイズ)」。ロングセラーモデルである「虎徹」を製造していることで有名です。SCYTHEのCPUクーラーは耐久性や静音性に優れ、ファン回転数が低くても充分な冷却性能を発揮します。

また、空冷式のCPUクーラーに関してはラインナップが豊富。コスパを重視したリーズナブルなモデルから、高性能プロセッサー用のモデルまで選べるのが魅力です。

クーラーマスター(Cooler Master)

By: amazon.co.jp

空冷式から水冷式まで幅広いラインナップを持つ「クーラーマスター(Cooler Master)」。トップフロー型・サイドフロー型・水冷式と、種類を問わず選べます。

空冷式の「MasterAir」シリーズや水冷式の「MasterLiquid Lite」シリーズなど、LEDライティング機能を搭載したモデルも人気。デザイン重視の方にもおすすめのメーカーです。

エヌジーエックスティー(NZXT)

By: amazon.co.jp

「エヌジーエックスティー(NZXT)」は水冷式のCPUクーラーをメインに製造しています。CPUに装着する「CPUヘッド」は丸型デザインが特徴で、シンプルなNZXTのロゴが配されたスタイリッシュなデザインが人気。冷却性能も好評を得ているメーカーです。

ファンや水冷ポンプの静音性に関しての評価も高いので、性能だけでなくPCパーツの見た目にこだわる方におすすめです。

コルセア(Corsair)

By: amazon.co.jp

コルセアは、ポンプとCPUヘッドを一体化させた「簡易水冷式CPUクーラー」を豊富にラインナップしているメーカー。コスパに優れたCPUクーラーで人気です。

搭載しているラジエーターもシングル・デュアル・トリプルと、モデルによって異なり、PCケースのサイズやCPUのスペックに合わせて選択可能。水冷式CPUクーラーを初めて導入する方におすすめです。

CPUクーラーのおすすめモデル|トップフロー型

サイズ(SCYTHE) BIG SHURIKEN3 大手裏剣 参 SCBSK-3000

サイズ(SCYTHE) BIG SHURIKEN3 大手裏剣 参 SCBSK-3000

トップフロー型CPUクーラーの人気モデルです。全高は69mmと薄いため、スリムケースタイプの幅広いPCケースに取り付け可能。取り付けが行いやすいブリッジ式リテンションを採用しているのもポイントです。

吸熱性に優れた6mm径ヒートパイプを5本採用。厚みのある銅製受熱ベースプレートと相まって、CPUの発熱を抑えてくれます。ヒートパイプには酸化を防止する「ニッケルメッキ処理」を採用。錆びにくく、見た目の美しさを保ったまま長く使えます。

メーカーオリジナルの高性能ファン「KAZE FLEX120 SLIM」を搭載。「Fluid Dynamic Bearing」と呼ばれる機構を採用することでファンの静粛性と高寿命を実現しています。

なお、標準では15mm厚のファンが搭載されていますが、25mm厚のファンにも換装可能。さらに冷却能力を高めることもできます。

クーラーマスター(COOLER MASTER) MasterAir G100M MAM-G1CN-924PC-R1

クーラーマスター(COOLER MASTER) MasterAir G100M MAM-G1CN-924PC-R1

UFO型のデザインがユニークなトップフロー型CPUクーラー。従来のヒートパイプの7倍にあたる、直径41.2mmのヒートコラムを搭載し、より効率的なCPUの冷却が可能なのが特徴です。

また、スリムPCケースに適した、高さ74.5mmの小型ボディもポイント。コンパクトながら、CPUの最大放熱量を示すTDPとしては高い、130Wに対応する冷却性能を備えています。インテル・AMDを合わせて17規格のソケットに対応する汎用性の高さも魅力です。

付属のマウントキットで簡単に取り付けられるよう設計されているので初心者にも最適。さらに、RGB LEDを搭載しており、ライトアップが可能です。小型RGBコントローラーが付属しており、ライトのカスタマイズができるのも魅力。見た目の楽しさと高い冷却性能を備えたおすすめのCPUクーラーです。

ジョンスボ(JONSBO) RGB対応トップフロー型CPUクーラー CR-901-RGB

ジョンスボ(JONSBO) RGB対応トップフロー型CPUクーラー CR-901-RGB

汎用性の高いリーズナブルなトップフロー型CPUクーラーです。安価ながら、インテルとAMDの主要な14規格のソケットに対応しているのが特徴。特に、トップフロー型では対応しないことも多い「LGA1366」規格のソケットで使用できるのがポイントです。

マザーボード裏側からナットで固定するシンプルな固定方法を採用しており、初心者でも扱いやすいのも魅力。オーソドックスなスプリングスクリューによる固定と確実性の高い「バックプレート式」を採用しているので、PCケースにしっかり固定できます。また、全高65mmに抑えたコンパクト設計なので、取り付け可能なPCケースも豊富です。

さらに、RGB対応マザーボードでなくても、4ピンファンコネクタの接続だけでファンが回転・発光する仕組みを内蔵。単色~虹色まで自動的にLEDのカラーが変化し、目でも楽しめるのもおすすめポイントです。

クーラーマスター(COOLER MASTER) Vortex Plus RR-VTPS-28PK-R2

クーラーマスター(COOLER MASTER) Vortex Plus RR-VTPS-28PK-R2

ヒートパイプが直接CPUと接する「ダイレクトコンタクトヒートパイプ」が特徴のトップフロー型CPUクーラー。CPUの熱が台座経由ではなく直接ヒートパイプに伝わることで、より早く、効率よく冷却できます。

また、冷却ファンには独自形状のブレードを採用しており、風量と静音性を両立。回転数は800~2800rpmまでの広い範囲をカバーしており、PWM対応のマザーボードと組み合わせることで、CPUの温度に応じて低回転から高回転まで細かくコントロールできます。

さらに、ファンに防振パッドを採用。振動による騒音を抑制します。低負荷時の動作音は、木の葉が擦れ合う音よりも小さな17dBの低さも魅力です。

発売数年以内のモデルが中心のトップフロー型CPUクーラー市場にあって、9年のロングセラーであることも特徴のひとつ。完成度の高い実力モデルとしておすすめのCPUクーラーです。

CPUクーラーのおすすめモデル|サイドフロー型

サイズ(SCYTHE) 虎徹 MarkII SCKTT-2000

サイズ(SCYTHE)  虎徹 MarkII SCKTT-2000

ロングセラーの人気モデル「虎徹」の後継機。優れた冷却性能を継承しながら、取り扱いやすさが向上しているのが特徴です。

取り付けは「バックプレート式」を採用。新設計の「スプリングスクリュー仕様ブリッジ式リテンション」により、確実かつ容易な取り付けと、最適な圧力による固定が可能です。冷却ヘッドとフィンとの位置をずらす構造により、ファンがメモリに接触するのも防いでくれます。

ソケットはインテル・AMD主要規格に対応。本体の高さは154mmと、ほとんどのPCケースに収まる汎用性の高さも魅力です。動作音が静かなこともおすすめポイント。使い勝手に優れた、おすすめのサイドフロー型空冷式CPUクーラーです。

サイズ(SCYTHE) Intel専用サイドフロー型CPUクーラー 白虎弐 SCBYK-2000I

サイズ(SCYTHE) Intel専用サイドフロー型CPUクーラー 白虎弐 SCBYK-2000I

人気モデル「白虎」の後継機。ソケットをインテル専用とすることで、部品点数を合理的に低減しています。価格を抑えながらも高性能を実現したハイコスパモデルです。

「白虎」からファンの種類とヒートシンクの形状を変更し、性能を高めているのも魅力。防振パッドが搭載された「KAZE FLEX 92mm PWM」ファンは効果的な冷却と静音性を両立しています。また、全高を130mmと低くすることにより、PCケースとの互換性が高いのもポイントです。

取り付けが簡単な「プッシュピン式」に加え、リテンションクリップが装着済みで、組み立てが不要なので取り扱いもラク。CPUと受熱プレートの間に塗布するグリスと、図解付きのマニュアルも付属しているので、初心者でもすぐに取り付けられるように配慮されています。

自作PCをこれから始める方から上級者の方まで、幅広い層におすすめのモデルです。

サーマルテイク(Thermaltake) サイドフロー型CPUファン Contac 9 CL-P049-AL09BL-A

サーマルテイク(Thermaltake) サイドフロー型CPUファン Contac 9 CL-P049-AL09BL-A

多くのCPUクーラーを展開している、サーマルテイクのリーズナブルなサイドフロー型モデル。CPUと直接接触する「ダイレクトヒートパイプ方式」を採用しているのが特徴です。

ヒートパイプが直接熱を吸収するため、スピーディーな冷却が可能なのがメリット。メモリやほかのパーツとの干渉を防ぐスリムなデザインなのもポイントです。インテル「LGA1151」やAMD「AM4」など、多くのCPUソケットに適合する汎用性の高さも備えています。

最大2500rpmのファン回転数を活かして、CPUの最大放熱量を表すTDPとしては高い140Wに対応する優秀な冷却性能を実現。一方で、静音性を向上させるハイドロリックベアリングにより、動作音が最大で30dBと静かなのも魅力です。安くても確かな実力を持ったCPUクーラーとして検討してみてください。

クーラーマスター(Cooler Master) Hyper H412R RR-H412-20PK-R2

クーラーマスター(Cooler Master) Hyper H412R RR-H412-20PK-R2

コンパクトなCPUクーラー。サイドフロー型ながら高さを136.5mmに抑えており、小型PCケースにも搭載可能です。

CPUと直に接する「ダイレクトコンタクトヒートパイプ」を4本備えることにより、コンパクトながら高い冷却性能を発揮します。また、特殊なフィンデザインにより、ヒートパイプに当たるエアフローを最適化。効率的な排熱を実現しています。

搭載された「92mm PWMファン」の回転数は600〜2000rpmで動作音は最大29.4dB。冷却効果を高める高速回転から静音性を重視した低速回転まで、CPU温度に合わせて適切な回転数で動作します。PCの低負荷動作時には静かに使えるのも魅力です。

CPUソケットはインテルとAMDの両方に幅広く対応し、汎用性にも優れています。リーズナブルな価格もおすすめポイントです。

クライオリグ(CRYORIG) サイドフロー型ハイエンド空冷CPUクーラー R1 ULTIMATE V2

クライオリグ(CRYORIG) サイドフロー型ハイエンド空冷CPUクーラー R1 ULTIMATE V2

ヒートパイプとヒートシンクのはんだ付け部分面積を向上させる特許技術「DirectCompress」を採用したCPUクーラー。接合面積を多く確保することにより、より多くの熱をヒートシンクへ導いてCPUの冷却性能を高めています。また、ヒートパイプとヒートシンクの形状や配置も工夫することで、効率的な冷却が可能です。

そして、直径140mmの大型ファン「XF-140」は1300rpmと最大回転数を抑えながらも、風量を示すCFMは74とサイドフロー型として最大級のスペックを有します。

これらの技術により、TDP 250W+対応という空冷方式では随一の冷却能力を実現。ハイスペックな自作PCでの高負荷動作時にも余裕を持って対応可能です。

低負荷時にはファンが低速回転するため、動作音を最小19dBまで抑えられるのもポイント。ハイエンドPCユーザーと、静音性を重視したいユーザーの双方におすすめのCPUクーラーです。

CPUクーラーのおすすめモデル|水冷型

コルセア(Corsair) H150i PRO RGB CW-9060031-WW

コルセア(Corsair) H150i PRO RGB CW-9060031-WW

人気メーカーによるハイパフォーマンスな水冷型CPUクーラー。自社製の「ML Series 120mm PWMファン」を3基搭載しています。

磁気浮上ベアリング技術により、高風量ながらも高い静音性を実現しているのが特徴。「ZERO RPM MODE」で、低温時にファンを完全に停止させられるのも魅力です。

専用管理ソフト「CORSAIR Link」を使用すれば、ファンの回転数制御やシステムのモニタリングもできます。また、鮮やかなRGB LEDも搭載。CPUの温度や水温に連動させることも可能で、色鮮やかにPCを演出してくれます。

取り付けも工具不要で簡単。なお、本体サイズが大きいので、大型のPCケースを利用している方におすすめです。

エヌジーエックスティー(NZXT) CPU液体冷却システム KRAKEN X62 RL-KRX62-01

エヌジーエックスティー(NZXT) CPU液体冷却システム KRAKEN X62 RL-KRX62-01

水冷型CPUクーラーの人気モデル。ラジエーターは280mmで140mm径のファンを2基搭載しています。水冷性能を高める新型「Aer Pファン」と、従来よりも静かで多くの水を押し出せる新型ポンプにより冷却性能を向上させたのがポイント。メンテナンスが不要なのも魅力です。

専用ソフト「CAM」により各種動作を直観的に自在に調整できるのも便利。 また、ウォーターブロック上部が発光するギミックも特徴です。カラーと発光パターンは自在に操れるのでPCの演出に役立ちます。見た目の楽しさでもおすすめのCPUクーラーです。

コルセア(Corsair) H100i PRO RGB CW-9060033-WW

コルセア(Corsair) H100i PRO RGB CW-9060033-WW

240mmサイズのラジエーターを搭載した水冷型CPUクーラー。磁気浮上ベアリングによる非接触軸受を採用することで高い冷却性能を実現した「ML Series 120mm PWMファン」2基を搭載しています。

劣化に強く水漏れや揮発の心配が無いゴム製カスタムチューブや、熱伝導効率に優れた銅製ベースプレートを搭載しているのもポイントです。

専用管理ソフト「iCUE」を用意。PWMファン速度制御機能により、400~2400rpmまで任意の速度で、動作音を抑えつつ、高い冷却効果を得られます。

工具なしで取り付けられるモジュラーブラケットにより、インテル・AMD両方の主要CPUソケットに、手早く簡単に取り付けられるのも魅力。多彩なライティングが可能なRGB LED機能もおすすめポイントです。

エナーマックス(ENERMAX) RGB LED 水冷CPUクーラー LIQMAX III ELC-LMT120-HF

 

エナーマックス(ENERMAX) RGB LED 水冷CPUクーラー LIQMAX III ELC-LMT120-HF

リーズナブルな水冷型CPUクーラー。銅製受熱ベースの冷却フィンの中央に切れ目を設け、熱伝導率を高める特許技術「Shunt Channel Technology」を採用しているのが特徴です。独特形状のブレードを持つファンも相まって冷却性能を高めています。

PWM制御に対応した環境では500~2000rpmの範囲で風量を可変するので、効率的な冷却が可能です。また、劣化・水漏れ・揮発に強い長さ400mmの柔らかいラバーチューブを採用。ケース内でのCPUクーラー設置の自由度を高めています。

さらに、RGB LED sync対応のマザーボードとの接続で色彩豊かなイルミネーションが楽しめるのも魅力。対応ソケットもインテル・AMD合わせて16規格と、汎用性にも優れています。予算を抑えつつも内容の充実したCPUクーラーを求める方におすすめです。

クーラーマスター(COOLER MASTER) MasterLiquid Lite 120 MLW-D12M-A20PW-R1

クーラーマスター(COOLER MASTER) MasterLiquid Lite 120 MLW-D12M-A20PW-R1

独自の「デュアルチャンバーヘッド」を搭載した水冷型CPUクーラー。液冷ヘッド内部の冷却液を、熱い層と冷たい層の2層に分けることで冷却性能の向上とポンプの長寿命化を実現しています。

また、水冷ヘッドとラジエーターをつなぐチューブに、ゴム素材よりも耐久性の高いフッ素樹脂素材を採用。CPUクーラー全体を長く使えるよう配慮されています。

回転を緻密に制御し、負荷を緩和することで静音性を高める独自技術「Silent Driver IC」を採用したファンを搭載。動作時の最小騒音は6dBと静音性に優れているのも魅力です。

付属ブラケットを使用して、簡単に取り付けられるのもポイント。初めて水冷式CPUクーラーを購入する方にもおすすめしやすいリーズナブルな価格も魅力です。

CPUクーラーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

CPUクーラーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。