CPUは、PCパーツのなかでも特に発熱量が多いパーツです。性能をフルで発揮させるためには、効率的な冷却が必要。冷却システムの代表格であるCPUクーラーの交換が有効です。

静音性の高いモノやデザイン性に優れたモノなど多くの製品があり、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめのCPUクーラーをトップフロー・サイドフロー・水冷の3タイプに分けてご紹介します。

CPUクーラーの種類

トップフロー型

By: scythe.co.jp

トップフロー型は、CPUに対して風を上から下に吹き付けるタイプ。CPUに向かって上から風を当てるので、周辺のメモリやグラフィックボード、チップセットなども同時に冷却できるのがメリットです。

また、全体的に高さの低い製品が多く、サイドフロー型と比べて場所を取らないため、小さいPCケースに取り付けられます。一方、マザーボード全体を覆ってしまうので、メンテナンス性が低いのがデメリットです。

サイドフロー型

By: amazon.co.jp

サイドフロー型は、CPUに対して前から後ろに風を吹き付けるタイプ。PCケース内のフロントファンからリアファンまでのエアフローが乱れないので、効率よく冷却を行えるのが特徴です。

サイドフロー型は、トップフロー型よりもメンテナンスをしやすいのがメリット。一方で製品の高さがあるため、ミドルタワーやミニタワーPCケースに収められないこともある点に注意が必要です。

水冷型

水冷型は、冷却水が熱を吸収して冷却するタイプのCPUクーラーです。パーツは大まかに分けると、冷水ヘッド・チューブ・ラジエーターの3つ。ラジエーターにはファンが搭載されていますが、空冷型ほど強力である必要がないため、より高い静音性を実現します。

水冷ヘッド内の冷却水がCPUの熱を吸収し、チューブを通ってラジエーターまで移動。ラジエーターのファンが放熱を行い、冷えた冷却水が再び水冷ヘッドに戻る仕組みです。冷却水の量やラジエーターのサイズ、ファンの数などにより性能が変わります。

取り付け可能なPCケースの種類が比較的少なく、価格も高めではありますが、空冷型よりも冷却性能の高いモデルが多いのも特徴。負荷の多い作業をする方や高性能なプロセッサを使用している方におすすめです。

CPUクーラーの選び方

冷却性能をチェック

By: amazon.co.jp

冷却性能はCPUクーラーを選ぶうえで非常に大切。CPUの寿命にも直接関わってきます。空冷型の場合は、ヒートシンクを大きくすることにより効率よく熱を吸収。ファンに関しては大口径化のほか、数を増やすのも効果的です。

水冷型の場合はラジエーターの大型化に加え、空冷型と同じくファンを複数搭載することで冷却性能の向上を図れます。

静音性をチェック

CPUクーラーの性能において、冷却に次いで重要な静音性能。単純にファンが回転する音を抑えたモデルや、ファンの回転数をカスタマイズすることで静音性を高めるモデルがあります。音の大きさは、「dB(デシベル)」の数値が低いほど静か。最大数値が20~30dB程度であれば、あまり気にならないレベルといえます。

ファンの回転数は「rpm」といった単位で表記。1分間にファンが回転する回数を表しているので、rpm数値が大きいほど冷却性能とともに音の大きさも上がります。

基本的には冷却性能と動作音は比例するので、ファンの回転数をコントロールして音を抑えるモデルがおすすめ。より高度なカスタマイズを求める方は、CPUや冷却水の温度をモニタリングできるソフトを使用し、適した環境を構築してみてください。

固定方法をチェック

CPUクーラーの取り付け方法には、いくつかの種類があります。CPUクーラーとプレートでマザーボードを挟んで固定する「バックプレート式」は、工具を必要とするため脱着時に手間がかかりますが、しっかりとした固定が可能です。

「プッシュピン式」は、CPUクーラーに付いているピンを押し込んで固定するだけで簡単に取り付け可能。そのほかにも、ネジで固定するタイプやクリップレバーで固定するタイプなどがあります。バックプレート式以外は工具が不要。ピンなどのパーツが破損しやすいリスクを考慮しつつ、自分に合ったモノを選ぶのがおすすめです。

また、CPUソケットのタイプによっては、CPUクーラーの形状やピンの位置が異なります。マザーボードのスペックにあるCPUソケットタイプをチェックし、対応するモデルを選んでみてください。

MTTF(平均故障間隔)をチェック

By: amazon.co.jp

CPUクーラーを長持ちさせたい場合は、MTTFをチェックするのが大切です。MTTFは、CPUクーラーが故障するまでの平均時間を示す数値。いわゆる製品寿命で、数値が高いほど長く安全に製品を使えます。

空冷型と水冷型では、一般的に空冷型のほうが長寿命。水冷型の場合はポンプの寿命がファンよりも短いため、数年程度で交換になります。一方、空冷型のMTTFは5~20万時間と幅広く、長寿命モデルであれば10年以上使用可能です。

MTTFの数値が大きい製品は価格も高くなる傾向にありますが、自作PCの場合、CPUクーラーはCPUやマザーボードを買い替えても使用できるため、長い目で見るとお得。予算に余裕がある場合は、MTTFも重視してみてください。

ケースサイズやマザーボードに合ったモノを選ぼう

CPUクーラーは、性能が高くなるほどファンの数が増え、冷却機構が大きくなる傾向にあります。すでに使用しているPCケースやマザーボードがある場合は、対応可能なサイズの製品を選ぶのが大切です。

水冷型のCPUクーラーには、横幅が360mm以上の大型モデルも存在します。PCケースには設置できるCPUクーラーのサイズや数が記載されているため、事前に確認しておきましょう。

また、CPUクーラーは取り付けできるCPUソケットが決まっています。インテル・AMDのどちらか一方にしか対応しないケースもあるため注意が必要。これから自作PCを組む場合は、性能に応じたCPUクーラーが入るPCケースやマザーボードを選ぶのがおすすめです。

CPUクーラーのおすすめメーカー

サイズ(SCYTHE)

By: amazon.co.jp

CPUクーラーのメーカーとして高い知名度がある「サイズ」。ロングセラーモデルである「虎徹」を製造していることで有名です。サイズのCPUクーラーは耐久性や静音性に優れ、ファン回転数が低くても充分な冷却性能を発揮します。

空冷型のCPUクーラーに関してはラインナップが豊富。コスパを重視したリーズナブルなモデルから、高性能プロセッサ用のモデルまで選べるのが魅力です。

クーラーマスター(Cooler Master)

空冷型から水冷型まで幅広いラインナップを揃える「クーラーマスター」。トップフロー型・サイドフロー型・水冷型と、種類を問わず選べます。

空冷型の「MasterAir」シリーズや水冷型の「MasterLiquid Lite」シリーズなど、LEDライティング機能を搭載したモデルも人気。デザイン重視の方にもおすすめのメーカーです。

NZXT

「NZXT」は、水冷型のCPUクーラーをメインに製造しています。冷却性能と静音性ともに高い評価を得ているメーカーです。

CPUに装着する「CPUヘッド」は丸型デザインが特徴で、シンプルなNZXTのロゴをあしらったスタイリッシュなデザインが人気。性能だけでなく、PCパーツの見た目にこだわる方にもおすすめです。

コルセア(Corsair)

「コルセア」は、ポンプとCPUヘッドを一体化させた「簡易水冷型CPUクーラー」を豊富にラインナップ。コスパに優れたCPUクーラーが人気です。

搭載しているラジエーターはシングル・デュアル・トリプルとモデルによって異なり、PCケースのサイズやCPUのスペックに合わせて選択可能。水冷型CPUクーラーを初めて導入する方にもおすすめです。

CPUクーラーのおすすめモデル|トップフロー型

サイズ(SCYTHE) 超天 SCCT-1000

同社のロングセラー製品「虎徹」のトップフロー版として開発されたCPUクーラー。本体上面からマザーボードに風を当てられるため、CPU周辺のメモリも冷却できるのがメリットです。

本体には6mm径のヒートパイプを4本搭載。比較的リーズナブルながら優れた冷却性能を備えており、コスパを重視する方にもおすすめです。インテル・AMDのプラットフォームに対応しているため、すでに使用しているCPUがある方でも安心して使えます。

ファンには静音性に優れた高密度密閉型FDBを採用。MTTFは25℃環境で12万時間と長寿命なのもポイントです。取り付け方法は、インテルがプッシュピン式、AMDがフック式を採用しています。

クーラーマスター(Cooler Master) FN1174 RH-I50-20FK-R1

冷却性能に優れたPCパーツを多数開発しているクーラーマスターのCPUクーラー。全高60mmのコンパクトな作りで、小型PCケース用のCPUクーラーを探している方にぴったりの製品です。

放熱に適したアルミニウムフィンを採用しているのが魅力。ファン制御はできませんが、常に2000rpmの速い回転速度でCPUを冷却できます。手頃な価格ながら冷却性能が高いため、騒音があまり気にならない方やコスパを重視したい方にもおすすめです。

固定方法はネジ留め式。MTTFは28万時間です。対応ソケットはインテルのLGA1200・LGA1151・ LGA1150・LGA1155・LGA1156。AMDユーザーは別モデルを検討してみてください。

アイネックス(AINEX) Intel&AMD用 薄型CPUクーラー IS-30A

インテル・AMDのマルチソケットに対応したトップフロー型CPUクーラーです。全高30mmの薄型タイプで、Mini-ITXマザーボード、HTPCおよびSFFシステムなどに適しているのが特徴。直径6mmのヒートパイプを4本搭載しており、高い冷却効果が期待できます。

ネジ留め式でしっかり固定できるのもポイント。バックプレートを使用せずに取り付けられるため、周辺パーツと干渉しにくいのもメリットです。価格も安く、コスパに優れた製品です。

接続方法はPWM 4ピンコネクタタイプ。ファンの回転数を800~3600rpmの間で制御できます。回転数が低ければファンの振動や騒音も小さくなるため、静音性を重視したい方にもおすすめです。

アイネックス(AINEX) LGA115x用 LED CPUクーラー CC-06B

ファンにLEDを搭載したトップフロー型CPUクーラーです。サイドパネルが透明なゲーミングPCケースなどにおすすめ。色はブルーのみですが、CPUクーラーを光らせておしゃれに見せたい場合にぴったりの製品です。

全高は62mm。小型のPCケースでも取り付け可能です。銅コアが直接発熱部分を冷却するため性能も高く、PCでゲームをする場合でも快適に使えます。ファンの回転数は900~2200rpmで、PWM制御が可能です。

ノイズを最小限に抑えたモデルのため、ファンの騒音が気になる方にも適しています。対応ソケットはインテルのLGA1200・LGA1151・ LGA1150・LGA1155・LGA1156。買い求めやすい価格なので、コスパを重視する方もチェックしてみてください。

アイネックス(AINEX) Intel&AMD用 薄型CPUクーラー IS-40X-V2

小型PCケースを利用しているユーザーにおすすめのトップフロー型CPUクーラーです。高さ約45mmの薄型モデルで、Mini-ITX、HTPC、SFFシステムなどに適しています。リテールクーラーより省スペースで冷却できるのが魅力です。

インテル・AMDのマルチソケットに対応しているほか、Intel LGA1700にも対応。ヒートパイプは純銅性のモノを4本搭載しており、熱伝導率を高めるために銅を露出するなど工夫が施されています。

最新のCore i7~i9といったハイスペックCPUの冷却にはあまり向きませんが、ミドルスペックを定格利用するのであれば、十分な冷却性能を有するモデルです。価格が安く、デザインもシンプルなため、さまざまなPCに合わせやすいメリットがあります。

シルバーストーン(SilverStone) SST-NT09-115X

強化バックプレート設計が特徴のトップフロー型CPUクーラーです。マザーボードが歪むリスクを軽減し、CPUとの密着性も高めているのが魅力。押し出しアルミニウム製フィンを採用しており、放熱性能にも優れているおすすめの製品です。

ファンのサイズは92mm。静音性に優れているのもポイントです。全高が45mmのため、小型PCケースにも搭載可能。対応プロセッサはインテルのLGA1200・LGA1151・ LGA1150・LGA1155・LGA1156です。

サーマルテイク(Thermaltake) TOUGHAIR 110 CPUクーラー CL-P073-AL12BL-A

120mmの高静圧ファンを搭載したトップフロー型のCPUクーラーです。コンパクトなモデルで、小型PCケースなどにも使用できるのが魅力。CPUクーラーのサイズで悩んでいる方にもおすすめです。

空気を取りこむフィンが非対称構造に設計されているのもポイント。空気の乱れを減らし、熱を分散しやすくする工夫が施されています。ヒートパイプも直接CPUと接触する新設計が採用されており、冷却効率が期待できます。

ファンの回転数は最大2000rpm。MTTFは約40000時間です。年数にすると約4.5年となり、安価なCPUクーラーの寿命としては十分な数値といえます。ノイズも23.6dBとそこまで大きくないため、利用しやすいモデルです。

サーマルテイク(Thermaltake) Gravity i3 空冷CPUクーラー CL-P094-AL09WT-A

インテルLGA1700ソケット専用のトップフロー型CPUクーラーです。低電力CPU用に最適化されたモデルで、Core i3~i5あたりのローからミドルスペックのCPUを使用している方におすすめ。購入しやすい価格帯なのも嬉しいポイントです。

取り付け方法がバックプレート方式なのもポイント。着脱時にピンを折ってしまう心配がなく、ネジでしっかりと製品を固定できます。ファンサイズは92mm。低ノイズモデルのため、リテールクーラーの騒音が気になる方にも向いています。

PC内部で映える白いファンを採用しているのも魅力のひとつ。ただし、本製品は対応するCPUソケットが限られているため、注意が必要です。

CPUクーラーのおすすめモデル|サイドフロー型

サイズ(SCYTHE) 虎徹 Mark 2 SCKTT-2000

同社のCPUクーラー「虎徹」をモデルチェンジした人気のサイドフロー型CPUクーラーです。新型スプリングスクリューによるブリッジ式リテンションを採用しているのが特徴。従来品よりも取り扱いが簡単なおすすめモデルです。

6mm径ヒートパイプや120mmファンという基本性能は継承しており、冷却性能に優れているのもポイント。オフセットデザイン採用で、メモリなどと物理的に干渉するリスクも軽減しています。全高は154mmです。

MTTFは25℃環境で12万時間。最大回転数は1200rpmで、オーバークロックなど高負荷の作業を行う際もしっかりと冷却できます。インテル・AMDのソケットに対応しているのも魅力です。

サイズ(SCYTHE) 風魔弐 SCFM-2000

ツインタワー設計のサイドフロー型CPUクーラー。6mm径のヒートパイプと2つのブロックで、効率的に熱を放熱フィンに受け渡す構造です。ハイスペックPCにも使用可能。高負荷の作業を行う方にもおすすめです。

フロントに15mmファンを1枚、ミドルに25mmファンを1枚標準搭載しているのも特徴。それぞれが別方向に回転する2重反転方式を用いており、気流の乱れを低減できます。ファンの回転数は300~1200rpmです。

オフセットデザインを採用しており、メモリなどの周辺パーツに干渉しない工夫を施しているのもポイント。静音性にも優れています。インテル・AMDのプラットフォームに対応しているのもメリットです。

クーラーマスター(Cooler Master) Hyper H412R FN1179 RR-H412-20PK-R2

Micro ATXやMini-ITXに適したコンパクトタイプのCPUクーラーです。サイドフロー型ながら高さ136.5mmと低めなのが特徴。同一サイズモデルのなかでもコスパがよく、小型PCケース用のCPUクーラーを探している方におすすめです。

銅製ヒートパイプを4本搭載しているのもポイント。台座底面に設置されているためCPUと接触し、効率よく熱を吸収します。特殊デザインを施したアルミニウム製のフィンを採用しており、効率的に放熱を行えるのもメリットです。

固定するのに工具が必要ないのも魅力。バックプレート式で、インテル・AMD両方のソケットに対応しています。MTTFは4万時間です。

クーラーマスター(Cooler Master) Hyper 212 LED Turbo White Edition RR-212TW-16PW-R1

デザインにこだわりたい方向きのサイドフロー型CPUクーラーです。本体カラーがホワイトのため、PCパーツを白で統一している方におすすめ。ファンにはホワイトLEDを搭載しており、白い光がケース内で映えるおしゃれな製品です。

ブラケットデザインを採用しているので、ファンの付け替えや増設ができるのも魅力のひとつ。好みに合わせてファンを変更できます。取り付け方法はブラケット式で、インテル・AMDの両方に取り付け可能です。

また、冷却性能も考慮されており、PWM制御対応の120mmファンを2基搭載。600~1600rpmの回転速度に対応し、静音重視の低速回転から冷却重視の高速回転まで、用途に合わせて調節が可能です。

NZXT CPUクーラー 空冷 T120 RC-TN120

ヒートシンクのカラーまで統一されているおしゃれなサイドフロー型CPUクーラーです。カラーはホワイト・ブラックの2色展開。ファンの周りが光るRGB LED付きモデルもラインナップしています。バリエーションが豊富なため、見た目を重視したい方におすすめです。

ファンは120mmのモノを1基搭載。流体軸受けファンのため、冷却性と静音性に優れています。また、付属のクリップオンブラケットを使えばファンを追加できるのも嬉しいところ。用途に応じて、冷却性能や静音性を調節可能です。

ノイズレベルが最大30.6dBと比較的低いため、騒音が気になる方にもおすすめ。取り付け金具が付属しており、インテル・AMDの複数CPUに取り付けられます。

ディープクール(Deepcool) GAMMAXX GT A-RGB

A-RGB照明システムを搭載した、ゲーミング仕様のサイドフロー型CPUクーラーです。光り方を制御する有線コントローラーが付属しているのが魅力。マザーボード制御を行うための拡張ケーブルも含まれています。

PWM制御を行える120mmファンを搭載しているのもポイント。ファンの回転速度は500~1650rpmです。インテル・AMDの両方に対応するほか、複数のブラケットやバックプレートが付属しています。

デザイン性に優れているのも魅力。トップカバーに配置されたロゴはA-RGBで光ります。ゲーミングPCを自分好みに光らせたい方におすすめの製品です。

ディープクール(Deepcool) AK620 CPUクーラー R-AK620-BKNNMT-G

デュアルタワー構造を採用したサイドフロー型CPUクーラーです。回転効率に優れた120mmのFDBファンを2基搭載しており、最大熱放散能力は260W。オーバークロックを行う場合でも、十分に冷却できる性能を誇ります。

ファンの回転速度は500〜1850rpm。MTTFは約50000時間です。インテルとAMDのマルチソケットに対応しているほか、別売りのリテンションキットを使用すればLGA 1700にも取り付け可能。幅広いPCに使用できます。

また、全高を160mmに抑え、メモリと干渉するリスクを軽減しているのも嬉しいところ。黒を基調としたモダンなデザインも使いやすく、ファンを光らせたくない方にもおすすめです。

ノクチュア(Noctua) CPUクーラー NH-U12A

世界各国で評価されているノクチュアのCPUクーラーです。PWN120mmファンを2基搭載したハイスペックモデル。高性能とコンパクトさを兼ね備えたおすすめの製品です。

マザーボードを介してファンの自動速度制御を行えるため、静音性に優れているのもポイント。付属している低ノイズアダプターを使用すれば、最大ファン速度を2000から1700rpmに引き下げられます。

価格はやや高めですが、MTTFも15万時間と長いため、性能のいいCPUクーラーを長く使いたい方におすすめです。インテルおよびAMDソケットの両方に取り付けられます。

アイネックス(AINEX) 120mmファン搭載 CPUクーラー SE-224-XTA

手軽に取り付け可能なサイドフロー型CPUクーラーです。インテル・AMDソケットの両方に対応。少ないパーツで固定できるのがポイントです。リテンションキットと熱伝導グリスが付属しています。

本体の高さは154mm。コンパクトサイズのため、空間の狭い小型PCケースにも搭載可能です。6mm径ヒートパイプを4本備えており、CPUと直接接触して効率よく冷却します。

120mmファンの回転速度は700~1800rpm。PWM制御に対応しており、ファンの回転音が気になる方でも利用しやすい製品です。比較的手に取りやすい価格帯のため、予算を抑えたい方にも向いています。

アイネックス(AINEX) CPUクーラー SE-226-XT

6mm径銅製ヒートパイプを6本搭載した大型のサイドフロー型CPUクーラーです。内部には120mmファンを1枚搭載。200~1800rpmの回転とヒートパイプ、銅製ベースにより、効率的にCPUを冷却できます。

小型PCケースにも組み込めるよう工夫が施されているのもポイント。フィンをベースから後方にオフセットし、さらに下部をカットすることで、メモリやマザーボードと干渉するリスクを軽減しています。

取り付け方法はバックプレート方式で、インテル・AMDの両方に対応。高級感のあるデザインを採用しているのも魅力です。

オウルテック(Owltech) Silent Cooler V2 OWL-SC200V2

国内メーカーのオウルテックが開発しているサイドフロー型CPUクーラーです。可動式バックプレートを搭載しており、さまざまなCPUソケットに対応できるのが魅力。1枚のバックプレートでインテルのLGA1700およびLGA1200に取り付け可能です。

130mmの大型ファンを採用。冷却効果を最大限に引き出すため、ヒートシンクの幅がファンに合わせて設計されているのもポイントです。薄型設計のヒートシンクにより、メモリとの干渉リスクを軽減。「サイレントクーラー」という名前のとおり、静音性にも優れています。本体の高さは159mmです。

CPUクーラーのおすすめモデル|水冷型

クーラーマスター(Cooler Master) MasterLiquid ML360L V2 ARGB MLW-D36M-A18PA-R2

360mmの大型ラジエーターを搭載した一体型水冷CPUクーラーです。コスパに優れているのが魅力。ハイスペックCPUを冷却するために十分な性能を備えています。

従来品と比べて25%以上ラジエーターの表面積が拡大しているのもポイント。放熱性能も向上しており、高い冷却性能を期待できます。風量と風圧のバランスを重視した120mmファンが3基搭載されているのも魅力です。

ポンプのMTTFは7万時間。インテル・AMDの両方に対応しているため、さまざまなマザーボードで使いやすい製品です。

NZXT KRAKEN X53 RL-KRX53-01

アドレサブルRGB LEDを搭載したライトリングが特徴的な水冷型CPUクーラーです。ロゴの描かれたポンプヘッド部分には合わせ鏡が採用され、専用アプリから光り方をカスタマイズできます。

ラジエーターのサイズは汎用性の高い240mm。さらに、120mm PWMファンを2枚搭載しており、500~2000rpmの間で回転速度を調節できます。ポンプも静音モードを使用すれば静音化可能です。

ファンの部分は光らないため、ライティングを重視したい場合は注意が必要。派手な光り方が苦手な方は、本製品を検討してみてください。

NZXT 水冷CPUクーラー KRAKEN Z63 RGB RL-KRZ63

2.36インチのラウンドディスプレイを搭載した水冷式CPUクーラーです。ディスプレイは、画像やGIFなどを表示可能。グラフィックを90°ずつ回転できるため、取り付け時にヘッドの向きを気にしすぎなくていいのがメリットです。

本体には、280mmラジエーターとAer RGB LEDを搭載した140mmの大型ファンを2基搭載。冷却性能に優れており、本格的なゲーミングPCを組みたい方にもおすすめです。

また、チューブにはナイロンメッシュスリーブを採用しており、耐久性も期待できます。従来のインテル・AMDソケットのほか、リテンションキットを使用すればLGA1700にも対応できるため、幅広いPCで使用可能です。

コルセア(Corsair) iCUE H115i ELITE CAPELLIX 水冷式CPUクーラー CW-9060047-WW

280mmラジエーターを1基搭載した水冷型CPUクーラーです。互換性と冷却性能のバランスが取れた製品で、さまざまなPCケースに取り付けられるのが魅力。140mmファン2基とポンプヘッドを1基搭載しています。

ファンとポンプヘッドにはRGB LEDが搭載されており、色鮮やかなライティングを楽しめるのもポイント。付属の「iCUE Commander CORE」または専用ソフトウェアを使用すれば、ファンのスピードや光り方を制御できます。

ソフトウェアで「Zero RPM 冷却プロファイル」を使用すれば、低温時にファンの回転を完全停止できるため、静音性を重視したい方にもおすすめ。インテル・AMDソケットの両方に対応しています。

ディープクール(Deepcool) LS720 R-LS720-BKAMNT-G-1

120mmのA-RGB PWMファンを3基搭載した大型の水冷型CPUクーラーです。ラジエーターのサイズは360mm。負荷の高い作業を行うPCの冷却におすすめの製品です。

高性能ウォーターポンプを搭載しているのがポイント。冷却液の流れを最適化するので、マイクロチャネル設計が改善され、従来品よりも冷却性能が向上しています。ファンの回転速度も500~2250rpmと速いため、CPUを効率的に冷却可能です。

ポンプヘッドのデザインをカスタマイズできるのも魅力。ファンとヘッドにはLED RGBが搭載されており、好みに合わせてライティングを設定できます。インテル・AMDソケットの両方に取り付け可能です。

エムエスアイ(MSI) 簡易水冷CPUクーラー MEG CORELIQUID S360

高い冷却性能を有する水冷式CPUクーラーです。360mmラジエーターと120mmファンを3基搭載したハイエンドモデル。しっかりと放熱・冷却できるのがポイントです。取り付けはインテル・AMDの両方に対応しています。

ウォーターポンプにも60mmダウンドラフトファンが搭載されており、CPU周辺のメモリなどを一緒に冷却できるのも魅力。静音性に優れており、専用のソフトウェアを使用すれば静音設定などのカスタマイズも可能です。

ポンプブロックに2.4インチのIPSディスプレイが搭載されているのも特徴的。好きな画像を設定したり、天気予報や時計、ハードウェアモニターなどを表示したりできます。

エムエスアイ(MSI) MAG CORELIQUID 240R V2

冷却性能を重視したい方におすすめの水冷型CPUクーラーです。放熱性に優れた分流式水冷を採用しており、11世代Core i7やCore i9、Ryzen7-5800XなどのハイスペックCPUを冷やす場合に適しています。

ポンプの寿命が長いのも魅力。3部構造のモーターが振動を最小限に抑えます。また、ラジエーターにポンプが内蔵されているため、一般的なポンプよりも高い耐久性を保持しているのもポイントです。

2基の120mmファンとヘッドにはARGB LEDを搭載。独自ソフトウェアの「Mystic Light」を使用すれば、ライティングのカスタマイズも可能です。ただし、制御にはARGBマザーボードヘッダーが必要になるため、事前に対応しているか確認してみてください。

エイスース(ASUS) オールインワン液体CPUクーラー ROG STRIX LC II 240 ARGB

120mmのROG ARGBラジエーターファンを2基搭載した水冷型CPUクーラー。ポンプカバー部分にはROGシリーズの光るロゴマークが描かれています。スタイリッシュなデザインが魅力の製品です。

Aura Syncに対応しており、専用ソフトウェアを使用すればライティングのカスタマイズが可能。ファンは冷却性能を高めるために特別なチューニングが施されており、一般的なファンよりエアフローに優れています。

本製品はインテル・AMDの幅広いCPUソケットに対応。ラジエーターの大きさは小さめのPCケースでも設置しやすい240mmです。エイスースやROGシリーズでPCパーツを統一している方にもおすすめです。

エイスース(ASUS) 水冷CPUクーラー TUF Gaming LC 240 ARGB

エイスースのゲーミングブランド「TUF Gamingシリーズ」の水冷型CPUクーラーです。ラジエーターサイズは240mm。水冷型のなかでは手に取りやすい価格帯で、コスパに優れたおすすめの製品です。

耐久性の高さが魅力。ポンプ部分にはパワフルなモーターコイルと水冷液を送る大容量のインペラーが搭載されており、長寿命かつ高い冷却性能を実現しています。インテル・AMDソケットに対応しており、さまざまなCPUに取り付け可能です。

2基の120mmファンにもエアフローと静音性を高める工夫が施されており、ミドルスペックのゲーミングPC用に適しています。ヘッドやファンの光り方は専用ソフトウェアでカスタマイズが可能です。

CPUクーラーの売れ筋ランキングをチェック

CPUクーラーのランキングをチェックしたい方はこちら。