写真は印刷して思い出にしよう!

1回の旅行で何千枚もの写真を撮ることもめずらしくないスマートフォンカメラ。しかし貴重な写真までもが埋もれてしまって、とうとう日の目を見ることがなくなってしまうことも。やはりプリントして残すなら、みんなの目に触れて素晴らしい思い出に熟成されていくかもしれません。

それでもプリントが面倒なら、スマートフォンからその場でプリントできるミニプリンター、「Prynt Pocket」はいかがでしょうか? さっそくご紹介しましょう!

スマホをインスタントカメラに

SAKIDORIでも以前ご紹介した「Prynt Case」の第二世代に当たるのが、大幅にサイズダウンした、今回ご紹介するPrynt Pocket。Lightningポート経由で装着するだけでiPhoneを簡単にインスタントカメラに変身させてしまいます!

※現在のところPrynt PocketはiPhone 5以降のシリーズにのみ対応していますが、開発元のPryntによると、将来にはAndroidにも対応させる予定はあるようです。

プリントが楽しい!


Prynt Pocketを装着したiPhoneで撮影した写真をその場でプリントすることはもちろん、カメラロールやSNSの写真から選んでプリントすることも可能です。しかもプリントされた写真はシールにもなっているというのです! もう楽しすぎます!


チェキなどのインスタントカメラでもおなじみのインクの要らないプリント用紙が入ったカートリッジを採用したPrynt Pocket。iPhone内に溜める代わりにどんどんプリントする衝動に駆られそうです。

"動く"写真も作れる!

Prynt Pocketが楽しいのは、専用アプリを使って動画を埋め込んだ"動く"写真を簡単に作れるところ。プリントされた写真をスキャン、もしくはiPhone内の写真を選んで、別途撮影しておいた10秒間の任意の動画を埋め込みます。

それではその作った"動く"写真の楽しみ方をご説明。専用アプリをインストール、起動したどのスマートフォンでも、その写真にかざすと、画面に映った写真の中で動画が流れることに。これは楽しい!


専用アプリで、文字を入れたりフィルターをかけたりといった、編集をすることもできるPrynt Pocketは149.99ドルです!