写真の共有で収入ゲット!?

いつものようにSNSで写真を共有するだけでお金が稼げる!そんな夢のようなソーシャルプラットフォーム、Leafitが登場しました。自分が愛用している商品をシェアするだけでいいんです。

現在、世界中で利用されているSNS。ユーザーは20億にも上るそうです。フェイスブックをはじめ、ツイッター、インスタグラム、ピンタレストなど様々な媒体で、日々世界中の人がいろいろな商品の写真を投稿したり共有したりしています。

つまり、多くの人が知らないうちに、企業や生産者の強力な営業マンになっているということ。そこに目を付けたのがLeafitの開発者です。

意図していなくても、すでに広告塔として商品の宣伝活動を行っているとしたら、その報酬をもらえてもいいのでは?なんとも素晴らしい着眼点ですね。

Leafitの使い方

それではLeafitの使い方をご説明しましょう。と言っても、「写真を撮って、タグを付けて、共有する」だけ!

まずは、商品の写真を撮ります。その商品のウェブサイトから写真を取り込んでも構いません。

次にその商品のキーワードを入れつつ商品説明をします。実際に、営業マンになったつもりでセールスポイントをまとめましょう。

最後にLeafit上に写真を投稿して、友達と共有すれば完了です。ものすごく簡単ですね。

Leafitは、あなたがすでに持っているSNSのアカウントと連携するので、Leafit上に投稿するだけで、フェイスブックをはじめ、ツイッター、インスタグラム、ピンタレストなどの友達やフォロワーも写真を見ることができます。

さて、ここからが収入に繋がる段階です。あなたの友達が写真を見てクリックすると、提携している18,000社の中から最安値でその商品を販売しているサイトが表示されます。さらにワンクリックで購入可能。

友達が実際に商品を購入したら、その売上の一部があなたの元に。どれだけお金を得たか自動的にトラッキングできるので、やる気も出ますね。