まさに鬼に金棒。

タイミングの悪いときに起こりがちなiPhoneの充電切れ。その対策にモバイルバッテリーやバッテリーケースを使用している人も多いはず。でも、それらがバッテリー切れになるとお手上げです。

そこで登場したのが、それだけでも強力なツールであるバッテリーケースに充電器と充電ケーブルが内蔵された「鬼に金棒」級のEZ Charge Caseです! さっそくご紹介しましょう!

荷物減らしたい人必見!

icm5z2ho25qe7ecbd85a

EZ Charge Caseはバッテリーが搭載されない充電器とケーブルのみのものと、バッテリーが内蔵されている上位バージョンのEZ Charge Case Proの2バージョンでの展開。

k3itaogtjeiwnh1pf2vc

充電器を背面にはめ込み、ケーブルをケースそのものに巻き付けるスッキリ収納が素晴らしい! バッテリー関連の荷物をiPhoneそのものにまとめられるスグレモノです!

安心して使える!

ek8kqf5eqwxbimxvjlxe

EZ Charge Case/Proが優れているのは、定められた基準を満たし、MFi認証を取得している点です。何の心配もなく電源からバッテリーからの充電OK!(iPhone 6s、7シリーズに対応)

obg73odzja6ujyrjslrs
vyleixw256pctertfhag

iPhone 7のバッテリー容量の1960mAhに対して、EZ Charge Case Proには十分な容量である2,000mAhを搭載。当然充電しながら使用することができ、ケースそのものは耐衝撃性能も装備しているというから完璧です!

tcuojnlihwf2kfuls0hi
pmskmtviq5dltfda8wsw

ホワイト、グレー、ブラックのカラーが入手可能なEZ Charge Case ProはIndiegogoで45ドル!(EZ Charge Caseは25ドル)そのiPhone、もっと便利にしてみませんか?