ギターやボーカルなどの音をパソコンに録音したい場合に便利な「オーディオインターフェイス」。最近ではゲーム実況や「歌ってみた」動画の配信などにも使用されており、人気を高めている機材です。

しかし、多くのメーカーから幅広いモデルが発売されており、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回は、おすすめのオーディオインターフェイスをご紹介します。選び方のコツも参考にしてみてください。

オーディオインターフェイスとは?

By: amazon.co.jp

オーディオインターフェイスは、マイクや楽器などをパソコンに接続するために使用する機材です。パソコンにボーカルや楽器で演奏した音を取り込み、DAWソフトを使用して楽曲制作をしたい場合に欠かせないアイテム。マイクや楽器のアナログ信号をデジタルに変換して、パソコンに出力します。

また、パソコンに保存されている曲をスピーカーに出力したい場合にも使用可能。録音および再生を高音質で行いたい場合に使用する機材です。

オーディオインターフェイスが必要な理由

By: amazon.co.jp

ボーカルやギター、シンセサイザーなどの音をパソコンに取り込んだり、パソコンに録音されているサウンドを外部スピーカーに出力したりする際に使用するオーディオインターフェイス。パソコン本体に搭載されているマイク入力やヘッドホン端子でも録音や再生が行えますが、音質は低めです。

また、DTMで音質にこだわって楽曲制作を行いたい場合はもちろん、臨場感あるサウンドで音楽を鑑賞したい場合にもオーディオインターフェイスの利用がおすすめ。高音質な配信を実現できます。ノイズの低減も期待できるので、クリアな音声を録音および配信したい場合にも利用を検討してみましょう。

オーディオインターフェイスとミキサーの違い

By: amazon.co.jp

オーディオインターフェイスはパソコンに音声を録音するための機材ですが、「ミキサー」はボーカルやギターなど複数のサウンドを混合して出力する機器です。ミキサー機能のみを備えた機材では、パソコンへの高音質録音を行えない場合もあるので注意しましょう。

オーディオインターフェイスには、ミキサー機能を搭載しているモノもあります。同時に入力できる音声数は製品ごとに異なるので、購入する際は事前にしっかりと確認しておくのがおすすめです。

オーディオインターフェイスの選び方

WindowsかMacか対応OSをチェック

By: amazon.co.jp

オーディオインターフェイスを購入する際は、接続するパソコンに対応しているモデルを選択するのが重要です。所有しているパソコンのOSを確認し、オーディオインターフェイスが対応しているか事前にチェックしておきましょう。

パソコンに採用されているOSは、WindowsとmacOSが主流ですが、最近ではiOSに対応したオーディオインターフェイスも販売されています。iPhoneやiPadを利用して手軽にDTMや配信を楽しみたい場合には、iOSで利用できる製品もおすすめです。

また、オーディオインターフェイスによっては、複数のOSに対応しているモデルも存在します。Windows・macOS・iOSの3種類で使用できる製品であれば、接続する機器を切り替えてフレキシブルに利用できます。

PCとの接続方法をチェック

USB接続

By: amazon.co.jp

オーディオインターフェイスをパソコンに接続する際は、「USB接続」を利用するのが一般的。USB端子は多くのパソコンに搭載されているので、USB接続式のオーディオインターフェイスは幅広い製品に対応できます。

ただし、USBには2.0・3.0・3.1などの規格があるので注意が必要。USB2.0で480Mbps、3.0で5Gbps、3.1で10Gbpsと、規格ごとに転送速度が異なります。転送速度に優れたモデルほど高音質な音声データを伝送可能。購入する際はスペック表を事前に確認しておきましょう。

また、転送速度に優れたUSB規格を利用するには、オーディオインターフェイスだけでなくパソコンも対応している必要があります。オーディオインターフェイスを購入する際は、所有しているパソコンのスペックもチェックしておくのがおすすめです。

Thunderbolt接続

By: amazon.co.jp

Thunderboltは、インテルとAppleが共同で開発したデータ転送規格のこと。Thunderboltの規格には1~4まで存在し、数値が高いほど最大転送速度に優れています。Thunderbolt 1の転送速度は10Gbps、2で20Gbps、3および4では40Gbpsです。

Thunderbolt 3や4の端子形状はUSB Type-Cと共通ですが、規格は異なるので注意が必要。購入前にスペック表をしっかりと確認しておきましょう。

入出力端子の種類と数

フォン端子

By: amazon.co.jp

「フォン端子」は、多くの音響機器に搭載されている入出力端子です。ヘッドホンの接続端子にも採用されている傾向があります。ギターやベースなどの楽器をオーディオインターフェイスに接続する際に使用し、RCA端子よりもノイズが発生しにくい端子です。

フォン端子には、ステレオ(TRS)とモノラル(TS)の2種類が存在。ヘッドホンにはステレオのフォン端子が採用されていますが、楽器を接続する場合にはモノラルのフォン端子を使用するのが一般的です。

キャノン端子

By: amazon.co.jp

「キャノン端子」はXLR端子とも呼ばれており、業務用の音響機材に採用されている傾向のある入出力端子です。オーディオインターフェイスにマイクを接続する際に使用する頻度の高い端子ですが、DJミキサーを接続する際にも利用されます。

キャノン端子は、コネクターの形状にメスとオスがあるので注意が必要。マイク側にはメスのコネクターを接続し、オーディオインターフェイスにはオス側のコネクターをつなぐ仕様です。

コンボジャック

By: amazon.co.jp

「コンボジャック」は、フォン端子とキャノン端子の両方を接続できる入力端子です。中央にフォン端子を差し込む穴を配置し、外側の溝がキャノン端子に対応するのが特徴。接続する機材や楽器を変更し、パソコンに取り込む音を適宜選択できるのがメリットです。

また、コンボジャックを備えているオーディオインターフェイスであれば、マイク・ギター・ベース・シンセサイザーなど幅広い楽器を接続できます。

MIDI端子

By: amazon.co.jp

MIDIは、演奏データをデジタル伝送するための規格。MIDI端子には、5ピンのDINコネクターを備えたケーブルを接続します。

パソコンと電子楽器の間でMIDIを利用して演奏データをやり取りする場合には、MIDIインターフェイスが必要。ただし、MIDI端子を備えているオーディオインターフェイスを導入すれば、MIDIインターフェイスがなくてもパソコンと電子楽器の間で演奏データを伝送できます。

DAWソフトを利用して楽曲制作する際に、MIDIキーボードを利用したい場合にも便利。また、自分で演奏したデータをDAWソフトに反映したい場合にもおすすめです。

音質は「サンプリングレート」と「ビット深度」をチェック

By: amazon.co.jp

DTMなどに使用するオーディオインターフェイスは、製品によって音質が異なります。音質レベルを確認したい場合には、スペック表の「サンプリングレート」と「ビット深度」を確認してみましょう。

サンプリングレートとビット深度はbitとkHzといった単位で表記されており、数値が高いほど音質に優れています。ただし、オーディオインターフェイスは、高音質なモデルほど価格も高くなります。購入する際は、音質とあわせて予算も検討しましょう。

用途に合わせた機能をチェック

コンデンサーマイクを使うなら「ファンタム電源」搭載モデルを

By: electori-br.jp

「ファンタム電源」は、コンデンサーマイクやアクティブタイプのダイレクトボックス(DI)に給電するために使用する電源。48Vのモデルが一般的です。

ダイナミックマイクであれば電源は必要ありませんが、コンデンサーマイクには電源が必要なので注意。コンデンサーマイクは高音質かつ高感度な製品が多く、ボーカルやナレーションなどのレコーディングにおすすめです。

ギターやベースを使うなら「Hi-Z端子」が必要

By: steinberg.net

ギターやベースをオーディオインターフェイスに直接接続するのであれば、「Hi-Z端子」を備えているモデルを選ぶ必要があります。パッシブピックアップを搭載したギターやベースを一般的な端子に接続すると、微弱な信号を増幅させるためにノイズも発生してしまうので注意しましょう。

デジタルとアナログの音源をミックスして使うなら「ループバック機能」

By: roland.com

「ループバック」とは、オーディオインターフェイスに接続したマイクや楽器のサウンドとパソコンで再生する音を組み合わせて出力できる機能。オーディオインターフェイスにマイクを接続した場合、通常はマイクでキャッチした音のみが出力されます。

ループバック機能を搭載している製品であれば、ゲーム実況に効果音をプラスしたり、配信のバックにBGMを流したりすることが可能。音楽制作に使用する場合には、パソコンに録音しているサウンドにあわせて歌ったり、楽器を演奏したりする際に利用できます。

付属DAWソフトをチェック

By: amazon.co.jp

パソコンを使用して楽曲を制作する際は、DAWソフトを使用するのが一般的です。DAWソフトを所有していない場合には、DAWソフトを搭載したオーディオインターフェイスが便利。別途DAWソフト購入する場合には手間やコストが省けるので、これから音楽制作を始める方にもおすすめです。気になる方はチェックしてみてください。

オーディオインターフェイスのおすすめメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

By: amazon.co.jp

1987年に設立された「ヤマハ」は、オーディオ機器だけでなく、楽器なども取り扱っている日本国内のメーカーです。シンセサイザーやMIDIインターフェイスなども製造。DTMで楽曲制作を行う場合はもちろん、配信用の機材メーカーとしても人気を集めています。

ヤマハが製造するオーディオインターフェイスは、「AG Series」が有名。アナログミキサーのような外観を有しており、操作性に優れているのが魅力です。

スタインバーグ(Steinberg)

By: amazon.co.jp

「スタインバーグ」は、1984年に設立されたドイツのソフトウェアメーカーです。「CUBASE」や「NUENDO」などのDAWソフトで有名ですが、オーディオインターフェイスも多数のモデルを展開しています。

コンパクトで携帯性に優れたモデルや配信用に使いやすいモデル、本格的な楽曲制作に使用できるモデルなど、豊富にラインナップしているのでおすすめです。

モツ(MOTU)

By: motu.com

アメリカのマサチューセッツ州に本社を構える音楽関係のソフトウェアメーカーです。多数のオーディオインターフェイスやMIDIインターフェイスを取り扱っていることでも有名。DTM用や配信用に便利なオーディオインターフェイスだけでなく、業務用で使用する製品も展開しています。

モツのオーディオインターフェイスは、ラインナップが豊富。使用用途や好みにあうモデルを選びやすい点もおすすめです。

オーディオインターフェイスのおすすめ|配信向け

ヤマハ(YAMAHA) ライブストリーミングミキサー AG03 MK2

アナログミキサーのようなデザインを採用しているオーディオインターフェイスです。フェーダーやつまみなどの物理操作子を多数備えているのが特徴。配信中のマイクミュートやリバーブのオンオフも直感的に操作できます。

また、Loopback機能を備えているのもポイント。BGMや効果音などをパソコンで再生して配信に追加できます。パソコンとの接続にはUSB Type-C端子を使用。安定した動作や音質の向上が期待できます。

さらに、音域ごとのバランスを調節するイコライザーやギターアンプのサウンドを再現するアンプシュミレーターを搭載しているのもメリット。ギターを弾きながら歌ってみた系の動画を配信する場合にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) ライブストリーミングミキサー AG06 MK2

2本のマイクを同時に使用できるオーディオインターフェイスです。コンボジャックを2基搭載しているのが特徴。コンデンサーマイクを2本接続できるほか、マイクとギターを同時に使用したい場合にも便利です。

また、マイクで入力した音を簡単にミュートできるのもポイント。別売りのフットスイッチ「FC5」を利用すれば、足を使ってミュートやリバーブのオンオフがコントロールできます。

さらに、「AG Controller」と呼ばれるアプリで設定できるのも魅力。Windows・macOS・iOSなどのOSに対応しており、幅広い機器から音声の確認や設定が行える点もおすすめです。

ベリンガー(BEHRINGER) UM2 U-PHORIA

48Vのファンタム電源を搭載しているオーディオインターフェイスです。感度の高いコンデンサーマイクを接続する場合に便利。キャノン端子とフォン端子の両方が使用できるコンビジャックを備えているほか、RCA端子も搭載されています。

本体サイズは幅128×高さ46.45×奥行118mmと比較的コンパクト。設置するスペースが限られている場合にもおすすめです。パソコンとの接続にはUSBケーブルを利用。USBバスパワーに対応しており、別途電源アダプターを使う必要ない点も魅力です。

また、リーズナブルな価格で購入できるのもメリット。コスパに優れたオーディオインターフェイスを求めている場合にも適している製品です。

ユニバーサルオーディオ(UNIVERSAL AUDIO) オーディオインターフェース VOLT 176

幅広い用途に使用できるオーディオインターフェイスです。配信用としてはもちろん、DTMで使用する場合にもおすすめ。Windowsパソコンのほか、MacやiPad、iPhoneとの接続にも対応できます。

また、スタジオレベルのサウンドクオリティを備えているのもポイント。音質にこだわって動画配信を行いたい場合にも便利です。さらに、「ヴィンテージマイクプリアンプ・モード」が利用できるのもメリット。独自のチューブシュミレ―ション・サーキットが内蔵されており、豊かなサウンドを実現します。

筐体には堅牢性に優れたオールメタル構造を採用。長期間使用しやすいオーディオインターフェイスを求めている方にもおすすめです。

タスカム(TASCAM) MiNiSTUDIO PERSONAL US-32

インターネットを利用した生放送用に設計されているオーディオインターフェイスです。歌ってみたやアバターを使った配信に便利なエフェクト機能を備えているのが特徴。リバーブやボイスエフェクトなどを簡単に使用できます。

また、テレビやラジオのように効果音を簡単に挿入できるのもポイント。「PON出し機能」を利用すれば、ボタンを押すだけでエフェクトや効果音などの演出が行えます。

さらに、iOSデバイスに対応しているのもメリット。iPadやiPhoneなどを使った配信を行う場合にもおすすめです。

ローランド(Roland) GO:MIXER PRO-X

モバイルデバイスを利用して動画を配信したい場合に便利なオーディオインターフェイスです。YouTube・Instagram・TikTokなど幅広いストリーミングサービスに対応しているのが特徴。プラットフォームを選ばず、高音質で配信できるのが魅力です。

モノラルおよびステレオの楽器入力やキャノン接続のマイクなど、多彩な入力端子を備えているのもポイント。マイクや楽器などを接続し、上部に配置されているつまみを回すだけで直感的にコントロールできます。

さらに、ループバック機能が利用できるのもメリット。パソコンでBGMを流しながら配信が行えます。また、前面にヘッドホン端子を2基搭載。片方をマイク入力端子として使用できます。

ローランド(Roland) GO:LIVECAST

動画配信が手軽に行えるオーディオインターフェイスです。iOSやAndroidなどのOSに対応しているのが特徴。スマホやタブレットを使って動画配信する場合にも便利です。

上部に備えている6つのボタンは、好みにあわせてカスタマイズが可能。BGMや効果音を流すほか、2台のスマホをワイヤレス接続してカメラを切り替える際にも使用できます。

また、著作権フリーのBGMを収録したアプリが利用できるのもポイント。拍手や笑い声など、配信を盛り上げるサウンドが含まれている点もおすすめです。

プリソーナス(PreSonus) Revelator io44

ループバック機能を搭載しているオーディオインターフェイスです。複数のソフトで再生するサウンドをミックスすることが可能。マイクや楽器などの音に加えて、パソコンから再生したBGMや効果音を2系統まで同時に使用できます。

また、設定が簡単に行えるのもポイント。「ストリーム・ミックス出力」を使ってミックスを作成したら、所有しているストリーミング用のソフトでソースとして選択するだけで動画配信環境が整います。

さらに、各種エフェクターを搭載しているのも魅力。明瞭度を高めるハイパス・フィルターやノイズを抑えるゲート、音量を均一化するコンプレッサーなどが利用できるのもおすすめです。

LINE 6 マイク内蔵オーディオインターフェイス SONIC PORT VX

コンデンサーマイクを3基内蔵しているオーディオインターフェイスです。別途コンデンサーマイクを購入する手間やコストを削減できるのが魅力。ボーカルだけでなく、楽器の音も簡単に録音できます。

また、幅広いOSに対応しているのもメリット。Windowsパソコンのほか、OSにmacOSやiOSを採用した機器とも接続できます。iPhoneとの接続用にLightningケーブルが同梱されている点も魅力です。

さらに、DAWソフトのGarageBandが付属しているのもポイント。楽曲制作に利用できます。

アイケーマルチメディア(IK MULTIMEDIA) iRig Stream

ストリーミング配信用に設計されているオーディオインターフェイスです。インスタライブやYouTube Liveなどのストリーミングサービスに対応しているのが特徴。iPhoneやiPad、Androidデバイスとの接続も簡単に行えます。

本体はコンパクトながら、24bit/48kHz対応のコンバーターを内蔵。クリアなサウンドを実現しています。また、ループバック・スイッチを備えているのもポイント。接続した機器で再生したサウンドを簡単に入力信号にミックスできます。

さらに、入出力に対応したヘッドホン端子を搭載しているのもメリット。ヘッドセットを利用した入力ができる点もおすすめです。

オーディオインターフェイスのおすすめ|DTM向け

スタインバーグ(Steinberg) オーディオインターフェイス UR22C

比較的コンパクトなデザインを採用しているオーディオインターフェイスです。本体サイズは幅159×高さ47×長さ159mm。デスク上にすっきりと設置できるだけでなく、鞄に入れて持ち運びやすい点も便利です。

パソコンとの接続にはUSB Type-C端子を利用。USB 3.0規格に対応しており、高音質な音声データを伝送できます。また、「VST インストゥルメント」や「ループセット」が付属しているのもポイント。楽曲制作に使用する音源を求めている場合にもおすすめです。

スタインバーグ(Steinberg) USBオーディオインターフェイス UR242

原音に忠実なサウンドをキャッチする「D-PRE マイクプリアンプ」を内蔵したオーディオインターフェイスです。マイクはXLRケーブル、楽器類はフォンケーブルで接続できるコンボジャックを備えています。

また、INPUT 1は、ギターやベースを接続してスイッチだけでHi-Z端子としても使用可能です。USBの規格は2.0に対応。高速かつ安定したデータ転送を実現しています。

モツ(MOTU) オーディオインターフェイス M2

ハイエンドモデルにも採用されているESS Sabre32 Ultra DACテクノロジーを搭載したオーディオインターフェイスです。メイン出力で120dBのダイナミックレンジを実現しているのが特徴。クオリティの高いサウンドが期待できます。

また、100種類以上のバーチャルインストゥルメントが付属しているのもポイント。ピアノ・ギター・ドラム・ベースなど、多種多様な楽器のバーチャルインストゥルメントを楽曲制作に利用できます。

さらに、背面にMIDI端子を備えているのもメリット。MIDIインターフェイスとして使用できるので、幅広い用途で活躍します。

フォーカスライト(Focusrite) Scarlett 2i2

「Air」機能を搭載したマイクプリアンプを内蔵しているオーディオインターフェイスです。Air機能をオンにすると、明るく輝きのあるボーカルを録音できるのが特徴。高性能な24bit/192kHzのコンバーターも備えており、スタジオクオリティの録音・ミックス・再生が実現できます。

また、「イージースタート」機能が利用できるのもポイント。セットアップやレコーディング、再生などが数分で簡単に行えるので、DTM初心者にもおすすめです。

さらに、iPadと接続して使用できるのもメリット。Garageband・Cubasis 2・Auria Proなど幅広い音楽制作ソフトに対応している点も魅力です。

ユニバーサルオーディオ(UNIVERSAL AUDIO) APOLLO TWIN X

Thunderbolt 3でパソコンと接続するタイプのオーディオインターフェイスです。OSは、WindowsとmacOSの両方に対応しています。Unison対応のマイクプリアンプを2基搭載しているのも特徴。ヴィンテージアンプのツヤのあるサウンドが楽しめるのも魅力です。

また、多種多様なアナログエミュレーションプラグインが同梱されているのもポイント。あたたかみのあるアナログサウンドを好む方にもおすすめです。

プリソーナス(PreSonus) AudioBox GO

リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたオーディオインターフェイスです。本体サイズは幅108×高さ44×奥行84mmとコンパクト。重量も240gと軽く、スタジオやライブハウスに持ち運んで使用する場合にも便利です。

また、PreSonusの「XMAX-Lプリアンプ」を採用しているのもポイント。ノイズを抑えたクリアなサウンドが録音できます。前面に配置されている大型のつまみでは、ボリュームの調節が可能。ヘッドホン出力端子も備えており、レコーディング時のモニタリングができる点もおすすめです。

アポジー(APOGEE) Symphony Desktop オーディオインターフェイス

ラックマウントタイプと同レベルのサウンドクオリティを備えている製品です。10in14outのオーディオ入出力が同時にできるにもかかわらず、比較的コンパクトな筐体を実現しているのが特徴。デスク上にもすっきりと設置できます。

また、タッチスクリーン・ディスプレイを採用しているのもポイント。パソコン上での操作だけでなく、ハードウェア本体を直接操作できます。直感的に操作したい方にもおすすめです。

AUDIENT USBオーディオインターフェイス iD44

20in24outの入出力に対応したオーディオインターフェイスです。4系統の「class-AAudientコンソールマイク・プリアンプ」や高品位な24bit/96kHzコンバーターを搭載しているのが特徴。クオリティの高いサウンドが楽しめます。

また、独立した回路を採用しているヘッドホン出力端子を備えているのもポイント。ヘッドフォン出力用のDACが内蔵されており、モニター時の音質を向上させているのも魅力です。

RME Babyface Pro FS

最新テクノロジーを注ぎ込んで製造されているオーディオインターフェイスです。ジッターと呼ばれる信号波形の揺らぎから受ける影響を抑え、クロック同期を安定させているのが特徴。クリーンなサウンドを実現しているのが特徴です。

また、ヘッドホン出力は、フォン端子とミニジャック端子の2種類を搭載。ハイインピーダンスのヘッドホンだけでなく、ローインピーダンスのインイヤーモニターを利用できる点もおすすめです。幅広い種類のヘッドフォンと接続できます。

アンテロープオーディオ(ANTELOPE AUDIO) Discrete 4 Pro Synergy Core

豊富な接続端子を備えているオーディオインターフェイスです。パソコンとの接続は、USBとThunderboltの両方に対応。音声入出力用の端子も多数搭載しており、複数のマイクや楽器を接続できます。

音質はクリアな高音が特徴。広大なステレオイメージを実現したサウンドは、深みがあるだけでなく細部までしっかりと表現されている点もおすすめです。

オーディオインターフェイスの売れ筋ランキングをチェック

オーディオインターフェイスのランキングをチェックしたい方はこちら。