トレンドアイテムとして注目される期間を経て、今や定番ボトムスの仲間入りを果たした「ワイドパンツ」。ほどよいリラックス感を演出できるゆるめシルエットと、締めつけ感の少ない楽な着心地が魅力です。

今回は、種類が豊富なワイドパンツのなかから特におすすめのアイテムをご紹介します。ワイドパンツの選び方や、着こなしのお手本となるメンズコーデのポイントも詳しく解説。ぜひチェックしてみてください。

おしゃれな着こなしが叶うワイドパンツの選び方

シルエットをチェック

ワイドパンツを着こなすポイントは、だらしなさを感じさせないように注意すること。おしゃれなリラックス感を演出するにも、アイテムのシルエットをしっかりチェックしてみてください。

ワイドすぎないパンツを選ぶ

By: rakuten.co.jp

ワイドパンツとひと口にいっても、少しだけワイド感のあるアイテムから非常に幅広なモノまで、種類はさまざまです。初心者でもおしゃれにスタイリングしやすいのは、ワイドすぎないアイテム。見るからに「ダボダボ」感のあるアイテムは避けて、ワイドながらもキレイなシルエットが備わったモノをチョイスしましょう。

丈の長さを意識する

By: zozo.jp

丈の長さも、ワイドパンツをおしゃれに着こなす際の大切なポイントです。短すぎると浮いてしまい、子供っぽく見えやすいのが懸念点。また、長すぎるとコーデが野暮ったく見えるだけでなく、だらしない印象を与えてしまう場合もあります。

おしゃれに着こなせるおすすめの丈感は、くるぶしに少しかかる程度。数cmの違いで印象が大きく変わるので、手持ちのパンツ丈を測るなどして確認し、自分にぴったりの1着を見つけてみてください。

スタイルアップを狙うならテーパードがおすすめ

By: amazon.co.jp

ワイドパンツの着こなしに慣れていない方には、テーパードのアイテムがおすすめ。裾にかけて細くなっていくシルエットが、コーデにきちんと感をプラスします。アンクル丈のアイテムなら、さらにクリーンな着こなしが可能です。

膨張色やビビッドカラーは避ける

By: zozo.jp

ボトムスのなかでも、インパクトの強いワイドパンツ。膨張色である淡めカラーや主張の強いビビッドカラーは着こなしの難易度が高いため、避けるのが無難です。

一方、定番カラーの黒やネイビー、濃いグレーなどはコーデへの汎用性が高く、初心者にもぴったり。カジュアル派の方には、カーキやベージュなどもおすすめです。

テイストに合った素材を選ぶ

ワイドパンツの素材は、ナイロンやコットンなど製品によってさまざま。また、シンプルなデザインであればあるほど、素材感がアイテムの印象を大きく左右します。より自分のコーディネートに取り入れやすいモノを見つけるためにも、使われている素材をしっかりチェックしておきましょう。

カジュアルファッションにはデニム

By: zozo.jp

カジュアル派の方は、デニム生地のワイドパンツを1本持っておくのがおすすめ。汎用性が高いのはもちろん、いつものジーンズの代わりに投入するだけで、新鮮さをプラスできるのがメリットです。

ラフになりすぎないよう、濃いインディゴカラーなど落ち着いた色味のモノをチョイスしてみてください。

キレイめコーデにはさまざまな素材のスラックス

By: zozo.jp

キレイめコーデに合わせるなら、センタープレスの入ったスラックスタイプのワイドパンツがおすすめ。春夏ならコットンやリネン、秋冬はウールやコーデュロイ、ツイード素材などを選んでみましょう。季節感を楽しむのも、おしゃれな着こなしにおける大切なポイントです。

ワイドパンツのおすすめモデル|カジュアル

ビームス(BEAMS) リネン 2プリーツ アンクル

リネンとコットンをミックスした、抜け感のある生地で仕立てられたワイドパンツ。腰回りにゆとりを持たせており、リラックス感のあるデザインを好む方におすすめです。

ウエストはイージー仕様で、ストレスフリーな穿き心地が魅力。カラーリングにはシックな印象のブラックと軽やかさのあるベージュが用意されています。

ビームスハート(BEAMS HEART) バルーン デニムパンツ

ライトオンスのデニム生地を使用した、春夏シーズンのコーディネートで重宝するワイドパンツ。太もも周りにゆとりを持たせながらも、膝下から裾は細く絞ったバルーンシルエットが特徴です。

Tシャツやスニーカーを合わせてラフに穿きこなすのがおすすめ。カラーリングには抜け感のあるブルーなどが用意されています。

グラミチ(GRAMICCI) ルーズテーパードパンツ

テーパードシルエットのワイドパンツ。ヒップや太もも周りにはゆとりを持たせつつも、膝下から裾を細く絞っています。裾丈は短めで、ボリューム感のあるスニーカーと合わせやすいアイテムです。

ウエストはイージー仕様で、付属のベルトで調節が可能。耐久性が高く激しい動きにも対応できるコットンツイル生地を採用しており、アウトドアシーンでも重宝します。

スティーブン・アラン(Steven Alan) 12oz DENIM NOPLEATED TROUSERS

程よい厚みのデニム生地を使用しているため、オールシーズンにわたって着用できるワイドパンツ。裾幅を絞ったテーパードシルエットで、穿いた際にすっきりとして見えるアイテムです。

センタープレスが入っており、キレイめなコーディネートにも合わせやすいのがポイント。深みのあるネイビーや軽やかなナチュラルといったカラーリングが用意されています。

フォークアンドスプーン(FORK&SPOON) ワイドバルーンパンツ

曲線的なシルエットが特徴のサーカスパンツをデザインソースにしたワイドパンツ。上質なオックス生地を使用しており、カジュアルながらも気品のあるデザインが魅力です。

存在感があるため、カットソーやシャツとラフに合わせるだけでもさまになるのがポイント。穿き心地は軽やかで、春夏シーズンのコーディネートで重宝するアイテムです。

ジャーナルスタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relume) CALIFORNIA シェフパンツ

太すぎない絶妙なサイズ感が特徴のワイドパンツ。幅広いコーディネートに合わせやすいアイテムです。裾に向かってテーパードをかけることで、すっきりとしたシルエットに仕上げています。

ウエストにはドローコードを搭載しており、リラックス感のある穿き心地が魅力。インパクトのあるブルーやレッドを含んだ、豊富なカラーバリエーションが取り揃えられています。

コーエン(coen) マイクロリップカーゴパンツ

小さな格子状が特徴のマイクロリップストップ生地で仕立てられたワイドパンツ。光沢感やシャリ感が印象的で、肌触りが軽く夏場に重宝するアイテムです。

両サイドに大きなポケットがあしらわれており、収納力の高さが魅力。裾にはドローコードを搭載しているため、シューズやソックスに合わせてシルエットを変更できます。

シップス(SHIPS) テック ツイード リラックス イージーパンツ

起毛感のあるツイード生地を使用した、あたたかな雰囲気のワイドパンツ。自宅での洗濯機洗いが可能で、ケアのしやすさを重視する方におすすめです。

総ゴム仕様のウエストにはドローコードを備えているため、ベルトなしで着用できるのがポイント。だらしなく見えにくい絶妙な太さに仕上げており、さまざまなコーディネートに取り入れやすいアイテムです。

グローバルワーク(GLOBAL WORK) エアかるイージーパンツ

スマートに着こなせるワイドパンツです。裾に向かってテーパードがかかっているのが特徴。レングスの長さはアンクル丈で、足元がすっきりとして見えます。

軽量でストレッチ性や速乾性に優れたオリジナル素材を使用しており、快適に穿けるのも魅力。カーキ・ブラック・ダークグリーンなどを含んだ、豊富なカラーバリエーションが取り揃えられています。

アダムエロペ(ADAM ET ROPE’) RIRANCHA 吸水速乾 ワイド テーパード アンクルパンツ

独特のシャリ感が印象的なポリエステル生地を使用したワイドパンツ。吸水速乾性・伸縮性に優れているうえにシワになりにくく、機能性を重視する方にもおすすめです。

ウエストにゆとりを持たせつつも裾に向かって絞りを入れた、美しいテーパードシルエットが特徴。裾丈はやや短めで、さまざまなシューズと合わせやすいアイテムです。

フリークスストア(FREAK’S STORE) ワイドストレート カーゴパンツ

両サイドのポケットが目を引く、カーゴタイプのワイドパンツ。ストンと落ちるストレートシルエットが特徴で、コーディネートの主役として活躍するアイテムです。

裾をアジャスターで絞ることで、シューズに合わせてシルエットを調節できるのがポイント。ブラックやオリーブといった、落ち着きのあるカラーリングが用意されています。

フリークスストア(FREAK’S STORE) リラックスフィット リネンレーヨン 刺繍デザイン キューバパンツ

レーヨンやリネンをミックスした、柔らかな肌触りの生地で仕立てられたワイドパンツ。サイドにはキューバシャツに見られるような刺繍を大胆にあしらい、デザインにアクセントを加えています。

ウエストにドローコードが入ったイージーパンツ仕様で、リラックス感のある穿き心地が魅力。春夏シーズンのコーディネートで重宝するアイテムです。

マーカ(marka) BELTED PANTS

オーガニックコットンが原料のツイル生地で仕立てられたワイドパンツ。ドライな生地感が特徴で、ベタつきにくく春夏シーズンに重宝するアイテムです。

オーバーすぎない絶妙な太さで緩やかなテーパードもかかっているため、さまざまなコーディネートに取り入れやすいのがポイント。カラーリングには爽やかなホワイトと深みのあるグリーンの2色が用意されています。

ワイドパンツのおすすめモデル|キレイめ

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) イージーケアセミワイドスラックス

落ち感のあるポリエステル生地で仕立てられたワイドパンツ。生地の肌離れがよいため、汗ばむ季節にも快適に着用できるアイテムです。

センタープレスが入ったスラックスタイプで、キレイめなコーディネートとの相性は良好。ブラック・グレー・ライトブラウンといった定番色に鮮やかなブルーを加えた、豊富なカラーバリエーションが揃っています。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) ブリスベンモス ワイドトラウザー

イギリスの名門ファブリックブランドの生地を使用したワイドパンツ。生地のハリ感が特徴で、存在感のあるボトムスを探している方におすすめです。

カラーリングはブラックやライトベージュといった定番色にボルドーを加えた3種類。センタープレスが入っているため、スニーカーはもちろんレザーシューズと合わせてもさまになるアイテムです。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) サマーツイード ワイド テーパード パンツ

複数の素材をミックスして織り上げた、表情豊かなツイード生地を使用したワイドパンツ。涼しげかつ柔らかな風合いが特徴で、春夏シーズンのコーディネートでも活躍するアイテムです。

プリーツを入れることで立体感を持たせているのがポイント。ニットやシャツとシンプルに合わせれば、品のよいカジュアルスタイルが完成します。

コーエン(coen) センタープレスワイドスラックスパンツ

タックやセンタープレスを施すことで、カジュアルながらも品のあるデザインに仕上げたワイドパンツ。ポリエステルにレーヨンをミックスした生地を使用しており、独特の落ち感が魅力です。

シャツやジャケットと合わせてスマートに穿きこなすのもおすすめ。カラーリングにはブラックやダークグレーといった定番色に加えて、鮮やかなライトブルーが展開されています。

グローバルワーク(GLOBAL WORK) スズリラスラックス

リネンのような清涼感のある風合いのポリエステル生地で仕立てられたワイドパンツ。洗濯機洗いが可能で速乾性にも優れており、ケアのしやすさが特徴です。

ウエストにはドローコードが入っているため、ベルトなしで着用可能。デザインのベースはスラックスで、大人っぽい雰囲気のカジュアルスタイルを完成させたい場合に重宝するアイテムです。

アダムエロペ(ADAM ET ROPE’) ドビーブッチャー ワイド アンクル テーパード スラックス

レーヨンとポリエステルをミックスした生地で仕立てられたワイドパンツ。独特のドレープ感が特徴です。ヒップ周りにゆとりを持たせているため、快適に着用できます。

センタープレスが入っており、キレイめなコーディネートに馴染みやすいのもポイント。カラーリングには落ち着いたトーンのネイビーや絶妙な色合いのブルーグレーがラインナップされています。

ミスター・オリーブ(MR.OLIVE) ベルト付き ワイド テーパード トラウザーパンツ

ヴィンテージ感のあるツイル生地で仕立てられたワイドパンツ。素材はポリエステル100%で、シワがつきにくいのが魅力です。適度な通気性があるため、年間を通して着用できます。

裾に向かってテーパードをかけており、野暮ったさがなくすっきりとして見えるのが特徴。ウエストは付属のベルトを使って調節可能です。

シップス(SHIPS) RAXAコラボ ウールサージ ワイド イージーパンツ

ウールとポリエステルをミックスした、光沢感のあるサージツイル生地で仕立てられたワイドパンツ。ウール素材にありがちな毛羽立ちやチクチク感を抑えているのがポイントです。

ウエストにゴムやドローコードが仕込まれたイージー仕様で、穿き心地は快適。パーカーやニットに合わせれば、着こなしが品よくまとまるアイテムです。

ユナイテッドトウキョウ(UNITED TOKYO) サイドゴムワイドスラックス

センタープレスが入っており、きちんと感のあるデザインが魅力のワイドパンツ。ウエストにはゴムが仕込まれているため、ストレスフリーな穿き心地を感じられます。

手洗いが可能なウォッシャブル仕様で、自宅でも手軽にケアできるのもポイント。発色のよいグリーンやブルーを含んだ、豊富なカラーバリエーションが用意されています。

ワイドパンツのおすすめメンズカジュアルコーデ|春夏

Tシャツにワイドシルエットのデニムパンツを合わせたシンプルスタイル

By: wear.jp

発色のよいレッドのTシャツをトップスとして着用した、シンプルな夏コーデ。斜め掛けしたショルダーバッグがスタイリングのアクセントとして効いています。

ボトムスにはデニム生地で作られたワイドパンツを選択。深みのあるインディゴカラーのデニムパンツは大人っぽい雰囲気を演出したい場合に重宝するアイテムです。

淡い色味のトップスにブラックのワイドパンツを合わせてメリハリを効かせる

By: wear.jp

オーバーサイズの半袖Tシャツを主役にしたコーディネート。袖口をロールアップ、裾はボトムスにタックインすることで、こなれ感を演出しています。

淡いイエローのトップスにブラックのワイドパンツを合わせて、カラーリングのメリハリを効かせているのがポイント。足元はボトムスと同色のソールが印象的なサンダルで、下半身にまとまりが生まれています。

ワイドパンツにサンダルを合わせた涼しげなコーディネート

By: wear.jp

スウェットカーディガンとクルーネックTシャツを重ね着したカジュアルコーデ。インナーのレトロな配色のボーダー柄がスタイリングのアクセントとして効いています。

ボトムスには春から夏にかけて活躍する、薄手のコットン生地で仕立てられたワイドパンツを選択。サンダルを合わせることで、涼しげな雰囲気を演出しています。

ボーダーカットソーでアクセントを加えたワークスタイル

By: wear.jp

オープンカラーのツイルブルゾンを軸にした、ワークテイストのコーディネート。インナーとして鮮やかなカラーリングのボートネックカットソーを着用することで、着こなしにアクセントを加えています。

ボトムスのワイドパンツはゆったりとしたシルエットながらもテーパードが効いているため、すっきりとして見えるのがポイント。足元にはトップスと同色のスニーカーを選択しています。

パーカーにワイドパンツを合わせたスポーツミックスコーデ

By: wear.jp

スウェットパーカーをトップスとして着用した、リラックス感のあるコーディネート。シャツをインナーとして取り入れることで、着こなしがカジュアルになりすぎないようにバランスをとっています。

ボトムスには軽やかなホワイトのワイドパンツを選択。キャップやスニーカーといった小物は同色でまとめているのがポイントです。

ワイドパンツのおすすめメンズカジュアルコーデ|秋冬

アイボリーのワイドパンツでダークトーンコーデに軽やかさをプラス

By: wear.jp

オーバーサイズのバルマカンコートを軸にしたコーディネート。パーカーを中に着込むことで、スタイリングを程よくカジュアルダウンしています。

キャップやリュックといった小物のカラーリングを統一しているのがポイント。ボトムスには明るい色味のワイドパンツを選択して、着こなしが重たくなりすぎないように調節しています。

存在感のあるムートンコートに軽やかなワイドチノを合わせる

By: wear.jp

あたたかみのあるムートンコートを主役にした冬コーデ。スウェットやワイドチノといったカジュアルなアイテムを合わせることで、リラックス感のあるスタイリングを完成させています。

重厚感のあるアウターとのバランスをとるため、トップスやボトムスのカラーリングは淡い色で統一。シューズには裾丈が長めのワイドパンツと相性のよい、すっきりとしたローカットスニーカーを選択しています。

ショート丈のダウンジャケットにワイドパンツを合わせたアクティブな冬コーデ

By: wear.jp

アウターとしてダウンジャケットを着用した、あたたかい雰囲気のコーディネート。中に着込んだアーガイル柄ニットがスタイリングのアクセントとして効いています。

ショートタイプのアウターを選択し、トップスと着丈を揃えているのがポイント。ダークカラーのダウンジャケットやニットにベージュのワイドパンツを合わせて、カラーリングにメリハリをつけています。

ワイドパンツのおすすめメンズキレイめコーデ|春夏

ストライプシャツにワイドパンツを合わせた爽やかな初夏コーデ

By: wear.jp

白Tの上から半袖のストライプシャツを羽織った、爽やかなコーディネート。ライトグレーのワイドパンツやホワイトのグルカサンダルといった、軽やかさのあるアイテムを合わせています。

涼しげな印象の素材で作られたウェアを選択することで、季節感を表現。全身のカラーリングを淡いトーンで統一しているのがポイントです。

ダークカラーのアイテムを多用した大人っぽい雰囲気のコーデ

By: wear.jp

クルーネックTシャツとカーディガンをレイヤードした、キレイめカジュアルスタイル。ボトムスにワイドスラックス、足元にはレザーシューズを選択しています。

ボリューム感のあるボトムスとのバランスを意識して、ジャストサイズのトップスやインナーを着用しているのがポイント。ダークカラーのアイテムを多用しているため、ホワイトのインナーが映えるコーデです。

ノースリーブベストを軸にした上品な春コーデ

By: wear.jp

長袖のカットソーの上にノースリーブベストを着用した、品のよいコーディネート。ボトムスにはダークカラーのワイドパンツを選択して、上半身とのメリハリを効かせています。

スニーカーで着こなしをうまくカジュアルダウンしているのがポイント。カラーリングをモノトーンのみに絞ることで、大人っぽい雰囲気のスタイリングを完成させています。

ワイドパンツのおすすめメンズキレイめコーデ|秋冬

ウール製のワイドパンツを同色のデニムジャケットと合わせる

By: wear.jp

ゆったりとしたシルエットのデニムジャケットをトップスとして着用したコーディネート。同色のワイドパンツを合わせることで、全体としてのまとまりがある着こなしを完成させています。

トップスとボトムスの素材感が違うため、絶妙なニュアンスが生まれているのがポイント。足元にはブラックのシューズを選択して、スタイリングの雰囲気を引き締めています。

カーディガンにワイドパンツを合わせたシンプルスタイル

By: wear.jp

ウール製のカーディガンのボタンを閉めてニットのように着用した、上品な印象のコーディネートです。ボトムスにネイビーのワイドパンツ、足元にはブラウンのサイドゴアブーツを選択。トップスとのカラーリングのコントラストがポイントです。

ワイドパンツの裾丈がやや短いため、ボリューム感のあるサイドゴアブーツとのバランスがとれています。

グラデーションを意識した巧みな配色が光る秋コーデ

By: wear.jp

タートルネックニットの上から長袖シャツを重ね着した、あたたかみのある秋コーデ。コートをはじめとするアウターを羽織ることで、アレンジも可能です。

ホワイト・ベージュ・ブラウン・ブラックといった、グラデーションを意識した配色がポイント。インパクトのあるレザーワイドパンツが着こなしによく馴染んでいます。