防寒性・防風性に優れた「フライトキャップ」。頭部はもちろん、耳元や顎までしっかりカバーできるため、アウトドアやウィンタースポーツを楽しむ際にも活躍します。

今回はフライトキャップの選び方や、おすすめ製品をご紹介。アウトドア用からタウンユース用まで、幅広くピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

フライトキャップとは?

By: zozo.jp

フライトキャップは、もともと飛行機やバイクを操縦する際にかぶっていた帽子。別名「パイロットキャップ」や「トラッパー」とも呼ばれています。

フライトキャップの特徴は、内側にファーを施したボリューム感のある見た目と、耳当てを備えたデザイン。製品によって耳当ての形状は異なりますが、顎までしっかりカバーできるモノも展開されています。

防寒性が高いことから、ウィンタースポーツやアウトドアシーンでも重宝されている人気アイテムです。また、インパクトのある見た目から、ファッションアイテムとしても取り入れられています。

フライトキャップの選び方

外側の素材は用途に合わせて選ぶ

スノボ用なら防水性に優れたモノを

By: amazon.co.jp

スノボやスキーなどのウィンタースポーツでは、防水性に優れたフライトキャップがおすすめです。防水性が備わっているモノだと、溶けた雪が頭部に侵入するのを防げます。

また、急な悪天候で雨や雪に降られても体温を保てるため、登山などのアウトドアシーンで使う場合も防水性をチェックしておきましょう。雨合羽や、登山用品でよく使われている、ナイロン素材のモノを選んでおくと安心です。

防水性のないフライトキャップをスノボで着用する場合は、防水スプレーを使うのも1つの手段。素材や機能性に注目して、スノボ用のフライトキャップを選んでみてください。

ファッションに取り入れるなら軽い素材のモノを

By: zozo.jp

フライトキャップは、通常の帽子と比べてパーツが多く、やや重たく感じる場合も。長時間かぶっていると首や肩に負担がかかるため、ファッションで取り入れるなら軽量なモノを選ぶのがおすすめです。

ナイロン素材やポリエステル素材などの化学繊維で製作されているモノは、比較的軽量でかぶりやすいのが魅力。また、耐久性にも優れているので、長く愛用したい方やアウトドアと兼用でかぶりたい方にもおすすめです。

ファーのタイプは触り心地で選ぶ

By: zozo.jp

フライトキャップの特徴でもあるファーは、耳や顔周りに直接触れるため、触り心地をチェックしましょう。フェイクファーが主流ですが、なかにはリアルファーを採用している本格的なフライトキャップも展開されています。

フェイクファーは、毛が抜けにくいのがメリット。触り心地や見た目もリアルファーに似せて作られているモノが多く、比較的リーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。

一方でリアルファーは、毛が抜けやすいのが難点ですが、フェイクファーよりも保温性に優れているのがポイント。冬場のキャンプや登山など、本格的なアウトドアシーンで重宝します。

アウトドアで使う場合にはマスク付きが便利

By: pixabay.com

フライトキャップの多くは、耳から顎にかけてカバーできるデザインで、鼻や口周りはカバーできない場合がほとんど。そのため、過酷な冬場の登山などでフライトキャップを使う場合は、マスク付きタイプを選んでおくと安心です。

マスクはボタンなどで固定するタイプが多く、着用シーンに合わせて取り外しできるのが特徴。アウトドアはもちろん、寒い地への旅行や普段使いとしても重宝します。防寒性の高いフライトキャップが欲しい方は、マスクの有無もチェックしてみてください。

少し大きめを選ぶと快適にかぶれる

By: zozo.jp

フライトキャップは、内側にファーを施しているため、通常の帽子のサイズよりやや小さく感じる可能性も。いつものサイズより、ワンサイズアップしたモノを選ぶと、窮屈感なくかぶれるのでおすすめです。

また、フリーサイズのモノは、内側にサイズ調節ができるテープが備わっているか確認しておきましょう。自分の頭の大きさに合わせて、フィット感を変えられます。なお、「ユニセックス」表記のモノはフリーサイズが多いため、寸法や内側のベルトの有無をチェックしておくと安心です。

コーディネートも大事

By: zozo.jp

インパクトのあるフライトキャップは、シーンに適した色を選ぶことで、よりおしゃれなスタイルに仕上がります。着用シーンを想像して、自分に合うフライトキャップを選んでみてください。

赤や黄色などの目を引くカラーは、アウトドアコーデにおすすめ。スキーや登山用ウェアはカラフルなモノが多いため、色物のフライトキャップと好相性です。

黒やベージュなどのベーシックなカラーは、普段使いにぴったり。シンプルコーデやカジュアルコーデなど、さまざまなスタイルに馴染みやすいため、フライトキャップに初めて挑戦する方にもおすすめです。

フライトキャップのおすすめブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

1968年に誕生した、アメリカのアウトドアブランド。登山からスノースポーツまで、幅広いアウトドアシーンに適したアイテムを数多く手掛けています。

同ブランドのフライトキャップは、機能性とトレンドを捉えたおしゃれなデザインが特徴。キッズ用も展開しているので、家族おそろいで身に着けたい方にもおすすめです。

ニューエラ(New Era)

By: zozo.jp

1920年に誕生した、アメリカのストリート系ブランド。ベースボールキャップを中心に、ウェアや小物なども展開しています。

フライトキャップにおいては、ポップな配色やスタイリッシュなデザインが特徴。ファッションからアウトドアまで幅広く使いたい方におすすめです。

ハイランド2000(HIGHLAND 2000)

By: amazon.co.jp

イギリスで誕生したニットブランドです。天然のウールを使用した、上質なニット製品を数多く手掛けており、日本でもセレクトショップで取り扱われています。

フライトキャップにおいても、ニットで製作された季節感のあるデザインが特徴。カジュアルに合わせたい方や、ニット帽のフィット感が好きな方におすすめです。

ニコアンド(niko and…)

By: zozo.jp

株式会社アダストリアが展開する、日本のファッションブランドです。メンズ・レディースのウェアだけでなく、雑貨や家具など、ライフスタイルを彩るアイテムを展開しています。

同ブランドは、コスパのよさとトレンド性の高さが魅力。フライトキャップ初心者の方や、手軽におしゃれを取り入れたい方はチェックしてみてください。

フライトキャップのおすすめ|スノボ・アウトドア

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) バッドランドキャップ

フロントにあしらわれたブランドロゴが目を引くフライトキャップ。リサイクルナイロン生地を採用した、防水透湿性に優れたアイテムです。

内側のファーは、ポリエステル素材を採用した、リアルファーのようなやわらかい肌触りが特徴。また、毛足が長く体温を保ちやすいため、スノボやスキーなどのウィンタースポーツで活躍します。防寒性を重視する方におすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) フロンティアキャップ

毛足の長いフェイクファーが特徴的な、フライトキャップです。毛足が長いので、空気を溜め込みやすく、あたたかく着用できます。また、リアルファーのような、やわらかい肌触りも魅力です。

防水透湿性に優れているリサイクルナイロン生地で作られた、水分が染み込みにくい設計を採用。突然雨や雪に降られても頭を守れるので、冬場のキャンプや登山、スノボなどのウィンタースポーツで活躍します。

ニューエラ(NEW ERA) キャップ トラッパー

ファーにブランドロゴをあしらった、おしゃれなフライトキャップ。毛足の長いフェイクファー素材で、保温性に優れているのが特徴です。

耳当て部分は、耳元や顔周りをカバーするだけでなく、後頭部で固定できるのがメリット。ストリートスタイルにマッチするだけでなく、ウィンタースポーツやキャンプなどのアウトドアシーンにも適しています。幅広く使えるフライトキャップが欲しい方におすすめです。

ルーベン(ruben) フライトキャップ

すっきりとしたフォルムが特徴のフライトキャップです。ベースボールキャップに耳当てを施したシンプルなデザインも魅力。ウィンターウェアや登山ウェアスタイルをスマートに見せたい方におすすめです。

つば部分は、丸めることでカーブをつけられるのもメリット。つばが真っ直ぐなフラットブリムタイプが苦手な方でも、かぶりやすい設計を採用しています。また、比較的リーズナブルな価格なので、初めてフライトキャップにチャレンジする方にもおすすめです。

ルーベン(ruben) パイロットキャップ

ミリタリー感のあるキルティング生地がおしゃれなフライトキャップです。キルティングは保温性が高いため、普段使いからアウトドアシーンまで、幅広く活躍します。

ナイロンとポリエステル素材で作られており、軽量でかぶりやすいのが特徴。また、フェイクファー部分はリアルファーのような風合いのため、カジュアルながら高級感のある見た目に仕上がっています。

スウェットやパーカーなどのストリートコーデとマッチするのはもちろん、カラフルなスキーウェアや登山ウェアとも好相性。さまざまなコーデに合わせたい方におすすめです。

コロンビア(Columbia) キースハイツフライトキャップ

裏地にキルティング生地を採用した、保温性に優れたフライトキャップです。毛足が短く、密度の高いファーを施しており、体温を逃しにくく、あたたかく着用できます。

また、表地にはナイロン素材を使用しているため、軽量でかぶりやすいのが特徴。秋冬の登山やキャンプシーンなどでも活躍します。

耳当て部分にはバックルが備わっており、顎の下でしっかりと固定できるのもポイント。安定感のある防寒キャップが欲しい方におすすめです。

ニューハッタン(Newhattan) パイロットキャップ

ポリエステル素材で作られた、生地の光沢感が特徴のフライトキャップです。軽量でかぶりやすいだけでなく、普段使いのカジュアルコーデからアウトドアまで幅広く使えます。

毛足の長いフェイクファーを採用しているため、保温性・防寒性に優れているのもメリット。また、見た目にボリューム感が出るので、コーデのアクセントとしても重宝するアイテムです。

豊富なカラーバリエーションに加えて、比較的リーズナブルな価格で購入しやすいのも魅力。初めてフライトキャップを購入する方にもおすすめです。

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN) ファイバーパイル ジェット キャップ

モコモコとしたボア生地がかわいいフライトキャップ。ヘリーハンセンが独自に開発した「ファイバーパイル」を採用しており、保温性に優れたアイテムです。

毛足が短いボアを使用しているため、ファー素材のモノと比べて、すっきりとかぶれるのが特徴。また、合わせやすいネイビーカラーなので、カラフルな登山ウェアやスキーウェアとも好相性です。

耳当て部分にあしらわれた、控えめなブランドロゴがデザインのポイント。シンプルなデザインのフライトキャップを求めている方におすすめです。

青井屋(AOYUYA88) パイロットキャップ

鼻や口元までカバーできるマスクを備えたフライトキャップです。顔周りを冷気から守り、あたたかく着用できるのが特徴。冬のキャンプやウィンタースポーツでの着用はもちろん、自転車に乗る際にも活躍するアイテムです。

マスクは取り外しが可能で、耳当ても後頭部に固定できる設計。ファッションアイテムとしておしゃれにかぶれるだけでなく、高い実用性も備えています。アウトドアや普段使いなど、さまざまなシーンで使いたい方におすすめです。

マッドボンバー(MADBOMBER) フライトキャップ

ラビットファーで製作された、本格的なフライトキャップです。天然ファーなので、肌触りはもちろん、保温性にも優れています。

また、防水性の高いナイロン生地を使用しているため、水が頭部に侵入するのを軽減できるのもメリット。登山やキャンプはもちろん、スキーやスノボなどのウィンタースポーツにもおすすめです。

耳当て部分には、調節可能なバックル付きベルトが備わっているため、フィット感を調節できます。メンズのみならず、レディースにもおすすめのフライトキャップです。

ロスコ(Rothco) フライトキャップ

ポリエステルの光沢感がおしゃれなフライトキャップです。ミリタリー感のある無骨な印象がかっこよく、アウトドアはもちろん、カジュアルコーデやストリートスタイルにもマッチします。

毛足の長いフェイクファーを採用しているため、保温性に優れているのが特徴。耳当て部分は、しっかり顎までカバーできるため、顔全体をあたたかく保てます。

ベルトを締めれば顎下でしっかり固定できるのもポイント。アウトドアで活躍する、おしゃれなフライトキャップが欲しい方におすすめです。

フライトキャップのおすすめ|タウンユース

ハイランド2000(HIGHLAND 2000) フライトキャップ ニット帽

あたたかみのあるニット素材を採用したフライトキャップです。天然のウール100%を使用しているため、保温性に優れているのが特徴。また、リブ編みの凹凸感もかわいく、カジュアルなコーデに合わせたい方におすすめです。

耳当ては、垂らしたり紐を後頭部で結んだりできるのも魅力。その日のコーデや、寒さに合わせてスタイルを変えられます。さらに、落ち着きのあるベーシックなカラー展開なので、色物や柄物のトップスとも好相性です。

ニコアンド(niko and…) フライトキャップ

内側にテープアジャスターを備えた、フィット感を調節できるフライトキャップです。頭の大きさに合わせてサイズ感を変えられるため、メンズ・レディースともに着用できます。

毛並みのよいフェイクファーを採用しており、肌触りがやわらかいのが特徴。程よいボリューム感で、カジュアルコーデはもちろん、シンプルコーデのアクセントとしても活躍します。

カラー展開は、ベーシックな黒とオリーブカラーに加えて、クラシカルなチェック柄を2色ラインナップ。おしゃれなフライトキャップが欲しい方におすすめです。

ニコアンド(niko and…) オリジナルパイロット風キャップ

表地にフリース素材、耳当て部分にボア素材を採用した、あたたかみのある生地感が特徴のフライトキャップ。内側にアジャスターが備わっており、頭の大きさに合わせてサイズを調節できます。

ポリエステル素材で製作されているため、軽量でかぶりやすいのが魅力。長時間の着用でも疲れにくく、普段使いとしてはもちろん、アウトドアシーンでも活躍します。

スタイリッシュなシルエットで、ボリューム感が苦手な方でもコーデに取り入れやすいのがポイント。また、耳当ても短いので、顔周りをすっきり見せたい方にもおすすめです。

コロンビア(Columbia) ケンドリックパークファーフラップキャップ

コーデュロイ素材を採用した、あたたかいフライトキャップです。フロントにあしらわれた、ブランドロゴがデザインのポイント。加えて、コーデュロイは保温性と吸湿性に優れているため、ムレを軽減しながら、快適に着用できます。

ベースボールキャップがベースになっており、通常のフライトキャップよりもスタイリッシュにかぶれるのが特徴。つばが長くすっきりとしたシルエットなので、カジュアルやストリートスタイルにマッチします。普段使いしやすいフライトキャップが欲しい方におすすめです。

コロンビア(Columbia) ニューファウンドダッシュ3ウェイイヤーフラップキャップ

3パターンのかぶり方を楽しめる、ユニークなフライトキャップです。アウター側にナイロンキャップ、インナー側にフリースキャップを備えており、それぞれ取り外して使えるのが特徴。また、2つの帽子を組み合わせて使うことで、バイカラーの配色を楽しめます。

フリースキャップには、ネイティブ柄があしらわれているのがポイント。シンプルコーデのアクセントにはもちろん、スウェットやパーカーなどのカジュアルなアイテムとも好相性です。一味変わったフライトキャップが欲しい方におすすめです。

カンゴール(KANGOL) ファー付き飛行帽 WOOL USHANKA

裏地にキルティングを採用した、保温性に優れたフライトキャップです。表地はウールとアクリルを使用しており、あたたかく着用できるのはもちろん、季節感も楽しめます。

毛足の長いフェイクファーを施しているため、リアルファーのような風合いを楽しめるのもポイント。さらに、耳当てが長く顎までしっかりカバーできるので、寒い地への旅行やアウトドアでも活躍します。

ボリューム感のあるシルエットで、コーデのアクセントにもおすすめ。また、ミリタリーコーデやストリートスタイルにも適しています。

アヴィレックス(AVIREX) フライトボアキャップ

ボリューム感のあるファーを施した、インパクトの強いフライトキャップです。毛足の長いやわらかいフェイクファーで、耳周りから顎までしっかりカバーできます。

耳当て部分にあしらわれた、控えめなブランドロゴがデザインのポイント。また、シンプルなデザインなので、柄物や色物のアイテムとも好相性です。

アジャスターベルトが備わっているため、好みのフィット感に調節しやすいのもメリット。安定感と防寒性を重視したい方におすすめです。

レイジブルー(RAGEBLUE) コーデュロイ/フライトファーキャップ

コーデュロイ生地を採用した、おしゃれなフライトキャップです。毛足が長いうえ、やわらかいフェイクファーを施しており、肌触りがよいのもポイント。おしゃれなデザインのほか、防風性や防寒性も備えています。

柄のないシンプルなデザインなので、ウールコートからダウンコートまで、幅広いアウターと合わせやすいのがメリット。幅広いスタイリングに合わせたい方におすすめです。

フライトキャップを使ったおすすめコーデ|スノボ・アウトドア

ボアジャケット×フライトキャップのアウトドアコーデ

By: wear.jp

あたたかみのあるボアジャケットと、フライトキャップを合わせたアウトドアコーデ。スウェット地のパーカーをインナーにチョイスした、動きやすいスタイリングです。

帽子とジャケットはボリューム感があるため、ボトムスはすっきりとしたシルエットで合わせているのがポイント。また、ベージュと黒をベースにした落ち着きのある色合いで、大人の男性にもおすすめのコーデです。

ミリタリーコート×フライトキャップのアウトドアコーデ

By: wear.jp

カジュアルなミリタリーコートと、フライトキャップを合わせたアウトドアコーデ。フライトキャップは柄付きを選ぶことで、コーデの主役として引き立ちます。

カーキとレッドの組み合わせに、ボトムスに黒のパンツをチョイスし、全体を引き締めているのもポイント。全体で使うカラーを3色に抑えた、バランスのよい着こなしに仕上がっています。色物が好きな方におすすめのコーデです。

フライトキャップを使ったおすすめコーデ|タウンユース

オールブラック×フライトキャップの大人カジュアルコーデ

By: wear.jp

オールブラックでまとめたコーデに、カーキのフライトキャップを合わせた大人カジュアルコーデです。全体を黒で統一することで、フライトキャップが引き立つ着こなしに仕上がっています。

また、シューズに革靴をチョイスしているのもポイント。スニーカーではなく、革靴を選ぶことで、ラフになりすぎない大人な印象を与えられます。フライトキャップを大人っぽく合わせたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

プリントT×フライトキャップのアメカジコーデ

By: wear.jp

カジュアルなプリントTシャツと、フライトキャップを合わせたアメカジコーデ。ゆったりとしたワイドパンツをチョイスした、程よい抜け感がおしゃれです。

トップスとボトムスは、落ち着きのあるベーシックなカラーで合わせることで、フライトキャップが引き立ちます。また、ボリューム感のあるボトムスと合わせる際は、スタイリッシュなシルエットのフライトキャップを選ぶのがおすすめです。

デニムパンツ×フライトキャップのカジュアルコーデ

By: wear.jp

ストレートのデニムパンツとフライトキャップを合わせた、カジュアルコーデ。アクセントにトレンドのファーベストを合わせた、旬なスタイリングです。

インナーに合わせているフリースもポイント。ファーの大人っぽさと、フリースとフライトキャップのアウトドア感がマッチし、おしゃれな着こなしに仕上がっています。フライトキャップをおしゃれにかぶりたい方は、参考にしてみてください。