ロードバイクに乗る方にとっては馴染みの深い「サイクルキャップ」。インナーキャップとも呼ばれ、ヘルメットの下にかぶることで汗止めや防寒具として使える便利なアイテムです。カラフルでおしゃれなデザインのモノも多く、ファッションアイテムとして普段のコーディネートに取り入れる方も増えています。

そこで今回は、おすすめのサイクルキャップをご紹介。選び方についてもあわせて解説します。

サイクルキャップとは?

By: amazon.co.jp

サイクルキャップとは、ロードバイクに乗る際にヘルメットの下にかぶるキャップのことです。自転車に乗ったときの空気抵抗を減らすため、一般的なキャップに比べるとツバが短いのが特徴。

さらに、ヘルメットのインナーとして使用することから小さめの作りになっています。通気性や速乾性に優れた素材を採用しているものが多く、頭の蒸れ対策や汗止めとしても使える便利なアイテムです。

サイクルキャップのメリット

汗を吸い取ってくれる

自転車走行中に額から流れる汗が目に入ると、痛みを引き起こして視界を妨げる恐れがあるため注意が必要です。また、ヘルメットが汗にさらされることで、劣化を早めたり嫌なニオイを発生させたりする原因になります。

そこで活躍するのが、吸汗速乾性に優れた素材を使用したサイクルキャップです。汗腺が多く汗をかきやすいといわれている額にしっかり密着して、汗が垂れるのを防いでくれます。

ヘルメットがフィットしやすい

ヘルメットと頭部の間に隙間があると、装着時に不快感があったり走行時にずれて視界を妨げたりすることがあります。サイクルキャップは髪の毛よりも摩擦係数が高いのが特徴。ヘルメットの下にサイクルキャップをかぶることで密着性が向上します。

また、衝撃吸収材の代わりとなって転倒時の衝撃から頭を保護する効果もあるので、安全対策に役立つおすすめのアイテムです。

冬は防寒対策として使える

By: rakuten.co.jp

サイクルキャップはヘルメットの下にかぶることを前提に作られているため、薄手の生地を使用したモノがほとんどです。しかし、最近では防寒用の特殊な素材で作られたモノや耳あて付きのモノなど、寒い季節でも快適に過ごせるように工夫された製品が多く発売されています。

ヘルメットは通気性を高めるために風を通しやすい作りになっているため、サイクルキャップをかぶることで風を防いで保温性を高めることが可能です。

サイクルキャップの選び方

形状で選ぶ

ツバなしタイプ

By: amazon.co.jp

ビーニーのような見た目のツバなしタイプは額にしっかりフィットして汗を吸い取ってくれるため、主に汗止めとして使用したい方に適しています。また、ほかの形状に比べて比較的手頃な価格で手に入るのも魅力のひとつ。

シンプルなデザインやカラーのアイテムが多く、ヘルメットの下にかぶると外からは見えないというメリットもあります。必要最低限の機能を備えたミニマルなサイクルキャップを探している方におすすめです。

ツバありタイプ

By: amazon.co.jp

ベースボールキャップによく似た形状のツバありタイプのサイクルキャップは、ヘルメットの先にツバを出して使用するため、紫外線による日焼け防止や眩しさを軽減する効果が期待できます。

また、カラフルでインパクトのあるデザインのモノが多く、同じヘルメットでもサイクルキャップによって印象を変えることが可能。ファッションとしてサイクルキャップを取り入れたいという方にもおすすめです。

バンダナタイプ

By: amazon.co.jp

バンダナを頭に巻いたようなデザインが特徴のこのタイプは、頭だけでなく首の後ろまで生地でカバーできるため、首筋の日焼けを気にする方や防寒性を重視する方におすすめです。

また、自分で後ろを結んで着用するフリーサイズのモノが多いため、装着時の圧迫感を微調整できるというメリットがあります。

素材で選ぶ

By: rakuten.co.jp

サイクルキャップに用いられる最もポピュラーな素材は、吸汗速乾性の高いポリエステルです。そのほかにも、コットンやウールなど、さまざまな素材のサイクルキャップがあります。

汗をかく夏はポリエステル、寒い冬は保温性や温度調節機能に優れたウールのサイクルキャップを選ぶなど、季節によって素材を使い分けるとよいでしょう。

抗菌・防臭加工やUVカット加工の有無

衛生面が気になる方は、雑菌の繁殖を抑えて汗の嫌なニオイを低減してくる抗菌・防臭加工済みのサイクルキャップを選ぶのがおすすめ。

また、真夏の炎天下で自転車に乗る場合は、強い日差しから頭を守ってくれるUVカット加工が施されたサイクルキャップがあると安心です。さらに吸水速乾機能が付いていれば、不快な蒸れや肌のベタつきを抑えられます。

サイクルキャップのおすすめモデル

パールイズミ(PEARL IZUMI) コールド シェイド ヘルメット ビーニー

パールイズミ(PEARL IZUMI) コールド シェイド ヘルメット ビーニー

日本の老舗サイクルウェアブランド「パールイズミ」の技術が結集した高機能サイクルキャップです。汗による不快なムレを防ぐ吸汗速乾性と、抗菌・防臭性に優れた「コールドシェイド」素材を採用。さらに太陽光を反射する遮熱機能、UPF値50+のUVカットなど、夏のサイクリングを快適にする機能が詰め込まれています。

形状はシンプルなツバなしタイプ。後部には再帰反射素材を配し、夜間走行時の安全性も確保。ロードバイクで長距離を走行する方などで、機能面を重視したい場合にはぜひチェックしてみてください。

パールイズミ(PEARL IZUMI) ウィンター サイクルキャップ

パールイズミ(PEARL IZUMI) ウィンター サイクルキャップ

耳まですっぽりと覆う秋冬用のサイクルキャップです。耳から後部にかけての部分に採用されている素材は、防風性・保温性に優れた「サーマフリース」。内側にはフリース加工を施すことで、心地よい肌触りも実現しています。

そして、前面には風と冷気をシャットアウトする「ウィンドブレークライト」を採用。汗を放出する透湿性にも優れた素材で、汗冷えしやすい秋冬のサイクリングに快適さを提供してくれます。

カペルミュール(KAPELMUUR) サイクルキャップ デニム

カペルミュール(KAPELMUUR) サイクルキャップ デニム

ファッション性と機能性を兼ね備えたアイテムが揃う日本のサイクルウェアブランド「カペルミュール」のサイクルキャップです。デニム生地を採用することで、普段の着こなしにも合わせやすいカジュアルな雰囲気に。左後ろにあしらわれたライオンロゴがデザインのアクセントになっています。

そして、ツバ裏にはピンクの水玉模様生地を配置。ツバを上げて着用すれば、遊び心溢れるスタイリングを楽しめます。内側には汗止めに効果的なポリエステルテープが縫い付けられており、サイクリング時の快適性も良好です。

カペルミュール(KAPELMUUR) サイクルキャップ ネップツイード

カペルミュール(KAPELMUUR) サイクルキャップ ネップツイード

ネップツイード生地の豊かな風合いを活かし、大人顔に仕上げたおしゃれなサイクルキャップ。スポーティーな雰囲気が前面に出たアイテムとは一線を画す、ファッション性の高さが魅力です。

サイドにはワンポイントとして、ブランドロゴの刺繍を配置。ウールをメイン素材に用いているため保温性が高く、普段のコーディネートに季節感をプラスするアイテムとしても重宝します。フリーサイズで頭囲54~63cmまで対応しているため、大きめサイズのサイクルキャップを探している方にもおすすめです。

チネリ(Cinelli) New York City Cap

チネリ(Cinelli) New York City Cap

イタリアの老舗自転車メーカー「チネリ」。デザイナーとのコラボレーションアイテムを積極的に手がけることで知られ、本製品は韓国のアーティスト「ユーン・ヒョプ」とのコラボレートにより生まれました。

ポップで自由なデザインは、サイクリング時のコーデに個性をプラスするアイテムとして最適。カジュアル・ストリートコーデにもマッチします。ユニセックス仕様で、メンズ・レディース問わず着用可能。人とかぶりにくいデザインを重視する方はぜひチェックしてみてください。

モンベル(mont-bell) ジオライン クールメッシュ サイクルキャップ サミット

モンベル(mont-bell) ジオライン クールメッシュ サイクルキャップ サミット

アウトドアブランド「モンベル」からは、高機能素材「ジオライン」を採用したサイクルキャップがリリースされています。ジオラインの最大の特徴は、優れた吸水拡散性。汗をしっかりと受け止めて吸収し外へと放出するため、サラリとした着用感が持続します。

その一方で、保温性が高いのも本製品の特徴。空気をたっぷりと含む極細繊維と、遠赤外線の効果で冬の寒さから守ってくれます。さらに、銀イオンを発生させる成分を取り入れることで、制菌・防臭効果もプラス。サイクルキャップに求められる機能が詰め込まれたおすすめアイテムです。

ナリフリ(narifuri) ジェットキャップ

ナリフリ(narifuri) ジェットキャップ

サイクリングに対応する機能性と、街着としても着用できるファッション性を兼ね備えたウェアが揃う「ナリフリ」の定番サイクルキャップです。頭頂部に広くメッシュ素材を配することで、抜群の通気性を実現。ヘルメットとあわせて着用しても、快適な着用感が持続します。

バックにサイズ調整用アジャスターが付いているため、頭のサイズが大きめの方でも安心。インナーにブランド名入りのオリジナルテープを用いるなど、細部へのこだわりも魅力です。スポーティーなデザインはカジュアルスタイルとの相性がよく、普段使いにも重宝します。

クローム(CHROME) 2バイザーキャップ

クローム(CHROME) 2バイザーキャップ

自転車好きに人気のメッセンジャーバッグを扱う「クローム」が、ヘッドウェアブランド「シェルパ」へと別注をかけて作られたこだわりの1品。前後どちらにもツバが付いており、1つで2通りの表情を楽しめます。

一方は、「CHROME」の文字が大きく描かれ、ツバ裏に華やかな模様をあしらったクールなデザイン。もう一方は、控えめなブランドロゴを配したシンプルなデザインです。メッシュ素材を採用しているため通気性に優れ、後ろ側のツバで首裏の日焼けも防げます。

ルコックスポルティフ(le coq sportif) サイクリングキャップ

ルコックスポルティフ(le coq sportif) サイクリングキャップ

1882年創業と長い歴史を持つフランスのスポーツウェアブランド「ルコック スポルティフ」のサイクルキャップは、トリコロールカラーの配色がおしゃれ。落ち着いたベースカラーに、色鮮やかなラインが映えます。

ツバ裏にはブランド名のロゴを配し、ツバを上げて着用した時のアクセントに。正統派デザインながら、しっかりとおしゃれさをアピールできるアイテムです。また、吸汗速乾性のほか、UPF30のUVカットも備えており機能面も優秀。薄く軽量なポリエステル生地で作られているため、軽やかな着用感を求める方にもおすすめです。

アピス(APIS) レトロレーシングサイクリングキャップ 7-ELEVEN

アピス(APIS) レトロレーシングサイクリングキャップ 7-ELEVEN

イタリアのサイクルキャップメーカー「アピス」からは、レーシングチームのデザインを取り入れたアイテムが多数リリースされています。なかでも本製品は、「セブンイレブン」のカラーリングとロゴが映えるおすすめモデル。サイクリング仲間とのちょっとした話題作りにもぴったりです。

素材はコットン100%なのでヘルメットの下に着用した時にも、しっかりと汗を吸収してくれます。価格がリーズナブルで、トライしやすいのも魅力です。

マビック(MAVIC) ローディーキャップ

マビック(MAVIC) ローディーキャップ

ホイールからウェア・ヘルメットまで幅広く扱うフランスメーカー「マビック」のおすすめサイクルキャップ。1本のラインが走るシンプルかつスタイリッシュなデザインで、ロードバイク用の本格的なサイクルウェアとも相性抜群です。

素材に「ストレッチウィックファブリック」を用いることで、高いストレッチ性と通気性を実現。エラスティックバンドにより、頭にしっかりとフィットするため不快なズレも防止できます。