ロードバイクに乗る方にとっては馴染みの深い「サイクルキャップ」。インナーキャップとも呼ばれ、ヘルメットの下にかぶることで汗止めや防寒具として使える便利なアイテムです。カラフルでおしゃれなデザインのモノも多く、ファッションアイテムとして普段のコーディネートに取り入れる方も増えています。

そこで今回は、おすすめのサイクルキャップをご紹介。選び方についてもあわせて解説します。

サイクルキャップとは?

By: amazon.co.jp

サイクルキャップとは、ロードバイクに乗る際にヘルメットの下にかぶるキャップのことです。自転車に乗ったときの空気抵抗を減らすため、一般的なキャップに比べるとツバが短いのが特徴。

さらに、ヘルメットのインナーとして使用することから小さめの作りになっています。通気性や速乾性に優れた素材を採用しているものが多く、頭の蒸れ対策や汗止めとしても使える便利なアイテムです。

サイクルキャップのメリット

汗を吸い取ってくれる

自転車走行中に額から流れる汗が目に入ると、痛みを引き起こして視界を妨げる恐れがあるため注意が必要です。また、ヘルメットが汗にさらされることで、劣化を早めたり嫌なニオイを発生させたりする原因になります。

そこで活躍するのが、吸汗速乾性に優れた素材を使用したサイクルキャップです。汗腺が多く汗をかきやすいといわれている額にしっかり密着して、汗が垂れるのを防いでくれます。

ヘルメットがフィットしやすい

By: amazon.co.jp

ヘルメットと頭部の間に隙間があると、装着時に不快感があったり走行時にずれて視界を妨げたりすることがあります。サイクルキャップは髪の毛よりも摩擦係数が高いのが特徴。ヘルメットの下にサイクルキャップをかぶることで密着性が向上します。

また、衝撃吸収材の代わりとなって転倒時の衝撃から頭を保護する効果もあり、安全対策に役立つおすすめのアイテムです。

冬は防寒対策として使える

By: amazon.co.jp

サイクルキャップはヘルメットの下にかぶることを前提に作られているため、薄手の生地を使用したモノがほとんどです。しかし最近では、防寒用の特殊な素材で作られたモノや耳あて付きのモノなど、寒い季節でも快適に過ごせるように工夫された製品が多く発売されています。

ヘルメットは通気性を高める為に風を通しやすい作りになっているため、サイクルキャップをかぶることで風を防いで保温性を高めることが可能です。

サイクルキャップの選び方

形状で選ぶ

ツバなしタイプ

By: amazon.co.jp

ビーニーのような見た目のツバなしタイプは額にしっかりフィットして汗を吸い取ってくれるため、主に汗止めとして使用したい方に適しています。また、ほかの形状に比べて比較的手頃な価格で手に入るのも魅力のひとつ。

シンプルなデザインやカラーのアイテムが多く、ヘルメットの下にかぶると外からは見えないというメリットもあります。必要最低限の機能を備えたミニマルなサイクルキャップを探している方におすすめです。

ツバありタイプ

By: amazon.co.jp

ベースボールキャップによく似た形状のツバありタイプのサイクルキャップは、ヘルメットの先にツバを出して使用するため、紫外線による日焼け防止や眩しさを軽減する効果が期待できます。

また、カラフルでインパクトのあるデザインのモノが多く、同じヘルメットでもサイクルキャップによって印象を変えることが可能。ファッションとしてサイクルキャップを取り入れたいという方にもおすすめです。

バンダナタイプ

By: pearlizumi.co.jp

バンダナを頭に巻いたようなデザインが特徴のこのタイプは、頭だけでなく首の後ろまで生地でカバーできるため、首筋の日焼けを気にする方や防寒性を重視する方におすすめです。

また、自分で後ろを結んで着用するフリーサイズのモノが多いため、装着時の圧迫感を微調整できるというメリットがあります。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

サイクルキャップに用いられる最もポピュラーな素材は、吸汗速乾性の高いポリエステルです。そのほかにも、コットンやウールなど、さまざまな素材のサイクルキャップがあります。

汗をかく夏はポリエステル、寒い冬は保温性や温度調節機能に優れたウールのサイクルキャップを選ぶなど、季節によって素材を使い分けるとよいでしょう。

抗菌・防臭加工やUVカット加工の有無

衛生面が気になる方は、雑菌の繁殖を抑えて汗の嫌なニオイを低減してくる抗菌・防臭加工済みのサイクルキャップを選ぶのがおすすめ。

また、真夏の炎天下で自転車に乗る場合は、強い日差しから頭を守ってくれるUVカット加工が施されたサイクルキャップがあると安心です。さらに吸水速乾機能が付いていれば、不快な蒸れや肌のベタつきを抑えてくれます。

サイクルキャップのおすすめモデル

モンベル(mont-bell) サイクルワッチキャップ 1130239

ナイロンにポリウレタンを織り込んだダブルフェイス構造の伸縮素材「バイサーフェイスストレッチ」を使用した、総合アウトドアメーカー「モンベル」のサイクルワッチキャップです。バイサーフェイスストレッチは優れた撥水機能と吸水拡散機能備えており、快適な着用感を味わえます。

耳あて付きなので、寒い季節のライディングにもぴったり。左上部には光を反射するリフレクティブ・ロゴが施されており、夜間の視認性を高めてくれます。

アピス(APIS) レトロレーシングサイクリングキャップ MOLTENI

サイクルロードレースファンを魅了するレトロなデザインが特徴のアピス社製のサイクルキャップです。ツバありタイプなので、日差しや雨が目に入るのを防いでくれます。肌に優しく、汗を吸水して外に放出する能力に優れたコットン素材を採用しており、快適なかぶり心地を実現。

また、コットンは耐久性が高いため洗濯を重ねても生地が劣化しにくく、ソフトな風合いをキープできます。存在感のある見た目でファッションアイテムとしても活躍するおすすめのサイクルキャップです。

カペルミュール(KAPELMUUR) サイクルキャップ kpcap006

普段使いしたくなるようなデザイン性の高いアイテムが揃う「カペルミュール」のサイクルキャップ。ブランドを象徴する鮮やかなイエローカラーとサイドのライオンマークが目を引くおすすめのサイクルキャップです。

素材には、肌に優しく吸汗速乾性に優れ、オールシーズン使えるコットンを採用。さらに、キャップの裏側には1.5cm幅の綿テープが施されており、汗を吸い取って顔に流れるのを防いでくれます。

チネリ(Cinelli) EYE OF THE STORM CAP C0011

イタリアの老舗自転車メーカーである「チネリ」がアーティストとコラボレーションした限定モデル。アメリカ在住のイラストレーター兼タイポグラファー、そしてデザイナーでもあるアナ・ベナロヤのポップでカラフルなアートがキャップ全面に描かれています。

ほかにはないおしゃれなデザインで、ファッション性を重視する方におすすめのサイクルキャップです。

ルコックスポルティフ(le coq sportif) BBRサイクリングキャップ QCALGC01

フランス最古のスポーツ用品メーカーといわれている「ルコックスポルティフ」のサイクルキャップです。ベーシックなデザインながらも、センターに縫い付けられたトリコロールカラーのリボンテープがアクセントになっています。

カラーバリエーション豊富なので、ウェアや自転車に合わせて選ぶことが可能。ヘルメット脱着時の髪型を気にすることなく使用できます。ファッション感度の高い方におすすめのサイクルキャップです。

タロウワークス(TARO WORKS) ビーニー スカル キャップ

頭の形状にフィットする吸汗速乾性に優れた伸縮素材を使用した、ツバなしタイプのインナーキャップです。本体の一部に通気性のよいメッシュ生地を採用しており、熱のこもりやすいヘルメット内でも快適に着用できます。

リーズナブルな価格も魅力のひとつ。軽くて薄いため、折りたたんで気軽に持ち運べます。シンプルなデザインながらも充実した機能を備えており、エントリーモデルとしてもおすすめです。

パールイズミ(PEARL IZUMI) 477 メッシュ バンダナキャップ

速乾性に優れたポリエステルと柔軟性に富むポリウレタン混紡のメッシュ生地を使用したバンダナ風デザインのサイクルキャップです。後部に日よけが付いているため、首筋の日焼けが気になる方におすすめ。

対応頭囲は54〜61cmで頭部にしっかりフィットして汗を吸収し、顔に垂れるのを防いでくれます。軽くて薄いため、ヘルメットのインナーキャップに最適です。

カステリ(CASTELLI) PERFORMANCE CYCLING CAP 14047-032

おしゃれで高機能なアイテムを展開するイタリアのサイクルウェアブランド「カステリ」のサイクルキャップ。ブランドのトレードマークとして親しまれているサソリモチーフが存在感を放つおすすめのアイテムです。

前面部分には吸水性と保湿性を高めたポリエステル原料のマイクロファイバー素材使用。後部パネルには通気性のよいメッシュ生地を採用しており、夏でも涼しく快適に過ごせます。

ヘイロ ヘッドバンド(Halo headband) ヘイロ バンダナ H0005BL

頭囲が大きめの方でも深くかぶることが可能なバンダナタイプのサイクルキャップです。雑菌の発生や不快な汗のニオイを軽減する効果が期待できる銀イオン加工が施された、ナイロン・ポリエステル・ポリウレタンの三者混素材を使用。コットンやポリエステルよりも素早く汗を吸収して乾燥します。

さらに、キャップの内側には額から流れる汗を左右に誘導するシリコンゴム製のスウェットブロックシールを搭載。汗止めとして活躍するサイクルキャップを探している方におすすめのアイテムです。

タロウワークス(TARO WORKS) サイクリング インナーキャップ

ネックカバーが付いたユニークなデザインのサイクリングキャップです。体温調整機能を妨げて体力を消耗する原因になるといわれている首の日焼けを防いでくれます。カバーを使用しないときは、キャップの中にたたんでしまうことが可能。

カラバリ豊富で、好みや気分に合わせて製品を選べます。熱を逃がしやすい薄手のポリエステル素材を採用しており、ヘルメットのインナーキャップに最適です。

シマノ(SHIMANO) レーシング キャップ ECWOABSNC11UL0

自転車部品や釣具の製造で有名な日本のアウトドアスポーツ用品メーカー「シマノ」のレーシングキャップです。UVプロテクション効果のあるポリエステルとコットンの混紡素材を使用。後頭部には通気性のよいメッシュ生地の切り替えがあり、熱を放出して頭部の蒸れを防いでくれます。

スタイリッシュなデザインで、ファッションアイテムとして普段の生活にも違和感なく取り入れることができるおすすめのサイクルキャップです。

サンティック(Santic) Allez サイクリングキャップ

なめらかな肌触りのポリエステル素材で作られたおすすめのサイクルキャップです。汗を素早く吸収して乾かし、頭部を快適な状態に保ってくれます。薄手でシワになりにくい生地を使用しているため、小さく折りたたんで持ち運ぶことが可能です。

コーディネートを選ばないシンプルなデザインで、サイクリング時だけでなく、登山や釣り、旅行などの幅広いシーンで活躍します。

SOBIKE サイクルキャップ

後頭部や耳をカバーするフラップ付きで、汗止めや日焼け対策としてだけでなく、防風・防寒グッズとしても使えるおすすめのサイクルキャップです。

メイン生地には、アクティブな動きに対応するナイロン・エラスティン混紡の伸縮素材を採用。裏地には汗をかいても蒸れにくいメッシュ構造の生地を使用しており一年中快適に過ごせます。

おたふく手袋 ボディータフネス 冷感・消臭 パワーストレッチ ヘッドキャップ JW-611

X状の断面をした特殊なポリエステル繊維が接触冷感効果を実現する「X-COOL」という素材を使用したヘッドキャップです。吸汗速乾加工が施されているため、汗によるベタつきを抑えて快適なかぶり心地を叶えてくれます。

さらに、気になる汗のニオイをスピード消臭する「スイトールC 消臭コアーミシン糸」を縫製に採用。洗濯や日光乾燥により消臭効果が回復するので、繰り返し使えて経済的です。

ヘイロ ヘッドバンド(Halo headband) ヘイロ サイクルキャップ H0016BL

日差しや雨から頭部を保護するツバありタイプのサイクルキャップです。汗の吸収・速乾に優れた素材を使用しており、額や頭部から流れる汗が目に入るのを防いでくれます。抗菌・防臭加工済みなので、汗のニオイや衛生面が気になる方にもおすすめ。

縫い目がフラットなので肌あたりが優しく、快適なかぶり心地を体感できます。