今までの空気入れは何だったんだ?

アウトドアには付き物の空気入れ。いろいろなものを膨らませ、快適さをお届けする便利グッズです。でもその作業も続くと大変なことも。なにかイイ方法はないでしょうか? では、おそらくどんな手動での空気を入れる方法よりも、楽に済ませることのできる FLUXBAG を見るなら、絶対欲しくなります! さっそくご紹介しましょう!

わずかひと息!

FLUXBAG の最大の特徴はその超絶省エネぶり。ひと息その中に吹き入れ、端をクルクルっと巻いて、膨らませたいものにつないで、本体を上からグッと押すだけで、あっという間に完成です!

FLUXBAG のひみつ

開発チームによると、人間の吐く息は1回で最大3.5リッター。種類にもよりますが、エアーマットレスは150リッターもあります。どうして、膨らませることが可能になるのでしょうか?

50cmほどの開口部から息を吹き入れる際に「ベルヌーイ効果」により、周囲の空気もいっしょに FLUXBAG 内部に流入していくことに。その結果、200リッターもの空気が確保されるのです!

動画でのデモンストレーションのとおり、フットポンプや口から直接入れるよりも、かなり速く完成させていることは明らか。FLUXBAG を押すことにより空気を切れる方法は非力な人でもできそうです。

ドコデモいろいろ使える

FLUXBAG はたたんでしまうと、9×19cm、100g という、ビックリするくらいのコンパクトサイズ。荷物が多くなりがちなアウトドアでは大変助かります!


この世に存在するバルブの95%に対応するという FLUXBAG は Kickstarter で19ユーロ! きっと今までの空気入れは何だったんだ! となること間違いなしです!