スマホのワイヤレス充電は、ミドルスペックモデルにも搭載されはじめており、注目度が増している機能です。端末を充電器に置くだけでバッテリー充電できるのが特徴で、最近では給電能力も向上してきています。

そこで今回は、国際規格のQi(チー)に準拠したワイヤレス充電器のおすすめモデルをご紹介。ワイヤレス充電の仕組みや選び方のポイントについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ワイヤレス充電規格「Qi」とは?

By: amazon.co.jp

「Qi」とは、ワイヤレス充電の業界団体「WPC(Wireless Power Consortium)」が策定した国際標準規格のこと。電磁誘導を利用して非接触で給電をおこなうための規格で、中国語の読み方を用い、Qiと書いて「チー」と発音します。

なお、充電をおこなうためには、充電器とデバイス両方がQi規格に対応している必要があるので注意しておきましょう。

ワイヤレス充電器の仕組み

ワイヤレス充電器の仕組みとしてメジャーな充電方式は「電磁誘導方式」です。電磁誘導方式では、送電する側である充電器と受電する側であるスマホのコイルとの間に誘導磁束を発生させます。誘導磁束をスマホ側が電力に変換し、バッテリーに蓄える仕組みです。

ワイヤレス充電器のメリット・デメリット

ワイヤレス充電器のメリット

充電器に置いたり立てかけたりするだけで、簡単に充電できるのが一番のメリットです。充電のたびにコネクタを差す手間が不要なうえ、デバイスがワイヤレス充電に対応していれば端子の種類に関係なく充電を行えます。

また、複数台に対応した充電器であれば、コンセントを占拠することなく充電できるのがポイント。たくさんのデバイスを持っている方は、特に重宝します。

ワイヤレス充電器のデメリット

By: elecom.co.jp

電磁誘導により非接触で電力を伝達する仕組みのため、有線タイプと比べて充電速度が遅くなるのが難点です。もちろん、ワイヤレス充電非対応のデバイスは充電できません。また、正しい位置にセットしないとうまく充電できないこともあるので注意が必要です。

ケースを装着した状態での充電にも課題があります。厚みがあったり金属素材を採用していたりする場合は充電できません。ケースを付けている方は購入前に確認しましょう。

Qi対応ワイヤレス充電器の選び方

種類で選ぶ

スタンドタイプ

スマホを立て掛けるように置いて使用するタイプのワイヤレス充電器です。適度な角度が付けられており、セットした状態で画面を見ることが可能。メールのチェックやウェブサイトの閲覧も容易にできます。スマホの横置きに対応したモデルなどもあり、充電しながら動画の視聴ができるので便利です。

また、設置面積が小さいのもポイント。狭い場所にも置きやすく設置場所に悩むこともありません。スマホを置く面に滑り止め加工が施されていると、誤って触れてしまっても簡単にずれ落ちないので重宝します。

パッドタイプ

By: elecom.co.jp

文字通りパッドのような形状をしており、スマホを平置きして使用するタイプの製品です。スマホをセットする場所の自由度が高いため、デバイスの大きさにかかわらず適した充電位置に合わせやすいのがメリット。2台同時に充電可能なモデルも販売されており、家族のスマホを一緒に充電したい場合に重宝します。

ただし、スタンドタイプと比較すると、設置面積が大きいのが難点。小ぶりなサイドデスクなどでは邪魔になりやすいので、購入前には設置場所をよく確認して選ぶようにしましょう。デザイン性に優れたモデルもあるため、インテリアとしても映える製品を探している方はチェックしてみてください。

マウントタイプ

By: elecom.co.jp

製品本体を置くのではなく、しっかりと固定して設置するタイプのワイヤレス充電器です。車の中など振動のある環境で使用する際におすすめのタイプ。スマホを固定できるアームが付いているなど、多少揺れても本体が脱落したりスマホがズレたりしにくいので便利です。

モバイルバッテリータイプ

By: amazon.co.jp

バッテリーを内蔵しているタイプのワイヤレス充電器です。コンセントやアクセサリーソケットなど、電源のない場所でもスマホの充電ができるので便利。一般的なモバイルバッテリーのように、ケーブルを一緒に持ち歩く必要もありません。

ケーブルを忘れたために充電できないといった事態も防げるので、外出する機会が多い方におすすめの製品です。出かける際の荷物を少しでも減らしたい方もぜひ検討してみてください。

コイル数で選ぶ

ワイヤレス充電器は、製品によって内蔵されているコイル数が異なります。コイル数の多い方がスマホをしっかりと感知して充電できるので、より便利です。一方、コイル数が少ないとスマホを置く位置が少しズレただけで充電されない場合もあるため、その点は留意しておきましょう。

ただし、コイル数が多くなると比例して価格も高くなる傾向にあります。購入する際は予算と使い勝手を考慮して製品を選びましょう。

充電スピードで選ぶ

By: elecom.co.jp

自宅で就寝時に充電しておくような場面ではそれほど問題になりませんが、オフィスなど忙しい仕事の合間に充電するならば、充電スピードにも注目しましょう。

できるだけ短時間で充電を完了させたいなら、急速充電対応モデルがおすすめ。出力ワット数が7.5Wや10Wタイプなど、使用している機種に応じて高速で充電できるので重宝します。

熱対策が施されているかチェック

Qi規格のワイヤレス充電器を使って充電する際に問題になるのが熱。スマホが高温になるとバッテリーの劣化や本体の故障の原因となってしまう可能性があるため、対策が必要です。

そこでおすすめなのが温度調節機能をはじめとする熱対策が施された設計のワイヤレス充電器。過熱防止機能を備えていれば、安心して使用できます。

利用シーンで選ぶ

職場や自宅のデスク

デスク上で使用するのであれば、スタンドタイプがおすすめです。設置面積が小さく邪魔になりにくいため、置き場所が容易に決められます。また、机に向かった状態でスマホ画面が自然に見られるのもメリット。充電をしながらメールやメッセージのチェックができるので便利です。

顔認証に対応しているスマホであれば、画面を見るたびに手にとってロック解除をする手間も省けます。

外出先

By: amazon.co.jp

外出先で使う場合は、モバイルバッテリータイプのワイヤレス充電器がおすすめです。訪問した先にコンセントがなくても慌てる心配がありません。本体に重ねて置くだけで充電できるので便利です。

モバイルバッテリータイプの場合、本体の電池残量が確認できるLEDインジゲータかディスプレイを搭載していることが重要。本体を再充電しておくタイミングが一目でわかるため、外出先でスマホの充電ができないといったミスを防げます。

車内

By: amazon.co.jp

車の中で使用する場合、振動で脱落しないように固定できるマウントタイプを選びましょう。ダッシュボードに貼るモノやエアコンの吹き出し口に差し込むモノなど、さまざまな取り付け方法の製品があるので、設置場所をよく考慮して選ぶことが大切です。

また、スマホの取り付けや取り外しやすさも使い勝手を左右するポイント。ホルダーが自動で開閉するモノやダッシュボードなどに吸着するタイプなど、脱着が簡単なモデルも販売されています。頻繁に車を乗り降りするのであれば、ぜひチェックしてみてください。

ワイヤレス充電器のおすすめメーカー

アンカー(ANKER)

By: ankerjapan.com

Google出身のメンバーが2011年に創設した「アンカー」。ノートパソコン用の交換バッテリー開発から始まり、現在ではスマホのモバイルバッテリー市場を牽引している存在です。

同社製品は、コンパクトサイズから大型モデルまでラインナップが豊富なのも魅力。独自の技術を採用しているほか、ユーザーからのフィードバックを反映し、品質向上に努めているのも特徴です。

エレコム(ELECOM)

By: elecom.co.jp

「エレコム」は大阪に拠点を置き、マウスパッドやキーボードなどのパソコン周辺機器を数多く展開しているメーカー。最近はスマホやタブレット関連のアイテムも豊富に取り揃えています。

ワイヤレス充電器に関しては、コイル可動モデルなどを展開。利便性を追求したい方はぜひチェックしておきましょう。

Qi規格のワイヤレス充電器おすすめモデル|スタンドタイプ

アンカー(ANKER) PowerWave 7.5 Stand AK-A2521012

ケースを装着したままでも使用できるスタンド式ワイヤレス充電器です。5mm以下の厚みに対応しており、ケースを取り外す手間を省けるのが便利。また、異物探知や過電圧保護機能を有しているため、スマホをより安全に充電できます。

iPhone・Androidの両スマホの給電が可能。さらに、Samsung Galaxy S9などのデバイスとQuick Charge2.0・3.0充電器の使用により、10W出力の急速充電を行えます。また、コイル数は2つあり、縦置きでも横置きでも利用可能です。

アンカー(ANKER) ワイヤレス充電器 Anker PowerWave II Stand

セッティングしたデバイスに合わせて、出力が自動的に切り替わる設計を採用したワイヤレス充電器。充電用コイルを2つ内蔵しており、縦置き・横置きの両方に対応しています。

異物探知や過電圧保護といった機能を備えているため、安全性を重視する方におすすめ。5mm以上の厚みがあるケース、または金属製のケースでなければ、ケースを装着したままでも充電が可能です。

エレコム(ELECOM) ワイヤレス充電器 W-QS05

シンプルでスタイリッシュなデザインにより、デスク上に出しておいても気になりにくいワイヤレス充電器。2枚のコイルを搭載しているため、縦置き・横置きの両方でスマホを充電できます。

スマホを置く部分の底面に滑り止めパッドが付いているほか、本体の土台にはおもりを入れて安定性を高めているのがポイント。充電状況を一目で確認できるLEDも付いています。

エレコム(ELECOM) Qi規格対応ワイヤレス充電器 EC-QS03

最大10Wの高出力に対応したスタンド式ワイヤレス充電器です。QuickCharge2.0・3.0に準拠したACアダプターを使用することで、対応スマホを急速充電できます。コイルを上下に動かせるのででスマホ側の充電コイルにしっかり合わせられるのもポイント。また、Quick Charge非対応スマホでも5Wでの充電が可能です。

厚さ3mm以下であれば、ケースを付けたままでも給電できるのが本製品の特徴。さらに、滑り止め用のパッドが付いており、スマホがずり落ちる心配を軽減できます。長さ約100cmのケーブルが付属しているため、電源から離れた場所からでも使用できるモデルです。

ベルキン(belkin) BOOST↑UP ワイヤレス充電スタンド F7U083jc

ラウンド状のデザインが特徴的なQi対応ワイヤレス充電スタンドです。スマホの縦置きはもちろん、横置きにも対応しているのがポイント。充電しながらWebサイトの閲覧や動画鑑賞、テレビ電話などをしやすいのが魅力です。

厚さ3mmまでのプラスチックケースであれば装着したままワイヤレス充電できるので、わざわざケースを取り外す必要がありません。また、Quick Charge 3.0に対応しており、条件に適合したスマホを置くだけで急速充電が可能。デザイン性と機能性に優れたおすすめのワイヤレス充電器です。

NANAMI ワイヤレス充電器 M220

安全性に優れたスタンド式ワイヤレス充電器です。過充電防止機能が搭載されているのがポイント。スマホ設置部分は、シリコン素材が取り付けられているため、設置した際にスマホを傷つけにくいのも魅力です。また、温度制御機能によりスマホを安全に使用できます。

充電器内部には2つのコイルを内蔵。縦・横の両方向での設置が可能なので、動画を視聴しながら充電したい方におすすめです。さらに、Quick Charge2.0・3.0規格に準拠しており、対応ACアダプターとスマホを用意することで素早く充電できます。

Qi規格のワイヤレス充電器おすすめモデル|パッドタイプ

アンカー(ANKER) PowerWave Base Pad AK-A2505011

QuickCharge2.0・3.0規格に準拠したパッドタイプのワイヤレス充電器です。12V出力に対応したACアダプターを用意することで、スマホを急速に充電できます。また、本体には温度管理システムによる放熱機能が備わっており、充電中の発熱を抑えられるのが特徴です。

充電状況を確認できるLEDインジケーターも便利なポイント。ブルーとグリーンのライトによって、端末が充電されているかをひと目でチェックできます。スマホの形状に合わせたスリムなデザインで、パッドの中央部分に合わせやすいのが魅力です。

アンカー(ANKER) PowerWave 10 Dual Pad AK-B2571111

2台同時に充電可能なパッドタイプのワイヤレス充電器です。充電パッド同士の干渉を防ぐテクノロジーを採用し、それぞれ5W・7.5W・10Wでの充電に対応しているのが特徴。プライベートとビジネス用途でスマホを複数台持っている方におすすめです。

安全性に優れているのも本製品のポイント。異物探知や過電圧保護機能を搭載しているため、スマホを保護しながら充電できます。さらに、厚さ5mm以下のケースをつけたまま充電できるため、取り外す手間を省けるのも魅力です。

アンカー(ANKER) PowerWave Sense Pad Alloy B25091F1

スタイリッシュなデザインのワイヤレス充電器。本体にアルミニウム素材が採用されており、質感のよさと放熱性の高さを両立しています。充電面には布生地が使用されており、インテリアにも馴染みやすいのでデザイン重視の方におすすめです。

iPhoneシリーズは最大7.5W、Pixelシリーズは最大11W、急速充電に対応したAndroidスマホは最大10Wの出力でワイヤレス充電が可能。本体の上下に滑り止め加工が施されており、充電中に端末がズレにくい点も魅力です。

温度管理機能や異物検知機能が搭載されているため、安全面を重視したい方にもぴったり。Quick Charge 3.0に対応したUSB充電器とType-A&Type-Cケーブルが同梱されているため、コスパにも優れています。

エレコム(ELECOM) Qi規格対応ワイヤレス充電器 W-QA03X

スマホを置くだけで手軽に充電ができるパッドタイプのワイヤレス充電器。動作確認用のLEDを2か所に設置しており、スマホをどのような角度で置いても充電状況がわかりやすいのが魅力です。

価格設定はリーズナブルで、コスパを重視する方におすすめ。また、着脱可能な約50cmのケーブルが付属しているため、卓上での使用はもちろん、持ち運びたい場面に重宝します。

シーアイオー(CIO) deskHack CIO-QIDH-ST

12〜32mmの中距離Qi規格に対応したワイヤレス充電器です。本体を机の裏に貼り付けると、机にスマホやワイヤレスイヤホンなどのデバイスを置くだけで充電を開始します。充電ケーブルを置く必要がないため、机の上をスッキリ整理できるのがメリット。できるだけ作業スペースを確保したい方にもおすすめです。

木製だけでなく、合成樹脂製やガラス製などの机にも対応しています。そのため、ベッドサイドテーブルやリビングテーブルなどさまざまな場所で利用可能です。ただし、金属製の机では使用できないため、留意しておきましょう。

本製品は、7.5Wと10Wの急速充電にも対応しています。素早く充電できるので、ストレスフリー。カラーはウッド・ホワイト・ブラックの3色展開で、設置する場所に合わせて選べるのも嬉しいポイントです。

▼【次世代充電器】机の上がワイヤレス充電器に早変わり!

ベルキン(belkin) ワイヤレス充電器 F7U082JCWHT-A

使いやすさを重視する方におすすめのワイヤレス充電器。本体表面に滑り止め用のコーティングが施されているため、充電中にスマホが滑り落ちにくいのがポイントです。また、付属のQuickCharge3.0規格に準拠したACアダプターを使用すれば、対応端末を急速に充電できます。

シンプルなデザインも本製品の特徴。ブラック・ホワイトの2カラーをラインナップしており、設置場所の雰囲気や端末に合わせて選べます。

NANAMI ワイヤレス充電器 U6

手軽に給電できるパッドタイプのワイヤレス充電器です。5mm以下の厚さのケースに対応しているため、充電するたびに取り外す手間を省けるのが便利。金属製やマグネットなどの磁気を帯びたケースを使用している場合や、クレジットカードを挟んでいるとうまく充電されない可能性があるので、留意しておきましょう。

多様な安全機能を搭載しているのも魅力。過電流保護・ショート防止・温度制御などの保護機能を搭載しており、スマホに充電している際の異常を軽減します。iPhone・Androidといった幅広い端末に対応しているため、家族や職場での共有にもおすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ワイヤレス充電器 IWCP-202

2台のデバイスを置くスペースがあるため、スマホとワイヤレスイヤホンなどを同時に充電できるワイヤレス充電器。最大出力は20Wで、高速充電に対応しています。

ショート・過電圧・過熱を防ぐ保護機能を搭載。また、Qi非対応の機種や金属製の小物が置かれた場合には自動で給電がストップする設計です。スマホとの接地面には滑り止めのラバーパッドがあしらわれています。

Qi規格のワイヤレス充電器おすすめモデル|マウントタイプ

エレコム(ELECOM) カーチャージャー W-QC01

1台2役のマウント式ワイヤレス充電器です。本製品はパッド部分のみの取り外しが可能なので、車載用途だけでなく卓上用としても使用できます。また、底面に強力なゲル吸盤を採用しており、ダッシュボード上にもしっかりと設置可能です。

自由自在に方向を変えられるのも本製品の特徴。360°回転するボールジョイントを使用しているため、スマホの画面を見やすいように調節できます。さらに、LEDライトを搭載しており、充電状況をひと目でチェックできるのも魅力です。

フィリップス(Philips) 2in1 車載ワイヤレス充電器 DLP9365NB/11

ダッシュボードとエアコン吹出口のどちらにも取り付けられる2in1モデルです。強力なゲル吸盤スタンドと吹出口用クリップが付属。車内インテリアの形状に関わらず、設置しやすいワイヤレス充電器を求める方におすすめのモデルです。

シガーチャージャーとUSBケーブルが付いているため購入後すぐに設置できます。過熱防止や過電流防止など保護機能が充実。環境が変わりやすい車内でも安心して使用することが可能です。

Mgctech LANZO ワイヤレス充電器 ZC-WXC-BK

幅広い機種の設置が可能なマウント式ワイヤレス充電器です。4.7~6.5インチと幅広い大きさに対応しているほか、ケースを取り付けたままでも充電できます。また、360°回転するボールジョイントを採用しており、画面を見やすいように縦・横方向を切り替えられるのがポイントです。

粘着力が強力なゲル素材によって車内のダッシュボードに設置可能。また、付属のパーツを使用することでエアコンの吹き出し口にも取り付けられます。さらに、過熱・過充電・過電流といった多重保護機能を搭載しているのも魅力です。

TECHRAME ワイヤレス充電器

片手で取り付けられるマウント式ワイヤレス充電器です。本製品は電磁誘導技術を採用しているため、ホルダーにスマホを置くだけで自動的に固定されます。また、吹き出し口用のクリップのほかに、強力なゲル素材を使った吸盤が取り付けられており、ダッシュボードにも設置できるのがポイントです。

さらに、ジョイント部分は360°で回転するため、スマホを縦・横方向で自由に切り替えられます。画面の見やすさを重視する方におすすめです。QuickCharge2.0・3.0規格にも準拠しており、対応のACアダプターを用意することで、急速充電を行えます。

HONSHOOP ワイヤレス充電車載ホルダー

長く利用できるマウント式ワイヤレス充電器です。吸盤部分に小さなゴミやホコリが付着して粘着力が低下しても、水洗いをすることによって再利用可能。また、ワンタッチでホルダー部分が開閉するため、片手で簡単に着脱できます。

急速充電に対応しているのも魅力です。QuickCharge2.0・3.0規格に準拠しており、iPhoneシリーズでは7.5W、Galaxyシリーズでは10Wの出力によって給電できます。重さも112gと軽量で、車載用としてはもちろん、デスクやキッチンなどさまざまな場所で使用したい方におすすめのモデルです。

Qi規格のワイヤレス充電器おすすめモデル|モバイルバッテリータイプ

アンカー(ANKER) PowerCore III 10000 Wireless

10000mAhの大容量バッテリーを内蔵したモデルです。iPhone 12を2回以上もフル充電可能。通話や動画視聴など、外出先でスマホを使用する頻度が高い方におすすめのモデルです。

端子はUSB Type-AとType-Cポートを備えています。Type-Cポートは最大18Wの入力に対応。パススルー充電が可能なため、本体とデバイスの充電が同時におこなえます。自宅やオフィスでは、パッドタイプのワイヤレス充電器としても利用できる便利なモデルです。

チーロ(cheero) Energy Plus mini 4400mAh Wireless CHE-105

約105×64×15mmのコンパクトなワイヤレス充電器です。薄型デザインのため、スマホとの重ね持ちが可能。通話をしながら充電ができる使い勝手のよいモデルです。また、重さが約115gと軽量なため容易に持ち運べます。

USB Type-AとType-Cポートを搭載。Qi非対応のスマホが充電できるほか、最大3台のデバイスを同時充電することも可能です。価格も手頃なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

マクセル(maxell) Qi対応モバイルワイヤレス充電器 Air Voltage WP-PDB50

バッテリーを搭載したQi対応ワイヤレス充電器です。本体表面にはシリコンゴムシートを採用しており、スマホを載せても滑り落ちにくいのが魅力。家では据え置きタイプとして、外出先ではモバイルタイプのワイヤレス充電器として使えます。

バッテリー容量は6200mAh。3段階のLEDによってバッテリー残量を視覚的にチェックできるのもポイントです。シンプルなデザインでオフィス利用にも活躍します。

elzle ソーラーワイヤレス充電器

アウトドア用途におすすめのモバイルバッテリー一体型ワイヤレス充電器です。ソーラーパネルを搭載しており、太陽の下に置いておくだけで本体バッテリーを充電可能。キャンプや山登りなどにぴったりです。また、260ルーメンの高輝度LEDライトを備え、50m先までの範囲を明るく照らせます。

Qi規格のワイヤレス充電機能に加え、USB Type-Aポートを2基採用しており、最大3台まで端末を同時に充電可能。25000mAhの大容量バッテリーを内蔵しているため、電源が用意されていない場所での作業にもおすすめです。

オーキー(Aukey) モバイルバッテリー PB-WL03

スタンドタイプのワイヤレス充電器のように使えるモバイルバッテリー。ワイヤレス充電はもちろん、Type-AポートとType-Cポートからの有線充電にも対応しています。20000mAhの大容量なので、長時間の移動の際も安心して使用可能です。

本体に収納可能なスタンドを内蔵している点も魅力。スマホを立て掛けて、動画やレシピなどのコンテンツを見ながら充電可能です。パススルー機能に対応しているため、自宅ではワイヤレス充電器として使いながら、外出時にはモバイルバッテリーとして持ち歩けます。

Type-Cポートは入出力共にUSB PDに対応しており、最大18Wでスマホを急速充電可能。側面にはLCDディスプレイが搭載されており、バッテリー残量を1%刻みで表示できるので、本体充電のタイミングも簡単に把握できます。

シーアイオー(CIO) SuperMobileCharger CIO-SC2-10000

ACプラグを内蔵したモバイルバッテリー兼ワイヤレス充電器。ACプラグを搭載しているため、ケーブルを使用せずに直接コンセントに接続できます。ACプラグは折りたたんで収納できるので、持ち運ぶ際も邪魔になりません。

容量は10000mAh。iPhoneであれば最大7.5W、Androidスマホであれば最大10Wの急速ワイヤレス充電が可能です。また、Type-CポートとType-Aポートを1基ずつ搭載しています。

USB PDやQuick Chargeにも対応。最大で18Wの出力で、スマホやタブレットを急速充電できます。バッテリー残量を表示できるLED機能の搭載も魅力のひとつ。バッテリーの消費量を一目で把握できます。