iPhone 8の登場以降、注目度が増しているスマホのワイヤレス充電。端末を充電器に置くだけでバッテリーが満たされる利便性が特徴で、最近では給電能力も向上してきています。

そこで今回は国際規格のQi(チー)に準拠したおすすめのスマホ用ワイヤレス充電器をご紹介。ワイヤレス充電の仕組みや選び方のポイントについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ワイヤレス充電器の仕組み

By: anker.com

ワイヤレス充電器の仕組みとしてメジャーな充電方法は「電磁誘導方式」。充電器に内蔵されている電力を共有する側のコイルとスマホに内蔵されている受電側のコイルの2つを用いる仕様で、充電器側のコイルだけに電流を流し、スマホを近づけるとスマホ側のコイルにも電流が流れるという仕組みです。

「Qi」って何?

By: amazon.co.jp

Qi(チー)とは、「電磁誘導方式などを使ってスマホをワイヤレス充電するシステムの国際標準規格」を指し、ワイヤレスパワーコンソーシアムによって2010年7月に策定されたものです。

Qi規格が策定されてからは、それぞれのメーカーからさまざまなワイヤレス充電器がリリースされ、注目を集めています。

Android端末とiPhoneだと何が違いはあるの?

Androidスマホは、以前からQi規格のワイヤレス充電に対応したモデルがありましたが、iPhoneシリーズにおいてはしばらくQi規格に対応できる機種がなく、iPhone 8以降からQi規格に対応する端末がリリースされるようになりました。

今後は、Qi規格に対応するスマホが続々とリリースされると予想されており、これまで以上にワイヤレス充電器を使用する機会が増えると期待されています。

ワイヤレス充電器の選び方

置き方で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワイヤレス充電器には、スマホを充電器に立てかけて充電するスタンドタイプと充電器の上にスマホを置いて充電するパッドタイプの2種類があります。

ワイヤレス充電器の置き場所が狭い場合や充電中も通知を見やすくしたいという方にはスタンドタイプがおすすめです。

コイル数で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワイヤレス充電器は製品によって内蔵されているコイル数が異なります。コイル数が多い方がスマホをしっかりと感知して充電することが可能なので、より便利です。一方、コイル数が少ないとスマホを置く位置が少しズレただけで充電されない場合もあるので、その点は留意しておきましょう。

なお、コイル数が多くなるとそれに比例して価格も高くなる傾向にあります。購入する際は予算と使い勝手を考慮して製品を選びましょう。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワイヤレス充電器の中にはさまざまな機能が搭載されたアイテムがあります。特に注目したいのは、温度調節機能と急速充電機能です。

温度調節機能は充電器より温度が上がるのを防ぎ、スマホへのダメージを軽減できるのが特徴。急速充電機能は通常の充電よりも早く充電器してくれる機能です。これらも予算との兼ね合いを検討して、自身の用途にあった製品を選ぶようにしましょう。

出力で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワイヤレス充電器を選ぶ上で出力の大きさもチェックしておきたいポイント。ワイヤレス充電は有線と比べて充電効率が悪く、要する時間も長くなります。つまり、なるべく大きい出力の充電器を選んだほうがスムーズな充電ができます。ただし、充電をするスマホ側にも対応出力があるので、購入時にはこの点も確認しておきましょう。

Qi規格のワイヤレス充電器おすすめモデル

Anker 第2世代 Qi ワイヤレス充電器 A2523011

立て掛けて充電するタイプのQi規格対応ワイヤレス充電器。スマホを置いた向きに関係なく充電できるため、充電しながらアプリ操作や動画視聴を楽しめるのが特徴です。

従来のワイヤレス充電器と比較して10%ほど充電スピードが上がっているのもポイント。なお、スマホケースの厚さが5mm以上であると充電に支障をきたす恐れがあるので、注意しておきましょう。

Anker 10W Qi認証済み プレミアムワイヤレス充電器 A2513011

幅86×奥行86×厚さ7mmほどと薄くてコンパクトなQi規格対応のワイヤレス充電器。外出時でも手軽に持ち運べる便利なモデルです。

本体底面に滑り止め用のパッドが付いており、 スマホがズレにくくなっているのもポイント。5Wのノーマル充電モードに加え、10Wの急速充電モードも選択が可能なので、使い勝手は良好です。

NANAMI Qi 急速 ワイヤレス充電器 220

コイルを2つ内蔵しているQi規格対応のワイヤレス充電器。充電できる面積が広く、 スマホを縦においても横に置いても充電することが可能なモデルです。

急速充電モードを使用でき、これまでの充電器に比べ、最大1.4倍のスピードで充電ができるのが特徴。また、過充電などのトラブルを検出する機能も搭載しており、スマホを安全に充電できるのも魅力です。

Anker Qi対応機種対応 シングルコイル ワイヤレス充電器 AK-A2511011

薄い円盤型をしたQi規格対応のワイヤレス充電器。手のひらサイズのコンパクトボディなため手軽に持ち運びしやすいうえに、充電スポットが省スペースで済むのが特徴です。

本体の表面と裏面に滑り止めのゴムが装着され、スマホを安定させて充電することが可能。赤と青のLEDライトを搭載し、充電中などの状態が一目でわかるのもポイントです。

エレコム(ELECOM) Qi 急速 ワイヤレスチャージャー EC-QS01BK

スマホを立て掛けて充電するだけでなく寝かせても充電できるQi規格対応のワイヤレス充電器。コイルを2つ内蔵しており、スマホを横向きにしても縦向きにしても充電できるのが特徴です。

スマホに装着したケースが厚さ3mm以下なら、ケースを外さずに充電可能なのもポイント。本体背部に放熱用の空気穴が開いており、本体の温度上昇を抑えることができるのも魅力です。

Ewin Qi 10W ワイヤレス充電器

10Wでの急速ワイヤレス充電が可能なQi規格対応のワイヤレス充電器。本体の重量は60gほどと軽く、直径90×厚さ8mmと小さめなボディのため、気軽に持ち運びできるのが特徴です。

本製品は温度調節機能を搭載しているのもポイント。本体の温度が40℃以上になるのを防いでくれるので、スマホの劣化に配慮したワイヤレス充電器を探している方におすすめです。

MEGICOT Qi ワイヤレス充電器 スタンド型 S550

冷却台を搭載したQi規格対応のワイヤレス充電器。本体にスマホをセットすると自動で冷却台が稼働し、充電中にスマホが熱くなるのを防いでくれるのが特徴です。

2つのコイルを内蔵したスタンドタイプで、充電中でもスマホ操作が可能なのもポイント。過放電保護など安全性にも配慮したモデルなので、ガジェットに不慣れな方でも安心して使えるワイヤレス充電器です。

CHOETECH Qi ワイヤレスチャージャー T517

円盤型をしたシルバーのボディが特徴的なQi規格対応のワイヤレス充電器。薄くてコンパクトであり、持ち運びしやすいのが特徴です。

本体の表面には滑り止め用のグリップが装着され、安定した充電状態を維持しやすいのもポイント。周囲の光に合わせて明るさを自動調整するLEDインジケーターを採用し、睡眠を妨げないのも魅力です。

また、加熱やショートなどを予防する機能を搭載しているので安全性にも配慮。場所を選ばす使える汎用性の高いワイヤレス充電器です。

ベルキン(Belkin) Qiワイヤレス5W充電パッド F8M747BT-A

ソフトな素材を採用したQi規格対応のワイヤレス充電器。スマホをなるべく傷つけずに充電したい方におすすめのモデルです。

コンパクトで薄型のため、狭いスペースでも収納可能で持ち運びしやすいのもポイント。Qi規格対応の端末であれば、スマホだけでなくタブレットを充電できるのも魅力です。

CHOETECH Qi ワイヤレス充電器 T511

スマホを平置きして充電するタイプのQi規格対応ワイヤレス充電器。幅91.5×奥行91.5×厚さ10.2mmと薄型コンパクトボディで、外出時に持ち運ぶ際にも便利なアイテムです。

スマホケースが厚さ5mm以下であれば、スマートに充電することが可能。また、過電圧や過電流などを防止するための内部保護機能も搭載されているので、安心して使えるのも魅力です。

Ksizen ショップ Qi 急速 ワイヤレス充電器 FL-8

急速充電ができるQi規格対応のワイヤレス充電器。スマホだけでなく、スマートウォッチの「Apple Watch」の充電も可能(一部非対応モデルもあり)で、2時間ほどでフル充電が可能です。

なお、充電対象となるガジェットが8mm以内の位置にあれば対応できるのもポイント。また、滑り止めパッチが本体の裏側に装着されているので、デスク周りに設置する際にも便利です。

シュピゲン(Spigen) Qi対応機種 ワイヤレス充電器 000CH20727

薄型でコンパクトなQi規格対応のワイヤレス充電器。外出時に手軽に持ち運びできるのが特徴なほか、出力が9W仕様なので素早く充電できるのもメリットです。

なお、スマホケースを装着した状態でも比較的充電は可能ですが、クレジットカードや交通系ICカードなどを同封している場合は磁気の影響を受ける可能性が高いので、使用する際は注意してください。

RAVPOWER Qi ワイヤレス充電器 RP-PC014

10Wの出力によるスムーズな充電が可能なQi規格対応のワイヤレス充電器。15W以上のQuick Charge 2.0/3.0アダプターがあれば、急速充電にも対応できるのが特徴です。

本体サイズは幅91×奥行91×厚さ12mmと小さめ。滑り止めゴムパッドも付いているので使い勝手は良好です。なお、使用する際は効率よく充電するためにスマホをワイヤレス充電器の中央部に置くことを心掛けてください。

BRANDNP 急速 10W ワイヤレス充電器 NP830

スマホを立て掛けて充電できるスタイリッシュなQi規格対応のワイヤレス充電器。5W対応の「ノーマル充電モード」と10Wの「急速充電モード」があるのが特徴です。

スマホの充電量が80%を超えたら自動的に細流充電モードに変わるので、スマホバッテリーの劣化に配慮できるのもポイント。使い勝手は良好なので、ワイヤレス充電に対応するスマホを購入した際にはぜひセットで揃えることを検討したいアイテムです。

DeliToo Qi ワイヤレス充電器

本体側面が透明のQi規格対応ワイヤレス充電器。直径100mmと手に収まるサイズ感はもちろん、厚さ9mmと薄いため、よりフラットに置けるのがメリットです。

LEDインジケーターにより充電状態を確認できるのもポイント。充電完了後であってもランプが点滅し続けることがないほか、充電中のような熱さのまま放置されることもないので、安心して使えるのもポイントです。

RAVPOWER Qi ワイヤレス充電器 RP-PC067

4つのコイルを採用したQi規格対応のワイヤレス充電器。充電できる範囲が広いのが特徴です。

側面と底面には滑り止めが施しているほか、本体内部の熱を拡散する穴が用意されているのもポイント。コイルの数が多い分価格はやや高めですが、長く使用することを見越している方にとってはおすすめのワイヤレス充電器です。