ワッデン海 ユネスコ世界遺産でテスト中!

オランダ・ドイツ・デンマークの三国にまたがる世界最大規模の干潟であるワッデン海。ユネスコ世界遺産に登録された10,000平方キロは6時間ごとに潮の満ち干を繰り返す生物の宝庫です。今回は、そのガイドたちが属するワッデン海協会の依頼により、デザイナー Pauline van Dongen 氏が開発を進めているソーラーウィンドブレーカーに注目。どんなウェアラブルになっているのでしょうか?

ソーラーウィンドブレーカーとは?

その名のとおり、ソーラーパネルが仕込まれたウィンドブレーカー。着る人を保護しながら、太陽光発電をしつつ、環境保護にもつながるワッデン海発ならではのウェアラブル。

人と環境を保護

まず、ウィンドブレーカーとしての基本機能はどうでしょうか? 防風防水性能はもちろん、その70%がリサイクル生地を使用し、人と環境にやさしく世界遺産にふさわしい仕上がりです。

グラファイトカラーはワッデン海の風景との調和を乱さないいい配色です。また、収納式のフードや高さのあるカラーは、絶えず吹く強風の中でのガイドを快適に保つかもしれません。

自然を味方に

肝心の「ソーラー」はどうでしょうか? 非常に薄いソーラーパネルがラミネート加工で生地と一体化し、デザインの一部になっているのがクール! 天気によりますが、スマートフォンを1-2時間で充電するそうです。

またモバイルバッテリーを内蔵し、ガイド中に必要になるかもしれないGPSなど、さまざまなデバイスの充電が可能。スマートフォンのワイヤレス充電にも対応しているというから便利!

気になるのは、実際にツアーで使用したガイドたちのフィードバック。その結果によっては来年中に製品化される可能性もあるそうです。このプロジェクトにはぜひアウトドアメーカーも参加してほしいですね!