収納性の高さが魅力の「長財布」。複数のカードを入れられるほか、家の鍵やレシート、チケットなどの小物も携行できます。メンズ向けのモノは、収納性に加えてデザイン性を備えたモデルが多いのが特徴です。

しかし、メンズ長財布はさまざまなブランドから多くのモデルが登場しているため、どれを選べばよいか迷いがちです。そこで本記事では、おすすめのメンズ長財布をピックアップ。おすすめのブランドなどについても解説します。

メンズ長財布の価格相場は?

20代などの若者向け

By: zozo.jp

20代などの若者向け長財布の価格相場は、10,000〜40,000円です。ブランドによっては10,000円を切るモデルもあります。手に取りやすく、万が一破れても買い替えやすいのが魅力です。

若者向けの長財布を購入する際は、ライフスタイルの変化に対応できるようなデザインを選びましょう。社会人にはスーツに合うスリムなモノがおすすめ。学生服や私服で過ごす方にはカジュアルな見た目のモノが適しています。

30代

By: zozo.jp

30代向け長財布の価格相場は、20,000〜60,000円です。ブランドによっては100,000円を超えるモデルも。シンプルながらも高級感があり、ビジネスシーンで活躍するモデルが多くあります。

30代向けの長財布を購入する際、スーツのポケットにも入れられるようスリムなモノを選ぶのがおすすめです。また、ワンポイントがあしらわれているモデルであれば、プライベートでも使用できます。

40代以上

By: cypris.co.jp

40代以上向け長財布の価格相場は、20,000〜70,000円です。100,000円を超えるモノも多く存在します。機能的で、細部にまでこだわって作られたモデルが豊富なのが特徴です。

また、クロコダイルやコードバンなど、上質なレザーを使用したモデルが多いのもポイント。加えて、上品なデザインで、かつ控えめに主張するブランドロゴやワンポイントをあしらったモノもあります。

メンズ長財布のおすすめ人気ブランド

ポールスミス(Paul Smith)

「ポールスミス」は、1970年に誕生したイギリスを代表するファッションブランドです。メンズ・ウィメンズウェアを中心にブランドを展開。また、シューズや腕時計など、多数のアイテムを手掛けています。

ストライプポイントやミニクーパーなど、独自のデザインを採用した長財布を多くラインナップしているのがポイント。上質な見た目なので、ビジネスシーン・プライベート問わず使用できます。

ポールスミス(Paul Smith) シティエンボス 長財布

パルメラート加工とPUコーティングが施されているメンズ長財布です。エンボス風の質感が再現されており、水や傷に強いのが特徴。さらに、内側には、セミアニリン仕上げが施されたガラス調のレザーを使用しています。

10個のカードポケットやファスナー付きの小銭入れなどが配置されており、収納性の高さも良好。また、ライニングの一部にマルチストライプがあしらわれているなど、細部にまでこだわりが見られます。表面と内側のコントラストが楽しめる、おすすめのアイテムです。

マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY)

「マッキントッシュフィロソフィー」は、レインコートやキルティングジャケットなどを手掛けているブランド「マッキントッシュ」のセカンドラインです。ジャケットなどのメンズウェアを主力アイテムとしています。

マッキントッシュフィロソフィーのメンズ長財布は、シンプルなデザインが特徴。スーツスタイルに合わせやすく、ビジネスシーンで活躍します。また、価格が抑えられており、手に取りやすいのもポイントです。

マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY) 長財布 二つ折り パレット

素材にスムースレザーを採用しているメンズ長財布です。滑らかな肌触りや独特の風合い、経年変化などが楽しめます。加えて、ボディにはブランドロゴがあしらわれており、細部にまでこだわりが見られるのも特徴です。

カードスロットの数が豊富にあるため、クレジットカードやIC系のカードを多く使用する方におすすめ。また、ファスナー付きの小銭入れも備わっています。20代などの若者や、プレゼント用にもおすすめのアイテムです。

キングズ(KINGZ)

「キングズ」は、バッグブランドの「サマンサタバサ」が手掛けているメンズラインのオリジナルブランドです。数々のゲームや企業とコラボを行っており、ボディバッグやアクセサリーなどの製品を手掛けています。

キングズのメンズ長財布はブラックやブラウンといった落ち着きのあるカラーが多く、シックな見た目のモデルが多いのが特徴。また、価格が抑えられており、20代などの若者におすすめです。

キングズ(KINGZ) メッシュレザー ラウンド長財布

素材にカウレザーを採用したメンズ長財布です。冊切りのレザーを編み込んだイントレチャートデザインが特徴。わずかに色を差すことで、モードな表情に仕上げられているのがポイントです。

ラウンドファスナー仕様で、中身が飛び出さないのも魅力。また、豊富なポケットやカードホルダーが配されており、スマートに使用できます。20代などの若者におすすめで、プレゼント用としても喜ばれるアイテムです。

トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)

「トミーヒルフィガー」は、1985年にファッションデザイナーのトミー・ヒルフィガーが設立したアメリカのファッションブランドです。フットウェアやスイムウェア、アクセサリーと、多数の製品をラインナップしています。

トミーヒルフィガーのメンズ長財布は、シンプルかつおしゃれなのが特徴。ビジネスシーンでもプライベートシーンでも活躍します。また、リーズナブルな価格のモデルが多く、気軽に購入できるのもポイントです。

トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) レザージップロングウォレット

ラウンドジップタイプのメンズ長財布です。大きく開く蛇腹型のマチを配しているのが特徴。複数枚分のカードスロットやアディショナルポケットなどを装備しているため、必要なモノがたくさん収納できます。

スキミングを防止する磁器防止機能が付いており、優れたセキュリティ性が備わっているのもポイント。また、素材にはカーフレザーが用いられており、独特の風合いや経年変化が楽しめます。コストパフォーマンスがよく、20代などの若者におすすめのアイテムです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

「タケオキクチ」は、1984年にデザイナーの菊池武夫氏が設立した日本の男性向けファッションブランドです。イギリス風の伝統的なデザインを施したアイテムを多く扱っており、日本国内だけでなく海外にも直営店を出店しています。

タケオキクチの長財布は、キレイ目のデザインが特徴。ビジネスパーソンにおすすめで、大人の色気が演出できます。また、コストパフォーマンスがよく、気軽に購入しやすいのもポイントです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) レターラベル バイカラー3方ラウンドファスナー長財布

ラウンドファスナータイプのメンズ長財布です。内側に収納したカードや小銭が散らばらないのが魅力。加えて、13枚分のカードスロットや2つのスリットポケットなどを配しており、収納性の高さも良好です。

外側に多機能タブポケットを配置し、バイカラーに仕上げているのもポイント。レシートやチケットなども細かく分けて収納できます。自分用としてはもちろん、プレゼント用としてもおすすめのアイテムです。

ダコタ(Dakota)

「ダコタ」は、1969年にスタートした日本のヤングカジュアルブランドです。2000年には、イタリア製のベジタブルタンニンを導入することでヌメを基軸としたスタイルを構築。バッグやカードケースなど、さまざまなアイテムを発表しています。

ダコタのメンズ長財布は、シンプルなデザインのモノが多く、落ち着いた印象を与えやすいのが特徴です。また、アンティーク調のレザーを用いており、プライベートシーンでも活躍するアイテムもラインナップされています。

ダコタ(Dakota) 長財布 トリコローレ

内側のスリムポケット側とコインポケットのフロント側に計14枚分のカードスロットを配したメンズ長財布です。中央にあるコインポケットはファスナーレスなので、小銭の出し入れがスムーズに行えます。

L字ファスナータイプで、開閉しやすいのもポイント。また、素材にはイタリアンレザーを使用しており、風合いや艶などが楽しめます。厚みが目立ちにくく、ビジネスシーンでの使用におすすめのアイテムです。

ポーター(PORTER)

「ポーター」は、日本のカバンメーカー「株式会社吉田」が展開しているブランドのひとつです。ホテルで客のカバンを運搬する従業員「PORTER」から名付けられており、機能的なアイテムを多数展開しています。

ポーターのメンズ長財布は、「CASINO」「GRUNGE」「CURRENT」と、複数のシリーズに分けられているのが特徴。若者向けからシニア向けまで、さまざまなモデルがあります。シリーズによって使われる素材が異なるのもポイントです。

ポーター(PORTER) PORTER COUNTER LONG WALLET 037-02978

クロームで鞣し、タンニン剤と樹脂剤を染み込ませた牛ステアを使用しているメンズ長財布です。光沢があり、適度なソフト感を持つのが特徴。高級感を演出できるのも魅力です。

ラウンドファスナー仕様で、誤って落としても小銭やカードが散らばらないのもポイント。ハンドル付きで、簡単に開閉できます。また、13個のカードポケットや3つの札入れなどを配置しており、収納性も良好。30代のビジネスパーソンにおすすめのアイテムです。

エッティンガー(ETTINGER)

「エッティンガー」は、1934年に設立されたイギリスを代表する高級レザーブランドです。1996年には英国王室の御用達である証「ロイヤルワラント」に認定。質の高いアイテムをハンドメイドで作り続けています。

エッティンガーのメンズ長財布は、独自のブライドルレザーを使用して作り上げられているのが特徴。厚みがあり、優れた耐久性を持ちます。また、2つ折りのモデルが多く、どこに何を入れたのかが一目で視認しやすいのもポイントです。

エッティンガー(ETTINGER) COAT WALLET BH806AJR

素材にブライドルレザーを採用し、ボディに厚みがでないように薄く仕上げられているメンズ長財布です。上着の内ポケットなどに入れて携行しやすいのが特徴。カバンの中に入れてもかさばりにくいのが魅力です。

内側にはパネルハイドイエローカラーが採用されているため、表地とのコントラストが楽しめます。また、8つのカードポケットや2つのフラットポケットを配置するなど、収納性の高さも良好。30~40代の方におすすめのアイテムです。

ディーゼル(DIESEL)

「ディーゼル」は、1978年に設立されたイタリアのカジュアルファッションブランドです。現在は、グローバルファッショングループ「OTB」の傘下にあります。バッグやシューズ、アクセサリーと、多角的にアイテムを展開しているのが特徴です。

ディーゼルには、レザーをはじめ、上質な素材で作られたメンズ長財布が数多くラインナップされています。また、価格が20,000円台のモデルが多く、20代などの若者や30代の方におすすめです。

ディーゼル(DIESEL) メンズ長財布 X08423P0685

素材にカウレザーを使用したメンズ長財布。経年変化が楽しめるほか、耐久性が高いため長く愛用できるのが特徴です。ボディ端にはデボス加工でDロゴがあしらわれており、ディテールにまでこだわって作られています。

8枚収納可能なカードスロットに加えてファスナー付き小銭入れやスライドポケットが配されているなど、収納性の高さも良好。コストパフォーマンスが高く、20代などの若者や、30代のビジネスパーソンにおすすめのアイテムです。

ガンゾ(GANZO)

「ガンゾ」は 1917年に創業した日本のブランドです。レザーの素材選びや鞣し、縫製から磨きに至るまで、一切妥協しないことを重視。ブリーフケースやショルダーバッグなど、さまざまな製品を手掛けています。

ガンゾのメンズ長財布は、使い込むごとに味わい深くなっていくのが特徴。自分だけのアイテムに育てられます。また、薄くスマートなフォルムのモデルが多く、上着の内ポケットに入れて携行しやすいのも魅力です。

ガンゾ(GANZO) CORDOVAN ファスナー小銭入れ付き長財布

10枚分のカードポケットやファスナー付きの小銭入れなどを配しているメンズ長財布です。カード決済中心の方にも、現金主義の方にもおすすめです。また、マチが薄く仕上げられているため、スーツの胸ポケットに入れても違和感なく携行できます。

素材にはコードバンを採用。折れや曲げに強く、シワができにくいため、革の美麗さを保ちながら経年変化が楽しめます。加えて、内外のコントラストが楽しめるのもポイント。ビジネスシーンにもプライベートにもおすすめのアイテムです。

グレンロイヤル(GLENROYAL)

「グレンロイヤル」は、1979年に創業されたスコットランドのブランド。ゲール語の「谷・渓谷」と「王室」を組み合わせてブランドネームにしています。トートバッグをはじめ、多種多様なプロダクトを作っているのが特徴です。

グレンロイヤルには、素材にブライドルレザーを採用したメンズ長財布が多数ラインナップされています。耐久性が高いため長く愛用できることや、使い込むごとにエイジングを楽しめるのが魅力です。

グレンロイヤル(GLENROYAL) ラウンドジップ長財布 03-6029

大きく開くラウンドジップ仕様のメンズ長財布です。カード類やお金が出し入れしやすく、中身が飛び出さないのが魅力。また、12枚分のカードポケットや2つの札入れが配されているなど、収納性の高さも良好です。

素材にはブライドルレザーを採用。強度が高く、優れた耐久性を持ちます。また、革が持つ本来の表情はそのままに、色や艶が深くなっていくエイジングを楽しめるのもポイント。自分用としてはもちろん、プレゼント用としてもおすすめのアイテムです。

バーバリー(BURBERRY)

「バーバリー」は、1856年に設立されたイギリスを代表するファッションブランドです。独自の「バーバリーチェック」をさまざまなアイテムにデザインしているのが特徴。イギリスのみならず、日本を含む世界各地に愛用者がいます。

バーバリーのメンズ長財布は、モノグラムなどのブランドシンボルがデザインされているのが特徴。また、二つ折りのモデルを多く扱っています。ほかの人と被りにくい長財布を持ちたい方におすすめです。

バーバリー(BURBERRY) ヴィンテージチェック コンチネンタルウォレット

16枚分のカードスロットを配したメンズ長財布です。札入れは世界各国の紙幣サイズに対応しています。加えて、3つのスリップポケットが備わっており、紙幣と分けてチケットやレシートを収納できるのが魅力です。

ヴィンテージ風にアレンジしたバーバリーチェックがデザインされているのもポイント。また、光沢のある金具が使用されているため、個性や高級感を楽しめます。プライベートシーンでの使用におすすめのアイテムです。

ダンヒル(Dunhill)

「ダンヒル」は、1893年に設立されたイギリスを代表する高級ファッションブランドです。ラグジュアリーブランドである「リシュモン」に属しています。シューズやアウターなど、幅広い分野で現代的な製品を作り続けています。

ダンヒルのメンズ長財布は、シンプルながらも落ち着いたデザインに仕上げられているのが特徴。スーツとの相性がよく、ビジネスシーンで活躍します。30~40代の方や、大人っぽさを演出したい20代のビジネスパーソンにおすすめです。

ダンヒル(Dunhill) ベルグレイヴ 10CC コートウォレット

素材にスモールグレインカーフレザーを採用したメンズ長財布です。優れた耐久性と柔軟性を兼ね備えており、長く愛用できるのが魅力。加えて、牛革が持つ独特の風合いや、経年変化を楽しめるのもポイントです。

10枚分のカードスロットに加えてレシートが入るポケットを配しているなど、収納性の高さも良好。さらに、ファスナー付きのコインポケット採用で、小銭が散らばることもありません。ビジネスやフォーマルシーンにおすすめのアイテムです。

ブルガリ(BVLGARI)

「ブルガリ」は、1884年にイタリアのローマで創業されたブランドです。パリを本拠地とするコングロマリット「LVMH」に属します。 時計や宝石、香水など、さまざまなジャンルのアイテムを発表しているのが特徴です。

ブルガリには高級感があり、上品なデザインのメンズ長財布が多数ラインナップされています。パーティや高級レストランなどのフォーマルな場にもおすすめです。

ブルガリ(BVLGARI) ブルガリ マン ジップウォレット

ブラックのグレインカーフレザーを素材に採用したメンズ長財布です。経年変化が楽しめて、自分だけのアイテムに育てていけるのがポイント。加えて、ダブルロゴがワンポイントとしてあしらわれているのも特徴です。

内側にはロイヤルブルーの札入れが配されており、表地とのコントラストが楽しめます。また、12枚分のカードスロットやファスナー付きの小銭入れなどが備わっており、収納性の高さも良好。デザイン性と機能性を兼ね備えた、おすすめのアイテムです。

ココマイスター(Cocomeister)

「ココマイスター」は、2009年に設立された日本のハイエンドブランドです。「芸術性の探究」と「技術の洗練」をブランドコンセプトとしており、欧州皮革を中心とした素材を用いて、日本の熟練工が手作業で製品を作っています。

ココマイスターのメンズ長財布は、フォーマルシーンでもプライベートでも使用できるシンプルなデザインが特徴。20~50代まで、幅広い層から支持されています。

ココマイスター(Cocomeister) ゴーストタウン・シールドマシン

プレスオンされたオークバークレザーを用いて作り上げられたメンズ長財布です。樫の樹皮から抽出したタンニンで鞣しているのが特徴。クラシカルな雰囲気や、木が持つ独特のぬくもりを楽しめるのが魅力です。

180°近く開閉するセパレート式のラウンドジップモデルで、カードやお金の出し入れに時間を取られにくいのがポイント。加えて、18枚分のカードポケットを備えるなど、収納性にも優れます。自分用はもちろん、プレゼント用としてもおすすめのアイテムです。

プラダ(PRADA)

「プラダ」は、1975年に設立されたイタリアを代表するファッションブランドです。イギリスの靴メーカー「CHURCH’S」「CAR SHOE」を傘下に置きます。ウェアやバッグ、シューズなどのアイテムを手掛けているのが特徴です。

プラダには、デザインがシックなメンズ長財布がラインナップされています。また、マチが薄く、上着の内ポケットに入れやすいのもポイント。価格が100,000円を超えるモデルが多く、本物志向の方におすすめです。

プラダ(PRADA) サフィアーノトライアングル財布

素材にサフィアーノカーフレザーを採用したメンズ長財布です。牛革が持つ独特の風合いや、経年変化が楽しめます。加えて、エナメルトライアングルロゴがワンポイントとしてあしらわれているのも特徴です。

13枚分のカードホルダーや4つのドキュメントポケットなどが配されており、収納性の高さも良好。また、ファスナー付きのコインポケット採用で、小銭が散らばらないのもポイント。スタイリッシュなデザインで、フォーマルシーンにおすすめのアイテムです。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

「ルイ・ヴィトン」は、1854年に設立された、フランスのファッションブランドです。パリを本拠地とするコングロマリット「LVMH」の中核ブランドでもあります。バッグやシューズ、香水など、さまざまなアイテムを手掛けているのが特徴です。

ルイ・ヴィトンには、ラウンドファスナーモデルやクラシカルなモデルなど、さまざまなメンズ長財布がラインナップされています。また、ルイ・ヴィトン独自のモノグラムをあしらったモノなど、デザイン性に優れたモデルが多いのもポイントです。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON) ポルトフォイユ・ブラザ NM M69980

By: louisvuitton.com

特別な加工を施した、ブラックのグレインレザーを使用しているメンズ長財布です。メタリックなLVシグネチャーをワンポイントとしてあしらっているのが特徴。上品さをさりげなくアピールできるのが魅力です。

17個のカードスロットや4個の紙幣用内フラットコンパートメントなどを備えており、機能性も良好。また、二つ折りで、どこに何を入れたのかが一目で視認できます。本物志向の40代や50代のビジネスパーソンにおすすめのアイテムです。

キプリス(CYPRIS)

「キプリス」は、革製品を扱う「株式会社モルフォ」が1995年に立ち上げたオリジナルブランドです。中南米に生息する、世界で最も美しいとされる蝶類が名前の由来。「一生愛せる、本質的価値のあるものづくり」を基本概念としています。

削除: キプリスのメンズ長財布は、シンプルながらも美しくスタイリッシュなデザインが特徴。また、使われている素材によってシリーズ化されており、ニーズに合わせて選び分けられるのもポイントです。

キプリス(CYPRIS) ラウンドファスナーハニーセル長財布

表側の素材にクロコダイルレザーを採用したメンズ長財布です。優れた耐久性と柔軟性を兼ね備えており、長く愛用できるのが魅力です。加えて、育てる楽しみがあり、自分だけの長財布に仕上げていけます。

削除: 内側の素材にはカーフレザーを採用。素材の違いによるコントラストが楽しめます。また、ラウンドファスナータイプなので、中身が飛び出さないのもポイント。高級感のある見た目で、40代以上の方におすすめのアイテムです。

メンズ長財布の売れ筋ランキングをチェック

メンズ長財布の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら

メンズ長財布のメリット

By: zozo.jp

メンズ長財布のメリットは、収納力が高いことです。クレジットカードや交通系カードなど、複数枚のカードが入れられるため、キャッシュレス決済に役立ちます。お札もそのまま入るので、折り目を付けたくない方にもおすすめです。

また、一目でお札や小銭がどこにあるのか視認しやすく、スムーズに会計を済ませやすいのもポイント。さらに、スタイリッシュなデザインのモノが多く、スーツスタイルに合わせやすいのも魅力です。

メンズ長財布のデメリット

By: rakuten.co.jp

メンズ長財布のデメリットは、所持金が周囲の人に見られる可能性があることです。お札を出し入れする際に大きく開く必要があるため、どうしても内側が見えてしまいます。

また、本体サイズが大きく、カバンの中に入れた際にかさばりやすい点にも注意が必要。荷物をコンパクトにまとめたい方には不向きです。しかし、近年ではマチが薄くスーツの胸ポケットにも入れられるモデルも存在しているので、チェックしてみてください。

メンズ長財布の選び方

種類をチェック

使いやすいL字ファスナー

By: amazon.co.jp

L字ファスナータイプのメンズ長財布は、その名の通りL字に開くのが特徴。ファスナーが2面であるためスムーズに開閉しやすく、ラウンドファスナータイプのモノと同じく収納性に優れているのが魅力です。

また、ラウンドファスナータイプのモノよりもマチの薄いモデルが多く、ポケットなどに入れて携行しやすいのもポイント。加えて、軽量ながらも機能性に優れているのが魅力です。

ラウンドファスナー

By: amazon.co.jp

ラウンドファスナーのメンズ長財布は、コの字にファスナーを開閉するタイプのアイテムです。収納力があり、たくさんのカードや小銭が入れられます。加えて、完全に閉じられるため、マチが外から見えないのもポイントです。

また、カバンの中で小銭が散らばってしまったり、誤って落とした際にカードがバラバラになったりしないのも魅力。さらに、本体のサイズが大きなモデルが多く、存在感が出せるのも特徴です。

二つ折り

By: amazon.co.jp

二つ折りタイプのメンズ長財布は、名前の通り半分に折って携行できるのが特徴です。本体の半分をかぶせ蓋として使用できます。開閉しやすく、スムーズにお札や小銭を出し入れできるのが魅力です。

また、二つ折りタイプのモデルはマチの薄いモデルが多く、スーツの胸ポケットや上着の内ポケットに入れやすいのもポイント。加えて、カバンの中にもかさばることなく入れられます。

素材をチェック

クロコダイルレザー

By: rakuten.co.jp

クロコダイルレザーのメンズ長財布は、ワニから採取された革を使用して仕上げられています。価値の高い革素材のひとつに数えられており、ほかの素材を使用したモデルよりも値段が高い傾向にあります。

「斑」と呼ばれるウロコ模様が特徴。独特の光沢感を持ち、優れた耐久性が備わっています。高級感やワイルドさを演出できるのが魅力で、エレガンス志向の方におすすめです。

コードバン

By: rakuten.co.jp

コードバンは、馬の臀部から採取された革のことです。1頭から採れるのはごくわずかという希少性の高さから「革のダイヤモンド」と呼ばれることもあります。きめ細かな光沢感を楽しめるのが魅力です。

また、優れた耐久性が備わっていることや、ゆっくりと変化していくエイジングを楽しめるのもポイント。一方で、水気に弱く、傷が付きやすい点には注意が必要です。

カウレザー

By: zozo.jp

カウレザーは、牛から採取された革のことです。革素材のなかではポピュラーで、多くのメンズ長財布に使用されています。クロコダイルレザーやコードバンのモノよりも安価なモデルが多く、手に取りやすいのが魅力です。

独特な風合いや経年変化が楽しめるほか、自分だけの財布に育てていきやすいのもポイント。また、優れた耐久性を備えており、長く愛用できます。初めて革財布を購入する際におすすめの素材です。