長財布と言えばグッチなど海外ブランドのものが多いですが、日本製も数多く展開されています。しかし、日本製の長財布ってどんなブランドがあるのか分からないのではないでしょうか。

そこで、今回は日本製の長財布でおすすめのブランドを厳選してご紹介します。

日本製の長財布はシンプルなデザインですが、素材や縫製にこだわったものが目白押し。財布を買い換えることが多いこの時期だからこそ、チェックしてみてはいかがでしょうか。

日本製のおすすめ長財布ブランド
タケオキクチ

イギリス風のデザインで大人な男性の色気を醸し出し、ディテールで遊び心をプラスしているのがタケオキクチの特徴。日本の経験豊富な職人によって丁寧に作られた財布はビジネスマンから絶大な人気を獲得しており、バッグや靴と揃える方も多いです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) 長財布 ピエール 181615

商品価格 ¥ 13,500

程よく使い込んだ加工が施されたレザーを使用した長財布で、左上にあるロゴがアクセント。バックにはL字ファスナーがつけられており、小銭入れとして使えるようにデザインされています。また、内側を開けるとカードポケットが多くついているので、収納面も十分です。

機能性にも優れており、デザインもおしゃれなおすすめの長財布。

日本製のおすすめ長財布ブランド
ポーター

日本のカバンメーカーであるポーターは、丈夫な素材と職人気質なモノづくり精神が世界でも高い評価を得ています。財布に関してもそれは同じ。耐久性があって使いやすいものを生産しています。さまざまなブランドとも積極的なコラボレーションを実施しています。

ポーター(PORTER) メトロ 長財布 245-06061

商品価格 ¥ 13,824

表面に凹凸があるシボレザーというレザーを使用しており、傷や汚れが目立ちにくくしているのが特徴。さらに、中にはカードホルダーが搭載されており、ホルダーだけ取り出して使うこともできます。キャッシュカードやクレジットカードなど、カードを多く持っている方におすすめ。

日本製のおすすめ長財布ブランド
シップス

スタイリッシュスタンダードをコンセプトに、トラディショナルなデザイン現代風に落とし込んでいるブランド。素材へのこだわりが強く、世界各国から取り寄せて小物を作っています。財布においてはレザー製のものが多いので、年代を問わずに多くの男性が使えておすすめです。

シップス(SHIPS) イタリアンカーフ ラウンドジップ ロングウォレット

商品価格 ¥19,980

イタリアの牛革で作られた長財布で、独特な光沢感が高級な雰囲気を演出しています。ファスナーは端まで開くラウンドファスナーで開閉も簡単。周りにかけられたステッチ(縫い糸)が、上質なレザーを使った長財布のアクセントとして効いています。

日本製のおすすめ長財布ブランド
アーバンリサーチ

人気セレクトショプ、アーバンリサーチのオリジナルブランド。カジュアルなデザインをベースに個性的な要素をミックスして、アクセサリー感覚で使える長財布が展開されています。コンビニやなどちょっとした買い物なら同ブランドの財布1つで十分でしょう。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) U-Hawk Company wallet-7216

商品価格 ¥11,880

ダークブラウンのレザーを使ったシンプルなデザインの長財布。きれいなレザーを使用しているため洗練されたアイテムに仕上げられています。また、内側には札入れが2つついており、お札を分けて収納することが可能。

独特なデザインをしたファスナーの引き手がアクセントとして活きています。

日本製のおすすめ長財布ブランド
ナンバーナイン

アメカジライクなデザインのアイテムが多いナンバーナイン。しかし、長財布に関してはそれと反対に上品なものを展開しています。素材やパーツの組み合わせでポイントをつけており、男らしい要素をプラスされているのが特徴です。アメカジファッションが好きな方におすすめ。

ナンバーナイン(NUMBER NINE) イタリアンレザーラウンドジップウォレット

商品価格 ¥11,880

シップスの長財布と同じイタリアの牛革を使っており、表面にはシボ加工で立体感を表現。奥行きがかなりあるので、少々多めにレシートやカードを入れたとしてもすんなり入ってくれますよ。型押しされたナンバーナインのブランドネームがポイント。

日本製のおすすめ長財布ブランド
スロウ

SLOWはSports,Luxury.Outdoor,Wrokのイニシャルを組み合わせて成り立っており、4つがブランドのイメージを作っています。とにかく品質にこだわり、日本の職人が一つ一つ丁寧に手作業で制作。

生地も用途や環境に応じたものを採用し、「永く使ってもらえるもの」をモットーにプロダクトを生み出しているブランドです。革の種類によっても表情が異なるので、ぜひいろんなアイテムを見てみてください。

スロウ(SLOW) toscana long wallet

商品価格 ¥25,920

こちらはメインにイタリア製のフルベジタブルタニンレザーを採用した長財布です。このレザーには油抜けしにくい牛脂オイルを注入しているので、革は使用するに連れ、馴染みをおび、なめらかな革質へと変化。使いはじめよりも使用期間が延びるにつれて、味が出てきます。

たくさんあるカード収納スペース、お札の出し入れのしなやかさ、大きく開く小銭入れなど、利便性にも優れています。革に対するこだわりが強い方におすすめの長財布です。

日本製のおすすめ長財布ブランド
ケンゾー

初めてパリでファッションショーをしたブランドといえばケンゾー。色や柄を用いた個性的なデザインでインパクトあるアイテムを生み出し、世界中にファンがいるブランドです。現在はオープニングセレモニー創始者がクリエイティブディレクターに就任。

ケンゾー(KENZO) Kanvas Calf Folded Note Wallet

商品価格 ¥37,800

外側と内側で表情が違うレザーを使用しているのが特徴で、右下にあるケンゾーのブランドロゴパッチがアクセント。パッチにはロゴの他に名前と電話番号が書ける項目も存在し、こういった部分にケンゾーの個性を感じます。日本らしく、でもどこか日本らしくない長財布と言えますね。

日本製のおすすめ長財布ブランド
フリークスストア

古き良きアメリカンカジュアルをベースにトレンド感を加えたアイテムを提案。財布に関しても程よくビンテージ加工を施したりして、ブランドコンセプトに沿ったものを販売しています。デザインはシンプルなものがメインなので、ファッションにも合わせやすいですよ。

フリークスストア(FREAK'S STORE) セトラー ロングジップウォレット

商品価格 ¥34,560

ムラ感あるレザーがビンテージな雰囲気を演出している長財布。パスポートや通帳などもすんなり入るほどのサイズ感で機能的です。横だけでなく縦にも長いのでこのようなアイテムが収納できるのでしょう。厚みも十分あるので、レシートやカードなど多めに入れても問題なし。

日本製のおすすめ長財布ブランド
ヒステリックグラマー

ロックやアートなどのサブカルチャーからインスピレーションを受けるヒステリックグラマー。そのため、ハードなデザインの財布が多く、持っているだけで存在感があります。ロックファッションが好きな方におすすめしたいブランドですね。

ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR) LOGO STUDS ロングウォレット

商品価格 ¥36,720

スタッズでブランドネームが描かれた、ヒステリックグラマーらしい長財布。ブラックとシルバーの色合いが見事にマッチしていますね。スタッズを打ち込むと派手なデザインになりがちですが、色合いが絶妙にバランスを取っています。デニムのバックポケットに入れておくだけでカッコイイ逸品。