毎日の服装を考える際、天候や気温は欠かせない要素。特に季節の変わり目の時期には日中と朝晩の気温差が激しい日も多いため、最高気温と最低気温をしっかりとチェックして快適な服装を心がけたいところです。

今回は最高気温20度、最低気温20度の日におすすめのレディースコーデをご紹介します。パンツ・スカート・ワンピースとスタイル別にピックアップしているので、ぜひ服装に迷ったときの参考にしてみてください。

気温20度の時期って?

最低気温が20度の時期

By: zozo.jp

最低気温が20度になるのは、東京では6月~7月前半と9月頃。日中には25度を超える日も多く、涼やかな着こなしをできる時期です。

最低気温20度の日のコーデにおすすめのアイテムは、薄手のシャツやブラウス、サラリとした素材感のワンピースなど。アウターなしでも快適に過ごせる日が多く、お気に入りのトップスやワンピースの表情を活かした服装を楽しめます。

また、半袖Tシャツ×カーディガンのように、薄手の羽織りものを取り入れた服装もおすすめ。特に朝晩に外出する場合は薄手のトップス1枚だと肌寒く感じることもあるため、サッと羽織れるアイテムがあると便利です。

最高気温が20度の時期

By: zozo.jp

東京では3~4月、10月後半~11月前半頃に最高気温20度前後の日が多くなります。日中に20度まで気温が上がるとあたたかく感じますが、朝晩には10度前後になることもあるため気温差に対応できる服装を心がけましょう。

日中のお出かけであれば、スウェットやパーカー、薄手ニットなどのトップス1枚でも快適に過ごせます。一方で、冷え込む時間帯に外出する場合は軽アウターをプラスするのがおすすめ。重たい印象になりすぎないジャケット、トレンチコートなどがぴったりです。

また、同じ最高気温20度の日でも、春と秋では服装を変えたいところ。アイテムの素材などにこだわり、季節感のある服装でおしゃれを楽しみましょう。

最低気温が20度の時期におすすめの服装|パンツ

アンサンブルならおしゃれコーデが簡単に決まる

By: wear.jp

通勤にもおすすめのきれいめカジュアルスタイル。ノースリーブトップス×カーディガンのアンサンブルはセットで着るだけでおしゃれに見えるうえ、体温調節もしやすく最低気温20度の時期に重宝します。

ボルドーの華やかな色味により、顔周りがグッと明るい印象に。ややくすみ感のあるカラーなので派手さはなく、オフィスシーンにもなじみます。30~40代の大人の女性には特におすすめの服装です。

・トップス ヒューマンウーマン(HUMAN WOMAN)

・カーディガン ヒューマンウーマン(HUMAN WOMAN)

・ボトムス ヒューマンウーマン(HUMAN WOMAN)

半袖Tシャツ×カーディガンで気温差に対応しやすい服装に

By: wear.jp

肌なじみのよいカラーでまとめた大人のカジュアルスタイルです。最低気温20度の日は、日中には25度以上の気温になることも多いため半袖でも快適。一方で、朝晩は肌寒く感じることもあるため、カーディガンを羽織っておくと安心です。

また、リラックス感のあるアイテムでまとめたコーデはラフな雰囲気が強くなりがちなので、大ぶりなアクセサリーを添えて女性らしさをアップするのがおすすめ。こなれ感のあるおしゃれなレディースコーデを目指す方はぜひ参考にしてみてください。

・カーディガン ブージュルード(Bou Jeloud)

・ボトムス ブージュルード(Bou Jeloud)

・サンダル ブージュルード(Bou Jeloud)

最低気温20度の日はおしゃれブラウスをコーデの主役に

By: wear.jp

甘さと辛さのバランスが取れた秋のレディースコーデです。コーデの主役は1枚で着映えするワッシャーブラウス。優しいくすみピンクがフェミニンな雰囲気を醸し出します。

大人の女性が甘めブラウスを着こなす場合には、デニムと合わせてほどよくカジュアルダウンさせるのがおすすめ。足元にスニーカーを合わせれば、気取った雰囲気のない好印象な服装に仕上がります。

・トップス バブ(Bab)

・ボトムス バブ(Bab)

・スニーカー コンバースオールスター(Converse All Star)

最低気温20度の時期におすすめのアクティブコーデ

By: wear.jp

アウトドアシーンを満喫できるアクティブな服装です。メインアイテムに選んだのは、ダボッとしたシルエットが印象的なオーバーパンツ。ボーイッシュなボーダー柄のポロシャツと好相性です。

さらに、防水性・撥水性のある素材を採用したレインハットをプラスして天気の変化にも対応しやすい服装に。休日のレジャーはもちろん、梅雨時期にもおすすめのスタイリングです。

・帽子 オーバーライド(OVERRIDE)

・ボトムス ビームスボーイ(BEAMS BOY)

最低気温が20度の時期におすすめの服装|スカート

カーディガンで華やかさと快適さをプラス

By: wear.jp

シンプルTシャツとリネンサーキュラースカートを組み合わせた、最低気温20度の時期におすすめのレディースコーデです。Tシャツをタックインして、スッキリと着こなしているのがポイント。キュッと引き締まったウエスト部分から裾にかけてふわっと広がる、スカートのキレイなシルエットが際立っています。

また、きれいめカラーのカーディガンをキュッと結んでシンプルコーデのアクセントに。着こなしに華やかさをプラスできるだけでなく、肌寒い朝晩には羽織って体温調節できるため便利です。

・トップス アーバンリサーチロッソ(URBAN RESEARCH ROSSO)

・スカート アーバンリサーチロッソ(URBAN RESEARCH ROSSO)

涼やかブルーが映える夏コーデ

By: wear.jp

20度からグッと気温が上がることが予想される、夏の暑い日にぴったりの服装です。トップスにはラフになりすぎないフレンチスリーブカットソーを選んでお仕事向きのコーデに。透き通るようなブルーのプリーツスカートと組み合わせて、涼やかにまとめています。

オフィスではカーディガンを羽織って露出を控えめにするのがおすすめ。通勤時にはカーディガンを肩掛けにするとこなれ感のあるスタイルに仕上がります。

・スカート ヒューマンウーマン(HUMAN WOMAN)

落ち着いたカラーリングで秋らしさを香らせて

By: wear.jp

最低気温が20度前後になる9月頃にぴったりのフェミニンコーデです。まだ暑さが残る時期なので薄手ブラウスを主役にしつつ、全体を落ち着いたトーンの色味でまとめて秋らしい服装に。柄物ブラウスを選んでいるため、ほどよい華やかさもあります。

ブラウスはミモレ丈のフレアスカートにタックインし、スクエアバッグやパンプスを合わせて上品にスタイリング。きちんと感のある服装が好きな方におすすめの着こなしです。

・トップス ドレスキップ(DRESKIP)

・スカート ドレスキップ(DRESKIP)

・パンプス ドレスキップ(DRESKIP)

最低気温が20度の時期におすすめの服装|ワンピース

最低気温20度の日におすすめの華やかワンピースコーデ

By: wear.jp

鮮やかなボルドーカラーが目を引く夏のレディースコーデです。ふわりと揺れ感のあるティアードワンピースは1枚で華やかなスタイルが完成する夏の定番アイテム。足元にはリラックス感のあるサンダルを合わせてこなれ感を演出するのがおすすめです。

シアーな白シャツを羽織りものとして取り入れ、軽やかさをキープしつつ体温調節のできる服装に仕上げているのもポイント。最低気温が20度前後になる初夏におすすめの服装です。

・ワンピース シンプリシテェ(Simplicite)

・シャツ シンプリシテェ(Simplicite)

・バッグ シンプリシテェ(Simplicite)

ワンピース×スカートのレイヤードスタイル

By: wear.jp

最低気温20度の時期はアウターなしでも快適に過ごせる日が多く、お気に入りのワンピースの表情を活かしたコーデを楽しめます。しかし、いつも同じ着方をしているとマンネリ化を感じてしまうことも。そんなときは、スカートとの重ね着で少し雰囲気を変えて着こなすのがおすすめです。

優しいグリーンカラーの長袖ワンピースと、黒のプリーツスカートをレイヤード。裾から少し黒がのぞくことで、落ち着いた大人っぽい着こなしに仕上がっています。

・ワンピース アウリィ(AULI)

・スカート アウリィ(AULI)

秋らしい素材感のフェイクレザーキャミワンピースを主役に

By: wear.jp

最低気温20度の日におすすめの秋コーデです。メインアイテムにはフェイクレザー素材のキャミワンピースをチョイス。夏物ワンピースとは異なる重ための素材感と落ち着いた色味で季節感を演出しています。

ドットブラウスがほどよい甘さを加え、ほんのりかわいらしさが香るフェミニンスタイルに。重ための素材感のワンピースを選んでいる分、バッグやシューズはホワイトでまとめて軽やかにスタイリングしています。

・ワンピース ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・パンプス ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

最高気温が20度の時期におすすめの服装|パンツ

最高気温20度の日のちょっとしたお出かけはパーカー×デニムで

By: wear.jp

あたたかな日差しが感じられる最高気温20度の春の日におすすめの服装です。パーカー×デニムのリラックススタイルはちょっとしたお出かけにぴったり。ホワイト×ブルーの爽やかなカラーリングが春らしさを醸し出します。

ワイドシルエットのバギーデニムをチョイスすれば、さりげなく体型カバーをしつつトレンド感のある着こなしが実現。足元にはサクッと履けて、かつ女性らしさを演出できるリボンデザインのバレエミュールを選んでいます。

・トップス アメリカンホリック(AMERICAN HOLIC)

・ボトムス アメリカンホリック(AMERICAN HOLIC)

・パンプス アメリカンホリック(AMERICAN HOLIC)

フレッシュなグリーンで春らしさを演出

By: wear.jp

大人の女性にぴったりのハンサムなレディースコーデです。インナーにはリブニット、ボトムスにはセンタープレス入りのきれいめパンツをチョイス。フレッシュなグリーンが映え、春らしさ漂う着こなしに仕上がっています。

また、最高気温20度の日は朝晩になると10度前後まで冷え込むこともあるため、気温差に対応しやすいよう軽めのアウターをプラスするのがおすすめ。ベージュのトレンチコートは定番アイテムゆえに無難な印象を与えてしまう場合もありますが、ボリューム袖などひとクセあるものを選べばおしゃれさをアピールできます。

・アウター ルージュヴィフ(Rouge vif)

・トップス ルージュヴィフアンナ(Rouge vif Anna)

・ボトムス ルージュヴィフ(Rouge vif)

きれいめカラーニット×デニムの秋コーデ

By: wear.jp

ニット×デニムのシンプルな秋コーデです。最高気温20度の日は、日中のお出かけであればニット1枚のスタイルもおすすめ。きれいめカラーのニットを選べば重たい印象になりすぎず、華やかで女性らしい服装に仕上がります。

スタイリングがシンプルな分、首元のデザインがおしゃれなニットや裾フリンジのデニムなど、ひとクセあるアイテムを選んで無難さを感じさせない着こなしに。存在感のあるアニマル柄バッグのアクセントも効いています。

・トップス ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・ボトムス ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・バッグ ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

最高気温が20度の時期におすすめの服装|スカート

カジュアルなスタイリングでマーメイドスカートを普段着仕様に

By: wear.jp

カジュアルながら、女性らしさも感じられる好バランスなレディースコーデです。ライトブルーのデニムジャケットは、最高気温20度の日におすすめのアウターのひとつ。朝晩の気温低下に対応しやすく、かつ重さを感じさせない着こなしが実現します。

ボトムスに選んだのは、ドットプリントのマーメイドスカート。パーカーやデニムジャケットと組み合わせたスタイリングにより、ほどよくカジュアルダウンされています。鮮やかなイエローのバッグで差し色を入れているのもポイントです。

・アウター ドレスキップ(DRESKIP)

・トップス ドレスキップ(DRESKIP)

・スカート ドレスキップ(DRESKIP)

・バッグ シューラルー(SHOO・LA・RUE)

最高気温20度の日におすすめのジャケットコーデ

By: wear.jp

テーラードジャケットやビットローファーなど、かっちりめのアイテムを取り入れた春コーデ。メンズライクなネイビージャケットに優しく揺れるギャザースカートを組み合わせて、甘さと辛さのバランスを整えています。

インナーにはボーダーニットをチョイスして、ほどよいカジュアルさもプラス。全体を落ち着いた色味にまとめているためバッグの赤が際立ち、女性らしいアクセントになっています。朝晩と日中の気温差が激しい日にも対応しやすいおすすめの服装です。

・アウター ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・カーディガン ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・スカート ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

・シューズ ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)

スウェットパーカーで作るこなれカジュアルスタイル

By: wear.jp

グレイッシュベージュのスウェットパーカーを用いた春のレディースコーデです。カジュアルなスタイリングですが、落ち着いた色味でまとめているため大人っぽい印象。ボトムスには爽やかなギンガムチェックのスカートを合わせて、シーズンムードを高めています。

また、ヒップまですっぽりと覆う長めのトップスとロングスカートの組み合わせで体型カバー効果もばっちり。ゆったりと楽に過ごしたい、最高気温20度の時期の休日にぴったりの服装です。

・トップス ハコ(haco!)

・スカート ハコ(haco!)

タートルネックニット×サスペンダー付きスカートのカジュアルコーデ

By: wear.jp

最高気温が20度前後になる10月頃におすすめの服装です。トップスに選んだのは、細見えが狙えるリブ入りのタートルネックニット。ほどよく体にフィットしたシルエットが女性らしさを醸し出します。

ボトムスにはややカジュアルなサスペンダー付きデニムスカートをチョイス。ほどよく肩の力が抜けた、大人のカジュアルスタイルに仕上がっています。

また、アニマル柄の巾着バッグがアクセントに。服装にまとまりが出るよう、スニーカーと色味を合わせているのがポイントです。

・トップス ベイフロー(BAYFLOW)

・スカートベイフロー(BAYFLOW)

最高気温が20度の時期におすすめの服装|ワンピース

パーカーをサッと羽織って軽やかにお出かけ

By: wear.jp

近所までのちょっとした外出にもぴったりのリラックスコーデです。20度前後まで気温が上がる日中のお出かけならば、パーカーをサラリと羽織った軽やかな服装もおすすめ。ホワイトのワンピースをベースにして爽やかさを演出しつつ、柔らかなブラウンカラーのパーカーを重ねて落ち着いた色味にまとめています。

また、天気のよい春の日は紫外線対策にも気をつけたいところ。UVカット効果のあるパーカーなど、機能性トップスを取り入れると簡単に紫外線ケアができます。

・アウター ノアールレーベル(n’OrLABEL)

・ワンピース ノアールレーベル(n’OrLABEL)

小花柄ワンピースを甘さ控えめに着こなす

By: wear.jp

春らしい小花柄ワンピースを取り入れたレディースコーデ。プルオーバーパーカーを重ねればスカート風のコーデになり、1枚で着用したときとは雰囲気を変えて着こなせます。パーカーの着脱により簡単に体温調節ができるのもポイントです。

さらに、キャップやスニーカーでスポーティな雰囲気をプラスすれば、小花柄ワンピースの甘さがほどよく抑えられた好バランスな服装に。最高気温が20度前後になる3~4月頃の着こなしのバリエーションを増やしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

・トップス グローバルワーク(GLOBAL WORK)

・ワンピース グローバルワーク(GLOBAL WORK)

・バッグ グローバルワーク(GLOBAL WORK)

ママにもぴったりの楽ちんワンピースコーデ

By: wear.jp

デニムワンピースを用いた秋のレディースコーデ。美しいAラインのシルエットが女性らしさを引き立てます。インナーには、最高気温20度の日にぴったりの薄手ニットをチョイス。ベージュカラーのアイテムを多く用いることで、秋らしい色味にまとめています。

シンプルトップスにデニムワンピースを重ねるだけでおしゃれな着こなしが実現するため、コーデを考える時間のない朝にもぴったり。ゆったりワンピース×ぺたんこパンプスのスタイルは動きやすく、小さな子供のいるママにもおすすめです。

・ワンピース アーバンリサーチロッソ(URBAN RESEARCH ROSSO)