モニターよりも大きな画面でゲームや映画鑑賞が行えるゲーミングプロジェクター。迫力ある映像を手軽に楽しめるのが魅力です。

今回は、さまざまなプロジェクターを手掛けるベンキューの「X3000i」をご紹介。4LED光源を採用した広色域・高輝度の4K対応、低遅延、高音質なスピーカー搭載とハイスペックなのが魅力です。新作ゲーム『ELDEN RING』の世界がどのように映るのか実際にチェックしているので、気になる方はぜひ最後まで読んでみてください。

BenQのゲーミングプロジェクター「X3000i」の魅力

100インチの大画面を4K画質かつ高速な応答速度で楽しめる

ゲーミングプロジェクターが映し出せる画面のサイズは、プレイヤーが体験する没入感に深く関係があります。

「X3000i」は、100インチの大画面を2.5mの短距離で実現。大部屋でなくても使用できるため、リビングだけでなく書斎やゲーム部屋などでも迫力ある映像を楽しみたい方におすすめです。

フルHDよりも高画質な4Kに対応しているのもポイント。精細で美しいゲームグラフィックを重視する方にも適しています。高速モードを活用すれば、コントローラーの入力と実際に映像へ反映される時間の遅延を減らすことが可能。ゲームをより快適にプレイできます。

そのほか、斜めからの投写でも映像を歪ませずに表示できる「自動垂直・手動水平台形補正」といった機能を搭載。家具やデスクなどの配置に合わせて本体を置けるため便利です。

DCI-P3カバー率は100%。豊かで鮮やかな色彩表現を楽しめる

「DCI-P3」とは、広範囲の色域表現に優れた規格のこと。カバー率95%程度の製品が多い傾向にありますが、「X3000i」はカバー率100%と非常に優秀です。NetflixやU-NEXTなどで鑑賞できる4K対応映画を、より色鮮やかな映像で楽しめます。

赤・緑の表現に優れているのもポイント。HDR対応ゲームをリアルな質感でプレイできるため、高い没入感が得られます。画質だけでなく、映像の色味も重視したい方はチェックしてみてください。

明るい日中でも使用できるためTV代わりにも

プロジェクターのなかには、映像の見やすさを優先させるために都度部屋の明かりを消したり、日中に使うのを避けたりしなければならない製品もあります。

「X3000i」は、一般的なLED光源よりも輝度出力がさらに向上した4色のLED光源(4LED)を採用。3000ANSIルーメンと輝度が高いため、明るいリビングなどでもハッキリと映像を映し出せます。電気を点けたり消したりする手間が省けるほか、時間帯を気にせず使えるため便利です。

ゲーム内マップの暗い場所など、視認性が低くなりやすいシーンでも敵の位置が把握できるよう、極端に暗い部分を明るくする機能も搭載。物陰に隠れるハイドと呼ばれる行為を行っているプレイヤーが見つけやすくなるため、ゲームをより有利に進めることが可能です。

プロジェクターをテレビ代わりにすれば、部屋を広々と使えるのが魅力。テレビに付着したホコリの掃除といったお手入れも減らせるため便利です。

また、「X3000i」はAndroid TVに対応しているのもポイント。通信環境があれば、YouTubeやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスを「X3000i」だけで利用できます。本体周りがHDMIケーブルでごちゃつかないので、部屋の雰囲気を崩しにくくスッキリとした環境を維持できます。

なお、有料動画配信サービスの視聴には、別途登録や契約料金の支払いが必要になる場合があるため注意しましょう。

5W×2の高音質サウンドシステム「treVoloスピーカー」を搭載

「X3000i」には、5W×2構成の高音質なtreVoloスピーカーが備えられています。別途スピーカーを用意する費用や設置スペースが必要ないのが魅力です。

用途に合わせて、シネマ・ミュージック・スポーツ・ゲームの4つからサウンドモードを選べるのもポイント。ライブ映像で流れる演奏や、映画の迫力ある低音などを楽しみたい方に適しています。ゲームをプレイする場合は、RPG・スポーツゲーム・FPSとより細かいモード設定が可能です。

RPGモードは、響くような低音の表現に優れているのが特徴。スポーツゲームモードは、実況音声をよりリアルに出力できるため、緊迫感を楽しめます。FPSモードでは、足音や銃声などがクリアに聞こえるので、敵の位置や方向を把握しやすく便利。ゲームをより有利に進められます。

やりたいゲーム、観たい映像のジャンルに適したサウンドを楽しめる製品がほしい方におすすめです。

LED光源による長寿命化を実現

プロジェクターの光源は、製品サイズや寿命などに大きく関わるためチェックしておきたいポイントです。種類はLED・レーザー・水銀ランプなどがあります。

「X3000i」は、LED光源を採用しているのが特徴。経年劣化しにくく、標準モードで最大20000時間、エコモードで最大30000時間と1日5時間使用しても10年間はランプの交換が不要です。

さらに、「オートキャリブレーション」という、光源の経年劣化に対する色ずれを自動で補正するベンキュー独自のカラーキャリブレーション機能を搭載。長期にわたる使用でも、購入時と同じような美しい色彩と色精度を維持します。長く愛用できる製品を探している方にぴったりです。

また、素早く起動できるといった魅力も。電源ボタンを押したらすぐに使い始められるため、起動の度に待機する時間を省けます。スムーズに使える製品がほしい方にもおすすめです。

ELDEN RINGをプレイして実際の映像をチェック

フロム・ソフトウェアより新発売のアクションRPG『ELDEN RING』をX3000iで実際にプレイ。Xbox Series X|SやSteamなどさまざまなプラットフォームで展開されていますが、今回はPS5版でのレビューを行います。

どのオブジェクトも細部まで作り込まれているのが本作の特徴。X3000iは、その1つひとつをハイクオリティな映像でしっかりと表現できているのが魅力です。地面に広がる草は潰れることなく、枝分かれしているのが確認できるほどに高精細。緑色を得意とすることもあり、非常にリアルで美麗な色彩が楽しめます。

カーテンから光がこぼれている状態でも、視認性は良好。昼間や明かりのついたリビングでプレイしたい方にぴったりです。

コントローラーの操作もスムーズ。入力ラグがほとんど無いため、敵の攻撃にあわせてボタンを押し、その攻撃を弾く「パリィ」という技もしっかり繰り出せます。高画質な映像を快適な操作性で楽しみたい方にもおすすめです。

内蔵されたスピーカーにより、重厚なサウンドを高音質で再生可能。ゲームだけでなく、映画やライブ映像の鑑賞でも活躍します。白い壁やスクリーンさえあれば、1台でホームシアターの環境が作れるため便利です。

BenQのゲーミングプロジェクター「X3000i」のデザイン

「X3000i」は、インテリアとしても映えやすいキュービックデザインを採用。上下逆さまにしても安定して設置できるのが魅力です。落ち着きのある白を基調としたカラーリングは、高級感を演出可能。部屋に馴染みやすく、デスクやラックなどの空きスペースへ気軽に設置できます。「グッドデザイン賞2021」を受賞した実績も。おしゃれで機能的な製品がほしい方にぴったりです。

HDMIのほか、USB Type-A・3.5mmジャックなど、複数の入力端子を備えているのもポイント。PS4やPS5だけでなく、Nintendo Switchなどの家庭用ゲーム機にも対応しています。

本製品のスピーカーだけでも高品質なサウンドが楽しめますが、より音質にこだわりたい方向けに、AV機器との接続に使用するS/PDIFなども搭載。理想の環境で使用しやすいゲーミングプロジェクターを探している場合はチェックしてみてください。

製品情報

ベンキュー(BenQ) ゲーミングプロジェクター X3000i

ゲーム情報

フロム・ソフトウェア(FromSoftware) ELDEN RING

大人気タイトルDARK SOULSやBloodborneを生み出したことで有名な企業フロム・ソフトウェア。『ELDEN RING』は、同企業から2022年2月25日に発売された最新作です。Xbox OneやXbox Series X|S、PC(Steam)でもプレイできます。

歴代タイトル同様、圧倒的な脅威と、それを乗り越えた時の高い達成感が魅力の本作。広大な世界で、危険なボスとの手に汗握る死闘や、複雑かつ立体的に構成されたダンジョンに挑むことができます。

物語は、ダンジョンを攻略したりボスを倒したりすると進行。一方で、オープンワールドゲーム特有の魅力である「自由に動き回れる」メリットを活用し、計画なき冒険をすることも可能です。シナリオを進めるか探索に時間を費やすかはプレイヤー次第。どちらを選択しても、美麗なグラフィックや重厚なストーリーを楽しめます。