雨・雪・紫外線・傷などから愛車を守る「車用カバー」。駐車場に屋根がない場合でも車のダメージを軽減し、いたずらや盗難対策にも役立ちます。また、外装だけでなく内装も保護できる人気アイテムです。

今回は、車用カバーの選び方やおすすめアイテムをご紹介します。また、メリットに加えてタイプ、あると便利な機能まで解説。大切な愛車を守るため、購入の際の参考にしてみてください。

車用カバーのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

車用シートには多くのメリットが存在します。まずは、雨や雪などの悪天候から車体を保護。また、黄砂や火山灰、潮風など地域によって被害が出るモノや、花粉や落ち葉、霜など季節的な状況で起こり得る現象からも車をガードできます。

次に、紫外線による塗装の劣化を予防。日光を遮れる車用カバーを使用すれば、塗装やライト、内装まで紫外線から守れます。さらに、外的要因から車をガードするため、洗車回数が減るのもメリットです。

ほかにも、車種を特定しにくいので、盗難やいたずらを予防できます。また、鳥のフンや猫の足跡、引っかき傷など、動物による被害も防ぐことが可能。そのほか、車をさまざまな要因から保護できるため、車の価値を保ちやすいのもポイントです。

デメリット

By: amazon.co.jp

数多くのメリットがある車用カバーですが、いくつかデメリットも存在します。まずは、着脱に手間がかかりやすいこと。暑い日や寒い日、風が強い日など、装着する際はある程度の労力が必要で、取り外す場合も同様です。

また、取り外したあと、車用カバーの置き場所に困ることも。外に置いておくと風で飛ばされる可能性があります。車体を守る分、汚れている車用カバーを車内にしまうのは避けたほうがよいので、あらかじめ保管場所を決めておくのがおすすめです。

さらに、若干のたるみがあると雨水が溜まるため、雨が降っているときや降ったあとに取り外すときに服が濡れてしまう恐れがあります。そのほか、内側に蒸れが生じやすかったり、塗装面を害す可能性があったりするためコーティングしたばかりの車には装着できないのもデメリットです。

車用カバーの選び方

車体に合ったサイズをチェック

By: amazon.co.jp

車用カバーを選ぶときは、車の形状や大きさに合わせたモノを選ぶことが大切です。大きすぎると車と車用カバーの間に隙間が生まれ、ホコリや砂、雨などが浸入してしまい保護力が低下。また、強風の日だと車用カバーが吹き飛ばされたり破れてしまったりする可能性が出てきます。

逆に、小さすぎると全体をしっかりカバーできず、はみ出してしまう部分だけダメージを受けたり劣化が進んだりするのがデメリット。目安として地面に付かない程度に長いモノがおすすめです。

目的に合った種類をチェック

ハーフカバー

By: amazon.co.jp

ボンネットが車庫からはみ出ていたり、ボンネットからルーフにかけてホコリなどが気になったりする場合は、ハーフタイプの車用カバーが適しています。部分的に保護するだけなので着脱が簡単で、限られたスペースでも使いやすいのがメリットです。

また、価格もフルカバーに比べてリーズナブルなのもポイント。ただし、露出している一部分は劣化が早まるのが難点です。頻繁に車を出し入れする方や車用カバーの着脱が面倒だという方は、ハーフタイプをチェックしてみてください。

フルカバー

By: amazon.co.jp

ボディ全体を覆えるフルカバータイプ。雨・紫外線・ホコリ・傷などから車体をガードし、ダメージを軽減できるのがメリットです。また、すっぽり覆うため車種を特定されにくく、盗難やいたずら対策に適しています。

なかには、車種専用の車用カバーや汎用タイプなど、さまざまなアイテムがラインナップ。愛車をしっかりと守りたい方におすすめです。ただし、着脱に手間がかかるのはデメリット。高性能のモノほど重量が増える傾向にあり、余計に手間だと感じることもある点は留意しておきましょう。

機能性をチェック

車を傷から守りたいなら「裏起毛付き」を

By: amazon.co.jp

裏地に起毛処理が施された裏起毛付きの車用カバーは、ボディに傷が付きにくいのが魅力です。車用カバーが風にあおられると、裏面と車体が擦れ合って摩擦熱が生じ、塗装が剥がれてしまう可能性があります。裏起毛付きならボディや塗装に優しく触れるため、擦り傷を予防可能です。

裏起毛が付くことで多少価格は上がるものの、耐久性に優れているのがメリット。風が強い屋外駐車場に車を停めている方や、塗装剥がれや傷をしっかり予防したい方におすすめです。

風に飛びにくい「紐や固定ベルト付き」

By: amazon.co.jp

サイズ感のあった車用カバーを選んでも、固定できないと風で飛ばされる恐れがあります。紐や固定ベルトが付属したモノなら、しっかり固定して使用可能です。ただし、裾のゴムだけで固定するタイプは経年劣化で伸びてしまうため、カバーが外れやすい点があるので注意しましょう。

裾部分に紐が通っており、巾着袋のように絞って固定するモノや複数の固定器具が施されたモノなら、車への密着度が増して保護力が向上。カバー力に大きな影響を及ぼす部分なので、事前にチェックしておくのがおすすめです。

車用カバーのおすすめ|ハーフカバー

Ohuhu ボンネットカバー

直射日光による車内の温度上昇も軽減

裏起毛が施された車用カバーです。表面はPEVA素材を採用し、防水性・耐光性・耐腐食性・耐風性など、さまざまな機能で愛車を保護。また、防炎加工を施し、直射日光による車内の温度上昇を軽減します。UVカット機能も有し、ボディやヘッドライト、内装の劣化を予防できるのも魅力です。

裾はゴム絞りでボディにフィットさせることが可能。中央下部には防風バックルも配置されています。着脱が簡単なうえ、強風時もしっかりと固定。さらに、収納袋が付属し、取り外したあとにコンパクトに管理できるのも便利です。

前面には蛍光バーを採用し、夜間時の視認性を向上。215×146×56cmの一般車汎用サイズなので、さまざまな車種に対応しやすいのも特徴です。

Konnfeir 車カバー ハーフボディカバー

引っかきや汚れに強く、お手入れも簡単

耐久性に優れたアルミニウムフィルム防水材料を使用した車用カバーです。中層にはPEVA素材を採用し、UVカット加工を施しています。加えて、裏起毛設計なので、雨や雪、直射日光などによる影響を受けにくく、愛車を保護できるのが魅力です。

ボディ上部やフロントガラス、サイドミラーを覆えるため、夏は車内温度の上昇を軽減し、冬は窓の凍結予防に役立ちます。また、引っかきや汚れに強く、お手入れが簡単なのもポイント。車種に合わせてサイズを展開しているほか、複数枚セットも用意しています。

redleafjp フロントウィンドシーアイドカバー

フロントガラス部分を重点的にガード

防風フックをホイールに引っかけるだけで取り付けられる、ハーフタイプの車用カバー。中層にPEVA素材を採用し、UVカット加工を施しています。フロントガラス部分を重点的にガードし、直射日光による日焼けなどを予防できるのが特徴です。

裏起毛設計なので、ボディやガラスなどを傷付けにくいのも魅力。夏は車内の温度上昇を軽減し、冬はガラスの凍結予防に使えます。また、表面層は引っ張りに強い仕様。加えて、反射光ストリップが付属しており、夜間でも視認しやすい作りです。車用カバーの着脱が面倒な方や必要最低限のカバー力を求めている方に適しています。

BRAVE 車用ボディカバー

ボディ上部を覆う、ハーフタイプの車用カバー。ひとりでも着脱が簡単に行えるのが特徴です。フロントガラスや窓をしっかりと覆い、雨や鳥のフンなどから愛車を守れます。

冬に使用すればフロントガラスの凍結を防止。日差しの強い時期のダッシュボードやシートなどの日焼けが気になる方もチェックしてみてください。

車用カバーの四隅とドアミラーの上には反射素材を設置。夜間の視認性を高め、車両の衝突などを予防できます。また、PEVA素材を使っているためお手入れが楽に行え、引っかき傷に強いのもメリットのひとつです。

軽自動車・セダン・SUVの3種類を用意。手軽に使いやすいので、頻繁に車を出し入れする方や車用カバーの着脱が面倒な方におすすめです。

ANBEN ボンネット保護カバー

ポリエステルオックスフォード生地を採用した、ハーフタイプの車用カバーです。高強度かつ高密度な素材で、防水性や難燃性に優れています。裏起毛を施しているため、ボディに優しく塗装の劣化や擦り傷を予防できるのが魅力です。

弾性のあるゴムバンドは長さの調節可能なので、車の大きさに合わせて固定可能。また、幅広いサイズ展開を用意しているため、愛車にぴったりのモノが見つかりやすいのもポイントです。

4層構造により耐久性に優れており長く愛用しやすいのも特徴。さらに、蛍光反射ストリップをあしらい、視認性を高めています。ボンネット部分をしっかりとガードしたい方におすすめの車用カバーです。

車用カバーのおすすめ|フルカバー

LINFEN 自動車ボディカバー

PVCコートを採用し、紫外線を99%カットすると謳っている車用カバー。直射日光による塗装や内装の劣化を予防できます。防水性の高い201Tという防水材料を使用し、雨や雪から車をカバー。引き裂きに強く、難燃性のある材質のため、耐久性に優れているのも魅力です。

長さ調節ができる、フック付きの防風ロープが付属。本体のフロントとリア部分に搭載した強力ゴムに加え、車体下部中央付近にはバックルで留める予備の防風ベルトも備えているため、車と車用カバーをしっかり固定できます。

また、6つの蛍光反射ストリップが施され、夜間使用時の視認性を向上。塗装の剥がれや変色、ダッシュボードなど内装の変形を防ぎたい方におすすめの車用カバーです。

NUOMAN 車カバー

5層構造の車用カバー。保護被膜・防水防塵・紫外線予防などの性質を持つ材質を重ね合わせ、裏起毛も施しています。雨や紫外線などさまざまな天候に対応可能。鳥のフンや猫の引っかき傷などのアクシデントからも愛車をカバーすることが可能です。

PE防水材質を2層施しているので、優れた防水性を発揮。UV反射率は95%と謳っており、断熱効果も期待できます。また、7つの蛍光反射ベルトが施され、夜間時の視認性を向上。側面のジッパーには蛍光反射テープを備え、車用カバーをかけたあとでも車内で探し物がしやすい仕様です。

前後に伸縮性のあるボトムバンド、前後と中央の3箇所に固定用ベルトを搭載。車に密着させられるため、耐風性に優れているのが魅力です。さらに、大きなミラーポケットを設けており、折りたためないサイドミラーにも対応可能。そのほか、収納バッグが付属し、収納や保管に便利なのもうれしいポイントです。

iCar Live CAR 5Layers COVER

現役の整備士が監修した、5層構造の車用カバーです。1層目は防水防塵性能に優れたPEVA素材を採用。2層目から4層目は浸透防水層、5層目は裏起毛を使用し、外側からも内側からも愛車を保護できます。

PEVA素材は耐久性・防水性・防湿性に優れているのが特徴、加えて、シルバーカバーを採用することで紫外線対策としても活躍します。また、フロントとリアには強力なゴムを配し、車への密着度を向上。強風対策やいたずら対策に役立ちます。さらに、ワンタッチ固定ベルトも付属しているため、着脱が簡単なのもポイントです。

収納袋が付いているので、取り外し後も便利。運転席側にはファスナーを施し、車用カバーをかけたあとも車内での出入りが気軽に行えます。ユーザー目線に立って設計した日本製。品質にこだわりたい方におすすめです。

Coverify 車カバー

軽自動車に適応する、4層構造の車用カバー。1層目は耐久性に優れた190Tポリエステルタフタ生地を採用し、裂けにくく紫外線による影響を軽減できます。2層目と3層目はPE膜を施し、水は通さず空気だけを通すため、雨の日でも蒸れにくく便利です。

4層目には裏起毛を採用し、強風や着脱時によるボディの擦り傷を予防できます。また、伸縮性に優れているため着脱が簡単で、しわになりにくいのも魅力。アジャスタータイプのワンタッチベルトが付属しているので、フィット感を調節しながら愛車を保護できます。

さらに、4つの蛍光反射ストリップ付きのため、夜でも車を見つけやすく安全性が向上。軽自動車にぴったりの車用カバーを探している方におすすめです。

AUTOSKY 車カバー

黒のコーティングを施した車カバーです。高密度210Tong生地を採用し、紫外線を99.95%カットすると謳われているのが特徴。また、防水性に優れ、雨から車を保護できるのも魅力です。

下部には弾性バンド、中央には固定バックル、さらに前後輪に付けられる防風ロープが付属。強風でも飛ばされにくく、車への密着度が向上して隙間を生み出しにくいのが魅力です。反射ストリップも付いているので、周りから認識しやすく夜間の駐車時にも活躍します。

難燃性のある材質を使っているのもポイント。そのほか、引っかきにも強く、長期間使用しやすい作りです。

AYUAN 凍結防止カバー

4層構造で耐寒性に優れた車用カバーです。1層目はUVカット機能、2層目と3層目は透湿性能に優れているのが特徴。車カバー内の湿気や熱気を外側に逃がすことで、蒸れにくい状態を維持します。

4層目は防水性能が高く、雨の侵入を予防。雪や霜による凍結のリスクも軽減できます。また、固定ベルトが3本、前後輪防風ロープが2本、前後下部に弾性バンドが付属し、強風対策をしながらフィット感を高められるのが魅力です。

運転席側にファスナーを設けており、取り付け後も車内に出入りできます。さらに、視認性を向上する6本の光反射警告ベルト、専用収納袋も付いており便利。オールシーズン活躍する車用カバーで、特に寒冷地に住んでいる方におすすめです。

NEVERLAND 420D自動車カバー

高密度のオックスフォード素材を採用した車用カバーです。PUコーティングを施し防水性を高めている上、二重縫製部分には防水加工を行っており、高い撥水性を有します。また、PVCコートを使用することで、紫外線の90%をカットすると謳われているのも特徴。雨や雪、直射日光から愛車を保護します。

裾部分には弾性バンドと伸縮性のある強力ゴムを配しており、車にフィット。中央に付いている調節可能なストラップとバックルを使えば、強風時にカバーが吹き飛ばされる心配を減らせます。

バックミラーカバー設計を採用しているため、サイドミラーも保護可能。さらに、蛍光反射ストリップが付いているので、夜間駐車も使用できます。多機能な車用カバーを探している方におすすめです。

Favoto 車カバー

5層構造の車用カバー。オックスフォード生地を採用し、防水・紫外線防止コーティングや硬貨接着剤、裏起毛を施しているのが特徴です。雨や雪、日差しなどから車体を保護します。

下部には強力ゴムを施しているうえ、4つの車輪で固定できる防風ベルト付き。また、防風ロープも2本付属しており、フロントとリアを縛ることで強風対策を行えます。

運転席側にファスナーを設けているので、取り付け後も車内に入ることが可能。さらに、反射テープを搭載しているため、夜間でも安全性を確保できます。

Softclub ボディーカバー

外層に高密度不織布を使用した、4層構造タイプの車用カバーです。防湿性に優れ、軽くて柔らかい手触りが特徴。中層はPPフィルムと二層高比重不織布を採用し、防水性能と通気性を確保しています。また、内層に裏起毛素材を使っており、ボディに擦れても傷付きにくいのがメリットです。

革製品などにも用いられている2本針縫製なので、強度が高く長持ちりやすいのもポイント。また、4つの蛍光反射ストリップが付属しており、夜間でも高い視認性を有しています。

裾には強力ゴムを搭載し、防風ベルトが4本用意。ホイールに結べば愛車をしっかりと保護できます。

GUNHYI 自動車ボディカバー

PEVA・HDPE・アルミニウムフィルム・コットンを採用した、4層構造の車用カバーです。防水性に優れているので、雨から車体を保護。また、UVカット機能も備わっているため、直射日光による影響も軽減できます。加えて、柔らかいコットンで愛車の塗装を保護し、断熱効果も期待可能なのが特徴です。

引き裂きや引っかきに強いうえ、二重糸縫いを施しており優れた耐久性を有しています。さらに、防風バックルが付属しており風に飛ばされにくい仕様もポイントです。反射ストリップを採用することで、夜間時の視認性も向上しています。

フロント下部に黒い生地を使用しているため、前後が分かりやすくて便利。サイズ展開が幅広いので、愛車に合わせて選べます。車に優しい車用カバーを探している方におすすめです。

車用カバーの売れ筋ランキングをチェック

車用カバーのランキングをチェックしたい方はこちら。