自動車の屋根に取り付けて使用する「ルーフキャリア」。車に荷物が積みきれない場合はもちろん、車内のスペースを広々と使いたい場合にも便利なアイテムです。

しかし、各メーカーから多種多様なモデルが販売されており、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめのルーフキャリアをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ルーフキャリアとは?

By: amazon.co.jp

「ルーフキャリア」とは、車の屋根に荷物を積みたい場合に使用する荷台のようなアイテムのこと。屋根に取り付けて荷物を固定できるので、車内のスペースが有効に活用できます。

また、ルーフキャリアは、土台となる「ベースキャリア」と荷台にあたる「アタッチメント」と呼ばれる2つパーツで構成されているのが一般的。ベースキャリアとアタッチメントは別々に販売されていることも多いので、購入する際は注意しましょう。

さらに、アタッチメントには複数の種類が存在します。一般的な荷物を積載するタイプだけでなく、サーフボード・スキー板・スノボード・自転車などが積めるモデルも展開されており、アウトドアシーンを楽しみたい場合にも便利です。

ルーフキャリアの選び方

車に適合する取付方式を選ぶ

ルーフオンタイプ

By: amazon.co.jp

ルーフオンタイプは、ベースキャリアを固定するのに必要な装備がない車に取り付けるタイプ。フラットな屋根に荷物を載せるバーと支えるフットをそれぞれ固定して使います。

ただし、車には屋根の上に純正の取り付けポイントがあるモデルと、ボディとドアの間にある隙間に取り付けフックを掛けるモデルの2種類がある点には注意が必要。ルーフオンタイプの製品を購入する際は、事前に所有する車のタイプをチェックしておくのがおすすめです。

ルーフレールタイプ・レインガータータイプ

By: thule.com

「ルーフレールタイプ」は、ルーフレールやダイレクトルーフレールを備えている車に使用するタイプ。屋根への取り付けには、ルーフレールタイプのベースキャリアを使用します。

また、「レインガータータイプ」は、車体の雨どいを利用して取り付けるタイプ。取り付け金具を使用せず、バーとフットのみで固定できるのが魅力です。購入する際は、所有する車に合った高さのベースキャリアを選択しましょう。

ベースキャリアのバー形状や機能をチェック

By: amazon.co.jp

ルーフキャリアのアタッチメントを車に固定するには、多くの場合「ベースキャリア」が別途必要です。

ベースキャリアとは、荷台を固定するために使うバーのようなパーツのこと。アタッチメントを取り付ける「バー」と、車体に固定して土台になる「フット」と呼ばれるパーツ、バーとフットを取り付ける金具の3つで構成されているのが特徴です。

ベースキャリアのバーは、断面がスクエア状のスタンダードなモデルだけでなく、楕円に近い流線型にデザインされているモデルなども展開されています。コスパを重視する場合はスクエア型、デザイン性にこだわりたい場合は流線型が適しています。

目的に合ったアタッチメントを選ぶ

大容量で雨が降っても安心の「ルーフボックス」

By: amazon.co.jp

ルーフボックスタイプの製品は、大量の荷物を屋根に載せたい場合に便利。さまざまな荷物を積みやすいので、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンでも活躍します。また、フタがついているタイプなため雨や雪などから荷物を保護できるのもメリットです。

多目的利用が可能な「ルーフラック」

By: curtmfg.com

「ルーフラック」は、カゴのような形をしたアタッチメントが採用されているタイプ。荷物を載せたあとにネットやベルトなどで固定して使うのが特徴です。クーラーボックスやコンテナなど、比較的サイズの大きい荷物を積みたい場合に適しています。

また、ルーフボックスには入れにくい高さがあるモノを積みたい場合にも便利。さらに、日帰りのレジャーなどで、車内には積みたくない荷物やゴミを運びたい場合に使いやすいのもメリット。幅広いシーンで利用できるタイプです。

旅先でのサイクリングに便利な「サイクルキャリア」

By: amazon.co.jp

「サイクルキャリア」は、車の屋根上に自転車を積む目的で設計されたアタッチメントのこと。車内に自転車を積むスペースが確保しにくい場合におすすめのタイプです。

また、車の屋根上に固定しておけるので、外出先でサイクリングを楽しみたい場合にも活躍。自転車で出かけている家族も迎えに行けるのもメリットです。

ウインタースポーツには「スキー・スノボキャリア」

By: rakuten.co.jp

ウインタースポーツを楽しみたい場合には、「スキー・スノボキャリア」の導入がおすすめです。アタッチメント部分がスキー板やスノーボードの積載に対応しているのが特徴。かさばりやすいスキー・スノボー板を積めるので、車内を広々と使えます。

一般的には、スキー板は6セット、スノーボードは4セット積載が可能。購入する際は事前に積載可能なセット数をチェックしておきましょう。

汚れたボードも乗せられる「サーフボードキャリア」

By: rakuten.co.jp

「サーフボードキャリア」は、名称通りサーフボードを積載するために設計されたアタッチメント。サーフィンを楽しみたい方におすすめ。サイズの大きいサーフボードは、積載するスペースの確保が難しいため、屋根に積めるサーフボードキャリアがあると便利です。

なかには、ロングボードに対応したモノもあるので、ロングボードを持っている方は対応しているかどうか事前に確認しておきましょう。また、サーフィン後にボードをそのまま屋根に積めるのもポイント。車内を濡らしたくない方にも適しています。

「カヤックキャリア」は大きなカヤックも輸送可能

By: amazon.co.jp

「カヤックキャリア」は、サイズが大きいカヤックを運ぶのに使用するアタッチメントのことをいいます。カヤックの全長は車より長い場合が多く、車内に積載できないのが一般的。カヤックキャリアを使用すれば、カヤックを屋根上に積載することが可能なので、自宅からカヤックを持ち運べるようになります。

コスパ重視ならベースキャリア不要のモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

コスパを重視してルーフキャリアを探している場合には、ベースキャリアとアタッチメントが一体になったモデルがおすすめ。アタッチメントとベースキャリアの両方を購入する場合に比べて、コストを抑えられるのが魅力です。

ただし、アタッチメント部分を付け替えできない点には注意が必要。購入する際は、アタッチメントの種類をしっかりと確認しておきましょう。

折りたたみ可能なルーフキャリアバッグもチェック

By: amazon.co.jp

使用する際だけ車に取り付けたい場合は、折りたたみできる「ルーフキャリアバッグ」がおすすめ。ボックス型のバッグを車の屋根に取り付けて使用するのが特徴です。

ルーフキャリアバッグは、ベースキャリアなしで使用できるのもメリット。クリップやストラップを使って簡単に固定できるので、手軽に使用できるモノを探している方にもおすすめです。

ルーフキャリアのおすすめメーカー

スーリー(THULE)

By: rakuten.co.jp

1942年にスウェーデンで誕生した「スーリー」は、1962年に初めてルーフラックを製造しました。品質はもちろん、デザイン性も優れたルーフキャリアを数多く展開しているのが特徴。比較的価格は高いものの、見た目や品質にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

イノー(INNO)

By: carmate.co.jp

「イノー」は、日本国内の大手カー用品メーカーとして知られる「カーメイト」が展開するルーフキャリアブランド。アタッチメントやベースキャリアなど、豊富に取り扱っており、さまざまな車への取り付けが可能です。

イノーが製造するルーフキャリアは、デザインと使い勝手に優れているのが魅力。機能性を重視する方におすすめです。製品をなるべく低価格で購入したい場合にもおすすめです。

テルッツォ(TERZO)

By: rakuten.co.jp

「テルッツォ」は、PIAAが手がけるブランド。車載用温冷庫やタープなどのレジャー用品を扱っています。ルーフキャリアのラインナップは充実しており、好みや目的に合ったモノを選びやすいのが魅力です。

また、品質の高さに定評がある点もメリット。耐久性の高いルーフキャリアを求める方にもおすすめのメーカーです。

ルーフキャリアのおすすめ

スーリー(THULE) Thule Vector Alpine

スーリー(THULE) Thule Vector Alpine

機能性に優れたデザインが採用されているルーフボックスタイプのキャリアです。フタとベースに継ぎ目がなく、一体感のある外観を有しているのが特徴。エレガントな印象を与えられる点も魅力です。

内装には、高級感あるフェルト加工を採用。積み込んだ荷物を保護できる点もメリットです。また、内部にLEDライトが付いているのもポイント。ホワイトの内装色とライトの点灯によって、夜間でも積み込んだ荷物が確認しやすく使い勝手にも優れています。

ボックスは閉じるだけでフタのロックが可能。ロックし忘れてしまうトラブルも予防できます。

本製品はクラッシュテスト・耐摩耗性および耐破損性試験・曝露試験など厳しいテストをクリアしており、品質も良好。暑さや寒さのほか、湿気や日光、化学物質にも強く、安心して使用できる点もおすすめのルーフキャリアです。

イノー(INNO) リッジトランク 240 BRW240

イノー(INNO) リッジトランク 240 BRW240

コンパクトカーにマッチするサイズに設計されているルーフキャリアです。本体サイズは高さ35×幅140×奥行き70cm。最大積載量は50kg、容量は220Lなので、ゴルフバッグやベビーカーなどを運びたい場合にも便利です。

また、左開きの構造を採用しているのもポイント。停車した際に歩道側から開閉しやすい仕様です。スクエア型だけでなく、楕円形のバーにも取り付けできます。

さらに、ワンタッチバックルベルトが付属しているのもメリット。ルーフボックスに入れた荷物をしっかりと固定できる点もおすすめです。キーの部分は、セイフティロック機構を搭載。カバーロックがされないと鍵が抜けないので、キーのかけ忘れも予防できます。

カバーには三重構造を採用。傷を防いでUVもカットするアクリルに強度の高いABS素材などを組み合わせています。

スーリー(THULE) ルーフバスケット Thule Canyon XT

スーリー(THULE) ルーフバスケット Thule Canyon XT

おしゃれでかっこいいデザインが魅力的なルーフキャリアです。サイドウォールには、テーパード形状を採用。荷物の積み下ろしがしやすい点も魅力です。また、ウインドフェアリングを備えているのもポイント。積荷上の気流を整える設計も本製品の特徴です。

スーリーの「Thule Canyon Extension XT」を別途購入すれば、積載スペースを50cm拡張可能。大型の荷物を積み込みたい場合に便利です。さらに、堅牢性も優れています。

多様な車種に適合する取り付け金具も付属。機能性とデザイン性を両立している点もおすすめです。

テルッツォ(TERZO) レインモール取付タイプ 軽自動車用ハイタイプ EA900NV

テルッツォ(TERZO) レインモール取付タイプ 軽自動車用ハイタイプ EA900NV

軽自動車用に設計されているハイルーフのルーフキャリアです。ベースキャリアとアタッチメントがセットになった製品。各パーツを別々に購入する手間を省けるのが魅力です。

デザインはスマートかつスタイリッシュ。前後にはパネルがなく、ビジネス用途で脚立などを積みたい場合にも適しています。アタッチメント部分の素材には軽量でアルミを採用。サビに強い点もメリットです。

ベースバーの素材にはスチールを使用。内部にはポリエチレンコーティングが施されており、耐久性にも優れています。ベースキャリアを取り付けたあとにアタッチメントを固定するタイプ。比較的取り付け作業がしやすいのもおすすめポイントです。

CURT BLACK STEEL ROOF RACK CARGO CARRIER

CURT BLACK STEEL ROOF RACK CARGO CARRIER

ボルトを使って簡単に組み立てできるルーフキャリアです。積載する荷物は、同メーカーが製造するカーゴネットなどを使って固定できます。

本製品は、アタッチメントのみで販売されているので、別途ベースキャリアの準備が必要。丸型・四角・楕円など、幅広い形状のベースキャリアに対応できるのも魅力です。

カラーは、パウダーブラック仕上げを採用。取り付けを行う車種を選ばず、マッチしやすいのもメリットです。また、強度の高いスチール構造が採用されているのもポイント。耐久性の高いルーフキャリアを求めている場合にもおすすめです。

さらに、CURTの「ルーフラックエクステンション 18117」を使ってサイズを拡大できるのも長所。大きめの荷物を積載する場合にも適しています。

精興工業 TUFREQ ルーフキャリア Pシリーズ PH236C

精興工業 TUFREQ ルーフキャリア Pシリーズ PH236C

ハイルーフ車の雨どいを利用して取り付けるレインガータータイプのルーフキャリアです。アタッチメントとベースキャリアが一体となった製品。ベースキャリアを別途用意する場合に比べてコストが削減でき、比較的リーズナブルな価格で購入できます。

本体の素材にはブラックの塗装が施されており、幅広い車種にマッチします。さらに、前後に回転パイプを備えているのもメリット。簡単な操作でフラットな形状にでき、スムーズに荷物を積み込める点もおすすめです。

C.L.LINK ルーフキャリア アルミ製 ジムニー JB64 JB74

C.L.LINK ルーフキャリア アルミ製 ジムニー JB64 JB74

スズキのジムニー用に設計されているルーフキャリアです。室内容量の小さいという弱点を補いたい場合に便利。キャンプやバーベキューなどのグッズを積み込んで、アウトドアシーンを快適に楽しみたい場合にもおすすめです。

また、スタイリッシュなデザインが採用されているのもポイント。無骨な印象を与えるデザインは、ジムニーの外観ともマッチします。C.L.LINKが製造するリアラダー(ハシゴ)と統一感ある外観なので、ジムニーをカスタムしたい場合にも適しています。

さらに、比較的取り付けが簡単に行えるのも本製品の特徴。純正のレインガーターを利用して固定できるので、別途ベースキャリアを用意することなく使えるのもメリットです。

本体の素材には軽量なアルミを使用。取り付け時にかかる負担が軽減できるだけでなく、サビに強い点もポイントです。

RIDE-FiELD Model J03-1600

RIDE-FiELD Model J03-1600

素材に「アルミニウム エクスパンディッド メタル」を採用したルーフキャリアです。アルミニウム板をダイヤモンド状に押し広げ、網目状に加工しているのが特徴。軽量なだけでなく、剛性に優れているのが魅力です。

また、通気性も高いため、サビにくく、長期間使用したい場合にもおすすめです。雨どいとスクエア型のベースキャリアに装着できます。

スーリー(THULE) ルーフマウント型サイクルラック Thule ProRide

スーリー(THULE) ルーフマウント型サイクルラック Thule ProRide

車の屋根に自転車を積みたい場合に便利なアップライト式のサイクルキャリア。特殊なフレームホルダーとホイールトレイを備えており、タイヤを外さずに自転車を素早く積み込み可能です。

また、トルクリミッターダイヤルが付いているのもポイント。正しく固定されているか確認できます。クイックリリース式のホイールストラップが付いているのもメリット。輸送中に自転車のホイールがぐらついてしまうトラブルも予防できます。

左右の入れ替えを行う際も工具は不要です。さらに、本製品は、耐久性テスト・耐摩耗性および耐破損性試験・曝露試験などをクリア。最大で20kgまでの自転車に対応できる点もおすすめポイントです。

イノー(INNO) デュアルアングル UK729

イノー(INNO) デュアルアングル UK729

スキー板やスノーボードを車の屋根上に積むのに適したルーフキャリアです。スキー板は6セット、スノーボードは4セットまで積載が可能。家族や友達とウインタースポーツを楽しみたい場合にも便利です。

また、セイフティロックシステムを備えているのもポイント。ロックしないと鍵が抜けない構造なので、鍵のかけ忘れを予防できます。開閉はボタンを押すだけと簡単。積み込みをスピーディに行える設計です。

さらに、積載時に角度が調節できるのもメリット。バインディング部分が屋根にあたらない位置に設定できる点もおすすめです。

テルッツォ(TERZO) SURFBOARD CARRIER EZ LOCK EM49

テルッツォ(TERZO) SURFBOARD CARRIER EZ LOCK EM49

車のルーフにサーフボードを積載する際に使用するルーフキャリアです。最大で3枚のボードを積めるのが特徴。複数人でサーフィンを楽しむ場合にも便利です。また、盗難防止キーが付いているのもポイント。前後2ヶ所に配置されたキーとダブルロック構造により、セキュリティ性に優れている点も魅力です。

また、縦型ラチェットが搭載されているのもメリット。サーフボードを固定するベルトを簡単に締め込めるので、積み込みもスムーズに行えます。ベルト部分にはパッドも付属。走行中にボードがバタついてしまうトラブルも予防できます。

本製品は、スクエア型やエアロバーのベースキャリアに取り付けが可能。別途ボードクッションの用意は必要ですが、幅広いベースキャリアに対応できる、おすすめの製品です。

YAKIMA ShowDown 8004081

YAKIMA ShowDown 8004081

カヤックやスタンドアップパドルボードを屋根上に積載可能なルーフキャリアです。スライド&チルト機能を備えているのが特徴。カヤックなどを車体側面の腰程度の位置に下げられるので、簡単に荷物の積み下ろしができます。

耐荷重は約36kg。ボートや最大2枚のボードなどを積載できる設計です。また、取り付けに工具が必要ない点もメリット。キャリア本体の重量も約9.5kgと軽く、車上に設置する際の負荷も軽減できます。

クレードル部分はフェルトで覆われており、船体に合わせて曲がる構造。安心してカヤックを運べるのもおすすめポイントです。使用しない際は折りたためるため、空気抵抗を抑えて風切り音を低減できます。

rightline GEAR ライトラインギア カートップキャリア スポーツ ジュニア PRG-100S50

rightline GEAR ライトラインギア カートップキャリア スポーツ ジュニア PRG-100S50

ベースキャリアなしでも取り付けができる、おすすめのルーフキャリアバッグです。ストラップやカークリップなどで簡単に固定できるのが特徴。英文ですがセットアップガイドも同梱されており、参照しながら取り付けできます。

完全防水のバッグなので、雨天時にも使用が可能。ジッパーフラップが必要ない「SZIP完全防水ジッパー」も採用されており、天候に左右されにくいのが魅力です。

また、収納袋が付属しているので、使用しない際はコンパクトに折りたたんで保管しておけます。さらに、UV保護機能を備えているのもメリット。素材にはメッシュで強化されたPVCが使われています。柔軟性のあるソフトタイプなので、バッグ内の荷物をレイアウトしやすいのもポイントです。

スーリー(THULE) Thule WingBar Edge

スーリー(THULE) Thule WingBar Edge

スタイリッシュな外観が魅力的なルーフレールタイプのベースキャリアです。薄型設計で空力に優れているのが特徴。走行時に出る風切り音も小さいので、快適にドライブを楽しみたい方におすすめです。

また、アタッチメントの取り付けもしやすい一体型のデザインも魅力。見た目だけでなく、機能性も高い製品です。耐荷重は75kg。スポーツキャリアやカーゴキャリアなどをしっかりと支えます。

さらに、クラッシュテスト・耐摩耗性および対破損性試験・曝露試験などをクリアしているのもポイント。耐久性も高く、長期間性能を維持できるベースキャリアを探している方におすすめです。

テルッツォ(TERZO) エアロバー・ルーフオンタイプ EF100A

テルッツォ(TERZO) エアロバー・ルーフオンタイプ EF100A

スタイリッシュなベースキャリアです。本製品はフット部分のみ。同メーカーが販売している別売りのバーとマッチするデザインで、見た目を重視したい方におすすめ。車のルーフにフィットするアーチ形状を採用しているのもポイントです。

さらに、盗難防止キーロックを標準で搭載しているのもメリット。ルーフキャリアの盗難が心配な場合にもおすすめの製品です。

テルッツォ(TERZO) ベースキャリアセット スクエアバータイプ KIT7050T

テルッツォ(TERZO) 車種別ベースキャリアセット スクエアバータイプ KIT7050T

スクエア型のバーとルーフオンタイプのフット、取り付け金具がセットになった製品です。比較的リーズナブルな価格で購入できるのが魅力。コスパに優れたベースキャリアを求めている場合にもおすすめです。

バーパーツは、外面・内面の両方にポリエチレンコートを採用。防サビ処理が施されており、長期間使用できる点もメリットです。バーの素材にはスチールを使用。強度や耐久性も高く、安心して使用できます。

本製品はトヨタのアクア用ですが、ほかにも多くの車種に合ったモデルをラインナップ。気になる方はチェックしてみてください。

番外編|ルーフキャリアを取り付ける際の注意点

By: amazon.co.jp

ルーフキャリアは、最初にベースキャリアを取り付けるのが基本。ルーフオンタイプはドア付近の車体に挟み込み、ルーフレールタイプはレールに載せて固定します。また、レインガーターをタイプは、雨どいに引っ掛けて取り付けるのが特徴です。

さらに、ルーフキャリアは、溶接やリペットで固定すると車検に通らなくなってしまいます。取り付ける際は、所有する車に対応した製品を選択し、説明書に記載されている固定方法を守って取り付けを行いましょう。