せっかく目の前にキレイな夜景が広がっているのに、いざスマホのカメラで撮ると「なんだかイメージと違う……」と思った経験がある人も多いのではないでしょうか? 明るい場所ではキレイに撮れても暗い場所となると、なかなか難しいものです。そんなときこそ夜景に強いデジタルカメラを使うことが重要です。

今回は夜景に強いデジタルカメラの選び方やおすすめをご紹介します。

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ【コンデジ】

ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX P610

917awvpj52l-_sl1500_

商品価格 ¥ 43,500

ピントが合わせにくい、月などの撮影も簡単にできるようモード機能として搭載されています。シャッタースピードなどはカメラが自動的に制御してくれるため、初心者の人でも簡単に撮影することが可能です。手持ち撮影ができるよう、補正効果の高い手ぶれ補正機能が採用されています。安く夜景撮影に強いデジタルカメラが欲しい人は間違いなくこちらがおすすめです。

持ち歩くユーザーに向けて、コンパクトボディに仕上げられており、旅行などにも最適。光学60倍の超望遠レンズは、遠くからしか撮ることができない被写体でも近くで捉えることが可能。厳しい角度からでも体制を変えることなく撮影できるよう、バリアングルタイプの大画面モニターが採用されています。コスパ高のおすすめデジタルカメラです。

▼実写サンプル
41dsomuvbl
51js6ku7jrl

キヤノン(Canon) デジタルカメラPowerShot G9

91tztpwyjyl-_sl1500_

商品価格 ¥ 48,000

一眼レフにも搭載されている画像処理エンジン「DIGIC 6」。このエンジンの特徴としては、高感度撮影時の解像度とノイズの低減です。高スペックのエンジンを積むことにより、星空モードやフルハイビジョン動画の撮影やISO上限12800など、「G9」のスペック向上に多大なる影響を与えています。夜間撮影もバッチリこなしてくれるおすすめのデジタルカメラです。

画像処理性能だけではなく、操作性も高いのがこのデジタルカメラの特徴。写真をスマホにすぐに送信できるよう、Wi-Fi機能が採用されています。外出中でもSNSなどにその場で撮った写真をアップすることが可能です。長時間露光に必要な「バルブ撮影」も簡単にできます。今まででは撮影できなかった写真も次々と撮影可能です。

▼実写サンプル
photo02
photo04

By: cweb.canon.jp

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III

61dlusi1h8l-_sl1200_

商品価格 ¥ 77,700

F値1.8~2.8の明るいレンズが搭載されているデジタルカメラです。暗い場所での撮影も難なくこなせる優れもの。大型CMOSセンサーが採用されているため、画質も一眼レフ並みの画質を誇っています。この機種は、RXシリーズの中でもノイズが抑えられたモデルになっており、夜景撮影などにおすすめ。

画像処理性能が高いとされている「BIONZ X」エンジンを積むことにより、エリア分割ノイズリダクションや回折低減処理を可能にしています。高感度撮影時などでも、ノイズレスな写真を撮影可能です。

▼実写サンプル
photo-sample_rx100m3_02
photo-sample_rx100m3_01

By: sony.jp

キヤノン(Canon) デジタルカメラ PowerShot G7

51e0rl4jdkl

商品価格 ¥ 66,430

5群ズームレンズを採用し、焦点距離が24-100mm(光学4.2倍ズーム)と広範囲をカバーしてくれるデジタルカメラです。F値も広角端で1.8、テレ端で2.8とズーム全域において明るいので、夜景をはじめとした暗所での撮影にも強くなっています。さらに、EFレンズにも使われているスーパースペクトラコーティングにより、フレアやゴーストの発生を抑えてくれる点にも注目です。

高品質な写真を撮影したい人におすすめのカメラといえます。また、センサーには1.0型の2010万画素CMOSセンサーが使われています。優れた解像感と低ノイズ、そして裏面照射型構造を採用することで、高感度撮影時にも高い解像感と低ノイズを可能にしています。

9枚羽根絞りを取り入れることで、円形に近い美しいボケを楽しめるのも、うれしいポイントです。広角から望遠までカバーし、明るいF値でボケもキレイとなると、スナップから旅行までさまざまなシーンに持って行きたくなりますね。

実写サンプル▼
photo03

photo04

By: canon.jp

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot RX1RM2

41rfaa7qwtl

商品価格 ¥ 392,499

このサイズにして有効約4240万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載した、高性能コンデジです。レンズもF2とかなり明るく、暗所でも美しい写真を撮影したい人には最高の一台になるでしょう。焦点距離は35mmと単焦点レンズを採用しているので、ズームレンズに比べると初心者には少し扱いづらいかもしれませんが、フルサイズでこのサイズ感は唯一無二の存在といえるのではないでしょうか。

しかも、ボディにはファインダーまで内蔵されています。液晶画面だけの撮影よりも、ファインダーを使った撮影の方が好きという人にもおすすめです。また、9枚羽根円形絞りを採用することで、(常用域のF2-11において)ほぼ円形になるようにつくられているのもポイントが高いですね。特に夜景では点光源が入りやすいので、円形に近い美しいボケをつくれる仕様はかなり魅力的です。

実写サンプル▼
photo-sample_rx1rm2_03
photo-sample_rx1rm2_05

By: sony.jp

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ【ミラーレス一眼カメラ】

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS M2

81feg0iovll-_sl1500_

商品価格 ¥ 47,600

最大ISO感度12800まであるため、暗い場所でも撮影できます。高感度撮影時は、画像に普段よりもノイズが起こりやすいものですが、こちらのデジタルカメラは大丈夫。「DIGIC 5」と呼ばれる、一眼レフにも搭載されている画像処理エンジンが採用されているため、ノイズを減らしてくれます。普通の撮影に置いても高解像度の写真を撮影することが可能です。

フルハイビジョンムービーを撮影できるため、普段使い用にもおすすめ。手軽なミラーレスのため、初めてミラーレスを購入する人にもおすすめの機種。アマゾン大賞を受賞したデジタルカメラなだけあってコストパフォーマンスは抜群です。

mode-08
mode-09

By: cweb.canon.jp

ニコン(Nikon) ミラーレス一眼 Nikon1 J5

91ropsgyjel-_sl1500_

商品価格 ¥ 47,980

自撮りがしやすいチルド液晶が採用されています。風景をバックに自分を写したいときなどにも便利なデジタルカメラです。初心者での人でも扱いやすいよう、オートモードという機能が搭載。夜景や風景などシーンをカメラが自動で検知し、最適な設定を行ってくれます。マニュアルで使えなくても大丈夫なデジタルカメラです。

初心者では難しいボケ感もこちらのカメラなら簡単。ダブルレンズキットには、F値1.8と明るい短焦点レンズが付属します。そのため、初めてでも簡単にボケ感を再現可能です。新画像処理エンジン「EXPEED 5A」を採用し、高解像度化にも務めているのが「J5」の特徴。ノイズ処理はもちろんのこと、4K動画にも対応しています。ハイスペックながら5万円以内で買えるというコスパ最強のおすすめデジタルカメラです。

▼実写サンプル
pic_02_l
pic_03_l

By: nikon-image.com

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7

81cier1hml-_sl1500_

商品価格 ¥ 51,795

ルミックス独自の「ヴィーナスエンジン」により、パナソニックの今までのデジタルカメラよりも、鮮明な画像を撮影することが可能です。このエンジンは高い演算処理能力を持っているため、画像隅々までの表現が可能な「ディテール再現フィルター」が搭載されています。2段階に分けてのノイズ処理機能もこのエンジンにはあるため、暗いところでの撮影にも大活躍。

最大ISO感度「25600」の超高感度。夜景撮影はもちろん、暗い場所での撮影もラクラクこなしてくれます。オートフォーカス性能も従来モデルより約2倍ほど早くなっているため、動的な被写体でもしっかりと捉えることが可能です。

▼実写サンプル
image03
image13

By: panasonic.jp

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 E-PL7

91b2exhbujl-_sl1500_

商品価格 ¥ 62,400

通常バルブ撮影を行えば、光を取り込みすぎて発光体が明るくなりすぎる場合があります。しかし、こちらのデジタルカメラはそういった場合でも大丈夫。「ライブコンポジット」という機能があり、明るく変化した部分のみを合成して写真にしてくれるため、星の軌跡などの撮影に便利。ペンライトで文字を書いた撮影なども簡単にできます。

専用のハウジングを着用すれば、防水カメラに変貌。水中撮影も可能です。自撮りも簡単にできるように、モニターが180度回転。タッチパネルでシャッターを切ることが可能なため、自撮りも簡単です。初心者の方でも便利に使うことができます。Wi-Fiも内像されているため、スマホと連携して使うことも可能。マルチに活躍するおすすめのデジタルカメラです。

▼実写サンプル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

By: olympus-imaging.jp

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX8 DMC-GX8-K

41m2vo1-rgl

商品価格 ¥ 91,791

解像力と高感度をかねそなえた高画質20M Live MOSセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラです。黒つぶれしやすい暗部や暗めのシーンでの撮影においても、忠実にディティールまで写してくれます。ボディ自体もコンパクトなので、機動力にも優れています。スナップ撮影はもちろん、旅行や夜景で機動力を活かした撮影をしたい人にはおすすめのボディといえるでしょう。

また、レンズ(2軸O.I.S)とボディ(4軸B.I.S)の6コントロールでの手ブレ補正機能「Dual I.S」を搭載している点にも注目です。撮影時における手ブレを補正してくれるので、光量が少ない夜の撮影などではかなり便利な機能になるはずです。そのほか、防塵防滴設計を採用したり、4K PHOTOを可能にしたりと、さまざまな機能やスペックを実現しています。

実写サンプル▼
cc_01

cc_18

By: panasonic.jp

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α7

71qt3esgbal-_sl1500_

商品価格 ¥ 126,800

ミラーレスの中でも人気が高い「α7」。フルサイズのイメージセンサーが搭載されていますが、小型設計になっているため、軽いです。旅行などに持って行っての使用にもおすすめ。機動力と高解像度を両方兼ね備えたデジタルカメラです。ISO感度を最大で51200まで引き上げることができるのも特徴の1つ。暗所の撮影にはバッチリです。

従来モデル「α99」と比べ、3倍近くの高速処理性能を持っている「BIONZ X」が採用されています。画像の細部だけではなく、ノイズ除去や質感などにも大きく貢献。今までは表現できなかった画像のリアリティさを出すことが可能です。夜景撮影にはもちろんのこと、普段使いでもバッチリ働いてくれます。フルサイズながら値段も12万前後のため、フルサイズのカメラを体感したい人にもおすすめですよ。

▼実写サンプル
photo-sample_a7_02
photo-sample_a7_03

By: sony.jp

富士フイルム(FUJIFILM) ミラーレス一眼 X-Pro2

41glwxpbtkl

商品価格 ¥ 172,384

2430万画素新開発APS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」を搭載し、優れた解像感や高速で高精度な位相差AFを広範囲で使えるようになっています。また、画素数を上げつつもノイズ低減を実現したほか、高感度性能も改善しているのも特徴です。

さらに、X-Processor Proという新開発の画像処理エンジンにより、いままでの約4倍の処理速度を実現しているのもポイントの1つ。さまざまなレスポンスを高速化しつつ、動体撮影時の残像現象をしっかり低減します。フィルムシミュレーションでは、撮影時のシチュエーションや被写体などにあわせて豊富な色再現や階調再現を楽しめます。

とくに新しく搭載されたフィルムシミュレーションである「ACROS」では、引き締まった黒や美しい質感再現をかなり高品質な白黒モードを堪能できるでしょう。OVFとEVFのアドバンテージが融合した「アドバンスハイブリッドマルチビューファインダー」により、撮影もより一層楽しめるのではないでしょうか。

実写サンプル▼
pic_16

pic_19

By: fujifilm.jp

夜景撮影に強いおすすめのデジタルカメラ【一眼レフ】

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフ K-70

71yk2aog-hl-_sl1000_

商品価格 ¥ 96,408

2016年ペンタックスの最新作「K-20」。ISO感度最大102400の超高感度撮影が可能な一眼レフです。「PRIME MII」の画像処理エンジンに加え、新開発したアクセラレーターユニットを組み合わせることにより、超高感度撮影を可能にしています。今まで暗闇で撮ることができなかったものでも、こちらならば大丈夫。次の暗い領域まで踏み込める機種です。

また、ペンタックス特有の赤道儀なしで天体追尾が可能な「アストロレーサー」もこちらには搭載されています。バルブ撮影の際のタイマー機能も新しくなっており、5~20分の間であれば、1分刻みで設定可能。花火や天体撮影にはもってこいの一眼レフ。その他にもこのカメラには語り尽くせないほどの機能が盛り込まれています。コスパ最強のおすすめデジタルカメラです。

▼実写サンプル
bod_mainimg_08
bod_mainimg_02

By: ricoh-imaging.co.jp

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 80D ボディ EOS80D

51frcbt9usl

商品価格 ¥ 113,898

高ISO感度や低ノイズなどを実現した、約2420万画素CMOSセンサ(APS-Cサイズ)を搭載しています。CMOS半導体工程に微細化プロセスを新たに導入し、CMOSセンサー内のフォトダイオードの開口率向上を目指しています。これにより、高感度や広いダイナミックレンジを一層活かした表現ができるわけです。

常用ISO感度は100〜16000。暗いシチュエーションにもノイズを抑えた写真を残せるのがうれしいところです。感度拡張ではH:ISO25600相当の数値を可能にしました。また、ISO感度の自動制御をしてくれるISOオートでは、上限(ISO16000まで)、下限(ISO100まで)といった設定もできるので、さまざまなシーンの明るさにあった撮影を楽しめるはず。

1回のシャッターで4枚の画像を撮って自動で合成する機能もすばらしいですね。ノイズを抑えた1枚の画像をつくりたい人にはおすすめです。

実写サンプル▼
easy-05
easy-08

By: cweb.canon.jp

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II ボディ EOS-1DXMK2

51cgghdtjql

商品価格 ¥ 650,000

約35.9×23.9mmのフルサイズCMOSセンサーを搭載した、高画質と高速性能の両方を高いレベルで実現したデジタル一眼カメラ。優れたダイナミックレンジにより、高感度に強いことから夜景撮影にもバッチリです。

映像エンジンには新開発のDIGC 6+を搭載しています。そして新ノイズ低減処理で、よりいっそう優れた静止画の高感度画質を実現。高速連続撮影も、最高約16コマ/秒というハイスペックに仕上がっています。さらに、常用ISO感度の範囲内での画質向上を目指しているのもおすすめのポイントです。色ノイズ処理能力をアップし、高品質な高感度画質を期待できるでしょう。

常用ISOは100〜51200。拡張ISOはH1:102400、H2:204800、そして新しくH3:409600相当を追加しています。風景から動体までさまざまな被写体を撮影できるカメラです。

実写サンプル▼
iso100

iso51200

By: cweb.canon.jp

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5 (CF-Type)

51rlorknztl

商品価格 ¥ 605,000

FXフォーマットによるニコンのハイスペックなデジタル一眼レフカメラです。常用ISO感度102400を実現しています。また、ISO 50相当の減感やISO 3280000相当の増感も可能です。暗所での撮影シーンにはとても心強いですね。有効画素数は2082万画素です。色再現性にも優れ、単位面積当たりの感度アップにより、高感度画質の向上にも役立っています。

高速連続撮影も約14コマ/秒(ミラーアップ)を実現し、4K UHD(3840×2160)/30p動画の高速読み出しもできるので、写真はもちろん動画も楽しみたい人にもおすすめです。また、ホワイトバランスの「AUTO」が3種類備わっている点も見逃せません。自分が撮影する目的に合わせた色味を選択できるのはとてもありがたい機能です。

連写性能が高くハイクオリティな動画も撮影できて高感度に強い最高の一台です。

実写サンプル▼
pic_04

pic_05

By: nikon-image.com

夜景撮影に強いデジタルカメラの特徴

pexels-photo

夜景撮影に強い特徴として、まず最初に挙げられるのは「ISO感度」です。このISO感度の数値が高ければ高いほど、暗い場所に有利になります。暗い場所でISO感度が低い状態で撮影すると、シャッタースピードが遅くなり、手ブレが発生しやすくなります。だからこそ、ISO感度の限界値が高いデジタルカメラは夜景に強いわけです。

また、ミラーレス一眼やデジタル一眼レフカメラの場合は、レンズラインナップにF値の低いモデルがしっかり用意されているかも重要なポイントです。F値が低いレンズ、つまり明るいレンズはやはり夜景に強いといえるでしょう。このようなレンズが揃っているメーカーのデジタルカメラは夜景撮影にも有利に働きます。

夜景撮影に強いデジタルカメラの選び方

最高ISO感度が高いモデル

201609232

夜景撮影に強いデジタルカメラを選ぶ際に注目しておきたいポイントが、最高ISO感度の数値です。高い数値ほど暗いシチュエーションでの撮影に強いので、まずはここの値をしっかり確認しておきましょう。ただ、ISO感度を上げすぎるとノイズも発生しやすくなるので、このあたりには注意が必要です。とはいえ、低いISO感度だとノイズは低くなりますが、その分シャッタースピードが遅くなってしまいます。

もし三脚を使える状況であるならば、低いISO感度で撮影した方がキレイに撮れますが、なかには三脚禁止の場所も多いですよね。そんなときにできるだけ最適なシャッタースピードで撮影できるようにするためにも、最大ISO感度に余裕がある機種を選んでおきましょう。

明るいレンズが使えること

lens-1209823_640

コンデジの場合はレンズがあらかじめ搭載されていますが、このレンズの明るさがどのくらいなのかを確認しておきましょう。F値が低いほど明るく、F値が高いほど暗いレンズということになります。夜景撮影に強いレンズは、やはり明るいレンズです。明るいレンズを使うことで、できるだけISO感度に頼らなくてもシャッタースピードを確保できるので、ノイズの低い写真撮影が期待できます。

また、レンズ交換式のカメラであれば、レンズラインナップに自分が使いたい焦点距離の明るいレンズが揃っているかをチェックしておきましょう。せっかくカメラの性能がよくても、目的の焦点距離の明るいレンズがなかったら残念な結果になりかねません。充実したレンズラインナップのメーカーのデジタルカメラは夜景にも有利なのです。

また、広角で広範囲な夜景を写したいのか、それとも夜景のなかでも特にキレイな部分を望遠で切り取りたいのか、レンズのF値とともに、ぜひ焦点距離にも注目しておくことをおすすめします。