暖房器具の中には、空気を汚してしまう商品があるのは知っていますか? 今回ご紹介するオイルヒーターは、そんな心配はありません。子どもがいるご家庭などでも安心して使うことができる暖房器具です。

オイルヒーターは、輻射熱で暖めるタイプの暖房器具で、電気ストーブの一種になります。じんわりと暖めてくれるからこそ、表面上だけではなく、身体の芯まで温めてくれるのが魅力。

今回は、そんなオイルヒーターをランキング形式でご紹介。冬は、人気のオイルヒーターで乗り切ってみてはいかがでしょうか。

オイルヒーターとは

51n5YwqFflL

オイルヒーターは、密閉された容器入った燃えにくいオイルに電気を流すことで、内部のオイルの温度を上昇させ、部屋を暖める暖房器具。大体のオイルヒーターには、効率的な放熱をするために、表面に多くの放熱フィンが搭載されています。

オイルヒーター自体は、電気ヒーターの一種。本体から放出される「輻射熱」によって部屋を暖めてくれます。

オイルヒーターのおすすめ人気機種ランキング

第1位 デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター デジタルラディアント KHD410812-LG

519cpFZ3LcL._SL1000_

商品価格 ¥ 19,000

デロンギによる、一人部屋にちょうどいいサイズのオイルヒーターです。表面温度を熱くしないようにする「サーマルカットフィン」設計になっているため、外側の熱伝導を抑制しています。表面温度は約80度。また、子どもがいる家庭でも安心して使用できるよう「チャイルドロック」を搭載しています。子どもがいるご家庭でも安心して使用できますよ。

電気代を減らすエコモードを搭載しているのも魅力的。ボタンを1つ押すだけで設定している温度よりも控えめの運転をしてくれますよ。約20%の節電をすることができるため、お財布にも優しいです。保

証期間はさすがのデロンギ。約3年間保証が付いているため、次年度にトラブルが起きたとしても安心。初めてオイルヒーターを購入する人にもおすすめです。

第2位 アズイチ(ΛzICHI) オイルヒーター OIL-001

71exjCNMA9L._SL1500_

商品価格 ¥ 12,800

寒い冬はなかなか布団から出られない人って結構多いのではないでしょうか。こちらのオイルヒーターは、そんな人におすすめ。24時間タイマーをセットできるため、朝起きた時でも部屋はポカポカ。起きるのが大変な冬の朝でも難なく乗り越えることができます。

3段階の出力切り替え機能を搭載しているので、暖め終わったら出力を切り替えることができますよ。こまめな調整を行うと電気代の節約にも繋がります。お財布に優しいオイルヒーターです。

安全機能は、二重に用意。転倒した時に運転を中止する機能と、温度が上がりすぎた時に自動的に温度を戻してくれる機能です。これにより、やけどや火事を防止。つまみを回すだけで操作できる簡単設計なので、初めてオイルヒーターを購入する人でも簡単に使うことができますよ。

第3位 シロカ(Siroca) ミニオイルヒーター SOH-160

611-TGMKvCL._SL1500_

商品価格 ¥ 8,640

トイレや脱衣所を暖めるのにおすすめなシロカのオイルヒーター。コンパクトサイズだからこそ、使える場所があります。オフィスに持って行って足元を暖めてもいいですね。オイルヒーターの上に取っ手が付いているのも嬉しいポイント。

部屋を掃除したりする時はなにかと暖房器具を移動するのは大変ですが、こちらであれば、本体重量約3Kgのため、女性の方でもラクラクです。ご家庭に1つあると便利なおすすめオイルヒーターです。こちらも先ほどと同じ、安全機能は二重。安心して使うことができます。

第4位 デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター ドラゴンデジタル スマート QSD0915-BL

51-Gx27MvEL._SL1000_

商品価格 ¥ 44,955

デロンギの「ドラゴンデジタル」シリーズの1つ。白のシンプルなデザインは、どんな部屋にでも自然に溶け込んでくれそうですね。おしゃれなお部屋にもバッチリ。雰囲気を崩さずはまってくれますよ。

10~13畳の広めのお部屋に対応しています。大きいタイプだと心配になるのが電気代ですが、こちらの商品にそんな心配いりません。「マニュアル運転モード」と「ECO運転モード」の2種類を用意しているため、電気代を抑えることができますよ。

「ECO運転モード」の場合、約20%の電気代を節約することが可能です。安全機能は4つ搭載。電気プラグにも配慮されたオイルヒーターです。また、チャイルドロックも用意されているため、小さい子どもがいる家庭でも安心して使用できますよ。

第5位 山善(YAMAZEN) オイルヒーター DO-L123

61ygXE2xfGL._SL1200_

商品価格 ¥ 12,580

一人暮らしの人におすすめしたいのがこちらのオイルヒーター。約6~8畳位のちょうどいいサイズのため、電気代も無駄に消費せずに済みます。サイズ選びを間違えると、暖かさが足りなかったり、無駄に電気代がかかったりしますよ。

ご家庭での使用なら書斎や子ども部屋にもぴったり。出力調整は3段階あるため、こまめに調整すれば電気代を抑えることが可能です。500Wだと、約1時間で14円ほどの電気代。最大出力1200W時と比べると、1時間あたり約40%もの差が出ます。

保証期間は安心の1年間。操作もつまみ操作だけなので、使い手を選びません。

第6位 山善(YAMAZEN) オイルヒーター DO-TL124(W)

61g5s9Hyp4L._SL1200_

商品価格 ¥ 18,500

第5位で紹介した山善の上位機種。値段も高くなるため、ランキングは先ほどの機種の方が上になりますが、機能だけで言えばこちらの方が高性能。上で紹介した機能は全部搭載しており、使い勝手は抜群。こちらはプラスして5段階の温度調節機能やチャイルドロックなどが搭載されています。子どもがいる家庭でも安心ですね。

また、タイマー機能も充実しており、24時間タイマー機能を完備。こちらであれば寒い朝を迎える必要がありません。5時間オフタイマーの安全機能も追加で搭載。ついつい、切るのを忘れてしまっても5時間たったら勝手に運転をやめてくれますよ。外出先で消し忘れに気づいたとしても安心です。

つけっぱなしのクセがある人はこちらをおすすめします。

第7位 山善(YAMAZEN) オイルヒーター SKJ-SE110ROT

41uYd+MRwuL

商品価格 ¥ 8,000

最大出力1100Wのハイパワーモデル。24時間のタイマーが搭載されていることが特徴。帰宅した時に合わせて部屋を暖めておくと、冬のひんやり感を抑えることができますよ。部屋の広さにもよりますが、目安30分から1時間前にセットしておくと、部屋が暖まった状態になりますよ。

温度切り替えは3段階可能なため、電気代を抑えることも簡単です。安全装置は、転倒した時に自動的に運転を止めてくれる機能が搭載。急な地震で転んでも、火事になる心配はありません。

第8位 デロンギ(DeLonghi) オイルヒーター NJ0505E

51qh47mO7ZL._SL1000_

商品価格 ¥ 17,800

オイルヒーターなのか疑うようなデザインが特徴的。部屋の雰囲気をスタイリッシュに仕上げてくれますよ。また、小型サイズのため、脱衣所や足元、トイレなどの暖房器具としておすすめ。子どもがいる家庭でも、チャイルドロック機能が搭載されているため、安心して使用できます。

ボタン1つでエコモードに運転が切り替えできるのも嬉しいポイント。電気代を20%ほどカットすることができます。プラグも異常を感知したら電源をオフにするように設定されており、使用時の急なトラブルにも対応。最大限安全に考慮されたおすすめのオイルヒーターです。

第9位 ユーレックス(eureks) 日本製オイルヒーター 新型 RF12ES

81qaXQB0MiL._SL1500_ (1)

商品価格 ¥ 32,378

こちらのオイルヒーターも安全性を最大限考えられています。ここまでするかというくらい安全機能が搭載されており、それが、省エネにつながったりもしています。まさに一石二鳥のオイルヒーターです。サーモスタットや転倒時の運転停止機能はもちろんのこと、これまでにはなかった、電気回路に異常電流が流れた時に強制的にストップさせる機能も搭載。落雷でショートすることがなくなる安心機能です。

安全第一に考えるのであれば、こちらのオイルヒーターをおすすめします。通常のオイルヒーターに盛り込まれている機能、「24時間タイマー機能」もあるため使い勝手も抜群。お部屋サイズは最大10畳ほど。リビングでの使用も可能ですね。また、タイヤが付いており、掃除する際の移動も簡単です。

第10位 テクノス(TEKNOS) 換気いらず ミニオイルヒーター TOH-361

711RdL5q0+L._SL1500_

商品価格 ¥ 3,831

コスパがいいオイルヒーターがほしい方におすすめ。余計な機能を省いてシンプルな設計に。電気代は約1時間あたり、13.5円。5枚のフィンがお部屋の空気を優しく暖めてくれます。転倒防止の安全機能付いているのも嬉しいポイント。コスパ最強のオイルヒーターを探している人は要チェック。

オイルヒーターのメリット

換気

window-frame-1149117_640

オイルヒーターの熱は、電気エネルギーによって生み出されます。熱を発する元は密閉されているため、空気を汚す心配がありません。そのため、オイルヒーターの場合であれば、換気をする必要がないです。

その点、灯油ファンヒーターやガスファンヒーターなどの暖房器具の場合、換気をしなければ一酸化中毒になる可能性があります。せっかく暖めた部屋がまた寒くなってしまえば、本末転倒です。

高い静音性

woman-girl-technology-music

ファンヒーターは駆動する部分が付いているため、少なからず音が出ます。そのため、寝室での使用はあまり向いていません。しかし、オイルヒーターには駆動部分がないため、本体の運転音がなく静かです。寝室においても、普段と変わらない状態で夢の中に行くことができますよ。

また、その他のオイルヒーターの特徴としては、他の暖房器具と比べて表面の温度が低いことがあります。暖房器具の表面温度が高いと気になってなかなか寝付けないものです。その分、オイルヒーターは表面の温度が低く、暖かさが柔らかいため、寒い冬の場合だと他の暖房器具よりもすっと寝付くことができますよ。

お子様がいる家庭におすすめ

pexels-photo-62272

上述していますが、オイルヒーターの特徴として換気がいらないことがあります。そのため、外の乾燥に弱い女性や急な寒気に敏感な赤ちゃんなどに優しいです。また、輻射熱は優しい熱で包み込んでくれるため、肌の水分を奪いません。

肌の乾燥を気にしている人にもおすすめの暖房器具。オイルヒーターは、安定的な暖をとるのに最適なんです。

オイルヒーターのおすすめメーカー

454935723_9f91e0a085_z

オイルヒーターのおすすめメーカーは、「山善」「デロンギ」「ユーレックス」。その他にも優良なメーカーは数多く存在していますが、特に人気なのはこの3社。初めてオイルヒーターを買う人はこの3社の商品を購入することをおすすめします。メーカーごとに保証も違うため、それぞれしっかりチェックしておきましょう。

気になるオイルヒーターの電気代

ITA18FXIBL

やっぱり気になるのは電気代ですよね。オイルヒーターの出力は大体1000Wくらい。メーカーによって電気代は変わってきますが、電気代は1時間の運転で20円程度。最近では、エコモードが搭載されているオイルヒーターも商品化されてきています。電気代が気になる人は、エコモードが搭載されているオイルヒーターを選びましょう。