携帯電話・スマートフォンに搭載されているカメラ。最近は非常に高性能できれいに写真・動画撮影ができるようになりましたね。一方で、存在感が低下しつつあるコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)ですが、光学ズームや手振れ補正、防水機能といった有利な点も数多くあります。今回は低価格でも高性能なコンパクトデジタルカメラについて紹介します。

安いけど使える1万円以下のおすすめコンデジ

ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX A100

41UXrxcw37L

商品価格 ¥ 9,517

薄さ約19.8mm、スタイリッシュなフォルムでポケットに入れてスマートに持ち歩くことができる小型カメラ。有効画素数2005万画素、光学ズーム5倍、映像素子1/2.3。高感度性能はISO3200まで対応しています。動画もMotion-JPEG形式で撮影できます。「メイクアップ効果」「ベストフェースモード」と女性好みの機能も満載!日常で、また旅行でおしゃれに撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか?

▼実写サンプル
pic_01_l

By: nikon-image.com

ニコン(Nikon) デジタルカメラ COOLPIX A10

41Yqvu4ECIL

商品価格 ¥ 9,297

撮影を手軽に楽しめる単三電池対応モデル。有効画素数1614万画素、35mm判換算広角26mm相当、光学ズーム5倍、映像素子1/2.3、高感度性能はISO1600まで対応しています。搭載機能はCOOLPIXA10とほぼ同じですが、構造が単純化されていて年配者には使いやすいカメラではないでしょうか。

単三電池で動作するので多少カメラ本体が重くなってしまいますが、突然の外出やバッテリー切れにも充電することなく電池購入にて対応することができるので、充電忘れの心配はないですね。

▼実写サンプル
pic_01_l (2)
pic_02_l

By: nikon-image.com

ソニー(SONY) デジタルカメラ Cyber-shot DSC-W810-B

71Xnhjvl46L._SL1320_

商品価格 ¥ 9,459

DSC-W730の後継機。コストパフォーマンスを重視したローエンドモデルとなります。有効画素数2010万画素、光学ズーム6倍、映像素子1/2.3、高感度性能はISO3200まで対応しています。被写体に約5cmまで寄れる、マクロ撮影モードを搭載。小さな花や小物など、ディテールまで鮮明に撮影することができます。

カシオ(CASIO) デジタルカメラ EXILIM EX-ZS28SR

61kMJiaP+KL._SL1500_

商品価格 ¥ 9,160

スリムでコンパクトなボディ。シャッタを押すだけでカメラが自動的に画像解析・処理を実行、失敗を防いできれいに撮影してくれる「プレミアムオート機能」を搭載しています。有効画素数1610万画素、光学ズーム6倍、映像素子1/2.3、高感度性能はISO1600まで対応。

「子どもを写す」「花を写す」といったシーン別で撮影できる「26種類のベストショット」や写真や動画に動くキャラクターを合成できる「ダイナミックフォト」機能といったオリジナル機能も充実しています。

▼実写サンプル
CIMG0172

By: casio.jp

ケンコー(Kenko) デジタルカメラ DSC-PIENI-SB

41OxZAPn93L

商品価格 ¥ 3,181

クラシック風のかわいい、超小型トイデジタルカメラです。携帯に便利なネックストラップが付いていて、持ち歩きに便利ですしチョットしたアクセサリにもなります。カメラ背面にはマグネットを内蔵しているので、冷蔵庫などに貼り付けることもできます。

色はブラック、コーラルピンク、レモンイエロー、スカイブルーの4色。有効画素数は131万画素、記録メディアはmicroSDを使用。動画、音声記録も可能なので小さいながらも友達同士で楽しめるコンパクトなカメラです。

▼実写サンプル
PICT0012
PICT0034

By: kenko-tokina.co.jp

ケンコー(Kenko) 防水デュアルモニターデジタルカメラ DSC1480DW

41SmHjIaJJL

商品価格 ¥ 8,501

水深3.0mまでの防水性(IPX8)と、高さ1.5mからの耐衝撃性を兼ね備えたアクティブカメラです。前面・裏面に液晶モニターが付いているので、画面を見ながら簡単に自撮りが可能。カメラが汚れても水洗いができます。

有効画素数は1400万画素、映像素子1/2.33、高感度性能はISO800まで対応。単四形アルカリ電池で動作するので電池を交換するだけでOK。 アウトドアに最適なカメラです。

キングジム(KingJim) インターバルレコーダー レコロ IR7

31GEuXmik2L

商品価格 ¥ 8,000

マスコットキャラクタのような外見のキングジム製コンパクトカメラです。撮影した画像をつなげて時間の流れをギュッと縮めて再生するインターバル動画専用機種です。操作は非常に簡単、「撮影間隔」「再生速度」「撮影モード」を設定し「シャッターボタン」を押すだけ。

単三アルカリ電池4本で、1秒間隔で約5,000枚、1日間隔で約730枚の撮影が行えます。有効画素数は200万画素、防水性はIPX4等級(完全防水ではありませんが雨や水しぶき程度は耐えることができます)、記録媒体はSD/SDHCカードです。他のコンパクトカメラと違いインターバル撮影に特化していますが、想像しない面白い映像が撮れるかもしれませんよ!

スマートフォンで十分なのでは?

hands-coffee-smartphone-technology

ホントに高性能になった最近のスマートフォン。画像技術の進歩には目を見張るものがあります。携帯性は抜群、ネットとの連携も簡単でSNSにて手軽にアップすることができます。コンパクトデジタルカメラなんて不要なのでは? という声が聞こえてきそうですね。

でも「暗所」や「ズーム」、「手振れ補正」「動きの早い被写体」といったところは、スマートフォンの弱い分野でコンパクトデジタルカメラがまだまだ優勢。性能も以前と比較して格段にアップしています。

コンデジの選び方

撮像素子のサイズで選ぶ

pexels-photo-9505

「2000万画素」「2000万ピクセル」と解像度が大きいカメラほど性能がよいと考えがちですが、画素数が多い=高画質ではありません。技術的には画素数が多くなると画質は低下する傾向にあります。理由は、画素数が多くなればなるほど受光面積が小さくなり画像としての表現力が低下するためです。

画質は撮像素子に光を取り込む量が増えるほどよくなるので、できるだけ大きな撮像素子を搭載しているカメラを選んでください。撮像素子のそれぞれのサイズについてまとめてみました。低価格コンパクトカメラであれば1/2.3~1/1.8型あたりのカメラになります。カメラを購入する際の参考にしてください。
・1/3.2型:iphone 4sにて採用。
・1/3型 :iphone 5sにて採用。
・1/2.7型:一昔前までのコンパクトカメラの主流。
・1/2.3型:現状コンパクトカメラの主流。
・1/1.8型:コンパクトカメラでも上位モデルやハイエンドモデルで採用。
・1/1.7型:コンパクトカメラで最近の上位機種でよく採用。
・2/3型 :ハイエンドコンパクトカメラにて採用。
・1インチ型(CXフォーマット):ハイエンドコンパクトカメラにて採用。
・4/3型(フォーサーズ):オリンパスやパナソニックのデジタル一眼レフで採用。
・1.5型(Power Short G1X):キヤノンの最上位コンパクトカメラにて採用。
・APS-Cサイズ:デジタル一眼レフで採用。
・35mmフルサイズ:ハイエンドデジタル一眼レフで採用
・中判:商業写真など、特に高い解像度が必要な撮影に使うカメラ

レンズで選ぶ

ZLL39SCFHF

光学レンズ(レンズを物理的に動かすことによって、焦点距離を変動させ光学的に拡大)の倍率ができるだけ大きいものを選びましょう。電子ズームの倍率が大きい機種もありますが、CMOS/CCD撮像素子に写った画像の一部を拡大する際に、一部補完拡大を行っているので画素数が減り画像が劣化してしまいます。

光学ズームでは画像の劣化はありません。電子ズームよりも光学ズームの倍率を参考にするのをおすすめします。

バッテリーで選ぶ

FreeVector-Batteries-Vectors

コンパクトカメラの場合、内蔵バッテリーと乾電池が使えるものがあります。おすすめは後者の乾電池です。内蔵バッテリーの場合は電池切れの場合充電器は必須ですし、充電するためのコンセントも必要となってきます。充電器を忘れた場合、カメラを使うことができなくなってしまいます。

一方、乾電池の場合は電池を購入するだけでOK。いざ電池切れとなってしまった場合も、購入すれば電池の充電に不慣れな高齢者の方も電池交換なら簡単です!