自作パソコンを製作する場合に重要となるパーツ「電源ユニット」。CPUやグラフィックボードに比べると軽視されがちですが、各パーツに電源を供給する重要な役割を担っています。しかし、電源容量や規格などが異なるさまざまな製品が発売されているので、どれを選んでよいかは悩んでしまいがちです。

そこで今回はおすすめの電源ユニットをご紹介。選び方のコツも解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

電源ユニットとは?

By: amazon.co.jp

パソコンの各パーツに電力を安定して供給するために必要な「電源ユニット」。家庭用のコンセントの電気は交流ですが、パソコンに電気を供給するためには直流への変換が必要です。電源ユニットは、コンセントの電気をパソコンに適した形に変換する役割を担っています。

また、家庭用コンセントの電力はさまざまな要因により不安定になりがち。電源ユニットを使用すれば、不安定な電力を受け止めた場合でもパソコンに安定した電力を供給できます。特に高性能なCPUやグラフィックボードを搭載しているパソコンは高い電力が必要。スペックの高いパソコンを使っている場合には、品質の高い電源ユニットがおすすめです。

電源ユニットの選び方

パーツ構成に適した容量(W数)のモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

グラフィックボードを搭載していないパソコンであれば、400W前後の電源ユニットでも稼働します。CPUには65~105Wほど、HDDには25W前後、SSDには3W程度の電力が必要。少し余裕を持たせても400Wほどの電源ユニットで十分稼働します。

グラフィックボードを搭載する場合には、500W以上の電源ユニットがおすすめ。グラフィックボードの性能にもよりますが、ミドルスペックのパソコンで500~600W程度、ハイスペックであれば850W以上の電源ユニットが適しています。パソコンの定格電力に対して2倍ほどの容量を備えているモデルを選ぶのが目安です。

ただし、将来的にグレードアップを想定している場合には注意が必要。パーツをグレードアップする際には、電源ユニットも交換が必要か確認しておくのがおすすめです。

コネクタの種類と数をチェック

By: scythe.co.jp

電源ユニットから各パーツへの電力供給は、コネクタを接続して行います。使用するパソコンのスペックによって、必要なコネクタの種類や数が異なるので対応できる電源ユニットを選択しましょう。

HDDやSSD、DVDドライブなどに電力を供給する場合は、「SATA電源ケーブル」が必要。ストレージを複数使用する場合には、SATA電源ケーブルを複数搭載している電源ユニットを選択しておくのがおすすめです。

また、PCケース内をすっきりと見せたい場合は、必要なコネクタだけを利用できる「プラグイン対応」の電源ユニットが便利。不要なコードを取り外せるので、スペースを有効に活用できるメリットもあります。

PCケースに対応した規格を選ぶ

By: corsair.com

電源ユニットを購入する際は、PCケースによって取り付けられる規格が異なるので注意。フルタワーやミドルタワーなどのPCケースであれば、「ATX」規格の電源ユニットがおすすめ。電源容量の大きなモデルも多く、スペックの高いパソコンにも対応しやすいメリットがあります。

スリムタワーや小型のPCケースを利用する場合には、「SFX」規格の電源ユニットがおすすめ。ATXに比べるとサイズが小さく、スペースの限られているPCケースにも対応できるのが特徴です。

80PLUS認証のグレードをチェックしよう

By: rakuten.co.jp

電源ユニットの性能は、電源変換効率80%以上の製品が受けられる「80PLUS認証」の表記を見れば確認が可能。STANDARD・BRONZE・SILVER・GOLD・PLATINUM・TITANIUMの6段階で記されており、後者になるほど電気変換効率や静音性、省エネ性に優れています。

最もリーズナブルな価格で購入できるSTANDARDでも電源変換効率は80%を超えていますが、スペックの高いパソコンに搭載する場合は、より高い規格を選択しておくのがおすすめです。

電源ユニットのおすすめメーカー

玄人志向

By: amazon.co.jp

コスパの高いパソコンパーツで有名な「玄人志向」。電源ユニットもリーズナブルながら高性能な製品が多く、高い評価を得ている日本のメーカーです。

ラインナップも豊富に取り揃えており、自作パソコン初心者から上級者まで幅広い層に人気。プラグイン対応モデルやフラットケーブル採用モデルもあり、PCケース内をすっきりと見せたい場合にもおすすめのメーカーです。

コルセア(Corsair)

By: amazon.co.jp

アメリカのパソコン関連機器メーカー「コルセア」。ゲーミングPC用の周辺機器が有名ですが、電源ユニットやPCケース、メモリなどのパーツも製造しています。

コルセアの電源ユニットは、プラグイン対応の「RMシリーズ」が人気。ファンの回転数を自動で制御する機能も搭載されており、静音性を重視したい場合にもおすすめです。また、RGBファンを搭載した製品も存在するので、PCケース内のライティングを楽しみたい場合にも適しています。

電源ユニットのおすすめモデル

玄人志向 80PLUS BRONZE取得 ATX電源 650W KRPW-BR650W/85+

曲げやすくケーブルマネジメントしやすいフラットケーブルを採用した、80PLUS BRONZE認証取得の電源ユニットです。比較的リーズナブルな価格で購入できるにもかかわらず、650Wの電源容量を備えているのが特徴。高出力な「+12V 42Aシングルレーン」コネクタを備えているので、グラフィックボードを搭載しているパソコンにもおすすめです。

日本メーカーのアルミ電解コンデンサが採用されているのもポイント。信頼性が高く安心して使えます。また、「静音ファンコントロール機能」が搭載されており、低過負荷時にファン回転数を抑えられるのも魅力。静かな環境でパソコン作業やゲームが行いたい場合にもおすすめです。

玄人志向 80PLUS STANDARD取得 ATX電源 400W KRPW-L5-400W/80+

リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れた電源ユニットです。80PLUS STANDARD認証を取得しており、高い省エネ性能を有しているのが特徴。電源容量は400Wですが、グラフィックボード用の電源コネクタを搭載。負荷のかかりにくいスペックを抑えたグラフィックボードを使用する場合に便利です。

本製品は、玄人志向の「スタンダードALL耐熱105℃電解コンデンサー」を搭載。電源の信頼性と寿命を向上させている点もおすすめです。また、過負荷保護・過電流保護・過電圧保護など、安全性を考慮した機能も備えています。

コルセア(Corsair) CX Series CX650F RGB SKU CP-9020217-JP

RGB LEDを搭載した80PLUS BRONZE認証の電源ユニットです。鮮やかに輝かく「120mm RGB」ファンを備えているのが特徴。本体背面のプリセットボタンや別売りの「CORSAIR iCUE RGB ライティングコントローラ」、使用するマザーボードメーカーのソフトなどで、ライティングカラーの変更ができる点もおすすめです。

ファンの回転数は自動制御が可能。低ノイズ仕様なので、静音性を重視する方にも適しています。また、本製品はプラグイン対応のコネクタを採用しているのもポイント。必要なケーブルだけを使用し、PCケース内をすっきりと整理できるのも魅力です。

コルセア(Corsair) RM Series RM850 SKU CP-9020196-JP

コルセアの人気シリーズ「RMシリーズ」の電源ユニットです。手頃な価格で購入できるにもかかわらず、80PLUS GOLD認証を取得しているのがポイント。電源変換効率は最大90%と優れており、エネルギーの消費やノイズの発生、電気料金、電源ユニットの温度上昇を抑えられるのが魅力です。

RMシリーズには工業グレードの電解コンデンサが採用されており、安定した電力供給が可能。静音性にも優れており、夜間や周囲に人がいる環境でパソコンを使用する場合にも適しています。

本製品はプラグイン対応のコネクタを採用しているので、必要なケーブルのみを使用可能。使わないケーブルを「ケーブルバッグ」に保管しておける点もおすすめです。

アンテック(ANTEC) NeoECO GOLD NE750

80PLUS GOLD認証を取得した、高効率高耐久の電源ユニットです。低発熱で耐久性が向上しているだけでなく、電気代の節約効果も期待できます。搭載されているコンデンサはすべて日本製を採用。長寿命なだけでなく、安定した電圧を実現しているのも魅力です。

また、静音性に優れた「120mm自動回転数制御ファン」が搭載されているのもポイント。温度に応じて回転数を変化させる「サーマルマネージャー機能」によって、不必要なファンの回転を抑えられます。

ケーブルは、フラットタイプの「セミモジュラー」仕様。柔らかく扱いやすいだけでなく、不必要なケーブルは外しておけます。扱いやすい電源ユニットを探している方におすすめです。

アンテック(ANTEC) NE550C

手頃な価格で購入できるコスパに優れた電源ユニットです。電源容量は550W。グラフィックボードを搭載しない場合はもちろん、ミドルスペック以下のグラフィックボードを搭載しているパソコンにも対応できるのが魅力です。電源変換効率は80PLUS BRONZE認証を取得。高い省エネ性能を備えています。

電源内部の温度変化に応じて回転数を変更する「ファンコントロール機能」や「サーマルマネージャー機能」も搭載。低負荷時のファン回転を抑え、静音性が向上しています。

シーソニック(Seasonic) 80PLUS Titanium認証 PRIME TX ATX電源 PRIME-TXシリーズ PRIME-TX-850

80PLUSにおいて最高レベルのTITANIUM認証を取得している電源ユニットです。パソコンのシステムに50%の負荷がかかった場合には、94%の電源変換効率を発揮。発熱を抑制し、電源ユニットの長寿命化が図られているのが魅力です。

また、高性能な流体軸受けが採用された「135mm FDRファン」を搭載しているのもポイント。ボールベアリングファンに比べて動作音や熱の発生が少なく、静音性や省エネ性に優れているメリットがあります。

温度と負荷を検知して自動でファンの回転数を切り替える「ハイブリッドファンコントロール機能」も備えているので、静音性を重視する方にもおすすめです。

サイズ(SCYTHE) 鎌力シルバー プラグイン750W SPKS-750P

プラグイン方式のケーブルマネジメントを採用した750Wの電源ユニットです。不必要なケーブルを取り外しておけるのが特徴。PCケース背面を利用してケーブルマネジメントする場合にもおすすめです。

電源変換効率は80PLUS SILVER認証を取得。発熱を抑制して耐久性を高められるだけでなく、無駄な電力消費が抑えられる点もおすすめです。135mmのファンには、サイズオリジナルのファンコントロールセッティングが施されており、高い静音性を実現。夜間や周囲に人がいる環境でパソコンを使用する方にもおすすめの電源ユニットです。

エイスース(ASUS) ROG-THOR-850P

パソコン本体やパソコン周辺機器で知られる「ASUS」が製造するゲーミングPC用の電源ユニットです。850Wの電源容量を備えているので、ハイスペックなグラフィックボードを搭載している場合にもおすすめ。3Dゲームや動画編集に利用するパソコンに使用する電源ユニットとしても便利です。

本製品はボディ側面に「OLED 電源ディスプレイ」を搭載。電力消費量の状態をリアルタイムで表示する仕様です。また、エイスースの「AURA SYNC」機能に対応しているのもポイント。搭載されているRGB LEDにより、鮮やかなライティングが楽しめる点もおすすめです。

電源変換効率は80PLUS PLATINUM認証を取得。効率よく電源が変換できるので、高い省エネ性能が期待できます。

シルバーストーン(SilverStone) ST45SF

コンパクトなサイズのSFX規格を採用した電源ユニットです。電源容量は450Wなので、グラフィックボードを搭載していないパソコンであれば十分な電力供給が可能。コンパクトなサイズのパソコンを自作する場合にもおすすめです。また、付属のブラケットを利用すれば、ATX規格電源対応のPCケースにも搭載できます。

電源変換効率は80PLUS BRONZE認証を取得。高い電源変換効率により、本体の長寿命化と省エネ性が期待できるのが魅力です。

電源ユニットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電源ユニットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。