高画質な動画やPCゲームなどを堪能するために欠かせない「グラフィックボード」。しかし、グラフィックボードは各メーカーからさまざまな種類のモデルがリリースされているため、どれを買えばいいのかわからなくなることも。

そこで今回は、グラフィックボードの選び方と、おすすめのモデルをご紹介。自分のやりたいゲームに合ったグラフィックボードを選んで、快適なゲームライフを送りましょう。

グラフィックボードとは?

By: amazon.co.jp

映像処理を行う「GPU」が搭載された専用パーツのことをグラフィックボードと呼びます。GPUは主に3Dグラフィックスなどを描写する際に必要な計算処理を行うチップで、パソコンのCPUやマザーボードの中に搭載されていることがほとんどです。

しかし、CPUなどに搭載されている「GPU」はグラフィックボードに搭載されているモノと比べ性能が劣ります。そのため、グラフィックボードは特にPCゲームや4K動画編集などをする場合ほとんどマストだと言えるアイテムです。グラフィックボードを活用することで処理能力アップし、よりキレイかつ快適な画像・映像を楽しめます。

グラフィックボードはどんな方に必要?

PC版3Dゲームを快適に楽しみたい方

PC版のゲームをする方にとっては、性能の高いGPUが搭載されたグラフィックボードはほぼ必須のアイテムです。グラフィックスの描写力を高めるにはGPUの性能が重要であり、パソコンのCPUなどに搭載された「GPU」のみではPCゲームを快適にプレイできません。PCゲームをストレスなく楽しみたい方はグラフィックボードを活用しましょう。

高画質な動画編集・閲覧をする方

4K動画の編集や閲覧など、高画質な動画を楽しみたい方もグラフィックボードは必須アイテムと言っても過言ではありません。また、映像を複数のディスプレイに同時出力する際などもグラフィックボードがあると便利です。

グラフィックボードの選び方

出力端子の数や種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

グラフィックボードとディスプレイを接続する際に必要な出力端子をチェックしましょう。端子の数はもちろん、使用するディスプレイに適した端子が搭載されているかなど、どのような種類があるかも重要なポイントです。

出力端子の種類は「DVI」「HDMI」「DisplayPort」のようなデジタル出力可能なタイプが一般的。なかでも4Kなどの大容量データの扱いを検討している方は「DisplayPort」を搭載したモデルを選びましょう。

冷却方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

負荷のかかる処理を行う際は機器が熱くなるので、冷却機能のしっかりしたモノを選ぶことも大切です。冷却方式は大きく「ファンタイプ」「ファンレスタイプ」「水冷タイプ」の3種類。ですが、現在販売されているモデルのほとんどは「ファンタイプ」です。

「ファンレスタイプ」はファンがあるグラフィックボードに比べると処理性能がやや劣るモノが多いですが、ファンがないので比較的コンパクトなのが特徴。「水冷タイプ」は価格が高いモノが多い反面、動作音が小さく、冷却性が高いのが特徴です。

4K対応の有無で選ぶ

By: asus.com

4K動画の編集などをする際はグラフィックボードが4Kに対応しているかを確認しておきましょう。また、その際はグラフィックボードにHDMI2.0もしくはDisplayPortの出力端子が搭載されているかも確認しておく必要があります。

グラフィックボードの性能の見方

By: amazon.co.jp

搭載GPU・出力端子・サイズをチェック

グラフィックボードは、モデルごとに性能が異なります。各メーカーのホームページにあるグラフィックボードのスペック表には、「ビデオメモリ」や「コアロック」など細かなスペックが記載されています。初めてグラフィックボードの購入を検討している方は、特に「搭載GPU」「出力端子」「サイズ」の項目をチェックしておきましょう。

搭載GPUとは?

搭載GPUはその名の通り、どのGPUチップを搭載しているのかを表します。GeForceシリーズであれば「GTX」の後にある数字が大きいほど、同じ数字でも後ろにTiが付いているモノほど高性能と覚えておきましょう。

出力端子とサイズにも要注意

対応する出力端子の確認も重要です。映像を映すディスプレイに合った出力端子を搭載しているグラフィックボードを選ぶ必要があります。また、グラフィックボードはPCパーツの中では比較的大きなパーツなのでサイズの確認も重要。スペックの高いグラフィックボードを購入してもPCケースが小さいと収まりきらない場合があるので注意が必要です。

グラフィックボードのおすすめメーカー

グラフィックボードに搭載されているGPUは、現在NVIDIAとAMDのモノが主流。この2社のGPUを使いエイスースやMSIなど、さまざまなメーカーがグラフィックボードを販売しています。

エヌビディア(NVIDIA)

By: amazon.co.jp

GPUの開発と販売を手がけるアメリカの半導体メーカー「NVIDIA(エヌビディア)」。デスクトップPCやノートPC向けのGPU「GeForce」シリーズや、プロ向けのワークステーションに搭載されている「Quadro」シリーズなどが有名です。

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)

By: amazon.co.jp

「AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)」はアメリカの半導体メーカーです。GPUはもちろん、CPUやAPUなども手がけており、GPUでは「Radeon」シリーズが有名。NVIDIA社が展開する「GeForce」シリーズに次ぐシェアを持っています。

グラフィックボードのおすすめ人気モデル|NVIDIA

エイスース(ASUS) R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce GTX1080 Ti

NVIDIAのゲーミングGPUである「GEFORCE GTX 1080 Ti」が搭載されたグラフィックボードです。高い映像処理能力や11GBのビデオメモリで快適な動作をサポートします。

2.5スロットサイズの巨大クーラーが搭載された「放熱フィン」が採用されており、GPUに溜まる熱を強力に冷却。GPUと接するヒートスプレッダは、一般的なヒートスプレッダの約10倍の滑らかさを持っているので、GPUの熱を迅速に効率よくヒートパイプに伝えます。

冷却ファンには、防塵規格のIP5Xに対応するファンを使用しているので、ホコリがたまりやすいPCケースの中でも問題なく性能を発揮することが可能です。ファンブレードにもオリジナルデザインのものを使用し、強力な風圧を実現しています。

冷却ファンはGPUの温度が低いときには自動で停止するので、低負荷時には無音で動作可能。人気のイルミネーション機能も搭載し、性能だけでなくデザイン面でも最高レベルのビデオカードです。

エムエスアイ(MSI) GeForce GTX 1080 GAMING X 8G VD6060

NVIDIAのGPUである「GeForce GTX 1080」が搭載されたMSIのグラフィックボードです。放熱性の高い冷却ユニット「TWIN FROZR VI」や、低負荷の際にファンの回転を停止する「Zero Frozr」などが採用されています。

TWIN FROZR VIに搭載されている冷却ファンには「トルクスファン2.0」が使われているため、ゲーム中に高負荷がかかっても静かかつ高い冷却性が維持できるのもポイント。冷却ファンの性能を維持するのに必要な部品「ダブルボールベアリング」とあわせて快適なゲーム環境をサポートします。

また、側面のロゴにはカスタマイズできる「RGB LED」を搭載。ゲーム音楽や音声に合った点滅や一定の光など、さまざまな表現を楽しめます。メモリは8GB GDDR5X 256bit。出力可能端子はDisplayPort×3とHDMI、DVI。安定性の高いおすすめのグラフィックボードです。

エイスース(ASUS) Nvidia GTX 1070 Ti搭載ビデオカード ROG-STRIX-GTX1070TI-A8G-GAMING

4KゲーミングやVRに適したパワフルなGPU「GTX 1070Ti」が搭載されたグラフィックボードです。最大限のエアフローと長寿命を兼ね備えた「ウイングブレードファン」を採用しています。

また、従来モデルに比べて約40%増加した放熱面積、最大で30%向上した冷却性能、3倍静かな動作音なども特徴です。冷却技術には、GPUにダイレクトに接続する銅製ヒートスプレッダが採用され、熱伝導性の高さを実現しています。

GPUの温度が指定の温度まで低下すると、完全に冷却ファンが停止する「0dBテクノロジー」が採用されているのもポイント。さらに、冷却ファンにはIP5X認証の防塵性能があり、いかなる条件下でも最適なファン性能を発揮できると謳われています。信頼性と長寿命化の面でも期待できるおすすめのグラフィックボードです。

エイスース(ASUS) R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce STRIX-GTX1070-O8G-GAMING

イルミネーション機能付きのゲーマー向けGTX 1070が搭載されたグラフィックボードです。表側が光るだけでなく、裏側に配置された「R.O.G.」ロゴも光るのが魅力。イルミネーションは色の変更はもちろん点滅もするため、よりゲームを楽しめます。

冷却機能には強力な冷却性能を有する「DirectCU IIIクーラー」を搭載。「DirectCU IIIクーラー」は台座を使用せずにGPUに直接密着するため、熱の移動効率がよいのが特徴です。

また、低負荷時にファンを自動停止させる「ウイングブレードゼロノイズファン」も採用されており、強力な冷却性能に加え静音性も実現しています。ファンブレードの先部分は、航空機のウイングレットのような曲がりのあるフォルムになっているため、従来製品に比べ低い回転数でも十分な冷却性能で快適なゲームプレイをサポート。鮮やかに光るイルミネーションや高い冷却性能で、快適にゲームを楽しめるおすすめのグラフィックボードです。

エムエスアイ(MSI) GeForce GTX 1060 GAMING X 6G Twin Frozr VI/OCモデル

パフォーマンス・パワー・効率性の高い「NVIDIA GeForce GTX 1060」が搭載されたグラフィックボードです。冷却ユニット「TWIN FROZR VI」の使用により熱伝導の高さを実現。また、低負荷時にはファンを停止させる「Zero Frozr」が搭載されており、ファンのノイズが少ないところも魅力です。

さらに、優れた静音性を実現する「トルクスファン2.0」もポイント。分散型のファンブレードでより多くのエアフローをヒートパイプへ誘導し、従来型のファンブレードで大型ヒートシンクへのエアフローと、空気の拡散を広げます。レッドカラーに輝くLEDも魅力。LEDはマシンや雰囲気に応じてカスタマイズできるため、デザイン面でもゲームを楽しめるおすすめのグラフィックボードです。

玄人志向 ビデオカード GEFORCE GTX 1050Ti搭載

NVIDIA GEFORCE GTX 1050Tiが搭載されたコストパフォーマンスに優れたグラフィックボード。本モデルは、駆動に補助電源を必要としないため、煩わしい配線の手間も軽減できます。

また、オーバークロックにも対応。搭載しているファンも1つだけと小型なので、コンパクト・ミドルタワーのPCケースにも問題なく取り付けできます。消費電力も少なくゲーミングPCでゲームをしたいけれど電気代が気になるという方にもおすすめです。

グラフィックボードのおすすめ人気モデル|AMD

エイスース(ASUS) ROG-STRIX-RXVEGA64-O8G-GAMING

4KゲーミングとVRにおすすめのパワフル性能を備えた「RX VEGA64」が搭載されたグラフィックボード。熱伝導性の高さ、パフォーマンスの高いエアフロー、長寿命のウイングブレードファンなどが魅力です。

また、従来モデルと比べて冷却性能は約20%、静音性は約3倍向上。さらに、GPU温度が指定温度まで低下すると冷却ファンが完全に停止する「0dBテクノロジー」が搭載されています。

設置ソフトには、リアルタイムオーバークロック設定機能が搭載された「GPU Tweak II」を採用。付属アイテムには、ゲーム画面をリアルタイムでネット接続できるソフト「XSplit Gamecaster」が付いているのもポイントです。

エイスース(ASUS) ROG-STRIX-RX580-O8G-GAMING

安定性の高い高品質設計のオーバークロック仕様が採用されたグラフィックボードです。GPUには2048ユニットのストリームプロセッサに加え、8GBのGDDR5メモリを装備するAMD社の「RADEON RX 570」を採用。

冷却ファンは簡単に着脱可能で、メンテナンスがラクなところも特徴です。冷却ファンの背面には剛性があり、冷却をサポートするバックプレートを搭載。また、バックプレートの通気孔から排熱を行う「NITRO Free Flow」に対応。冷却性の高いおすすめのグラフィックボードです。

サファイア(Sapphire) SA-NITRO+ RX 570 8G GDDR5

高度なHDゲーム体験を可能にする「AMD RADEON RX 570」が搭載されたグラフィックボードです。冷却アイテムには表面積が大きいフィンと、銅ヒートパイプが採用され、従来製品に比べ低ノイズで高い冷却性を実現しています。

バックプレートにはタフで防塵性のあるオールアルミ製の「メタルバックプレート」を採用。また、VRにも完全対応しています。ストレスのない状態でバーチャルな体験ができるおすすめのグラフィックボードです。

エムエスアイ(MSI) Radeon RX 480 GAMING X 8G グラフィックスボード VD6126

MSIのオリジナルファンである「Twin Frozr VI」が搭載されたグラフィックボードです。グラフィックスカーにはVR体験に適した「Radeon RX」を採用。VRゲームを快適に楽しめるおすすめのグラフィックボードです。

また、分散型のファンブレードが特徴で従来型のモデルに比べ、エアフローが早く、冷却効率の高いところが魅力。負荷が小さい0~60℃の間はファンが止まるため、低ノイズ化も実現されています。