高負荷の3Dゲームや動画編集などを行う際に欠かせないPCパーツが「グラフィックボード」です。映像関連の計算処理を専門に行うGPUが搭載されているため、ゲーミングやクリエイティブ作業をより快適に進められます。

ただし、グラフィックボードにはさまざまなモデルが発売されており、専門用語も多く見られるので、自作PC初心者の方はどれを選ぶべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、グラフィックボードの選び方を踏まえた上でおすすめのモデルをご紹介します。

グラフィックボードとは?

By: rakuten.co.jp

グラフィックボードとは、映像出力に関連する計算処理を円滑に進める際に必要となるPCパーツのこと。グラフィックボード本体は金属製の板ですが、中に映像処理を担当するプロセッサであるGPUチップと、処理で発生した熱を放出して冷ます冷却ファンなどが搭載されています。

グラフィックボードをPCに搭載することで、負荷のかかる映像出力も処理落ちしにくくスムーズに行えるようになるのが特徴。膨大な3Dオブジェクトを使用したPCゲームをプレイする際はもちろん、動画編集で完成した動画ファイルをエンコードする際やゲーム実況の配信を行う際にも活躍します。

CPU内にGPUチップが搭載されているモデルもありますが、内蔵GPUの性能はスペックが控えめなので注意が必要。3Dゲーム・動画編集・動画配信などを本格的に楽しみたい場合は、映像処理を専門に担当するグラフィックボードを別途導入するのがおすすめです。

GeForceとRadeonの違い

NVIDIA GeForceシリーズの特徴

By: rakuten.co.jp

NVIDIAが開発するGeForceシリーズは、既存のPCゲームタイトルで広く採用されているゲーミング業界でも主流のGPUチップです。描画スピードが速いのが特徴で、多くのタイトルで高く安定したグラフィック性能を発揮できます。

ゲームプレイ動画の録画機能「ShadowPlay」が使用できるのも特徴。動作が軽く使いやすいので、ゲーム実況の配信などにも重宝されています。また、2枚以上のグラフィックボードを連携させて性能の底上げを狙うマルチGPU技術「SLI接続」に対応するのもポイントです。

愛用しているユーザーが多く、トラブルシューティングなどの情報がネット上で充実しているのも魅力。故障などの問題があった場合にも対処しやすいので、自作PC初心者の方にもおすすめです。

AMD Radeonシリーズの特徴

By: amazon.co.jp

AMDが開発するRadeonシリーズは、コスパの高さが魅力のGPUチップです。最新APIであるDirectX 12を採用したゲームではGeForceよりも高い性能を発揮できることから注目を集めています。

マルチGPU駆動には非対応ですが、GeForceと遜色ない高性能がよりリーズナブルな価格で入手できるのが魅力。コスパを重視しつつ、快適なゲーミングや映像編集を楽しみたい方におすすめです。

プレイ動画録画機能「AMD ReLive」を備えているのでゲーム実況の配信にも最適。加えて、映像コンテンツの表示を滑らかにする倍速補完機能「AMD Fluid Motion」も搭載されているため、映画やアニメもカクつきを抑えて快適に楽しめます。

グラフィックボードのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

エイスースは台湾の台北に本社を置く、1989年創業のPC機器メーカーです。パソコン本体やスマホをはじめ、マザーボードやグラフィックボードなどPC関連の部品も開発しています。

エイスースでは「ビデオカード」という名称でグラフィックボードを製造していますが、自作PCユーザーやゲーマーには「ROG STRIX GAMING」シリーズが有名。優れた冷却性能を持つ3連ファンを備えており、本格的なゲーミングでも高く安定した性能が得られることから強い人気があります。

専用ツールの「GPU Tweak II ユーティリティ」を使えば、GPUパフォーマンスの微調整が行えるのもポイント。また、性能だけではなく外観にもこだわってデザインされているのも魅力です。

エムエスアイ(MSI)

By: rakuten.co.jp

エムエスアイは台湾の新北に本社を置く、1986年創業のPC機器メーカーです。マザーボードやグラフィックボードなどのPC関連部品に加えて、主にゲーミング用途に特化したパソコンやゲーミングギアなども製造しています。

エムエスアイでは「グラフィックスカード」という名称でグラフィックボードを発売。「TORXファン」や「TWIN FROZR」など独自設計の冷却システムを搭載しており、優れた冷却性能と静音性能で高く評価されています。

デザイン面で秀逸なのもポイント。ゲーミングパーツならではの先鋭的なデザインや、ファンのフレームにコーポレートカラーの濃い赤色を採用した、特徴的なデザインのモデルもラインナップしています。

ギガバイト(GIGABYTE)

By: rakuten.co.jp

ギガバイトは台湾の新北に本社を置く、1986年創業のPC機器メーカーです。マザーボードやグラフィックボードが主力製品ですが、鮮やかなLED機能を搭載したゲーミングPC「AORUS」シリーズでも知られています。

ギガバイトでは「グラフィックスカード」という名称でグラフィックボードを発売。ファンの取り付け位置に角度を付けることで回転数以上の高い冷却性能を発揮する、独自の冷却システム「WINDFORCE 」を採用しているのが特徴です。

同社のゲーミングPCと同様、動作中にLEDが点灯してプレイ時の雰囲気を演出するモデルもラインナップされています。メーカー保証が2年間と長いことに加えて、製品登録を済ませるとさらに2年間の延長保証が付帯するのも魅力です。

ゾタック(ZOTAC)

By: rakuten.co.jp

ゾタックは香港に本社を置く2006年創業のPC機器メーカーです。NVIDIAのGeForceシリーズに特化したグラフィックボードやマザーボードをはじめ、オリジナルブランドのミニPCやゲーミングPCなども手掛けています。

ゾタックでは「グラフィックスカード」という名称でグラフィックボードを発売。小型PC向けにコンパクトな設計を採用した製品も製造しているため、限られたスペースの部屋でも小型ゲーミングPCでゲームを楽しみたい方におすすめです。

ハイエンドモデルには、水冷式の冷却システムを採用しているのもポイント。空冷式よりも優れた冷却性能を持っているので、小型ボディでも快適にゲームがプレイできます。

グラフィックボードのおすすめ|NVIDIA GeForce

エイスース(ASUS) グラフィックボード ROG-STRIX-RTX3090-O24G-GAMING

GPUにオーバークロック済みのNVIDIA GeForce RTX 3090を搭載した、最新のハイスペックモデルです。最高レベルとなるベンチマークスコア48612を叩き出し、最大8Kの超高解像にも対応しています。

優れた冷却性能を備えているのも特徴。センターファンと補助ファンのブレード数を13枚と11枚に増やし、相互に逆回転させる方式を採用しています。2.9個分のPCIeスロットを占有する分厚いヒートシンクを搭載したことで、4K 60fpsを超える環境でも安定した性能を発揮が可能です。

出力端子には2基のHDMI 2.1と3基のDisplayPort 1.4を搭載。消費電力は350Wで、8 pin ×3の補助電源コネクタを備えています。

エムエスアイ(MSI) グラフィックボード GeForce RTX 3080 GAMING X TRIO 10G

優れたコスパでプロゲーマーからも人気のある、ハイエンドクラスのグラフィックボードです。GPUにはGeForce RTX 3080を搭載しています。

独自設計のトリプルファンによる冷却システム「TRI FROZR 2」を採用。長時間の及ぶゲームセッションでも、高い冷却性能と静音性のバランスを保ち続けます。消費電力は340Wで、8 pin ×3の補助電源コネクタを搭載。出力端子にはHDMI 2.1と3基のDisplayPort 1.4aを備えています。

Apexやフォートナイトなどのゲームでも安定したフレームレートで楽しめるのも魅力。フルHDで平均200fps以上、WQHDで平均140fps以上、4Kで平均60fps以上と快適な環境でプレイが楽しめます。

ギガバイト(GIGABYTE) グラフィックボード GeForce RTX 3070 GAMING OC 8G

熱狂的なゲーマーからも傑作として高く評価されている、ハイエンドクラスのグラフィックボードです。GPUにはGeForce RTX 3070を搭載しており、ベンチマークスコアも36121とハイスペック。大多数のゲーマーにとって満足できる性能がリーズナブルな価格で入手できます。

隣接するファンの乱気流を減らし空気の圧力を高めることで高い冷却性能を発揮する「WINDFORCE 3Xクーリングシステム」を採用。電源ユニットの推奨電力は650Wで、補助電源コネクタには8 pinと6 pinを備えています。

平均fpsはフルHDで160fps以上、WQHDで120fps以上、4Kで60fps以上と優秀。オンラインで製品登録をすると最長4年間のメーカー保証が付帯するのも魅力です。

ゾタック(ZOTAC) GeForce RTX 3060Ti

フルHD環境で優れた動作性能を発揮するミドルクラスのグラフィックボードです。GPUにはGeForce RTX 3060 Tiを搭載しており、ベンチマークスコアは35292と優秀。フルHD環境では平均144fps以上のフレームレートで動作が可能なので、ゲーミングモニターを使ってFPSを楽しみたい方にもおすすめです。

コンパクト設計ながら優れた冷却性能を持つのも特徴。占有スロット数が2個とやや薄型なので小型PCに搭載する場合はもちろん、増設やほかの拡張カードとの併用する場合にも手軽に行えます。消費電力は200W。補助電源コネクタは8 pinを備えています。

WQHD以上でのレイトレーシングや4Kでのゲーミングにはやや力不足ですが、フルHD環境であれば十分な高性能を発揮が可能。コスパ面でも優れています。

ゾタック(ZOTAC) グラフィックボード ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan

手頃な価格で入手できる、PCゲーム初心者に人気のグラフィックボードです。GPUにはローエンドクラスのGeForce GTX 1660 SUPERを搭載しており、ベンチマークスコアは21015と標準。安い価格ながらフルHD環境で平均60fps以上の動作が可能なので、これからPCゲームを始めたい方にもおすすめです。

冷却システムにはデュアルファンを搭載。占有スロット数が2個と省スペース設計で、補助電源コネクタも8 pinを採用しているので、あまりスペックの高くない小型PCなどでも手軽に使用できます。

消費電力が125Wと少ないのも魅力。低価格ながらHDMIと3基のDisplayPortを備えるので、マルチディスプレイ環境でも活用できます。

グラフィックボードのおすすめ|AMD Radeon

サファイア(SAPPHIRE) グラフィックボード NITRO+ AMD Radeon RX 6900 XT

AMDのなかでもスペックに優れた、グラフィックボードです。GPUにはオーバークロック済みのRadeon RX 6900 XTを搭載。最新のゲーム144Hz以上でプレイしたい方におすすめです。

新開発のハイブリッドファンデザインを採用した強力な冷却システムを搭載しており、長時間にわたる白熱したゲームセッションでも優れた冷却性能と静音性を発揮。消費電力は340Wで、8+8 pinの補助コネクタを備えています。

取り付けにはPCI-Express 4.0スロットを使用し、占有スロット数は2.7個。また、出力端子にはHDMIと3基のDisplayPortを備えるので、マルチディスプレイ環境でのゲーミングにも活用可能です。

エイスース(ASUS) グラフィックボード TUF-RX6800XT-O16G-GAMING

4K出力に対応しながらも高いコスパを備えた、ハイエンドクラスのグラフィックボードです。GPUにはRadeon RX 6800 XTを搭載し、ベンチマークスコアも42781とハイスペック。レイトレーシング性能では最上位モデルに劣るものの、4K 60fps環境でも人気のゲームがストレスなくプレイできます。

センター13枚、補助11枚ずつのトリプルファンで構成された「Axial-techファンシステム」が、高負荷のゲーミングでも静音かつパワフルな冷却性能を発揮。また、2.9スロット設計の分厚いヒートシンクを備え、耐久面でも優れた性能を備えています。

消費電力は300Wで、補助電源コネクタには8+8 pinを搭載。出力端子にはHDMI 2.1と3基のDisplayPort 1.4aを採用しています。最新のPCゲームに対応できるようにチューニングが施されているのも魅力です。

エムエスアイ(MSI) グラフィックボード Radeon RX 6800 GAMING X TRIO 16G

優れたコスパでハードコアゲーマーからも注目されている、ハイエンドクラスのグラフィックボードです。GPUにはRadeon RX 6800を搭載し、ベンチマークスコアも38413と優秀。GPUメモリが16GBと多く余裕があるため、4K出力にも対応できるリーズナブルなグラフィックボードを探している方にもおすすめです。

冷却システム「TRI FROZR 2」には高い冷却性能を持つトリプルファン「TORX FAN 4.0」と、静音性に優れたデザインのヒートシンクを搭載。また、主要部分は剛性の高い金属製の曲げ防止ストラップで補強されているので、耐久面でも信頼できます。

出力端子にはHDMI 2.1と3基のDisplayPort 1.4を搭載。消費電力は250Wで、補助電源コネクタには8+8 pinを採用しています。

エムエスアイ(MSI) グラフィックボード Radeon VII 16G

コンシューマー向けとして初めて7nmプロセスGPUを採用した、ミドルクラスのグラフィックボードです。次世代GPUのRadeon VIIを搭載しています。WQHD環境でも平均60fpsを超える安定した動作が可能です。

高い冷却性能を持つトリプルファン構造の冷却システムを搭載。消費電力は300Wで、補助電源コネクタには8+8 pinを採用しています。出力端子にはHDMI 2.0と3基のDisplayPort 1.4を備えているので、マルチディスプレイ環境でも活用が可能です。

VRR技術の「Radeon FreeSync」と「Radeon FreeSync 2 HDR」をサポートするのもポイント。対応モニターで画面のズレやカクつきを抑えた快適なプレイが楽しめます。

グラフィックボードの選び方

補助電源コネクタの数をチェック

By: rakuten.co.jp

グラフィックボードを選ぶ際は補助電源コネクタの数に注意しましょう。グラフィックボードをパソコンに接続する際はPCI Express 3.0 x16やPCI Express 4.0 x16などのPCIeスロットを使用。PCIe ×16の給電能力は最大で75Wしかないため、グラフィックボードを駆動させるために足りない電力を補う必要があります。

補助電源コネクタとはパソコンの電源ユニットからグラフィックボードに電力を供給するための部品ですが、モデルによって搭載されている数が異なるのがポイント。コネクタ数が電源ユニットのモノよりも少ないと消費電力に対して十分な電力を供給できないので、電力不足に陥ってパソコンが突然シャットダウンするなどのトラブルに見舞われる場合もあります。

500Wの電源ユニットは多くても8 pinまでと、給電性能に応じてパソコンに搭載される補助電源コネクタの数は決まっている場合が大半。特にグラフィックボードを増設したりアップグレードしたりする場合は、パソコンの電源ユニットに対して補助電源コネクタの数がちゃんと足りているかを忘れずに確認しましょう。

冷却性能をチェック

By: rakuten.co.jp

グラフィックボードで最も重要なのが冷却性能。ファンやヒートシンクなどで構成される冷却システムの性能は映像処理時のパフォーマンスに直結します。

冷却性能が高いと通常の処理性能を凌駕するオーバークロック機能が効きやすいため、高負荷のゲーミングでも動作が安定しやすいのが特徴。一方、冷却性能が低いとオーバークロックが効きにくいどころか、GPUの処理性能が低下するサーマルスロットリングが発生しやすくなるため、安定した動作でのゲーミングは困難になります。

大口径のファンと分厚いヒートシンクを備えるほど高い冷却性能を発揮できるのもポイント。ファンの口径が大きくなるほど同じ回転数でより多くの風量を稼げるため、より効率的にグラフィックボード内を冷やせます。

また、ヒートシンクは分厚くなるほど放熱のためのスペースに余裕ができるので冷却性能がより向上。グラフィックボード本体が大型化し、占有スロット数も多くなりますが、冷却性能を重視したい場合はファンの大きさとヒートシンクの厚さにも注目するのがおすすめです。

サイズや占有スロット数に注意

By: rakuten.co.jp

グラフィックボードを選ぶ際はサイズにも注意。一般的に複数個の大きい冷却ファン、分厚いヒートシンクを搭載するグラフィックボードほど静かでよく冷えますが、本体は大型化するのが難点。いくら高性能でもパソコン内に格納できないと意味はないので、使用するPCケースに収まるサイズかを確認しましょう。

占有スロット数もグラフィックボード選びでは重要。グラフィックボードを設置する際に、パソコンのマザーボード上にあるPCIeスロットをいくつ覆うかを示したものを「占有スロット数」と呼びます。

接続に使用するPCIeスロットはもちろん、グラフィックボード本体によって覆われたスロットも使用不可になるのがポイント。例えばマザーボードに3基のPCIeスロットが搭載されている場合、2スロット占有タイプでは直下のスロットは使用できますが、3スロット占有タイプでは全て隠れます。

グラフィックボード単体だけを設置する場合はあまり問題にはなりません。しかし、グラフィックボードの増設や、サウンドカードやLANカードなどほかの拡張カードとの併用も検討している場合は特に注意しましょう。

搭載しているインターフェースの種類と数をチェック

By: rakuten.co.jp

現在発売中のグラフィックボードで採用されている出力端子はHDMIとDisplayPortの2つが主流。モニター側と同じ出力端子が搭載されていないと接続できないため、グラフィックボードを選ぶ際は出力端子の種類がモニターと一致するかを確認しましょう。

HDMIとDisplayPortは対応する最大リフレッシュレートが異なるのが特徴。HDMIはフルHD解像度で144Hzまでなのに対し、DisplayPortは240Hzまで対応するため、FPSなどでハイレベルなオンライン対戦に挑みたい方にはDisplayPortの方がおすすめです。

ただし、DisplayPortはHDMIと違ってモニターの電源を落とした際にパソコンとの接続性が失われるのが難点。DirectXを採用しているゲームの場合はアプリが落ちる場合もあるので、離席の際にモニターの電源を落とすことが多い場合はHDMIの方が適しています。

マルチディスプレイ環境でゲームをプレイしたい場合には出力端子の数も重要。対応する出力端子が1基しかないと複数のモニターには同時に接続できないので注意しましょう。

遊びたいゲームの推奨スペック以上のモデルを選ぼう

グラフィックボードを購入する際は、遊びたいPCゲームで推奨されているスペック以上のモノを選ぶのがおすすめ。現在リリースされている多くのPCゲームでは、動作のために最低限必要な「必要スペック」と、快適に動作できる「推奨スペック」が公開されています。

必要スペックを下回るモデルだと、グラフィックボードを搭載していてもゲーム自体を起動できない場合があるので注意。また、必要スペックぎりぎりの場合は、安定してゲーム映像を出力し続けられない恐れがあるため、プレイングに影響が出ることもあります。

推奨スペックのモデルを使用すれば、PCゲームを安定して動作させることが可能。対応するPCゲームであれば中〜高画質程度での環境でプレイできます。より高画質でストレスなくゲーミングを楽しみたい場合は、推奨スペック以上のグラフィックボードを選択するのがおすすめです。