パソコンで3Dのゲームをプレイする際や動画編集を行う際に必要となる「グラフィックボード」。高画質な動画や画像を処理するパワフルな映像処理性能を有しているのが魅力です。

ただし、MSIやエイスース、ギガバイトなど、さまざまなメーカーから製品が発売されているので、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回はおすすめグラフィックボードをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

グラフィックボードとは?

By: amazon.co.jp

「グラフィックボード」とは、パワフルな映像処理を行う際に使用するパソコンパーツです。ビデオカードとも呼ばれており、3Dゲームや高画質な画像および動画の編集、エンコード、動画書き出し、配信などクリエイティブな作業をする際に必要となります。

ただし、グラフィックボードは多種多様なメーカーから発売されており、製品ごとに性能が異なります。購入する際は、プレイするゲームや行う作業に適した性能を有しているモデルを選択するように心掛けましょう。

GeForceとRadeonの違い

NVIDIA GeForceシリーズの特徴

By: amazon.co.jp

グラフィックボードに搭載されている主なチップセットメーカーは、「NVIDIA」と「AMD」の2種類。世界的にも有名なNVIDIAは、市販のゲーミングパソコンが備えているグラフィックボードにも数多く採用されているメーカーです。特にNVIDIA GeForceシリーズの知名度が高く、ゲームプレーヤーから人気を集めています。

NVIDIA GeForceシリーズには、RTXやGTXなどの種類が存在。高性能モデルにあたるRTXには光の処理専用のプロセッサー「RTコア」が採用されており、臨場感ある光の表現を実現しています。RTXおよびGTXシリーズごとに型番が存在するのも特徴。同じ型番で「Ti」が付くモデルなども販売されています。

AMD Radeonシリーズの特徴

半導体の製造でも知られているAMDは、NVIDIAと同じく世界中で知られているメーカーです。AMDは「Radeon」シリーズと呼ばれるグラフィックボードのチップセットを製造。家庭用ゲーム機のPS5やPS4、Xbox Series X/SなどのグラフィックボードにもAMDのチップセットが採用されています。

また、AMD Radeonシリーズは、AppleのMac Proに搭載されていることでも有名。NVIDIAのチップセットを採用したグラフィックボードに比べて、コスパが高いことでも人気を集めています。

リファレンス・オリファンとは?

By: amazon.co.jp

「リファレンス」とは、グラボのチップセットを製造しているメーカーが設計した標準モデルのこと。一方で「オリファン」は販売メーカーがデザインしたモデルをいいます。

リファレンスモデルが安定した動作を重視しているのに対し、オリファンのグラフィックボードでは性能を重視しているのがポイント。オリファンの場合はオーバークロックに対応することで発熱量が増すので、冷却ファンも複数または大型タイプに変更されています。

負荷の高い作業を行う場合には、オリファンモデルのグラフィックボードがおすすめです。

グラフィックボードの選び方

プレイしたいゲームの推奨スペック以上のモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

グラフィックボードを購入する際は、プレイする予定のゲームの推奨するスペックにあわせて選択するのがおすすめです。3Dグラフィックを採用しているようなゲームでは、基本的に推奨されるパソコンのスペックが公開されています。事前にゲームメーカーの公式ページを確認しておきましょう。

ただし、4Kなどの高解像度や120Hz以上の高リフレッシュレートでのゲームプレイを想定している場合には、推奨スペック以上の性能を有しているグラフィックボードを購入するのがポイント。滑らかかつ精細な映像でゲームをプレイする場合には、より高性能グラフィックボードが必要になる点を把握しておきましょう。

消費電力をチェック

By: amazon.co.jp

グラフィックボードは、基本的に高性能なモデルほど「消費電力」も高くなります。特にメーカーが製造する市販パソコンは電源容量に余裕が少なく、グラフィックボード用の補助電源ピンがない場合が多いので注意しましょう。また、パソコンを自作する場合にも電源に余裕をもたせておくのがポイントです。

電源の容量が足りない場合には、パソコンが自動でシャットダウンしてしまう場合も。映像処理で負荷がかかった際に問題が発生するトラブルを予防するため、大容量な電源を採用するか電源にあわせてグラフィックボードを選択するのがおすすめです。

ビデオメモリの容量をチェック

By: amazon.co.jp

グラフィックボードは製品ごとに搭載されている「ビデオメモリの容量」が異なります。一般的にビデオメモリの使用量は、3Dゲームで物体の質感を表現するテクスチャやピクセルのギザギザを目立たなくするアンチエイリアスなど設定を高めたり、解像度を上げたりするほどに増加します。

美しい映像を求める場合には、ビデオメモリ容量の多いグラフィックボードを選択するのがおすすめ。ただし、ビデオメモリの容量が多いグラフィックボードほど高額になる点には注意しましょう。

サイズや占有スロット数に注意

By: amazon.co.jp

グラフィックボードを購入する際は、本体サイズや占有スロット数を事前にチェックしておくのが重要なポイントです。高性能なグラフィックボードは発熱量が高いため、複数のファンが付いています。

ファンの数が増えるほど本体のサイズも大きくなるので、購入する際はPCケースにおさまるか確認が必要です。また、グラフィックボードは製品ごとに占有するスロット数が異なります。使用するPCケースに適したモデルを選択するように注意しましょう。

冷却性能をチェック

By: amazon.co.jp

CPUとおなじく、グラフィックボードも映像処理を行う際には発熱します。高性能なモデルほど発熱量が高いので、安定した動作を求める場合には優れた冷却性能が必要です。

グラフィックボードの冷却方式には、ファンタイプと水冷タイプの2種類が存在。水冷タイプは静音性に優れていますが、価格は高めです。また、ファンタイプのグラフィックボードは、製品ごとに搭載されているファンの数が異なります。

搭載しているインターフェースの種類と数をチェック

By: amazon.co.jp

グラフィックボードを購入する際は、搭載されているインターフェースの種類や数を事前に確認しておくのが重要です。デジタルで映像が出力できる端子としては、DVI・HDMI・DisplayPortなどがスタンダード。使用しているモニターの端子に応じて選択するのがおすすめです。

また4K以上の高解像度モニターへの出力を想定している場合は、大容量データの転送に対応する端子を搭載したモデルを選びましょう。DisplayPortやHDMI 2.0以降などのインターフェース搭載モデルが便利です。

グラフィックボードのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

1989年に設立された「エイスース」は、台湾に本社を構えるメーカーです。パソコンやモニター、パソコン周辺機器でも有名ですが、グラフィックボードも多数のモデルを取り扱っています。

エイスースのグラフィックボードは、ゲーミング向けに設計された「ROG」シリーズが人気。大型のヒートシンクを備えたモデルや、中央に位置するファンを逆方向に回転させて乱流を抑えるモデルなどが存在します。

エムエスアイ(MSI)

世界中で高い評価を得ている「MSI」は、1986年に設立された老舗のメーカーです。ゲーミング向けだけでなく、ビジネスやクリエイター向けのパソコンおよびモニターを製造していることで有名。グラフィックボードもさまざまなモデルを取り扱っています。

MSIのグラフィックボードには、独自開発のファンを搭載した製品が存在。冷却性能を重視する場合にもおすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE)

By: amazon.co.jp

1986年で設立された「ギガバイト」は、台湾に本社を構えるメーカーです。パソコンやモニターなども製造していますが、マザーボードやグラフィックボードなどのパーツで有名。多数のグラフィックボードを取り扱っています。

ギガバイトのグラフィックボードには、冷却方式に水冷タイプを採用したモデルが存在。優れた冷却性能によって、安定した動作を実現したい場合にもおすすめです。

グラフィックボードのおすすめ|エントリークラス

エムエスアイ(MSI) GRAPHICS CARDS GeForce GTX 1660 SUPER AERO ITX OC VD7112

推定寿命が10年と謳われている、長期間使用できるグラフィックボードです。冷却ファンは1基ながら、コンパクトなサイズを実現しているのが特徴。小型のPCケースに搭載するグラフィックボードとしてもおすすめです。

チップセットは、NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERを採用。ビデオメモリは6GB搭載しており、パワフルな処理性能が期待できます。また、NVIDIA G-SYNCやHDRに対応しているのもポイント。最大240Hzのリフレッシュレートで、滑らかなゲームグラフィックが楽しめます。

エムエスアイ(MSI) GRAPHICS CARDS GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP VD6238

多彩な映像出力端子を備えているグラフィックボードです。DisplayPort・HDMI・DVIなどの端子を利用できるのが特徴。幅広いモニターに対応できるだけでなく、デュアルモニター環境を構築したい場合にも使用できます。

また、「MSI Afterburner」を利用できるのもポイント。冷却ファンの設定やベンチマークの確認、ビデオ録画機能などの操作も簡単に行える点もおすすめです。

エムエスアイ(MSI) GRAPHICS CARDS GeForce GTX 1650 AERO ITX 4G OCV1

NVIDIA Anselに対応しているグラフィックボードです。高性能なフォトモードを搭載しているのが特徴。プロのようなゲーム写真を撮影したい場合に便利です。インターフェースは、DisplayPort・HDMI・DVIなどに対応。幅広いモニターを接続できる点もおすすめです。

コンパクトなPCケースでも搭載しやすい冷却ファン1基搭載のショートサイズ。パソコン本体の設置スペースが限られている場合にも魅力的なグラフィックボードです。

アスロック(ASRock) AMD Radeon RX 6400 Challenger ITX 4GB RX6400 CLI 4G

チップセットにAMD Radeon RX 6400を採用しているグラフィックボードです。0dB サイレントクーリングを搭載しているのが特徴。作業負荷が軽い際に冷却ファンが完全に停止するので、静音性に優れています。

また、高密度ガラス繊維PCB設計を採用しているのもポイント。湿度による電気短絡を軽減し、マザーボードをしっかりと保護できる点もおすすめです。

玄人志向 NVIDIA GEFORCE GTX 1650 搭載 PCI-Express グラフィックボード GF-GTX1650D6-E4GB/DF3

自作パソコンユーザーのために設計されたインターフェースソフトが利用できる、NVIDIA GeForce GTXシリーズに属するグラフィックボードです。「Xtreme Tuner Plus」を使用すれば、グラフィックボードの温度がモニタリング可能。オーバークロックのセルフテストも行えます。

ゲームプレイ時のパフォーマンス向上が期待できるTURINGシェーダーに対応しているのもポイント。電力効率にも優れており、冷却性や静音性を高められる点もおすすめです。本体サイズは181×97×33mmで2スロットを占有するタイプ。空冷ファンは2基備えています。

玄人志向 NVIDIA GEFORCE GTX 1660 Ti 搭載 グラフィックボード GG-GTX1660Ti-E6GB/DF

NVIDIA GeForce GTX 1660 Tiを採用しているグラフィックボードです。90mmの冷却ファンを2基搭載しているのが特徴。大型のヒートシンクも備えており、放熱性能に優れている点も魅力です。映像処理で負荷がかかった際にグラフィックボードが出す熱を効率よく冷却できるので、安定した動作を維持できます。

また、インターフェースソフト「Xtreme Tuner Plus」が利用できるのもポイント。冷却ファンの回転速度やクロックの設定なども簡単に行えます。さらに、TURINGシェーダーに対応しているのもメリット。ゲームグラフィックを処理する際に高いパフォーマンスが期待できます。

YouTubeやTwitchなどで動画配信する際にも便利。配信用のソフトとして知名度の高いOpen Broadcaster Software(OBS)用に最適化されている点もおすすめです。

玄人志向 NVIDIA GEFORCE GTX 1050Ti搭載 PCI-Express グラフィックボード GF-GTX1050Ti-E4GB/SF/P2

比較的リーズナブルな価格で購入できるグラフィックボードです。高速かつパワフルな映像処理性能を備えたNVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを採用しているのが特徴。コスパに優れたグラフィックボードを探している方におすすめです。

また、「ターボファンブレード」を備えているのもポイント。ジェットエンジンからヒントを得て設計されており、強力な風圧と気流を生み出せます。高い冷却性能によって、グラフィックボードが出す熱をしっかりと抑えられるのが魅力です。

さらに、「THUNDER MASTER」と呼ばれるソフトを利用できるのもメリット。グラフィックボードのパフォーマンスをしっかりとモニタリングできる点もおすすめです。

玄人志向 NVIDIA GEFORCE GTX 1650 搭載 PCI-Express グラフィックボード(GDDR6) GF-GTX1650D6-E4GB/DF3

ゲームだけでなく、動画編集にもおすすめのグラフィックボードです。NVIDIA GeForceシリーズのチップセットにNVIDIA Studioドライバーを組み合わせており、高いパフォーマンスが期待できるのが特徴。信頼性が向上している点も魅力です。

また、TURINGシェーダーに対応しているのもポイント。浮動小数点演算と整数演算の並列処理や「アダプティブ シェーディング テクノロジ」を備えており、ゲームプレイ時にも優れた処理性能が発揮できます。

GAINWARD GeForce GTX 1650 D6 Ghost NE6165001BG1-1175D

チップセットにNVIDIA GeForce GTX 1650を採用しているグラフィックボードです。ビデオメモリの容量は4GBながら、比較的リーズナブルな価格で購入できるのが特徴。なるべくコストを抑えてグラフィックボードを導入したい場合にも魅力的な製品です。

インターフェースには、DisplayPort×2基とHDMI×1基を搭載。高速なデータ転送に対応しているので、4K以上の高解像度モニターを使用する場合にもおすすめです。本体サイズは170×112mm。Mini-ITXサイズのPCケースに対応できる点も便利です。

グラフィックボードのおすすめ|ミドルクラス

エイスース(ASUS) Dual GeForce RTX 3060 V2 OC Edition DUAL-RTX3060-O12G-V2

パワフルな冷却ファンを搭載しているグラフィックボードです。Axial-techファンを2基備えているのが特徴。2スロット設計によって、冷却効率に加えて互換性を高めている点も魅力です。

また、ステンレススチール製ブラケットを採用しているのもメリット。堅牢性と耐腐食性に優れている点もおすすめです。チップセットには、NDIVIA GeForce RTX 3060を採用。高性能ながら比較的コンパクトなサイズを実現しているのもポイントです。

エイスース(ASUS) TUF-RTX3060-O12G-GAMING

ミリタリーグレードの耐久性を備えているグラフィックボードです。耐久性に優れたオールアルミニウムのカバーに加えて、金属製のバックプレートを採用しているのが特徴。長期間安心して使用したい場合にも便利です。

3基搭載されているAxial-techファンは、中央が逆回転する設計。グラフィックボードの温度が50℃未満になった際に「ファンストップモード」が作動するので、静音性を重視する場合にもおすすめです。

エムエスアイ(MSI) GRAPHICS CARDS GeForce RTX 3060 GAMING X 12G VD7552

3Dグラフィックを使用したゲームにもおすすめのグラフィックボードです。ゲーミング向けのパソコンパーツらしく、ライティングを楽しめるのが特徴。互換性のあるデバイスとLEDを同期できるのもポイントです。

また、高速なGDDR6メモリを採用しているのもメリット。高いパフォーマンスが期待できる点も魅力です。さらに、TWIN FROZR 8サーマルシステムを搭載しているのも長所。冷却性能と静音性能を両立している点もおすすめです。

エムエスアイ(MSI) GRAPHICS CARDS GeForce RTX 3060 Ti GAMING X 8G LHR

高性能かつデザイン性にも優れたグラフィックボードです。チップセットにはNDIVIA GeForce RTX 3060 Tiを採用。ゲーミング向けのパソコンパーツらしいライティング機能も備えており、ゲームへの臨場感を高められるのもメリットです。

また、金属製の反り曲げ防止ストラップを内蔵しているのもポイント。剛性が高く、安心してマザーボードに取り付けられる点もおすすめです。

玄人志向 NVIDIA GEFORCE RTX 3060 Ti 搭載 グラフィックボード GG-RTX3060Ti-E8GB/DF/LHR

モバイル用のインターフェースソフト「Xtreme Tuner」にも対応しているグラフィックボードです。スマホからグラフィックボードをコントロールできるのが特徴。パソコン用のXtreme Tunerも利用できます。

映像出力端子としては、DisplayPort×3基とHDMI×1基を搭載。4Kの高解像モニターを使用できるだけでなく、デュアルモニター環境を構築して作業効率を高めたい場合にもおすすめです。

玄人志向 NVIDIA GEFORCE RTX 3060 搭載 グラフィックボード GG-RTX3060-E12GB/OC/DF

90mmファンを2基搭載しているグラフィックボードです。グラフィックボードの熱をしっかりと抑えられるのが特徴。大型ヒートシンクも備えており、優れた冷却性能が期待できます。

また、8Kの高解像度に対応するHDMI2.1ポートを備えているのもポイント。精細な映像でゲーム楽しみたい場合や、動画配信を行いたい場合にもおすすめです。

アスロック(ASRock) RADEON RX 6600 XT グラフィックボード Radeon RX 6600 XT Challenger D 8G OC

AMDのミドルレンジチップセットRadeon RX 6600 XTを採用しているグラフィックボードです。高速なデータ転送を実現するGDDR6メモリを搭載しているのが特徴。AMDのCPU Ryzen 5000や3000シリーズと組み合わせてパフォーマンスを向上させるAMD Smart Access Memoryにも対応しています。

2基の冷却ファンとウルトラフィットヒートパイプを備えたオリジナルのクーラーを備えているのもポイント。アイドル時にはファンの回転が停止するので、ゲームや動画編集中の騒音を抑えたい場合にもおすすめです。

エルザ(ELSA) ELSA GeForce RTX 3060 S.A.C /L GD3060-12GERSH VD7791

シンプルなデザインを採用しているグラフィックボードです。ブラックカラーで統一された外観を有しているのが特徴。パソコンケース内をスタイリッシュにまとめたい場合にも便利です。

また、静音型のデュアルスロットタイプ2連ファンクーラーユニット「S.A.C 4 Evolution」を搭載しているのもポイント。ミドルクラスのチップセットをしっかりと冷却できる点もおすすめです。

サファイア(Sapphire) PULSE Radeon RX 6600 8G GDDR6 11310-01-20G VD7869

ミドルクラスの処理性能を有しているにもかかわらず、コスパに優れているグラフィックボードです。比較的リーズナブルな価格で購入できるのが特徴。同じコスパに優れたAMD RyzenシリーズのCPUと組み合わせて使用するのがおすすめです。

また、ボード全長が193mmと短めに設計されているのもメリット。コンパクトなPCケースを使用している場合にも便利です。

グラフィックボードのおすすめ|ハイスペック

エイスース(ASUS) ROG-STRIX-RTX3070TI-O8G-GAMING

エイスースがゲーミング向けに製造しているグラフィックボードです。チップセットには、NVIDIA GeForce RTX 3070 Tiを採用。高い映像処理性能が期待できます。

また、中央の冷却ファンを逆回転させる設計もポイント。乱流を抑えて、適切なエアフローを実現できるのがメリットです。さらに、大型のヒートシンクを備えているのも長所。グラフィックボードの熱を効率よく冷却したい場合にもおすすめです。

エムエスアイ(MSI) GRAPHICS CARDS GeForce RTX 3080 Ti VENTUS 3X 12G OC VD7770

ブラッシュ加工が施された、アルミニウム製のバックプレートを搭載しているグラフィックボードです。本体の全長を補強できるだけでなく、サーマルパッドによる冷却性能の向上も期待できます。デザイン性に優れている点も魅力です。

特許を取得した冷却ファン「TORX FAN 3.0」は、温度が低い状態では停止する設計。冷却の必要ない際にしっかりとノイズを抑えられる点もおすすめです。

エムエスアイ(MSI) GRAPHICS CARDS GeForce RTX 3080 Ti SUPRIM X 12G VD7646

高性能ながらデザイン性にも優れているおすすめのグラフィックボードです。一対のファンブレード外輪部を結合した冷却ファンを搭載しているのが特徴。効率のよいエアフローを生み出せるのが魅力です。

また、サポートスタンドが付属しているのもポイント。高性能なグラフィックボードはサイズや重量がありますが、サポートスタンドがあればしっかりと支えられます。

エムエスアイ(MSI) GRAPHICS CARDS GeForce RTX 3070 Ti SUPRIM X 8G VD7700

静音性能・耐久性能・冷却性能を兼ね備えたグラフィックボードです。3基の冷却ファンやヒートパイプ、ヒートシンクなどを備えているのが特徴。ニッケルメッキが施された銅製のベースプレートも採用されており、チップセットが出す熱を効率よく冷却できます。

また、冷却ファンにダブルボールベアリングを採用しているのもポイント。長時間使用時でもノイズをしっかりと抑えられるだけでなく、ファンの回転を長期間サポートできる点もおすすめです。

エムエスアイ(MSI) GRAPHICS CARDS GeForce RTX 3090 VENTUS 3X 24G OC VD7357

工業製品のような、堅牢性に優れたデザインを採用しているグラフィックボードです。サテン仕上げを施した金属製バックプレートには、下側にヒートパイプを搭載。背面に位置するメモリモジュールを効率よく冷却する設計です。

また、エムエスアイ独自のインターフェースソフト「MSI Center」に対応しているのもポイント。グラフィックボードの状況をリアルタイムでモニタリングできる点もおすすめです。

エムエスアイ(MSI) GRAPHICS CARDS Radeon RX 6950 XT GAMING X TRIO 16G VD8091

AMDの高性能チップセットRadeon RX 6950 XTを採用しているグラフィックボードです。美しい光の表現を実現する「レイトレーシング」に対応しているのが特徴。臨場感あるゲームグラフィックを楽しみたい場合にも便利です。

また、ティアリングを予防するFreeSyncに対応しているのもメリット。チラつきを抑えた映像によって、ゲームプレイや作業を快適に行える点もおすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE) AORUS GeForce RTX 3090 XTREME WATERFORCE WB 24G GV-N3090AORUSX WB-24GD

NVIDIA GeForce RTX 3090の熱をしっかりと冷却できるグラフィックボードです。水冷方式を採用しており、高い冷却性能を期待できるのが特徴。水漏れ検出機能も備えており、安心して使用できます。

また、金属性のバックプレートを採用しているのもポイント。耐久性を高めるだけでなく、グラフィックボード全体を効率よく冷やせる点もおすすめです。

サファイア(Sapphire) TOXIC AMD Radeon RX 6950 XT 限定版

冷却方式に水冷を採用しているグラフィックボードです。AMDの高性能チップセットは発する熱を効率よく下げられるのが特徴。ゲームプレイ・動画編集・動画配信などの際に安定した動作が期待できます。

映像出力端子は、DisplayPort×3基とHDMI×1基を採用。複数のモニターへ同時に映像出力できる点もおすすめです。

グラフィックボードの売れ筋ランキングをチェック

グラフィックボードのランキングをチェックしたい方はこちら。